5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ななか雨宮タソ風祭タソ九里子タソ五月タソハァハァ

1 :風の谷の名無しさん:03/06/28 02:24 ID:SgAccne1
        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          | キミ達の欲望と性欲はドミ子たちが受け止めるよ♀
        \___________  ____
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                   ∨
| 貴い犠牲だね、ドミ子ちゃん♂
\___  _________
       ∨               ,.-、,,_|ヽ、.      _,,....,,
                   ,,.-''";;;;::::::::`::::``''''ー-、r'"::;;:-、ヽ、
                   ,r‐''":::::;;::::::::::::::::::::::::::::::\';;;;;;;;\i
                    /:::;r:;r''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ;;;;;;;;;;;`ヽ、
                 /';/::::i:::::::://|:::::::::::::::::::::::::::::::i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>
                      |:::::::!::::/''''" レ;:::::/ト、i、:::::::ヽ:::ト、;;;;;;;;;/
                      /:/,レ'!ヽ、_,, |/ .レ'`''ト、ヾi:/;;;;\;:イ
                  '" /,./       `''ー''"/::::\!、;;;;;;;;;;ヽ!
                 ,r'"|     '"|ヽ、  lフ   /,、::::/,,ノ;;;;;;;;;;;/
|ヽ、           ,r' ./      .レ'"`''ー-、--イ"//  |;;;;;;/::::|
\ `ヽ、      / ,r'           r'7、,r'''"_\   .レi":::::::::i
  ヽ、,,_ \  _,,,/ /     ,..--'`''ヽ、 ||//-‐ァ'''"ヽ   |:::::::::::i
    `> "~    ヽ、     `ー-r‐''"'、// //   |  /:::::::/
    / --‐    ̄ '、       `'i''",|/// i    .|  `ヽ、;\
    ,'     ヮ ⊂⊃          ',(☆)"  /    .ヽ   -='''"
 _  i ⊂⊃         !        Y/'"  .ヽ、__,,,ノ
. ,>``'''、          ノ       Σ`/       '┬-イ
└ァ.  \  _,,,,,、. イ          `,'         | 
関連スレは>>2-5くらい

2 :風の谷の名無しさん:03/06/28 02:24 ID:SgAccne1
前スレ
ななか6才(声:阿部真弓)に/|ア/|ア…しても良いスレ
http://comic2.2ch.net/test/read.cgi/anime/1045076217/

本スレ
ななか6/17 part 12
http://comic2.2ch.net/test/read.cgi/anime/1056295888/

3 :風の谷の名無しさん:03/06/28 02:25 ID:SgAccne1
ついでに3げと?

4 :風の谷の名無しさん:03/06/28 02:40 ID:V9Nyja51
七華「ご褒美よ」
 七華のかかとが>>1のペニスに食い込む
>>1 「い、いいです!すごく良いです!」
七華「踏まれて喜ぶなんて、ホントどうしようもない変態ね。」
>>1 「ももももっと、もっと言ってください。そそそそしてもっと強く踏んづけてください。」
 これを聞いた七華が、まるで道ばたに転がる犬の糞を見るような目で>>1をにらんだ。
七華「あなた、こんな事がホントに気持ちいいの?」
 七華が聞くが、>>1の反応はない。>>1は七華に汚物を見るような目で見られた直後、
 達してしまったようだ。
 栗の花の臭いが、スレッド一帯に立ちこめる。七華はその臭いをいやがってはいないようだ。
 七華は勢いよく息を吸い込み、ゆっくりとはき出す。すこし、頬を赤らめている。
七華「スレ立て乙。」



5 :前スレ965:03/06/28 02:44 ID:V9Nyja51
どう?

6 :風の谷の名無しさん:03/06/28 02:55 ID:SgAccne1
>>1 「ああああああ、そんな見下すような眼でみないでください。
 こんなに踏まれてたまらない気持ちなのに、もうどうにかなってしまいそうです。」
七華は強く踏み込んだ足を今度は左右に激しく動かし始めた。
七華 「そんなこといってまだまだたりないみたいね。もっと見せてみなさいよ!
 薄汚れた欲望を!」
七華は更に足の動きを加速させていく。
>>1 「ぎゃぁぁぁぁぁっっっ!」
薄れ行く意識の中で>>1は思った。
>>1 「七華、最高だよ。もっと楽しませてくれ。そしてありがとう。
 >>4もありがとう。おかげでハァハァしつづけられるよ…。」

7 :風の谷の名無しさん:03/06/28 03:12 ID:ltDn9sxH
一応、ここでは2ちゃんブラウザ推奨
で、荒らしはセルフあぼーん機能でスルーしましょう


そういえば、短編集やらなんやらのコメント見ると
八神先生も受け身っぽいようです

受け身マンセー! 馬鹿ペニスマンセー!

8 :風の谷の名無しさん:03/06/28 09:25 ID:5QrygSZe
サド、マゾ、百合…。
馬鹿ペニスト達の饗宴がまた始まる…


>>1
乙。

9 :風の谷の名無しさん:03/06/28 12:54 ID:Sisbil63
>>1
乙です

10 :風の谷の名無しさん:03/06/28 12:56 ID:9LZzkylb
雨宮最強、他は雑魚

11 :風の谷の名無しさん:03/06/28 19:32 ID:7Kpd+Lki
ななかの画像がほしいのだけど
2次元板とかにななかスレはないのか?

12 :風の谷の名無しさん:03/06/28 19:44 ID:DZmzDnni
>>11
ttp://img.toranoana.co.jp/mailorder/dojin/images/3/8/38533-2.gif
ほれ。稔二が雨宮の・・・



13 :風の谷の名無しさん:03/06/28 22:15 ID:rcq4MyTn
(在りし日の七華)

女子更衣室にて

七華   「…?(制服が…)」
女生徒A「くすくす」
女生徒B「うふふふふふ」
七華   「…ああ、なるほどね」
女生徒A「あれー?どうしたの霧里ー」
女生徒B「もたもたしてると次の授業始まっちゃうよう?」

14 :風の谷の名無しさん:03/06/28 22:15 ID:rcq4MyTn
(女生徒の方を向いて)
七華   「私の制服、知らないかしら?」
女生徒A「知るわけないじゃん。バカじゃないの?」
女生徒B「きっと盗まれたのよ。よりによってアンタの制服盗むなんて物好きも…」
七華   「ほんとに」

すっ、と女生徒Bの背後に近寄り

七華   「物好きな子も」

と、女生徒Bの背中から両腕を前に回し

七華   「いたものね…」

唇が首すじを愛撫しつつ制服を脱がしていく。

15 :風の谷の名無しさん:03/06/28 22:20 ID:rcq4MyTn
女生徒B「やっ、やぁっ…だっ…」
女生徒A「ちょっと、あ、あ、あんた何やってんのよ!変態!変態!」
七華   「ふふ。ほんとに変態よね、この子。私の制服勝手に着ちゃうなんて…」

全身を這い回る七華の指に、女生徒Bは全く抵抗できない。
いつの間にか脱がされた制服の下から七華の制服が。

七華   「ほらほら、抵抗しないと裸になっちゃうわよ?」
            
女生徒B、重ね着していた七華の制服も脱がされ下着姿に。荒くなっていく呼吸。
七華の指がゆっくりと下着にかかる。

七華   「あさましい姿を晒しなさい、変態」
女生徒B「…いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁーっ…!」

女生徒B、くずおれてさめざめと泣く。
女生徒Aは何も出来ない。

女生徒B「あたし…あたしあんなヤツに…」
女生徒A「…だいじょぶ?だいじょぶ?ね…」
女生徒B「なんで助けてくんなかったのよう…」
七華   「ふふふ。泣いちゃった。これに懲りたら、こんなくだらないこと二度としちゃだめよ」
      「…私には、構わないでね」

ゆっくりと制服に着替え、七華は更衣室を後にした。
七華が派手な虐めを受けないのは、ヘタに手を出すとこういう目に合うからである。

16 :風の谷の名無しさん:03/06/28 22:39 ID:p9OAnMZM
キタキタキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!

17 :風の谷の名無しさん:03/06/28 22:40 ID:EBkagWhy
漏れも、女生徒になりたい・・・

18 :風の谷の名無しさん:03/06/29 01:09 ID:m/vW/DC4
声の出演
女生徒A:千葉紗子
女生徒B:真田アサミ


19 :風の谷の名無しさん:03/06/29 02:53 ID:JaA+i9Ql
>>13-15
とても演技とは思えない。やはり七華は、おねえさまなんだな。
ところで、女生徒Bはイッてしまったのでつか?

20 :風の谷の名無しさん:03/06/29 02:53 ID:Rb9Rva8Q
>>18
風祭と露木?

21 :風の谷の名無しさん:03/06/29 10:44 ID:TS0TwMQy
女生徒Bはソバ子(三雲兆子)さんだと思われ。
あんなにかわいいのに出番の少ないサブキャラとは・・・なんて贅沢な作品なんだろう。

22 :風の谷の名無しさん:03/06/29 12:04 ID:TCb6yeG1
>>21
性格に問題あり。って17歳七華も性格悪いか。

23 :前スレ992:03/06/29 17:07 ID:w+FQqYDS
×風祭「ね、ねぇ、こんな時間に屋上に呼び出して、話って何?なんかあったの?」
○風祭「ね、ねぇ、こんな時間に教室に呼び出して、話って何?なんかあったの?」

修学旅行の七華じゃあるまいし、ワープさせるなよ。漏れ・・・

24 :風の谷の名無しさん:03/06/29 17:27 ID:VO4jieP3
前スレ1000ご苦労さん

25 :風の谷の名無しさん:03/06/29 21:40 ID:Menhp5px
怒濤のSS乙。

26 :風の谷の名無しさん:03/06/30 02:59 ID:pf3lLtzV
精神世界で七華(17)がななか(6)に大人に成る方法を
手とり足とり教えるSSキボンヌ。

27 :風の谷の名無しさん:03/06/30 18:10 ID:rWVpfqIO
前スレがめでたくDAT落ちしますた。
ところで、HTML化っていつ頃だっけ?初心者でスマソ。

28 :風の谷の名無しさん:03/06/30 18:59 ID:rWVpfqIO
ごめんなさい、分かりました。通例2〜3ヶ月でつね。

29 :風の谷の名無しさん:03/06/30 20:43 ID:T72f6pEM
最近はもっと長くなっているはず

30 :風の谷の名無しさん:03/06/30 20:55 ID:Qwk/xOJx
半熟英雄みたいだな「ナナカ」って。
(わからない人は買ってみてね)

31 :風の谷の名無しさん:03/06/30 21:46 ID:QKaU6Hbq
>>30
なにそれ?
分からないんでぐぐってみてたら鬱になった。
ttp://homepage2.nifty.com/doronuma/index.html

当然これじゃないんだろうけど

32 :風の谷の名無しさん:03/07/01 05:15 ID:vO598DfL
キミ達の欲望と性欲は俺らが受け止めるよ♀
          ∧_∧
    ∧_∧  (´<_`  ) 貴い犠牲だな、兄者♂
   ( ´_ゝ`) /   ⌒i
   /   \     | |
  /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
__(__ニつ/馬鹿ペニス/ .| .|____
    \/____/ (u ⊃

33 :風の谷の名無しさん:03/07/01 09:55 ID:tVVHgSMy
>>32
できれば妹者にお願いしたい。

34 :風の谷の名無しさん:03/07/01 19:07 ID:Pban/CvM
ttp://cyg.hp.infoseek.co.jp/top.htm
テンプレとして。馬鹿ペニスの元ネタ。



35 :風の谷の名無しさん:03/07/01 19:50 ID:43yFfl/B
>>34
そんな感じで前スレをまとめてくれる神はいないのだろうか・・・
前スレがいつの間にか落ちてて、全部みられなかったよ・・・

36 :風の谷の名無しさん:03/07/01 19:58 ID:s2ioQONi
>>35
datとhtmlで保存してまつけど、どこかにうぷしようか?

37 :風の谷の名無しさん:03/07/01 20:12 ID:b6CcF9dN
htmlで、ぜひ!

38 :風の谷の名無しさん:03/07/01 20:41 ID:s2ioQONi
http://marmotfarm.com/cgi-bin/upload2/source/up16511.htm

すぐ消えるのでお早めに。
余裕があれば保管サイトを立ち上げるかも。

39 :風の谷の名無しさん:03/07/01 21:00 ID:KPs/us/2
>>38
d!いただきました。ありがとうございます!
荒らしも、埋め立ても1000取りまでSSなんて贅沢なスレだったんでつね。
保管サイトの件、気長にお待ちしておりまつ。

40 :風の谷の名無しさん:03/07/01 23:47 ID:keJpoinr
漏れSSよりCGでハァハァしたい。誰かCG書いてください。

41 :38:03/07/02 00:07 ID:yYYEk2Ob
>>39
トップページを編集している最中に手違いで肝心のハァハァスレのhtmlファイル
を上書きしまいました(つД`)
ダウソしたhtmlファイルをどこかにうぷしてくれませんか?

42 :風の谷の名無しさん:03/07/02 06:44 ID:0oknl+cS
ttp://marmotfarm.com/cgi-bin/upload2/source/up16532.htm

43 :38:03/07/02 07:47 ID:yYYEk2Ob
>>42
ありがとうございます。
馬鹿ペニセストの優しさが身に沁みるぜ・゚・(ノД`)・゚・。
保管サイト作りがんがります。

44 :馬鹿ペニ句:03/07/02 13:54 ID:7YRzzh4U
冷たい目 見られただけで 昇天し

マンハッタン 今時掛ける 七華タン

カクテルを 頭にかけろ ビンタしる

綾波か 雨宮タソだ ピンクだろ

ピアノだけ そのはずなのに 馬鹿ペニス

コラ稔二 漏れにも分けろ 馬鹿ペニス

SSも 荒らしに使う 馬鹿ペニス

スカトロは ご遠慮願う 馬鹿ペニス

ビンタしる 本能のまま 馬鹿ペニス

木刀で 漏れを貫け 馬鹿ぺにしゅ

漏れを踏め ブドウのように 馬鹿ペニス

漏れを踏め ペニスだけ踏め 馬鹿ペニス

漏れを踏め 睾丸は駄目 馬鹿ペニス

馬鹿ペニス ああ馬鹿ペニス 馬鹿ペニス

勃起しても一人

昼間から なにやってんだろ この漏れは

45 :38:03/07/02 20:55 ID:yYYEk2Ob
http://bakapenis.hp.infoseek.co.jp/

保管サイト作りました。
まだ過去ログをそのまま置いただけです(つД`)
初めてhtmlファイルを作ったので問題点も多いと思いますが、とりあえず過去ログ
は読めると思います。
ネスケだとまともに見られないことが確認されています。
できるだけ早く対応します(´・ω・`)

46 :38:03/07/02 20:57 ID:yYYEk2Ob
http://bakapenis.hp.infoseek.co.jp/index.html

ここが正しいリンク先……(;´Д`)

47 :39:03/07/02 21:16 ID:RaWhZ/Uf
>>46
乙です。さらなる充実に期待してブックマークしますた。
これで夏休みにレンタルビデオで目覚めた、馬鹿ペニセストにも見られまつね。
39≠42です。もらったのにお役に立てずすいません。

48 :風の谷の名無しさん:03/07/03 00:39 ID:h2dJ7doi
>46 
  乙だす。しかし前スレは変に充実してますたね。
  このスレもそう成長してほすぃ。
  スレ単位もいいけどレス単位でもおもしろいネタが  
  保存してるサイトがあるといいですね。 
 

49 :風の谷の名無しさん:03/07/03 04:22 ID:FJFXrN9t
嵐山「くそっ、また負けかい…」
稔二「何度やったって同じだっつうのバカチンが」
嵐山「ああ悔しい。五月に慰めてもらうとするか。さんざん怒られるが最後には優しくしてくれるのさ。兄のオレにな!
    一緒に風呂に入ろう。そして抱かれて寝ようフハハハ。じゃあな稔二」



稔二「…チキショー嵐山のヤロー超羨ましいぜクソったれバロチキショー」
   「いいなあ妹。欲しいなあ。オレも妹に甘えてえなあ。兄なのに妹にいいこいいこしてもらいてえなあ」
   「そうだ、妹になってくれそうな奴を探して頼もう。泣いて土下座しよう。ああ、オレはなんてダメな兄貴なんだ」
   「九里子…は…小さすぎるしなあ。じゃあ雨宮か?いやいやいや、雨宮はお姉ちゃん(妄想)だ」
   「…消去法でいくとあとは…しょうがねえか…」

50 :風の谷の名無しさん:03/07/03 04:23 ID:FJFXrN9t
稔二「というわけで七華、オレの妹になってくれ」
七華「この馬鹿ペニスが!」

バシッ!

稔二「ひぎぃ!…七華さまぁ七華さまぁ、この哀れで低能な寂し我リヤの一人っ子の
    オレの妹になってくださいお願いしますお願いしますますます(土下座して頭を地面にゴリゴリ摩り付ける)」
七華「…ちょ、ちょっと稔二」
稔二「兄らしく妹のどんな仕打ちにも耐えますでも最後には優しくしてくださいっつーかしろテメーオラざけやがってこの分裂症」
   (と言いつつパンツごとズボンを膝までおろして地面を転げまわる)
七華「…!や、やめて稔二わかったから!」
稔二「ごめんなさいごめんなさいやめるから妹になってくださいお願いします」
   (地面に腹ばいになって服従のポーズ)
七華「…まったく…で、何をすればいいの?稔二」
稔二「稔二じゃねえだろコラお兄ちゃんだろコラ。身分わきまえやがれボケ」
七華「………」
   「お兄ちゃん。まずはズボンをはいて」
稔二「やだねーだ」
   (寝っ転がったまま腰を激しく回転)

51 :風の谷の名無しさん:03/07/03 04:23 ID:FJFXrN9t
七華「大人になってよお兄ちゃん!」
稔二「うるせーーーーっ!」
七華「お兄ちゃん…?」
稔二「いちいちいちいちうるせーよてめえ!何かっつーとごちゃごちゃ説教たれやがって!」
   「おれが子供だァ?あーーー結構!大人の霧里七華サンから見りゃあそりゃあガキに見えてしょーがねーだろうさ!」
七華「子供っていうかキチガ
稔二「だいたいおめーはおれの何だ?親か!?姉さんか!?いや全部ちがう!」
   「妹だってか!?だったらここでその妹の縁を切ろーじゃねーか!」
七華「OK。じゃね、稔二」
稔二「もう二度と…え?あれ?お、おい待ってください。ちょっ」
七華「おまわりさん、異常者が」
警官「おお、異常だなぁ。特に髪型が異常だ」
稔二「え?アレ?さすがに鉄砲にはかないません。七華お姉ちゃんたすけて」
七華「ズボンはいたら?手錠されたらはけなくなるわよ」
稔二「え?でも」

ガチャン(手錠)
ガスッ(棍棒で殴打)
パーポーパーポー(連行)

七華   「ふう」
風祭たん「わーっ、ななか、ななかー♪」
七華   「ちえ。偶然ね。…運命かも」
風祭たん「えへへー」

劇終

52 :風の谷の名無しさん:03/07/03 10:14 ID:Smqle8Qv
馬鹿ペニスなSSと思いきや風祭タン萌えSSだったとは・・・
読めなかったZE。

53 :風の谷の名無しさん:03/07/03 21:43 ID:k3vKywlJ
ラストの風祭タソ・・・ひらがな台詞が萌えたぜ・・・

54 :風の谷の名無しさん:03/07/03 23:25 ID:+uEEJ6He
台詞引用し過ぎ。

55 :風の谷の名無しさん:03/07/04 00:13 ID:aITTsT5B
寂し我リヤって・・・
凪原マンは韻を踏まずSUPER HARDなペニスを踏んでもらい、走馬燈といったところか。

56 :38:03/07/04 08:08 ID:WAGhQHNn
>>48
手始めにSSをまとめました(`・ω・´)
妄想レスをまとめるのはかなり手間がかかるので
週末に時間が取れればチャレンジしてみまつ。

57 :風の谷の名無しさん:03/07/05 00:58 ID:NzTC+2Q0
「ラッパ我リヤ」みたいだな<寂し我リヤ

>>56

トップの絵は誰が描いたん?

58 :風の谷の名無しさん:03/07/06 02:36 ID:E59oTTCC
>>57
indexの画像が、チャットチャンネルのななか実況板に投下された同人誌作家さん
書き下ろしの絵だったと思う。
神のサイト
ttp://homepage3.nifty.com/poor_nanaka/
リンクにペニスノオトが載ると良いですね。

index2は我々馬鹿ペニストにご褒美を与えるため前スレに降臨された七華様。

携帯で見たらイラストの位置にコメントが振ってあったのを確認。
芸が細かいでつね。

59 :風の谷の名無しさん:03/07/06 11:38 ID:SfYdsReB
>>58
indexとindex2の説明が逆じゃないすか?

60 :風の谷の名無しさん:03/07/06 16:22 ID:R+rU4cZ4
何かよく分かりませんが、
ここにティッシュ置いときますね。

  _,,..i'"':,
  |\`、: i'、
  \\`_',..-i
    \|_,..-┘


61 :風の谷の名無しさん:03/07/06 17:17 ID:IKNopscd
置くな!
使うな!

62 :風の谷の名無しさん:03/07/06 17:23 ID:7w/lSNoE
ところでエロパロには「ななか」スレないんだが、誰か立てて(自分は立てられないIPです)

63 :風の谷の名無しさん:03/07/06 19:00 ID:x9u783Ao
>>218
ヽ(`Д´)ノ ウワアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアン!!!!!!!!

64 :風の谷の名無しさん:03/07/06 20:41 ID:POdLMg6O
>>62
ムリに立てて煩悩を散らすよりは
ここでリビドーをぶつけろ

それとも、>>62氏は受け身がお嫌い?
馬鹿ペニスと言われると怒ってしまうタイプ?
いや、煽り抜きで

65 :38:03/07/06 21:56 ID:R+rU4cZ4
今日はおもしろレスをまとめました(・∀・)
妄想レスでは雨宮さんが、SSでは七華×風祭さんが大きなシェアを占めています。

66 :風の谷の名無しさん:03/07/06 22:07 ID:n5ORNxgs
>>65


67 :風の谷の名無しさん:03/07/07 00:05 ID:58zlObyO
>>64
いや、恐らく>>62はここでは書けないくらいの壮絶なエロSS(あるいは絵)を描こうとしているのだ。

68 :風の谷の名無しさん:03/07/07 04:49 ID:KwuOSrd2
>>60-61
ワラタ

>>65
グッジョブ!

69 :風の谷の名無しさん:03/07/07 07:23 ID:unpb5DsW
うちの近所のスーパーでコメッコ1箱90円で売っていた
まだあるかな

70 :風の谷の名無しさん:03/07/07 07:23 ID:unpb5DsW
すまん、誤爆した

71 :風の谷の名無しさん:03/07/07 13:18 ID:w37Nf0k3
こめっこは
結構うまいよな

72 :風の谷の名無しさん:03/07/07 21:50 ID:1j5JRR82
(パリシャリパリシャリ)グリコ
(パリシャリパリシャリ)コメッコ
(パリシャリパリシャリ)ライスクラッカー
(サクサクサクサクサクサクサクサク)
うーん、もう一枚!

※くりかえし


73 :風の谷の名無しさん:03/07/09 04:18 ID:evXArlOa
五月たんの兄になって朝も昼もなく徹底的に甘えまくりたい。
オレが実力も省みずいつものように狂った髪型の男に喧嘩を売ってボコボコにされて家に帰り
道場で修行している五月たんのあんよにしがみついて泣こうとしたら
やおらアゴを蹴りあげられ自分の体がホンコン映画の一場面のように回転、
そして響く鈍い音は道場の固い床に叩きつけられたもので、
何が起こったかよくわからないままオレは痛みに泣きながら
妹である五月たんに何度も何度もごめんなさいを言いながら土下座して泣くんだけど
そんなだめな兄であるオレに五月たんは優しさと哀れみをたたえた目を向け優しくだっこしてくれる。

「おにいさま、男子たるものいつまでもそのようなことで泣いていてはいけないのですよ
 こんなにぼろぼろになって…おふろががわいておりますので、おはいりください」

いっしょにはいってくれる?

