5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

HUNTER×HUNTER ネタバレスレ Part219

1 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/03/13 07:21 ID:iq5v9bOn
MAI Kuraki エッセイ ?bO24
NO WAR!
皆元気?それぞれ新しい生活がスタートしたと思うんだけど頑張ってマスカ〜?
Mai.Kのツアーも残すところあと二カ月!ガンバルゾ〜
ところで!今、地球があぶな〜い(>ο<)/~過去の歴史を繰り返そうとしているっ・・・。
なんとアメリカとイラクが戦争をしています(悲)、ショック・・・。
きっといろいろなあるのだろうけど、戦争は絶対反対!! 戦争でいつも犠牲にになるのは、罪のない子供たちや市民なのだから(泣)
なぜ!過去の悲惨な戦争体験から学ぼうとしないのかなぁ・・・。日本には、憲法第九条という立派な平和憲法があるのに・・・。なぜ!これを活用して全世界に知らしめないんだろう。
一日でも早くイラクとアメリカの戦争を終らせて欲しいです。今でも戦禍で苦しんでいる多くの人たちがいることはとても残念だし、心が痛くなります。皆はどう思いますか?
平和は心の中にあるもので、それを皆がいつまでも持ち続けることが大事だし、"真の平和”は戦いから得るものではなくて、人々が築きあげるものじゃないのかなぁって思います。
NO WAR! LOVE & PEACE!!


前スレ

http://comic3.2ch.net/test/read.cgi/wcomic/1078594491/

378 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/03/18 04:07 ID:ROwfzUv4
NO214

ゴン、オーラを手に集中させる。
ナックル「おい、そんなにやると動けなくなるぞ!コラァ」
ゴン「知らないよ。俺は強化系のゴン=フリークスだ!後先のことなんてしるか!」
ゴン、ナックルに突進
ナックル(コイツ、本気!?)
場面かわってキルアとシュート
シュート「・・・」
キルア(そりゃそうか・・・教えてくれるわけないよな・・・)
シュート「電撃・・・ヨーヨー・・・それだけのようだな」
キルア、ビクッとして汗をかきだす。
キルア「いや、まだあるよ」
シュート、ニッと笑う。
キルア(もう小細工は通じない。俺は勝てない?逃げるか?)
ここでイルミ(?)が頭の中をよぎる。
キルア「俺の頭の中から消えてくれ!!!」
シュート「?」
キルア、シュートに突進
キルア「うあああああああああああああぁぁぁぁ」
次ページ、見開きでゴンがナックルの前に倒れている。
さらに次ページ、キルアがシュートの前に倒れている。

379 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/03/18 04:07 ID:ROwfzUv4
NO215

女王「まって、まだはや・・・」
王「黙れ」
女王「あああああああああああああ」
王は形態は人の形。ただ足が異様に太く、指が長い。。
王、女王を食べだす。
女王「大きくなるのよ、そして次な」 ここで完全に食べきる
王「着るものがほしい」
場面かわってナックル・ゴン
ナックル「オーラを出しきったか・・・あとは割符を手に入れればいいんだよな」
ナックル、ゴンをゴソゴソしだす。
ナックル「割符はどこだぁ!?コラァァァァァァァ!?」
ゴン、気絶
ナックル「コラァ、起きろ!割符だせよ!」
ゴン、気絶
ナックル、立ち上がり(割符がないってことは、この場合、どうなるんだ?コラァ)
ナックル、再びゴンのほうを向き「いいかげん、おき!!!」
ゴン、「じゃんけんぐーー!!!」
場面かわってシュート・キルア
シュート「動きは見事だった。最後の猛攻撃、俺の能力を見抜いていればかてたかもな・・・割符はいただく」
シュート、複数の手でキルアをゴソゴソする。
シュート「そうか・・・割符はもってなかったな。安心しろ。俺が掘り出しておいてやるから」
キルア「!!!」(なぜ・・・)
キルア、震えながら起き上がる。
キルア(もうだめだ。こっちは能力バレてる。だけど、俺は奴の能力がわからない。全力で突っ込んでも負ける。
今度は気絶したふりは通じない。心が読まれてる?だめだ、万策尽きた。負ける。敗北。負け犬。敗者。惨敗。
弱虫。雑魚。いくじなし。無力。絶望)
シュート「勝負はもう決まったな、まだ、やるのか?やらないのならお前が隠した場所へいく。負けを認めたら顔をを返そう」
キルア、顔が真っ青で汗だく「お、俺・・・」

