5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【物書き】自分の文章晒しまshow!【限定】

1 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/03/30 00:43 ID:9NhJWLez
自分が書いた文章を晒したい奴は、その文章をUPってるURLを書こう。
しかし、どんな辛口批判があっても文句なしだ。

<ルール>
 ・18禁モノ等は、前もって告知すること。
 ・自分の作品であること。
 ・二次小説は基本的に、NG。
 ・みんなに読んで貰える自信があること。
 ・どんなジャンルか明確にするとなお良い。

以上のことを守って、さぁ、自信を持って晒そうじゃないか。

2 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/03/30 01:22 ID:3tH7n+eN
(゚Д゚)ノ

3 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/03/30 01:23 ID:q/NKmksD
盛り上がってるね

4 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/03/30 01:25 ID:LJFD5gOH
4ゲットズサー(AA略

5 :Mr.名無しさん:04/03/30 02:00 ID:h0kRo4z5
  ∩_∩
 ( ´∀` ) エヴォメヂョラーン
C(    )
 ∪∪∪

6 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/02 23:43 ID:l7iCxycw
>>1先生、初めまして。私は兵庫に住む耳が聞こえない女性です。
今回の「自分の文章を晒すゴッドハンド輝」を読んで少しがっかりさせられました。
輝が電話を通して風鈴の音をも聞き取る場面、あれを耳が聞こえない
人が読んだらどう思うのか考えられたのでしょうか?
私はあっあっ少し心が傷つきました。日頃からあっ周囲の音声を聞き取ることも出
来ない、電話さえもできないのですよ。まるで耳が良過ぎることを逆
自慢されているようで、少し悲しくなってきます。
出来れば、今後は障害をあっあっ持った人間のことも描いて欲しいです。例え
ば耳が聞こえない高校生が安田記念病院へ入院して、輝がコミュニケ
ーションに苦労しながらあっ最後にはあっ手話も覚えて健常者と障害者のコミ
ュニケーションあっあっの楽しさを描き出していくあっあっ・・・こういう展開をして
下さればあっあっ、私ももっとあっこの作品が好きになるでしょうし、感情あっ移入も
出来るのではないかとあっ思います。
突然の苦情、あっすいません。でもあっあっ耳の障害を持ったあっあっあっ読者もいるというこ
とをあっあっあっあっあっ>>1先生にもあっあっあっあっ知って頂きたあっかったのです。それでは失礼あっします。

7 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/03 02:22 ID:17juMgge
>>6激しくウザー(AA略

>>1
http://www.geocities.jp/a_vague_moonlight/
ってどうだい。

8 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/06 12:21 ID:ou5Kl17v
>>7
私は1じゃないけど、読んだよ。
でも>>7は本当にそのサイトの書き手さんかな?

ざっと読んだだけだけど、感想を書きます。
スマン、惹きこまれなかった。

>背景が羽の書き手さん

すごくつまらなくないし、すごく面白くもなかった。
そして、既存の物語に強く影響を受けている気がする。
いっそ二次小説のほうがいいんでは?と思うくらい、オリジナリティがない。
世界観をしっかり作ろうとしているのは分かった。
完全独白調なのは読みにくい。

>背景が蝶の書き手さん

普通に文章力があると思った。
この人が全部書いたほうがいいんでは?なぜ3人でやっているのか分からない。

>背景が月の書き手さん

羽の人と同じ文章力。感想も羽の人と同じ。

総評
構成が分かりづらいんだけど、リレー小説みたいなもの?
それにしても、蝶の人が一人で書き進んだほうが絶対に良い。
3人が同じ力ならリレー小説も面白いけど
一人だけ文章が上手いと、バランスがおかしくなる。
蝶の人が文章力を落とすか、他の二人が文章力を上げるかしたほうが良い。
読み手としては、蝶の人だけでやって欲しいが。

9 :真人:04/04/06 21:51 ID:b/f3YvCC
初めまして。真人(まと)と言います。拙い文章ですけど晒させていただきます。
できるだけ酷評にお願いします。甘口は厳禁な方針で。


ジリリリリリリリリリリリリッ!
「ちっ、ちっ、遅刻だし!」
僕はベッドから飛び起きた、急激な運動に少し身体が軋む。
「なんで僕はこんなもろに遅刻するような時刻に時計あわせてたんだ!!」
とにかく僕は急いで準備をした。
それはもう、リミット寸前にトイレに駆け込むくらいで、だ。
朝食を流し込むように1分という常人未踏の速度で食べた。
バタンッ勢いよくとドアを開け、玄関を出る。
ちょっとワケありで誰もいない家とも今日でお別れだ。
まぁ、管理人とかはいるんだけど一応しばらくここには帰ってこれない。
そんなこと今は思う暇なんてないのに急ぐのを忘れて思ってしまった。
思い出した、僕は非常に忘れっぽい人間だった。
今から僕は新しい学校へ向かわなければならない事も!
とりあえず今は駅へダッシュだ!

てな感じなんですけど。
メッタ斬りでお願いします。





10 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/06 22:07 ID:5t4jZ+e+
ひぎいっ

11 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/06 22:17 ID:dk35Wg7p
食虫花のような巧妙な叩きスレッドだな。
感心感心。

12 :こんな感じ?:04/04/06 23:55 ID:+GADjLfB
>>9
>常人未踏
直す気にもならない('A`)…

>L1-3
描写不足。目覚ましが鳴ってから、主人公が遅刻だと判断するのが早すぎておかしい。
もっと現実感をもたせてください。

>L4
長い、というか不自然。
ライノベではありがちかも。

全体的に文章と文章のつながりが不自然で、テンポよく読めない。
特に"ちょっとワケありで〜"以降は滅茶苦茶。
箇条書き状態。詰め込みすぎで文章になっていない。

正直直しようも無いくらいひどい。
もっと本読んだほうが良いと思う。勉強不足。
(ちなみにネット上の小説はおすすめしません。)

13 :真人:04/04/07 13:58 ID:jjT+Pywl
メッタ斬りありがとうございました。
これ厨房の時に書いたヤツなんですけど。
周りにまともな判断してくれる人がいなくてどう直そうかわからなかったんです。

しばらくしたらまた改訂版出させていただきます。

14 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/07 14:53 ID:W9gtAyPe
マジレスすると、直す直さない以前の問題。
あんた、字書きにはむいてないよ。


15 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/07 19:32 ID:Ha8h0FPw
ここは自分が書いた文章じゃなきゃダメなんだよね?
自分がいつも行ってるサイトがどんなレベルかって見てもらっちゃダメ?

16 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/07 20:04 ID:DdPQF6q9
>>15
ドウイ。ついでに二次創作もアリにしてほすぃ。

17 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/07 21:03 ID:ih7mZsP6
>>15
賛成したいけれど、それはどうなんだろう。
こういう場合は>>1さんが判断するのかな。

18 :15:04/04/07 21:09 ID:Ha8h0FPw
どうなのかな。自分にもわからんちん…(  ′∇ソ
それと、>>1でだめってでちゃってるけど、16さんが言ってるように、
二次もオッケにしてほしいなあ。
ホモでもドリでも、 (*´д`*)ウマーなのは(*´д`*)ウマーだし。
それだと主旨ズレしちゃうのかな。
教えて1さんかえらいひとー

19 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/07 21:13 ID:6hZYNN5e
最初の頃はうまく回っても
イタタサイト晒しスレになりかねん。
自作自演で叩きとかやらかすだろうし。

あくまで自分の作品に絞りなよ。

20 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/07 21:24 ID:p8ehIEve
ヲチ板に立てればやりたいほうだいだ。やれ。とっとと。

21 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/07 21:36 ID:HKVmxHdq
>>15
賛成もしないけど反対もしない。自己責任で好きにしろ。

22 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/07 21:46 ID:KlAX28Oi
2chに晒される人の感情も考えないで
自分のモノでもないのを他人に評価してもらおうなんて都合良すぎる。
自己責任っていってもネット上で責任なんて皆無だし。

ていうかネトオチ板にしたって
そんな事をやるためのスレじゃない。
>>15ははしゃぎすぎ。2ch初心者か?

23 :1:04/04/08 00:33 ID:blzMwF0w
ども、>>1です。

>>15さんに
 一応、自分の書いた文章じゃないとね。
 >>19さんの通りに、他人叩きになりかねないしさ。

>>16>>17さんに
 二次小説と前フリを打ってもらえるならOKです。
 でも、やはり個人で書いたものにしてください。


よって、ルール改正します。

<新ルール>
 ・18禁モノ等は、前もって告知すること。
 ・自分の作品であること。
 ・二次小説は基本的に、NG。
 ・みんなに読んで貰える自信があること。
 ・どんなジャンルか明確にするとなお良い。
 ・前フリを打った自己作品の場合のみ、二次小説もOKとします。

さぁみんな、頑張ってみんなに読んで貰おうぞ!

