5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

きゃぁ!!何よバカシンジ!!やめ…や…あんっ

1 :えらいっ:04/03/18 23:48 ID:22vvBPJw
            __,.-----.,___
          r'~:::::_,,,_:::::::::::::::ヽ
          |:::r'~  ~"""''-、::|
          |;;| ,へ、  ,.ヘ、.|::|
         r'レ'  .・ .::::::. ・  .'y^i
         ゝ'、   '、___,'.  ,;'-'
           '、  ----  .,;'
            ';、     .,;'
              ̄ ̄ ̄
                 ┌───────────┐
                 │ こんな すれを まじで  │
                 │ひらいちゃって どうするの │
                 └───────────┘
                                 、
                                .!~二~7
                                _7^[_,i

2 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/18 23:49 ID:5PFLKRLg
三次元より二次元

            ∧_∧
     ∧_∧  (´<_`  ) アニメっていいよね
     ( ´_ゝ`) /   ⌒i
    /   \     | |
    /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
  __(__ニつ/  FMV  / .| .|____
      \/       / (u ⊃
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



3 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/18 23:49 ID:???
http://comic3.2ch.net/test/read.cgi/eva/1079619718/7

4 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/18 23:50 ID:???
http://comic3.2ch.net/test/read.cgi/eva/1079619718/7


5 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/18 23:50 ID:???
すみません、トイレはどこですか。
うんちが漏れそうです。

6 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/18 23:51 ID:???
http://comic3.2ch.net/test/read.cgi/eva/1079619718/7


7 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/18 23:53 ID:???
続きキボンヌ

8 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/19 00:03 ID:???
>>7ほい
http://comic3.2ch.net/test/read.cgi/eva/1046863143/l50

9 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/19 00:32 ID:???
白い巨根マンセー

10 :名無しが氏んでも代わりはいるもの :04/03/19 03:12 ID:???
(;´Д`)見事に騙されますた

11 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/19 03:13 ID:???
わかってたんだ
わかってたんだけど

クリックしちゃうんだな、コレが

12 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/20 00:24 ID:???
レスは11しかないが、開いてる自分含むゴミは想像の1000倍はいるでしょう。

13 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/20 06:51 ID:???
>>12バレましたか・・・w

14 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/20 15:39 ID:tkDqCybc
スレタイでヌキますた。

15 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/20 15:40 ID:09DBoweI
ナルホドー!
今分かったよ…騙されたって意味が…
漏れはカスだ…

16 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/20 15:50 ID:???
ここはエロLASFF職人さんの降臨を待つところだな。

17 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/20 16:03 ID:???
_ト ̄|○

18 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/20 16:11 ID:???
先生、宿題忘れました

19 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/21 00:15 ID:???
廊下で勃ってなさい!

20 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/21 14:06 ID:???
うわー ひとこ゛ろしー

21 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/22 01:08 ID:???
「きゃぁ!!何よバカシンジ!!やめ……や…あんっ」
挑発したのはアタシの責任だけれど、本当に襲ってくるとは露程も思っていなかった訳で、
このシチュエーションは想定していなかった。
風呂あがりにバスタオルを巻いただけでシンジの前に立ってみたり、
少し大きめのサイズのハーフパンツをはいて隙間からショーツが覗けるような格好で
目の前に座ってみたり。
元々、あいつがなよっとしていて「あんた、ホントに男なの!」って背中を叩いてやりたい
気持ちからはじめた事だったんだけど想像以上の効果で、アタシ大ピンチってところ。
そりゃ、何時かはこんな事もあるかなとは思っていたけど、さすがに今その時を迎える
なんて考えていなかった。

「ちょ、ちょっとやめ……んぁ」
アタシの背中にゾクゾクと甘い痺れが走る。
後ろから抱きしめられて、ブラの上から軽く触られているだけなのに感じはじめてしまう。
「ほんとにやめな……ぅん……あっ……ひゃん!」
シンジがアタシの髪に顔を埋めながら首筋に息を吹きかけた。
それを合図にしたのか、甘い痺れは背中からじんわりと体の前面にも広がってくる。
特にじらすように乳房の部分ばかりが触られている胸が熱くなってきて、
外周から頂上へ、ゆっくりと登るようにその熱は伝わってきた。
でも、頂上へは登り切らない。
シンジの手がなでている辺りはジンジンと燃えるように熱いのに、
その熱の残り香が頂上付近へとせまってくるというのに……。
なかなか一番上へとは登ってきてくれない。

22 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/22 01:35 ID:???
続きまだー?(*゚∀゚)=3

23 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/22 01:36 ID:???
強い葛藤が起こる。
このまま流されてしまうべきか、ここで拒絶するべきか。
多分、そこに到達してしまったらはねのけるだけの意志が発揮できる自信が無い。
後は野となれ山となれ。
行くとこまで行ってしまう。
そんな気がした。
相手としては文句無し。なんのかんのとアタシの心に納まったヤツだ。
多少情けなくてウジウジしてて、むかつくことも多いけど
アタシの背中を任せることができるほとんど唯一の男といってもいいヤツだし、
何より間違いなくアタシを見てくれる。アタシだけを見てくれる。
はじまりとしてはサイアクだ。
そりゃあ、言葉より前に体から始まる愛がないとは言わない。
かといって、アタシ自身がそうなることはごめん被りたい。
一応、ロマンチックな乙女の夢なんてものも持っているのだ。

しかし、そんなアタシの葛藤なぞお構いなしにそれはじんわりと攻めてくる。
想像してみて欲しい。
かゆくてかゆくてたまらない虫さされ。
肉体的な欲求としてそれを我慢することがどれだけ辛いかを。
今、まさに熱が、痺れが、かゆみが胸の頂上のすぐ手前にせまってきていた。
「……んぅ……ふぅん……ゃぁ」
相変わらずシンジの手は周縁部を触るだけで肝心な部分にせまってくれない。
ブラの中でアタシの先端は硬く尖っている。
体は『早く早く』とせかしてくる。
自慰行為と比べて何とももどかしく、でもそれだけに数倍ものドキドキと悦びを
感じているこの状況。
アタシはぎゅっと目をつむって心を決める。

24 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/22 02:00 ID:???
「もっと……」
「ごめん……アスカ」
アタシの声に重なるようにシンジの声が響く。
そして、アタシの肩をつかむと体を勢いよく引き剥がす。
後ろ向きだからシンジの顔は見えないけれど……わかる。
今、泣きそうな顔をしているに違いない。
「ごめん……僕、どうかしてた。許してもらえるとは思えないけど……」
心を決めてしまったアタシにはあまりにもあまりにもな言葉。
急速にアタシの体の火照りは冷めていった。と同時に熱が頭に一気に移動する。
「ちょっと、アタシは決めたのよ。このまま流されてやるって!
それを何?今さら『ごめん?』
じょーだんじゃ無いわよ!このバカ!大バカが!!!」
涙が頬を伝う。
決めたのに。
せっかく流されてやるって決めたのに!
あまりの怒りに我を忘れる。
「こんなスレ開いた私がバカだったのよ!ネタは最低!FFも最低!読んでるやからも最低!
えぇえぇ、もう好きにすれば良いじゃない!誰もアタシの事なんて好いてくれないのよ!
壊れてやる!徹底的に!もう最低!!」

というわけで、ご立腹なアスカさんを救ってくれる良質なFFを希望↓

25 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/22 09:33 ID:???
│↑
└┘


26 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/22 16:49 ID:???
>>24
│┌┐
└┘↓


