5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ネルフ対クロマティ高校

1 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/11/24 12:21 ID:aRNKeh7f
戦ったらどっちが勝つかなあ

2 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/11/24 12:25 ID:i2IkjbOJ
メカ沢最強伝説

3 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/11/24 12:26 ID:i2IkjbOJ

こんなスレで2ゲットしちゃったよ

4 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/11/24 14:51 ID:m7AC+eIo
シンジ「大体さ、EVA乗りに将来なんてあったモンじゃないんだから」
トウジ「お前何気に酷い事言っとんなあ…」

5 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/11/25 10:36 ID:sPG4E+3A
そもそもどうやって戦うんだよ

6 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/11/25 23:12 ID:f7sH1Mhs
使徒とメカ沢どっちが強いかって?

7 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/11/26 13:37 ID:T+ZCBG7+
「まいったわね、停電なんて」
「…私達はどうしましょう」
「そうだね…まずこの話は置いといて、別の話に切り替えよう」



「ちょっと待ちなさいよ。この停電が使徒の仕業だったらどうすんのよ?」
「ケイジに行かなきゃ…」
「だってもし本当に使徒の仕業だとしても、そんなのエヴァに乗ってもどうもできないじゃん。
 だから今ここでボクらが急いで何かをしても 意味が無い」
「…すごく度胸あるのね」
「ある意味アンタがネルフに一番合ってるタイプかもね…」

8 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/11/26 13:41 ID:5HLq2QVP
アスカ「やっぱあんたは最高よ!」
シンジ「僕もさ!アスカ!」
アスカ「あんたといると話が弾むわ!」
シンジ「本当だよね!」







9 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/11/26 16:42 ID:dbqmurM0
何気に良スレかも

10 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/11/26 17:27 ID:rI7wM1zU
「乗るなら早くしろ、でなければ帰れ!」
「じゃぁ、帰るよ」
「・・・そうか、まぁいい・・・・”来る物は拒まず、去るものは追わず”が私の信条だ。好きにするがいい」
「司令、ちょっと待ってください!!引き止めないのですか司令・・・・」
「本人がイヤだと言ってる以上仕方あるまい」
「そうですか、見損ないましたよ、司令。表面は冷たいけどもっと情のある人だと思っていたんですが」
「フ・・・何を青臭いことを・・・くだらん」
「待ってください司令、実の息子をこのまま帰すのか・・・司令はそんな男なのですか!?」
              〜ゲンドウ回想中〜
「フッ・・・思い出したよ昔を。お前が川でおぼれそうになって・・・私が必死で助けてやった事があったな」
「父さん、僕たち川でおぼれたどころかちっちゃいころに離れ離れになったんだけど」
「あ・・・・アレは島野だ」
「誰だよ、ソレ・・・・」

11 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/11/26 19:01 ID:T+ZCBG7+
シゲル「パターン青!使徒です!」
シンジ「え…あ、あれは、エヴァじゃないか!」
ゲンドウ「シンジ、あれはエヴァではない。使徒だ。人類の敵だ!」
マヤ「零号機やられました、プラグを強制射出します!」
ゲンドウ「レイがやられた、あとはお前しかいない!」
シンジ「そんな…トウジと戦うなんて、僕…」
マコト「映像きます!」

タブリス「ダメだよバルディエル、こんなところで何やってんだよ!」
ペチ ペチ ペチ ペチ ペチ ペチ ペチ ペチ ペチ ペチ ペチ ペチ ペチ ペチ
ゼルエル「そもそもオマエ、第伍使徒じゃねーだろが!」
ペチ ペチ ペチ ペチ ペチ ペチ ペチ ペチ ペチ ペチ ペチ ペチ ペチ ペチ

シゲル「…なんか、頭ハタかれてましたけど」
ゲンドウ「ダミープラグの準備をしろ」

12 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/11/26 20:21 ID:QIONXpIE
ゼーレ「碇ゲンドウ、冬月コウゾウ、赤木リツコ。この3人がネルフを仕切っているようです」
カヲル「要はそいつらを押さえればよいのだね」
ゼーレ「いや・・・ところがそうではないんですよ。実は我々の情報によると━━この組織は
    ある男を中心に動いてるようでして」
カヲル「なるほど・・・その男を排除すればいいわけだね。誰であろうと僕にとっては等価さ
    そいつは一体どんな奴なんだい?」
ゼーレ「━━こいつです」
シンジ「え 何ですか?」
カヲル「どんな奴かと思えばつまらぬ男だぇ。早々と僕の前にひざまづくがいい!」
シンジ「ちょっと待ってよ・・・いったい何の話なんですか?」
(日向「またワケのわかんないヤツが出て来ちゃったよ・・・」)
カヲル「僕の名は渚カヲル! このネルフも僕が支配する!僕の野望のために!
    手始めにまず君に消えてもらうことにした」
シンジ「何言ってるんだよ! そんな乱暴なことがまかり通るなんてそんなのないよ!」
カヲル「フッ、愚劣な大衆には理解できないか・・・。僕はマルドゥック機関選出のフィフスチルドレンだ。
    君たち全員をお払い箱にもできる━━」
ミサト「ちょっといいかな?」
カヲル「む・・・何だい巨乳?」
ミサト「マルドゥック機関って架空の存在でしょ・・・実態なんかないわよ」
カヲル「え・・・架空・・・?」
ミサト「大体さ、あなた遺伝子があたし達と全然違うじゃないの。パターン青よ。それ」
カヲル「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
カヲル(・・・・・・ホントだ・・・・・・)


13 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/11/26 20:45 ID:n+N1GEdv
シンジ「ねぇ…使徒って…なんだろう?」
アスカ「こんな時に、何言い出すのよ!」

レイ(碇君…今のボケ面白いわ、セカンドのツッコミはまだまだだけど…)

14 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/11/26 20:46 ID:n+N1GEdv
って、そういやアニメの前田母、声が綾波なんだよな

15 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/11/26 20:54 ID:90s7NBKM
>>14
そうだったね。
全然喋らなかったけど。

16 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/11/26 22:05 ID:T+ZCBG7+
「第1種戦闘配置よろし」
「エヴァンゲリオン初号機、起動シーケンス開始」
「冷却水排水」
「停止信号プラグ、排出終了」
「エントリープラグ、挿入」
「プラグ固定終了」
「エントリープラグ、固定完了」
「エントリー、スタートしました」
「LCL電化」
「データ受信作業、パターングリーン」
「第一次接続開始」
「エントリープラグ、注水」
「LCL注水」
「起動開始」
「主電源全回路接続」
「主電源接続」
「主電源接続完了」
「起動用システム作動開始」
「全回路動力伝達」
「了解」
「稼働電圧、臨界点まであと、0・5、0・2、突破」
「稼働電圧、臨界点を突破」

17 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/11/26 22:06 ID:T+ZCBG7+
「起動システム第二段階へ移行」
「パイロット接合に入ります」
「シナプス挿入」
「接合開始」
「パルス送信」
「回線開きます」
「全回路正常」
「パルス及びハーモニクス正常」
「シンクロ、問題なし」
「グラフ正常位置」
「リスト1350までクリア」
「初期コンタクト問題なし」
「初期コンタクト異常なし」
「第二次コンタクトに入ります」
「了解、作業をフェイスツーへ移行」
「A−10神経接続異常なし」
「思考形態は日本語を基礎原則としてフィックス」
「初期コンタクト、全て問題なし」
「双方向回線開きます」
「シンクロ値、41.3%」

18 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/11/26 22:07 ID:T+ZCBG7+
「左右上腕筋まで動力伝達」
「オールナーブリンク問題なし」
「リスト2550までクリア」
「ハーモニクス全て正常値」
「中枢神経素子に異常なし」
「再計算誤差修正無し」
「チェック2590までリストクリア」
「第三次接続開始」
「セルフ心理グラフ、安定しています」
「A−10神経接続開始」
「ハーモニクスレベルプラス20」
「2610までクリア」
「絶対境界線突破します」
「絶対境界線まであと2・5〜0・1…突破」
「ボーダーラインクリア」

「よし…無事にインターネットに繋がったよ」
「おお」



「って、そうじゃねえだろ…」
「ごめん」

19 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/11/27 02:28 ID:byDObHj1
長すぎる

20 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/11/28 16:44 ID:2j7iF5rr
鈴原くんの家でお誕生日会が行われていた―

アスカ「♪ハッピバ〜〜スデ〜〜トゥ〜〜ユ〜〜」
トウジ「…………」
ヒカリ「♪ハッピ〜〜バ〜〜スデ〜〜」 ケンスケ「トゥ〜〜ユ〜〜」
トウジ「…………」
シンジ「♪ハッピ バ〜〜スデ〜〜












  ディア綾波〜〜」
トウジ「だから何でそれを俺んちでやるんや!?」
アスカ「冷たいヤツね……」
トウジ「大体お前ら綾波の誕生日知っとんのか?本人に聞いたんか!?」
アスカ「いや…解からないから私達が勝手に今日にしたの」 
トウジ「な!?」

21 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/11/29 00:16 ID:n1XyiGpQ
>>20
うまいな。あずスレに負けるな。

22 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/11/29 16:15 ID:JtGdizhX
age

23 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/12/01 21:27 ID:3SKuuvc/
配役的には

神山シンジ
林田トウジ
前田ケンスケ
北斗ミサト
子分(デコメガネ)
竹之内アスカ
フレディ=レイ
ゴリカヲル
メカ沢JA

だろうか…

24 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/12/01 22:45 ID:4mGtpEqR
>>23
アスカ=瀬戸内ジャクソン
レイ=山口ノボル
リツコ=ネット番長


25 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/12/01 23:17 ID:THJy+zIh
トウジはやっぱづら被ってるの?

26 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/12/02 18:03 ID:uwr6gpQb
トウジ「実は俺、ヅラなんや」
アスカ「ええ?!」

27 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/12/02 20:35 ID:x7PRfnx8
島田=マヤ

28 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/12/03 01:48 ID:XFbM7rDd
ゲンドウ「シンジ!大変だ!第3新東京市に第3使徒が現れた!」
シンジ「なに!?サキエルとは何度かやったことがあるがシャバイ使徒だぜ。オレ一人で十分だ。」
ミサト「やっぱシンジ君は格が違うわね」
シンジ「急ぐぞお前ら!」
ゲンドウ「ああ!準備万端だ!さ、乗るなら早くしろ!でなければ帰れ!」

シンジ「……歩いていけるんじゃないか?近いし」
ゲンドウ「ネルフ本部が狙われてるんだぞ!一刻を争うんだ!」
シンジ「(まずい…オレにとってEVAはミサトの車に匹敵する苦手な乗り物…特に機内の独特な血のニオイは一撃必殺の破壊力がある。うぷ‥ヤバイ‥EVA見てるだけで気持ち悪くなってきた。)」
ミサト「シンジ君!早く乗って!あなたが乗らなきゃ始まらないわ!」
シンジ「(もしオレがEVAに酔うなんてことがバレた日にゃ築き上げた威厳が崩壊する‥下手すりゃ地元を歩けなくなるかもしれん‥)」
シンジ「ちょっとEVAに乗る前に俺の話を聞いてくれ。お前らが急ぐ気持ちもよくわかる。だが焦って返り討ちにあったら目も当てられん。まずここは綿密な作戦を立てるべきだ!できれば一度司令部へ戻って‥」
リツコ「確かに‥これは私たちをおびき寄せるワナかも‥慎重に作戦を立てるってのはアリかもしれないわね…」
シンジ「だろ!?これは間違いなくワナだ!じゃいったん計画を立てようぜ!」
ゲンドウ「わかった!じゃEVAに乗ってから計画を立てるとしよう!」
シンジ「………」

29 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/12/03 12:09 ID:cQijmSV7
トウジ「今までの使徒との戦いの実績、対戦内容、武勇伝を調べていけばおのずと最強の“ヒト”は誰かわからへんかな…」
シンジ「なるほど…僕はそれでも構わないよ」
レイ「少々つまらないけど、話し合いでカタをつけましょう…」
アスカ「――よし…!! じゃあ早いところ「惣流軍団」の中で最強の“ヒト”は誰なのかハッキリさせちゃいましょう――」









トウジ「……え?惣流軍団?」
レイ「貴女…ドサクサにまぎれて何てコト言ってるの…」
アスカ「え?違うの!?アンタ達惣流軍団じゃないの!?」
シンジ「いや―アスカはある意味リーダーに相応しい… この世界―実力はさておき
     「とにかく言ったヒト勝ち」ってのはアリだと思うんだ!!」
アスカ「いや…私そんなつもりで「惣流軍団」って言ったワケじゃないけど―」

30 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/12/04 21:34 ID:7Tn1S9yG
あの二人、いつ仲良くなったンだ?