380 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/03/18 04:09 ID:ROwfzUv4
キルア「お、俺・・・」
しばし、沈黙
シュート「機会があったらまたあおう」 そういって行ってしまう
キルア(負けた。いや、待てよ、そうだよ、NGLへ行けないだけだ。そうだよ、ハハハ・・・
ゴンは?勝ったのか?ってか負けろよ、ゴン。負けておいてくれよ。ゴン!!!)
青い顔をしながらゴン・ナックルのいたところへいくキルア
ナックルは倒れていて、ゴンは笑顔でキルアに聞く「キルア、どうだった?」

その時、キルアの頭にハンター試験最終試験の様子が頭をよぎる。
ネテロ「成績のよかった順にならんでおる」
キルア「ねえ、何で俺がゴンより下なの?」
ネテロ「ま、資質じゃよ」
イルミとの対戦の様子が頭をよぎる
イルミ「キル、お前に友達はいらない」
シルバとの会話が頭をよぎる
シルバ「仲間を裏切らない。誓うか?」
キルア「誓うよ」
レイザーとのドッジが頭をよぎる
ゴン「キルアに持ってもらわなきゃ、キルアじゃなきゃだめなんだ」
キルア「!?」
グリードアイランドクリアしたときの様子が頭をよぎる
ゴン「俺、ジンにあったらキルアを最高の友達だって紹介するんだ!」(すまん。この辺は正確に覚えてない)

キルア「負けた。割符のありかもバレたよ」
場面かわってネテロ・ノブ・モラウ
ネテロ「雑魚はかたづいたの〜後発隊と弟子たちが到着次第いくかの?」
ノブ「かなり時間ギリギリですね」
モラウ「王がでかくなる前につぶさなきゃなぁ」
ネテロ、顔がキリッとする「まあ、楽勝じゃろうが・・・油断は禁物じゃぞ」
ノブ「はい」 モラウ「おう」

381 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/03/18 04:11 ID:ROwfzUv4
NO217

キメラアントの巣。師団長が集まって会議
ザザン「王が無事に誕生なされたみたいね」
コルト「だな。だが、敵の脅威はまだまだある。多くの兵が行方不明になり信号が途絶えたままだからな」
ヂートゥ「で、俺らでその敵をたおすってのか?」
コルト「倒さなきゃどうする?王が行方不明になり信号が途絶えてもいいのか?」
ヂートゥ「おい、イライラしてんなよ。空から見渡せる奴を使って情報を集めるとか、とにかく、
俺たちがいっても同じように行方不明になるかもしれんだろ?」
コルト「レイナを守るためだ。行方不明になろうが、命を落とそうが構うか!」
ヂートゥ「レイナ?誰だよ?」
ザザン「アンタ、疲れてんじゃないの?」
コルト「レイナ?また俺そう言ったのか?」
ハギャ「情報さぐるんなら最適な奴がいるじゃねえか、メオレ」
メオレ(コアラといっしょにいた景色と同化したやつ)「俺が?なんでだよ?」
ハギャ「俺たちがもってる最強の武器はなんだ?爪か?牙か?奴らから学んだこの力か?
どんな強者も自分の情報が漏れたは弱者に成り下がる。情報こそ強者の天敵だ。お前なら奴らに感づかれることなく
隠れながら情報を盗み出せるはずだろ?学ぶこと、つまりは、相手の情報をつかみ、それを使って戦うことこそが最強の武器だ。」
一同、ポカーンとしている。
ハギャ「俺、おかしなこといったか?」
ヂートゥ「コルトといい、お前といい・・・頭うったのか?」
コルト「俺が・・・空から何者かいないか探す。見つけ次第、連絡をいれるから、メオレ、準備しておけ」
メオレ「マジでおれかよ・・・」
コルト「他のものは、生き残った兵の数を把握してできるだけ一箇所か二箇所にまとめておいてくれ」
場面かわって王は服選び中
ラモット「こ、こちらなどいかがでしょう?」(やばい、これが本当についさっき生まれたのか?)
ネフェルピトー「ラモットはセンスないね〜こっちのがいいよ」
王「ラモット?なんだそれは?」
ネフェルピトー「この子の名前です。」
王「名前とはなんだ?」
ネフェルピトー「互いを識別するために使う記号のようなものです。ちなみに僕はネフェルピトーです」
王「余の名前はないのか?」
ネフェルピトー「女王が名前をつける前に亡くなりましたからね。お好きな名前をおつけになられてはいかがです?」
王「いや・・・待て・・・名前はある・・・頭の中にかすかに・・・」
場面かわってゴン・キルア
キルア「ゴン、勝ったんだろ?俺、もうだめだよ」