27 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/22 20:00 ID:???
      ├←┐
      ↓  ↑
      └→┘

28 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/22 20:01 ID:???
   ├←┐
   ↓  ↑
   └→┘

29 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/22 23:14 ID:DgllKRV1
壊れてやる!徹底的に!
アスカは、まずいまだ誰にも見せた事の無い怒張した超巨根で
シンジの眼球をぶち抜いて亀頭にテラテラと光る脳漿をこびりつかせた。
↓つづき希望

30 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/22 23:43 ID:???
│    _、 _
│  ヽ( д` ; )ノ
│ へノ   /
└→ ω ノ
       >


31 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 01:54 ID:???
アスカが息を吹きかけると
シンジの体は一瞬でばらばらに解体され
辺りに四散し
首から脊髄をひきずりながら
目玉を頭蓋骨から押し出しながら
「こんなばらばらでいきてるなんていえるのかな?」

つづき↓


32 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 02:14 ID:???
しかしシンジは人間とは思えないような再生能力をみせる。
そして元の姿に戻ったしたと同時に部屋のパソコンの電源をつけ
2chの某板を訪れた。
そこでシンジはこんなスレと邂逅した。

『きゃぁ!!何よバカシンジ!!やめ…や…あんっ』

つづき(;´Д`)↓

33 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 02:15 ID:???
―――チャポン

「……………はっ!」

―――チャポン

天井から落ちた水滴が湯船に落ち、静かな湯船に響き渡る。

「……寝てた?」

肩まで浸かっていた身を起こし火照った身体を外気に晒す。

つづき↓

34 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 02:21 ID:???
さびしさは鳴る。耳が痛くなるほど高く澄んだ鈴の音で鳴り響いて、
胸を締めつけるから、せめて周りには聞こえないように、私は
プリントを指で千切る。細長く、細長く。紙を裂く耳障りな音は、
孤独の音を消してくれる。気怠げに見せてくれたりもするしね。
発緑体? オオカナダモ? ハッ。っていうこのスタンス。
あなたたちは微生物を見てはしゃいでいるみたいですけど(苦笑)、
私はちょっと遠慮しておく、だってもう高校生だし。
ま、あなたたちを横目で見ながらプリントでも千切ってますよ、
気怠く。っていうこのスタンス。

つづき↓

35 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 02:47 ID:???
 ( ゚д゚)ポカーン

36 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 02:54 ID:???
14 :名無しが氏んでも代わりはいるもの :04/03/23 00:53 ID:???
アスカ「シンジ、キスしよっか。」
シンジ「…」
アスカ「どうしたの?したくないの?」
シンジ「…その…カヲル君が…」
アスカ「あのホモ男がどうしたのよ?」
シンジ「…その…カヲル君と…」
アスカ「…この男色家がぁ!!!」
シンジ「(ポッ)」
アスカ「 キモーイ!!!ならお望み通り、その股間の不要物を切り取ってやるわ!」
シンジ「うわっ…やめてよアスカ!死んじゃうよぉ!助けてカヲル君!!」
アスカ「殺してやる殺してやる殺してやる…息子共々殺してやる」
カヲル「パイプカットはいいねぇ。リリンが産みだした(ry」

37 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 03:31 ID:???
>>34の何処に続きが書ける要素があるのかと…。

38 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 12:19 ID:???
>>37
てかコレは「蹴りたい背(ry

39 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 16:21 ID:???
仕切りなおしで>>35の続きを書け。

_| ̄|○

40 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 18:57 ID:???
 ( ゚д゚)ポカーン
シンジはまた自分の人生に今後死ぬことくらいしか予定が無い事を
思い出し、すこし悲しくなりつつ机の引き出しからお年玉の袋を取り出し
蛍光灯に透かして見た。
2,3秒、見つめた後、目的も無くなんとなくパソコンの電源を入れると、
パソコンはなんとなく大爆発し近隣八カ国を無かった事にした。

41 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 19:09 ID:???

幸い、シンジは玉が上がったくらいの軽傷で済み、
なんだかんだで盗んだマグナで北へ逃げた。
そのころのアスカと言ったら、ポケットにアルバイトで貯めた
5万円だけを秘め、広島から東京へ向かう夜行へ乗っていた…
「あたしは音楽をやる!星(スター)になってやる!」
7年後のアスカはこう語る…”成り上がり、大好きだね、この言葉”
↓(広島篇・完 横浜篇へ続く)

42 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 19:21 ID:KG6qTYY/
 アスカは、五万円でギターを買った。
ギターなんて触ったこともなかったが、彼女には
天からのプレゼント‐人並みはずれて大きな左手、
(11歳の時で親指と小指の先端の間が207cm)があった。
毎日、6時間は練習した。左手はもっと大きく、しなやかになっていった。

 ‐あたしは、やれる‐ 不安が、自信に変わった。

 2ヶ月で、小陰唇で羽ばたいて空を飛べるまでになった。
その特技をアピールして就職に成功した先物取引会社での初出勤日、
アスカを舐め回すように湿った視線で犯す男が…
彼女の直属の上司、碇シンジと4度目の出会いだった。


43 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 19:33 ID:???
 シンジは、アスカにハイライトの箱を手渡した。
「覚えてたんだ。私のタバコ。」
「…珍しいから。ハイライト、女の子で。」

 アスカは胸が少ししめつけられた…
実際、シンジがアスカの背中をぶち破って心臓を握りつぶそうとしていたのだから。
「どうして、また会うんだろうね。」次の言葉は飲み込んだ。
 定時、シンジはアスカを誘った。
アスカは、断った。もう、あの店に二人では行けなかった。
 そして、走り出した。

「どうして、走っているの?」

「ただ、 な ん と な く だ ! 」 


44 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 19:43 ID:KG6qTYY/
翌日、二人はなんとなく苦かった…
話し掛けることすら、できなかった…。
アスカは、そっとレコードを猛毒の16文に変える為に立ち上がった。
バカシンジの一番好きだったレコード…
レコードに針を落とそうとした瞬間、そっと手に何かが触れた。

シンジだった。

「出よう。」
「どうして?」 アスカは戸惑った。
「いいから、出よう。」 シンジの目は真剣だった。
「…わかった」二人は、「16も〜ん!」の鳴り続ける部屋を無言で後にした…
「…どこに行くの?」重い沈黙を破ったのは、アスカだった。
シンジは立ち止まり、アスカの目を見て言った。
「ベッドの下に鎌を持った男がいたんだ。」
      ↓なんか乗ってくれる人続き希望

45 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 20:07 ID:???
シンジの使っているライター、新大久保で買った
「大久保」と江戸文字で彫ってあるライターもあの頃のままだった。
マジックで「清」と書いた落書きもあの頃のままだった。
なにもかもがあの頃のままなのに、かわッちまったのはアタイの心よ…。
アスカは少し泣いた…。
シンジも声を上げて泣いた…。
アスカは負けじと鼻水を噴射しながら泣いた…。
シンジもそういう事ならと黄色い胃液を吐きながら泣いた…。
アスカはこれならどうだと額に電動ドリルで穴を開けて血飛沫で虹を描いて泣いた…。
シンジはここで下がればロックじゃねぇとひいてはいけないカードをひいてしまった!
 ↓

46 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 20:08 ID:???
>>45>>44に続いてないと思うんだがどうか。