31 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/12/05 11:53 ID:TUhqjH0M
>>30
ネタスレですから気にしない

32 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/12/05 21:01 ID:H+rs5Xru
>>31
いや・・、前田とマスクドの事なんスけど。

33 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/12/06 20:16 ID:Mnnd4kId
↑スマソ、林田だった

34 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/12/06 22:07 ID:UTnfYqPJ
クロマティ高校リローデッド

35 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/12/07 18:50 ID:9f1WeTvQ
なんだってー・・・

36 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/12/08 16:12 ID:ZDvOiAbZ
[第一回 ネルフ各支部対抗四号機争奪戦]

「四号機争奪なんだから、当然エヴァーに関した種目よね。リツコがいれば楽勝よ」
「まあね。シッ、始まるわよ」



「第一問…LCLの原材料は牛乳である…○か×か?」



「全然エヴァーに関係無いじゃないー!」
「え、えーっとどうだったかしら…
 もしもし母さん?LCLの原材料って…いやMAGIじゃなくって」
「大変だー!副指令が踏まれて死んでるぞー!!」
「ちょっと、一体何人来てるのよ!?」



「正解は…×です」

  :・∴
○・∵.:・
  ”:・

×・ ←ペンペン

「優勝は日本支部のペンペンさーん!」
「釈然としねえ…」

37 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/12/11 20:19 ID:KQMLkO4U

「違う! これはリリス・・・、」

「結構いるモンなんですね、巨人って。」

38 :1/10:03/12/11 23:05 ID:L8u8B199
前略、TVの前の視聴者様。
このアニメに出てくるやつらは使徒です。だから決して、このアニメの真似はしないで下さい

真似するな!こうなるぞ!
    ↓
最低だ、俺って・・・_| ̄|○

『魁!!世紀エヴァンゲリオン』

  / / ・・・・・・   
 ━━━━━'), )=
      ∧_∧ヽ\                     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     (  ; ) 〉 〉_ _ ____バタム ∧_∧ ∠  ・・・・・
     / ⌒ ̄ / "'''"'|    ||彡   (∀・ )  \___________
      |   | ̄l    |    |彡    /     \
.      │  │| |     |    ||彡    | |   /\ヽ
       |   |  .|     |    |彡   //|   |  | |
      (   |  .|   ロ|ロ   ゙!l彡    |   |   |
       | .lヽ \ |    |    彡    │  / ( )
      | .|  〉 .〉    |    |      │ | |
     / / / / |     |    〈|     │ | |
     / / / / |     |    ||     │ | |
    / /  / / └──┴──┘     ⊂ _)
__________A___________
     ほわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!

僕が泣いているのは とても悔しいからです

39 :2/9 10じゃなかったスマソ:03/12/11 23:06 ID:L8u8B199
人の尊さ優しさ 踏み躙られそうで

  この暗闇も、このハンパな世界も        ..そうよ
  全て僕が望んだというのか!?          閉鎖され、自分一人が心地よい世界を
                                                あなたは望んだ
      ∧_∧    シンジ      ∧_∧
      (, ゚∀゚,∩     ↓     (゚∀゚∩)    自分の弱い心を守るために
      (つ   ノ   ガクプル   ⊂    ;;;)                自分の快楽を守るために
  ∧_∧  ( ノ  (((( ;゚Д゚)))    ヽ∧_∧    これはその結果にすぎないわ
  (;;;;  ´∩ (_)   ノ( へ)ヽ    (;;;    )∩ .閉鎖された空間では、あなた一人の世界では
  ノ;;;;   ノ       <       ⊂;;;;;      ノ            あなたはいきていけないもの
 ○   ノ                  ヽ  ○ )
  )\ ヽ  ∧_∧     ∧_∧  ノ  ノ(⌒)  でもあなたは世界の
  (____(____) (;;;;;;;;;;  )    (   ;;;;;;;)(_____)  ̄         自分の取り巻く世界の閉塞を願った
       ⊂ ;;;;   )     ノ   ;;;;;;つ      
        (  ○ )     (○  (           嫌いなものを排除し
        (  (  (    (⌒)ヽ  )             より孤独な世界を願ったあなた自身の心
        (____)___)     ̄  (____)        それが導き出した小さな安らぎの世界

                                  この形も、終局のひとつ

     あなた自身が導いた、この世界の終わりなのよ


40 :3/9:03/12/11 23:08 ID:L8u8B199
力を示す者達 しなやかさを失って

   /  /  /    /     __/      }  \     |
 /  / /   __/      / }       }   \  |
/ / /__,‐-''´ ̄     /   }        }     \|
/ / ̄ ヽ  //    /  o  /  /____|
/   _  ( /   /   / /   \
______  ̄~ゝ‐-''´ゝ、、/_/        \    負けて
\`ヽ_  ̄o〕 |彡     ̄  _/~~\      \    らんないのよー!
.//\ ``''''''´ |//      /  )   \    /
/// //ヽ   |   / / /V /~ ̄ }  /
./ /// ///}  |_// _//  /~|     } ./ 
./// /// /\ <~....ゝ <_ /  i    <.    
// /// /// /\ \   {_ {   i   <  \
. /// /// /////\ \ <_ {     / /  \
.// /// ////// // \ \ |\‐-''´/      \
/ /// ////// // /// /\ `''-‐/         /
/// ////// // /// /////´´~~ ̄~`'''-- - -  /     /|
./ ////// // /// ////,,‐-''´~~`'''-‐,,,___  /   /   |
.////// // /// ///‐-''´~ ̄ ̄ ̄       /  /      |
///// // /// //       \      //        |
./// // ////     \     \               |          

            ↓
〜・                  
    /⌒ ̄⌒ヽ   ・〜
___∠_     \______ シンクロ率ゼロ・・・
\     \    \     \ セカンド・チルドレンたる資格なし・・・
 ||\.  /⌒(    )⌒ヽ   \
 || .||/ノ ̄∨ ̄∨ ̄||\\ ̄ ̄
   ||し        || .し'


41 :4/9:03/12/11 23:10 ID:L8u8B199
嘘まみれ 泥まみれ じれったい風景でしょう?

    何 故 殺 し た ?

. .: : : : : : : : :: :::: :: :: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
    . . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   . . .... ..: : :: :: ::: :::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        ∧_∧ . . . .: : ・・: ::: : :: ::::::::: :::::::::::::::::::::::::::::
       /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . . .: : : :::::: :::::::::::::::::::
      / :::/☆ヽ、ヽ、 ::i . .:: :.: ::: . :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      / :::/;;: ☆::ヽ ヽ ::l . :. :. .:: : :: :: :::::::: : ::::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄ ̄ ̄

    |                   \
    |  ('A`)           ギシギシ
   / ̄ノ( ヘヘ ̄ ̄        アンアン/

「こんなことしてるのが、ミサトさん・・・」
                        

42 :5/9:03/12/11 23:10 ID:L8u8B199
より強くしたたかに タフな生き方をしましょう まっすぐ歩きましょう 風は向かい風

      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ヾ
   //        U    \ヾ  ガクガク
   /  U               ヽゞ
    l:::::::::     \,, ,,/       .| 
   《|::::::::::  |||(〜)     (〜)   | 「逃げちゃ駄目だ逃げちゃ駄目だ逃げちゃ駄目だ・・・」
   |::::U::::::::::   \___/     |ゞ
    ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ

43 :7/9:03/12/11 23:13 ID:L8u8B199
どけそこをどけ 真実のお通りだ

=========/ ̄ ̄ ̄ ̄\                            
======== (  人____) ハァハァ                __ウワァァァァ!
======== |./  ー◎-◎-)                   /  /\    _______________
======== (6     (_ _) )        ガガガガガガカ 「===回l  /
======== | .∴ ノ  3 ノ         人人 ____ [(゚Д゚ ; □l < ATフィールドは中和してるハズなのにぃ
=========ゝ       ノ        <   □===∩ll≡[⊂_ノ   \_______________
========/       \          ∨∨  ̄ ̄ヽ[ 日=_」
=======(_ノヽ     ノ\_)                /__l/ [  ll
========= (  ⌒ヽ´                    □ l  l □
==========ヽ ヘ  ) ズンズンズン             「=_」   [=¬
==========ノノ `J      

44 :8/9:03/12/11 23:15 ID:L8u8B199
正義の時代が来るさ 希望の歌もあるさ

                                          ,、ァ
                         ,、 '";ィ'
________              /::::::/l:l
─- 、::::;;;;;;;;;`゙゙''‐ 、    __,,,,......,,,,_/:::::::::/: !|
  . : : : : : : `゙'ヽ、:::゙ヾ´::::::::::::::::::::::`゙゙゙'''‐'、. l|
、、 . : : : : : : : : r'":::::::::::::::::::::::::,r':ぃ::::ヽ::::::::ヽ!                 ,、- 、
.ヽ:゙ヽ; : : : : : :ノ:::::::::::::::::::::;;、-、、゙:::     rー-:'、                /   }¬、
. \::゙、: : : :./::::::::::::::;、-''"::::::::::   ,...,:::,::., :::':、            _,,/,,  ,、.,/   }
   ヽ:ヽ、 /:::::::::::::::::::::::::     _  `゙''‐''"  __,,',,,,___       /~   ヾ::::ツ,、-/
     `ヽ、:::::::::;;;、、--‐‐'''''',,iニ-    _|  、-l、,},,   ̄""'''¬-, '  ''‐-、 .,ノ'゙,i';;;;ツ
   _,,,、-‐l'''"´:::::::'  ,、-'" ,.X,_,,、-v'"''゙''yr-ヽ / ゙゙'ヽ、,    ,.'      j゙,,, ´ 7
,、-''"    .l:::::::::::;、-''"  ,.-'  ゙、""ヾ'r-;;:l  冫、     ヽ、 /    __,,.ノ:::::ヽ. /
       l;、-'゙:   ,/      ゞ=‐'"~゙゙') ./. \    /  '''"/::::;:::;r-''‐ヽ
     ,、‐゙ ヽ:::::..,.r'゙         ,,. ,r/ ./    ヽ.   ,'     '、ノ''"   ノよい、全てはこれでよい…
   ,、‐'゙     ン;"::::::.       "´ '゙ ´ /      ゙、 ,'            /
  '     //:::::::::            {.        V           /
        / ./:::::::::::::            ',       /         /
.    /  /:::::::::::::::::.            ',.      /   ,.、     /
       /:::::::::::::::::::::.                 ',      ,'  ,:':::/    .,'