「…はあ…。おにいさまはほんとうにしようのないおひとです。
 さつきがおからだをながしてさしあげますから、いっしょにまいりましょう」

74 :風の谷の名無しさん:03/07/09 04:19 ID:evXArlOa
脱衣場につくと、五月たんは汗まみれの道着を脱ぐ。
五月たんはブラジャーをしていない。とても小さく、でもつんととがってるおっぱいを隠そうともせず、
綿の白いかわいいパンツに手をかける。
ぼーっと見ていると五月たんは少しはにかんで、「そんなにみてはいけませんよ」と言った。

オレが負けると、五月たんはだめな兄貴であるオレの背中をこすってくれるのだ。
なんだか情けない気持ちになって忍び泣きしていると、五月たんはオレを背中からだきしめてくれ、
うすいけどやわらかな胸の感触が伝わり勃起してしまう。勃起しながら泣く。

「おにいさま、さつきはいつまでもおにいさまのそばにいるわけではないのですよ。
 つよくならなければだめです」

うん。…うん。

ざばー

オレの背中に勢い良くお湯をかけられる。振り向くと、五月たんは天使のような笑顔でオレの頭をなでた。

「ふふふ。わかればよいのです。さ、おにいさま。おふろからあがったら、きょうはいっしょにねましょうね」

75 :風の谷の名無しさん:03/07/09 04:23 ID:evXArlOa
寝巻きの白い着物に着替えた五月たんとひとつの布団に入る。

「おにいさま、おやすみなさいませ」

お風呂上りの五月たんはいいにおいがする。
オレは、何も言わずに五月たんの着物の胸元をはだけさせて、
小さなおっぱいに顔をうずめて眠ります。

「もう、おにいさまはほんとうに…」

そして幸せな夢を見るのです。

76 :風の谷の名無しさん:03/07/09 05:47 ID:72p6mhf6
乙。うらやましいぜ甚八・・・
漏れは背中ではなく下腹部を流してホスィ。

左手の小指は亀頭の先を包み右手は添える感じで、インパクトの瞬間力脇を締めて
強く内側に絞ってくれ。右足の踏み込みの衝撃をペニスの有効打突部に伝えて欲しい。

身(唇)・技(騎)・体(胎)で漏れを昇天させてくれ。



77 :風の谷の名無しさん:03/07/09 12:35 ID:lKkKmz9i
なんて駄目なお兄さま・・・・・

78 :風の谷の名無しさん:03/07/09 13:17 ID:k1LC37Y8
>>76
>身(唇)・技(騎)・体(胎)

「身」ではなく「心」だとおもたがこの場合は・・・

79 :風の谷の名無しさん:03/07/09 21:46 ID:GyZsOp8m
乙ー!

>勃起しながら泣く。
ジュース吹いてしまった!


80 :風の谷の名無しさん:03/07/09 23:57 ID:Xkgo6eNc
「ポリスガールズ」を親父と見ているんだろ、本当は。

81 :風の谷の名無しさん:03/07/10 01:34 ID:bMfxQLEc
九里子さんとマジ恋愛したいんだがオレは病気ですか。

82 :風の谷の名無しさん:03/07/10 10:57 ID:TIjzOch9
漏れは九里子タソのお兄ちゃんになりたい。

83 :風の谷の名無しさん:03/07/10 11:15 ID:KQqo0Tka
あれくらいのタッパなら踏まれてもイイ

84 :風の谷の名無しさん:03/07/10 21:32 ID:1g0/WxqA
俺なら顔の上にノーパンで座らせる
6歳児なら20キロぐらいだ。
顔いっぱいに九里子たんの重みを感じれるぜ。

85 :風の谷の名無しさん:03/07/11 00:23 ID:395xVhdp
九里子さんと寄り添い合うようにしてドミ子を鑑賞したい。
なんだかんだ言いながら楽しそうにドミ子を見る九里子さんの細い小さい手をきゅっと握りたくて
でも恥ずかしくて悩んで悩んでドキドキしたい。

86 :風の谷の名無しさん:03/07/11 01:09 ID:H+JiFuRc
>>84
今流行の顔面騎乗かw

87 :風の谷の名無しさん:03/07/11 21:43 ID:uTkftT1j
大人と違って全体重をかけても大丈夫だぜ

88 :山崎 渉:03/07/12 09:28 ID:sZUJRl4O
ドラゴンボール完全版 1〜16巻 絶賛発売中!!
ドラゴンボールZ フジ(関東)で毎週月曜16:30〜放送中!!
                           ┏━━━━━━━━━━━━━━┓
―――――――――――――――.┃  ドラゴンボール@2ch掲示板  ┃
これからも僕とドラゴンボール板を  ┃.  http://pc2.2ch.net/db/    ┃
応援して下さいね(^^).           ┣━━━━━━━━━━━━━━┫
────────┐ r───── .┃;;;;:: ::: ::::...  .: . . _.∩_  .:;;;:; ┃
 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ∨         ┃::::::...         ヽヘ;;. 人丿ス    ::┃
 | ぬるぽ(^^)                 ┃;;;;;;;;.   从    θ斤:エh u    .:┃
 \                        ┃:::.  __ 《Y》_   ∪レ..... 弋|   :::┃
    ̄ ̄∨ ̄ ̄∧_∧   。..    ┃...  .uヘ人iイ  .  (. .」_ ノ   ....:┃
    ∧_∧  (  ^^ ) / ..    ┃..     (∨ヘ      |....|: .)   .:::::┃
 ̄\(  ^^ ) (つ  つ / ̄ ̄  ┃....    .|;|レ'      .(_;);;.| -〜、 .┃
|\  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /| ̄   ┃. ::;〜⌒^^⌒⌒´⌒` ̄ ̄ ....:: , ⌒~┃
|::::.| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .|    ┣━━━━━━━━━━━━━━┫
|::::.| . 山崎渉ニュース (^^) | .|_  ┃..と〜けたこおりのな〜かに〜♪ ┃
\.|__________|/  ......┗━━━━━━━━━━━━━━┛

89 :風の谷の名無しさん:03/07/13 02:13 ID:zJLFxKFb
ハアハアスレのステキSSを八神たんが見ているんだと思うとドキドキしますが、実際どうなんだろう。

90 :風の谷の名無しさん:03/07/13 02:27 ID:SQvvdzFd
見てないから大丈夫

と、自分に言い聞かせて電波を指に乗せています

91 :風の谷の名無しさん:03/07/13 02:39 ID:zJLFxKFb
>>90
でも見ていてほしいなー。このスレは愛に溢れてていいと思う。恥ずかしいけど恥ずかしくないよ!
風祭たんシリーズなんか是非八神たんに同人で描いていただきたいくらいだ

92 :90:03/07/13 02:44 ID:sCk2RlmW
ああ、そうだ。HyperHydeExrouge(愛称ポケベル)というmp3プレーヤー用の
液晶パッケージを、ななか6/17のテーマで作ってみました。
ポケベル持っている人は試してみてください。何か問題があったら、ご意見を
いただけると嬉しいです。

液晶パッケージへのリンクは
Exrouge Fever
ttp://homepage1.nifty.com/c-kom/exrouge/
から

★ 液晶パッケージフェスティバル! ★

をクリックして、

2.仮設置された 液晶パッケージUP板 に binファイルをアップロードする。

のリンクにnanaka617opnew2.binがあるので、それをダウンロードしてください。

ポケベルを持ってない人は、ellieというアプリケーションでも内容を確認できます。

ellieへのリンク
ttp://w2.avis.ne.jp/~kazex/eg_top.htm
セットアップしたら、アプリを起動して
表示(V)→レイアウトプレビュー(P)
で動作を確認できます。

まあ、何ヶ月かしたらそのサイトで液晶の画像が見られるかもしれませんが・・・

93 :風の谷の名無しさん:03/07/13 03:37 ID:qcEJmCFZ
>>92
うぉ!すごい偶然だが、ポケベル愛用者だーよ。早速使ってみる!

94 :93:03/07/13 04:01 ID:qcEJmCFZ
>>92
早速導入してみた

キタ━━━ヽ(ヽ(゚ヽ(゚∀ヽ(゚∀゚ヽ(゚∀゚)ノ゚∀゚)ノ∀゚)ノ゚)ノ)ノ━━━!!!!

これは萌えまくる(;´Д`)ハァハァ 
普段液晶画面なぞほとんど見ないが、今度からはちょくちょく見てしまいそうだ
Good job!!

95 :90:03/07/13 11:50 ID:4JcaGgJ6
>>94
ありがとうございます。そう言ってもらえて嬉しいでつ。
初めて作った液晶パッケージだったので勝手が分からず、何度もアップしてしまい、
そこの掲示板には迷惑を掛けてしまい申し訳ないとおもってます。

このパッケージを見た人、使った人が一人でも多くアニメ・原作を目にしてくれると
良いな〜 なんて気持ちで作ってみました。

あと、そこの【作者名】1BKPNST は いち馬鹿ペニスト という意味でつw

96 :風の谷の名無しさん:03/07/13 13:38 ID:bEucrcSx
エロパロでスレ立てれば絶対職人さんが降臨すると思うのに誰も立てようとしない。

97 :風の谷の名無しさん:03/07/13 15:43 ID:o2TSV7C0
すでに前スレから職人さんはいる
>>96はなにも分かっていない
まったく分かっていない!

98 :90:03/07/14 01:58 ID:bVGp4VWI
Exrouge Fever
ttp://homepage1.nifty.com/c-kom/exrouge/

でアップしたななか6/17の液晶パッケージの画像が見られるようになったようです。

>>92
のリンクをたどって、39のイメージをクリックすると全画像が見られます。

99 :風の谷の名無しさん:03/07/14 23:08 ID:ktbyZNXC
すげえ・・・素晴らしい・・・

100 :風の谷の名無しさん:03/07/15 00:18 ID:Ob+c/n1Y
>>96
エロパロスレってどんな作品のSSでも書ける職人さんが居るの?
それはそれですごいな・・・

101 :風の谷の名無しさん:03/07/15 00:32 ID:LYo4VmEm
>>90
パソコンにDLして見てまつ。すごいでつね。
雨宮さんも入れてほしかった・・・

102 :風の谷の名無しさん:03/07/15 00:35 ID:mWEBcsmb
>>100
その通り、というかそういう板なのです。
だからここの職人さんも、このスレでは表現できないもっと過激なものとかもかけるのですよ。
ただし誰かがスレを立ててくれたらの話だが...

103 :風の谷の名無しさん:03/07/15 03:03 ID:rMZKE7IX
>>102
そうは言われても、

七華「イクゥ!」

と言われるよりは

七華「この馬鹿ペニスが!」

のほうがしっくりくるわけで・・・

104 :風の谷の名無しさん:03/07/15 07:23 ID:Za9DskWX
>>103
血涙がでるほどに同意。(;´Д`)ハァハァ

105 :山崎 渉:03/07/15 08:51 ID:GNe6V6bX

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

106 :風の谷の名無しさん:03/07/15 23:22 ID:JA5hW1/0
でも、よがり狂う七華も見てみたいな。

107 :風の谷の名無しさん:03/07/16 07:38 ID:fX6RzRwZ
ベッドの中でも大人ぶってリードしようとするが、だんだん怖くなってきて
泣き出してしまう七華。

108 :風の谷の名無しさん:03/07/16 10:04 ID:dbElSXso
下がり過ぎじゃありませんか?
それともエロパロにスレ立ててここは落とす?

109 :風の谷の名無しさん:03/07/16 14:51 ID:IEGR9BYQ
下がっている方が、地下秘密クラブのようで楽しいけど…
かちゅのお気に入り登録しているから、位置なんて気にならないし…

110 :風の谷の名無しさん:03/07/16 20:22 ID:cgwoTGb2
スレ立て依頼したからエロパロスレにななかスレが登場するのも時間の問題です。
スレが立ったらまた連絡します。

111 :風の谷の名無しさん:03/07/16 20:37 ID:cgwoTGb2
もう立ちました!!
スレタイハ「ナナカ、夜のほうは...」です!

112 :風の谷の名無しさん:03/07/16 20:39 ID:R/Z6hk74
かわいい女の子たちが脱いじゃいました★
http://www3.free-city.net/home/espresso/au/sweety.html

本能がむき出しになっちゃうかもよ!?
http://www3.free-city.net/home/espresso/princess/peach.html

今からはここで夜の時間を過ごしてあそびましょう〜☆
http://www3.free-city.net/home/espresso/au/xxx.html


113 :風の谷の名無しさん:03/07/16 21:11 ID:iVoVRxHx
>>111
ホントに立っちゃったね。ここどうする?

114 :風の谷の名無しさん:03/07/16 21:21 ID:K/Vj0rRR
ここは馬鹿ペニストの園ということにすればいいかと
SSは書けないけど、こだわりはある馬鹿ペニストたちが、
このスレで願望を発露すればいいよ

エロパロ板向けではないSSの書き込みとか、そういうのもこっちですればいいし
特に伝説の「雨宮さんのピアノレッスン」みたいのは…

115 :風の谷の名無しさん:03/07/16 21:53 ID:L4Wqiwtr
>>107
すごくいい!
  ∧_∧
  ( ;´∀`) <ちんこたってきた
  人 Y /
 ( ヽ し
 (_)_)

116 :風の谷の名無しさん:03/07/16 23:55 ID:cgwoTGb2
まだSSは無いがエロパロスレは倉庫行きにならない予感。


117 :風の谷の名無しさん:03/07/17 09:00 ID:9HkqO443
◆ 山崎渉板ができました!(^^) ◆

            ∧_∧
     ∧_∧  ( ^^  )   これからも僕を応援してくださいね(^^)・・・っと。
     (  ^^ ) /   ⌒i
    /   \     | |
    /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
  __(__ニつ/  山崎  / .| .|____
      \/       / (u ⊃

山崎渉@2ch2掲示板(^^)
http://bbs.2ch2.net/yamazaki/index2.html

山崎渉板(^^)
http://www.bs1.net/noa/

118 :風の谷の名無しさん:03/07/18 12:34 ID:4lw/9EUl
>>107
そんなSSキンボンヌ

119 :風の谷の名無しさん:03/07/20 01:24 ID:w+DWycHk
保守したいんだが、ネタが浮かばず…(´・ω・`)
とりあえず2巻のラフスケッチで
顔17歳、髪型6歳七華の太ももにはハァハァだ
スレンダーなのがタマンネ

120 :風の谷の名無しさん:03/07/20 04:17 ID:WaqqLa24
ネタはあるけど、原作にしか登場しないキャラだし、電波だしなー(w

プールでセクシーを補充してから書いてみるか

121 :風の谷の名無しさん:03/07/20 13:31 ID:j+PDShZS
もうそれでいいから書いて、というわけで期待age

122 :風の谷の名無しさん:03/07/20 19:12 ID:j+PDShZS
このスレも過疎スレだな...

123 :風の谷の名無しさん:03/07/20 19:23 ID:+1KYI3IO
職人さんが来ないからね・・・
飽きられたのかな・・・

124 :風の谷の名無しさん:03/07/20 19:28 ID:9qmXG4kW
ならば、己の欲求を発露してみぃ!

125 :風の谷の名無しさん:03/07/20 20:00 ID:fB3bjNft
107を題材に思案中

126 :風の谷の名無しさん:03/07/20 20:36 ID:+1KYI3IO
>>125
ならば全裸待機

127 :風の谷の名無しさん:03/07/20 21:32 ID:46Hrkx9r
ネタもなくなって来たことだし、原作ネタを解禁してもいいのかな?

128 :風の谷の名無しさん:03/07/20 21:38 ID:+1KYI3IO
>>127
今のところ漏れは虹坂タンで受信してるので。確認のため。

129 :風の谷の名無しさん:03/07/20 22:12 ID:g6ZGz1qp
ネタはあるんだが、
中途半端なものを書きたくないなあ
なまじこの作品に入れ込んでしまったために
気軽に書けなくなっちゃったよ。

130 :風の谷の名無しさん:03/07/20 22:24 ID:j+PDShZS
原作ネタでいいからやってくれ(ここでもエロパロスレでも)

131 :風の谷の名無しさん:03/07/20 22:26 ID:fB3bjNft
>>126
スマソが今日明日は無理。
取りあえず服きてくれ。

132 :思い出の道:03/07/21 02:26 ID:sS9956jS
1
天地をひっくり返したように落ち葉の舞う中、化粧気のないそばかすだらけの少女が
一人歩いていた。

 虹坂「ここを歩くのも1年ぶりになるのかな・・・もう一度歩いてみたって、N君に会
    えるわけ無いのに・・・」

1年前、N君と腕を組んで歩いた道を一人でもう一度歩いてみても何が起きる訳じゃ
ない。
分かってはいるが、今日あのときの自分を取り戻してみたくなって来てみたが・・・

 虹坂「誰もいない・・・」

N君と腕を組んでいたときなら邪魔がいないから良かったのだが、今は一人でいるこ
とをからかうように、落ち葉が空中でこすれるのが聞こえるだけだ。
引越しの前にN君の携帯の番号を聞いておけば良かった・・・
その時はそんな大それたことできなかったのに、何を後悔してるんだろう。
聞いたとしても1年前の番号だから変わっているだろうに。
落ち葉の音が大きく聞こえてくると共にだんだん寂しくなり、しだいにその場から逃げ
たくなってきた。

 虹坂「もう帰ろう・・・」

降り注ぐ落ち葉を見上げ一人ごちて下ろした視線の先に人影が見えた。

133 :思い出の道:03/07/21 02:26 ID:sS9956jS
2
 虹坂「まさか・・・ね・・・」

そう言ってみたが寂しかったので、その人影に向かって歩いた。
近づくほど知っている人たちの輪郭に近づいていった。
その人達は楽しげに落ち葉を集めている。
よく知っている人たちのような、別人のような気がする。
とりあえず声を掛けてみることにした。

 虹坂「あの・・・」

楽しげに落ち葉を集めた人たちは声の方に振り向くと更に顔をほころばせた。

 女性「虹坂さん!」
 男性「おお!久しぶりだな!」
 虹坂「ええ・・・」

たぶん二人は霧里さんとN君、凪原君だと思うのだがなんだか雰囲気が違う。

 男性「いま二人で焼き栗プレイをするところだったけど、虹坂もやるか?」
 虹坂「焼き栗?う・・・うん」


134 :思い出の道:03/07/21 02:27 ID:sS9956jS
3
凪原君と思われる男性は顔立ちが違う。自信にあふれた顔だ。
一言で言うと頼りがいのある男性。
霧里さんと思われる女性は化粧気こそ無いが、同年代のはずなのにお母さんのよ
うな大人の落ち着きを持ったまさに女になっている。
高校1年の時のような刺々しさ、高校2、3年の時のようなあどけなさがない。
いや、それも含んでいるのかもしれない。
自分のように化粧で外面だけ変えてそれに無理矢理キャラクターを合わせるよう
なことをしていない。今までの自分を肯定した大人だ。
二人の間に・・・やっぱり・・・

でも、変わらないところもあるみたいだ。
霧里さんは、はにかみながら落ち葉の山の中の栗を木の枝でつついている。
このあどけない表情はあのときの霧里さんの顔だ。この表情を見ていると自分
も幸せな気持ちになる。

 七華「ほら、虹坂さんも」

そういって、太い木の枝を虹坂に手渡そうとした。霧里さんと目が合い、何故
か恥ずかしくなって目をそらした。
虹坂はもらった枝で落ち葉の山をかき回している内に気が付いた。


135 :思い出の道:03/07/21 02:27 ID:sS9956jS
4
 虹坂「あれ?火がついて無い?」

それと枝に妙な弾力を感じる。そのことを霧里さんに言おうとしたが、楽しげに
落ち葉の山の一点をかき回しているので、何となく悪い気がしてそのまま黙った。
こういう抜けてるところは変わってないんだ・・・虹坂は少しほっとした。
1年やそこらでいっぺんに変われるものではない。霧里さんも自分とかわりはな
いのだ。
・・・いや、違う。虹坂は自分をふりかえった。

高校3年の時、引っ越した先の高校でもやっぱり友達は出来なかった。
一人、私に話しかけてくれた伊万川さんを除いては。
偶然彼女と一緒の大学に入って、私は蝶の羽化を見た。
少年のような伊万川さんがある日を境に誰もが、それこそ同性まで見返るほどの
女性になったのだ。
私は彼女に置いて行かれるのが嫌で必死に自分を磨いた。磨いたとは言っても、
実のところ彼女に化粧の仕方を聞いてそれを真似ただけだが・・・
しかし、化粧をした自分を鏡で見て自信が出た。理想の自分がそこにいたのだ。
憧れていた伊万川さんに似せたメイクなのだから当然なのだろうが、自分も伊
万川さんになったような気がした。
その日から私の人生が変わった。そのメイクに自分を合わせるように。

化粧気のない霧里さんの横顔を見て思った。この人は自分に何もつけずに大人
になれたのだ。ほとんどすっぴんで自信なく道を歩いていた自分が恥ずかしく
なった。誰も自分を振り返らないのが不安だったのだ。


136 :思い出の道:03/07/21 02:27 ID:sS9956jS
5
まだ霧里さんは枝で栗をかき回しているようだ。火がついてないはずなのに
頬を赤らめている。
かわいい。虹坂は思った。自分も自分らしく大人になりたかったな・・・

虹坂は肩に掛けていたポーチから細いライターと、いつの間にか入っていた名
前と携帯番号が書いていた紙があったのでそれを取り出し、ライターで火をつ
け霧里さんに気づかれないように枯れ葉の山に放り込み、自分も仲間に加わった。

しばらく妙な弾力に疑問を持ちながら霧里さんが指示する栗を棒で転がしてい
ると焦げ臭いにおいが漂ってきた。
すると、霧里さんは何故かそわそわし出した。栗が焼けるのが待ちきれない
のだろうか?ホントにかわいい。

 七華「ねえ、焦げ臭くない?」
 虹坂「え?ええ、まあ、焼き栗だからね・・・」

妙な臭いがした。何というか豚骨ラーメンの臭いがする・・・
霧里さんの顔が引きつった。

 七華「ちょ、何で火がついてるの!?」

霧里さんはあわてて持っていた枝で落ち葉の山を払った。


137 :思い出の道:03/07/21 02:30 ID:b026erTl
6
 虹坂「あ!ダメよ霧里さん!そんなことしたら火の粉が散っちゃうわ!」
 七華「虹坂さんも、ぼさっとしてないで火を払って!」
 虹坂「そんなことよりバケツ・・・あれ?なんで用意してないの!?」
 七華「そんなの用意してあるわけ無いでしょう!いいから早く!」

そう言われて、ワケのわからないまま虹坂は持っていた枝で火の粉を叩いて消
そうとした。振り払うと火の粉が舞ってしまうからだ。
叩けば叩くほど、枯れ葉の山の中から「よし」「いいぞ」と声が聞こえた気が
した。
いつまでも消えない火に業を煮やした霧里さんは、近くにあった公衆トイレに
駆け込んでいった。おそらく清掃用のバケツに水を汲みに行ったのだろう。
水を汲んでくる間に出来るだけ火を消そうと必死になって枝で叩いた。
そういえば、凪原君はどこに行ったのだろう?肝心なときにいないんだから!
怒りと焦りで必死に枝を振り下ろした。
それにしても焼き栗をしているのに何で火が点いてちゃいけないんだろう?
ふと手を休めた。すると燃える落ち葉の山から声がした。

 落ち葉の山「どうした?何かあったか七華?」
 虹坂「え!・・・い、いえ、私は虹坂だけど、今落ち葉が燃えてるの!」
 落ち葉の山「おお、さっきのは虹坂だったのか。なかなか筋が良いな。もっと
       頼むよ。」
 虹坂「もっと頼むって・・・その声は凪原君?!何で落ち葉の山の中に凪原君が入
    っているの?」


138 :思い出の道:03/07/21 02:30 ID:b026erTl
7
七華が慌てていた理由をやっと理解できた虹坂は、落ち葉の山を枝で振り払い、
全裸の稔二を掘り出した。全裸?