47 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 20:16 ID:???
その、一部始終を鎌男が見ていた。
目撃者のいない殺人事件…捜査は困難を極めた。
鎌男は証言をするだろうか?
9時から18時まで山パンでアルバイトしている鎌男には
その時間がなかった…ッ! ↓

48 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 20:26 ID:???
「まぁ、そう言った経緯でなんだかんだで音楽の業界に
関れるようになったわけよ。
 鎌男のベースも最初は…(笑)…あ、想像しなくていいよ。
それよりもっと酷いに決まってるから(笑)
 最初のライブの時、シンジがアタシに口に含んだ水をぶっ掛けたんだ。
今でもやってるけどね。『汗、かいてるっぽくてカッコいいだろ?』って。
そん時かな…初めて不安が無くなったのは。今でも、こりゃヤベエなって時は
やるんだ、『儀式』、水ぶっかける奴ね。シンジは、ビビリだけど、ここ一番って時は
頼りになるんだよ。ホント、感謝してる。」 ↓ 

49 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 20:28 ID:KG6qTYY/
何人でループしてるのでしょうか。
>>46そういう問題ではないと思う。

50 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 20:29 ID:???
>>49
続いてなきゃ意味が無いでしょ!!スレ違いでしょ!!
だから続けろ藻前様方。

51 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 20:30 ID:KG6qTYY/
だれかあらすじ纏めてくれ…

52 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 20:33 ID:???
 さて、話を当時に戻そう。
アタシ達は鎌男の事はすっかり忘れていたね。本気で。
あ、また忘れそう。なんだっけ、ほら、あれ、シンジにキスしよって
アタシが言って…え、ほら、ねえってば、聞いてる?え、マジ?生きてる?
↓ 

53 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 20:34 ID:???
糞が↓いねAA

54 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 20:35 ID:???
   ヌプッ!
アスカ「あんッ!」
シンジ「ウッ!」

   完

55 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 20:45 ID:???
55まで行っただけで奇跡

56 :あらすじ:04/03/23 20:49 ID:???
「きゃぁ!!何よバカシンジ!!やめ……や…あんっ」
日頃ヘタレな部分しか見ていないアスカはシンジを挑発。
どうせ襲ってこないだろうと高を括っていたアスカを裏切り、シンジはアスカを強襲。
嫌がりながらも襲われている事に快感を高め、流れに身を任せる事に決めたアスカに対し、シンジは途中で棄権。
憤慨したアスカはシンジを惨殺。
だが使徒ばりの再生能力を持ってシンジは復活、インターネッツで『きゃぁ!!何よバカシンジ!!やめ…や…あんっ』というスレと邂逅した。
という夢を湯船に浸かりながらアスカは見ていたが、『スタンス、スタンス』言う電波を受信。
そのまま「シンジ、キスしよっか」という伝家の宝刀を抜くもホモ使徒カヲルにシンジを取られやはり憤慨。
そんなアスカを無視しシンジはお年玉袋を眺めつつPCのスイッチをON、近隣八カ国を大爆発で無かった事に。
だがシンジは幸いにも睾丸が上がった程度の被害で済んだ。
その頃アスカは五万円だけ持って広島から東京へ上京。
「あたしは音楽をやる!星(スター)になってやる!」
その二ヶ月後小陰唇で羽ばたいて空を飛ぶという特技で先物取引会社に就職。
だがそこにはアスカを視姦する彼女の上司になったシンジがいた。
シンジは速攻でアスカを誘い、走り出す。
「ただ、 な ん と な く だ ! 」
翌日二人は何となく苦く、どこかの部屋で二人きりの時を過ごす。
と、シンジが急に立ち上がりアスカを誘い表で連れ出す。
そこで、シンジは驚愕の事実をアスカに告げた。
「ベッドの下に鎌を持った男がいたんだ。」


57 :あらすじ2:04/03/23 20:51 ID:???
その台詞をサラリと聞き流しアスカはシンジの持っている「大久保」と江戸文字で彫ってあるライターを気にとめた。
何も変わっていないシンジと変わってしまった自分との差に哀しみ汚物と共に涙を垂れ流す。
その一部始終を9時から18時まで山パンでアルバイトしているベットの下に居た鎌男が見ていた。
何の事件の捜査かは判らないが目撃証言をしてほしいと頼まれた鎌男はそれをスルー。
シンジ、アスカとバンドを組む。「ホント、感謝してる。」 
後にインタビューに答えたアスカは二人の事をそう語った。
その後アスカとシンジはベットIN。アスカ「あんッ!」 シンジ「ウッ!」
念願のシンジとのベットインを果たしたアスカはこの後どうなるのか。
それは、作者しか知らない…。

58 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 20:53 ID:???
>>56
今度誰かに鎌男の話する事があったらソレ言うわw

59 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 20:56 ID:KG6qTYY/
町野変丸が「成り上がり」をカヴァーしたらこんな感じでしょーね

60 :>>46=50=56:04/03/23 21:01 ID:???
まぁなんか頑張った、漏れ。

61 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 21:03 ID:???
その3ヵ月後…アスカは自分の胎内に小さな命の灯火を感じた。
子供なんて、絶対欲しくなかったのに…!
シンジも、異変に気付いていた。
いつもならアスカは怒張した88cmの男根を132°の角度に上げると
ほぼレオポンと同程度の知能になるはず、しかしアスカは
勝手に和室の欄間の上に巣を作って卵を温めつづけている。

…二人は、結婚した。子供は元気な男の子だった。名前は、
「亜土夢(あとむ)」と名付けた。
 …やがて、亜土夢は中の下程度の会社に就職し、
「亜土夢係長補佐」という情けない肩書きを手に入れる…

62 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 21:12 ID:???
アスカ、シンジ共に2回づつ死んでいるのですが。

63 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 21:22 ID:???
二人は、ささやかながらけっこん式をあげました。
森のお友だちたちもいっぱいきてくれました。
くまさん、うさぎさん、バンビちゃん、
おやおや、ぞうさんもとおくからきてくれました。
ぞうさんは、とおくの国の王さまからきぬで作ったドレスを
もらってきてくれました。
アスカもシンジも、とってもよろこびました。
ぞうさんは、言いました。
「あ、その服バカには見えないから。」

64 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 21:24 ID:???

「マンマー」


65 :遊人:04/03/23 21:24 ID:rtHpzmwy
>>56
ワロタ

66 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 21:27 ID:???
「大久保」「清」というセンスのかけらも無いギャグワロタ

67 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 21:28 ID:???
「そいつは困ったな」
目を見合わせる二人…二人!?
三人!?いや…四人…五人…シンジは、増殖している!
地球、危うし!  ↓

68 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 21:33 ID:???
増殖するシンジ…
何人?!もう、数えられない!
焦るアスカ、増殖するシンジ…
シンジが四つんばいになる、アタシを狙ってる!?
血走った目、獲物を狙う野獣のような姿勢のシンジが隊列をなして…
 殺 さ れ る !
いや、その列の上にまたシンジ、その上にまたシンジ!?
わかった!シンジの目的は 「組体操」 だ!!!

69 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 21:41 ID:???

「さぁ、アスカ、ピラミッドの頂点は君の物だよ」
「そんな…」


70 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 21:44 ID:KG6qTYY/
>>62
アスカは3回死んでるっしょ。
シンジは一回はアスカの夢の中だからセーフ。

71 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 21:58 ID:???
シンジはみるみるうちに増殖し月にまで達する巨大な塔を築きあげた。
そしてその塔をつかい人類は月に初めての植民都市を築き上げた。
アスカ「なによ!わたしにも小陰唇で空を飛ぶって特技があるんだから
月に植民都市くらい簡単につくれるわよ!傷つけられたプライドは三倍にして返してやるわ!!」

72 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 22:03 ID:???