45 :9/9:03/12/11 23:16 ID:L8u8B199
僕の命この世に ささげてしまっていいさ

_            /´      ̄`ヽ,
          /::::::::::::`´::::::ヽ         / 〃  _,ァ---‐一ヘヽ
        /::::::::/:イ:/、::::::::::ヽ      _|   〉.   -‐   '''ー {!          す
      /::::::::イ   r__  /:::::::::::::!   ,, - '"r' |   |   ‐ー  くー |ヽ、        べ
     //::::::::::lr_   ' l:}` "'i'亅::::|./   /  ヤヽリ ´゚  ,r "_,,>、 ゚'}   l      て
     レ:::::::::ヽリ` !      ノ:/-、   i   |ヽ_」     ト‐=‐ァ' !  i !      は
       レ;;:::::::::l  ,  _  /'/   ヽ  |_ \ゝ i、   ` `二´' 丿//     れ こ
        "'-;;ヽ__,/ : i/"     !      ̄.\` '' ー--‐-  //       か
          _,.>-:、: ノ ̄ ̄ '''    l       \__/-、 /  / /      ら
         /: : :/          |        "~   `´ / ' >        だ
          {: :/  = 、         !               /_ -‐<-,     。
        /` {     ニ\  /、 ヽ-           //     {
       /i : _ヽ_, -'" ̄   ` ´} _   _,-‐-=ゥ‐- イ >  r '  ̄ ト
      / : i / <_     _,, ィコ   ̄    、 -ノ_, /  \/\    l,-、,,-、_
      / :  \ _ヽ_ ヶ、'~   \,_, -,‐_T`‐--イ/ 、   _,, - +‐ti;;;;,、 ヽ , `、
      l : : : : ̄: :`''t‐t\  r ' '  i  >;}~ )ニ-i─ t'", -─| |-'┴/_l_/ノ
      \ : ヽ: : _ : ||/::::::::`{;;;i  i i__i__/''ヽ |:: ̄:l ̄l~:::ヽ   |_ ===--、__
       \ : : : : :{|:、:::::::::::::::`イ‐i=-_‐, -ー!:::::::::| |:::::::::::ヽ        `
       / :ヽ : : / i|::::::::::::::::::,,-'T~ :_ -|_:::::::::::::i==i:::::::::::::ヽ

AA提供:関係無いAAに台詞を喋らせるスレ パート2、3の方々
勝手に使ってすいません

46 :6/9 勝手に使った上に書き忘れるなんて最低だ、俺…:03/12/11 23:18 ID:L8u8B199
どけどけどけ 後ろめたい奴はどけ 有象無象の町に 灯りを灯せ

闘いは男の仕事
前時代的ーっ 弐号機バックアップ
零号機もバックアップに回ります

*     +  .   \\       + 。.  .     /   +  *
                        ,,,,,    *         。  o
   o    m               (っll)\    ,,,,,____
       )| |                 \\  (mn)__ ヽ   *
  +    ( _l   ∧_∧    nm       〉 .〉 ∧_∧  / /     。 ゚
       \ \_(´∀` )  / ノ ∧_∧  / ./ (´∀` )/ /   。
 。   *    \_ ̄_ ̄  )/ / (´∀` )/ ./ (~⌒\   ト/ )        *
          / ̄ \ /\  ̄ ̄    ~ /   \\ \_/ /     ・
      ,⊂二二/〉   /    ̄ ̄|   イ./     \\__/|    +    *
            /   /      ヽ     |      ,)    ノ
  。゚        (  <./         \    \/⌒\  ノ、      *  。
             \  \          〉     /\  \ γヽ     。   +
    *       / \  \     /  _/~  / \ V _ノ
            /  / >  /    / /^     /  | \__)|    +   ゚   。
 *   。゚   / / |  /    \ \      / /   \ \       。 +

                                    あの子たち・・・ 勝手に

47 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/12/12 02:19 ID:ttrvboeF
何で突然こーなった?

48 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/12/13 11:26 ID:H6wj56Aa
>>38-46
スレがシケた

49 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/12/13 17:44 ID:+6jrw2Cw
「最近散々ねぇ…学校のみんなは疎開しちゃうし
 シンクロ率はシンジに追い抜かれるし、もうサイアク〜」
「それでもネルフには行くのね。やめてしまってもいいのに」
「…そう言えばそうねえ」
「あなたがなぜエヴァに乗るのか私にはわかる。
 絆だからよ。だから私もネルフに行くの
 人類を守るためじゃなくてみんなとの絆を繋ぐため。
 碇君もそうだと思うわ」
「そうね…私達にはまだネルフがあるのね!」



「大変だーーーーー!本部がなくなっちゃったよ!」
「赤木博士のタバコが原因で全焼しちまったらしいぞ!」

「なくなってるし…」

50 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/12/13 20:28 ID:zJOeG7wY
某日某地下にて・・・、

「こ、これは・・・?!!!」

「結構いるモンなんですね、綾波って。」

51 : :03/12/13 21:34 ID:52ZJqX3m
竹之内「エヴァンゲリオンの運転も大丈夫です」
医師「あんたチルドレンじゃないでしょ」

52 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/12/14 01:10 ID:8AkpM4yo
わろた

53 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/12/14 05:07 ID:z3WsZtts
シンジ「綾波ってお母さんって感じがする。」
レイ「おしいぃぃぃ!でも違う!!」

54 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/12/14 14:17 ID:8IvvgvwV
ゴリラ「ゴホゴホ(3匹目だから…)」



「早くエヴァーに乗って!」
「初号機行きま〜す」「「弐号機行きま〜す」
「って、ああ〜〜!これゴリラだよ!!」

     乗る前に気づくだろ。

55 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/12/14 20:56 ID:OsKWWQ/z
匹 ×
頭 ○

56 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/12/14 23:51 ID:a2h5UVDp
ある日シンジが歩いていると道の真中である光景を目の当たりにする。
何の変哲のない閑静な町に一頭のゴリラがいた。
「(なんでこんなところにゴリラがいるんだ?通りずらい・・・)」
とした瞬間、ゴリラがシンジに目を向けた。
目を合わせる(っていうか合ってしまった)一人と一頭。
「逃げちゃだめだ逃げちゃだめだ・・・」
よほどその道を通りたいらしいシンジ。
一方のゴリラも何気なくそっちをじーっと見つめてる。
一体、どうなってしまうのか?

おまけ
「男気」=「シンクロ率」

57 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/12/14 23:55 ID:a2h5UVDp
訂正
×男気
○漢気

58 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/12/15 17:10 ID:XDTiCxca
アスカ「あ・・・ああ・・・ううう・・・う・・・殺してやる・・・殺してやる・・・殺してやる・・・殺してやる!
     殺してやる、殺してやる、殺してやる殺してやる、殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる
     殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる
     殺してやる殺してやる」






シンジ「どうしたのアスカ?顔色悪いよ」
アスカ「いや昨日悪い夢見ちゃってね…」

59 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/12/17 14:47 ID:Hutsochc
アスカ「まずミサト・・・マヤ・・・日向さん、かろうじて人間なのがこの三人で、
    あとはロリコンヒゲグラサン(アダム付)、ファースト、ナルシスホモ(使徒)・・・よ」
    ・・・あともう一人いたような気がするけど・・・誰だっけかな・・・」
シンジ「・・・あともう一人か・・・」
アスカ「あ・・・わかった!! 青葉さんよ!! 青葉さん・・・
    けど・・・青葉さんってどんなヤツだったっけ?」
シンジ「青葉さん・・・青葉さん・・・そういえばどんなヤツだっけ?」

60 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/12/17 15:43 ID:5QnkjpiO
「セカンド…緊急召集よ」
「使徒が街にあらわれたんです! 早く行きましょう、惣流さん!」
「フンッ、あの使徒は逆行前に戦ったことがあるけどシャバイ使徒よ…エヴァ三機が出張るまでもないわ」
「さすがセカンド、自信満々ね」
「さ、どうぞ! エヴァに乗ってください!」
「…高エネルギー射撃による一点突破でいいんじゃないの? 動かないし…」
「第二芦ノ湖ができちゃうかもしれないんですよ! 一刻を争うんです!」
「(まずい…この天才美少女パイロット惣流ともあろうものが「気持ち悪いからヤダ」とはとても言えない…)
 ま、待ちなさい、いきなり突っ込んでいってもやられるだけよ、作戦を立てなきゃ」
「さっきシャバイ使徒って…」
「それもそうですね、それじゃ作戦司令部と通信しますのでとりあえずエントリーしてください」
「…」

「(結局シンクロしてしまった…大体どーしてアタシが戦わなきゃいけないのよ、芦ノ湖なんてどうでもいいし…)」
「もしもしミサトさん、サポートをお願いします」
「えーとチルドレンの皆…申し訳ないけど私、失語症から回復したばかりでこのあたりの道をよく知らないんだけど」
「ええ、構いませんよ、少し遠回りしても」
「バカシンジ、あんたさっき一刻を争うとか言ってたじゃないの!」
「だって道わかんないなら仕方ないですよ」
「モニターに地図を出しなさい、アタシが案内するわ!
(あまり長い間シンクロしていると吐きそうになる…急いで使徒の位置を探し当てなければ)
 えーと、強羅絶対防衛線がここだから…このまま南下して松代を右に…
 ってこれ、日本地図じゃないのーーー!!」
「あっ、本当だ。しかも東京が都になってる」
「…き、気持ち悪い」
「大変、セカンドが精神汚染されたわ」

61 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/12/17 23:09 ID:6zbWAlHd
第壱話 敵校、襲来
第弐話 見知らぬ、生徒
第参話 鳴らない、β
第四話 ポスト、投函した後
第伍話 メカ沢、心はあるのか
第六話 決戦、クロマティ高校
第七話 プータンなるもの
第八話 マスクド、来日
第九話 瞬間、採用、祈って
第拾話 パソコンダイバー
第拾壱話 静止た森の中で
第拾弐話 ゴリラの価値は
第拾参話 バース高、侵入
第拾四話 プータン、番組の座
第拾伍話 嘘と掃除
第拾六話 死に至る爆弾、そして
第拾七話 六人目の四天王
第拾八話 軍団の選択を
第拾九話 北斗の戰い
第弐拾話 メカのかたち バイクのかたち
第弐拾壱話 クロマティ高校、誕生
第弐拾弐話 せめて、人間らしく
第弐拾参話 母
第弐拾四話 最後の,2
第弐拾伍話 終わる会議
第弐拾六話 一年五組の端でツッコミを叫んだけもの

第25話 High
第26話 薬を、竹之内に

なんとなく作ってみますた。センス無くてすいません…。

62 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/12/18 12:18 ID:CnbtAJzL
                      ____    、ミ川川川彡
                    /:::::::::::::::::::::::::""'''-ミ       彡
                   //, -‐―、:::::::::::::::::::::三        三
            ___    巛/    \::::::::::::::::三.        三
        _-=三三三ミミ、.//!       l、:::::::::::::三     あ  三
     ==三= ̄      《|ll|ニヽ l∠三,,`\\::三  バ       三
        /              |||"''》 ''"└┴‐` `ヽ三      ん  三
         !             | /          三   カ     三
       |‐-、:::、∠三"`    | ヽ=     U   三.         三
       |"''》 ''"└┴`       | ゝ―-        三    た  三
       | /           ヽ ""        ,. 三   ぁ      三
        | ヽ=   、    U    lヽ、___,,,...-‐''"  三         三
.        | ゝ―-'′          |  |::::::::::::_,,,...-‐'"三  !?    三
          ヽ ""        ,.    | | ̄ ̄ ̄      彡      ミ
        ヽ、___,,,...-‐''"  ,,..-'''~             彡川川川ミ
          厂|  厂‐'''~      〇
        | ̄\| /


63 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/12/18 20:55 ID:1jilXQib
せめて、人間らしく


64 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/12/18 23:16 ID:FWkZFJHo
メカ沢くんですか

65 :名無し募集中。。。:03/12/18 23:56 ID:t8lfgO6k
メカ沢「ミストファイナァ!」

レイ「私が死んでも代わりはいるもの」

どっかーん

メカ沢「この程度じゃ俺はくたばらねぇ」

アスカ「こんちきしょう!!」

前田「うわぁぁぁ」

前田母「ふーん」



66 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/12/19 19:49 ID:TAOXTF82
ジョニーかよ!