24 :not1だけど:04/04/08 00:58 ID:GGsDi/nL
虹の時は伏字を忘れずにな。

25 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/08 01:05 ID:iss4+r9S
そいじゃまあお言葉に甘えて。

・二次。
・ドリ。
・場と露和の斬山。
・割と痛い。

26 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/08 01:10 ID:iss4+r9S
 一つ違いの従姉妹、工藤 煌がプログラムに遇い、そして優勝した。

 共和国指定の総合病院に収容されたという彼女を見舞うと言った時、叔父と叔母は必死の形相で俺を止めた。無論構う事もなく、次の日曜に病院に向かった。

 やけに静か過ぎる病棟の157号室。当然ながら個室だった。

 ノックする。中からはか細い了承の声。

 どちらも、やけに大きく廊下に響いた。




 最後に会ったのは一昨年の正月。
 性格は明るく人なつこく、俺とはまったく正反対。

 年上面こそしないものの、いつまで経っても俺の事を『カズくん』と呼んではばからない所には閉口した。


 ドアを開ける。

 外は日差しが強く、部屋は真っ白なはずなのにいやに陰って薄暗く、今日は曇りかと錯覚させる、そんな暗さだった。

 そんな病室で半身だけ起こした煌は、薄桃色のカーディガンを羽織っていた。

 整っていた顔立ちには影が落ち、その眼は虚ろで焦点が合っていなかった。

27 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/08 01:13 ID:iss4+r9S
「あ…………カズくん だ。き 来てくれた の?」

かすれた声。

「――煌姉」

俺の声も似たようなものだった。


「か カズくん、あのね」

言いながら、彼女の表情が変わっていく。

「殺しちゃった」

見開いたその眼から涙が溢れ出す。
「あたし。こ 殺しちゃった、ミユもマキもカナメもナッチもリナもシオリもあああキリコだって、うあ ああ ハ・シ・バ君、も。うわああああああああ!!」
 煌は、絶望の表情(かお)で絶叫した。


 俺は動けなかった。


 ぼろぼろ泣きながら叫び続ける彼女にはもう、俺の存在など。


 眼に映る筈もない。


 季節は初夏。

 それが俺と煌の、三年振りの再会だった。

28 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/08 01:14 ID:iss4+r9S
 煌はずっとあのままなのか。

 胸に精神科医の名札を付けた、くたびれた革靴のような男は俺と眼を合わせようとはしなかった。

「――――君も、分かっている筈だ。あんなモノに巻き込まれて、正気でいられる人間などはもはや『人』とも呼べない」

「じゃあ」

もう戻らないと。
「戻る手ならばただ一つ」


腐れた医者は、彼女の記憶を全て消す以外無いとほざいた。

 記憶は連動する、例えプログラム間の記憶だけ消せたとしても、前後の記憶がすぐに呼び覚ます、とも。



 むしろ。



 その方がどんなに楽かも知れなかった。

 俺は嘆息し、煌の病室へ向かった。

29 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/08 01:15 ID:iss4+r9S
「カズ、くん?」

煌は相も変わらず薄暗い部屋でたった一人だった。

「ゴメンね……いつも……」

 毎週日曜日はほとんど見舞いに費やした。これで五回目になる。

叔父夫婦はもう諦めたらしい。


 俺を止める事と、煌の精神の回復とを。

「気にするなよ。煌姉、何か食う?」

下の売店で適当に買ってきた菓子を広げる。
 だが、煌は力無く首を横に降った。
「食欲、あんまり、無い」
そしてごめんね、と呟いた。
「ん、わかった――煌姉?」
気付けば煌の眼は潤み切っている。
「ミユね」
「ん」
「泣きながら 死んじゃった」
「…………」

「撃たれてね」
「コウジマさんが撃ったの」
「ミユね お腹撃たれて」
「痛いって」
「死にたくないって」
「泣いてた」

30 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/08 01:17 ID:iss4+r9S
何かのきっかけに、彼女はふいとプログラムの事を話し出す。

 殺してしまったクラスメイト。
 死んでいった友人。

 俺の知らない男の話。


 『ミユ』の話はこれで三回目。

 聞きながら考える。


 何故。

 彼女のクラスがプログラムに選ばれたのだろう。
 他のクラスでは、何故駄目だったのか。
 何故――――。

「――ズくん……?」
煌の声が不思議そうに俺を呼ぶ。

「あ……ごめん、何?」
慌てて煌の方に思考を戻す。


 煌は微笑っていた。

「あたし、もう死んだ方がいいのかな……」

 泣き出しそうな笑顔で、確かに。

31 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/08 01:17 ID:iss4+r9S
 煌が手首を切ったと連絡があったのは、クラスの連中がそろそろ修学旅行だなんだと騒ぎ出した頃だった。


 行く気なんか無かったが。

 沼井に泣き付かれ月岡に耳元で囁かれ。

 諦めて行く事にした。


 そんな矢先。


 学校も何も全部放り出し、俺は煌の病室へ走った。


「死ね、なかった」
俺を見るなり彼女はそう言った。

「何で――――」
自殺なんか謀った、とわめき散らしたくなる衝動を必死で堪えて、ベッドの脇まで近付く。

 煌にとっては、毎日が地獄なのだ。
 友を殺して唯一人生き残り、否、生き残ってしまった彼女。

「死にたかった……死にたかったよぉ…………死にたいよぉ。死にたいよ………………」
そこまで言った後、煌はくるりとやつれた顔を俺に向けた。

「殺して」

32 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/08 01:19 ID:iss4+r9S
「煌姉」
「カズくんは力あるよね? あたしの首絞めるのなんて簡単だよね、殺して、ねえ殺して」
そう言って俺の手に自分の手を重ね、自らの首へと導く。

 掌の下、煌の首が脈打つのがわかる。

「お願い……殺して……」



 それも

 いいのかも、

 知れない。


 そう、

 思ってはいけない事を思った。


 そうして、

 両手に力をこめた。



 こめようとした。


 ――――出来なかった。

33 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/08 01:24 ID:iss4+r9S
 気が付くと、煌を抱き締めていた。

「俺が守る」

俺は多分、この従姉妹を大切に思っているのだろう。
「俺が、煌を守るから」

 だが。


「死ぬな」

この感情の名前を、俺はまだ知らない。


 行って来てよ、と煌は言った。
『あたし、行けなかったから』
『帰ったら、旅行の話、聞かせて?』
 煌の言葉を思い出す。

 俺は南へ向かっていた。
 潮風で学生服がはためく。
 苦笑した。

34 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/08 01:25 ID:iss4+r9S
 まさか、俺のクラスまで。
 プログラムに選ばれるとは。

 心は既に決まっている。
 殺る。
 全員だ。

「俺は勝つ」
どんな手を使っても。
「勝って、絶対帰るから」
俺が守ると約束したのだから。

「待っててくれ煌姉――――煌」
ここで死ぬ訳には行かないのだ。
絶対に。


 海岸が見えて来た頃。

 岩場に誰かがしゃがんでいた。女子。



 俺は出来る限り足音を殺して人影に近付いていく。
 そしてディパックからナイフを取り出した。

Game started.

35 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/08 01:26 ID:iss4+r9S
終わり。ああ痛い。
リア中時代に書いたもの。今やドリからは足洗ってる。

本当はもっと改行とかあったけど長すぎてもとあちこち改竄。
さあざくざくいってくれ。

36 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/08 11:40 ID:yAvX0knq
ざくざくいけといわれてもな…
いくらWEB小説だからって
ここまで改行やられたんじゃ
まず読む気にさえならないよ

上では「小説」と書いたが、そもそもコレ何?
ポエム?

37 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/08 13:02 ID:MocU5UqG
既知害犯罪者の自宅を警察が家宅捜索して押収したノートに書かれていた
電波ポエム

と言っても通用しそうな気がする。

38 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/08 13:02 ID:fpJTrLOa
このスレは何か?
昔の作品だからっていう言い訳をしながら
ヘボ文を載せ合うチキンレースか?

39 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/08 13:09 ID:oQl1hOip
http://members.ld.infoseek.co.jp/nao_t515/dojin/dojin.htm

の中の、「ブレイキング・マインド」を。

・オリジナル
・伝奇もの
・エロ無し

40 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/08 15:28 ID:cTtFpFEZ
>>39
「全部読めなかった」って感想でもいい?