しかし…小陰唇で飛ぶ技、あれは体力を使いすぎる…
病み上がりの体には、キツイのよ!
でも…飛んでやる飛んでやる飛んでやる飛んでやる飛んでやる
飛んでやる飛んでやる飛んでやる飛んでやる飛んでやる飛んでやる
飛んでやる飛んでやる飛んでやる飛んでやる飛んでやる!!!!!

飛べた!飛んでる!アスカ飛んでる!駆け寄るハイジ!
飛んだ飛んだ!アスカが飛んだ!!!!!!!!!!


73 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 22:09 ID:???
初めてエヴァ板みたのですがこういう展開って日常茶飯事なんですか??

74 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 22:10 ID:???
飛翔
滑空
旋回
急上昇!
太陽に近づきすぎたアスカのつばさは
みるみる溶け
アスカは
くらいくらい海のそこへ
落下し…

75 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 22:14 ID:???
…海底に沈んだアスカ。
はじめて およいだ うみのそこ とっても きもちが いいもんだ
おなかの あんこが おもいけど うみは ひろいぜ こころがはずむ 
ももいろ サンゴが てをふって アタシの およぎを ながめていたよ
まいにち まいにち たのしいことばかり なんぱせんが アタシのすみかさ
ときどき サメに いじめられるけど そんなときゃ そうさ にげるのさ…
…逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ
逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ
逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ
逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ!!!!

76 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 22:17 ID:???
「そんな時でも、アタイは『夢』だけは無くしてなかったね。
それが、他のヤツらとの違い…いや、ただラッキーだったのさ。」

77 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 22:23 ID:???
くらい水の底で金属質の子宮にまもられてアスカはぼうっとつぶやいた「…わたし…まだいきてる…」

78 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 22:27 ID:???
その頃、シンジなんとか二足歩行マスター。
内ポケットにいつもトランジスタラジオ。


79 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 22:28 ID:???
シンジ、打率3割キープ。夢の三冠王まであと一歩。

80 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 22:30 ID:???
女房役アスカ、海底から色々なトンチをひねって脱出。
日本シリーズでシンジの投げた殺人L字ボールが核融合・大爆発
↓サードインパクツへ

81 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 22:37 ID:???
       し  一  ま  >>29   お
       て  切  で   か     詫
       下  無  の   ら    び
       さ  か  レ >>80
 漫 ピ   い  っ  ス
 $ エ      た  は
 画 |     事
 太 ル      に
 郎 瀧

↓つづく

82 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 22:38 ID:???
「はうあ!」

獣一は叫んだ!
そこには今まで見たことの無いようなアスカの姿が・・・

83 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 22:41 ID:???
アスカの姿が…ハーックション!!
アスカの姿…ハーックション!!
アスカの…ハーックション!!
アスカ…ハーックション!!
アス…ハーックション!!

84 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 22:43 ID:???
そしてついに・・・約束の2週間が・・・過ぎた!!!!!!!!

85 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 22:45 ID:???
と、言うわけで、なんとか世間並みの生活を手に入れたシンジとアスカは、
子供も「亜土夢」って名前もあんまりなので「亜久」に改名してみたが
3年後くらいにシンジは覚せい剤不法所持によりまたワイドショーを賑わせる事に…

86 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 22:46 ID:???
>>73 違う!違うんだ!ここは電波板じゃないんだ!
  結構まともな人も…少ないけどいるし!電波が出てる香具師だって
  ここのやつ等…以外にもかなりいるけどしかし!真面目に実りある議論を
  展開してるスレだって…多分あるし!キャラハンならまとも…ってわけでは
  全然無いけど(むしろ「電波」そのものが呼び名になってる御方すらいるが)
  と、ともかく違うんだ!!ま、待て!待ってくれレ(ry

87 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 22:46 ID:???
ならなかった。早く童貞捨てたいなぁとか月並みな男子中学生っぽい事を
毎日シンジは考えながら生活していた。…がしかし!

88 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 22:48 ID:???
>>86
「駄目、碇クンが呼んでる。」
レイはおばあちゃんにねだって買ってもらったチョイノリに乗って走り出す!

89 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 22:52 ID:???
チョイノリ、シンジに激突!
自賠責を払っていないレイ、ピンチ!
しかし、無傷のシンジ、胸から四星球を取り出し、
「ジッチャンのナニぶっかけて…」

90 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 22:56 ID:???
「そんなにぶっかけて欲しいんならいくらでもぶっかけてやらぁ〜っ!」
手に持っているのは消火器?!
舞台は19世紀イギリス、保安官が黙っちゃいないゾ!レイ!
↓来週も読んでね!

91 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 22:57 ID:???
「コヨーテ!?」
チョイノリは不意にハイウェイに飛び出したコヨーテを避けようとしてハンドル操作を誤り電柱に激突して大破
運転していた第三新東京市在住綾波レイさん14才は全身を強く打って即死。

92 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 22:59 ID:???
「ちょっとオチャメがすぎちゃったみたい(はあと)」
セーラー服のスカートのはしをつまんで可愛い子ぶるレイ!
またもなんとかトンチで有機組織再生を目論むアスカ!
青いレンズのサングラスをコンビニで買うシンジ!

↓貞本先生の次回作にご期待ください。

93 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 23:02 ID:???
あなたがたは
     でんぱが
        ですぎですよ

94 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 23:02 ID:???
天久マサカズの漫画みたいになってますがな。

95 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 23:06 ID:???
即死した綾波レイさん(14)は一旦蘇生、予後は順調のようです。
さて、次のニュースです。
うちの姉ちゃんがスマップの人が出てたドラマが終わって悲しいようです。

96 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 23:09 ID:???
なお、綾波さんは
「死んだ時はビックリした。初めてのことにチャレンジする時は
みなさんそうだと思いますが、かなりの勇気が必要だった。
結果は、復活という残念な結果に終わったが、4年後に向けてまた
トレーニングを積みたい。できれば明日からでも始めたいね。」
とやる気のコメントを記者会見にて発言しました。

97 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 23:11 ID:???
サングラスをかけたシンジにみるみるうちにラッパー風のチョビヒゲが!
キャップを逆にかぶって上目遣いにガンをとばすシンジ!
でもジーンズはタイトフィットでB感ゼロだ!
どうするシンジ!?

98 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 23:12 ID:???
いい加減電波の乱れ具合を修正汁!

99 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 23:12 ID:???
さて、サングラスを買って初めてオシャレを意識したシンジ君。
鏡に向かって中指を立てるという暴挙に出ました。


100 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 23:13 ID:???
「いいんだ!これが僕流なんだ!」
と開き直り!プロデューサーは誰だ!

101 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 23:14 ID:???
「問題無い、修正可能な範囲内だ」
プロデューサーはゲンドウだった!

102 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 23:16 ID:???
「バカシンジ…これ、下手だけど、あたしが作ったの…。」
目の下にめいっぱいのクマを作ったアスカが、ダボダボのGパンを
シンジに手渡した。
Gパンを受け取ると、アスカの手があらわになった、
手にはいくつもの絆創膏が貼ってあった…
シンジの青いサングラスに、涙がポトリと落ちた…

103 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 23:18 ID:???
おっとそこに股チョイノリが激突だ!