67 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/12/20 09:22 ID:LVjw2wKP
*ラブあの日記*
担当「このアニメがついにゲーム化ですよ、庵野さん。どうですか?」

庵野「うん。 普 通 で す 」

担当「あ、やっぱり」


68 :しゃぼてんネタ:03/12/23 22:29 ID:D0DKNCl5
ゾウさんはお鼻がとっても長いんです たぶんお母さんも長いと思います
長いととっても便利なんです 遠くにある物を簡単に拾えるんです
シャワーにもなります 子供を乗せれば滑り台にはやがわり
冬場 さむくてコタツに入ると なかなかコタツから抜け出せなくなってしまいます
そんな時 テレビが見たくなって…… リモコンが遠くにあって手がとどきません
ところがゾウさんなら大丈夫 鼻が長いので直接テレビのスイッチを押せます
夜、寝る時も いちいち立ちあがらずに電気を消せます 
天井を掃除する時も脚立がいりません
ボクサーになったら有利に試合をすすめられるでしょう
背中をかく時もマゴの手なんかいりません
とにかくハナが長いということはいいことずくめ


日向「だからお前も髪の毛が長いからって気にすんなよ」
青葉「気にしてねぇよ」

69 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/12/25 23:36 ID:WvE/nTCv
面白いage

70 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/12/26 00:05 ID:Wah/BRP8
シンジ「このネルフでオレたちは四天王としてチルドレンの頂点を極めた――
    もはやオレたちの天下・・・・
    だが・・・・同時にいくつかの問題を抱えていることも事実だ――
    オレたちにとって一番大きな問題・・・・・・それは――
    四天王なのに五人いる事だ―――」
アスカ「どうすんのよシンジ・・・・!!
    確かに四天王が五人いちゃあ話になんないわ――」
シンジ「問題は――誰が邪魔な存在かなんだが・・・・
    ま・・・・それをすぐに決めるのは難しい。
    ・・・・だが、一つだけ言えることがあるとすれば――
    お前のジャージが浮いているという事だ――」
トウジ「ええっ!? オレぇ!?」

71 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/12/26 03:19 ID:+6P2mFhH
>>4 >>7 >>12 >>20 >>29 >>36 >>60
ワロタワロタ

72 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/12/26 06:49 ID:nZDPCTib
正直良スレ

73 :36の数分前:03/12/26 19:55 ID:zZC9ACNc
り「ちょ ちょっと!
  あれをみて!
  あれは北海道代表エヴァ殺しの柏原よ。
  なんでも 初 号 機 と 戦 っ て 勝 っ た そうだわ・・・」

  「こ 今度は
   あっちを見てみて!
   新潟代表皆殺しの高代よ。
   風の噂に聞いたところでは 初 号 機 と 会 話 が で き る そうよ・・・
 
 み「それは・・・
   強いってことになるの・・・?」
 り「強いかどうかは分からないけど・・・凄い人なのは確かだわ・・・」

  「こ・・・今度は向こうを見て!!
   高知代表ホメ殺しの岡持・・・
   彼は 自 宅 に 初 号 機 の プ ラ モ が あ る らしいわ・・・」

 み「・・・ソレ単にプラモ好きなだけなんじゃ・・・?」
 り「いずれにせよいろんな猛者が集まってるってことかしらね・・・」

74 :1/3:03/12/27 16:10 ID:EWvAcTXN
前略オフクロ様――
サードインパクトが起こって、はや二ヶ月が過ぎました……。
けど――相変わらずここの雰囲気にはなじめません。
ザザーン――ザザーン――
「あー気持ち悪い……」
ですがそんな僕でも、この状況を打開する方法がひとつだけあるのです。

二次創作の世界には“逆行デビュー”という画期的なシステムがあることを
先日知りました。
このシステムは、たとえ本編でヘタレな生活を送っていた人でも
あらためてスーパーシンジとして再出発できるというものなのです。

レッスン1
スパシンは見た目が勝負です。初心者はまず、髪を銀髪に脱色してみましょう。
まだ迫力のでない人は瞳に赤いカラコンを入れましょう。
「よし――なかなかそれっぽくなってきたぞ。それにしてもすごいな……。
たったこれだけのことで、すごく強くなったような気がする」

レッスン2
たぶんアナタは自分が強くなった気でいますがそれは錯覚です――
戻るときネルフやゼーレがちょっとマヌケな世界に改変しておくことを
忘れないで下さい。
「そ……そうか。危ないトコだった」

レッスン3
衣装はモノトーンで統一。中にワイシャツを着てはいけません。白ランにしてみたり
日本刀を持つなどして個性をアピールして下さい。
「ウム、勉強になるな」


75 :2/3:03/12/27 16:13 ID:EWvAcTXN
レッスン4
使徒化したり精霊の力を借りたり宇術マ(ry……になったりして
生身で使徒を倒せる力を身につけて下さい(修行シーンは10行ぐらいで充分です)。
「え? それじゃエヴァパイロットになる意味がないじゃん」
スパシン初心者のあなたは「それじゃチルドレンになる意味ないじゃん」
と思うでしょう。
「そうだよ。意味が分からないよ――」
そう思うアナタは初号機を擬人化して萌えキャラにしたり、いちおくえん
要求したりしてパイロットの任から外されましょう。ウザイ訓練からも
解放されます。
「なるほどそういうことか! 頭いいこと考えるなあ」

レッスン5
ミサトやアスカは引き立て役にして悲惨な目にあわせましょう。彼女たちが活躍すると
アナタの見せ場が減ります。優しい言葉をかけられてもシカトしましょう。
「う〜ん。レッスン5は少々つらいなあ――ミサトさんやアスカは同居人だったし
そこまでギスギスしたくないし」
どうしてもできない場合はハーレム要員にまわしてください。

レッスン6
笑い方です。できるだけ胸を張って颯爽と歩きましょう。そして視線を感じたら
相手の目を見て天使のように微笑みましょう。
「よし!」
カッカッカッ――タン!(振り返って)ニコッ

補足
逆行世界ではできるだけ都合の良い味方キャラと一緒に行動しましょう。
(強そうなオリキャラをいっぱい作りましょう)
「なるほど――これは使徒の出てくる世界だけではなく、学園エヴァや異世界でも
通じることかもしれん」



76 :3/3:03/12/27 16:15 ID:EWvAcTXN
ここまでくれば逆行デビューまであと一歩。
――では最終レッスンです。

レッスン7(最終レッスン)










以上の話を書きたがり、なおかつ完結能力のある作者をみつけて下さい。
「え!? じゃ……ダメじゃん」
「シンジ〜あたしの包帯代えなさいよ」

逆行デビューへの道

   終          了

77 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/12/27 17:30 ID:889fNT/Q
EVA2タイトルをクロ高風にしてみる

マスクは異なりて               石川の闘い
すべてこの春のこの入学式から      コウスルト、解カリマスカ?
襲撃者                     世界の縁にたつ都市をさまよう生徒
敵校への切符                心にかけられたるもの
俺には口が無い、でも俺は喋れる    かくてライトあり
寿司は、和解への入り口          出番を待つ者
佐田とのもめごと              旅に出る時は、酔い薬を
ささやかな、秘密               残酷な条件
堕ちてゆく敵たち               外側の世界
小さな、小さなβ               人は空見上げる
ささやかな叡智                腹話術師現る
ある晴れた日に               荒らしバスター
つぎの問題                  幸、あれ
あふれよ、わが涙と、子分は思った   メカのβが踏まれるように
去れ、安らかに               そして目覚めると俺は、アザラシになっていた
見込みの無い、練習            

78 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/12/27 21:20 ID:pmdVMlx1
>見込みのない、練習
フレディは160キロの球を打てるようになったぞ。
ヒット打って三塁へ走ってたけど。

79 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/12/27 23:29 ID:4TKsvcp/
>>74-76
禿げ藁
凄えよアンタ

80 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/12/28 13:48 ID:21xLNjLv
「けどやっぱりアスカは連携がヘタだと思うな」
「うっさいわね、アンタらだって訓練訓練って、全然戦闘うまくなってねーでしょーが!」
「綾波は槍を月まで放り投げられるようになったで」
「でもあれが何なのかよくわかってないみたいなんだよね 結局回収できてないし」

81 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/12/29 00:21 ID:FNVx+Yln
EVA2タイトルをクロ高風にしてみるその弐

かくて人々は笑いき    
最後から二番目の真実    
すべての努力が噴き出した夜    
聖なる番長決定戦    
そして私は失われた道をたどり、このラーメン屋を見いだした    
第二の夜明け    
高い城の高橋さん    
ワルたちが挨拶する男
名前の有るゴリラ
生徒と社員のあいだ
名も無きワル
かけ墜ちてゆくふたり
汗を流して
いつか決して  
アレ所有する人々 
カツラはさだめ、さだめはモヒカン

82 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/12/29 15:10 ID:Gy9g1hs5
ミサト「使徒を食ってる……!?」

初号機(熱い・・・・!!)
シンジ「ん・・どうした相棒? 顔色が悪いぞ」
初号機「・・・・いや別に」
    (いや・・・・すっげえ熱いぞコレ・・・・
    「S2機関取り込めるから食え」なんて言っちまったけど
    こんな熱いの食えねーだろ・・・・)

83 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/12/29 15:52 ID:mihSAvhv
「――冬月先生。君を拉致して30時間、ネルフに何の動きも見られないのだが
ひょっとして君、友達いないんじゃないかね」
「うーん、でも碇は昔から一面識もないのに勝手に身許引受人に指名したり
オレと一緒に世界を創らないかとかいって強引に誘ってくるんだよね。
やっぱあれって嫌がらせなのかな……」

84 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/12/29 22:48 ID:pgx0MduB
>>83
歯磨きながら読むんじゃなかった・・w

85 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/12/30 03:49 ID:28g+VztP
どうしよう――なんか喋んなくちゃ。でも、そもそも綾波には僕の言葉が通じてる
のかな? ちょっと試してみよう。

「あの……ええと……エヴァ」
「……」
「使徒」
「……」
「――碇司令」
 ピク
あ! 反応した。やっぱり通じてるのか

「葛城ミサトさん」
「……」
「シンクロ率」
「……」
「碇シンジ」
 ピク
「第三新東京市立第壱中学校」
「……」
「にんにくラーメン」
 ピク
 

そうか――どうやら「碇」と「にんにくラーメン」という言葉は通じるんだな――
……つって、それだけでどうやって会話しろってんだよ!

86 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/12/30 22:02 ID:5AFi5bSu
トウジ 「ワイは小学生の時分から随分やんちゃしとってな」
アスカ 「へぇー、そうなの?」
トウジ 「とにかく手がつけられんっちゅうんで“ジャージの火の玉”と呼ばれとったわ」
ケンスケ「伝説の火の玉ってお前のことだったんだ」
トウジ 「おう」
レイ  「――私は起動実験になると暴走して血だるまになるまで止まらないから
     通り名は“第三新東京の病院送り”」
シンジ 「……あ、あんまりかっこよくないね」
ヒカリ 「私は見た目が固そうなせいで昔からクラス委員長に推薦されて、
     ついたあだ名が“委員長のヒカリ”――」
アスカ 「他が委員長になったときはなんて呼ばれてたのよ?」
ヒカリ 「いや、だから一度も委員長じゃなかったことがないからわからないのよ」
トウジ 「すごいのかすごくないのか、ようわからんのう」

87 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/12/30 23:46 ID:MSLZEolP
ファーストチルドレン 綾波レイ

彼女はラーメンが好きだった。
それもニンニクたっぷりのやつだ。
だが彼女はラーメンが好きだがチャーシューは大嫌い
しかもチャーシューの脂がスープに滲むのさえ嫌だったので、
チャーシューをどければ良いという問題ではない
そこでレイは注文するときに言うようにした

レイ「ニンニクラーメンチャーシュー抜き」

だが店員は毎日機械的にチャーシューを入れる癖が付いてるので
レイの台詞などすぐ忘れてしまう…

88 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/12/30 23:52 ID:MSLZEolP
レイ「何故チャーシューを入れるの?」

と一度抗議した事があったが、

店員「ああ、いいよ残しても!」

レイは怒った「残して良い」という問題では無いのだ
前述のようにチャーシューの脂がスープにしみるだけで嫌なのだ。
つまり、チャ−シューが入るとラーメンが食べられない。
その店員の「サービスで入れてあげてる」という口調も彼女の怒りを増幅させていた

レイは心の中で叫んだ
この怒り…何にぶつけたらいいの?