一応、その理由を。
1 読みにくいバランス。(レイアウトの問題かも)

2 「世にも奇妙な物語」の劣化コピーのような内容で、興味が湧かない。

3 心理物とは言っても、情景描写はもっと必要な気が。
  内面ばかり書かれていて作者の妄想の域を出ていない。読み進むのが苦痛。

41 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/08 17:22 ID:knVyh7e1
>39
全部読めなかった。
40の理由とほぼ同意見。
着目点はいいけど、
知識と取材(経験)の不足感が否めない。
書き手の妄想の域を出ていない=独りよがりな文章に見えるので、
読み手を意識した、読みやすい文章を目指してはいかがだろう。

42 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/08 17:50 ID:knVyh7e1
41です。
最後まで目を通しました。

が、やはり感想は変わらず…
申し訳ない

43 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/08 18:29 ID:P0xE1iax
>39
全体として、主人公の独白説明が多く、設定を読み聞かされてる気分になってしまいました。
もう少し主人公の台詞を増やして、会話や行動からなどからエピソードを出す自然さが欲しいです。

前の方も仰ってますが、主人公の心情を押し出しすぎて、人物がどんな動きをしているのか、
映像が浮かんできません。事実や動きを述べる文章と、主人公の個人的な感想を
改行か何かで少し分けたほうが伝わりが良いと思います。
こういう形の文章、と割り切ってしまうのも面白いですけれど。

これは好みかもしれませんが、
地の文において、「にも拘らず」や「しかし」などの否定形が頻繁に混じるところ。
39さんのクセというか個性として扱えばそれまでですが、やや読みにくい印象を受けました。

展開が早いのと話自体は個人的に好みです。がんばってください。


44 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/08 22:53 ID:mozdUqt7
>>39
本と比べ、web上の文章は長文には向かないと思うので
冒頭で読み手を引き込む演出が必要。重要ポイント。

■セリフが説明的で不自然。
 その為、面白みの無い文章を読み手は読まされ苦痛。
 ウケ狙いのやりとりはいらない。寒い。
 (偏見かもしれないけど、オタクっぽい気持ちの悪さを感じる。)

■"ソイツ"の連続はくどい。言い回しを変えるなどして欲しい。
 そして、この辺りの設定が生かしきれていない。読み手をもっと引き込めるはず。
 逆に言えば、ソイツの存在で引き込まれなかった。

■43さんの文章の癖、私も気になった。他にもちらほら。

そのほか情景描写不足等、他の方と同意見です。
独りよがりでなく、読み手を意識した読みやすい文章を心がけてください。
また、ありがちな設定だという印象を受けました。

45 :39:04/04/08 23:35 ID:jm8pF7pC
>>40->>44さん、ありがとう。

やはりWEBで長文は向かないと言うこと、痛感しました。

 やけに説明臭い文章で、会話や、情景描写などに欠けている事に
お恥ずかしさ、隠し切れません。
 取り敢えずはこの口調で書ききってから、不備点を書き直して行
きたいと思います。読んでくださった方、どうもありがとう。

46 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/09 00:56 ID:uvJSvTwv
サイトのページを晒す場合は
ソースに「晒し中」「評価中」って、入れることにしない?
そうしないといつか絶対カタリがでるよ。

47 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/09 04:39 ID:u8wKqX5s
>46
いい方法だね。そうしましょう>1



48 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/09 14:15 ID:X1qm28II
>>46
賛成。
>>39さんは真の勇者だったけど、騙りが現れる可能性が高いよね。

49 :1:04/04/09 16:20 ID:loN/HS1G
>>1です。
  >>46->>48さんの意見、OKです。
                  今後はそうしましょう。

50 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/09 17:56 ID:TwGPMnIX
ってーかさ、漏れそのURL別スレでみてるんだわ。

http://comic3.2ch.net/test/read.cgi/doujin/1069489038/646

自作自演の晒しか騙りにしか見えん。

51 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/09 18:09 ID:VhAAxS6X
うん。漏れも見てる。自作自演だとおもた。で?w

52 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/09 20:01 ID:94Q3TWcD
>>39

とりあえず奈須きのこの文章を頭から追い払った方が良いと思う。


53 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/10 01:05 ID:60Yvxy+Y
見ていただきたいなあと思っているんですが
ここに貼付けるのは大丈夫ですか?

あとトリップつけた方がいいですかね?

54 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/10 01:27 ID:UcPmEM6q
どっかに専用うぷろだ作れば?
とか簡単に書いたけど、すぐにはできんよね。
ゴメソ。

55 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/10 01:29 ID:UcPmEM6q
後、20代前半とかそんなん感じでいいから年齢教えて欲しい。
年齢によっても評価変わってくる気がする。

でも年齢によって評価を変えるっていうのは不公平か?

56 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/10 02:42 ID:LUiuYCqO
>>50

私怨じゃないの?

57 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/10 11:17 ID:eqN247TK
web製作板にも似たようなスレあるけど
ソースに「晒し中」「評価中」って入ってないと私怨認定でスルー。
念のため、掲示板を取ってから晒す勇者も居たw

>>53さん
ソースに「晒し中」って入れて
そこそこの自衛もしてから貼り付けてはどうかな。

58 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/11 17:56 ID:zHRjWbob
状況がちょっとよくわかりませんが、書き手を卒業した時に書いた最後の文です
長いので書き出しのみですが、評価お願いします。
ちょいグロです

それには足がなかった。
それには腕がなかった。
それには、ただ露出した性器と、乳房、瞼、唇以外を持っていなかった。
髪の毛以外の、体毛を全てそられたその女の姿は、煽動する軟体動物を思わせる。
両瞼は、厚い綿糸で縫い合わされ、角張った輪郭が直線的な鼻梁を際立たせている。
本来ならば、美人であったであろうその面相も縫い合わされた瞼が台無しにしている。
両側に少しとがった小さな耳は、鋭利な刃物で切られたと思しき、痕が残っていた。
時折、うーうーとうめくその唇の奥に、舌は無い。切断されたのだ。
四肢を切断されたその姿は達磨のようだ。首につけられた首輪にはこうかかれている。
「姉」
 達磨になる前は、一体どんな女性だったのだろう。 ミロのビーナスのように、欠落した美ではない。ただ両腕が無いのである。
 このダルマは、正気を保っているのだろうか。 声をかけてみても、ただうーうーとわめくだけでは、正気を確かめる方法は無い。
 古来、四肢を切断され、舌を切り取られ、瞼を縫い合わされた人間のことを人豚と呼んだのだという。
話すことも、みることもできない歩くことも、物をつかむこともできないその姿が豚そのものだったからだ。まさしく言いえて妙と言う奴だ。
 床に転がされた人豚の前に腰を下ろした。わたしは、この人豚に性的虐待を与えたことはない。生きているオブジェと言うべきだろうか。
切断された腕の断面に移植された皮膚の温かみや、柔らかな乳房の感触が、唯一人豚が生きていることを証明している。
死んでいたら、温かみも感触もないだろう。わたしは、人の温みと言うものを知らない。
人の肌の感触や、息遣い、仕草。わたしと、他の人間とは、一枚の壁を隔てられて接触しているように思う。
この人豚と、健常者との違いのように。わたしは人豚、姉であったものに触れた。

59 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/11 18:07 ID:pbC4IrVz
>58
短すぎて評価も何もないわけだが。てゆうかちょいグロじゃなくて大分グロでつね(;´Д`)

人の温かみを知らない、という『わたし』が、温かみで生きていることを確認できる、
というのはちとおかしい、違和感を感じました。文のつながりとしてそれを選んだのだろうけど。
うーうー言ってる時点で生きてる確認が出来てるとして、
この人に温かみがあるだろうか?でもわたしは温かみを知らない、
というくらいのつながりが良かったかなと思います。

しっかし怖いわ(;´Д`)

60 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/11 18:41 ID:p8SMYfYj
> それには、ただ露出した性器と、乳房、瞼、唇以外を持っていなかった。
「それには、…以外を持っていなかった」は文章として変。
「それには…以外が(は)なかった」か、「それは…以外を持っていなかった」だろう。

> 髪の毛以外の、体毛を全てそられたその女の姿は、煽動する軟体動物を思わせる。
「煽動」?意味不明。「蠕動」の間違いと思われる。

> ミロのビーナスのように、欠落した美ではない。
「ミロのビーナスのような」では?
(ごく個人的にはミロのビーナスの美が「欠落」にあるというこのくだりには、全くもって賛成しかねる)

> 話すことも、みることもできない歩くことも、物をつかむこともできないその姿が豚そのものだったからだ。
「みることもできない」の後に句点忘れてる?
私なら「みることもできず、」と続けるところだが。

>  床に転がされた人豚の前に腰を下ろした。わたしは、この人豚に性的虐待を与えたことはない。生きているオブジェと言うべきだろうか。
個人的には読みにくい箇所。文章が前後しているというか、整理されてない印象。

> 切断された腕の断面に移植された皮膚の温かみや、柔らかな乳房の感触が、唯一人豚が生きていることを証明している。
「うーうー」いってるのに?
そして口を縫い合わされているなら鼻呼吸にならざるを得ないから、鼻息はかなり荒いと思われる。

> この人豚と、健常者との違いのように。わたしは人豚、姉であったものに触れた。
一般的には「健常者」とは「障害者」に対する反語でしょう。
当然人豚は「障害者」に属する存在ではあろうが、ここで「健常者」という言葉を使うのは違和感がある。
なぜなら言葉の種類が違うと思うから。
「人豚と人との違い」とでもしておくべきでは?

総体として余計な句点が多いと思われ。
しかしそれがあなたの「文体」であるなら、私がどうこういうべきことでもないように思う。
ただ、「私」という読者はあなたの文をそう感じたとだけ伝えておきましょう。


61 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/11 19:07 ID:zHRjWbob
>>59さん >>60さん

やはりアラのある文章でしたね
現役の頃は句読点も味のうちと考えていましたが、
無駄なこだわりは持たなかったほうがよかったかもしれません
もっと細部に目を通して、書けるようになりたいです
レスありがとうございました

62 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/12 12:33 ID:5Kj9AjNk
>>58
面白かったです。
この話を虹創作でやられたら「ヌッコロス!!」と思っただろうけど、オリジならok。

評価
読みやすい文章で良いと思う。
ただ、達磨をテーマにしているわりには軽い印象。

>縫い合わされた瞼が

たぶん麻酔などせずに縫ったんだろうけど
その辺りの心理的な恐怖描写がサクっと抜けているので、なんか軽いかな。
「わたし」が「達磨はどこから切られていったか」に思いを馳せるだけでも
グロ度アップすると思う。
達磨が受けたであろう惨状をもっと沢山描けば
「わたし」のクールさやエゴや寂しさ(?)も際立つのでは。
心理描写が足りないので臨場感が少ない。

でも個人的に好きな文章です。
これからも頑張って下さい。

63 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/12 13:09 ID:PjSeEd3T
>>39
更新されてますね。個人的にちょっと面白い展開かも


64 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/12 18:30 ID:qBSruseq
みんな真面目に検討してるこのスレ、良スレの予感!