382 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/03/18 04:12 ID:ROwfzUv4
NO218

キルア「俺、いざとなるとお前の為より兄貴に言われた事を優先しちゃうんだよね」
ゴン「?」
キルア「ネテロ会長に資質でゴンに負けてるって言われた時点で、兄貴に友達なんていらないって言われた時点で
気づくべきだった。」
ゴン「キルア?」
キルア「俺はお前とつりあわない。暗い所で育った俺にとってお前は眩しすぎるんだよ」
ゴン「何言ってるんだよ?俺達ずっと友達だろ?」
キルア「ビスケと約束したんだ。もし、負けたらお前にもう会わないって・・・それなのに、俺の頭の中には兄貴がいた」
ゴン「な・・・」
キルア「だから・・・もう、行くよ」
ゴン「そんな約束きいてないぞ!それに、もし俺がナックルに負けても俺はキルアに会う気だった!」
キルア、振り返らない。
ゴン「まってよ。何でそんな約束したんだよ!?キルアが行けないんなら俺もいかないよ。それでいいだろ?」
キルア「・・ンタ・・・けなきゃ・・・かった」
ゴン「なんだよ!ハッキリいえよ」
キルア「ハンター試験、受けなきゃよかった」
ゴン、真っ青になる。
キルア「受けなきゃ、お前と会うこともなかった。いや、後一年早く、または遅く受けていればよかったんだ」
ここでまがまがしいオーラが二人を包む。
パーム「勝ったんでしょうね?」
キルア、パームに近寄り「殺していいよ。俺、負けたから」
ゴン、目が正気でなく、あさっての方向を見ている
パーム、髪の毛が逆立ち、形相がやばくなる。
パーム「私のノブさんの・・・チャンスを・・・よくも・・・」
パーム、包丁でキルアに切りかかる。
キルア(さようなら、親父、カナリア、ゴトー、みんな・・・レオリオ、クラピカ・・・それに・・・ゴン・・・
俺はもう・・・)
飛び散る血液

383 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/03/18 04:12 ID:ROwfzUv4
NO219

俺は殺し屋だった。でも、殺しが嫌だった。で、友達がほしいから、家を飛び出したんだっけ。
ゴンと友達だと思い込んでたときが一番楽しかったな。
キルア、目を開ける。
ゴンが胸を指されている。そのまま倒れる。
パーム「次はあなたよ」
パーム、ゴンから包丁を引き抜き、キルアに近づく。
キルア(ゴン、どうして・・・俺なんかのために・・・ゴン・・・このままじゃ死ぬ・・・ゴン、死ぬな)
キルア、パームの包丁をかわして、ゴンを抱きかかえる。
頭の中でイルミが言う「お前に友達なんていらない」
頭の中でビスケが言う「あんたはいつかゴンを見殺しにする」
キルア、ゴンの頭を持って自分の頭をおもいっきりぶつける。
キルア「俺の頭の中にはいってきてくれよ、ゴン」
パーム、ブツブツいいながらキルアに近づいていく。
ゴン「キ・・・キルア・・・俺、ハンター試験受けて一番よかったこと・・・キルアに会えたことだよ」
ゴン、そう言うと目をつぶってしまう。
キルア「・・・」
パーム「死んだの?今度はよけれなくってよ」
パーム、包丁でキルアの胸を指す。
が、さしたのは残像。キルア、パームの後ろから指で心臓を取り出す。
パーム、倒れる。
黒く何も書いてないコマがひとつある。
シュート「あとはもう一組の割符か・・・」
シュート、ハッとして振り返る。
キルアが立っている。ただし、表情がおかしい。
シュート(なんだ?さっきとオーラの質が違う!?)
再び、何もない黒いコマ。
ベッドで寝ているゴン、ベッドの横の机に割符が二組ある。

384 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/03/18 04:40 ID:RSm05Nxe
なかなかおもろかった続き早く書いてよ

385 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/03/18 04:46 ID:nEJPLhPT
おもちろい☆

386 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/03/18 04:48 ID:ybJX/xwG
これが本バレでも私は一向にかまわん

387 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/03/18 04:57 ID:IlJgkZ1J
よく書けました。えらい。

212 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)