89 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/12/30 23:56 ID:MSLZEolP
(翌日、起動実験で暴走する零号機)



ゼーレ一同「意味ねぇ〜!」

90 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/12/31 12:10 ID:XwevRfE8
つうか
ニンニクと、ラーメンチャーシュー抜きなのか、
ニンニクラーメンのチャーシュー抜きなのかどっちなんだ

91 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:03/12/31 20:54 ID:XwevRfE8
関連スレドゾー

野中英次 魁!クロマティ高校 Part13
http://comic3.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1069956413

ネギが、まほ学では無く、クロ高に来てたら・・・。
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1072521127

92 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/01/01 00:52 ID:gebH+w2L

  特務機関ネルフ 沿革

1XXX年?   秘密結社ゼーレ結成。キール・ローレンツが指導者に就任。

2000年9月 南極にてセカンド・インパクト発生。調査隊のメンバー葛城博士、
        「光の巨人が止まって見えた」との名言を遺す。
    同月 第一回裏死海文書解読大会、旧東京で開催。新型爆弾投下で優勝者決まらず。
2001年2月  バレンタイン休戦条約締結、終戦。
    某月  人工進化研究所ゲヒルン創設。
2002年某月 碇、冬月らを含む南極調査隊、まるごと迷子になり北極に行ってしまう
         という前代未聞の事件勃発。
2004年某月 E計画実験中、被験者碇ユイ「人の生きた証は永久に不滅です」の
         言葉を残してエヴァ初号機内に消失。
2005年某月 第一回人類補完委員会国連主催で開催。

2010年某月 MAG I 落成式。
     翌月 人類補完委員会規則第1号によりゲヒルン解体。
         新たに特務機関ネルフを設立し機能を全面的に移管。
2011年某月 本部大浴場、及び地下プール落成式。
     某月 日本重化学工業共同体、国際ロボットコンクールで初の予選2回戦進出。
2012年某月 第一回合唱コンクール開催。「Fly Me To The Moon」を歌った保安部が優勝。
2013年某月 伝説の「謎の技術部研究室大爆発事件」起こる。以後二週間の本部閉鎖。
2014年某月 ジオフロント全面改築。
2015年某月 またしてもゼーレとネルフまるごと、第三使徒襲来の予測日時を間違える。
         日本政府大混乱。
     某月 エヴァ量産計画開始。海外支部との遺恨勃発。

93 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/01/01 06:30 ID:yGRNj5uw
>>92



94 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/01/01 22:48 ID:IHhdbxIo
>90
×ニンニク、ラーメンチャーシュー抜き
○ニンニクラーメン、チャーシュー抜き

…マジレスしちゃダメだった?

95 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/01/03 12:12 ID:al80DEfZ
         \   ∩─ー、    ====
           \/ ● 、_ `ヽ   ======
           / \( ●  ● |つ
           |   X_入__ノ   ミ   そんなことで俺が釣られクマー!
            、 (_/   ノ /⌒l
            /\___ノ゙_/  /  =====
            〈         __ノ  ====
            \ \_    \
             \___)     \   ======   (´⌒
                \   ___ \__  (´⌒;;(´⌒;;
                  \___)___)(´;;⌒  (´⌒;;  ズザザザ
                               (´⌒; (´⌒;;;

96 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/01/05 00:58 ID:fvuS62iA
>>74-76>>82-83>>85-89

ワロタワロタ

97 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/01/05 23:21 ID:zVMKLgV8
「ワイ……今日ネルフの人来て――パイロットになれ言われたんや。そんで
引き受けてしもうた。こわい――ごっつ怖いんや。見てみぃ……手ぇ震えとる。
震えがとまらん」
「――フ、トウジは何もわかっちゃいないね」

「エヴァってさ――意外とちんたら戦うんだよ……」
「え……!? そんなハズないやろ! 使徒戦なんてったら決死の覚悟でガンガン
行くんやろが。毎回犠牲者だって出とんのやろ?」
「落ち着いてよトウジ――僕の話をよく聞くんだ。いい? エヴァパイロットと
いってもいろいろ種類がいる……大きく分けて二つだ。ひとつは純粋に任務を
遂行する本格志向のタイプ――もうひとつが、まわりの施設を壊しながらダラダラ
後方支援するタイプ。もちろん僕は、まわりに迷惑かけてダラダラ戦うタイプだ」
「そういやお前は最初のときもそうやったな……まあ前に出ないという意味では、
惣流たちよりは安全なのかもしれんけど」
「考えてもみてよ。ロクに訓練もしてないのに最前線になんて出られないでしょ?
それと、思ってるより使徒も間隔空けて来るんだよ。ダラダラとシンクロ率テスト
やってることの方が多いんだ」
「う〜ん悪くない気がしてきたけど、今ひとつ思い切れんのう。もう少しエヴァに
乗る意義みたいなもんはないんか?」
「とにかくさ。負けたらみんな死ぬから後で責任とらされることもないし、あんま考え
ないでいいんだよ――使徒倒したって深い意味なんてないんだから。別に尊敬されたり
もしないし、時々苦戦してN2爆弾で地図書きかえさせちゃうぐらいしかやること
ないんだ。時給も出ないし、むしろ人生のムダっていうか……」

「……じゃなんで僕パイロットやってんだろ?」
「いや……ワイに言われてもな」


98 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/01/06 00:09 ID:WvOtYbr/
>>97
こんな所で心の迷宮に入るんじゃねえ!!

99 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/01/06 00:10 ID:SMgkdnz2
>>97
ある意味とってもエヴァっぽいw
誰かこのシンジきゅんを補完してやってくれ

100 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/01/07 00:31 ID:BgFBq2X1
僕はパンツが見たいとかあんまし思わないんですが、なんで世の殿方はパンツとかパンチラとかを珍重するのでしょうか。
布じゃん。
わかんない。田代とかもわかんない。得るものが少ないと思います。
したがってジャンプに載ってるパンツをメインテーマにしたラブコメというかパンツコメディもよくわかりません。布です。

さらにそもそも女子はなぜパンツの出るような服を着るのですか。あまつさえ学校の制服にしたりするのですか。僕は賛成ですが。
いや賛成なのはパンツが出るからじゃないです。なんとなくいいからです。僕は女子高生の制服とかそういうものは大好きです。

いや問題なのは女子高生の制服ではなくてパンツです。パンツが見えててもかまいませんが、布だと思います。

いやそうではなくて、なぜパンツの出るような服を着るかということです。僕は賛成ですが。

すいません。まちがいました。もういいです。

101 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/01/07 15:39 ID:ti4jedNm

       /                    .\
     /                       .\
 \ /                          \ /
   \      ___________     . /
    \   ./                \   /
     | \/                   \/...|
     |  |                       |  |
     |  |                       |  |
  .._ |_|                       |_|_..
     |  |     さあ‥ 逝こうか‥‥     |  |
     |  |                       |  |
     |  |                       |  |
     |  |                       |  |
     |  |/                   ..\|  |
     |  |                       |  |
   .._|/|      _ _ _ _ _ _ _ _     ...|\|_
  / ..|  |   _−_−_−_−_− _   |  |  \
     |  |/_/━ ━ ━ ━ ━ ━\_\|  |
   .._| /_/━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ \_\.|_
     /_/━  ━  ━  ━  ━  ━  ━ \_\
   /  /━  ━  ━  ━  ━  ━  ━\  \


102 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/01/08 20:27 ID:fdVRMuZJ
>>97
なんとなく>>4に繋がるものがあるな。

103 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/01/10 21:28 ID:uJF8x+uh
シンジ「ありがとう綾波、おかげで助かったよ!」

レイ(?)「そう?」

トウジ「あっ、違う!」
アスカ「って、また、別の綾波よーーー!!」

104 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/01/10 21:31 ID:uJF8x+uh
アスカはファーストって呼ぶんだった…逝ってきます

105 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/01/11 22:03 ID:Nv3h6a/H

「ぼくはエヴァンゲリオン初号機のパイロットです!!!」

「(あ〜〜〜ァ。 また帰ってきやがったよ、このガキ・・・。
  どーしてオトナしく田舎にでも引っ込んでよーってオモワンかね?
  これじゃあオレも、予定どーりに進行させる以外なくなっちゃうじゃねーかヨ・・・、)
  
  ・・・・・ 勝手にしろ。」

106 :1/3:04/01/12 02:43 ID:bRYavOjp
マイネームイズ 惣流・アスカ・ラングレー
私は今とあるマフィアの幹部になっている。
思えばサードインパクトからこれまで、色々あった。
単身アメリカに渡って、短期間でここまでのし上がるのは大変だったわ――。
英語が得意で本当に良かった(実は米国籍)。
今では、私を慕ってくれる舎弟もたくさんいる。

そして、その舎弟の一人がこの リナレイ だ。

「……ねえ、リナレイ。アタシ、かつて日本という国にいたんだけどさ。
日本でしょっちゅう、あなたと顔をつき合わせていたような気がするんだけど……」
「だーかーらぁ、何度言わせるのよアスカ。あたしは日本なんか行ったこともないし
日本のことも知らないわよ。むしろ日本はキライ」
「そう――じゃ日本に姉妹とか親戚はいない?」
「だからそんなのいないって! あたしは天涯孤独だもの」
「そっか……じゃこの話はもうやめましょ」

――「ボス、大変だ! ロングアイランド一家の連中がウチの縄張り荒らしてるぜ!」
「ハン! どうってことないわよ。返り討ちにしてやるわ。リナレイ、
ありったけの武器調達してきなさい。殴り込みよ!」
「オッケー! 任しといてよアスカ」

「アスカ! 武器持ってきたよ!」
「じゃ、行くわよ。――で、武器はどこにあるの?」
「これ」


「……エヴァ4号機……」

107 :2/3:04/01/12 02:45 ID:bRYavOjp
「さあ、遠慮しないで早いとこ乗ってよアスカ!」
「い、いやストップ! ちょっと待ちなさいよ! アンタね……普通武器ったら拳銃とか
マシンガンでしょーが」
「ゴメン。これしかなかったの」
「んなハズねーだろ! アンタわざとやってんじゃないでしょうね! ――ていうか4号機は
消滅したって聞いてたのに」
「アスカ――でもこれなら敵を一網打尽にできるわよ」
「アンタだけには言ったと思うけど、アタシは昔エヴァでさんざんな目に遭ったの。それに、
いきなり別のエヴァなんて乗れるわけないでしょ」
「大丈夫だって。パーソナルパターンの書き換えなんてすぐらしいし」
「アンタ細かいことまでよく知ってるわね……」


「……で、何で二人乗りなの? コレ」
「ゴメンねアスカ。でも異物によるノイズはたいしたことないと思うよ。
あ。そういえばこの先はビルが障害物になってんの。破壊して先に進みましょ」
「そう――ていうか、その独善者な性格は、どうも日本でアタシの知ってた人物としか
思えないんだけど……」

108 :3/3:04/01/12 02:49 ID:bRYavOjp
「アスカやっぱり日本が恋しいのね?」
「え、ええ……たまに和食が食べたくなるわね」
「アスカ――あたしはブルックリンの街角でアスカとぶつかってから、いつもそのことを
考えてるのよね。いつかアスカが日本へ帰ってしまうんじゃないかと……。
そしたらとてもさびしいわ」
「心配いらないわ、リナレイ。トラウマを克服しない限り日本には帰らない――
ていうか帰れんわ」
「なんだか複雑な心境。トラウマから立ち直ってほしいけどそうしたらアスカは日本へ
帰ってしまうし」
「アンタ――ホントにアタシがトラウマを克服できればいいと願っているの?」
「もちろんよ! アスカが苦しんでいるところなんて見たくないもの」
「じゃ、何でエヴァなんて持ってくんのよ!」
「ゴメンね。もうすぐ着くから……」
「それにしてもコレ何だか反応が鈍いわね。ちっとも進まないわ」
「うん、シンクロ率あんまり出てないからね。もうちょっとアスカがリラックスすると
きっと速く動けるんじゃないかな」
「けど、誰がコアかわかったもんじゃないのにリラックスできないと思うんだけど……」


「問題ないわ。ほら、昔から『心を開かなければエヴァは動かない』っていうじゃない?」
「アンタやっぱりファーストでしょ!!!!!」

109 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/01/12 02:54 ID:y3WYsnGK
ワラタ

110 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/01/12 10:52 ID:8Oq54jgz
>>106-108
ハゲワラ

111 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/01/12 23:49 ID:VXgdQHji
>>106-108
ワロタワロタ。

112 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/01/14 23:38 ID:Gwhcf7ak
自作自演かよ。自分が情けなくない?