65 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/12 21:36 ID:h81qksm3
勇者はまだかいな

66 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/13 02:24 ID:n6NadezZ
書き出しだけでいいなら晒せたりします
勇者と呼ぶにはレベルが低い気もしますけどw
腐女子設定です、はい

 天気雨の夕暮れの事だった。太陽がビルの屋上に沈み、ビルの屋上に配されたネオンライトが下品な光を放ち始めた夕暮れに、ある高等学校の屋上に少年が壁を背にして座り込んでいた。
 壁に「立ち入り禁止」と関われていたであろう看板が、幾重にも塗り重ねられた殴り書きをされた状態で設置されていた。転落防止用のネットが屋上の4辺を囲んでいる。
 よどんだ色の酸性雨が、彼の頭の上ではじける。幸い屋上には天井がある。
 ネットの上部同士を繋ぐアクリル板が天井の代わりを果たしている。アクリルを叩く雨音に少し身じろぎしながら、太陽の輪郭が透けてみえる天井を見上げた。
 快晴に近い曇り空だった。
 影が差した。光をさえぎる何者かが少年と太陽の逢引を妨げている。
 少年はうっすらと瞳を開いた。眼前をさえぎるワンピースを見つめ、それから上を向いた。曖昧な笑みを浮かべた少女が、ワンピースに麦藁帽子をかぶり少年を見下ろしていた。
 梅雨時の湿り気がシャツをべたつかせていた。しかし少年の体は、湿り気とある種の興奮によって汗ばみ始めていた。 
 サイズの合っていない半袖シャツから覗く腕は、細く青白い。日光を好まない人間特有の肌だ。少年はターコイズグリーンの髪を掻き揚げ、少女の顔をじっと凝視した。
 これから忘れようとしていた顔だった。忘れようと努力していた顔だった。少年は気落ちしたように目を伏せた。
 かすかに焦げた麦わら帽子の臭いを漂わせながら、少女は少年の横っちょに立った。少年は、壁に背中を預けながらゆっくりと立ち上がる。こうして並んでみると少女はいかにも華奢で小さい。
 少年も華奢ではあるが、少女よりも頭2つ分ほど大きいせいだろうか、体躯は細くともひ弱には見えない。
 「ここから飛び降りた飛び降りた子、どこいったんだろうね」

67 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/13 02:27 ID:n6NadezZ
 少女は身を乗り出して、フェンス越しにコンクリート敷きの地面を見下ろした。
 少女の視線の先にはビニールテープがあった。血痕に沿うように人の形を作ったビニールテープである。
 「目撃者が何人もいて、血痕も残ってるのに、死体だけ見つかってない」
 「不思議でしょ」
 少女はニコッと頬を緩め、笑みを浮かべた。 人懐っこい笑みではあったが、その表情には幾らか悪意が見え隠れしていた。
 その証拠に少女の瞳は、軽蔑とほのかな怒りをたたえている。
 「若草君、手伝ってくれるよね?」
 少年は黙りこくっている。視線を落とし少女を見ようとさえしない。
 「君に断る権利はない。ただ、わたしに従う義務だけがある。そうでしょ?」
 少女はワンピースの裾を掴んでヒラヒラと揺らしながら、芝居がかった台詞を言って見せた。演劇部にでも入っていればヒロインの役を射止めたに違いない。
 少女の挑発に少年は動じない。ただ頬をゆるゆると汗が流れているのを少女は見逃さなかった。
 「自殺しないの?」
 皮肉と敵意を込めて、再三少女が言ってきた言葉である。自殺しないの?なんで生きてるの? 二人の間に根づいた軋轢がそういわせているのは間違いない。
 「なに?」
 少年が初めて表情らしきものを見せた。眉を潜め目をつぶり、前歯で唇を挟んだ。苦渋と孤独を含んだひどく老成した表情である。
 「した方がいいんじゃない?」
 少年は何も言い返さない。かわりに尻ポケットから煙草を取り出し、口にくわえ火をつけた。
 煙草の芳香とは違う甘い匂い。政府御禁制、マフィア御用達の非合法ドラッグである。
 少女が少年の頬をはたいた。少女のこぶしが少年の頬を二度叩く前に、少年の右手は少女の首を掴んでいた。
 「痛いだろ、馬鹿女」

 ここまでです。評価とかおねがいします

68 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/13 09:32 ID:JdZ7d2cb
>66
一番最初に、文章がくどいという印象を受けました。
全く同じ表現を一つの文章で重ねている部分が多すぎるせいかと思います。
例えば冒頭の2行だけでも「夕暮れ」「ビルの屋上」が繰り返されていますし
他の部分でも、同じ言葉をすぐ近い部分で用いているのが気になりました。
個人的には情景描写がちょっと多すぎるかなと。(特に>66の前半部分)
天気に関する文章が何度も出てくるわりに表現が揃っていないので
雨なのか曇りなのか、空の状況がわかりづらかったです。

ストーリーはこれからどうなるのか心ひかれる内容でしたので
文章がもっとわかりやすければ、面白い作品になると思います。

69 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/13 10:02 ID:5lOs+v+5
屋上に天井があるってどういう状態だろう
言葉はわかるけど、情景を想像しづらい文章だなあと思いました。
>太陽の輪郭が透けてみえる天井を見上げた。
 快晴に近い曇り空だった。
夕暮れと言ってるのに今太陽が空の真ん中にあるような表現も、?

70 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/13 11:06 ID:7FYSo7wM
>>66>>67
頑張って修飾し過ぎだと思う。
情景描写に気合が入りすぎて、全体のバランスが崩れているのでは?

71 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/13 11:09 ID:OyFRVxZ/
>壁に「立ち入り禁止」と関われていたであろう看板が、幾重にも塗り重ねられた殴り書きをされた状態で設置されていた

悪いけど意味がマジでわからん……

「『立ち入り禁止』とかかれていたであろう看板は、幾重にも落書きされもはや何がかかれているかもわからない状態のまま壁に設置されていた」
と読んでみたが。「関われていた」って誤変換? 恥ずかしながら俺の知らない表現なんだが。
誤入力&変換でもこんな変換にはならないだろうし。

その他前後で矛盾していたり装飾が過ぎたり誰のことなのかはっきりしなかったりする形容が多い。
某所で自分に酔っている文章というのがあったけれど、こっちのほうがそれっぽいなと思った。
冷静になって自分で読み直してみてほしい。

72 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/13 11:38 ID:/pk+UN/g
>>66 >>67
前の人たちが言うとおり、文章がクドイと私も思った。
それと散漫な印象を覚えました。

>演劇部にでも入っていればヒロインの役を射止めたに違いない。

ちょっとしたギャグなんだろうけど
シリアスな場面ならシリアスに徹したほうがいいと思う。
話の腰を折られるから真面目に読む気がなくなる。
そういうのが多くて、話が散漫になっている印象です。

「まだ整理していない文章」のように感じました。
自分でよく読み返して、削ったり足したりすればすごく良くなると思う。
誤字脱字チェックだけでなく
他人が書いた話を読むように冷静に読み返せば
クドイ文章もすっきりするんじゃないかな。

>>某所で自分に酔っている文章というのがあったけれど、こっちのほうがそれっぽいなと思った。
冷静になって自分で読み直してみてほしい。

同意。
そう、そういう事なんです。上手く伝えられなくてスマソ。

73 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/13 16:44 ID:cbITsUq+
二次創作で申し訳ありませんが、評価お願いします。
ソース2行目に「評価中」の表記をしておきました。

ジャンル:二次創作
取り扱い:庭球王子・@部ドリーム(幼馴染設定、not恋愛)
アドレス:http://j-colors.lovesick.jp/dream/faraway.html
よろしくお願いします。

74 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/13 18:10 ID:4sItUn0M
>>73
ジャンル全然知らなかったけど、面白かったです。
ただ「小説」とは思えないかな。

メールや掲示板を読んでいるようで、読みやすいと言えば読みやすいのですが
もう少し正しい日本語を使って
きちんとした小説に仕上げたほうがいいと思います。
せっかくの文章力がもったいない。

幼馴染間の微妙な心理が丁寧に描かれていて
スムーズに感情移入出来ました。
思わず私も遠い日の事を思い出したよ・・・○っくん、元気かなあ(藁

75 :66-67:04/04/14 01:26 ID:nWG2Pzga
>>68-72 の皆さん

今、自分の文章を読み返してみました。
確かに情景描写が多い割に、どんな状況なのかよくわかりませんね
一つの文章が長すぎるってのもあるかもしれません。
もうちょっといらない文章を削って、読みやすい文章になるよう推敲してみたいと思います