104 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 23:18 ID:KG6qTYY/
       し  一  ま  >>1   お
       て  切  で   か     詫
       下  無  の   ら    び
       さ  か  レ >>103
 漫 ピ   い  っ  ス
 $ エ      た  は
 画 |     事
 太 ル      に
 郎 瀧




105 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 23:23 ID:???
まぁ、いろんな事があったけどシンジもレイもアスカも
中学3年生になってとりあえず受験勉強でもするかなぁって雰囲気に
なった、あ、でもアスカは大卒だから関係ないかーとか、
適当にぐだぐだ喋ってたらあっという間に時間は過ぎる物で、
結局気付いたら20代半ば。こうやって人生終わってくんだろうなー
とか思ってみたりしています。オフクロ様。

106 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 23:31 ID:KG6qTYY/
誰か物語の収束をたのんます

107 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/23 23:40 ID:???
時に、西暦2115年




チルドレン達は、一人残らず死に絶えていた・・・


終劇

108 :あらすじ3:04/03/23 23:46 ID:???
 夢のベッドインのその後〜
アスカ、妊娠!男根にも興味が無くなり、卵を出産し元気な男の子を産む。
名前は「亜土夢」(後の「亜土夢係長補佐」改名し「亜久」)
 ふたりは、けっこん式でぞうさんからきぬのドレスをプレゼントされました。
「あ、その服バカには見えないから。」というぞうさんのことばに
「そいつは困ったな」 と目を見合わせると…シンジが増殖している!
無数に増殖するシンジ!その目的は… 「組体操」 だった!
アスカ、ピラミッドの頂上という要職を辞退。一方シンジピラミッドは月へ、
ここに至りついに人類初の月面植民都市完成。
 

109 :あらすじ4:04/03/23 23:48 ID:???
なんとなく悔しいアスカ、小陰唇による飛行術を思い出し、月面への飛行、
しかし、翼(小陰唇)が太陽の熱で溶けて海底へ。およげたいやきくんっぽくなる。
 逃げちゃダメだって事で、なんとか生還。その時の心境をこう語る。
「そんな時でも、アタイは『夢』だけは無くしてなかったね。
それが、他のヤツらとの違い…いや、ただラッキーだったのさ。」
 その頃、シンジ二足歩行マスター、内ポケットにトランジスタラジオを忍ばせる、
打率三割キープなど数々の偉業を達成。
 一方アスカはトンチで海底から地上へ、直後シンジの魔球がなんとなく大爆発しサードインパクトへ。
*ここまでの話は無かったことにして下さい*
 獣一くしゃみ、レイチョイノリで逃亡、そして人身事故、即死、復活、
消火器ぶっかけてシンジサングラス買う。アスカよなべしてGパン作る。
スマップの出てる人のドラマ終わる。
*ここまでの話は無かったことにして下さい*
ってなかんじです。オフクロさま。

110 :あらすじ5:04/03/23 23:55 ID:???
全員寿命で死んでしまいました。
世間はまあこんなもんかなって感じです。

111 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/24 00:00 ID:???
>>108-110
warota

112 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/24 01:00 ID:FomZVGEl
さて、再開させますか。有志求む。

113 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/24 01:06 ID:???
と、思ったけど、すごく面倒だし、どうせ誰も読んでないに
決まってるし…一人相撲、俺の人生そのものだな…みたいな事を
>>112は思っていた。と思ったら俺もそうだった。


114 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/24 01:11 ID:???
>>113
おれもそうだった。

115 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/24 01:13 ID:FomZVGEl
シンジの持ってるライターって、コレ?
http://nikup.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/img/img20040324011312.jpg

116 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/24 01:16 ID:???
>>115
それ、永福町とかいっぱい種類あるよな
わざわざ「清」描くなよ

117 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/24 01:25 ID:???
>>115は…
ネタにされていた「大久保」のライターを持っていた事に
自分のアイデンテティを見出した…
「清」の文字も、慣れない日本語で一生懸命書いた…
しかし、3分後にレスが一つついたものの、
その後の反応は全く無し…
その一つのレスすら自演の可能性もある…
そして、>>115は画像を消去し、自分自信も消去した…
これが、俗に言うセカンドインパクトの正体である。

118 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/24 02:08 ID:???
         /:::::::::::::::::`"::::::::::::::::::::::::::::\
       /:::::::::へ::::::::/:::/`:::::、::::\:::::::丶
       /:::/:::::::::::\//:::::::::::::::::::::::::::::::::::|
        |::::::::イ~~~`"~~~~~~~~ヘ::::::::::::::::|::::::::|
       |::::::/            |:::::::|::::::::::::::::|
      |:::::/ u          |::::::::::::::::::::::::|
      |::::|            _|:::::::::::::|:::::::::| 
      |::::|~―-、 ヽ   ,,-―~   |:::::|:::::::::::::::::|   
      |::::::| ,-―-、`/、、_,ノ-―--、 |::::::::::|::::::::::| 
      |::::::::| −゚―` |  、 `−゚―"|:::::::::::::::::::::|  
      |:::::::ヽ    |        |::::::::::|:::::::::::| 
      |::::::::|     |      u |:::::::::::::::::::::::|
       |:::::::|    / 、       |:::::::::::::|::::::::::|
       |::::::::ヽ  -`--― 、    |::::::::::::::::::::::::::|
        |::::::::::ヽ ヽ_ ̄ ̄ /   / |::::::::|:::|:::::::::|
        |:::::::::::::::\ 二 ̄   /-|:::::::::::::::::::::::::::|
         |::::::::::::::::::|\____/  |:::::::::::::::|:::::::::::::|

       こ、この硬度は・・・やばい!!


119 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/24 02:09 ID:???
.       ヴァギに侵入するつもりです!!
.            ,l|ll○._,      
.          ,r'''゙゙,'" `,!,_`ヽ,,_   
.         : ,/ .,,‐ 丶 .、",,、 ゙゚'x,、
.           ,l°,"  ヽ  .  ` .: `゙'-,、
.           ,i´.,   .l゙  丶    `'‐  .゚l,
.       .,,i´._`   .、  ゝ      .i、  .}
.         |` ゛     l   │      ″ ,l゙
.     .,r" ヽ     〕 ,,、 |、     i、 ,l゙
.     .゙i、 .、    .|` .'゙″ ゙L    ." l゙
.      .゙!i、"、   .,″    ゙l      .| 
.       .} .`   ,″     |    .,「.,,i´
.       ゙l 、  |  .,,、    ゙l   .ソ゜
.        ゙l_ ゙i、 |  |.゚・v,,,,  ゚! .,l゙ l゙ 
.           ゚'i、′〔 | .__ .!  .| ` ,| 
.            ゙l  | .|` . `| .,ノ /′
            /⌒ヽ⌒ヽ
             /     Y  ヽ
           /     八  ヽ
         (   __//. ヽ,,,, )
          丶1    八.  !/
           ζ,    八.  j
            i    丿 、 j
            |     八   |
            | !    i 、 |
           | i し " i  '|
          |ノ (   i    i|
          ( '~ヽ   !  ‖
            │     i   ‖

120 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/24 02:51 ID:???
写真にあの性格は写らないからなぁ

121 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/24 03:11 ID:???
>>29からのどうしようも無い展開ステキ

122 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/24 03:18 ID:???
「無かった事」「なんとなく」「成り上がり」がこの物語のキーワードでありますね。

123 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/24 03:25 ID:???
写真にあの性格は写らないから!?
 写 っ て る ん だ よ !
よく見てみろ…この、黒いシミ、渦を巻いているように見えないか?
これがあの女の心の闇…「16歳になったらバイクで日本一週とかしたいなぁ」
とか企んでいる、ウジもわかねえ腐りきって悪臭を放つアイツの心そのものなんだよ!