113 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/01/14 23:55 ID:XIYtY030
110は少なくとも別人だぞ
俺だからな

114 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/01/15 00:02 ID:Df0J3HzP
>>112
そう思うのも無理ないが、この板に日が浅いだろ?
ここの住人のお笑いセンスは高くないんだよ。

115 :106-108:04/01/15 00:37 ID:00b3cX92
>>112
アナタが何を持ってこの>>106-111までを自作自演といってるのかわかりませんが、
少なくとも今言えることは(ry

116 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/01/15 02:41 ID:sRHY9RzP
>>112
貴様だな!!!
ダイナミック掲示板にふざけた事を書き込んでくれた香具師は!!! 

117 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/01/15 18:27 ID:IAUBzeGo
>>114
理解不能。

118 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/01/15 19:22 ID:CY6q6VvB
笑いの沸点が低いってことだろ。
つーか112も114もゴタゴタ言うならネタ投下してくれ。

119 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/01/15 20:22 ID:IAUBzeGo
ポカーン

120 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/01/15 20:29 ID:BhgEjT2E
ところで話は変わるけどよ

121 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/01/15 21:37 ID:rGVvpcRc
ネット番長のネタじゃないの?
ほんとにこんなだったか忘れたけど

122 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/01/15 21:43 ID:+eaYJZOH
>121
>106-108の事か? あれは竹之内の話だったと思うが

123 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/01/15 23:07 ID:M1lNb5dX
>>112のことでしょ。
>>115とあわせてメ欄見てくれ。


124 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/01/15 23:33 ID:+eaYJZOH
>123
それの事だったのか…スマンコ

125 :103:04/01/16 04:04 ID:nVT4PC+8
ここは早とちりなインターネットですね。

126 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/01/16 04:04 ID:nVT4PC+8
なんだよ103って>俺

127 :112:04/01/16 17:23 ID:oMAo8z9l
・・・・・・・。

128 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/01/17 14:26 ID:n5ovayMx
お前らヒッキーだろ?

129 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/01/17 23:33 ID:vxyvJGxA
 
          碇 参 上 ! !

130 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/01/20 02:31 ID:TlIhR1uv
で、ハンドルネームは?

131 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/01/20 16:41 ID:d1KFMzOJ
アシノコ太郎

132 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/01/21 02:23 ID:SmrQywab
アシミツ姫

133 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/01/23 16:46 ID:9N5SD8f8
ニンニクPM

134 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/01/27 18:11 ID:npJsIHpn
くそ…保守したいがネタが思いつかねえ…俺は無力だ…
ふざけやがって!怒りのあまりアダムとリリスを間違えて接触しちまったぜ!

135 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/01/28 02:27 ID:4Spm0yzM
微妙やね。

136 :黒夢:04/01/29 17:28 ID:HMcXbyUe
                      ____    、ミ川川川彡
                    /:::::::::::::::::::::::::""'''-ミ       彡
                   //, -‐―、:::::::::::::::::::::三        三
            ___    巛/    \::::::::::::::::三.        三
        _-=三三三ミミ、.//!       l、:::::::::::::三     逃  三
     ==三= ̄      《|ll|ニヽ l∠三,,`\\::三       げ 三
        /              |||"''》 ''"└┴‐` `ヽ三      ち  三
         !             | /          三   ゃ     三
       |‐-、:::、∠三"`    | ヽ=     U   三.         三
       |"''》 ''"└┴`       | ゝ―-        三    だ  三
       | /           ヽ ""        ,. 三   め      三
        | ヽ=   、    U    lヽ、___,,,...-‐''"  三    だ     三
.        | ゝ―-'′          |  |::::::::::::_,,,...-‐'"三      三
          ヽ ""        ,.    | | ̄ ̄ ̄      彡      ミ
        ヽ、___,,,...-‐''"  ,,..-'''~             彡川川川ミ
          厂|  厂‐'''~      〇
        | ̄\| /





137 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/02/01 17:40 ID:VdOEne4a
やべぇ、ちょっとウケタ

138 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/02/04 23:32 ID:aRG3F17Z
今週はオモロかったで。

前田家の地下には、前田シリーズがワサワサと泳ぐ
巨大水槽があると観た。

139 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/02/04 23:54 ID:fULxQ0O7
前田「うちのオフクロ、三人目だから…」

140 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/02/05 01:02 ID:Ixo7Bpzd
>>139
オヤジさんの離婚歴にしかw

141 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/02/05 03:07 ID:Q0KK6u/m
これでねーちゃんが池上遼一風の美人だったりしたら・・・、(w
でも、ソレにもちょっと期待・・・?

142 :1/3:04/02/06 04:19 ID:yEXrFMsa
使徒で一番強いのは?
http://comic3.2ch.net/test/read.cgi/eva/1061902278/

  82 名前:名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:03/09/06 19:33 ID:???
  ダブリスはかなり不明だな。

  84 名前:名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:03/09/06 19:36 ID:???
  ATフィールドが強そうなのは
  ダブリス、ラミエル、ゼルエルかな。

  262 名前:名無しが氏んでも代わりはいるもの[sage] 投稿日:03/09/10 00:18 ID:???
  サキエルからダブリスまではロンギヌスの槍で大抵倒せそう。
  この中で槍が通用し無さそうなのがイロウルとレリエル。
  するとレリエルが最も倒しにくいような気がする。

エヴァ2でプレイヤーキャラになって、ようやく僕、渚カヲルもそれなりのポジションに
ついたような気がする――上のスレでもダブリスダブリスと慕ってくれている。

けど僕の名前――「ダブリス」じゃなくて「タブリス」なんだよな……
○タブリス
×ダブリス

  346 名前:名無しが氏んでも代わりはいるもの[] 投稿日:03/10/07 00:06 ID:1bm85Dbp
  ゼルエル>ラミエル>>>>バルディエル(+参号機)=タブリス(+弐号機)=イロウル
  >>>レリエル>アルミサエル>>>アラエル>サハクィエル>>>>>>イスラフェル
  >サキエル>シャムシエル>>>>>>サンダルフォン>ガギエル>>>>>>>>マトリエル

ん!? ちょっと待て今誰か「タブリス」って言ったぞ!?
まさか――コイツら本当は僕の名前を「タブリス」と知っておきながら
「そんなことどうでもいい」とか思ってるのか!?
むぅ……何とかしてせめてシンジ君たちだけにでも正しい名前を伝えなければ――


143 :2/3:04/02/06 04:21 ID:yEXrFMsa
カヲル「みんな、ちょっと僕の話を聞いてくれないかな?」
ヒカリ「何?」
カヲル「こないだ、とあるサイトで僕らのファンフィクションを見つけてね。
    丁度更新分が赤木博士の出てくるところだったんだ。
    ――で、そこを開いてみると『赤城リツコ』と表記されてたんだよ。
    好意に値しないよねぇ……」
シンジ「……それがどうかしたの?」
カヲル「いや……間違えやすい名前という例をだね――」
アスカ「別に今そんな話することないでしょ」
カヲル「言われてみりゃそうなんだけど、その……何となくしたくなってね」
マナ 「でも、いくら紛らわしくたって、そんな間違い私たちはしないと思うなあ。
    ねえ? ダブリスさん」
カヲル「……」

(ダメだ――遠回しに伝えたって気づくはずがない。僕がいうのもなんだが、さすが
このスレのエヴァキャラ……粒よりのバカだ――)

アスカ「よーし、この春はスパロボMXに殴り込むわよ!」
ALL「オオーッ」

(いかん……このままでは、さっきのスレで最強になろうとゲームで目立とうと
「ダブリス伝説」として名前が残ってしまう――そしてそれは絶対に「タブリス伝説」
ではない)


144 :3/3:04/02/06 04:23 ID:yEXrFMsa
カヲル「みんな待ってくれ」
アスカ「あん? 何なのよ」
カヲル「前々からみんなに言おう言おうと思っていたことがあるんだが、今言うよ。
    こんなところで言うのは申し訳ないとも思うんだけど……今言わなければ僕は
    無に還る時まで後悔するだろう」
ケンスケ「一体そりゃ何なんだよ」
カヲル「驚かないで聞いてくれ――実は僕の名前は『ダブリス』ではない。
    これが――僕の本当の名前だ……!」


Tabris


トウジ「だからダブリスやろ?」
カヲル「だから1文字違うっつーの! 読み方が! よく見てくれたまえ!」
レイ 「そういえば、以前本で読んだことがあるわ――アルファベットというのは
    時代や国によって読み方が異なるそうよ」
マユミ「マイケルがミハエルになったりするあれですか?」
カヲル「いや……別にそういうことでもないんだけど」
マナ 「フム……読み方が違うということは、つまり――






    …………ダブライス」

カヲル「そこじゃない!!」



145 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/02/06 16:15 ID:x/OMPPNI
>>142-144…今のネタすっげぇ面白ぇよ…

146 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/02/06 21:11 ID:Z+zTNpQ2
ダブライスワラ他

147 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/02/06 23:03 ID:Pisl3rb+
>>141
むしろ綾波そっくりなら尊敬もんだ

148 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/02/07 21:46 ID:JUfiMEbD
>>142-144 ハゲワラ

149 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/02/07 23:25 ID:Blx6Z6zL
>>142-144
ワロタワロタ

150 :余はいかにして三重スパイとなりしか・前編:04/02/10 03:03 ID:mz6SVIie
――201X年某月某日 内務省調査部

「俺今日から“バイト”だから、先に帰ってもいいかな?」
「ああ、がんばって行って来て」


――同日        ????