レスありがとうございました

76 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/14 21:19 ID:p78qFCtC
>>73
>>74さんとだいたい同じ意見で幼馴染間のどうしようもなく変わっていく心理、
特に、椅子を蹴り返す、のあたりすごく感情移入できました。
情景描写をもう少し入れてみたり、視点を変えたりすると
もっと深みが出て面白くなると思います。

ムッとする、という表現一つでも主人公の心中の場面ではまだしも
情景として使うなら、「顔を顰めて」や「眉を寄せて」など色々あると思います。
それから、正しい漢字があるところをカタカナに変えて表記するのも少し気になりました。
確かに「小説」とは少し言い難いかもしれません。

すごく繊細な気持ちを引き出して文章にするのがお上手なのに
もったいないなぁと思いました。

77 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/14 22:01 ID:QgKomCpD
>73
前の皆様の意見と変わりますが、私はこの文体のままが好きかも知れない。

78 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/14 23:15 ID:k7VSdxHe
>>77
76ですが、意見が分かれるところかもしれない、とは私も思います。

79 :73:04/04/15 00:01 ID:r7dc2mjk
拙作にいろいろな意見を頂きありがとうございました。
自分の文章を客観的に読むきっかけになりました。
小説らしい表現、ということを今後の課題に励みたいと思います。

80 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/16 06:11 ID:hQGzdNui
」の前には。はつけないとか、…は……にするなど、あればとてもよかったと思います。
庭球王子は知りませんがおもしろかったです。
これからもがんばってください。

81 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/16 20:41 ID:5A+T/K/s
豚切りですが、うpローダを用意した方がいいんじゃないかと思うんですが、どうでしょうか?

82 :1:04/04/17 00:27 ID:N5jsp1Ti
>>1です。
アプロダ用意した方が良いのかも知れませんが、
何せ、投稿者はHP-URLを出すものとばかり思っていたもんで。

しかし、「用意しろ」と言われても、なんとも・・・

催促する貴方、用意してくれますか?(笑

83 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/17 01:58 ID:ZDIJ21Wy
今更1がでてきたのにビクーリ
だれも1にウプロダ用意しれとは言ってないと思うんだがw

84 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/17 11:07 ID:3N/i/FRk
ウプロダ要らないんじゃね?
それよりもこのスレに必要なのは、勇者だと思うよ。

85 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/17 17:49 ID:tFKabmDk
>>58
オリジナル? なぜ姉にしたのかちょと分からなかった。
「姉飼い」って本に触発されたような内容だね。


86 :58:04/04/17 20:13 ID:FKkqYh8Q
>>62
そういう視点もありですね。そういうことを「わたし」に考えさせれば、
その場以外の別の描写も可能になります
レスを返すタイミングを見失ってました。応援ありがとう

>>85
いや、>>85さんのレスを読んで始めて「姉飼い」を知りました
かいたのは3年ほど前で、影響を受けたのは小林泰三の玩具修理者と人獣細工です
肉体損壊の描写に衝撃を受けて、書いたものです。
姉の描写は「わたし」が赤の他人と時を過ごしているのでは?と自問自答する描写が必要だったので書きました
ただ姉と書いたのは、伏線としては露骨過ぎたかもしれません

87 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/18 15:05 ID:v7xZuuXU
勇者と言う名の、猛者きぼん

88 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/18 17:27 ID:tgYpq5YF
晒してみます。自分の日記に上げた短編。
非常に馬鹿馬鹿しいです。メッタ切り御願いします。

89 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/18 17:28 ID:tgYpq5YF
朝起きると、股座からちんぽが生えていた。

それに気がついたのは便所の中である。
朝起きた時には、なにやら股間がごわごわもそもそするなあ、とそのくらいの感触しかなかった。
なるほど、今なら良く解る。此れぐらいの大きさしかないのであれば、感触などように感じるものでもないだろう。
しかし、異様な光景に私は下半身を丸出しにして口を開けた。
女性であった時にはあれほど奇妙でグロテクスだった一物が、今自分の股間から生えているのを見ると途端にそれが愛しくなる。
可愛らしく萎え、剥けた亀頭が私に向かって挨拶をする。

先ずやはり、如何しよう、と思った。
今までは座ってしおらしく小さい方を行っていたのだが、これからは男らしく立ってせねばなるまい。
ならば外出先で催したときに、私が入るべきは男子トイレだ。
髪の長く、胸のある人間が男子トイレに入ってゆく様を想像して私はほとほと頭を抱えた。
しかし、可愛らしい我が愚息は確かにそこにある。
ああ、我が息子よ、などて今更私の体に降臨したのか。
小さく息をついて、柔らかい肉の塊を指先でつついた時だった。


90 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/18 17:29 ID:tgYpq5YF
「!」

私は驚いた。なんだろう、この甘美な刺激は。
私の指が剥き出しの亀頭をなでると同時に、腹の底には奇妙な熱がたまってゆき、同時に薄っすらと頬が赤らんだ。
なおも私は、興味と好奇心をいい訳にして、その肉塊を弄繰り回す。
すると、腰もなく萎えきっていた我が愚息は水を得たように俄かにふんばり始めた。
余りの変化に、私は驚きを隠せない。

「・・・・・・・。」

みようみまね、で私は皮の辺りを引っ張った。ぴり、と亀頭に刺激がはしり、また一段と硬さを増した。
上向きになった鈴口を覗きこんで、尿道口から這い出た透明な液を塗り伸ばした。

「・・・・・・・・・!!!」

なんだ、これは。私は声も出せず、ただ体を捻り快感に耐えた。
面白いほどの気持ちよさが、てかてかと光りだした亀頭から伝わってくる。
女であった時分には考えられなかった快感だ。
それと同時に、頭の中には「セックスをしてみたい」という哀れな夢が持ち上がった。
女の肉体では敵わぬことである。自分の息子がどれだけの働きをするのか見て見たい、その好奇心もあった。
上を見れば限りがなく、ああ、優●としてみたい、いや、小池●子としてみたい。
いやいやここまでくるのならやはり、朝娘。だろう。だれでもいい。私のこの奇跡をしゃぶってくれ。
垂れ流す欲望に見切りをつけて、私はふと自分の周りの女性を思った。



91 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/18 17:30 ID:tgYpq5YF
街にでてナンパでもすれば誰やらついてくるのではないか、そう欲に狂った頭は考えたのだが、流石にまだ冷静ではあったようだ。
しかし、この体型ではいけない。それにこの風貌でもだ。直ぐに100当番されて、しまいにはNASAに売り払われてしまうだろう。
だからと言って友人に電話を掛け「チンポ生えたからセックスさせて」とも言いがたい。
これからの人間関係に多大な打撃を及ぼすことになる。

私は諦めのため息をつき、下着を上げた。もこもことした下半身は今だ納まりが悪いが、それも直ぐに解決するだろう。

私はトイレをでて、すぐさまパソコンを起動させた。
自分の股間で暴れる、お茶目な愚息を成敗するために、
電脳の波に溺れてゆくのであった。


92 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/18 17:31 ID:tgYpq5YF
やべ、貼った後で気が付いた・・・・。微妙に18禁?
この程度は大丈夫ですか??伏字使った方が良かったですか?
行き届かない人間ですみません・・・・・。

93 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/18 18:06 ID:WOvdWZ75
>>88
禿藁!!
面白かったよーー。

>上を見れば限りがなく、ああ、優●としてみたい、いや、小池●子としてみたい。
>だからと言って友人に電話を掛け「チンポ生えたからセックスさせて」とも言いがたい。

↑ とくにこのへんがイイ!

しいて言えば、もっと砕けたバカっぽい文体にしたほうが良かったかも。
「亀頭」より「きのこの山」とかww
でも硬い文章だからこそ、真面目ギャグでオモロイのかも知れないなー。
あー笑った笑った。アリガトン。

94 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/18 18:59 ID:B3h5GFEr
>>88
88ちゃんと文章書いたら上手いんじゃないのか?w
いや、むしろこのままでい続けて欲しいw

95 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/18 19:22 ID:LnDpQgdx
>88
はげわら。面白い!
文で笑ったの初めてだ。
自分もこんな文才がホスィ。

96 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/18 21:19 ID:mhAqjlAT
カフカの「変身」を、ちょっと連想させる文体ですね。
狙ったのでしょうか?いずれにしても笑いました。GJ

97 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/18 23:52 ID:z918V7Qd
いきなりちんぽかよ・・・・・・退いたわ

98 :88:04/04/19 00:20 ID:KrwqimZm
>>97
先ず初めに。すみません。貼った後で気が付きました。やっぱ伏字使った方が良かったですね。
引いちゃうかなぁ、とは思いつつ、勢いで貼り付けちゃいました。もうちょっと気を使えばよかったと後悔しています。

>>93-96
有難う御座います。笑える文章目指していたのでウケて下さるのは本当にありがたい。
まぁ、下にしか走れなかったのは少々痛いところではありますが。

まぁ、それとこりゃ同人板でいいのやら悪いのやら、なんてのも考えてしまって
もうちょっと考えるべきだったナァ、と。自身の軽薄さが伺えてしまってお恥ずかしい限りです。
半年ROMります。感想下さった皆さん、本当に有難う御座いました。