124 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/24 03:30 ID:???

しかし、そのシミはシンジには見えなかった…
シンジはケンスケを頭のかわいそうな人だと断定し、
署へ連行した。ケンスケは容疑について大筋を認めている。
一方、アスカはこう言った。
「夫子曰、『きゃぁ!!何よバカシンジ!!やめ…や…あんっ』、多謝。」


125 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/24 03:33 ID:???
シンジはその声を聞き、興奮のあまりにアスカを押し倒してしまう。

そこで、『きゃぁ!!何よバカシンジ!!やめ…や…あんっ』と言う言葉がアスカから発せられ。

シンジは「アスカ…好きだよ。」と


126 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/24 03:42 ID:???
演説を終えたアスカの元へ、シンジが駆け寄る。
シンジ「お嬢様、今日の気分は糞色の樹液?ゴキブリ色の硫酸?」
アスカ「紅茶ね、68°よ。1°でも狂ったら国連に訴えてやるわ。」
シンジ「それは困った。今日のボクの体温がちょうど68°なんだ。」
抱き合い、重なり合う二人、熱く、とろけていく…
アスカ「…もうそろそろ時間ね。」
シンジ「おや、シンデレラじゃあるまいし…」
そこに来てやっと二人はお互いの心と体が入れ替わっていることに気付いた。
「まいったなー。神社の階段なんか転げ下りるから。」


127 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/24 03:48 ID:???
入れ替わったって言っても、たいした被害も無く普通に生活している二人。
シンジはシンジで女の子のオナニーが気持ちよすぎてパーになっちゃうし、
アスカはポコチン握ったまま一日中マスかいてるし、マジどうする?あいつら。
そこに、シンジの机の引出しから猫型ロボットが…!人生やり直し機GET!
>>1に戻る。

128 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/24 03:49 ID:???
1 名前: えらいっ 投稿日: 04/03/18 23:48 ID:22vvBPJw
            __,.-----.,___
          r'~:::::_,,,_:::::::::::::::ヽ
          |:::r'~  ~"""''-、::|
          |;;| ,へ、  ,.ヘ、.|::|
         r'レ'  .・ .::::::. ・  .'y^i
         ゝ'、   '、___,'.  ,;'-'
           '、  ----  .,;'
            ';、     .,;'
              ̄ ̄ ̄
                 ┌───────────┐
                 │ こんな すれを まじで  │
                 │ひらいちゃって どうするの │
                 └───────────┘
                                 、
                                .!~二~7
                                _7^[_,i

↓続く

129 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/24 03:54 ID:???
>>125>>126電波修正汁!

130 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/24 04:18 ID:???

一回やり直したところで、結局入れ替わった二人。
神社から転げ落ちれば何回でも入れ替われる法則を知る。
何度も入れ替わっては、挿れる悦び、挿れられる喜びを楽しみあった…
今日は、どちらに入れ替わろうか?もはや、自分が元々どちらだったのか思い出せない。
まぁ、そんな事はもうどうでもいい。
一刻も早くこの階段から抱き合って転げ落ちて、抱き合おう…
セミのうるさい、真夏だった。
抱き合って転げ落ちる二人が、アブラゼミを巻き込んだ…
アスカの心はアブラゼミの体に、シンジの心はアスカの体に、アブラゼミの心はシンジの体に入ってしまった。
理性を持たないシンジの体、ぶんぶん飛び回るアスカの心、まだマシなシンジっぽいアスカ!
アスカはセミの体がまぁまぁ気に入って、結構飛び回った。
シンジも、アブラゼミの強烈なFUCKが意外によかったんでほっといた。
シンジの体と、セミの体は一週間後普通に寿命で天に召された。


131 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/24 04:44 ID:???
アスカの体のままのシンジはかなり戸惑い、、、
バハラタの周りでかなり頑張ってレベルを上げザオラルを覚えた。
7回目でアスカを復活させる事に成功。中身はセミのままだったが、
そんなに問題が無かったので良しとした。
振り出しに戻る二人、
アスカはこう言った、、、
「I have a dream! that「きゃぁ!!何よバカシンジ!!やめ…や…あんっ」I have a dream today!」

132 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/24 09:15 ID:???
演説を終え、ひといきつきにバルコニーに出て煙草に火をつけようとしたアスカに先からねらいをつけていた狙撃銃が火を吹いた!

いっぽうそのころ
別の宇宙では…?

133 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/24 09:23 ID:???
サキエルとシャムシエルがハァハァしていますた。

ところでアスカはどうなってしまったのだろうか・・・

134 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/24 18:43 ID:???
アスカはどうなってしまったのだろうか…?
積年の疑問を晴らすため、シンジはエレキギターのハードケースに
マシンガンを忍ばせて西へ旅に出た!

‐アスカっぽいセミは狙撃されたが銃弾が当る前にまた寿命の一週間を
 迎えていたのでどっちにしろ前のめりに倒れて死んでいた‐

そして、西へ向かうシンジを中央線の帰宅ラッシュが襲う!
無事、沼津に到着できるか!?シンジ!
↓そして、伝説へ…

135 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/24 18:47 ID:???
「シンジきゅ〜〜〜ん!!!僕といいことしようYO!!!」
突然現われたのはカヲルであった。
シンジは悲鳴を発することも無く、脱兎の如く逃げ出した。


136 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/24 19:03 ID:???
碇 や長介の追悼番組のオープニングがAir‥


137 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/24 19:05 ID:???
シンジは持ち前のガッツでそのままホノルルマラソン完走。
タイムは9時間11分と最悪レベルだったものの、
「みんな知らないと思うけど、ボク今朝血吐いたんだから。」などと
お決まりの負け惜しみで観客を沸かせました。
なお、碇シンジ選手は「レースの後は女を抱きたくなる」とどこかで
聞いたようなセリフを残し消息を絶ちました‐共同通信

 熱海に女をお金で買いにきたシンジ!「ま、いっか、オレ金持ちだし!」
さてどの娘にしようかな…その指名表には、見慣れたあのアスカの顔があった…!

138 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/24 21:06 ID:???
「アスカ‥?」
シンジは問うた。彼女は微かにくすりと笑った。
「アスカ‥?わたくしの名前は貞奴と申しますのよ‥そのアスカさんというのにわたくしは似てて?」
シンジは自分のからだからすっと硬直した芯が抜けたのをかんじた。
「うん‥君に似ているんだ‥とても。」


139 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/24 23:39 ID:???

 「そう…上手く言えないけど、アゴ勇に目が似てるような…」
シンジはかつて400回は言ったであろうギャグを言い放った。
”貞奴”はきてれつな笑い声をあげて大爆笑した。
「これは、アスカじゃない…」それと、”貞奴”のちょっぴり低めなギャグセンスにもシンジは引いた…



140 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/24 23:46 ID:???