 虹坂「何で全裸なの?!」
 稔二「さあ、叩いてくれ。」
 虹坂「じゃなくて、何で全裸なの?」
 稔二「今の俺こと焼き栗は、おまえの打擲でマキシマムまで強まっているんだ。頼む
    からじらさないでくれYO!」

そう言って今にも破裂しそうなモノを指さした。

 虹坂「そんなことより火が点いてるわよ!頭髪と、・・・そこの毛に」
 稔二「熱さなんか感じないよ。それどころか痛みで俺の栗が爆発しそうなんだ。さあ!」

この人は、体に火が点いているのに、自分のペニスに夢中で熱さを忘れている。
この人の頭の中は、今ペニスのことでいっぱいなのだ。
この人はペニスだ。その証拠にペニス以外のところに火が点いてても熱さを感
じないのだ。
私はこんなペニスに憧れていたのか・・・。同じペニスを持つ男の人でも、アプローチして
くるのならもっと遠回りに、せめて相手を不快にしないように、出来れば相手を楽し
くするモノじゃないの?。
それなのにこのペニスときたら、ストレートに欲望をわめき散らす!。
犬でももっと知的に攻めるわ。こいつはペニスではない、馬鹿なペニスだ。
馬鹿ペニスだ!


139 :思い出の道:03/07/21 02:30 ID:b026erTl
8
虹坂はキッと稔二をにらんだ。睨み付けられた稔二は顔を赤らめ少しエビぞった。
稔二のつま先が少しぷるぷると震えている。

 虹坂「この・・・」
 稔二「いいぞ!もっと言ってくれ!」
 虹坂「え?」
 稔二「オマエは打擲だけでなく、言葉責めも出来るのか!ああ、最高だ!もっと!
    もっと言え!」

どうやら、知らないうちに言葉に出していたようだ。でも、もういい。
こいつといると、きれいな思い出が壊れてしまうが、もう振り返らないだろうから徹
底的に壊すことにした。

 虹坂「そうね、じゃあどうしてあげようかしら・・・」
 稔二「罵ってくれ!そして叩いてくれ!」
 虹坂「一緒はいやよ。どっちかになさいよ。」
 稔二「じゃあ、叩いてくれ!今は刺激が欲しいんだ!後もう一押しなんだ!」
 虹坂「え〜。私もう、手が痛くて叩けないんだけどな〜。」
 稔二「じゃ、じゃあ、踏んでくれ!ひと思いにペニスを踏みつぶすくらいの勢いで!」
 虹坂「いやよそんな汚いペニス。それに陰毛が燃えてて危ないじゃない。せめて火を
    消してから頼んだら?」

そう言われて稔二は陰毛についた火を手で叩いて消そうとした。火はなかなか消えず、
何度か手でペニスをはじいてしまい、稔二は苦悶の表情をした。
それを見た虹坂は、口元を右に歪ませた。


140 :思い出の道:03/07/21 02:30 ID:b026erTl
9
 虹坂「そうね、それじゃあオナニーしなさいよ。見ていてあげるから。それで
    私が良いと言うまでイかなかったら、いくらでも叩いてあげる。」
 稔二「よ、よし。ぐ・・・」

稔二は優しく触れながら右手を上下させた。少しでも気を入れると逝ってしまいそうに
なるが自分の手でイクのは我慢出来ない。ごまかしごまかししごいた。
手を動かすたびに脂汗をだらだら流して、すぐにペニスから手が離れて手だけが動いた。
涙を流して虹坂の顔を見て、よだれだらけの口を開いて懇願した。が、声になってない。

 虹坂「あら〜どうしたの〜?全然しごいて無いじゃない?まだ止めて良いとは言って
    ないわよ〜」
 稔二「で、・・・ム・・・」
 虹坂「でむ?クスッ。何言ってんだか分から無いわよ。さっさとしなさいよ。
    この愚図。ほら、手伝ってあげようか?」

そう言って稔二の右手をとり、ペニスを勢いよく握らせた。稔二はうなり声を上げながら
目をぎゅっとつむり我慢した。稔二のあまりの頑固さに少しあきれた。

 虹坂「女の子にオナニーをつきあってもらってるのよ?我慢しなくても良い
    んじゃない?」

虹坂は少しやりすぎかなと思った。しかし、何でそんなに自分の手でイクのが嫌なんだろう。
そう思いながら稔二の手のひらを両手で包み、勢いよく上下した。
稔二が涙を流しながら我慢している。固く閉ざした口から息と唾液が漏れる。
今までエッチした中でこんなに無様な我慢の仕方をした人を初めて見た。
霧里さんもさぞかし嫌な思いをしているのだろう。
ひょっとしたらこれが嫌だからあんなカタチでこの人の性欲を解消しているの
かもしれない。


141 :思い出の道:03/07/21 02:31 ID:b026erTl
10
何となく稔二が哀れになり、稔二の手を外して自分の両手で稔二のペニスをしごいた。
なんてしごきがいのあるペニスだろう。こんな無様な人は初めてだけど、それと
同時にこんなに大きい人も初めてだ。
そうしている内に大きなペニスをしごかれ涙を流して我慢している稔二がかわい
くなってきた。馬鹿なペニスちゃん。

 稔二「虹・・・お俺もうダメだ・・・手とチンココの感かく覚が・・・無くくなてきた・・・」

稔二はまだ自分でしごいているつもりらしい。

 虹坂「ダァメ、凪原君。最後まで自分でなさい。」
 稔二「そんねぁ。やくさくがちげう・・・」

虹坂は稔二の亀頭をくわえ、カリクビをくちびるで吸い上げながら舌先で尿道口を攻めた。
その瞬間、栗の花の香りが虹坂の口内で暴れた。むせないように少しずつ口に含み
飲んでいたために余った愛液が口からあふれ出た。
口内の愛液をすべて飲み終えると、あふれた愛液もキレイにかたづけた。
こんなにのみでのある愛液も初めてだ。
ふと顔を見上げると、凪原君は気を失っている。よほど気持ちが良かったらしい。


142 :思い出の道:03/07/21 02:31 ID:b026erTl
11
 虹坂「凪原君・・・今度また会えるかな・・・。馬鹿ペニスちゃん。」

そう言うと、きれいに畳んであった稔二の服を稔二の体に掛けた。
虹坂は立ち上がると手と口内を洗うために、公衆トイレに向かった。その道すがら、
両手で顔を覆って膝から落ちて泣いている七華を見かけた。

 虹坂「霧里さん、今度また私を誘ってね。これ、私の携帯番号だから。」

そう言うと公衆トイレに入り、30分ほどした後、虹坂と同じ服を着た美女がほのかな
精液の残り香を漂わせ去っていった。

たまに元の自分を取り戻すのも悪くない。デニム地のスーツに身を包んだ、ボルボの
ノリオ君のスタイリッシュな自慢を受け流しそう思った。
目を閉じるたびに稔二の我慢する顔と破裂しそうなペニスが目に浮かぶ。
そうだな・・・今日は・・・虹坂は、サオ師タケル君にショートメールを送った。


おしまい


143 :風の谷の名無しさん:03/07/21 02:32 ID:b026erTl
>>132-142
またやっちまった・・・

電波長文でごめんなさいごめんなさい・・・

144 :風の谷の名無しさん:03/07/21 07:37 ID:Moh2mwgs
ほのぼの系かとおもっていたら、>>137あたりから笑った。
早起きしてよかったよ。


145 :風の谷の名無しさん:03/07/21 10:01 ID:/4MtG/zP
俺は>>133の「焼き栗プレイ」でもう噴出してたよ。
何なんだソレ(w

146 :風の谷の名無しさん:03/07/21 10:57 ID:bmK5Y6Km
に、虹坂があああぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!


147 :風の谷の名無しさん:03/07/21 11:58 ID:70B9Pmvw
>>132-142
なんかとてつもないものを見せられたなw
すごいよ、あんた!


148 :風の谷の名無しさん:03/07/21 12:45 ID:907wxlLs
乙です。
初めのほうは意味不明だったけど、最後は笑えた

149 :家族計画:03/07/21 15:16 ID:/4MtG/zP
「七華、家族になってくれ」
「え?」
 突然の言葉に、七華は戸惑いを隠せなかった。
「今までも、俺たちは家族みたいな付き合いだった。でも、俺はもうそんな関係じゃ満足できない。
七華、俺はお前と本当の家族になりたいんだ」
 まっすぐに七華を見つめる稔二の表情は真剣そのもので、悪ふざけや冗談の様子は全く無い。
「稔二……」
 七華の瞳が見る間に潤み、頬を涙が伝う。
「私、私……」
「ど、どうした七華。もしかして俺、悪い事言っちまったのか?」
「違うの。私、嬉しくって……」
「じゃあ、俺と家族になってくれるんだな?」
 こくりと頷く七華。
「ありがとう、七華。俺も嬉しいよ」
 そう言って、稔二は七華の頬に手を当て、瞳に溢れる涙をそっと拭った。
「これからは七華は俺と同い年の妹だ。仲良くしようぜ、妹」
「え? (確かに私と稔二は兄妹みたいなものだけど……)」
「雨宮に妹は似合わないからな。これでバランスも取れるし、言う事なしだよ」
「え? 雨宮さん? (嫌な予感がする……)」
 その時、ドアの開く音がした。



150 :家族計画:03/07/21 15:17 ID:/4MtG/zP
「な、凪原くん、あのね。わ、私たちまだ高校生だし、『家族になる』って言っても心の準備ができてない
し、お父さんとお母さんに相談しなくちゃいけないし、凪原くんのご両親にも……」
 ドアの向こうで雨宮が顔を真っ赤にして立っていた。
手には「婚姻届」と書かれた書類が握られている。
「雨宮、丁度良かった。ついさっき七華もOKしてくれたところだ。雨宮は姉さんだから、七華は次女だな」
「ちょっと稔二、あなた何言ってるの?」
「そ、そうよ凪原くん。私、凪原くんに『家族になってくれ』って頼まれたから、こうして……」
 二人が同時に稔二を問い詰めたその瞬間。
 
 どかーん。
「おのれ凪原稔二! お兄様との決闘に勝利した見返りに、この私の身柄を要求するとは、何たる下劣な!」
 舌がもつれそうな言葉を叫びながら、五月が木刀でドアを叩き破って来た。
「五月ちゃんまで!」
「七華お姉様、このような下郎を義兄に仰がなければならないのは誠に無念ではございますが、男子が一度
約束を交わしてしまった以上、この五月にはどうすることもできません。今後私は凪原稔二の妹分として、
生活を共にする所存でございます」
「お、五月も来てくれたのか。これで三女まで揃ったな。後は四女だけなんだが……」
「稔二! あなた五月ちゃんまで引っ張り込んで、一体何をするつもりなの?」
 感慨無量な様子の稔二の腕を掴み、揺さぶる七華。
 その瞬間。




151 :家族計画:03/07/21 15:18 ID:/4MtG/zP
「ナ〜〜ギ〜っ!」
 さっき五月に破壊されたドアがあった入り口から、九里子が自分の背丈の倍はあろうかという見事な
跳躍を見せた。そのまま稔二の肩に抱きつき、肩車の姿勢でしがみつく。
「ナギーが私と家族になりたいって言ってくれるのは嬉しいけど、私にはお兄ちゃんがいるし、私は
ナギーと家族よりもっとラブラブな関係になりたいの。でも、ナギーがどうしてもって言うなら、私
断れないかも……」
「く、九里子ちゃんまで!」
 呆然とする雨宮。
「稔二……あなたが何を考えているか、だんだん分かってきたわ」
 険を帯びた視線を浴びせる七華。

152 :家族計画:03/07/21 15:19 ID:/4MtG/zP

「雨宮!」
 九里子を肩におぶったまま、稔二は力強く雨宮の肩を握る。
「お前は頼りになる委員長で、クラスを支配し風祭達を震え上がらせる姿はまさに女帝。
そんなお前は、知性と教養を兼ね揃えた長女にふさわしい。そうだろ?」
「ちょ、長女って……」 
「七華!」
 稔二の手はそのまま七華の肩へ。
「お前は性格のキツいサディストで、容赦の無い罵倒とビンタはまさに悪の華。そんなお前は、
大人ぶっているけど幼さの抜けない次女にふさわしい。そうだろ?」
「稔二、やっぱりあなた……」
「五月!」 
 わなわなと肩を震わせる七華から離れ、稔二の手は五月の肩へ。
「お前は古風な大和撫子で、無慈悲に嵐山を叩きのめす木刀さばきはまさに殺人剣。そんなお前は、
いつも厳しいけど本当は甘えん坊な三女にふさわしい。そうだろ?」
「そして九里子!」
 肩にしがみついている九里子に語りかける。
「お前はおしゃまな六歳児で、天真爛漫で小生意気な態度はまさに小悪魔。そんなお前は、
複雑な家族関係をたくみに泳ぎ切るしたたかな四女にふさわしい。そうだろ?」




153 :家族計画:03/07/21 15:19 ID:/4MtG/zP
 部屋の全員を見渡し、稔二は言う。
「お前達は、気が強くて攻撃的で素敵だ。俺にとって、かけがえの無い存在だ。だから、俺の
家族になって、俺を厳しく躾けてくれ!」
 拳を力強く掲げ、高らかに宣言する稔二。
 股間はすでにズボンの布地越しからもはっきりと分かるほどに膨れ上がり、稔二の高揚を伝えている。

『この……』
 四人の少女達が、声を揃える。
『馬鹿ペニスがーーーっ!』
 どかーん。

 長引く梅雨。
 始まらない夏。
 じめついた憂鬱を吹き飛ばす打擲音が、曇り空に響き渡った。

   

154 :風の谷の名無しさん:03/07/21 15:48 ID:70B9Pmvw
マタマタキタ━━━━━━ヽ(゚∀゚)ノ━━━━━━!!!!!!!!!!!!!!!!!

155 :風の谷の名無しさん:03/07/21 16:08 ID:RuZfV9tD
乙。そんな4姉妹にぶったたいてもらいたいぜ。

156 :風の谷の名無しさん:03/07/21 20:38 ID:FhV01C5w
同じく乙です。
かなり笑えました。オチもしっかりしてたし

157 :風の谷の名無しさん:03/07/21 20:47 ID:zHbeY1by
ああ、この勢いエロパロスレにも分けて下さい...

158 :風の谷の名無しさん:03/07/21 22:05 ID:Moh2mwgs
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!
今日はよき日かな。


159 :風の谷の名無しさん:03/07/21 22:09 ID:m8nTcVqx
連休終わって憂鬱だったが…ありがとう。素敵な馬鹿ペニスに会わせてくれて。しかも1日で2本…

個人的には>>135の蝶の羽化イベントを激しく熱望するものであります!
…と思ったが、読みきりって原作ですらないからどこでお願いしたらよいのか!?

160 :風の谷の名無しさん:03/07/21 22:18 ID:wzJxhNQ9
>>159
過疎化予防のために、ここでも良いのではないかと。

161 :風の谷の名無しさん:03/07/21 22:53 ID:zHbeY1by
>>159
いや、エロパロスレだ、閑古鳥を退去させるためにも。

162 :風の谷の名無しさん:03/07/21 23:11 ID:Moh2mwgs
エロパロスレなんで立てたんだよ、まとめてやったほうがいいのに。

163 :風の谷の名無しさん:03/07/21 23:24 ID:s9WQ5CnB
>>162
それもそうだけど、エロパロ板専属の職人わざとやらも見てみたいと思う。
単にエロ小説の登場人物を変えただけのSSだったらショボーンだが。

164 :風の谷の名無しさん:03/07/21 23:30 ID:EVU2ta3d
とりあえず、エロパロスレ立てた奴は、責任持って職人召還してほしい

165 :風の谷の名無しさん:03/07/22 17:22 ID:ioF8wZNQ
>>38氏ペニスノオト更新乙でつ。さわやかな背景が逆に笑えまつ。

166 :風の谷の名無しさん:03/07/22 19:26 ID:RlgzsYH1
専属職人は凄い神業だよ、いちどエロパロスレに行ってみる事をお勧めします。

167 :風の谷の名無しさん:03/07/22 19:47 ID:EAxU93sq
>>166
エロパロスレに職人が降臨したわけじゃなかったのか。紛らわしい。
その板には職人に要望するスレはないの?

168 :風の谷の名無しさん:03/07/22 20:03 ID:wiIXOelt
>>166
だから職人が降臨していない段階で
そんなこと言われても「はぁ、そうですか」としか言えないよ

169 :166:03/07/22 20:21 ID:RlgzsYH1
いやあれは、エロパロ板で適当にスレ見てくださいという意味だったんですけど

170 :風の谷の名無しさん:03/07/22 20:47 ID:wiIXOelt
とりあえず>>166がエロパロ板依存症なのは分かった
そしてこいつは馬鹿ペニストではない

以後スルーしよっと

171 :風の谷の名無しさん:03/07/22 21:02 ID:SN2J28mZ
どーせ目糞鼻糞なんだから仲良くしろよ
漏れは違うけどさ

172 :風の谷の名無しさん:03/07/22 22:37 ID:qqpz5ELt
雨宮さんはエロすぎる
俺を腎虚にするつもりか

173 :風の谷の名無しさん:03/07/23 02:19 ID:naZqn82o
>>171 このスレに(ry >>166 とりあえず、ハアハアスレのエロパロ向きと思われる過去の作品を貼りつけてみて、 (もちろん、過去の作品であることを宣言したうえで) 職人さんの反応をみてみたら?

174 :風の谷の名無しさん:03/07/23 09:12 ID:+wCSHMyF
>>173
せめて改行しる

175 :風の谷の名無しさん:03/07/23 17:25 ID:ejcw5IOb
ttp://www.aqua-style.instat.ne.jp/mv/mvk.htm
これのななか版を作ってくれる猛者は居ない者か・・・

いや、筋肉隆々のアレンジはいらないからw

176 :風の谷の名無しさん:03/07/23 19:16 ID:0sA1QKJC
>>172
>俺を腎虚にするつもりか
原作スレでもこんなカキコがあったが、あれはやっぱり八神先生によるモノだっ
たのだろうか?

177 :風の谷の名無しさん:03/07/24 13:42 ID:34HmRWep
>>175
それよくアキバでみるけど、元ネタそれだったか。
有る意味サンクス。

178 :風の谷の名無しさん:03/07/24 14:03 ID:YFFBllBL
エロパロスレに職人が降臨したが…

もはや>>166の望むスレにはならないだろうなあ
俺もなんか考えよっと

179 :風の谷の名無しさん:03/07/24 18:33 ID:psDOuV3d
本当だよ、もうあんなのエロパロスレじゃないやい。

180 :風の谷の名無しさん:03/07/24 19:01 ID:YFFBllBL
今、一番悔しいのは>>166でok?

181 :エロパロスレの45:03/07/24 19:22 ID:XycUYFtl
プロレスネタが来たしエロ書くのも何か気恥ずかしいから悪ノリしちゃった。




正直、スマンカッタ。

182 :風の谷の名無しさん:03/07/24 19:23 ID:YFFBllBL
さっき、エロパロ板のスレ行ったら
必死だった他力本願厨の正体が晒されていた


つくづく、夏休みだなと思った

183 :風の谷の名無しさん:03/07/24 19:24 ID:YFFBllBL
>>181
むしろ(´∀`)b グッジョブ!!

184 :エロパロスレ 41&52-53:03/07/24 19:29 ID:DJ84KQDa
でもアレはアレで結構すき。
初め見て吹き出したよ >>181

それで感想はー?
全くのスルーは悲しいでつ。(´Д⊂)


185 :風の谷の名無しさん:03/07/24 19:54 ID:YFFBllBL
>>184
分からない人には永遠に分からないネタだろうけど
横浜アリーナまでWWE見に行った俺的には(´∀`)b グッジョブ!!

そういえば八神センセもWWE好きなんだよなあ


186 :風の谷の名無しさん:03/07/24 23:20 ID:sOX2+sap
まさかヤツが立てたスレだったなんて(エロパロ)。
つくづく夏休みだな。

187 :風の谷の名無しさん:03/07/24 23:21 ID:MgVby79/
職人さんは新しいおもちゃを見つけたみたいだね・・・
ここでも投下ぷりーず

188 :風の谷の名無しさん:03/07/24 23:29 ID:sOX2+sap
どんなおもちゃだい?

189 :風の谷の名無しさん:03/07/24 23:41 ID:CZIBvZ3/
ガチ

190 :風の谷の名無しさん:03/07/25 07:47 ID:i+8vzvw6
*風祭たんと七華はいつも一緒に下校します。
 途中まで同じ道を通れるからです(本当は、七華がちょっと遠回りしています)。
 ふたりきりの楽しい帰り道は、大きなひびの入った電柱の路地でおしまい。
 ゆっくりゆっくり歩いて20分ほどでそこに辿りつくのです。

七華   「あ、電柱」
      「…じゃ、また明日ね。ちえ」
風祭たん「うん」
      「…うん」
七華   「ちえ?」
風祭たん「…ななかがわたしのお姉ちゃんだったらよかったのに」
      「そしたらさ、ここでわかれたりしないでさ、一緒におうちにかえってさ」
      「いっしょにごはんつくって食べて。おふろだって…寝るときだって、ずっといっしょなのに」
七華   「私はそんなの嫌よ」
風祭たん「あっ…うざかった…かな」
      「ごめんね。いつもあまえたことばっかりいって。うん。もういわな…」

ぎゅーっ

風祭たん「ひゃん!?」
七華   「姉妹じゃこんなことできないものね?」

ちゅっ

風祭たん「…ん…」

191 :風の谷の名無しさん:03/07/25 07:48 ID:i+8vzvw6
風祭たん「…ふー…っ」

七華   「ふふ」
風祭たん「…ななか…」
七華   「…いつも、ちえはこの電柱で悲しそうな顔する」
風祭たん「え?」
七華   「そうするとね、ちえの悲しい顔が頭にはりついちゃうの。
      …明日になって、またちえの顔見られるまで、ずっと」
風祭たん「う、うん」
七華   「そして、ちえにそんな顔させるのは…私なのよ」
風祭たん「あっ、そんなことない!そんなこと…」
      「だってななか…いつもここで笑って『また明日』っていってくれてたもん…」
      「…いま気付いたよ。ごめんね。ななか…。ごめんね…」
七華   「ちえ」

ちゅっ

風祭たん「っ…ふぅっ…んっ」

192 :風の谷の名無しさん:03/07/25 07:49 ID:i+8vzvw6
七華   「…ちえは」
      「キスすると素敵な顔に戻るから」
      「…えっちな子だから」
風祭たん「…えっ、えっちじゃないもん…」
七華   「だからね、ちえ。もし別れる時悲しくなりそうだったら」
      「これからは…言うのよ。『キスして』って」
風祭たん「え?」
七華   「じゃあ、ちえ。また明日ね」
風祭たん「…」
七華   「私は帰るから」
風祭たん「…な、ななか」
七華   「何?」
風祭たん「あの…あの」
七華   「どうしたの?」
風祭たん「その…」
七華   「うつむいてちゃ、わからないわ。帰るね」
風祭たん「まって」
七華   「…どうするんだったかしら?」
風祭たん「う…」
      「うー…」
      「き、きす…」
      「きす、して、ください…」
七華   「ふふ。自分からおねだりするなんてほんとにやらしい子ね」
風祭たん「…ばかぁ」

ちゅっ

193 :風の谷の名無しさん:03/07/25 07:51 ID:i+8vzvw6
風祭たん「…」
七華   「もう平気ね?」
風祭たん「…うん」
七華   「それじゃ、また明日、ね」
風祭たん「うん!」
      「また明日ね!ななか!」

こうして二人は、幸せな気持ちでそれぞれの家へ帰れるようになったのでした。おしまい。

194 :風の谷の名無しさん:03/07/25 07:51 ID:cZOx6eag
いいぜいいぜ・・・ハァハァ

195 :風の谷の名無しさん:03/07/25 08:04 ID:1fiKqxrC
>>190-193
 
 _| |\ | _  |\     /         \     ./| |/| |
 |_   ̄| | |__,| |  \  .| ○    ○ |   /  | |  | |
 _| .l二. | _  | | ̄ ̄ ̄|   .|___|    .| ̄ ̄ ̄| | |  | |
 |_  _|.L]]\| |. \. ̄ ̄|    |  |     | ̄ ̄/ .|__|  |__|
 \ | |\\  | |-'''"`'ー-、.|   ', /     .|、,, /  ////
    |__,|  \r''|__|ヽ,.r ・:,/".\   ∨   /・:`)"`)/□/□
   ・., \ー'"\ ;・\,,.r─''"゙゙`‐-、/ r''⌒`/ ,--、・///,..
 ・''"⌒ヽ、 {"∴ \ r''`"r、r-'''`ヽ、,,  `)  /''"⌒r''"`` /r''"
   ,,.-\. /■\   ∧∧ ∧_∧  ∧∧  ∧_∧ -、,,_
 .",.r''" (´∀`∩) (*゚ー゚) ( ´∀` ) (゚Д゚,,) (・∀・ )   `・
      (つ  丿 とと ./ ⊂    つ(|  つ (    つ
      ( ヽノ 〜  / /  ∧ \ |  〜 .|  ト、 \


196 :風の谷の名無しさん:03/07/25 09:03 ID:4RgOkhoq
やっぱり(・∀・)イイ!!
だからエロパロスレなんかイランといっていたのに。

197 :風の谷の名無しさん:03/07/25 09:56 ID:cZOx6eag
安心しる。漏れが電波文で埋め立てるから。→エロパロスレ

198 :風の谷の名無しさん:03/07/25 10:48 ID:BLxzfTUb
>>196-197
せっかくエロパロに不釣り合いな馬鹿スレに仕立てたんだし(w
ある意味このスレとリンクしてる訳だから

落ちるまで前スレの傑作馬鹿ペニスSSを貼り付けて
馬鹿スレから馬鹿ペニスレにして職人の到来を待ち続けるもよし

プロレス以外にも様々なネタでななかを語って自治厨から板違いと罵られるもよし。

漏れはオーソドックスなエロは苦手だが、一本大作を書き上げて反応を見るのもよし。


荒らすのは早計だろ。

199 :風の谷の名無しさん:03/07/25 13:57 ID:JnOORo1E
エロはエロでもこういったほのぼのエロは(・∀・)イイ!! 