99 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/19 00:32 ID:WWe6SQUq
>88
なんとなく昔の筒井康隆を思い出しました。
筒井康隆ほどテンポ良くないけど。
文章は比較的読みやすいと思う。
でも言い回しとか、狙いすぎて滑ってるところがある。

あと、女性に生えてどうしようって話が、
だんだん男性の始めてのオナニーみたいになってきて、
ギャグからただのエロに収束してしまったように感じる。

100 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/19 10:05 ID:JPUBVvv1
>88
真面目な文体でトンデモな事象を語っているのが面白かったです。
松浦理英子の「親指Pの修行時代」を思い出しました。
あとは>99さんの後半に同意。

101 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/19 15:43 ID:2MmbqWtk
>100
懐かしいな親指P(w

>88
ネタも面白いし、文章も上手いと思う。
ただ文体が男性っぽく感じられたのと、最初の「ちんぽ」って言葉、
>99にあるみたいにだんだんテーマがずれて行ったこと等で、
途中で「あれ、これ女の人に生えたんだったよな?」と読み直してしまった。

文体はこれで味になっているとも思うので、あえて女性っぽくしてないのなら
的はずれの批評で申し訳ないです。

102 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/19 16:41 ID:BotAXAAK
新しい勇者カモン。

103 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/19 18:27 ID:u5/GWuEw
ここに晒せる人って、マジ勇者だよね・・・。
チキンな私にはとても出来ないさ。今までの勇者たちに敬礼。

104 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/20 01:08 ID:TdlVQgCx
勇気を出して晒そうと思っていたら、
先にヘタレ字書きスレに晒されましたが何か?

105 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/20 01:37 ID:6msbCBsz
サラマンドのひと?

106 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/20 02:07 ID:TdlVQgCx
その人はもうどっか別のスレに晒してるんじゃなかったっけ?
でもちょっとだけ、ここの住人の反応を見てみたい気もするw

107 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/20 02:10 ID:TdlVQgCx
おっと、104=106です。
久し振りにヘタレスレ見たら晒されてた哀れなヘタレです。

108 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/20 13:41 ID:FDziRwUz
>>107
まあ、あそこは7割は同ジャンルの人間による私怨晒し&叩きだから気にすんな。
女性セブン(←廃刊だったらスマソ)みたいなもんだ。

109 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/20 16:05 ID:0TdGNV8h
ほんとちょっとカウンタが勢いづくと
ヘタレ字書きスレを確認しにいってしまう自分が情けないよorz

110 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/20 17:04 ID:FDziRwUz
>>109
晒すほうの人格になるより良いだろ。
それよりここ憩いスレじゃないんだから、勇者キボーン。

111 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/20 17:27 ID:Q85AaHBx
私怨が大半とは言え、正直>50とか>105みたいに言うヤツがいるのは嫌だな。
過去ヘタレ字書きスレで晒されたからってなんなんだよ!と思う。
それとも、ヘタレに晒されるようなヤツはお断りなんですか?
見なかった事にしてやればいいのに。

112 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/20 17:47 ID:jUGQFvcI
まあまあ

113 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/20 20:50 ID:XZo7IOt7
ヘタレだろうがなんだろうが字書きには違いない。
勇者はどこだ。

114 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/20 23:19 ID:QQmQt3WQ
 僕たちは2201年の夢をみない。
 僕の小さなころ持っていた、今はどこへ行ったか知らない百科事典には、過去の人々が夢見た21世紀が描かれた絵が載っていた。それは現代の僕たちから見れば滑稽で奇妙な代物なのかもしれないが、それにしたって心そそられるものであることに変わりはない。
むしろいっそ、それは現代の僕たちのほうこそ惹かれるものではないだろうか?もう今は見たいと思っても見られないそれを、僕は時々思い返す。それからSF。ありえない『未来』
 現在の僕たちが空想する未来はあれほど色鮮やかにはなりえないだろう。僕なんかが想像できる範囲なんて知れたものだが、それをこえる事が起きるような気がしない。何が起こっても僕たちは言うような気がする。
「ああ、なるほど」
 そしてこの僕の今一番欲しいものといえば、世界を終わらせるスイッチだ。
 別にそれを使って地球を破滅させたいというわけではない。ただ持っていていつでも終わらせられると思っていたいのだ。
 かなり終わってる。
 予定調和に抗う気をなくした僕の望むのはそんなくだらない夢想だけだ。この色あせた小さな部屋も海も大地も、等しく何もかも吹き飛ばすスイッチ。それを手に入れたら、僕はうまく呼吸ができる気がする。


115 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/20 23:20 ID:QQmQt3WQ
 ずっと閉じたままのカーテンのこちら側で、僕はふと顔を上げた。つけっぱなしのテレビの電源を切る。ぼんやりしていて内容がわからなくなっていた。別に見たかったわけでもない。
 意味もなく溜息をつきながら椅子に腰掛け、パソコンを立ち上げる。やることのない僕の恰好の暇つぶしだ。だらだらとほとんど一日中ネットにつないでいることが多い。たくさんの、たくさんのサイトがあるが、僕には別に特別好きなところはなかった。
だからのちに僕が彼女を見つけたのもほんの気まぐれがもたらした、偶然の産物だ。
 暇にあかせて僕はリンクを出鱈目に辿っていた。あえて言えば「心の病気」系のサイトを中心に。僕は登校拒否児のなれの果ての引きこもりなわけだが、あんまりご同類のサイトは見ない。別に見ても感想が起きないからだ。
 僕が見たがるものといえば、電波にしか見えないイタイところだ。本人が真剣そうであればあるほどいい。気合を入れて目に痛いレイアウトで作ってあると、なんだか心が和むような気さえする。ただしあまり立て続けに見ると飽きてくるのだが。
 

116 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/20 23:21 ID:QQmQt3WQ
 階段を上る音がして、僕は時計を見た。もうこんな時間か。
「ご飯よ」
 何かをはばかるような母親の声がする。隣接する家が近いからそうなるんだろう。住宅地なんて何処でも一緒だ。
「うん」
 僕は電源を落とすことにした。
「父さんは」
 階段を下りて、母の後姿に僕は分かりきったことを問い掛ける。
「まだよ」
「ふぅん」
 じゃあ俺は今日もあなたと面つき合わせて二人っきりで飯を食わなきゃならないわけだね。僕は無表情に椅子に座る。
 別に彼女を憎んでいるわけじゃない。ただ愛するにつけ憎むにつけ、僕には母親くらいしかいないのだ。僕のこの狭い世界に存在するのはこの人くらいのものだから。
「いただきます」
「はい」
 感謝の心のこもらない僕の空々しい言葉が、料理に複雑怪奇な作用を施して全ての味を台無しにする。食べる前から僕はもうおなかいっぱいだ。
 ずっと、ここ何年か切れるのを見たことがないような気がするテレビがついて、騒がしく音を立てている。
 僕の狎れきった母の顔。この椅子。壁。青い塗りのついた黒い箸。テレビ。壁に張ってあるカレンダーだけが変わるが、そんな些細な変化は僕に何の感動ももたらさない。
月日のたつのが遅いのか速いのかも、僕には分からない。ただ僕の死までは、まだ随分と間がありそうだ…。

117 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/20 23:24 ID:QQmQt3WQ
長すぎ表示をかわそうと四苦八苦してたら、説明が後になった。
昔書きかけてやめたオリジナルを晒し。

118 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/21 01:36 ID:Z3570kcQ
>>117
遅いよ(ワラ

>>ALL
さて、ここでそろそろ、勇者を整理してみないか?

119 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/21 01:43 ID:mLzB7t6g
>>117
非常に読みにくかったヨ!
メンヘル日記ですか?

読む気を失くす文章&文体でいらっしゃる。
でも「本物の鬱」の匂いがするなー。
私は鬱病のケが微塵もないから共感できないのかも知れない。

120 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/21 01:46 ID:Z3570kcQ
勇者は
>>7
>>9
>>25
>>39
>>58
>>66
>>73
>>89
>>114 さん達

特に、この中で、HPあげてるのは、
>>7 >>39 >>73さん
ぞれぞれ、更新しているもよう。
個人的には、>>39 >>73さんの文章は好き。

121 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/21 01:49 ID:Z3570kcQ
言い忘れてた

>>117
 まあ、嫌いじゃないね。(六割しか分からんかった)
 >>119の言う通り、共感できなきゃ分からんわな。

122 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/21 01:53 ID:Qz/Fj2Cn
>>117
 なんでもない日常を描いてるのはわかるけど、それだけなんだね。
ここから何か起きるのかなー。ちょっと読みたいと思った。

>>119
 鬱って言葉を使いたいだけなんじゃないかと小一時間(ry

123 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/21 02:28 ID:Ce9UVioq
>117
テーマが多くの人に受け入れられるというものじゃないけど、
私はかなり文体とか、気に入りました。(上っぽい言い方でゴメソ)
読んでて心地良い感じがして好きです。読んでいたい文章。
文章自体は言葉が足りない部分や、順番のせいでわかりにくいと思う所が多い気がしました。
もすこし言葉を整理されるといいと思います。