 シンジは…貞奴を押し倒した。
アスカじゃない…アスカじゃなかった…
 しかし、シンジが貞奴の浴衣を下ろすと、
肩にボール型のアザが!アスカのと同じ…
首筋には!?星のマーク!腰にも!666の刺青!
「まちがいない…この体は、アスカ…」


141 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/24 23:51 ID:???
貞奴は苦しげに「アゴッ〜ヒッヒッヒッヘェ〜いさっヒヒャッヒャッいっアゴッいさむッ」と異常に高い声で笑い続け、
シンジの心は閉じて行くばかり…「もうやだ、もうやだ、もうやだ‥」

142 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/25 06:08 ID:???
「もう、いいのかい?」
カヲルが再び襲ってきた。


143 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/25 15:18 ID:???
アスカ「もうやめて・・・中に出さないで・・お願い・・もうやめて!」

144 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/25 21:52 ID:???
シンジ「だが断る!」
アスカ「なにィ!?」
シンジ「このシンジが最も好きなことの一つは自分のことを 可愛いと
     思ってる奴に「NO」と言ってやることだ‥!」

145 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/25 23:45 ID:???
――――――ぱしゃっ‥
「シンジ君!?」
サルベージは成功した。LCLに溶け混んでいたシンジは帰還したのだ。
「でも‥なんなのそれ‥?」
シンジの腹部にはシンジの「帰還」のイメージが形成したとおぼしきアーノルド・シュワルツェネガーの頭部が生えていたのだ‥
「I'll be backと言っただろ?」

146 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/25 23:52 ID:RthJOLRQ
(?_?)ジョジョが入っている?


147 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/26 03:36 ID:???
もうそんな言葉じゃ言い表せられないな

148 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/26 09:32 ID:???
電波が入ってます。

149 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/27 08:17 ID:???
アスカ死にっぱなしじゃん

150 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/27 10:13 ID:???
流れが止まったな。
熱しやすく冷めやすい。

151 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/27 16:04 ID:???
だれかわたしをあたためて‥

152 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/27 16:08 ID:???
>>151
おばさんはアスカを電子レンジに入れて(ry ↓

153 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/27 17:01 ID:???
アスカ粉Xを作ってシンジにプレゼントした。



154 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/27 17:41 ID:???
シンジは
「何だよそれ。『おしろい』かなんかなのか?」
といってカヲルにあげた。↓

155 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/27 21:46 ID:???
カヲルが粉を卵と水で練って焼いたらアスカになった!


156 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/27 21:51 ID:???
カヲルはガーデンに芝刈りに、アスカはコインランドリーに洗濯に行った。↓

157 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/27 23:53 ID:???
アスカがコインランドリーで洗濯をしていると、
鬼が島にいたおにはみんな死んでしまいましたとさ。
めでたしめでたし。


                                 、
                                .!~二~7
                                _7^[_,i





158 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/27 23:58 ID:???
アスカはシガニー・ウィーバーとして、宇宙船で検査を受けていた。
そう、アスカにとっても復活、心と体の補完とは、エイリアンだったのだ。

宇宙船のレクリエーション・エリアでは、宇宙海賊となった加持が、
アスカのバスケットボールを狙っていた。


159 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/28 00:05 ID:???
その頃、我らの偉大なる神にして心優しきシンジ様は
ご自身の別荘で小鳥たちとお戯れになっていらっしゃいました


160 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/28 01:17 ID:???
全能のガーデンの芝刈りにおいて神である宇宙海賊アスカに反旗を翻したカヲルはコインランドリーを鬼ヶ島に反転転写することで無限のアスカ粉Хを得た。
そのときシンジはすべての霊を持つ体においての保存がそうであるように時間的なるもののバスケットボールを完全にシュワルツェネガーなる肉体を得るのだ…
「I'll be back,」

161 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/28 08:47 ID:???
>アスカ粉Х
だからなにそれ
すんげー気になるんだけど。

162 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/28 11:47 ID:???
アスカ粉Хが何かはこの後の展開のなかでわかってくるはず

163 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/28 12:00 ID:???
賢明な読者諸兄ならご存知かと思うが、
ここでアスカ粉Хについて説明しておこう
昔から
「爪の垢でもせんじて飲ませたい」
と言う言葉がある。
アスカ粉Хとはすなわちこれのことを指す言葉だ。
(せっかくもったいぶってたのを台無しにするテスト)
話を元に戻す


164 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/28 12:20 ID:???
つまりアスカ粉Xとはオナホールということなのだ!

165 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/28 18:53 ID:4zfnMAWO
アスカ粉Xとは。
 
 アスカを屠殺し、その子宮と骨盤を肉骨粉状にしたもの。

アスカ粉の効能。

 それをカヲル君の生首に食べさせると・・・・・・

166 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/28 20:34 ID:???
「オゲゲゲゲゲゲゲゲゲブリブリブリブリブリ!!!!!!!!」
すっごいゲロ下痢。その姿を遠くにいたシンジは
「あっ、な〜〜〜んだ!!ソフトゲロ下痢じゃないですかぁ〜〜〜!!」
と笑い飛ばす。カヲルは、恥ずかしそうに、
「あっちゃー、バレちった☆(ペロッ)」

167 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/28 20:52 ID:???
カヲル「ペロッ☆」
シンジ「ペロリンッ☆」
カヲル「ペロペロリンッ!」
シンジ「ベェロベェロベェーロッ!」
カヲル「ブェラブェラブェロルンッ!!」
シンジ「ブルブルブリョリローンッ!!」
カヲル「ピロピョロルロョラレルロレルーン!!!」
シンジ「ロョリロョプリャプリューレーピョロルンッ!!!」


168 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/30 20:51 ID:???
ロョリロョプリャプリューレーピョロルンッ!!
ロリョル リリュ リ ロリョピュリュールン!!
ブンブンブリュリゴリーリン!!
ピャピュ
ロロロローリュリャリョギョ ギョ ギョギョ!!
(大歓声)
演説を終えたシンジはアスカ粉Xの副作用により病気Xを患っていた。
寿命はあと2分、さてどうする!?

169 :迷ってます。:04/03/30 22:59 ID:itCRVQZI
次はペンペンの粉ですか?

170 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/30 23:04 ID:???
>>169
いえ
ゲンドウの汁です

171 :迷ってます。:04/03/30 23:08 ID:itCRVQZI
キール議長はほっとくの?

172 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/31 09:27 ID:J+spqJVl
きたねえ

173 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/31 10:04 ID:???
>>168
どうしようか考えている間に死亡。

なお…自らすっごいゲロ下痢治療の第一線にある者が早期発見出来ず、
手術不能の病気Xで死す事、心より恥じる。碇シンジ

174 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/31 12:34 ID:???
「ア・・・アスカ・・・、ごめん、ゴムが破れてたんだ・・・・」

175 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/31 17:31 ID:???
「ア・・・アスカ・・・、ごめん、破れてたんだ・・・・」

176 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/31 17:42 ID:???
ハッ!|o゜)衝撃の新事実
犯人は加地さん!?
「あたしを見て!」でムラムラが
抑えきれなくなっての犯行!?

177 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/31 23:39 ID:???
なんの犯人だよ

178 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/03/31 23:53 ID:1bQPmkjc
シンジのカマほった犯人

179 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/04/01 01:25 ID:???
やはり加持はショタだったのかwしかしシンジは加持の口車で求められたら拒否しないだろうから
和姦になるな。

180 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/04/01 04:26 ID:???
強漢

181 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/04/01 19:49 ID:???
正しく姉妹なスレができてますが…
いかが致しましょう?