200 :風の谷の名無しさん:03/07/25 22:16 ID:3R73UhXI
RE雨宮

201 :風の谷の名無しさん:03/07/25 22:16 ID:SuW2RmNw
でもこなタイプのエロだと6歳の「ナナカ」をつかい辛いんだよなあ・・・・・・
個人的にはこれでエロ見たいのに・・・・・・

202 :風の谷の名無しさん:03/07/26 02:17 ID:iAXVmuaY
エロパロいいわぁ・・・
ああいうジエンで電波ネタ爆発できるスレ欲しかったんだよ。

203 :風の谷の名無しさん:03/07/26 02:22 ID:ctq/kfAC
放課後。3階のすみの空き教室にて。

ななか  「こんなところによびだして、どうしたの?かざまつりさん」
風祭たん「…霧里って」
ななか  「はや?」
風祭たん「…凪原とつきあってるの?」
ななか  「つきあう…?」
風祭たん「仲よさそうだし」
ななか  「うん!まいにちねんじちゃんのおうちであそんでるよ」
風祭たん「!(…なんでこんな幸せそうな顔するのよ…!)」
      「ふ、ふーん。そうなんだ。へえー」
      「じゃ、じゃあさー、どこまでいってんの?」
ななか  「どこまでって?」
風祭たん「いっ、いまさらしらばっくれないでよ」
      「その…キスとか…あ、あるでしょ?ほら!」
ななか  「きす…?」
風祭たん「キスくらいしたことあるんでしょ?」
ななか  「キスってなに?」
風祭たん「は?」
ななか  「ねえねえ、キスってなに?」
風祭たん「…な、なに言ってんのよ。男と女が、くちびるとくちびるを…ちゅっ、て…」
ななか  「?」
風祭たん「…ほんとにしらないの?」
ななか  「うん。おしえて?」
風祭たん「…(あんな…ヘンな髪型の不良男にとられるくらいなら…)」
ななか  「ねー、おしえてよー」
風祭たん「…」
      「じゃ、…おしえてあげる」
ななか  「うわーい!」

204 :風の谷の名無しさん:03/07/26 02:22 ID:ctq/kfAC
風祭たん「ま、まずはね、えっと…だきあうの」
ななか  「だきあうの?」
風祭たん「だきあうの」
ななか  「えいっ!」

と、言うが早いか、ななかは風祭たんに飛びつきました。

風祭たん「ひゃっ…わっ、わぁっ」

ばたーん

風祭たん「いっ、た、た…。なにすんのよ!」
ななか  「はわわ…ごめんねかざまつりさん」
風祭たん「…。あっ…」

気付けば、ななかに押し倒される形になっていました。

ななか  「はわっ、かざまつりさんどうしたの?どこかいたい?」

自分の態勢に気付いた風祭たんの顔は真っ赤です。
そんな風祭たんの顔をななかがじーっと見つめるので、
風祭たんはもっと赤くなって目をそらします。

205 :風の谷の名無しさん:03/07/26 02:23 ID:ctq/kfAC
ななか  「いまどくから…」
風祭たん「…どかなくていいよ」
ななか  「はや?」
風祭たん「どかなくていい、っていってるの…」
      「…このままでいいの」

風祭たんは、起き上がろうとするななかの背中に、そっと、両腕をかけ、

風祭たん「…いいの」

引きよせました。

ななか  「かざまつりさん…」
風祭たん「きり…さと…」

お互いの顔がとても近くにあります。
密着するななかの体の重さと、やわらかさと、温かさを、少しでも多く感じるために
風祭たんは、少し力をこめてななかを抱きしめました。

きゅっ

206 :風の谷の名無しさん:03/07/26 02:28 ID:ctq/kfAC
ななか  「…これが、きす?」

少しの間。二人は互いに見つめあって。

風祭たん「ううん」

そして、キスしました。

ななか  「ん……む…」
風祭たん「…っ…」

廊下の外で響いてる、声にならない声。窓の外、時折聞こえる風や車の音。
二人の吐息。いつしかななかも、熱に浮かされたように風祭たんの唇を求めます。

風祭たん「ふうっ…」

ゆっくり、ゆっくり、唇をはなすと、
風祭たんはもう一度、ずっと好きだったななかを抱きしめて、キスしたいと思いましたが、
突如としてやりきれない感覚が胸をしめあげて、
なんだか自分がみじめな卑怯者みたいに思えて、
そして、それはきっと本当のことで…

207 :風の谷の名無しさん:03/07/26 02:28 ID:ctq/kfAC
ななか  「かざまつりさん…」
      「ないてるよ」
風祭たん「…え?」
ななか  「なかないで」

風祭たんの濡れた頬にそっとキスするななか。

ななか  「いいこだから…ね?」

濡れる頬にキスをして、こぼれ落ちる涙を受け止めます。
風祭たんのふわふわの髪を、そっとなでます。
なんでこんなに優しくしてくれるんだろう?
ななかが優しくしてくれればくれるほど涙は止まらなくなるので、

風祭たん「ひくっ…えっく…ううう…」
ななか  「よしよし」

今度はななかから、キスをしました。

208 :風の谷の名無しさん:03/07/26 02:29 ID:ctq/kfAC
二人は唇を離した後もずっと抱き合っていて、
それは風祭たんが泣き止むまで続きました。
空が真っ赤になる頃、風祭たんはやっと落ちついて、優しくなでてくれるななかの胸の中で幸せに目を閉じていました。

風祭たん「ごめんね」
ななか  「もうだいじょうぶ?」
風祭たん「うん。だいじょうぶだよ」
ななか  「よかったー。かざまつりさんたらなんだかあかちゃんみたいになっちゃうんだもん」
風祭たん「…うるさい」
ななか  「はわっ!」
風祭たん「へへっ。えいっ、と」

勢い良く立ち上がると、全身をぱっぱっと払って、ななかに手を差し出しました。
ななかは風祭たんの手を取って立ちあがります。

風祭たん「ね、霧里。今日のことは…忘れて?」
ななか  「はや?」
風祭たん「今日のわたし、ちょっとおかしかったんだ。だから、わすれて?」
ななか  「わすれるの?」
風祭たん「うん。みんな…なかったんだよ」

風祭たんは、泣きそうになるのをこらえて無理矢理笑顔を作ります。
でも、涙が勝手にこぼれてくるので、ななかにくるっと背中を向け、ドアに向かって走ろうとします。

209 :風の谷の名無しさん:03/07/26 02:35 ID:ctq/kfAC
風祭たん「じゃね。霧里…」
ななか  「かざまつりさん」

ななかが風祭たんの手をいきなりつかんだため、
二人ともバランスを崩して倒れました。

風祭たん「な、なにすんのよ!はなしてよ!」
ななか  「ごめんねかざまつりさん」
風祭たん「いいからはなして!ばかっ!だいきらいなんだから!きりさとのことなんか…」
      「きらい…なんだから…きらい…」
      「きらい…」
ななか  「わたしは…」
      「かざまつりさんのこと、すきだよ?」
風祭たん「うそ」
ななか  「ほんとだよ」
風祭たん「うそだもん」
ななか  「うそじゃないよ?」
      「かざまつりさんはわたしのこときらいなの?」
風祭たん「…そんな顔しないでよ…」
      「きらいなわけ…」
      「えっく、ううっ、な、ないー……」

風祭たんはまた泣き出してしまいました。

ななか  「えへへー。わたしもかざまつりさんのこと、だいすきだよ」
      「だからなかないで。ほら、いいこいいこ」
      
ちゅっ

そしてまた二人は抱き合ってキスして、結局暗くなるまで一緒にいたのでした。おしまい。

210 :風の谷の名無しさん:03/07/26 02:36 ID:ctq/kfAC
帰り道の廊下にて

ななか  「かざまつりさんってなきむしさん」
風祭たん「…う、うるさい」
ななか  「えへへー、またなきたくなったらわたしにいってね」
      「だっこして、ちゅっ、てしてあげるからね」
風祭たん「…ばか」

おしまい。

211 :風の谷の名無しさん:03/07/26 03:05 ID:iAXVmuaY
八神センセうらやましいな。
こんなに愛されてるキャラを描けるなんて。
センセ、見てるんだったら、何かコメントしてあげてよ。

212 :風の谷の名無しさん:03/07/26 03:56 ID:68MyViVx
禿しく(・∀・)イイ!!
職人はこのスレにこそ存在するのだなぁ。


213 :風の谷の名無しさん:03/07/26 06:02 ID:HtG7BjgS
ココのSSを見てる人達、職人さんに労いの言葉くらい言いましょうよ

>>203-210
乙です

214 :風の谷の名無しさん:03/07/26 07:18 ID:e7OkdBgI
>>213
自分だけが謝意を表してるとでも思ってるの?
自治厨はどっかいけ。スレが荒れる。
現に漏れはオマエの言葉に腹が立って荒れた言葉を書いている。
 
>>203-210
(・∀・)イイ!!!!
がんがってくだちい!!!!

215 :風の谷の名無しさん:03/07/26 09:08 ID:LeskA2fq
>>214
マターリいこう。
>>213
211も212もちゃんと労ってると思うけどなぁ。
もしかしてわざと荒らそうとしてるの?

216 :風の谷の名無しさん:03/07/26 15:51 ID:VVqcc2kg
>>203-210
ハァハァするよりもマターリしてふんわりした優しい気持ちになった
みんな優しい気持ちになればイイのにね・・・

217 :風の谷の名無しさん:03/07/26 16:09 ID:aXK0DlgT
このままだとdat落ちしかねないので保守age

218 :風の谷の名無しさん:03/07/26 16:19 ID:uM3Rm8lc
圧縮寸前までスレたまっているの?

219 :風の谷の名無しさん:03/07/26 20:03 ID:aXK0DlgT
ここが停滞期にはいっているから

220 :風の谷の名無しさん:03/07/27 05:36 ID:JnBbDNQ8
急に寂れたな。
213は反省しる!

221 :風の谷の名無しさん:03/07/27 10:06 ID:WhBJ7TGS
閑古鳥退去age


















(効果は薄いと思うが)

222 :風の谷の名無しさん:03/07/27 20:29 ID:zEQ6BNbZ
ううう、職人さん来なくなちゃった・・・・

223 :風の谷の名無しさん:03/07/27 21:25 ID:+2pVL9Vh
ここで他力本願している香具師は、エロパロ板のスレで晒されたあいつ?

224 :風の谷の名無しさん:03/07/27 22:01 ID:9CdRLMB6
今週末に一本投稿したかったが、書けなかった……
来週までには必ず書く(`・ω・´)

225 :風の谷の名無しさん:03/07/27 22:27 ID:mrRVs3Dy
漏れもガンガル!

226 :風の谷の名無しさん:03/07/28 02:09 ID:tapbHPvc
>>245
最初はそうだったと思うんだけど、時代の流れで他の熱血マンガが消滅してしまったため
なし崩し的に島本が熱血になった。
あと、島本の場合、どこまで本気かわからないというよりは完全に本気でやってる気がするので
結局熱血マンガなのではないかと思う

227 :風の谷の名無しさん:03/07/28 02:11 ID:tapbHPvc
うわあああ!誤爆した!七華お姉ちゃんごめんなさい

228 :風の谷の名無しさん:03/07/28 15:17 ID:njvFyvEb
>>227
この馬鹿ペニスが!

229 :風の谷の名無しさん:03/07/29 20:29 ID:QT4qidY3
エロパロスレも何とか持ちこたえているみたいです。

230 :風の谷の名無しさん:03/07/30 20:47 ID:YpJ2iBYK
あげ

231 :風の谷の名無しさん:03/07/31 00:14 ID:HPBJ5Btx
エロパロスレは現在変な方向に向かっています、一度足を運んで見てはいかがですか?

232 :風の谷の名無しさん:03/07/31 12:43 ID:1lmP+GHx
エロパロスレのせいで、星のかけらの名無しさんを見かけると吹き出してしまいます。
タスマニア在住って・・・

233 :風の谷の名無しさん:03/07/31 12:52 ID:j7XZyPLO
で、エロパロスレってやつのURLは?

234 :風の谷の名無しさん:03/07/31 12:58 ID:1lmP+GHx
>>233
ナナカ、夜の方は...(雨 宮 だ け は ガ チ)
ttp://www2.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1058354972/

235 :星のかけらの名無しさん:03/07/31 21:32 ID:Kpz/2tU5
 当方プロレスの話は全然分かんないっす〜。

236 :風の谷の名無しさん:03/08/01 00:45 ID:MgIDnY7c
>>235
ひょっとして、そのハンドルでの登場は、はじめてでは?

237 :星のかけらの名無しさん:03/08/01 07:30 ID:AUk9Hhil
>>236
 そうかも。
 まあ、八神せんせは好きみたいだし、雨宮さんはフライングクロス
アタックだし、全く縁がない訳ではないのか。
 ああいうバカ話、アニメでももっと見たかったなぁ……。

238 :風の谷の名無しさん:03/08/03 00:29 ID:BZO4phgW
大変だエロパロスレでエロパロが出没したぞ!!
というわけで記念age

239 :風の谷の名無しさん:03/08/03 00:58 ID:xz2FyuzC
>>238今日はめでたい日哉。
当スレ公式飲料水がサントリーから発売されていたようです。
ttp://suntory.jp/BINTA/
『リフレッシュドライ』・『クールメンソール』の二種類があります。

 早速、『リフレッシュドライ』を購入・試飲してみました。
 ラベルには「気分転換飲料[ビンタ]」とあります。一見、強烈な炭酸飲料水を思われる
ラベルですが・・・普通のジュースです。
 普通のジュースというと普通のジュースに失礼かもしれませんが、地中海グレープ(外
見は普通のグレープで、切ってみると真っ赤なアレ)の苦みを強調しすぎているのか、そ
れともビターハーブなる物の仕業か・・・嫌な苦みが残ります。
と、同時に間の抜けたニッキアメのような清涼感があります。

 350ml・160円という値段設定から、かなりの濃縮果汁が入っているかと思いきや・・・
果汁1%
その自信の出所が分かりません。むしろうらやましく思います。

 ビターハーブが高いのかと思いきや、原材料を見てみるとそれらしき物が見あたりません。
せいぜい、「香料」ぐらいでしょうか。「野菜」という今時こんなにざっくりとした表記も気にな
ります。しっかりと「カフェイン」は入っているようです。この健康ブームのさなかに。

 これが大人の味というものでしょうか。
七華は大人は我慢するものだと言っているので、多分そうかもしれません。

 これだけは言わせてください。決してサントリーに恨みも悪意もありません。
もう片方の『クールメンソール』には期待しています。

 食品業界の企画は多産多死を繰り返し、生き残った企画が大きくなる様からマンボウにた
とえられることがあります。
 
 漏れには見えます。
 マンボウの産卵管から口移しで天敵に補食される卵が。

240 :風の谷の名無しさん:03/08/03 02:20 ID:iMBLjcF2
>>237
>ああいうバカ話、アニメでももっと見たかったなぁ……。
禿同。

241 :風の谷の名無しさん:03/08/03 11:15 ID:qL+fWLRO
>>239
どっちが七華味でどっちが雨宮さん味ですか?

242 :風の谷の名無しさん:03/08/03 12:59 ID:iMBLjcF2
BINTAマスターか。ななかにふさわしい称号だ。

243 :風の谷の名無しさん:03/08/03 13:19 ID:j0/waFRY
大好評なようです

ソフトドリンク板 サントリー「BINTA」
ttp://food3.2ch.net/test/read.cgi/juice/1056234790/

244 :風の谷の名無しさん:03/08/03 19:53 ID:BZO4phgW
エロパロでは媚薬飲まされた七華が医者の餌食に・・・

245 :風の谷の名無しさん:03/08/04 00:41 ID:FIizktt7
エロパロはスレ主の態度が悪いので行きませんっ。

246 :風の谷の名無しさん:03/08/04 00:56 ID:QfyUkely
スレ主って?
>150氏の事言ってるなら違うよ。
彼は自分は立て逃げ同然の他力本願のくせに
dendがプロレスネタを書いた香具師全員をつまらないと言ったのが許せなかったんだと思われるが。
彼の馬鹿ペニスト愛ははっきり伝わるよ。

247 :245:03/08/04 01:16 ID:FIizktt7
>>246
もちろん、スレ主とはdendのことです。

プロレスネタですが、漏れはアレで良いと思いました。
何やってるんだか分からなかったけどw。

いまのところエロパロ向けに作ったSSを当スレ向けに修正中です。
ここ、うんちネタ御法度らしいんで。

それと、エロパロ>150氏乙です。


248 :dend:03/08/04 01:27 ID:P8lbO+K6
ばれていたのか!?




















と、ヤツは思っているだろう

249 :風の谷の名無しさん:03/08/05 00:31 ID:P/UN/Rh/
漏れも、読む馬鹿ペニストから書く馬鹿ペニストになりたくて、エロパロ板のいろいろな
スレを読んでいる内に素晴らしいレスを見つけました。

Q&Aはここ!エロパロ板総合質問スレッド2
ttp://www2.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1008475938/
より転載

438 名前:_ 投稿日:03/03/21 00:36 ID:EEoS4oLY
自分でエロパロ小説を書きたいと思うんですが
私はあまり文章を書いたことがありません
どのように練習をしたらよいのでしょうか?


440 名前:名無しさん@ピンキー 投稿日:03/03/21 20:28 ID:IlUdGTrI
>>438
エロパロだけではなく、文章全体の練習方法を述べます。
まず、何でも良いので、自分の書きたいテーマを決めてしまい、
出来上がった物を、掲示板にUPさせるという方法が、
最も手っ取り早いでしょう。

人のたくさん集まるスレッドなら大抵、他の人が欠点なり、問題点なりを
指摘してくれるので、それらの意見を参考にして改良していけば、
よりよい文章を書けるようになると思います。

PS
掲載時に、初心者だからとか、下手だから等の文言をいれると、
読み手はまず間違いなくうんざりしますので、よけいな言い訳を
書かず、堂々とUPすれば良いと思います。

これをみて、SS(稚拙ですが)を投下する勇気がでますた。
やっぱり、文句よりも行動ですね。
とりあえず、本スレ(ハァハァスレ)に投下したいと思いまつ。

250 :風の谷の名無しさん:03/08/05 20:34 ID:NHWukpWU
エロパロでは七華が暗示をかけられています

251 :風の谷の名無しさん:03/08/05 20:46 ID:7YKOnAFs
これでエロパロスレ>>1の態度が良ければ最高なのだが・・・

252 :風の谷の名無しさん:03/08/06 04:10 ID:QuVQdGBt
月曜の朝、七華がひとり高校へと歩いておりますと、
角の小路からいつものように、見なれたツインテールの女の子が走ってきます。

風祭たん「はよーん!」
七華   「おはよう、ちえ」
風祭たん「なーなかー♪」

がばーっ

勢いよく七華の腕にとびつく風祭たん。

七華   「ふふ、もうちえったら…」
風祭たん「だめーっ。はなさないんだから」

七華はからみつくその腕を両手ではがして胸のあたりに持っていき、
向かい合って、手をきゅっと握って、見つめて…

253 :風の谷の名無しさん:03/08/06 04:10 ID:QuVQdGBt
七華   「ちえ」
風祭たん「…な、ななか、だめ…だよ…」
七華   「ふふふ」

こつん、と、風祭たんのおでこに、軽くおでこをぶつけました。

七華   「ちえ、顔が赤いけど?風邪?」
風祭たん「…」
      「な、ななかのばか」
七華   「こんな路上で何を期待してたの?ほんとにやらしい子なんだから」
風祭たん「う……な、ななかなんか
七華   「しょうがないわね」

ちゅっ

七華は、風祭たんの紅い頬を軽くついばんで微笑むと、

風祭たん「…」
七華   「さ、遅刻するわよ」

ひとり歩き始めました。

一瞬硬直して、そして慌ててきょろきょろして、それから七華を追って走り出す風祭たん。

254 :風の谷の名無しさん:03/08/06 04:12 ID:QuVQdGBt
七華はずっとひとりでした。
ひとりだった頃の日常は楽しくも悲しくもなくて、ただ目に見えるそのものでしかありませんでした。
でも今は違います。

家を出ると、いつもの小路で風祭たんと会うのが楽しみで、
でもひょっとしたら来ないんじゃないか、とか、自分はうっとうしがられてるんじゃないか、とか
不安になったりもして大変です。風祭たんがいつもの小路からやってくると、ほっとします。

色んな話しをしてくれる風祭たん。
くるくると変わる表情や、ひょこひょこ揺れるツインテールを眺めて、七華はとっても幸せでした。

255 :風の谷の名無しさん:03/08/06 04:13 ID:QuVQdGBt
風祭たん「あ、そうだ!ちょっとまっててね」

風祭たんは、通り過ぎかけたコンビニエンスストアにとてとてと走っていき、何かを買い、戻ってきました。

風祭たん「あのね、あのね…」

後ろに回していた右手を前に出し、

風祭たん「…プレゼント!」

その手には白い清涼飲料水の瓶が握られています。

七華   「BIN…TA?」
風祭たん「ななかの必殺技だよ!」

七華   「キッ!」

風祭たん「ひっ!」

256 :風の谷の名無しさん:03/08/06 04:29 ID:QuVQdGBt
風祭たん「え、えっと、昨日のんですごいおいしかったから、ななかも気に入るとおもうんだ」
      「はい、どうぞ」

七華   「ありがとう。うれしいな」

七華はほんとうに嬉しかったのです。
だって風祭たんは、ただの通学路さえとても素敵なイベントに変えてしまうのですから。

七華   「…ありがとう。ちえ」

瓶をあけて一口。
これは何の味だろう?舌から脳へ質問が、そして脳から舌へ返答が…

ああ、湿布だ。

七華   「ンブッ!ふッ」
風祭たん「な、ななか!ななかー!」

遠のく意識の中で、七華は風祭たんにもっとおいしいもの食べさせてあげたいと思いました。

257 :風の谷の名無しさん:03/08/06 04:39 ID:QuVQdGBt
この日七華は学校を休んでしまいましたが、
風祭たんが看病してくれたので嬉しかったのでした。

七華   「ちえ。夕食作ってあげるね」
風祭たん「い、いいよ。私作る」
七華   「じゃあ一緒にね。ちえはなに食べたいのかな?」

                                                  おしまい

258 :風の谷の名無しさん:03/08/06 04:41 ID:w38q8Jgv
消費者(批評家)ばっかで、生産者がいないじゃんよ。
仕方がないので、拙劣なんだけど一つだけ。

稔ニ「な〜雨宮、いつもお前の勝負パンツだけしか見てないんだから、たまには
   ふだん履いてるパンツを見せてくれよ〜。ひき出しのなか、見てもいい?」
雨宮「え〜〜、すごく恥ずかしいんだけど・・・・・いいよ」

稔ニ「ふ〜ん、こんなのを履いてるんだ、へ〜〜。・・あれ?・・
   な〜雨宮、お前って爪を伸ばしてる方だよなぁ?」
雨宮「うん。でも、それがどうかしたの?」 
稔ニ「ぶっちゃけお前、日常的にオナニーしてるだろ?」
雨宮「え?なに言うのよ、突然。してないわよ、そんなの・・・」
稔ニ「だって、どのパンツもちょうどクリトリスがあたる部分に
   穴が開いてるもん。これって爪先で切っちゃった痕だろ、どう見ても。」
雨宮「・・・・・・・・」

259 :風の谷の名無しさん:03/08/06 10:08 ID:SO0QUJPV
>>252->>257
乙です。
マターリしてて良いなぁと思いきや、公式飲料水が出るとはw。
そうですか、白は湿布の味ですか・・・。
そういえば、>>239氏はそれ以来レスがないけど、ひょっとして因果宇宙の外へ逝ってしま
われのだろうか・・・

>>258
乙です。
妹のパンツがすり切れる云々でこの前、妹が母親と言い争いしていたが、そうか、香具師パ
ンツ越しにオナーニしていたのか・・・鬱。

260 :風の谷の名無しさん:03/08/06 13:10 ID:erpx3/o8
>>259
妹たんにハァハァ・・・

261 :風の谷の名無しさん:03/08/06 13:11 ID:N5BorVSI
>>252-257
相変わらず七華・風祭たんへの深い愛が感じられる一品ですね。
ほのぼのしてていいです。
こういうのかける文才があればなぁ・・・・今挑戦中。
 
>>258
雨宮さんに対する激しいエr
布越しってのは直接よりもエr
久々のハァハァですな。乙です。



262 :風の谷の名無しさん:03/08/07 00:26 ID:GA0OVu6H
ふうやっぱりエロパロはあるべきです。


















(エロが中途半端杉ジャイ!!)