124 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/21 02:48 ID:Ce9UVioq
連投でスマソ。
>117
114部分では前後の関係なく取り留めない印象を受けました。
前章的に位置づけたり散漫な印象を持たせるのならこんな感じもオッケーですが。
115部分は周囲の描写が足りなくてどういう場所なのかつかみにくいです。
あと、彼女、についてを最後に持ってきたほうが、より印象的になったかと思います。

言葉の選び方とか個人的に妙に好きになってしまいました。がんばってくだしい。

125 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/21 03:15 ID:qe9U/C55
117です。感想ありがとうございました。
実はオリジナルを人に読ませたのは初めてで非常にドキドキした。
メンヘルっぽいというのと、読みにくいというのに驚いた。
二次だと読みやすいとよく言われたので。
原作設定に負うところが大きいんだなと実感しました。
勉強になりました。少しレスさせてもらいます。
>>122
ここからネット経由の恋物語になって主人公がヒッキー脱出するんだったけど、
話が頭の中で完結して満足して止めますた。つまらない話だと思って。
>>124
今読み返すと、冒頭とかは自分で読んでも分かりません。
掴みのつもりだったんだろうけど、何が言いたかったのか。
言われるとおり、散漫だと思います。
精進いたします。

126 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/21 10:44 ID:qcYNA+v5
ナマモノでもオケーならサイト晒すんだけどなー。


127 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/21 11:20 ID:2TwZRBU5
>126にはオケーでも他の人に迷惑かかりそうですが

128 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/21 15:24 ID:qa5FB+UG
固有名詞を伏せたらどうか。

129 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/21 17:39 ID:v3aE2j1V
>117
文章や言葉の並べ方は私も好みで、読みやすいと思いました。
言葉と小道具で空気を作るのが上手な女性的な文で、
ジャンルではファンの人もいる書き手さんじゃないかと思う。
でも、おっしゃるとおりこれはおもしろくない話。
ストーリーは「だから?」で終わりそうな予感がするし、
主人公のキャラが内面、主観描写過剰で輪郭が見えない。
だからメンヘルぽくなるんだと思う。

二次だと読む側にあらかじめキャラへの思い入れや
リスペクトがあるから、そのキャラがしゃべってる、
内面を見せてくれるというだけで、楽しく読んでもらえるけど
同じノリでオリジナルのキャラを動かさないほうがいいと思う。

130 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/21 21:28 ID:Q41kTl2V
逝かせてもらいます。

・二次創作(東鳩)
・捏造男女CP
・ラブラブ
http://www.geocities.jp/seseseri/

よろしくお願いします。

131 :130:04/04/21 21:56 ID:Q41kTl2V
すみません間違いました。
http://www.geocities.jp/seseseri/sss/serio.html
こちらで直に飛びます。

132 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/21 22:48 ID:mLzB7t6g
>>130
とても読みやすい文章でした。
切なさ加減も、個人的に好みです。

もどかしさや、ロボットとの恋に踏み出せない心が良く描かれていたと思う。。。
が、原作キャラを知らない私には、キャラに全く愛着が無いから
「浩之」が「セリオ」を、どうしてそこまで好きなのかが理解出来ない。
恋愛初期〜恋愛中期に全く触れずに、「別れ」だけ書かれても
ジャンル外の人には分からないんじゃないだろうか。

読みやすくて好きな文章だけど、感情移入は出来ないかな。

133 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/22 04:35 ID:LFxWLnnb
>>130
シーンが未来へ移行する場面が少し唐突すぎた気がする。
もう少し具体的に、かつ自然に描写していればすっと読ませられると。
全体的になんとなく、思ったのは、まだ二次創作の域を出ていない感じ。
別れのシーンの描写は良かった。

でも上に同じくジャンル外の人からするとわからない部分が多かったと思う。
有名ゲームではあるけどやったことのない人にはまるで「?」な内容だし…。
晒す文章選択を誤ったかも。

さてここからは私の好みの話だけど、
あなたの文章切なくて好きです。
キャラの好き具合が伺えるような感じで…。愛を感じましたw
ガンガレ(・∀・)

134 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/22 09:08 ID:D3aoJhYV
>130
文章はさらっとして読みやすく、口語文がジャンルにも合っていると思います。
自分はこの原作を好きなので、主人公やセリオの葛藤もなんとなく理解できて
切なさが伝わってきました。

以下は自分の主観なのですが、あっさりしているのが味だと感じつつも
もう少しキャラの描写があってもよかったのではと思います。
相手キャラの行動や表情を描きつつ、そうなる理由を説明出来れば
キャラを知らない人にも彼女の設定が少しは理解出来るのではないでしょうか。

それから、別れの場面はよかったのですが、上の方同様再会が少々唐突でした。
別れと再会と、どちらにテーマを絞っているのかわかりませんが
別れがメインなら再会の部分をすっぱり省略するとか
再会の場面を書きたいなら、もっとそれまでの過程で引っ張って
実際の再会をもったいぶってもいいと思います。

最後になりましたが、文体も好みだしとても読みやすく、他の作品も
読んでみたいと思わせてくれる文章でした。
特に「あの別れの〜」から始まる再会のための努力の下り、
短い文章の繰り返しが効果的で印象に残っています。

135 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/22 19:36 ID:SgpG1aoI
大昔、同人板で自分の小説を晒しまくったことがありました。
「終わるコミケット」って連作。
加筆したものを冬コミで売りましたが、結構ご存知なかたが多くて、
あっというまに用意した部数ははけてしまいました。

案外同人板見ている人は多いんだなーと実感させられた出来事でした。

136 :1:04/04/22 21:36 ID:60cGJH0V
 その子供は、少女のようにも少年のようにも見える、どこか不思議な雰囲気を持っていた。
 ただ街中を歩いているだけだというのに、何故か目を奪われた。
 だが、それだけだった。
 少しばかり他人よりも目を引く人間など、街中を歩いていれば五万といる。
 子供も、そんな中の一人でしかなかった。
 ただ、それだけで終わるはずだった。
 だが。

 ふと子供が顔を上げたのに、彼は一つ瞬きをした。
 じっと眺めていたのがバレたのだろうか?
 子供は、何度か周囲を見回すような仕草を経ると、やがて真っ直ぐと彼に視線を向けた。
 その顔は、やはり男なのか女なのか判断に困るようなものだった。
 視線が絡むと、子供は驚いたように目を丸くさせた。
 その目が、唇が、うっすらと笑みを刷いていく様に……今度は彼の方が目を瞠った。
 いっそ無邪気にも見えるのに、どこかぞっとするような……兎に角、薄ら寒くなってしまうような奇妙な笑みを子供が見せたのだ。

                 *****


137 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/22 21:40 ID:60cGJH0V
 一体どうしてこんなことになっているのだろうか?
 十メートル先は既に闇に呑まれている。
 そんな、いっそ不自然なほどの静寂に包まれた夜を、彼は無我夢中になって駆けていた。
 目の前で人が死んだのだ。
 まるで豆腐か何かのように、いとも容易く頭蓋を砕かれて。
 一瞬どころか、幾ら時間をかけて考えたところで、彼に状況を把握することは出来なかった。
 ただ、人が死んだのだと。
 そして、目の前で人を殺めたのが、いつだったかに見かけたあの子供だったのだと。
 そしてどうやら、次は己の番のようだと。
 脳が理解することはただそれだけだった。
 だが、反して言えば、それだけが分かっていれば十分でもあった。
 何が起こっているのかは分からない。
 それでも、うかうかとしていては今度は己がやられる。
 それが嫌ならば、逃げなければならない。
 思考が行き着くよりも先に踵を返した彼を、子供はどこか悠々とした足取りで追ってきていた。
 別段慌てているようには見えないのに、全力で走っている彼との距離はいつまで経っても開かなかった。

 忌々しげに舌を打ちながらも、彼は足を止めなかった。
 一度止めてしまったら、総てが終わってしまうと分かっていたのだ。
 足を止めたら、あの子供に捕まってしまったら、その瞬間に総てが終わる。
 きっと殺されるのだろう。
 先刻の人間のように、いとも容易く頭蓋を砕かれて。
 そう思うと、自然と足は前に前に進んだ。
 既に下半身どころか、肩にまで痺れるような感覚があったが……それでも立ち止まるわけにはいかなかった。
 足を止めたら、殺される。
 理由は分からないが、それだけは分かる。
 目には見えない恐怖に突き動かされるようにして、彼は必死になって子供から逃げた。


138 :3:04/04/22 21:41 ID:60cGJH0V

 いつまで続くのか分からないような子供との追いかけっこは、だが思いもよらぬほど唐突に終わりを告げた。
 人っ子一人見えぬ高層ビル街の隙間から、一筋の光が差し込んできた。
 その瞬間に、背後に迫る恐怖の気配が音もなく消えた。
 初めは何が起こったのか分からなかった。
 ただ、背中が軽くなったと感じただけだった。
 子供が姿を消したことに彼が気付いたのは、それから暫く経ってからのことだった。
 恐る恐る背後を振り向いたその向こうには、既に子供の姿はどこにもなかった。
 その代わりのように、気だるげに歩く人影がぽつりぽつりと視界に映った。
 それまではどれだけ見回しても人影など見えなかったのに。
 まるで、世界には己とあの子供、ただ二人だけになってしまったかのように閑散としたものだったのに。



139 :4:04/04/22 21:41 ID:60cGJH0V
 子供の姿がどこにも見えなくなったと分かると、彼は漸く足を止めた。
 その瞬間に、腰が砕けてしまったように彼はその場に座り込んだ。
 一体何だったのだろうか?
 悪い夢でも見ていたのだろうか?
 そうだ、夢だ。
 幾らなんでも、子供にあんな真似が出来るわけがない。
 人間の頭を砕くなど、大の大人でも出来はしないだろう。
 ならばこれは、やはり夢なのだ。
 夢ならば早く醒めれば良い。
 目を覚まして、いつもと何ら変わりのない日常を送りたい。
 そう願うと、彼はふらりと立ち上がり自宅に戻った。
 服を着替える気力もなくベッドに潜り込むと、すぐに意識が闇に沈んだ。
 おかしな夢はこれで終わりだ。
 次に目覚めた時には、日常が戻って来ているのだ。
 そう信じて疑うことなく、彼は沈みゆく意識に抵抗することなく両目を閉じた。
 だが。
 この奇妙な出来事が夢ではなかったと思い知らされるのは、それから僅か数時間後のことだった。
 夜が訪れたと同時に、また子供が姿を現したのだ。

                 *****


140 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/23 01:42 ID:5xvLDzvy
おい、>>136-137
名前欄に.打つんじゃないYO!