182 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/04/01 23:28 ID:gUds8mzP
「す・・・鈴原君、だ、駄目、よ・・・」
の方が良かったヤツがいるだろう。このレス見て同意する香具師は
まだ4月1日だったら非難覚悟でスレ立てヨロ。



183 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/04/01 23:36 ID:???
「ゆ、ユイ君、碇が見てるぞ…」

184 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/04/01 23:58 ID:lfADKZYO

「碇」やちょうすけが見ていた


185 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/04/02 00:27 ID:???
だめだこりゃなんてぼくはいわないよ。

186 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/04/02 03:41 ID:???
だめだそりゃ

187 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/04/03 00:23 ID:???
冬月「だめだこりゃ」
ユイ「だめだこりょー」
冬月「だめこりゅーん」
ユイ「だぃもらくりゅーん」
冬月「でぃもらきりゅーるんッ!」
ユイ「どゅるくまきゅくるゅーらゃんッ!!」
冬月「づゅまきゅるまゃくみらゃーきゅんッッ!!!」
ユイ「っづきょみゅまきょみゅりるむきゅびゅーーーッッ!!!!」

188 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/04/04 13:57 ID:???
オンドゥル・・・

189 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/04/05 03:06 ID:???
みんな何度か死んでいるのに説明も無く生き返るので、
あまり死への恐怖がなくなってきたのです。
それはそうと、僕が今日見た夢の話でもしましょうか。
僕は長い夢を一晩かけて見るタイプです、そのせいで眠りが浅いのですが。
そのため、夢を見始めた序盤に夢らしいとんでも無い行動をして
しまうと、一晩中困ってしまうのです。
今日は、眠りに入ってすぐ、友人がヤクザ屋さんに絡まれているので
助けようと、ヤクザ屋さんの脳天につるはしで穴を開けて殺してしまい
中盤から後半は警察からの逃亡が大変でした。
「たぶん懲役○年くらいかな。」「出所できたらどうしよう。」「潔く今死のうかな。」等と、
殺人後の人生設計という貴重な体験をしました。
「他人の夢の話ほどつまらない話は無い」ってよく言いますよね。
でも、たった今うなされて起きるとPCの電源がつけっぱなしだったので、
なんとなく書いてみたのです。

190 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/04/05 03:15 ID:???
―――チャポン

「……………はっ!」

―――チャポン

天井から落ちた水滴が湯船に落ち、静かな湯船に響き渡る。

「……寝てた?」

肩まで浸かっていた身を起こし火照った身体を外気に晒す。
「…あれ?爆発?スタンス?男色?…爆発…ギター……その先は、思い出せない…」
アスカは、湯船の中で漂いながら見ていた悪夢を思い出しながら、ハイライトに火をつけた。
そして、フィルターに盛ってあった青酸カリで死んだ。
アスカの任務は、終了した。

191 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/04/05 03:26 ID:???
任務が終了し、オフを楽しむアスカ。
金髪にし、ヒゲを延ばし、紫色のスーツに身を包んで
外車を乗り回し、キャバクラ参りに奮闘する。
「あーあ、でもあと二ヶ月でキャンプなんだよなぁ。かったりいなぁ。」
「でもいいじゃん。億もらってんでしょー?うらやましいよー。」
「馬鹿、使う時間はねえし使い方もしらねえんだよ。
金髪にして3万、スーツが50万、時計が100万、車が3000万。
ヒゲは自前だけどな。あー、青春を玉遊びにつぎ込んだせいで、
なんにも楽しいことしらねえよ。友達もいねえし。お前と俺、友達か?俺は店に
今日だけで300万は落としたぞ。友達じゃねえよな。ひでえ仕打ちだ。」

192 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/04/05 04:10 ID:???
ここはアレですね。LASな御仁達の社交の場ですね。
あ、いや、それでは。
失礼・・・・

193 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/04/05 04:14 ID:qfcZijSQ
〔一〕『碇真嗣伝』にいう。そのときミサトの軍が突然来攻してきた。
アスカはなお胡床(イス)に腰をおろしたまま立ち上がらなかった。
牙門将のカヲルらは事態がさし迫っているのを見て、これに応じたが破ることが
できなかった。軍兵はことごとく四散したが、ただシンジ指揮下の千人だけは、
陣太鼓を打ち鳴らして踏みこたえたので、ミサトは伏兵がいるのではないかと
怪しんで、近づいてこなかった。そこでシンジは徐々に所営の敗残兵を収容し、
将兵を率いて帰還した。
たびたび戦功をたて、冠位は鎮東将軍にまで登り、珍候に封じられた。

〔二〕『カヲル別伝』にいう。この時のカヲルの言葉は
「すごいや、インメルマン!」である。

194 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/04/05 04:58 ID:1M3AXSDg
ねえシンジ、キスしようか?

離れたまま触れ合わず何もしない二人の手。

195 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/04/05 10:10 ID:???
#include <stdio.h>

int main(void)
{
int ike;
for(ike=0; ike<∞,ike++){
printf(">>1逝ってよし\n");
}
return (0);
}

196 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/04/05 14:04 ID:???
後ろから強く抱きしめられると、さっきまでのケンカで昂ぶった感情が嘘のように鎮静してゆく
シ「ごめんアスカ 僕自分の事ばかり考えてた
  君の寂しさに気づいてやれなくて・・」
ア「そうよバカ・・バカシンジ・・シンジ・・・」
彼の決して太いとはいえない両腕に包まれると何故か安心してしまう
気が緩んだせいで涙が湧く
ケンカの理由を誤魔化されてとは思わない
ずっとずっとこうして欲しかったのだなと心が呟く
黙する二人
止まったような時間 二人ぼっちの時間
聞こえてくるのは時計の音 遠雷の音 そしてお互いの心音
先程の尖った昂ぶりではない、優しく熱気を含んだ昂ぶりが体に拡がってゆく
気づくと彼の顔がすぐに傍にあった
シ「アスカ・・」
ア「何よ・・バカシンジ・・あ・・」
シ「ん・・・」
ア「あっ・・やめ・・や・・ん」
口を塞がれ言葉にならない拒否の声、その中に溢れんばかり受容の叫び
どちらが本当の自分の声かなんて今はどうでもいい
もう言葉などいらない 全てを混和にして溶け合う心と心

197 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/04/05 15:46 ID:???
お?
官能の、じゃなくて感動の再開か?
>>23>>24>>196

198 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/04/07 17:00 ID:???
GJ!待ってました!

199 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/04/07 23:49 ID:d2YDzJud
住人は官能と電波のどちらを望んでいるのか
シンジは悩んだ

200 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/04/08 00:09 ID:???
「よしっ!官能と電波で行こう!!」



しかしそれではこれまでと同じだ。
シンジは重要なことを見落としているようだ。

201 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/04/08 01:16 ID:???
自分はLASである事に気づきましたです!

これからはLASに精進したいと思いますであります!

202 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/04/08 21:59 ID:???
だけど、LASってなんだろう?
シンジは考えた。

203 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/04/08 22:56 ID:???
LAS、それは命。
全ての原動力だ。

204 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/04/09 04:46 ID:???
二人は赤い海を眺めていた。
「・・・・・・・・・ファーストはやっぱり還って来ないのかしら」


205 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/04/09 06:25 ID:???
LASな自分は鋼鉄2はウハウハでありましたです!

そういう事にしておきたいであります! ヲクレ

206 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/04/16 01:34 ID:kukrh/g/
あげてみる

207 :名無しが氏んでも代わりはいるもの:04/04/16 14:47 ID:???
想像力が熱膨張するスレタイだね 安芸。

208 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:04/04/25 10:10 ID:8AX4heUa
安芸

60 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)