263 :風の谷の名無しさん:03/08/07 01:53 ID:xtSzG4Bm
>>262
おまえはわかってない。なんにもわかってない。

264 :まほろさん:03/08/07 17:12 ID:8ulVnbLA
エッチなのはいけないとおもいます

265 :風の谷の名無しさん:03/08/07 17:28 ID:AAhSZNcc
>>264
俺、ミュウ、ぴっち、ななかのスレにいて、
どのスレも滅多に荒れない良い雰囲気のスレなのだが、
ここ、エロパロが出来てから、やな雰囲気になったな(泣)

プロレスがいやだとか、そんなんじゃなくてなー。

266 :風の谷の名無しさん:03/08/07 17:37 ID:uFXpoH4d
>>265
おまいさんみたいのが、よそのスレの話題だすからだ。
ほっとけ。

267 :風の谷の名無しさん:03/08/07 17:51 ID:XqmSzSF5
dendが悪い

268 :風の谷の名無しさん:03/08/07 18:18 ID:uFXpoH4d
>>267
だ ・ か ・ ら!!!!!!!!!!
ここで他のスレのもめ事の話するな!!!!!!!


269 :風の谷の名無しさん:03/08/08 09:06 ID:qVuWaVcw
264はただの釣りだ

270 :風の谷の名無しさん:03/08/08 10:24 ID:S0XODi4M
言われるまでもないw。
っていうか、そんなこと>>264言ったらこのスレの存在理由が無くなる。

そもそも、エロパロスレのスレ主ってななか6/17のことそんなに知らないんじゃないの?ななかをナナカって逝ってるし。
香具師がやりたかったのはスレッドのヌシになって、高いところから文句を言いたかったわけで(プ。
小学校で出来なかったことを2chでやりたかっただけでしょう?。
香具師をみて、ここが2chであることを再確認したよ。ここは、引きこもりが粋がる掲示板だってことを。

今、エロパロ見てみると、ジエンの広告コピペやってるけどそれって釣りw?

そんなにかまって欲しいの?



現 実 世 界 で は 無 視 さ れ て い る か ら ?(プ

271 :風の谷の名無しさん:03/08/08 10:28 ID:S0XODi4M
っていうか、

「ナナカ、夜の方は...」(プ

ひねりなさ過ぎ。

272 :風の谷の名無しさん:03/08/08 13:13 ID:ogTYY0pp
はいはい、他スレの話は他スレでしましょうね。

273 :風の谷の名無しさん:03/08/08 15:37 ID:t0Ra/FzP
 まあ、エロパロのスレをのばしてもdendを調子づかせるだけだから、
ここでヲチしてみるのも一興かと。

 あそこは放置と言うことで。

274 :風の谷の名無しさん:03/08/08 21:04 ID:qVuWaVcw
dendを擁護するつもりはないが「ななか」を「ナナカ」としたのは
「七華」とも、「ななか」とも取れるような配慮でカタカナにしたのだと思われ・・・

275 :風の谷の名無しさん:03/08/08 21:40 ID:N0Ev7gEo
だからここで向こうのスレの話やめろっていってるだろ!!!
死ねよ、馬鹿野郎ども!!!!!!!!!!!!!!!!!!

276 :風の谷の名無しさん:03/08/08 23:29 ID:Q31cUuOd
ななか好き同士なら喧嘩はやめれ。
俺はスレを盛り上げるネタの一つも言えない雰囲気を荒らす行き過ぎた自治気取りもどうかと思うぞ。
俺たちは馬鹿ペニストなんだ、馬鹿になっちゃいけねえ。


277 :風の谷の名無しさん:03/08/09 00:27 ID:/Tqp352A
>>276
向こうが荒れてる腹いせをこっちでしてるとしか思えないが。


278 :風の谷の名無しさん:03/08/09 00:34 ID:2Tvudifh
ハァハァスレでは、dendが自治厨気取りで暴れてます...

279 :風の谷の名無しさん:03/08/09 02:34 ID:wqBFMCvc
>>275>>277
まぁ、ここでいつまでもdendネタやってるヤシは
本人がどう考えようとも荒らしなわけだから、
とりあえずスルーしとけ。

280 :風の谷の名無しさん:03/08/09 03:12 ID:kCPK4rzt
>>274
お前dendだろ?
ハァハァスレでも似たような擁護があったぞ。

いずれも書き出しが
『dendを擁護する気はないが』って…(爆笑

ちなみに奴の一連のななかスレへの関与の発端はハァハァスレの可能性が高いのであながちスレ違いとも言えない。

281 :風の谷の名無しさん:03/08/09 03:26 ID:+oCJyaSR
オレはここにハアハア(というかドキドキ?)しに来てるんであって
殺伐な気分になりに来てんじゃねーぞチキショー
七華お姉ちゃんに慰めてもらおう

282 :風の谷の名無しさん:03/08/09 14:29 ID:59z4QvTi
もまえら!!スレ立てたので画像をうぷしてください。
http://pink.bbspink.com/test/read.cgi/ascii2d/1060404591/

283 :風の谷の名無しさん:03/08/09 20:20 ID:vbzk4bEA
>>278
ワラタ

>>282
エロパロスレでみんな痛い目にあってるので、新規スレに足が向くかどうか・・・
画像ならここに投下出来るわけだし、わざわざエネルギーを分散すること無いよ。
ただでさえ寂れてんだから。

そのエロパロスレは、コンペを開催するらしいです。
職人つぶしをしているスレに誰がSSを投下するのか見物でつ。

284 :風の谷の名無しさん:03/08/09 22:55 ID:wLbuDn2o
>>283
喪前もしかしてそのスレ立てた本人?
ま、いいけど。

285 :283:03/08/09 23:09 ID:vbzk4bEA
>>284
まさかw。
今更ななかの画像スレはないでしょうw。どうせスレ主になって粋がりたいdendのしわざでしょ?

っていうか、何故そう思う?>>283にそれを臭わす文章ってある?

は!ひょっとして、>>284がスレ主?w(dend?)

286 :風の谷の名無しさん:03/08/09 23:14 ID:dyeCb7id
>>284
他人に罪をなすりつけるdendハケーン

287 :風の谷の名無しさん:03/08/09 23:44 ID:yvlPwZLz
本当にそろそろ止めてもらいたいんだけど>dendネタ

288 :284:03/08/09 23:44 ID:wLbuDn2o
いや漏れはコンペのことを言っていたのだが・・・・・・・・・・・

289 :風の谷の名無しさん:03/08/10 00:15 ID:k+a6Lb7A
>>288
そうななか

290 :風の谷の名無しさん:03/08/10 01:24 ID:84Nmxbcr
>>149-153の続き。

 授業が終わり、塾へと向かう七華の進路をふさぐように、稔二が立っている。
「七華。妹になってくれ」
 真剣な眼差しの稔二に、七華は深く溜め息をついた。
 返事もせず稔二の脇をすり抜け、立ち去ろうとする。
「七華! やっぱり嫌なのか?」
 七華の腕を掴む稔二。
「当たり前でしょ。雨宮さんと五月ちゃんと九里子ちゃんと姉妹になるなんて、できるわ
けないわ」
 稔二の手を振り払い、冷たく答える。
「それに、雨宮さん達も絶対に認めないわ。稔二の提案なんて」
「それは大丈夫だ。お前以外の三人は、もう了承してくれたよ」
「え?」
 思わず七華の声のトーンが上がる。
「ナ〜〜ギ〜〜!」
 背丈の倍以上も飛び跳ねるばね人形のような勢いで、どこからともなく九里子が飛びつ
いて来た。
「聞いたわよ! ママの所に行って『九里子を俺の妹にしてください』って頼んだんです
ってね! 『妹』の部分がちょっと不満だけど、ナギーの愛を裏切ることはできないわ!」



291 :風の谷の名無しさん:03/08/10 01:25 ID:84Nmxbcr
 稔二に肩車をしながら、九里子は嬉しそうに稔二の髪の毛を引っ張る。
「ああ九里子、お前の母さんも喜んでくれたよ。お前の兄貴が留学してからずっと、
九里子は元気が無かったから俺にお兄さんの代わりになってほしいんだとよ」
 笑顔で答える稔二。
「そうよナギー。これからは私達ずっと一緒にラブラブよ! それに……」
 九里子は言葉を途中で切り、七華を睨みつけた。
「今のメガネ子とナギーを二人っきりにさせておくのは危険だわ!」
 そう叫んで、びしっと七華に指を突きつける。
「えっ?」
 呆然とする七華に、九里子はなおも叫ぶ。
「ドミ子の新作が始まったのに全然観てないみたいだし、あんた最近大人ぶってるわ!」
「そ、そんな……私は……」
 6歳に退行していた時の七華しか、九里子は知らない。
 九里子にとっての七華は、精神年齢6歳の七華である。
「少女から女に脱皮して、ナギーをものにしようとしようったって、そうはさせないわ!」
「ちょっと、九里子ちゃん! どこでそんな言葉を……」
 九里子が問い詰め、七華は言葉に詰まる。
「まぁ気にすんな九里子。七華は七華だよ」
 肩につかまる九里子に稔二がそう言った瞬間。



292 :風の谷の名無しさん:03/08/10 01:26 ID:84Nmxbcr
「無礼者ー!」
 どかーん!
 五月が疾風のように飛び出し、稔二に強烈な胴払いを決めた。
「おおっ!」
 わき腹を襲った衝撃に、稔二は思わず目がくらむ。
「稔二!」「ナギー!」
 ふらつきながらも、振り落とさないように肩におぶった九里子を支える稔二に、五月
は木刀を突きつける。
「凪原稔二! お兄様との決闘に勝った見返りとして、一度ならず二度までも私の身柄
を要求するとは、何という破廉恥。今度という今度は、絶対に許せませぬ!」
「五月ちゃん、やめなさい!」
 七華は稔二と五月の間に割り込み、何とか五月を止めようとする。
 怒り冷めやらぬ様子で木刀の先を震わせていた五月だったが、七華の顔を見ると急に
うつむいてしまった。
「七華お義姉様。お恥ずかしいことですが、お兄様は凪原稔二に敗れただけではなく、
見返りに私の身柄を要求されても何も抵抗せず、むしろ喜んで私を差し出したのです」
 うつむいたまま肩を震わせる五月の足元に、雫が落ちる。 
「約束は約束です。私は凪原稔二の妹分に身を落とす覚悟はできております」
「五月ちゃん……」
「そんなに嫌がるなよ、五月。俺の妹になるってことは、七華の妹になるってことでも
あるんだぜ」
「お義姉様、それは本当ですか!?」
 稔二の言葉を聞いた途端、五月は顔をぱっと上げる。
「凪原稔二の妹になるのは屈辱の極みですが、お義姉様となら……」
「い、いや……あの、それはちょっと……」
 七華の手を取り、握り締める五月に、七華はどう答えてよいのか戸惑う。




293 :風の谷の名無しさん:03/08/10 01:27 ID:84Nmxbcr
(おい七華。ここは五月のためにも話を合わせてくれ。今の五月をなだめられるのはお前
だけだ)
 稔二が七華に耳打ちする。
(あなたが五月ちゃんを無理矢理妹にしようとするから、こんな事になったんでしょ。
あなたが変な計画を辞めて、五月ちゃんを家に帰せば済む事じゃない)
(でも、五月はもうすっかりその気だぞ)
(え?)
「おねえさま……」
 五月は頬を赤らめ目を潤ませながら、七華の手を握り締めている。
「あ、あのね。五月ちゃん」
(七華。五月はお前のことが好きなんだよ。一緒にいてやってくれよ、頼む)
 真剣な眼差しの稔二から、七華は目を反らした。
「おねえさま……」
 七華の手を離さない五月からも七華は目を反らし、視線を地面に落とす。
「稔二……五月ちゃんと九里子ちゃんには優しいのね」
 七華の呟きは稔二の耳までは届かず、風に流されて消える。
 稔二は九里子を肩から降ろし、周囲を見回した。
「お、雨宮も丁度帰るところらしいな。おーい、雨宮ー!」
 腕を振る稔二の視線の先には、通学鞄を両手で持ち、校門から出て行こうとする雨宮の
姿があった。




294 :風の谷の名無しさん:03/08/10 01:28 ID:84Nmxbcr

「あら、凪原くん。霧里さんと五月ちゃんと九里子ちゃんも。いつも仲がいいわね、みんな」
 雨宮は羨ましそうに微笑む。
「雨宮は俺の姉さんになってくれるんだよな」
 単刀直入な稔二の言葉を聞くと、雨宮の顔は一瞬で真っ赤になる。
「あ、ああ。その話ね」
 頭から湯気を立てている雨宮を、七華が問い詰める。
「雨宮さん! あなたからも稔二に言ってあげて! 私達が姉妹になって稔二を……なんて
絶対にできないわ!」
「私が……凪原くんのお姉さん……」
 七華の言葉は雨宮の頭の中を右から左に通り抜けているようだ。
「やっぱり、姉は弟の面倒を見るものよね……」

………………
…………
……

『稔二! あなたまた喧嘩したんですって!?』
『うっせーな、人の部屋にノックもせずに入ってくんなよ』
『ホラ、腕から血が出てるじゃない……』
『触るなよ! 姉貴だからって馴れ馴れしくするんじゃねーよ』
『姉とか弟とか関係ないでしょ! 私は稔二のためを思って……』
『うるせーっ!』
『きゃっ!?』
『アンタがそうやって姉貴面してるのが、俺には一番辛いんだよ!』
『稔二……だめ……離して!』
『アンタが血の繋がった姉さんじゃなかったら、俺は……アンタと……』




295 :風の谷の名無しさん:03/08/10 01:29 ID:84Nmxbcr
「ああ……駄目よ稔二……私達は姉弟なんだから……」
 にへらにへらと独り言を呟く雨宮に、七華達は呆然としている。 
「……はっ! 私ってば、なんてふしだらな……」
 ようやく妄想の世界から帰還した雨宮は、今度は自分の想像に赤面し始めた。
「お、おい雨宮……」
 さすがに心配になった稔二は雨宮に言葉を掛けるが、途中で雨宮に遮られる。
「凪原くん。私はあなたの姉なのよ。そんな他人行儀な呼び方はやめて」
「え……?」
「私たちは姉弟なのよ……稔二」
「何言い出すのよ雨宮さん!」
 驚いて声を上げる七華に、雨宮は自嘲的な微笑を見せる。
「あなたにはわからないわ、霧里さん。名字で呼び合う関係と名前で呼び合う関係の
間に、どんな厚い壁があるかなんて」
「なっ……」 
 得体の知れない迫力を漂わせる雨宮に、七華は思わず一歩後退した。




296 :風の谷の名無しさん:03/08/10 01:30 ID:84Nmxbcr
「分かったよ雨宮……いや、名前で呼ばなきゃな」
(稔二まで!)
 七華は内心で悲鳴を上げる。
 稔二は雨宮に負けず劣らず顔を赤くして口ごもっていたが、やがて決心した様子で
口を開いた。
「ゆ……ゆり子姉さん」
「稔二……」
 見詰め合う稔二と雨宮。
「……」
「七華お義姉様?」「メガネ子?」
 七華の異変に気付いた五月と九里子が同時に声を上げる。
 視線を交し合う稔二と雨宮の側で、七華は無言のまま動かなかった。
 日光が眼鏡のレンズに反射し、五月たちには七華の表情が伺えない。
「……七華?」
 稔二が雨宮から視線を外し、七華の方を向いた瞬間。
「稔二の馬鹿ぁっ!」
 フルスイングの平手打ちが、稔二の頬を打った。
 夏空に響く打擲音に、一瞬蝉の鳴き声がかき消される。
「アァン!」
 稔二はなぜか頬ではなく股間を押さえ、がっくりとうずくまる。
 七華はその場から走り去り、あっという間に曲がり角の向こう側に姿を消す。
「な、ななか……」
 地面にひざまずき、股間から手を離さない稔二の背中を、夏の太陽が焼いていた。

つづく

297 :風の谷の名無しさん:03/08/10 01:32 ID:84Nmxbcr
後編に続きます(´・ω・`)


298 :風の谷の名無しさん:03/08/10 01:37 ID:4MjQWgxA
ひさびさキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!
>>297
がんがってくだちい!

299 :風の谷の名無しさん:03/08/10 01:38 ID:6jgH0eqW
>>296
おつ!やはり稔二は馬鹿ペニスですな。
七華お姉ちゃんもいいけど、ゆりこお姉ちゃんもええなぁ。

300 :風の谷の名無しさん:03/08/10 01:44 ID:u2/KYWNq
うおっしゃー!!
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!!  
やはりここにはこういったSSがないと!

>>290-296
乙です。
しかも続くのですか!
全裸で待ちます。




いつまで待つ気だ俺・・・・・
というかせかすような事書いてすいません


301 :風の谷の名無しさん:03/08/10 02:12 ID:dI+iJZCK
乙!
久しぶりに雨宮分を補給した気がします。

302 :風の谷の名無しさん:03/08/10 06:52 ID:k+a6Lb7A
乙です。
癒されますた。キッチリと馬鹿ペニスも入ってるのが最高でつ。

303 :風の谷の名無しさん:03/08/10 10:29 ID:UfVqsV6B
こうなったら今掲載されたSSをあそこにコピペしよう、見せしめになるしちょっとした賑わいにもなる

304 :風の谷の名無しさん:03/08/10 12:05 ID:y3iSQl0p
>>303
やめれ。

305 :風の谷の名無しさん:03/08/10 12:48 ID:BVWr+i+6
あそこは、あくまでヲチ用でつ

306 :風の谷の名無しさん:03/08/10 19:50 ID:9Tz5sxQu
あそこは広告用のスレでつ

307 :風の谷の名無しさん:03/08/10 20:14 ID:q4wvhvaV
あそこヌレヌレのSSを作ったのですが、読み返してみて鬱になったので書き直し。
何やってんだ漏れ・・・

308 :風の谷の名無しさん:03/08/10 21:00 ID:1Ik74Y7q
はうっ!
お預けですか?シクシク・・・・・

309 :風の谷の名無しさん:03/08/11 01:16 ID:S9tj2tx3
正直、ゆり子姉さんを申し受けたい。

もちろん笑わせてもいただいたけど、>>295
>「あなたにはわからないわ、霧里さん。名字で呼び合う関係と名前で呼び合う関係の
> 間に、どんな厚い壁があるかなんて」
はぐっと来た。原作やアニメでも聞いてみたかったなぁ…

310 :風の谷の名無しさん:03/08/12 12:05 ID:CjGapMjQ
イイ!!
ここは広告が嵐に来ないので、あそこと統合すべき

















ただし統合先はあの板でね

311 :風の谷の名無しさん:03/08/12 12:32 ID:e6jXlNaz
>>310
(・∀・)カエレ!!

312 :風の谷の名無しさん:03/08/12 18:18 ID:yUzWZwpY
>>310
北の挑戦人のような物言いだ・・・
とすると、こちらは馬姦国人か。

鬱。

313 :風の谷の名無しさん:03/08/13 03:18 ID:d/E5YByk
>>312
そのこころは、外から見れば、どちらもキモい。と言うことか。
漏れモナー。


三雲「ナギハラァ!」
稔二「んだよぉ!」
     兆子が両手親指で自分を指さし叫んだ。
三雲「筆下ろししてやる!」


書いてみたかっただけ。

314 :風の谷の名無しさん:03/08/13 03:22 ID:d/E5YByk
ところで、エロパロスレに見慣れない物があるけど、アレって何?

315 :風の谷の名無しさん:03/08/13 11:21 ID:2qkwbLi6
>>314
???

316 :風の谷の名無しさん:03/08/13 11:33 ID:d/E5YByk
>>315
エロパロスレ207下の線とアドレスものらしき奴なんだけど、初めて見たんで。
http://www2.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1058354972/207

317 :風の谷の名無しさん:03/08/13 18:44 ID:2qkwbLi6
>>316
それただの広告だから気にするな

318 :風の谷の名無しさん:03/08/13 19:52 ID:0Rmcvuci
>>317
いや、その下の線とアドレスの方が気になるのだが。
ひょっとして、カキコした香具師のアドレスがまちBBSみたいに出るの?