141 :130:04/04/23 18:40 ID:DXSYXbQz
>132-134
ありがとうございました。

完全捏造CPなので(ゲーム中攻略不可)最後の別れだけを書いたものでしたが、
私の最大の欠点の1つ「描写が少ない」
と言うのが早々に浮き彫りになってしまったようですね。
特に一人称と言う事もあり、
心理描写に夢中になりすぎて、情景描写をスカッと抜かしていました。
我ながら、「君ら今どこで何してますか?」と問いかけたい気持ちになります。

>ジャンル外の人からするとわからない
二次を選んだ時点で、それは当然なのでしょうが、
上にも書いたように、さすがにわからなすぎだろう、と思いました。
晒す文章を誤ったと言う意見も尤もだと思います。

>134
メインは「再会」だったのですが、別れを書いて満足しきってしまい
肝心の再会がとってつけたようになってしまったようです。
なので唐突な印象を与えてしまったのではないかと思います。
メインのはずなのに、「なくてもいいシーン」になってしまっているのに
そのまま「再会」をメインにしたままだったのは失敗だったと思います。
「別れ」をメインにするか、それかもっと必然的な「再会」をさせるようにするか、
どちらかにすれば良かったと思います。


文章自体には好意的な意見が多かったので、
このまま如何に効果的にさりげなくわかりやすい描写を入れるか
と言う事を考えようと思います。
あと、今回は二次創作と言う大きな後ろ盾がある状態でしたので、
オリジナルではどうなのか、というのも聞いてみたいと思いました。

142 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/23 20:51 ID:AwCoRDwZ
>>136-139
全体的に視点の切り替えが多すぎてついていけません。
あまりに抽象的すぎる文が多いと思います。
今彼はどこをどのようにして走っているとか、焦っている様子を「転びそうになった」など
情景描写として入れていくとリアルさが増すと思います。

逆にそういう描写がほとんどまったくない状態で文を書かれているので、
世界に入っていけず正直すごく読みづらかったです。
気持ちだけで文章が先走ってる印象を受けました。
もう少し落ち着いて書くといい文章になるのでは?

143 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/24 17:44 ID:hxc5e9aY
>>135=>>136-139だろ?
こんなん買う奴いたのか?

144 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/25 02:17 ID:/R0r2IFR
規制されてたので遅レスですが
>130
おもしろかったです。
文章、構成にはぎこちないところもあるけれど、
(「来栖川芹香に何度も衝突し」は「芹香と何度も衝突し」
じゃないかな?とか)
原作を知らない自分にも、作者の、セリオというキャラと
主人公と彼女の関係に対する思い入れが
素直に伝わってきました。
上で「二次創作の域を出ていない」という意見もあったけど
自分は、その域を出ない謙虚さも含めて、
二次創作として良い出来だと思います。

ところでソース見ても「晒し中」とかなかったけど、
これ130さん本人のものと見ていいんだよね?

>136-139
申し訳ないけどこれは厳しいです。
子供のルックスがとても大事なツカミになるはずなのに
「少年のようにも少女のようにも見える」
「少しばかり他人よりも目を引く」と、語り手の印象だけしか
語られないため、読み手は直接、子供の姿を
イメージできません。
その他の点は142さんに同意。

145 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/25 04:14 ID:3Xya8ilk
>>144
前は評価中って書いてあったよ

146 :145:04/04/25 04:27 ID:3Xya8ilk
ごめん、今見たらちゃんと『晒し中』ってまだ表示されてる

ていうかアドレス削ったら晒し専用ページをわざわざ作って
あの小説置いてることに気がついた。
130なんか可愛いな…( ´∀`)σ)Д`)

147 :136〜139…?:04/04/25 16:37 ID:elOUU8iK
すみません、136〜139、自分の書いたものなんですが…こちらに晒した記憶が
ありません……_| ̄|○

サイトのお客さんに「晒しましたか?」というメールを頂き、初めてこちらを知った
次第であります……
136〜139は、自分が見た夢を分かりやすく(?)書くためにSS風にして日記に上
げたってだけの文章だったもので……真面目に評価してくださった方には非常に
申し訳ないです。
折角なので熟読し、今後の自分の作品に反映してけるようにしたいと思います。
本当に、お目汚し失礼しました_| ̄|○ ダレカニ ウラマレテンノカスィラ・・・

148 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/25 23:12 ID:NM2HeFHL
逝かせていただきます。

・二次創作(タイーホ)
・ドリーム系……?
・ハードボイルド風が目標

よろしくお願い致します。


149 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/25 23:17 ID:NM2HeFHL
「広沢 詠二巡査、墨東警察署地域課勤務を命ずる」

 特に志望というわけではなかったが、ただなんとなく警察官採用試験を受験し、合格。
中野の警察学校で一年のお勉強の後、巡査を拝命し、墨東署勤務となって早半年が過ぎた。
配属先は綿糸町駅前交番。墨東署の中でも結構扱い件数の多い場所である。
名前の通りJR綿糸町駅前に位置していることもあって、昼は道案内や遺失物の書類書き、
夜は酔っ払いの喧嘩やタクシーのトラブルなど多種多様。
経験値を上げるという意味では最適かもしれないが、
「ちょっと……ハードだよなぁ」
 そんなことを考えるようになっていた。
 自分の警察官としての志望……というのは、特にない。
なにせ「なんとなく」で選んだ職業である。警察学校でテレビの刑事ドラマは嘘っぱちだ、
というのはしっかり教わった。多少の憧れがあった「刑事」という響きも、今となっては何の感慨もない。


150 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/25 23:17 ID:NM2HeFHL
 白バイも、バイクの免許を取る気すらなかった自分にとっては憧れを抱く対象ではない。
パトカー乗務の交通課というと、大学時代の同期連中からは総スカンを食らいそうだし、
年中ヘルメット着用じゃあ頭髪だって心配になる。となると……やはり今のままが良いのだろうか?
でも、ずっとこのままというのも……なぁ。青免(緊急自動車運転免許)くらいは取りたいかな?
そうすれば堂々とパトカー運転できるし、夏場は楽だろうなぁ……
 そんな、とりとめもない考えを巡らしながら日常は過ぎていく。
 なんとなく連絡を取り合っている同期の連中は、それなりの目標を見つけている。
湾岸署に行った奴は刑事研修生候補になろうと実績を稼ぐのに勤しんでるし、
葛飾署に行った奴は高速隊に行きたいなんて無茶を言っている。
 でも、目標があるだけ自分よりはましなんだろうか?結局考えはそこに行き着いてしまう。
特に志望して選んだ職業ではないとは言え、疎外感は募る一方だった。
 特に今の職場に不満があるわけではない。班長や先輩も気さくだし、
ハードだとは言え仕事量も寝る間がないほどではない。よその署の連中曰く
「墨東署はレベルが高い」
なんていう話もある……何のレベルかって、「婦警が可愛い」という良くあるネタではあるのだが。


151 :名無しさん@どーでもいいことだが。:04/04/25 23:19 ID:NM2HeFHL
 興味がないといえば嘘になるが、あえて積極的に動くつもりもない。
となればレベル云々というのはあまり意味を持たなくなる。そもそも、この不況の世の中で、
無事就職できてやってけてるだけましなのか?さらに何かを望むというのは贅沢なんだろうか?
 まぁ、急いで結論を出すまでもあるまい。オレは今を生きられれば良いのさ……
「おっ、ちょっとカッコ良いかも、オレ……」
 ……アホくさ。仕事仕事……書類がまだ片付いてないんだった。
これ終わらないと引継ぎできないんだよ……他のみんなが巡回から帰ってくるまでには
仕上げておかないと何言われるか……
 宙を泳いでいたであろう視線を落とせば、まだ半分程度しか進んでいない書類が視界に入る。
 溜息を一つ吐き、ボールペンを手に書類の始末に取り掛かった。

§以上です。宜しくお願いいたします。

73 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)