「今日からお世話になる加持リョウジです」
「おお、まあ掛けたまえ。じゃ、まず我々ゼーレがどのような活動を行っているのかを
説明しよう」
「あ……そういえばまだうかがっていませんでしたね。それを知らずに応募してきた
私も私ですが」
「左様……時に君はアダムを知っているかね?」
「アダム――というと、あの第一使徒でネルフのE計画の基になっているアダム……
ですか? あまりアダムに関心を払ったことはありませんが」
「エヴァの素体のアダムコピーは良いものを使った方がいい。サードインパクトの原因
にもなるしね……良いアダムが必要なら我々にいうといい」
「ということは――こちらの組織はアダムを製造・販売するところなんですね」
「う〜ん……惜しいが違う。だが『アダム』はかなり近いねー」
「アダムが近いということは……アダムを固める硬化ベークライトを作る組織ですか?」
「いや、ベークライトはちょっと遠くなったな……むしろアダムの方が近い」
「なんかクイズみたいになってきましたね……」
「……とにかくウチの組織の業務内容はちょっと特殊で、ひと口に説明するのは難しいんだ
――長くなるがよく聞いてくれたまえ。ひょっとして君は、卵からアダムを還元したら、それを
そのままエヴァンゲリオンにすると思っていたんじゃないかね?」
「え? はあ、そうだと思っていましたが……というよりアダムやエヴァのことをそこまで
深く考えたことなかったんで」


151 :余はいかにして三重スパイとなりしか・後編:04/02/10 03:08 ID:mz6SVIie
「まず……アダムというのは培養槽でコピーした後に、大事な後工程があることを一般の
人は知らない――」
  スッ……
「それは……?」
「『ロンギヌスの槍(レプリカ)』という道具だ――コピーしたアダムをこの槍で、叩く」

    エイ   エイ
      ポコ   ポコ

「…………」
「さわってみたまえ」
「あ……フカフカだ……!」
「左様。この作業をして、初めてアダムが素体としてネルフ各支部のもとへと届けられるのだよ」
「なるほど……つまりこの組織は『アダムを槍で叩く』仕事をしているわけですね」
「いやそうじゃなくて――この『ロンギヌスの槍(レプリカ)』を作っている組織なの!!
飲み込み悪いねー」
「……もう何がなんだかわからないんですけど……とにかく変わった組織なんですね……。
それと……私、諜報業を希望していたんですけど、この組織で一体誰の何をスパイすれば
いいんでしょうか?」
「もちろんこの『ロンギヌスの槍(レプリカ)』を買ってくれるお客さんをスパイするのだよ」
「誰が買うんですか、こんなモン……」
「ネルフの上層部だ……この『ロンギヌスの槍(レプリカ)』は熟練された技術がないと使えない。
とても素人に使える道具ではないのだよ」
「あなたさっき使ってたじゃないですか……で、どのように探ればいいんですか?」
「勝手に話するのを聞いてあげればいいだけだ……ネルフは男やもめばかりで、仕事や家庭
の愚痴を人に聞かせたい人間が多くてね。そこで君が雇われたわけだ!
……っていうか、ようするに誰でも良かったんだ!!」


「……たしかに仕事の内容聞いたら普通のスパイは帰りますよね……」

152 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/02/10 21:03 ID:ILStZqAk
151の冒頭は殺人的。

153 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/02/11 02:25 ID:s1cPwZ9N
なんじゃこりゃw

154 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/02/14 02:50 ID:Iy1hao5O
来週、今週号の続きをやる事に一票

155 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/02/14 19:34 ID:gBUKuoLR
アスカ「…ったく、何が荒らしよ。毎回毎回、くだらないことで
    騒いじゃってさ。今日はエヴァ板に私がカキコする日だから
    それどころじゃないっつーの…む、これは、『荒らし』だ!」
アスカ「このヤロー、良い根性してるじゃない! 私のカキコに
    ケチをつけるなんて! 
     『アナタが何をしようとしているのかわかりませんが
      自分自身が情けないと思いませんか? あまり調子
      にのらない方がいいですよ』…と」
アスカ「これで良し。む、マヤリンさんから即レスが…
     『荒らしには、反応しないほうがいいですよ』か…
    マヤリンさんには悪いけど、私には私のやり方があるわ!」

だがね(荒らし)「ふふ…荒らしをするのは楽しいなあ」

アスカ「くぅ〜、イライラするわ! 結局荒らしは止まなかったし
    おかげで、使徒戦でもシンジに遅れを取ったじゃない!」ドンッ
だがね「あ、す、すみませ…へぶぅっ!?」
アスカ「キャァァァ!! 変態!」 ドガッ! バキッ! ゴスゴスゴスゴス, ドガシャア!!

こうして、だがねはアク禁になった。しかしそれに伴いエヴァ板は強制IDに。
そしていま、任意or強制ID化を巡って投票が、行われる。

2/14(土)、2/15(日)開催。一人一日一票まで。
投票所:
http://jbbs.shitaraba.com/anime/bbs/read.cgi?BBS=720&KEY=1076439790
投票に至る経緯:
http://comic3.2ch.net/test/read.cgi/eva/1070787722/l50

156 :あ、メカ沢だが:04/02/15 03:14 ID:O/7autEM
「あ、メカ沢だが俺、本当に機械オンチなんだよな。」
「だが、ケンカなら負けねーな。」

って、
MAGI6基のっとてるし!

157 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/02/15 11:57 ID:zvIycTAz
>>61
がんばった! えらい!
だがそろそろマサルさんとのコラボもみたい!

158 : 山崎 渉 (^^):04/02/17 00:59 ID:ZOdKExqe

<<マタンゴが生えました>>
  /⌒\
 /∴∵∴\
(wWwWw)_________
 "⌒◎◎r⌒<糞スレのヨカーーン!!
 _-/し|-_  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 _-( ∀/-_ -
 ー_"二_ー     マタンゴ
 ※マタンゴの生えたスレッドは立派な糞スレ。
 ※見かけた糞スレにコピペすると吉。

159 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/02/17 02:25 ID:KoE8DLmK
このスレはゴケミドロのテリトリーなので、
マタンゴは出て行きなさい。

160 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/02/17 21:53 ID:ZeykYTMg
ttp://www002.upp.so-net.ne.jp/garu/movie/gokemidoro.html
ttp://www010.upp.so-net.ne.jp/tohoscope/matango.html

161 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/02/18 18:54 ID:0sNUQwhJ
http://www24.big.or.jp/~ker/poo/13.jpg

162 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/02/20 02:35 ID:???
隣に赤毛猿が座っている教室を想像できるかい?

163 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/02/21 10:30 ID:ynXyi6F9
赤毛猿VSメカ沢

164 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/02/23 08:07 ID:???
第16使徒アルミサエル襲来、ピンチに追い込まれるNERV――

「あ・・あれを見て!!」
「あ!!」
「零号機のコアが縮小してるわ!! 自爆する気!?」
「だけど・・・・自爆させていいのかしら?」
「大丈夫!! ゼルエルにN2爆弾抱えて特攻したとき、綾波が『わたしが死んでも代わりはいるもの』と
名ゼリフを残したという話を聞いたことがある――それほど綾波の命は軽いんだ!!」
「よし!! みんなでファーストから離れるのよ!!」
「オウ!!」
「しかしあのコ決断早いわね・・・・」
「巻き込まれるなよ!」
「あ!! 見て!!」
「A.T.フィールドを反転させて使徒を押さえ込んでやがるー!!」
「さすがレイだわ、やる事が違う!!」
「アイツが頼もしく見えてきたわね」
そして 第3新東京市から避難する事約3時間――
「あ〜、疲れた!!」
「本当にアルミサエルを倒せるのかしら?」
「ん?」
「あ・・・・十字架だ!! 間違いない!! あれは使徒が爆発したときの十字架だ!!」
「やったわ!!」
「わたしたち助かったのね!!」
「ありがとうファースト!! アンタのおかげよ!!」
「知らないの。多分、わたしは3人目だと思うから」
「あ!!」
「違う綾波だ〜!!」
「じゃ、アタシたちのファーストは?」
パチ、パチ…
↑炭になってる

165 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/02/26 22:00 ID:???
切れそで切れないメカ沢内部電源

166 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/02/29 01:12 ID:???
暴走時の声は若本規夫で

初号機「ゥウオオオオォォォォォォォォォ!!!!」
ミサト・リツコ「(なんて渋い声だ…)」

167 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/02/29 04:36 ID:???
カヲル「リリンたち!僕の分身をどこにやったのさ!」
シンジ「父さんの腕の中にはいっちゃってるけど…」
カヲル「巨人とすりかえるなんてふざけた真似するなんて!」
ミサト「大して変わらねーだろが」
シンジ「ミサトさん、言いすぎですよ!」

168 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/02/29 14:25 ID:???
シンジ「実は、エヴァに乗ることは、そんなに嫌じゃないんだ」

アスカ「そうなの?どうして、アンタはエヴァに乗るの?」

シンジ「エヴァに乗ると、父さんが褒めてくれるんだ」

アスカ「あんた、そんな事でエヴァに乗ってるの。バカじゃないの?」

シンジ「アスカには分からないよ、僕の気持ちなんて」

ネルフ本部

日向「大変です。碇指令が遊びで初号機に搭乗しています」

マヤ「初号機暴走!!こちらからのコンタクトを拒絶しています」

日向「分析パターン青。第3新東京市に突如使徒が現れました。」

マヤ「初号機。使徒に突進していきます」

ドカーン

マヤ「初号機大破。パイロットいえ碇指令は無事です」

日向「目標は完全に沈黙しました」

病院

ゲンドウ「すまなかったな、シンジ」

シンジ「あんた、なにやってんだ」

169 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/02/29 14:28 ID:???
シンジ「ジオフロントって、最強の要塞みたいなものですね」

ミサト「そうよ、人類最後の砦といっても過言じゃないわ」

シンジ「本当に凄いんですね」

ミサト「あたりまえじゃない。しかも、ネルフには最強のスタッフが揃っているのよ。ちょっとやそっとじゃ壊れはしないわ」

アスカ「あれ〜、二人で何を話してんの?怪しいわ〜」

シンジ「何を言うんだよアスカ!!」

ミサト「あら〜、アスカ気になるの。シンちゃんも隅におけないわね〜」

シンジ&アスカ「そんなんじゃないってば〜」



170 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/02/29 14:30 ID:???
上の続き
第7ケイジ

日向「初号機起動!!」

リツコ「ありえないわ、パイロットが乗っていないのよ。モニター急いで」

マヤ「モニター確認。碇指令が搭乗しています」

リツコ「また、前回もそうだけど、誰なの勝手にエントリープラグやら何やら操作してるの」

マヤ「確かに、一人ではキツイ作業ですね」

冬月「ニヤ」

青葉「・・・・共犯者の目星はつきますね」

日向&リツコ&マヤ「一人しかいないでしょ」

マヤ「初号機暴走。こちらからのコンタクトは一切通じません」

リツコ「構わないわ、総員待避して。こっちに来るわ」

マヤ「アンビリカブルケーブル切断。活動限界まで残り5分です」

ドゴ〜ン



171 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/02/29 14:31 ID:???
アスカ「最強の要塞も、エヴァにかかれば5分で凄いことになるわね」

ミサト「ええ、確かに」

司令室

ゲンドウ「すまなかったな。シンジ」

シンジ「あんた、何がしたいんだ」


172 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/03 03:52 ID:???
「でも、三十路の飲んだ暮れに命令されたくはないと思った」

173 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/04 02:38 ID:???
ま、こんなもんダロナ・・・。

174 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/04 16:13 ID:???
                       ,,,...、、- ‐r―― -- 、、
                  ,、 ‐ '""´      ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                 ,. ‐'"            ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
            ,、‐"           ,..、-‐ - 、..,,;;;;;;;;;;;;;;;;
            |            ,、‐"       `'‐、;;;;;;;;
            |         ,イ            ',;;;;;;
            |           ',            ,';;;;;;;  
            ,、‐|           '、          ,、'";;;;;;;; お前達一人一人は単なる火だが、二人そろえば炎となる!
             イ  |          `'‐ 、...,,,..、 ‐'''"´;;;;;;;;;;;;;;;; 炎となったガンバスターは・・・・無敵だ!!
.          ',.  |                 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 
          `、. |                 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; 

175 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/04 20:58 ID:???
↑モヒカンなんですか?

176 :かちょばかネタ:04/03/08 18:52 ID:???
『青葉』ネルフ入社試験編

社員「それでは青葉君、自己紹介をお願いします」

青葉「はあい!!わたくし青葉シゲルと申します!!
    趣味はギターとゴルフです!どっちもスウィングしてます!!
    入社したあかつきにはこのネルフも見事にスウィングさせてみせましょう!
    つまり私がこのネルフでやりたい事とは



    
    ………このネルフ何やってるんでしたっけ」

社員「はい、じゃ次の人」

177 :かちょばかネタ2:04/03/08 19:04 ID:???
Nerv 新兵器化カタログ

新型兵器 “汎用人型決戦兵器エヴァンゲリオン 初号機&弐号機”

技術の無駄遣いの決定版。
「使徒をこらしめるエヴァ」と「こらしめられて落ち込んだ使徒をなぐさめるエヴァ」のコンビ。
弐号機が使徒を完慮無きまでに打ちのめし初号機が慰めた。
初号機は、第壱話で登場したエヴァの(パイロットの)発展型と思われる。
弐号機を作るあたりが碇の懐の深さを感じさせた。だからって作るなよこんなモン(笑)。

178 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/10 21:05 ID:???
今週号まだ読んでないけど、
「ま、こんなもんダロナ・・、」と一応言ってみる。

179 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/11 20:51 ID:???
さっきコンビニで立ち読みしてきたので、
「ま、こんなもんダナ・・、」と一応言ってみる。

180 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/12 02:27 ID:???
ちょんまげ

181 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/16 20:31 ID:wEH9aLYu
転がしてやる転がしてやる転がしてやる転がしてやる転がしてやるころがしてやる転がしてやる
転がしてやる転がしてやる転がしてやる転がしてやる転がしてやるころがしてやる転がしてやる
転がしてやる転がしてやる転がしてやる転がしてやるっ……!!
 