じゃ、エロパロスレでのカキコは止めるか。

319 :風の谷の名無しさん:03/08/13 20:11 ID:4CnB4N+L
>>318
エロパロスレはアドレス晒しのためにさらなる過疎化を迎えています・・・

320 :風の谷の名無しさん:03/08/14 19:32 ID:w7O5kfXk
エロパロスレではdendがやりたい放題です・・・

321 :風の谷の名無しさん:03/08/14 19:36 ID:w7O5kfXk
っていうか、あそこdend以外はIPが出るようになってるの?
((((((((((((((((((((((; ゚Д゚))))))))))))))))))))))))))))))))ガクガクガクブルブルブル

322 :風の谷の名無しさん:03/08/14 19:48 ID:JZnaaAti
と、いうことはIPの出てないカキコは全部dendのジエン?(プ

323 :風の谷の名無しさん:03/08/15 01:24 ID:96JrLhSY
>>316
ホトントだ・・・キモイぜエロパロスレ

324 :風の谷の名無しさん:03/08/15 14:27 ID:TN6RnTPs
コミケの成果物うpきぼん

325 :風の谷の名無しさん:03/08/15 18:05 ID:zwzcCjwU
>>324
3日目を待て

326 :風の谷の名無しさん:03/08/16 02:26 ID:ZHZuwOSo
ななかは同人界では超マイナーのようです('A`)
こんなに面白いのに、こんなに萌えるのに。

327 :風の谷の名無しさん:03/08/16 06:48 ID:s7XjBbKg
そうななか。
好きな作品を汚されない分いいぢゃないか。

         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
       /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /::::::::::/|:::::::::/ノ::::::::/ヽ人:::::::::::ヽ
     /::::::::::/ |::://∧::::ノ    ヽ、:::::::ヽ
     |:::::::::::/  |/  |ノ |/       ヽ:::::::::|
    |::::::::::/ ;;;;;;;;;;;;;      ;;;;;;;;;;;;;;;  |:::::::|
    |:::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ===/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ |:::::|
    | =ロ  -=・=-  |,  |  -=・=-  ロ=:::|
    |:::/ヽ      /ノ  ヽ      / ヽ|ヽ
    |/  `─── /   ` ───    | |
   (6||        (●_●)        |ノ
    |          l l          |
    |      __-- ̄`´ ̄--__     .|  
    |        -二二二二-       |
     \                   /
      .\     _- ̄ ̄ ̄-_     /
        ..\             /
        /| \_______/ |\
    / ̄\lll\          /lll/ ̄\

実際こういう椰子が書いているわけだし。

SSもだろうけど。

328 :風の谷の名無しさん:03/08/16 11:28 ID:ZHZuwOSo
>>327
ここに投稿してるSS書きです(´・ω・`)
さて、12時になったら有明に行こう。今日のお目当ては成年チャンピオンだけだし、
規制解除になってからでも買えるだろう。

問題は明日(((( ;゚Д゚)))


329 :風の谷の名無しさん:03/08/16 21:11 ID:ZHZuwOSo
雨宮さんのエロは萌えだが、七華エロは悲痛すぎて萌えられないよ・゚・(ノД`)・゚・。

330 :風の谷の名無しさん:03/08/17 00:41 ID:gMpEEX2l
そうか、今日コミケか。

イクスピアリで英雄を友達と見に行ったら、武蔵野線の車中にリュックサック背負って
手提げ袋をぱんぱんにした香ばしい椰子がわんさかいたけど、その帰り道か。

なんか、この寒さと徹夜の過労で倒れた野師がいたらしいけど、お体には気をつけて。

331 :風の谷の名無しさん:03/08/17 01:25 ID:Nx/HNL61
>>330
∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
∵∵∵∵∵∵∵  ∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
∵∵∵∵∵∵∵  ∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
∵∵∵∵∵∵     ∵∵∵∵∵∵∵∵∵
∵∵∵∵∵∵     ∵∵∵∵∵∵∵∵∵
∵∵∵∵∵∵     ∵∵∵∵∵∵∵∵∵
∵∵∵∵∵∵     ∵∵∵∵∵∵∵∵∵
∵∵∵∵∵∵     ∵∵∵∵∵∵∵∵∵
∵∵∵∵∵∵∵   ∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵
∵∵∵∵∵∵∵   ∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵


332 :風の谷の名無しさん:03/08/17 14:04 ID:QNc/3MEi
>>331
今日見てきた。

ワラタよ。

333 :風の谷の名無しさん:03/08/17 15:48 ID:B4JjYl4W
逸般人って奴ね(w
同人誌って普通どこで入手するのかわからんです、注文するのも何かアレだし。

334 :風の谷の名無しさん:03/08/17 16:43 ID:HzIYHESM
ななかの、ななかの股間に立派な逸物が(((( ;゚Д゚)))

335 :風の谷の名無しさん:03/08/17 16:46 ID:8EVRk4vs
またフタナリかよ
あれで抜ける香具師の気が知れない

で、うpまだー?

336 :風の谷の名無しさん:03/08/17 16:50 ID:8EVRk4vs
>>333
ここで買えるよ
http://www.toranoana.co.jp/

漏れはここで1/8th〜3/8 God's、ななかマテリアルを購入しますた

337 :風の谷の名無しさん:03/08/17 19:00 ID:ivjTX3oC
八神先生、似顔絵そっくりでした

338 :風の谷の名無しさん:03/08/18 14:30 ID:VQ/zMcy9
>>337
だれか写真をアップしてくれないのだろうか。
激しく見たい。

339 :風の谷の名無しさん:03/08/18 21:01 ID:lum+Sv8s
>>316
マジレスすると、あれは広告厨に対してのみ発動されるから気にする必要ありません

340 :風の谷の名無しさん:03/08/19 16:16 ID:jv8kVfMu
http://www2.odn.ne.jp/~ashibana/nanaka/wwf.htm
プロレスネタふったのは、こいつか!

341 :風の谷の名無しさん:03/08/19 17:12 ID:Pue9bezR
>>340
イイネ!個人サイト持ってたんだ・・・

342 :風の谷の名無しさん:03/08/19 17:42 ID:Pue9bezR
仕方ない、nyでななかがらみの同人誌を集めるか・・・

343 :風の谷の名無しさん:03/08/22 00:32 ID:/umzW4BP
うちわの画像うpまだ〜?

344 :風の谷の名無しさん:03/08/23 00:06 ID:+bFhjfPv
>>290-296の続き

 夕方の河川敷は昼間の熱気をまだ残していた。
 雑草が好き勝手に伸びる土手の斜面に、七華が膝を抱えて座り込んでいる。
 夏の夕陽に赤く染まった川面を、長く伸びる子供達の影が走り去っていった。
「稔二の馬鹿、うそつき」
 両腕で抱えた膝頭に額を押し付け、七華は呟く。
「約束したのに、一緒に大人になるって」
 だが、稔二は自分以外の人に優しくする。
 九里子ちゃんや、五月ちゃんや、雨宮さんを本当の家族のように受け入れようとしている。
「どうしてなの? 稔二……」
 膝を抱える両腕に力を込め、身体をぐっと縮こまらせる。
 そうして繋ぎ止めておかないと、自分がばらばらになってしまいそうだった。
 七華は制服のポケットに手を差し込み、中から小さな髪飾りを取り出した。
(あなたなら……どうする?)


345 :風の谷の名無しさん:03/08/23 00:07 ID:+bFhjfPv
『はわわ、すごーい! 雨宮さんがお姉さんでしょ。それで、ねんじちゃんがお兄ちゃん
で、五月ちゃんと九里子ちゃんが妹で……私たち五人、サイコーの仲良し家族だね!』 

(そうね。あなたならそう言うでしょうね) 
 髪飾りを見つめながら、七華はふっと微笑んだ。
 あの観覧車の日以来、もう一人の七華が現れることはなかった。
 魔法の解けた少女は日常に帰り、周囲もそれに倣った。
 何も変わらない風景に七華は溶け込み、いつもの日々が再開された。
 七華が髪飾りを持ち歩くようになったことだけが、それまでと違う事だった。
(雨宮さんも、五月ちゃんも、九里子ちゃんも、みんなあなたの大切なお友達だものね)
 七華の手のひらの上で、髪飾りが夕陽に照らされている。
(でも、私には……)
 髪飾りを見つめる七華の表情が、悲しげに曇る。 


346 :風の谷の名無しさん:03/08/23 00:07 ID:+bFhjfPv
「探したぞ、七華」
 七華の頭上に背の高い影が被さる。
 七華は返事をせず、振り向きもしないで髪飾りを握り締めた。
「いやー。家でパンツ履き替えてたら随分時間喰っちまったよ」
 七華の隣に声の主は腰を下ろした。
 七華は稔二に視線を合わせない。
「……こっちに来ないで」
 そう言って、七華は再び膝の間に顔をうずめる。
 河原に腰を下ろした二人の間で、雑草が風に揺れていた。
「稔二は雨宮さんたちと仲良くしたいんでしょう?」
「七華……」
 稔二の表情がかすかに曇る。
「私のことなんか、もうどうだっていいんでしょう?」
「七華。俺は、ただ……」
「来ないでって言ってるでしょっ!」
 七華に近付こうとする稔二を、言葉で拒絶する。
「私は稔二と一緒に大人になりたかったのに。他の人なんか要らないのに」
「こっちを向けよ、七華」
 それには答えず、七華は身体を丸め声を振り絞る。
「嫌いよ! 稔二も、雨宮さんも、五月ちゃんも九里子ちゃんも、皆だいっきらい!」
「こっちを向けって、七華!」
 稔二は強引に七華の肩を掴み、七華の身体を引き寄せた。



347 :風の谷の名無しさん:03/08/23 00:09 ID:+bFhjfPv
「離してっ!」
 叫び声を上げ、稔二の腕を振りほどこうとする七華。
 だが『怒髪の稔二』と恐れられる稔二の腕力に、七華はどうすることもできない。
「いやだ。七華がこっちを向くまでは手を離さない」
 真剣そのものといった表情の稔二。
「離してってば!」
 七華は気丈にも腕を振り払おうと身をよじるが、肩を掴む稔二の腕はびくともしない。
 それでもしばらくの間、七華は稔二の腕を逃れようとしていたが、やがて力尽きたように
うなだれた。
「すまねえ。手荒な事しちまって。でも、こうでもしなきゃお前は話を聞いてくれないだろ」 
「……わかったわ。話を聞くから手を離して」
 俯いたまま顔を上げない七華の肩から、稔二はゆっくりと手を離す。
 再び七華の側に腰を下ろし、大きく深呼吸を一つした。


348 :風の谷の名無しさん:03/08/23 00:10 ID:+bFhjfPv
「子供は元気だな」
 子供達が河川敷を走り抜ける様を眺めながら、稔二は呟いた。
 夕陽に照らされた川面から涼しい風が吹き、河原に座る稔二達をそっと撫でていく。
「この河原で俺は喧嘩ばっかりやってたんだよな。お前が止めるのも聞かずに」
 稔二は苦い過去を噛み締める。
「6歳の七華が俺を救ってくれた。あいつがいなかったら、俺は多分喧嘩ばかりで嫌われ者
のままだった。お前が子供の頃に置き忘れたものを届けに来ただけじゃない。あいつは俺にも
多くのものを届けてくれたんだ」
 七華は何も言わず、じっと言葉の続きを待つ。
「6歳の七華とした約束を、俺は絶対に守る。一緒に大人になるって約束を。こんなに
たくさんのことを伝えられて、それで約束を守れなかったら、あいつに悪いからな」
「だったら、どうして雨宮さん達と!」
 言っている事とやっている事がまるであべこべだと七華は思った。
「七華。大人になる、ってどういう事だと思う?」
「え?」
「試験で一番を取れば大人になれるのか? いい大学に入れば大人になれるのか?」
 自分を責められているようで、七華は胸が苦しくなった。
「俺は違うと思う。どんな風に言えばいいのかは分からないけど、それは違う」
「だったら、稔二の考える大人ってどんな人なの?」
 七華の問いに、稔二は苦笑いをして頭を掻きながら、こう答えた。
「それが俺にもよく分からないんだ。これじゃ一緒に大人になろうったって無理だよな」 
 稔二の頬が赤く染まっている。
 照れているのだ。



349 :風の谷の名無しさん:03/08/23 00:11 ID:+bFhjfPv
「お前はどうすれば大人になれるのかが分からないし、俺も分からない。こんな俺達が、
二人だけで大人になろうとしたって無理だよ。でも、俺達には6歳の七華が作ってくれた
友達がいるだろ。あいつらと一緒にやっていくうちに、俺達は大人になるってどんな事な
のか、分かっていけるんじゃないか?」
「そ、それはそうかもしれないけど」 
「九里子と五月は、6歳の七華にとって大切な友達だった。心が6歳で体が17歳のあいつ
の友達になれる奴は、やっぱり限られていたからな。あいつらは今のお前とも仲良くなれ
るはずだ。お前はあんな妹が欲しいとは思わないか?」
「そ、そりゃあ……私だって」
 可愛らしい少女達に姉のように慕われるのは、七華にとっても悪い気はしない。
「お前と雨宮は仲が良くないみたいだけど、雨宮はすごく頼りになる奴だ。6歳の七華も
雨宮みたいなお姉さんが欲しい、っていつも言ってた」
 和らぎつつあった七華の表情が雨宮の名を出した途端強ばったことに、稔二は気付かない。
「それに雨宮はなんか大人っぽいし、なんつーか、その……」
「もういいわ、稔二」
 七華は立ち上がり、スカートについた草をぽんぽんと手で払った。
 稔二もそれに合わせて立ち上がる。
 沈みかけの夕陽に照らされた河原に、二つの長い影が延びていた。 



350 :風の谷の名無しさん:03/08/23 00:13 ID:+bFhjfPv
「稔二……あなたはそういう事を言うけど、本当はただ私達に色々とお仕置きされたいだ
けでしょう?」
「う……図星か」
「この馬鹿ペニスが!」
 空に響く打擲音。
「オゥ、グレート!」
 股間を押さえ、河原の斜面をごろごろと転がり落ちてゆく稔二。
 河川敷に叩きつけられ、そのまま起き上がらない稔二を七華は冷たく見下ろしている。
「でも稔二の言う事にも一理あると思うわ。私達がしっかりしなかったら、あの子が悲しむ
ものね」
 股間を押さえ河川敷にうずくまったまま、稔二が何度も頷く。
「分かったわ。稔二の提案に乗ってあげる。これからは私達五人は家族よ」
 その言葉に、ぱっと稔二が顔を上げる。
「私達は障害を乗り越えていかないといけないのよね」
 そう言うと、七華は微笑んだ。
 稔二が自分以外の人を受け入れても、自分がその中で一番であればいいのだ。
 雨宮さんにだって負けない。今の自分は昔の自分とは違う。
 今の自分の中に、あの子は生きているのだから。
(あなたも、そう思うでしょう?) 
 七華は手のひらの上で髪飾りを転がした。
「稔二、先に帰るわ。いつまでも寝てると風邪引くわよ」
 そう言い残して七華は去り、後には稔二だけが残された。

(そうだ七華。俺は馬鹿じゃない。馬鹿ペニスだ)
 さっきの打擲の感触を反芻しながら、稔二はごろりと仰向けになり空を仰いだ。
 夕焼けの赤はすっかり薄らぎ、空の中心に一番星が瞬いていた。

351 :風の谷の名無しさん:03/08/23 00:35 ID:5OelR3zM
>>344-350
乙です。

>(そうだ七華。俺は馬鹿じゃない。馬鹿ペニスだ)
のあたり非常に颯爽として格好良く感じました。なぜだ?w

352 :風の谷の名無しさん:03/08/23 01:19 ID:d3X/gzA4
>>344-350
さわやかな上に、馬鹿ペニスまで絡めたすばらしいSS乙です。
これから素晴らしい兄弟愛が繰り広げられるわけでつね?
ハァハァ・・・

353 :風の谷の名無しさん:03/08/23 06:17 ID:qnGQzjED
>>344-350
349までは、
あぁ感動路線に変更してキレイに締めるんだな
と思ってたけど、350でいきなり落としましたねw
いやぁ、終始一貫して馬鹿ペニス・・・・・力作どーもです。

354 :風の谷の名無しさん:03/08/23 12:42 ID:d3X/gzA4
dendよ忠告ありがとう

355 :風の谷の名無しさん:03/08/26 22:17 ID:7tfz90JC
 

356 :風の谷の名無しさん:03/08/28 05:07 ID:jYhcBrPa


357 :風の谷の名無しさん:03/08/28 07:56 ID:YqkXdGWF
このスレも閑古鳥が鳴いている

358 :風の谷の名無しさん:03/08/29 17:30 ID:FCHG2drY
>224 名前:名無しさん@ピンキー 投稿日:03/08/28 17:31 ID:aX6MDaue
>ここでハアハアスレのSSコピペしていいかなあ?
 (改行略)
>無反応はYESとみます(3日を目安とします)


パロのスレでこんな事言ってる香具師がいるんだが、どうよ
断固拒否しといたほうがいい?

359 :風の谷の名無しさん:03/08/29 22:25 ID:4xTebnwS
別にYESでもいいんじゃない、こことリンクしてるスレなんだし

360 :風の谷の名無しさん:03/08/29 23:33 ID:7Gy+cXK0
まあ、向こうは別にどうでもいいと言えばどうでもいいしなあ・・・・・

361 :風の谷の名無しさん:03/08/31 20:06 ID:P21YeM8G
コピペが実行されました

362 :風の谷の名無しさん:03/09/02 20:26 ID:m1SIAM2i
このスレクソスレにつきageます

363 :風の谷の名無しさん:03/09/03 00:52 ID:sXawktDI
パクっといて糞スレ認定か。オマエすげえよ。

364 :風の谷の名無しさん:03/09/03 12:45 ID:nhPUIVRa
この間秋葉の地図某店で七華の18禁同人ゲーが売ってた、でもメルブラ買っちった。

365 :風の谷の名無しさん:03/09/03 22:26 ID:iURnoVhy
>>364
ずいぶんニッチな同人ゲームですね・・・
欲しくはないけど、見てみたい。

366 :風の谷の名無しさん:03/09/07 22:49 ID:8pF3ifDr
AT-Xも残すところあと一回。これで完全に終わりか・・・
DVDでハァハァするか・・・

367 :風の谷の名無しさん:03/09/09 22:57 ID:HEeKGDVK
9月9日はチョロQの日!

368 :風の谷の名無しさん:03/09/15 01:05 ID:FBuU+3dz
そんなの知っててどうするんだ
そんなの知っててどうするんだ
大脳容量 オーバーフロー!

で、いいんだっけ?>>367

369 :風の谷の名無しさん:03/09/17 19:36 ID:sHx8rrAv
八神先生はハァハァの世界に飛び込まれました。
しかし、氏の本領はまだ発揮されてないようです。

ハードなビンタ物キボン

370 :風の谷の名無しさん:03/09/18 16:25 ID:ZKLtT43N
アリサ

バカペニスガ!
ヽ○ノ      ヽ○ノ  バカペニスガ!
 (         )  ←琴美
 ノ> _ト ̄|○ <し
      '゛
     ↑
    慎一郎

371 :風の谷の名無しさん:03/09/18 18:17 ID:8Ysvse31
アリサシナリオ予想

コミカルな展開→ラブラブ恋愛モード→悲劇的な別れ→感動の再会

372 :風の谷の名無しさん:03/09/20 22:46 ID:pv9OrJa8
 

373 :風の谷の名無しさん:03/09/22 20:33 ID:+YcBaBgT
落ちそうなのでageます

374 :風の谷の名無しさん:03/09/25 20:40 ID:20qGILSi
 

375 :風の谷の名無しさん:03/09/28 21:37 ID:gC+Gfyjs
ビデオ借りてみたが、五月の野郎人の頭ボコボコに殴りやがって
調子乗ってると犯すぞ!コラ!水月みたくお漏らしさせるぞ!こら

貴様みたいなのと、未夢はどうでもいいが、杞紗たんと声が一緒なんて
杞紗たんが可愛そうだ!虎の杞紗たんはとってもいい子なのに、なんで
この五月はじつの兄貴とボコボコ殴るんだ!マジで氏ね!

それにな、さつきたんっていったら、学校の会談の宮ノ下さつきたん
なんだよ!なにが『隙ありー!」だ貴様なんかな、木刀ケツに突っ込んで
氏ね!分かったか!!


376 :風の谷の名無しさん:03/09/28 21:39 ID:D5IpM2kP
>>375
声オタの来襲か
なんか珍しくてワラタ

377 :風の谷の名無しさん:03/09/28 23:57 ID:38sqb+RF
五月

バカペニスガ!
ヽ○ノ      ヽ○ノ  バカペニスガ!
 (         )  ←桐嶋沙耶
 ノ> _ト ̄|○ <し
      '゛
     ↑
    >>375

378 :風の谷の名無しさん:03/09/29 02:53 ID:AEWjSHhq
で、杞紗のときはうまくなってるの?
声優って、滑舌が悪い時点で致命傷じゃないの?

379 :風の谷の名無しさん:03/09/29 03:46 ID:BCsDb336
嵐山五月は即刻木刀ケツに突っ込んで氏ね

380 :風の谷の名無しさん:03/09/29 04:04 ID:pooe1Uvc
馬鹿ペニスだなぁ。五月たんはあんなに礼儀正しくて真面目な子なのに、あの不安な滑舌なんだよ。
頑張ってるんだよ。愛しいじゃあないか。
長いむずかしいセリフをちゃんと言えたときなんか頭をなでてやりたくなる。

そして、真っ赤になる五月たんを背中からきゅっと抱きしめてやりたいじゃないか。

道着の中に手を入れたくなるだろ?

お日様の匂いのする綺麗な髪をなでながら、うすい桜色の胸をなでまわしてくなるだろ?
オレはなるね。長いキスをするね。息が出来なくなるくらい舌を絡ませるね。

でもそれ以上はしない。兄だからな!しかも実の兄だ!(あくまでオレ自身であって、あのハゲ番長ではない)
おお、なんだ、そのすがるような目は…だらしのない、着物がはだけて恥ずかしいところがいやらしくぬめっているのも丸見えではないか。
ああああっ、あっ、「実の兄のおちんぽで五月のはしたないおまんこ可愛がってください」だと。
な、なんてはしたないんだぁぁぁぁぁっ。けしからん。そうか。五月たんは近親相姦の変態さんだったんだな。
がっかりだ。お兄ちゃん、さつきのこと嫌いに…あああ…ふふふふふ、ウソだよ。ウソ。
泣き虫変態さつきたんの変態おまんこにお兄ちゃんのちんぽいれてあげるから近親相姦せっくしゅしようねよしよし

…キリがないのでこの辺でやめるが、だが忘れるな。オレが死んでも、第二、第三のオレが現れることをな!
チキショー。

381 :風の谷の名無しさん:03/09/29 04:15 ID:pooe1Uvc
だが、八神のせいで姉萌えに開発させられてしまった我が身としては
五月たんも姉であって欲しい。出来れば九里子さんも姉であって欲しいし、
っていうかこの漫画で妹キャラは6歳ななかだけなんだよな。男は全員弟キャラ。
風祭たんだけが姉も妹もこなせるバイプレイヤー。他全て姉。「姉、ちゃんとしようよ」なみだ。

382 :風の谷の名無しさん:03/09/29 08:42 ID:vSpSBHza
馬鹿ペニスって原作にあったっけ?

383 :風の谷の名無しさん:03/09/29 08:50 ID:CFA6RCKY
>>380
もしかしてあなた様は、ムテムススレの伝説のめぐみ萌えでつか?

384 :風の谷の名無しさん:03/09/29 14:26 ID:OzJdydfF
>>382
ねーよ(w

385 :風の谷の名無しさん:03/09/29 18:55 ID:o7h7BJ6C
処女膜の張りが一番よさそうなキャラは誰ですか?
普通に考えれば九里子だけど、ななかも完全に閉じて年齢分
かえって硬化してそうでタメはれるかも。
なお、五十嵐さんはゆるゆるです。(確認済

386 :風の谷の名無しさん:03/09/29 22:54 ID:226ualff
>>380
おまえのいしはおれがうけついだ。

387 :風の谷の名無しさん:03/09/30 00:31 ID:TqRAErcB
>>384
もっと行間を読め

388 :風の谷の名無しさん:03/09/30 03:10 ID:K5ECSiJ1
取り合えず・・・
嵐山五月はマジで木刀をケツ突っ込んで氏ね!!!
こいつやることが最悪・・・、実の兄貴を殴った後のコブにさらにそこへ
もう一発、さることながら、さらにもう一発・・・。こいつ最低だな・・・。
ななかが余計なことするから、五月のバカが氏ななかったじゃないか・・・。
ななかが余計な事しなければ、今ごろ五月のアフォは脳天に自分の木刀の
破片がささって氏んでいたのに・・・。

389 :風の谷の名無しさん:03/09/30 03:25 ID:APAgXv2P
>>388
馬鹿ペニスだなぁ。実際あんな木刀の破片が頭に当たったからって死ぬわけ無いだろ?
こつん、ってなもんだよ。道路に刺さったのは、いわゆるなんだ、ほら、心象風景?思春期だしな。色々あんだよ。

だが、もし木刀の破片が当たってたとしたら、五月たんきっと「刺さった!」とか思って、
腰抜かしてぺたんと座りこんで、おもらししちゃったんだ。
一瞬何が起こったかわからず、でもすぐ気付いて、
ただただとめどなく流れつづける自分のおしっこを止めようとするんだけど止まらない。
結局最後までしちゃって…呆けたような顔で…

この世に生を授かってから培ってきた礼儀正しさも気品もどこへやら
子どもみたいにひっくひっくって泣いちゃってさ。幼児退行だよ。さつき5/14だよ。いやまいった。
秘められた一面っつーか秘め事っつーかあんまり可愛すぎるってなもんで、
とりあえず優しくお姫様だっこして頭なでておうち連れかえってさ。お風呂タイムだ。
もちろん優しく脱がしてあげたよ。五月たんおもらししちゃってほんとに悪い子なんだから。
でも、ショック状態の五月たん、すぐ泣いちゃうから可哀想で何回も何回もキスしちゃったよ。

390 :風の谷の名無しさん:03/09/30 03:33 ID:APAgXv2P
ね?おもらしさつきたんのおもらしおまんこきれいきれいしたげるからねー。
ああ、ほらだめだよ変な声だして。洗ってるだけなのにそんなえっちな声出しちゃうさつきたんって
やっぱりへんたいさんなんだね。おもらしきもちよかったんでしょ…あ、ごめんね五月たん。泣かないで。
五月たん可愛いからいじめすぎちゃったね。ごめんね。よしよし…おっぱいもきれいきれいしたげるからね。
もういじめないからね…

ってな具合にさぁ…。事の終わる頃には五月たん、オレの腕つかんで離さないんだよ。
ソファで和んでるときも、無言で膝の上で甘えるし。猫みたいだってんで首の下なでてやったら
ちょっとくすぐったがって、でも気持ちいいみたいで、ころころ笑うんだよね。
まあ、明日にはいつもの凛々しくて素敵な五月たんに戻ってるんだろうけど
たまにはこんなのもいいやな。というわけで、オレは五月たんと寝ます。
もちろん寝るだけだ。していい時とむしろしない方がイイ!時ってのが、あんだよ。
じゃあおやすみしようね、さつきたん。一緒にねんねしようね…

391 :風の谷の名無しさん:03/09/30 07:22 ID:Z4VH6vCk
いかすよ、いかしすぎだよあんた!

392 :風の谷の名無しさん:03/09/30 11:34 ID:TqRAErcB
いやー久々に濃いな・・・
ssじゃなく、妄想長文とは

393 :風の谷の名無しさん:03/09/30 19:49 ID:oezV2REY
耐三

バカペニスガ!
ヽ○ノ      ヽ○ノ  バカペニスガ!
 (         )  ←氷室父
 ノ> _ト ̄|○ <し
      '゛
     ↑
    >>ID:APAgXv2P5


394 :風の谷の名無しさん:03/09/30 19:53 ID:oezV2REY
コピペミス(鬱

八神健↓
バカペニスガ!
ヽ○ノ      ヽ○ノ  バカペニスガ!
 (         )  ←桜井弘明
 ノ> _ト ̄|○ <し
      '゛
     ↑
    >>ID:oezV2REY



395 :風の谷の名無しさん:03/10/03 20:34 ID:nlrUoL0G
エロパロはもう完全にダメポ

396 :風の谷の名無しさん:03/10/03 23:22 ID:r6Xr646e
馬鹿ペニスの元ネタきぼん

397 :風の谷の名無しさん:03/10/04 00:47 ID:/FzHnTeS
>>396
ttp://cyg.hp.infoseek.co.jp/top.htm

ほれ。ただ、このまとめサイトには最終回が載ってない。

398 :風の谷の名無しさん:03/10/08 19:45 ID:C7YYH0+e
ほしゅあげ

399 :風の谷の名無しさん:03/10/10 13:02 ID:K0rDZGXp
これ、ななかだと思う?いまいち判断つかなくて。
ttp://nijinooyatsu.homelinux.net/niji/updata/106575850825552.jpg

400 :風の谷の名無しさん:03/10/10 15:20 ID:Bmz79Bej
>>399
ペニスを踏んでいないから違うと思いたい

401 :風の谷の名無しさん:03/10/10 18:53 ID:aDV/r7RL
>>400
判断基準はそこか

>>399
服装と持ってる物からして七華風のキャラっぽいね

お礼として最近萌えた画像
http://www.warprecords.com/media/img/Bulb.jpg
次点
http://www.warprecords.com/media/img/badface.jpg
http://www.warprecords.com/media/img/aphexbreasts.jpg

402 :風の谷の名無しさん:03/10/11 10:05 ID:pSdf+TGs
>>401
シネヨw

403 :風の谷の名無しさん:03/10/11 22:46 ID:qo2D31Oc
堀江由衣↓
バカペニスガ!
ヽ○ノ      ヽ○ノ  バカペニスガ!
 (         )  ←千葉千恵巳
 ノ> _ト ̄|○ <し
      '゛
     ↑
    >>401


404 :風の谷の名無しさん:03/10/12 08:32 ID:IfG4kcDe
>>401
一番下がセクシー

405 :風の谷の名無しさん:03/10/18 20:58 ID:hI2Lu3pS
エロパロで今リレー小説が展開されています

406 :風の谷の名無しさん:03/10/19 01:11 ID:kv2yM1Ri
されてないじゃん

407 :風の谷の名無しさん:03/10/19 01:44 ID:+op6QgKY
グロ注意
ttp://tmp.2chan.net/img2/src/1066469549856.jpg

408 :風の谷の名無しさん:03/10/19 15:19 ID:9gyq7HRY
>>405
されてた

409 :風の谷の名無しさん:03/10/19 18:13 ID:+Fxl9cAP
そんなスレもあったっけか。ひとまず、オチします。

410 :風の谷の名無しさん:03/10/21 01:10 ID:6QZBJv1m
「シャクれや、ゆり子」

おもむろに己の屹立した逸物を取り出す稔二。

「えっ…」

貴族の出であるゆり子には「シャクる」という隠語の意味がわからない。
どうしよう。また殴られる。昨晩の暴力的なセックスを思い出すと震えが止まらず…。

舌打ち。稔二の発したその音は、いつしか暴力の合図となっていた。
ゆり子はどうすることも出来ずただ震えるしかなかった。

「使えねえなあ。こうすんだよ」

ゆり子の髪をつかみあげ、引きずり、稔二は己自身を無理やりにくわえさせる。

「ふゃぁっ、ぅぁっ」

頭をつかんで前後させる稔二の両手は万力のようで、
ストロークの早まるにつれて締め付ける力が強くなる。痛い、痛い、痛い。
いやだ、なんでこんな。でもこれが終わったら優しい凪原くんに戻るんだから
きっと私の、私のせいなんだこれは。痛い。もうすぐあの苦味。思い出すだけで吐き気が。

そしてその夜の行為が終わるまで、ゆり子の涙の乾くことは無かった。

411 :風の谷の名無しさん:03/10/21 01:10 ID:6QZBJv1m
なぎはらくん…なぎはらくん…。
大好きな凪原くんと一緒の時間はなんて素敵なんだろう。
大通り、大学の構内、あるいはどこか遠くの草原の中、私と凪原くんは一緒に歩くんだ。
でも気づくと目の前によく知っている女が立っていて私を見ている。
いつの間にか隣の男は誰なんだかよくわからない別人になっていて目の前で笑っているあれは、あの女は

いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ

目が覚めると隣に誰もいなかった。
体はさきほどの体液で汚れ、あそこが少しうずく。
シャワーを浴びたいが、きっと鏡に映るのは泣きはらした目と左の頬のあざを持ったぼろぼろの女だろうな。
凪原くん、どうせまた酒でも買いに行ったんだと思う。セックスの後はいつもそうだ。
自分を責めるように飲んで飲んで飲んで、泣いて、私に甘えてくる。
だから思う存分抱っこしたりいい子いい子してあげるのだ。痛々しいけど、待ち遠しい。
可愛いんだ。早く帰ってこないかな。

ふらつく脚で窓まで歩き、カーテンをあけるとまだ夜だった。
いずれ朝になると思う。凪原くんが帰ってくる。
あの女。あの女から愛する人を奪い取って、ああ、私は幸せだ。

412 :風の谷の名無しさん:03/10/21 01:42 ID:LmEnVXNp
うっうわああああああああああああああ!!!
雨宮さーん!!!!

413 :風の谷の名無しさん:03/10/21 09:05 ID:3M/D174c
一体どういう設定なんだw
雨宮さんが貴族の出で、稔二がドメスティックバイオレンスにw
ななかはどうなったんだ?

414 :風の谷の名無しさん:03/10/21 11:35 ID:TDH5Yos1
あ〜キッツいな〜・・・乙

415 :風の谷の名無しさん:03/10/23 04:48 ID:CWZbZIch
双方とも、心の底では七華に対して後ろめたさを感じているから、
こういった行動が出てしまうんだろうなあ…。

416 :風の谷の名無しさん:03/10/23 12:34 ID:n9A6HGDy
なるほど、深いな。

417 :風の谷の名無しさん:03/10/23 21:27 ID:W1ThnWoI
>>415
まあその頃七華は風祭とヨロシクやっているわけだが。

風祭「ねえ……霧里。ちょっと眼鏡外してくれない?」
七華「また? もう……眼鏡外したら何も見えないんだから、私」
風祭「でも私だってことは声で分かるんでしょ? だったら……ねえ、お願い」
七華「しょうがないわね」
風祭「あぁっ! 私の王子様!」(と言いつつ七華に抱きつく)

418 :風の谷の名無しさん:03/10/25 10:20 ID:Uf8t7BA6
久々に来たが
ずいぶんゆがんできたなw

419 :風の谷の名無しさん:03/10/27 09:08 ID:4OTDrj7T
ハアハアできんがオモロイスレだな

420 :風の谷の名無しさん:03/10/27 09:29 ID:NDZKfGmL
エロパロもようやく軌道に乗り始めてきました

421 :風の谷の名無しさん:03/10/28 00:05 ID:OBcoPdo4
エロパロは改行をどうにかするべきだ。
携帯から書き込みしてるのか?

422 :風の谷の名無しさん:03/10/29 19:21 ID:ncDOknPw
肛門マン
      (*) /
    / ●
       □
      / \

423 :風の谷の名無しさん:03/11/01 12:04 ID:rBZgjOqb
>>421
まさか、かつてエロパロで書いていた勇者の御方ではないか?

424 :風の谷の名無しさん:03/11/10 04:20 ID:/gxIWrQq
保守

425 :風の谷の名無しさん:03/11/13 19:09 ID:oTq0O53Q
 

426 :風の谷の名無しさん:03/11/19 19:03 ID:CelDCBCR
 

427 :風の谷の名無しさん:03/11/23 02:28 ID:+9AAjZ8S
保守

428 :風の谷の名無しさん:03/11/23 05:56 ID:wk5TtvHD
そろそろ書きあげようと思いつつ、日々が過ぎて行ってしまう、今日この頃

429 :風の谷の名無しさん:03/11/23 14:27 ID:CSycCpxN
ここのスレのリレー小説手伝ってあげたらどう?
ナナカ、夜のほうは...
http://www2.bbspink.com/test/read.cgi/eroparo/1058354972/l50














実質独りしか書き手がいないようだし・・・

430 :風の谷の名無しさん:03/11/24 22:59 ID:2hAYs67C
保全



















エロパロはアンチ馬鹿ペニスの予感・・・

431 :風の谷の名無しさん:03/11/24 23:02 ID:bFOmoBAH
このスレまだあったのかー

432 :風の谷の名無しさん:03/11/26 14:01 ID:V2YpybuL
当たり前だ!!
でもナゼ職人さんたちが去っていったんだろう?

433 :風の谷の名無しさん:03/11/27 23:35 ID:CBxPrqTa
人が少なくなっちゃったからだと思うよ。
やっぱ書いたら反応が見たいと思うよ。

434 :風の谷の名無しさん:03/11/30 11:58 ID:Uai2vS97
>>429
職人さん古内かなあ・・・

435 :風の谷の名無しさん:03/12/01 13:17 ID:TMSR5Jr+
エロパロで新たなカキコキター!!

436 :風の谷の名無しさん:03/12/13 03:03 ID:xamdZqiT
2重人格を扱うストーリーにしては、精神的な怖さが足りないストーリーだった。


437 : :03/12/13 03:33 ID:lfJx2ZXL
ここのサイト、かなりHで抜けます…(*´Д`)ハァハァ
http://plaza16.mbn.or.jp/~satchel/oikawa_nao/


438 :風の谷の名無しさん:03/12/13 15:19 ID:wnBJqbgD
>>436
ならば、エロパロのリレー小説で補完すればいい

439 :風の谷の名無しさん:03/12/24 10:17 ID:OS8pj/uX
>>438
同意

440 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

441 :風の谷の名無しさん:03/12/31 22:22 ID:FFooJSEu
エロパロは閑古鳥

442 :風の谷の名無しさん:04/01/05 20:33 ID:nNnpWHy6
ほしゅ

443 :風の谷の名無しさん:04/01/08 16:07 ID:smr5VJsX
au

444 :風の谷の名無しさん:04/01/16 05:56 ID:VTJrrCEl


445 :風の谷の名無しさん:04/01/22 04:57 ID:fAqOk6mk


446 :風の谷の名無しさん:04/01/22 11:07 ID:mp7eGCtr
やっぱり雨宮タソにはハッピーエンドを用意するべき!
断固抗議シル!

447 :風の谷の名無しさん:04/01/28 06:06 ID:mJHn7Awa


448 :風の谷の名無しさん:04/01/29 22:13 ID:cRu4WKQI
(;´Д`)ハァハァ

449 :風の谷の名無しさん:04/02/05 14:24 ID:M5rMeA16


450 :風の谷の名無しさん:04/02/11 22:47 ID:Gnu7Ho9F
ななかたん

451 :風の谷の名無しさん:04/02/12 05:03 ID:FHPvSqmS
test

452 :風の谷の名無しさん:04/02/14 11:26 ID:w2iXtHWV
第2部に期待age

453 :風の谷の名無しさん:04/03/04 21:28 ID:3QjoBQnN
 

454 :風の谷の名無しさん:04/03/09 02:27 ID:ZA7lvYD5
ほしゅ

455 :風の谷の名無しさん:04/03/11 00:07 ID:kJxZWAe9
ヽ(・∀・)ノウンコー

456 :風の谷の名無しさん:04/03/20 19:24 ID:7iJZ766o
ほしゅ

457 :風の谷の名無しさん:04/03/21 18:54 ID:7pvlm09N
移転したよ

458 : ◆9g9jr5lB6Y :04/03/28 00:59 ID:vf/FzH7m
放送終了してから、もう一年になりますね。
思い出したように書いてみました。

459 :遠い記憶 〜凪原稔二の場合〜 その1:04/03/28 01:01 ID:vf/FzH7m
それは、2年ほど前のこと・・・。 中学三年の夏。
凪原稔二は、不良グループと対峙していた。
相手は、隣の中学でも悪名が高い奴らだった。何かにつけて稔二に因縁をつけてきた。
 
 不良A 「生意気なんだよ!! ちったぁ大人しくしてろ!!」
 稔二  「うぜえんだよ!! お前ら!!」
 
稔二は徒党は組まない。誰の助けも借りない。いつだって一人で闘ってきた。
そして、今日も・・・・・・。
 
   ・・・・・・・・・
 
 稔二 「はぁっ。はぁっ。・・・っ。痛てて・・・っ。 くそ・・・。」
 七華 「稔二・・・、また喧嘩したのね?」
 
目を上げると、そこにはセーラー服を着た幼なじみが立っていた。
少し大人びた目をした少女が、稔二にハンカチを差し出していた。
 
 稔二 「うるせえっ。・・・俺に・・・かまうな。」
 七華 「だって、血が出てるじゃない。」
 稔二 「ほっといてくれ。」
 七華 「稔二・・・。」
 
稔二は、ふらつきながら立ち上がり、その場を立ち去ろうとした。
別に、喧嘩したくてしているわけではなかった。 自分から喧嘩を売ったことは一度もなかった。
ただ、売られた喧嘩は買う・・・。それだけだった。
 
   ・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・

460 :遠い記憶 〜凪原稔二の場合〜 その2:04/03/28 01:02 ID:vf/FzH7m
それは、稔ニが8歳の時だった。
 
 ねんじ   『ただいま〜っ』
 稔二の母 『稔二・・・。 病院に行くから、すぐ用意しなさい。』
 ねんじ   『おかあさん、どうしたの? 何かあったの・・・?』
 
   ・・・・・・・・・
 
父が帰らぬ人となった。
誰のせいでもなかった。不幸な事故だった。
稔ニは父が好きだった。 力強くやさしい父を、小さいながらも尊敬していた。
大きくなったら、父のようになりたかった。
 
母は、気丈な人だった。喪主を務めながら、涙ひとつ見せなかった。
ただ、いつも見せる明るく優しい笑顔は、そこにはなかった。
そんな姿を見ていた稔ニは、この憤りをどこにぶつけていいか分からなかった。
稔二は、泣くまいと思った。 我慢しようとして、顔がくしゃくしゃになった。
母は、穏やかな声で泣いてもいいのよと言ってくれたが、稔ニはいいと言った。
泣いたら父に笑われると思った・・・。
 
   ・・・・・・・・・
 
 ななか 『ねんじちゃん。早く大人になろうね。』
 ねんじ 『・・・・・・。』
 ななか 『私のお母さんが死んだ時、ねんじちゃんがそういってくれたんだよ。』
      『そうすれば・・・、ねんじちゃんのお父さんも喜ぶと思う。』
 ねんじ 『お父さんの話はするな・・・。 俺の前でその話は二度とするな・・・。』
 ななか 『・・・・・・。』
 
そんな、稔ニの姿を七華は黙って見つめていた。
 
   ・・・・・・・・・

461 :遠い記憶 〜凪原稔二の場合〜 その3:04/03/28 01:04 ID:vf/FzH7m
切っ掛けは他愛も無い事だった。
学校で、父親参観のプリントが配られた日だった。
 
 友人A 『お前、お父さんが居ないんだってな。』
 ねんじ 『・・・・・・。』
 友人B 『なんで、居ないんだよ。』
 ねんじ 『・・・黙れ。』
 友人B 『なんだよ。教えてくれたっていいじゃんか。』
 ねんじ 『黙れっていってるんだよ!!』
 
その日、母が学校に呼び出された。
母と一緒に殴った友人の家に謝りに行った。 母は、嫌味を言われながらも、ひたすら謝り続けた。
稔二は、表情を固くしたまま母の隣に立っていた。
そんな自分を、母はけして責めたりはしなかった。
ただ・・・、その時の母の寂しそうな顔は忘れられなかった。
 
   ・・・・・・・・・
 
それからというもの、稔二は仲間はずれにされるようになった。
形の上では仲直りしたのだが、そう簡単にわだかまりが消えることはずもない。
でも、稔二には、そんなことはどうでも良かった。
父について触れられるくらいだったら、友達などいないほうがましだった。
 
そのうち、稔二は虐められるようになった。
稔二は喧嘩が弱い方ではなかったが、自分から手を出す事はしなかった。
自分から手を出してしまって、また母が呼び出されたら・・・。
そう思えば、我慢する事はたやすいことだった。
 
母を悲しませるようなことは二度としたくなかった。

462 :遠い記憶 〜凪原稔二の場合〜 その4:04/03/28 01:05 ID:vf/FzH7m
しかし、中学に上がるとそうもいかなくなった。
いつも一人で居る稔二に対して、因縁を付ける事は簡単だったし、
虐めの度合いも、小学生のそれとはレベルが違っていた。
稔二も、今まで我慢してきた鬱憤が溜まっていたので、それを爆発させることは容易なことだった。
 
ただ、稔二は闇雲に手を出したわけではなかった。
弱い奴は相手にしなかったし、強い奴がちょっかいを出してきてもある程度我慢した。
その怒りが頂点に達した時だけ、相手に向かっていった。
その髪型と怒りの表情から、いつしか、「怒髪の稔二」と呼ばれるようになっていた。
 
   ・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・
 
立ち去ろうとする稔二の後を、七華はついていった。
 
 稔二 「・・・・・・。」
 七華 「稔二。少し、話を聞いて。」
 稔二 「・・・・・・。」
 七華 「稔二のお母さん、とてもいい人よ。 私が困っていた時、親切にしてくれたし。
      ・・・私、お母さんが居ないから。」
 稔二 「・・・だから?」
 七華 「だから、お母さんに心配かけちゃいけないと思うの。もっと、大人に・・・。」
 稔二 「余計なお世話だな。 どうせ俺は中学を出たら働くんだ。
      こんな事していられるのも今のうちだけだ。」
 七華 「そんな・・・。」
 稔二 「お袋は、女手一つでここまで育ててくれたんだ。もう甘えてられっかよ。」
 七華 「稔二・・・。」

463 :遠い記憶 〜凪原稔二の場合〜 その5:04/03/28 01:06 ID:vf/FzH7m
そんな二人が、夕暮れ河原の土手を歩いている時、遠くから声が聞こえてきた。
 
 声  「おーーい。稔二くーん。」
 
向こうから、中年らしき男が、こちらに向って走ってきた。
 
 男  「はぁはぁはぁ・・・。やっと見つかった・・・。」
 稔二 「おやじさん・・・。」
 
それは、七華の父の耐三だった。
 
 七華 「お父さんどうしたの?」
 耐三 「ね、稔二君。 い、今すぐ病院に行くんだ・・・。君のお母さんが・・・。」
 稔二 「母さんが、どうしたんですか!?」
 耐三 「た、倒れた・・・。」
 
 稔二 「えっ・・・。」
 
稔二の脳裏に、父のことがよぎった。 また、あの時の思いをするのか・・・。
稔二は夢中で走り出していた。
 
   ・・・・・・・・・

464 :遠い記憶 〜凪原稔二の場合〜 その6:04/03/28 01:07 ID:vf/FzH7m
稔二は、母の病室を見つけ、走りこんでいた。
 
 稔二    「母さん!!」
 母      「あら、稔二? どうしたの?」
 稔二    「ど、どうしたのじゃねえよ・・・。」
 背広の男 「それでは、私は帰りますので、お大事に。」
 母      「わざわざ、すいませんでした。明日にでも会社に電話しますから。」
 背広の男 「それでは。」
 
そう言って、男は去っていった。見た感じ、小柄な腰の引くそうな男だった。
振り返って母を見ると、意外に元気そうなので拍子抜けしてしまった。
 
 稔二  「なんだ、大したこと無さそうだな。」
 母    「ちょっと疲れただけよ。軽い過労だってさ。 何日か休めばいいそうよ。」
 稔二  「あんまり無理しないでくれよな。 俺も卒業したら働くから・・・。」
 母    「それは駄目。稔二は高校に行きなさい。それが私の務めであり、父さんとの約束なんだから。」
 稔二  「でも・・・。」
 母    「子供が余計な心配をしない。 これからは無理はしないつもりだし、
       給料が減っても、あんたを高校に上げるだけの蓄えくらいあるんだから。いいわね。」
 
稔二は、あれこれ考えてみたものの、返す言葉がみつからなかった。
母が一度言い出したら折れる事がないことを、稔二はよく知っていた。

 稔二  「分かった・・・。そうするよ。」
 母    「それと・・・。」
 稔二  「それと?」
 母    「喧嘩は、ほどほどにね。」
 
稔二は、はっとして、口元の血を拭った。
 
   ・・・・・・・・・

465 :遠い記憶 〜凪原稔二の場合〜 その7:04/03/28 01:09 ID:vf/FzH7m
稔二は、自室のベットに寝そべり、天井を見つめていた。
 
母と進学の約束をしてしまった稔二だったが、正直、勉強には自信がなかった。
中学に入ってからは、学業はほとんど疎かにしていたからだ。
レベルを落とせば行ける学校もあるが、私立だと金がかかる。
公立を目指すとすると、今の自分の学力では足りなかった。
現に、担任にそれとなく聞いてみたが、笑い飛ばされたくらいだ。
稔二は、自分の部屋で寝転びながら、思案に暮れていた。
 