182 :愛の人類補完計画 突っ込み話の方向で:04/03/18 14:51 ID:???
碇ゲンドウ 人類の補完計画に挑戦 
※解説 人類の補完計画とはこの世に住む人類全てをLCL化にしてパワーアップさせる作業です

ゲンドウ「『人類補完計画』とはNerv総司令にとって初歩の初歩である。
      今回サードインパクトを成功する上ではさけて通れない道なのだ―
      まあ、やり方は「リリス」というレイをアダムに触れさせるだけの単純な作業だが
      甘く考えてはならない。
      一番気をつけなくてはならないのが「静電気」。
      このリリスというのは静電気に触れただでオシャカになってしまう。
      今はいっぱいレイを作っておいたりするワケだが
      (ネルフ調査)このレイがいっぺんにパーと消されたワケだ…これは非常に怖い。
      …で静電気というのはなぜ発生するのかというと――
      服を着て体を動かすと肌と服がこすれ合って静電気が帯電していくのだ。
      つまり服を着ていると常にこの静電気がたまっていくことになる―
      そこで私は考えた…完璧に静電気を防ぐ方法はないかと―」
レイ「…………………………………」



(服を脱いで)
ゲンドウ「よし      む…」
レイ「……………」

(レイも服を脱いで)
ゲンドウ「よし」
レイ「………」

183 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/18 20:56 ID:???
そーいや、あの男いったい何者なんだろーな?
やたらプライベートな空間にもアタリマエのように座ってるけど。
本当に実在してるんだろーか?

184 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/18 22:34 ID:???

救世主
「なあ、モヒカンってホントはホーク族の髪型だって知ってるか?」

聖戦士
「ハァ? 髪の毛が何か関係あるのか?」

185 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/21 22:03 ID:2AFeFg4K

私の名前は 碇 ゲンドウ

日本の国連機関である

NERVの司令にして、ゼーレの一員・・・

金と権力・・・そして魅力・・・

全てを兼ね備えた男だ

まさに指導者となるために生まれてきたと言えよう

そんな私の最大の汚点は

間違えてクロ校に入学してきてしまったことだ



186 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/21 22:08 ID:???
>>185
ワラタ
続編待ってるぞ

187 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/22 14:04 ID:???

マヤ「お腹空きましたね、先輩・・・」

リツコ「そうねマヤ、なにか食べていきましょうか。
    勿論私の奢りで良いわ。」

マヤ「え・・?本当ですか先輩!?・・・じゃぁお寿司で。」

リツコ「いいわ、じゃぁそこのお店にしましょう。」

マヤ「お寿司なんて久しぶりですよ。」

リツコ「(ガララ・・・)」



リツコ「・・・」

マヤ「・・・」



ゲンドウ「・・・」





188 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/24 14:08 ID:???
      _,..--------..._  
     ;(         ); 
     | `` ------- '´´.|  私が死んでも代わりはいるもの
     |⊂⊃  ⊂⊃  |  
((__))  ,|、__     _,...--'7
 ||  / `--`-v--'´--''´~\
 ``=|,,,,,;;       ;;;;;;;;; ;;; >
   └'´|;;;;  O   ;;;;;;;;;;;|`'||
     |;;;;  O   ;;;;;;;;;;;;| ||
     | ;;;;  ∧   ;;;;;;;;;;;;;|((~)) 
     't--、_ハ__,... ----┤      
      ``||~```~~~~||~ ̄    
       .||、     .||、    
     /  >    <  \        
     <__/      \__ >


189 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/24 14:10 ID:4qpajW3j
ワラタw

190 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/24 14:56 ID:???

シンジ「あ、おはようございますミサトさん。」

ミサト「ねぇ…ちょっとひとつ聞いてもいい?」

シンジ「ん?何ですか?」

ミサト「何のために毎日毎日エヴァに乗って
    死ぬかもしれない事をしているの?」
    
シンジ「うーん…何だろ…?
    なんて言ったらいいのかな…
 
    僕たち人間ってのは無意識に
    「居場所」を求めてるんじゃないのかな?」

ミサト「居場所?」

シンジ「人間ってのは みんな1人ぼっちだと思います…
     
    心に何か後ろ暗いモノを背負っていたりします…
    やっぱりみんな居場所がないんでしょうね…」

ミサト「・・・・・。」


191 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/24 14:57 ID:???
ミサト「この先いったいどうすれば良いの…?
    カジ君が死んで拠り所をなくした私は
    もう生きていく自信がない…
   
    自分のあり方に悩みながらも
    いつも通りネルフへとただ足を進める私…

    逃げ出したい…、慰めてほしい…
    ほんと、これじゃぁシンジ君と同じね…」


シンジ「あ、おはようございますミサトさん。」

ミサト「ねぇ…ちょっとひとつ聞いてもいい?」

シンジ「ん?何ですか?」

ミサト「何のために毎日毎日エヴァに乗って
    死ぬかもしれない事をしているの?」
    
シンジ「うーん…何だろ…?
    なんて言ったらいいのかな…
 
    僕たち人間ってのは無意識に
    「居場所」を求めてるんじゃないのかな?」

ミサト「居場所?」

192 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/24 14:58 ID:???
シンジ「人間ってのは みんな1人ぼっちだと思います…
     
    心に何か後ろ暗いモノを背負っていたりします…
    やっぱりみんな居場所がないんでしょうね…」

ミサト「・・・・・。」

シンジ「たしかにエヴァに乗ることは苦しいこと辛いことです。
    下手をすれば死んだりするかもしれません。

    でも…居場所あるだけマシだと思います。

    そこには仲間がいて認めてくれる人がいてとても安心する…
    
    そんな所だけど確かに存在してくれるから
    僕たちが生きていけるのではないのでしょうか?」

ミサト「……そうね、きっと…」

シンジ「何にもない僕でも…そんな居場所でもあるだけ幸せだと思います。」

193 :完結編:04/03/25 20:39 ID:???

   (省略)

○○○「無くなってるし・・・・・」

194 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/26 02:17 ID:???
ひょっとしてトイレの真下か?

195 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/27 02:40 ID:???
ふと思ったんだけど、50年前って言ったら1954年。
つー事は、元祖ゴジラが・・・、
関係ないか? ・・・ないだろな。

196 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/31 18:10 ID:???
寿司屋に使徒が勝手に上がりこんでいた
碇「で・・・どうするんだ?」
冬「・・・え?いや・・・どうするって・・・」
店主「そりゃネルフを呼ぶしかねーだろ!!」
冬「そりゃそーだよな・・・
  けど いきなりネルフってのも穏やかではないな」 
碇「うむ・・・私もそう思うこの状況で警察を呼ぶのはおかしいな」
店主「おい 何がおかしいんだ?」
碇「いいか店主よく聞け
  もしも店にドロボーが入ったらどうする?」
店主「警察」
碇「そうだ・・・
  じゃ店が火事になったとしたらどうする」
店主「消防車」
碇「その通り
  じゃ店に『使徒』が入ってきた時は・・・?」
店主「・・・店に使徒が入ってきた時・・・
   う〜ん・・・そうゆうふうに言われるとなんだかネルフじゃ無いような
   気がするぞ・・・」
碇「だろ?店に使徒が入ってきてネルフを呼ぶなんて話あまり聞いたコト無い」
冬「・・つーか店に使徒が入ってくるコト自体聞いた事無いが
  けど・・・だったら何を呼べばいいんだ?」
店主「いやそんな議論はどうでもいいんだよ!!」

197 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/04/01 23:02 ID:???
時田「なんだと!?一体それはどういうことだ!?」
社員「まさか…こんなことになるとは…」
時田「今更どうすんだよ!?」
社員「もはや手遅れかもしれませんが…やはり…世間様に伝えるべきかと…」
時田「………」
社員「…ですが…」
時田「世間様(特にNerv)に言える訳ないだろ!



    JAの中に人が入ってただなんて…」
中の人「この中ホントに暑いんですけど…」

198 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/04/04 02:21 ID:???
放電

199 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/04/04 09:21 ID:???
∩゚∀゚∩age

200 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/04/04 09:21 ID:???
200

201 :迷ってます。:04/04/04 22:52 ID:6Lrp5Y02
ガチャピンの中の人とどっちがたいへん?

202 :テレビ超怖ぇ:04/04/06 08:52 ID:oGhXdGVs
フレディが使えない

203 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/04/08 20:37 ID:???
夢だな・・・、

204 :あかしや:04/04/08 23:23 ID:???
今マターリとエヴァのOPのクロ高版作ってるんだが
できたらうpしてもいい?
初MADだからショボイと思われるが

205 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/04/08 23:47 ID:???
>>204
構わないよ。 ってかむしろうpしてくださいお願いします
最近ネタに飢えてんのよ…

206 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/04/09 02:29 ID:???
夢オチっつーか、翌日目覚めた林田が
「やっぱ夢だよな・・」とか納得してるトコロに、
メカ沢背負った猿神山が現れる、 つー展開になれば・・

207 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/04/10 20:40 ID:???
課長バカ一代

リ「当惑するのも無理はないわね。アスカにしてみれば、葛城君を裏切ることになるんですから」
ア『葛城 葛城って・・・だれだ? あ そっかうちのミサトのことだ
 ミサト ミサトって呼んでるから名前忘れてた』
リ「だけど、情に流されててはだめよ。要領よく立ち回らないと」
ア『もう少し派閥について勉強しておけばよかった。 だけどこれだけは聞いておきたい』
リ「何か質問があれば、遠慮なく聞いて頂戴」
ア「ずばり年会費はいくら?」

冬「葛城君、最近遊んでいるかね?」
ミ「いえ、最近はちょっと忙しくって」(大嘘)
冬「いかんよ!若いうちは遊んでおかないと」
ミ「はあ・・・・」
冬「ついてきなさい!大人の遊びというものを教えてやろう!!」

ア『若いうちは、遊んどけ・・・・いい言葉ね、使ってみたい』
ア「シンジ シンジ 最近遊んでる?」
シ「え?まあいちお・・・・」
ア「いや遊んでないわ・・・ついて来なさい 大人の遊びというものを教えてあげるわ・・・・」
      パーーーン    パーーーン
シ「あの アスカこれはいったい・・・・」
ア「何いってるの?大人といえばキャッチボールでしょ?お子様はサッカーよねー」
シ「いや大人の遊びは、夜とかに・・・・・」
夜の公園  パーーーン   パーーーン
ア「どうしたの楽しくないの? これだからお子様は・・・・・・」
シ「いや大人の遊びといったら、ラブホテルとかで・・・・・・」
ラブホテル内   パーーーン パーーーン
シ「あの もう帰っていいですか?」

サイボーグゲンドウ「仕事しないやつはどいつだーーー」
スパイの加持「ぎゃああああああ」

208 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/04/14 23:39 ID:???
今週載ってて良かった。

209 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/04/16 02:22 ID:???
しかし、ホントにあの男は何者なんだ?

210 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/04/16 15:08 ID:???
綾波のクローンだろ

211 :焼き直し:04/04/17 02:20 ID:???
むしろお迎えレイに近い気が・・・

212 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/04/22 02:49 ID:???
せんせぇ〜〜〜〜!!!

94 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)