 稔二 「七華にでも相談してみるか・・・。」
 
とは言うものの、あまり気が進まなかった。
確かに七華とは幼なじみではあるが、小学校に上がってからの七華は勉強一辺倒で、
稔二がいくら遊びに誘ってもいっこうに相手にされなかったし、
むしろ、稔二の方が七華を嫌うようになっていた。
中学になってからは、七華の方に余裕が出てきたせいか、稔二にちょっかいを
出すようになってきたのだが、その物腰やすました態度は正直いけ好かないものがあった。
 
 稔二 「ガキのころは、可愛かったんだけどなあ・・・。」
 
稔二がそんなことを考えていた時、玄関のベルが鳴った。
『今時分、誰だろう?』 そう思いながらドアを開けると、そこには七華が立っていた。
 
 稔二 「な、なんだ? こんなに遅く?」
 七華 「稔二が困ってるんじゃないかと思って・・・。」
 
少し妖しい微笑みを浮かべながら七華はそう言った。
 
   ・・・・・・・・・

466 :遠い記憶 〜凪原稔二の場合〜 その8:04/03/28 01:12 ID:vf/FzH7m
そして、七華との勉強会が始まった。
彼女が何を思ったのか分からないが、自分のことを心配してくれているのには違いない。
稔二は他に頼る道もなく、有り難くその恩恵を受けることにしたのだ。
 
最初のころは、七華の事を邪険にしてきた手前どうなることかと思っていたが、
七華の教え方は意外にも優しかった。 分からないことがあると逆切れして悪態をついていた稔二も、
だんだん彼女のペースに引き込まれて行った。
学校では、目標が出来たせいもあり、トラブルも少なくなったし、
たまに不良にからまれることもあったが、できるだけ穏便にすませるようにしていた。
 
   ・・・・・・・・・
 
そして一月もすると、なんとか、七華が教えることに付いて行けるようになっていた。
さすが幼なじみという所だろうか?
自分の考える少し先を見据えて自分を導いてくれてるような、そんな教え方だった。
 
 稔二 「お前、意外と先生に向いているかもな?」
 七華 「そんなことないわ。 稔二は、元々やればできるのよ。」
 稔二 「そうかあ? おだてても何もでないぞ。」
 七華 「本当よ。 私が一番よく知っているもの・・・。」
 稔二 「じゃあ、そういうことにしといてやるよ。」
 七華 「・・・・・・。」
 稔二 「だけど、お前、自分の勉強は大丈夫なのかよ? 私立を目指してるんだろう?」
 七華 「私は大丈夫よ。 そんなことより、頑張らないと期末試験に間に合わないわよ。」
 稔二 「そうだな。頑張らなきゃな。」
 
   ・・・・・・・・・

467 :遠い記憶 〜凪原稔二の場合〜 その9:04/03/28 01:15 ID:vf/FzH7m
そして、期末試験が無事終了した。
稔二はなんとか公立高校を受験できるだけの成績を上げることができた。
担任は、雪でも降るんじゃないかと驚いていた。
 
 稔二 「七華、ありがとな。これで公立を受験できそうだ。感謝してるよ。」
 七華 「そう。良かったわね・・・。」
 稔二 「お、おう・・・。」
 
七華は、素っ気無い返事をして自分の教室に帰って行った。
稔二は、七華の態度に違和感を憶えたが、その時は気にもとめなかった。
 
年が明けてからは、七華が稔二の家に来る事はなかった。
しかし、今まで七華が教えてくれたお陰で、受験の対策は分かっていたし、
一人でも十分なんとかなる自信がついていた。
 
   ・・・・・・・・・

468 :遠い記憶 〜凪原稔二の場合〜 その10:04/03/28 01:18 ID:vf/FzH7m
そして受験日も近づいてきたある日の夜。
玄関のベルが鳴った。まだ母は仕事から帰ってなかった。
 
 稔二 『お袋? じゃないよな・・・』
 
ドアを開けると、私服姿の七華が立っていた。
彼女の髪には少し雪が積もっていて、微かに震えているようだった。
いつの間に雪が降ってきたのだろうか?
彼女の服装は、白いタートルに茶色のタイトスカート。 それにコートを羽織っているだけ。
ストッキングも履いていない足は、寒さでいまにも凍りつきそうに見えた。
彼女は、何か思いつめたような目をしていた。
 
 稔二 「七華・・・。」
 七華 「・・・・・・。」
 稔二 「入るか?」
 
七華は、無言で頷いた。
 
   ・・・・・・・・・
 
稔二が、部屋に戻ってくると、七華はベッドに腰掛けていた。
 
 稔二 「コーヒー入れたから、暖まるぞ。上着は今乾かしてるから。」
 七華 「ありがと・・・。」
 稔二 「何かあったのか?」
 七華 「・・・・・・。」
 稔二 「言いたくなければ、言わなくていいけどさ。おやじさんが心配するぞ?」
 七華 「・・・・・・。」
 稔二 「・・・・・・。」
 
二人のしかいない稔二の部屋に、時計の音だけが聞こえていた。

469 :遠い記憶 〜凪原稔二の場合〜 その11:04/03/28 01:21 ID:vf/FzH7m
稔二は、こんな七華を見るのは初めてだった。
いつもは、大人ぶってすましている七華。
それが今はどうだろう? 借りて来た猫のように頼りなさそうに見えた。
稔二はそんな七華に対して、どう対応をしたらいいか分からなかった。
 
 稔二 「あの・・・さ、寒くないか?」
 七華 「・・・・・・。」
 稔二 「・・・・・・。」
 七華 「・・・稔二、優しいね。」
 稔二 「えっ?」
 七華 「あの時と変わらない・・・。」
 
一瞬、何のことだか分からなかった。
 
 七華 「あの時・・・、私のお母さんが死んだ時もなぐさめてくれたよね。」
 
稔二は、すぐそのことを思い出した。 そう、あの時は、七華があまりに悲しそうだったから。
そうか。そんなこともあったな・・・。
 
 七華 「忘れてないよね?」
 稔二 「えっ・・・?」
 七華 「稔二・・・。」
 
七華は、涙を浮かべながら、稔二にしがみついてきた。
 
 稔二 「あっ。おい・・・。」
 
稔二は、七華を制止することができず、彼女の身体を受けとめていた。
慌てて引き離そうとしたが、彼女の手の力は意外にも強く、そうすることができそうになかった。
 
  稔二 『なんだってんだ。ったく・・・、』

470 :遠い記憶 〜凪原稔二の場合〜 その12:04/03/28 01:23 ID:vf/FzH7m
観念した稔二は、彼女をそのままにしてやることにした。
そして、彼女の様子を見つめていた。
そういえば、身体を触れ合うなんて何年振りのことだろうか? というかそれはガキのころの話だし・・・。
七華の身体は小さく華奢ではあったが、女性特有の柔らさがあった。
彼女の髪の毛からは何か良い匂いがした。 そして、冷えた身体でありながら、温かさが感じられた。
 
 七華 「・・・ぅ・・・ぅぅ・・・。」
 稔二 「七華・・・。」
 
膨らみかけた彼女の胸が、稔二の身体に少しあたっていた。
こんな時に不謹慎と思いつつも、七華は女の子なのだと改めて思った。
 
 稔二 「・・・・・。」
 
いったい何があったのだろう? そう思うと、稔二は複雑な思いだった。
 
   ・・・・・・・・・
 
稔二は、どうしていいか分からないまま暫くそうしていた。
というより、そうしていなければいけない気がした、というのが本当のところか。
 
 母 「ただいま〜。」
 
突然、母の声がした。 稔二は、ドキッとして、あわてて七華を自分から引き離そうとした。
が、七華は自分から起きあがり、帰ると言った。
 
 稔二 「大丈夫なのか?」
 七華 「もう平気。ありがとう、稔二。」
 
彼女は既に、いつもの七華に戻っていた。 七華は母に挨拶し、帰っていった。
 
   ・・・・・・・・・

471 :遠い記憶 〜凪原稔二の場合〜 その13:04/03/28 01:25 ID:vf/FzH7m
 
それから、何事もなく日々は過ぎ、高校受験が終了した。
稔二は、見事公立高校に合格できた。
 
しかし、皮肉なことに、七華は私立に落ちてしまい、稔二と同じ高校に通うことになっていた。
勉強を教えてもらった稔二としては複雑な気持ちだったが、
本人は別に気にもしていないようだった。
 
   ・・・・・・・・・
 
そして、卒業式の夜のこと。
 
 母   「稔二、あのね・・・。」
 稔二 「なんだよ。あらたまって。」
 母   「母さん、再婚しようと思うの。」
 稔二 「えっ?」
 
稔二は自分の耳を疑った。
 
 
 
つづく

472 :風の谷の名無しさん:04/03/28 05:21 ID:tHrBr6rx
久々の新作(・∀・)イイ!



473 :風の谷の名無しさん:04/03/28 13:30 ID:c3MFUd+3
おお、続き楽しみです

474 :風の谷の名無しさん:04/03/28 15:04 ID:UvSNwHy/
(・∀・)イイヨイイヨー!!

475 :風の谷の名無しさん:04/03/29 20:35 ID:xWFtXfAN
(・∀・)イイ!

476 :風の谷の名無しさん:04/03/31 12:35 ID:qdbKgUjW
七華はどうして寒い雪の日の夜にストッキングも履いていなかったのだろうか。
まさかレ(ry

477 :風の谷の名無しさん:04/03/31 20:16 ID:shf2Rw0z
ズビアン

478 : ◆9g9jr5lB6Y :04/04/04 16:56 ID:waDnFBI+
つづきです。
なかなか、筆が進まない・・・w

479 :遠い記憶 〜霧里七華の場合〜 その14:04/04/04 16:57 ID:waDnFBI+
それは、突然のことだった・・・。
 
 耐三  『七華・・・。なな・・・か・・・。う・・・うぅ・・・。』
 ななか 『おとうさん・・・?』
 
父が、自分を抱きしめて泣いていた。
私には、何が起こったか分からなかった。
 
おかあさんが病院のベットで気持ちよさそうに寝ていた。
気持ちよさそうに寝ていたのだけれど・・・、周りの人が皆泣いていた。
誰かがおかあさんの顔に白い布をかぶせようとしていた。
おかあさん、どうしてそこで寝てるの? 息が苦しくないの?
その時の私は、そう思っていた・・・。
 
事態が少し飲みこめたのは、お通夜の時だった。
おかあさんはもう自分には会えないのだと、父が教えてくれた。
遠くに行ってしまって、もう帰って来れないのだそうだ。
おかあさんは、そこにいるのに・・・。
 
死というものはそういうものだと、私は初めて知った。
 
   ・・・・・・・・・

480 :遠い記憶 〜霧里七華の場合〜 その15:04/04/04 16:59 ID:waDnFBI+
幼なじみの稔二は、母の不幸に悲しんでいる私を、やさしく励ましてくれた。
 『早く立派な大人になれば、お母さんが天国で喜んでくれる。』 と・・・。
私は、とても嬉しかった。
 
   ・・・・・・・・・
 
 ななか 『お父さん。 どうしたら早く立派な大人になれるの?』
 耐三  『そうだなあ・・・。ご飯をいっぱい食べて・・・。』
 ななか 『うん。』
 耐三  『いっぱい勉強して・・・、いっぱい遊ぶことかな?』
 ななか 『うん分かった。』
 耐三  『でも、慌てなくてもいいんだ・・・。 七華は七華らしくしていればいいんだよ。
       間違ったことさえしなければ、お前が好きなこと、やりたいことをしてればいいんだ。
       そうすれば、自然に大人になっていく・・・。 少しずつね。』
 ななか 『お母さん、天国からわたしのことを見てる?』
 耐造  『ああ、見てるとも。』
 ななか 『じゃあ、わたしがんばる。』
 耐三  『ななか・・・。』
 
そう言って、父はやさしく抱きしめてくれた。
 
   ・・・・・・・・・

481 :遠い記憶 〜霧里七華の場合〜 その16:04/04/04 16:59 ID:waDnFBI+
稔二はそれからも、母がいない寂しさを癒すように私を毎日のように遊びに誘ってくれた。
 
 ねんじ 『もう遅いから帰るか?』
 ななか 『うん、帰る・・・。』
 ねんじ 『あれっ?』
 ななか 『はや? どうしたの? ねんじちゃん。』
 ねんじ 『ななか。 先に帰ってろ。ちょっと行ってくる・・・。』
 ななか 『あっ、どこいくの・・・?』
 
稔二が向った先には、男の子達に虐められていた女の子がいた。
稔二は、軽々と、男の子達をやっつけて、走って帰って来た。
 
 ねんじ 『なんだ、待ってたのか?』
 ななか 『ねんじちゃん、かっこいい!』
 ねんじ 『まーな。あははっ。』
 ななか 『私が、いじめられても助けてくれる?』
 ねんじ 『あたりめーだろ?』
 ななか 『やったーっ。 ねんじちゃん大人だね。』
 ねんじ 『そうか〜? 喧嘩が強いと大人なのか?』
 ななか 『はやや? やっぱり、お勉強ができると大人なのかな?』
 ねんじ 『そうなのかな?』
 ななか 『う〜ん、わかんない。』
 ねんじ 『俺もわかんない。』
 ななか 『あははっ。』
 ねんじ 『あははっ。』

482 :遠い記憶 〜霧里七華の場合〜 その17:04/04/04 17:00 ID:waDnFBI+
稔二は私にとって、仲の良い幼なじみであり、ヒーローであった。
 
 ななか 『ねんじちゃん。いっしょに大人になろうね?』
 ねんじ 『ああ、いっしょにな。』
 
私達は手を繋いで、夕暮れの土手を帰っていった。
 
   ・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・

483 :遠い記憶 〜霧里七華の場合〜 その18:04/04/04 17:02 ID:waDnFBI+
しかし、私は、小学校に入学してから少しだけ現実を知ることとなる。
 
 先生  『じゃあ、こないだのテストを返しま〜す。凪原稔二くん。』
 ねんじ 『はーい。』
 先生  『よくがんばったわね。えーと、霧里七華さん。』
 ななか 『はい。』
 先生  『今度は、もう少し頑張りましょうね?』
 ななか 『はわ・・・。』
 先生  『えーと、次は・・・。』
 
   ・・・・・・・・・
 
 ねんじ 『なんだよ、またできなかったのか?』
 ななか 『うん・・・。ねんじちゃんは?』
 ねんじ 『おれ? 100点だったよ?』
 ななか 『はやや。ねんじちゃんすごーい。どうしたら100点とれるの?』
 ねんじ 『う〜ん。 どうしてかな? おれって天才なのかな? あははっ。』
 ななか 『そうなんだ・・・。私、頭が悪いのかな・・・。』
 ねんじ 『う〜ん。そんなことはないと思うけど・・・。俺が頭が良すぎるだけだから心配すんな。』
 ななか 『うん・・・。』
 
私は、学校の授業に落ちこぼれているわけではなかったが、
自分の思い通りの成績を残すことができなかった。
それに引き換え、稔二は、勉強も運動もいつも良い成績を上げていた。
 
   ・・・・・・・・・

484 :遠い記憶 〜霧里七華の場合〜 その19:04/04/04 17:03 ID:waDnFBI+
そして、そのうち、
 このままじゃ、ねんじちゃんと一緒に大人になれない・・・。
 わたしだけ、一人でおいていかれちゃう・・・。
そんな気持ちが、私の心の中で次第に大きくなっていった。
 
 ねんじ 『ななか〜。プール行こうぜ〜。』
 ななか 『私、そんな暇ないの。 いま勉強中なんだから!』
 ねんじ 『なんだよ。勉強なんて後でいいじゃん。』
 ななか 『う〜。ぐすん。勉強いっぱいして早くおとなになるんだもん。』
 
   ・・・・・・・・・
 
 耐三  『えっ? 塾に通う? どうしたんだ突然?』
 ななか 『だって、マキちゃんもリカちゃんも行ってるって言ってた・・・。』
 耐三  『よその子は、関係ないだろ?』
 ななか 『・・・・・・。』
 耐三  『勉強ができないのか?』
 ななか 『うん・・・。』
 耐三  『でも、全然できないわけじゃないだろ? そりゃ凄くいい成績じゃないけど、
       今のままでも十分良い成績だろう?』
 ななか 『それじゃ、だめなの。 ねんじちゃんは100点取ったもん。
       このままじゃいけないの・・・。もう決めたの!!』
 耐三  『そうか、決めたのか・・・。 でもピアノのお稽古はどうする? 』
 ななか 『・・・続ける。』
 耐三  『両方通うのは大変ぞ。 大丈夫か?』
 ななか 『うん。』
 耐三  『そうか・・・。じゃあ七華の好きにしていいよ。』
 ななか 『うん・・・。』
 
   ・・・・・・・・・

485 :遠い記憶 〜霧里七華の場合〜 その20:04/04/04 17:05 ID:waDnFBI+
塾に通い始めてからの私は、少しづつ成績が上がっていった。
そこの先生が、私は直観力とか閃きには長けていないけれど、
物事を筋道立てて順序よく理解していくのが得意なのだと教えてくれたのだ。
歩みは遅いかもしれないけれど、必ず勉強ができるようになるわよ、と励ましてくれた。
今までは、勉強の仕方が分からなかっただけで、闇雲に無駄な努力をしていたのだ。
それが理解できてから、私は勉強がだんだん楽しくなるのを感じていた。
 
   ・・・・・・・・・
 
 ねんじ 『おーい。ななかー。』
 ななか 『あ、ねんじちゃん。』
 ねんじ 『お前、眼鏡かけたのか? ガリ勉ばっかやってるから、目、悪くすんだぞ。」
 ななか 『・・・・・・。』
 ねんじ 『そういえば・・・、お前、髪につけていた、あれ、どうしたんだよ。』
 ななか 『やめたわ。子供っぽいから・・・。』
 ねんじ 『そう・・・。』
 
   ・・・・・・・・・
 
 耐造  『七華。 最近、勉強ばかりしていて、遊びに行かないようだけど、
       たまには、遊びに行ったらいいんじゃないか? 稔二くんも寂しがっているだろう?』
 ななか 『いいの。 遊ぶことはいつでもできるし・・・。
       今は、勉強したいの。 だって、いろんなことが分かってとっても楽しいの。』
 耐造  『そうか・・・。 なら、お父さんも、応援してるよ。
       でも、あまり、頑張り過ぎないようにな?』
 ななか 『うん。』
 
   ・・・・・・・・・

486 :遠い記憶 〜霧里七華の場合〜 その21:04/04/04 17:06 ID:waDnFBI+
そして、ある日のこと、
 
 ねんじ 『おーい。ななかーっ。マジカルドミコの人形持ってきてやったぞ。久しぶりに遊ぼうぜーっ。』
 ななか 『・・・・・・。』
 ねんじ 『どうしたんだよ? お前が喜ぶと思って持ってきてやったのに。』
 ななか 『今から塾に行くの。 遊んでる暇なんてないの。』
 ねんじ 『勉強なんかさぼればいいじゃんか。遊ぼうぜ。なっ。』
 ななか 『私、ねんじちゃんみたいに頭良くないから・・・。勉強しなくちゃだめなの。』
 ねんじ 『なんだよ、そんなのどうでもいいじゃん。』
 ななか 『どうでもよくなんかない!!』
 ねんじ 『ななか・・・。』
 ななか 『どうして・・・? ねんじちゃんが教えてくれたんだよ。
       早く大人になれば、お母さんが喜ぶって・・・。 先生だって、お父さんだって、
       良い成績とったら誉めてくれた。 それのどこがいけないの!?』
 ねんじ 『でも、せっかくドミコ持ってきてやったのに・・・あっ。』
 ななか 『こんな人形、いらない!!
       ねんじちゃんもわたしと一緒に大人になってくれるって思ってたのに・・・。
       もういい!! 私一人で大人になるから!!』
 ねんじ 『・・・・・・。』
 
その時、稔二は、私が見えなくなるまで見送っていたようだった。
 
   ・・・・・・・・・

その2ヶ月後、稔二のお父さんが亡くなった。
私は10才になった時・・・、ピアノをやめた。
 
   ・・・・・・・・・
   ・・・・・・・・・

487 :遠い記憶 〜霧里七華の場合〜 その21:04/04/04 17:08 ID:waDnFBI+
幾度か季節が過ぎ、私は中学生になっていた。
稔二とは、学校の行き帰りで一緒になることはあるものの、それ以上でも以下でもない関係になっていた。
 
   ・・・・・・・・・
 
その日、私は突然気分が悪くなり、学校を早退し帰宅するところだった。
ところが、商店街を通りぬけようとしていた時に、違和感を感じた。
 
 七華 「あっ・・・。」
 
私は、思わず自分の足元を見た・・・。
何も変わったことはなかったけれど、どこに違和感を感じたのかすぐ分かった。
既に知識はあったし、対処の方法も分かっていた。 家に帰ればなんとかなる。
が・・・、しかし、私は少しパニックを起こしてたようだった。
突然の事に動揺し、顔から血の気が引き、額からは冷たい汗が流れ落ちてきた。
 
 七華 『貧血・・・?』
 
急ごうとするが、身体がふらついて真っ直ぐに歩けない。
動悸が自分の耳の奥で響いている。
汗は止まるどころか、流れる量が増してきて足元にその雫を垂らしていた。
私はついに耐えられなくなり、鞄を抱きしめたまま、その場にへたり込んでしまった。
『どうしよう、人が集まって来ちゃう。』 とそう思った時、誰かが私に声をかけてきた。
 
 声 「七華・・・ちゃん?」
 
目を細めながら見上げると、一人の女性が私を覗き込んでいた。
 
 
つづく 

 

488 :風の谷の名無しさん:04/04/05 00:47 ID:58JYx9Jg
おおキタ━━━━ヽ(☆∀☆ )ノ━━━━!!!!

489 :風の谷の名無しさん:04/04/05 08:35 ID:W96IUh7c
お赤飯七華ヾ( ゚∀゚)ノ゙キター

490 :風の谷の名無しさん:04/04/06 11:27 ID:lLxoxj8y
原作でやや疑問だった、
七華がなんであんなに「大人になる=勉強」なのか・・・
これはなかなか説得力あっていいですね。
もともとは稔二のほうが勉強できたってのも、
原作後半の展開をより一層自然にしてるし。

491 : ◆9g9jr5lB6Y :04/04/10 21:42 ID:z1TP664A
24なんてものを見てる関係で今週は書けませんでしたw
で、少し雑談を。

>>490
鋭い!! まさに、そういう感じをイメージしてます。
自分が思うに、ななか6/17は、欠けたエピソードが結構あるんですよね。
伏線はあるのに、何故かそれの原因をお話にしてなかったり。
じゃあ、そんなところを補完してみようかな? なんて、ことを考えて書き始めました。
ですから、できるかぎり原作とアニメとこのSSに矛盾がない形にしてるつもりです。
 
中学生編は、あと1、2回で終り、高校生編へ・・・という予定です。

492 :62:04/04/16 23:50 ID:4USFlNXx
期待しておりますぜ〜

493 :風の谷の名無しさん:04/04/16 23:54 ID:4USFlNXx
間違った。62じゃなくて490だよ。

間違いついでのスレ違い。
ヒロやカンフードミ子になってた時の七華の強さ。
実は運動方面の才能は捻二よりあったのではないか。
だけどそれに気付いても、興味がないので体を鍛えたりしなかった。
あるいは捻二を立てるために引いた・・・なんてな。

494 :風の谷の名無しさん:04/04/18 14:38 ID:IMNdrwRI
>>492
エロパロの悪夢はお前だったのか!!

495 :風の谷の名無しさん:04/04/20 11:36 ID:1EFosXka
保守

169 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)