5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

☆魔法先生ネギま!☆73時間目

531 :名無しさんの次レスにご期待下さい:04/04/25 21:23 ID:1L4CvAyS
「…………………………………………………………………………あ゛あ゛………………………
……………………………………きゅう、けつ、きなのに………よるが、くらい…………………
…………………………はる、なの…………………かおも、なにも………………………………
………………み、えな、ぃ……………………………………………………………………………」
 ハルナがのどかから牙を抜くと、のどかはそのままよろめいて、鬼蜘蛛の上から転がり落ちてい
った。のどかは胸が上下しているので、死んだりはしていないようである。
「げぷ……」
 口をのどかの血で汚したハルナは、呆然として倒れたのどかを眺めていた。
 倒れている親友を見下ろしながら、
 牙にかけた親友を味わいながら、
 後悔の念を瞳に宿しながら、
「私のせいじゃない」
 ポツリと呟いて視線を逸らす。


「これは全部、亜子ちゃんのせいだよ。もう思いっきり、徹底的にやらないとね―――」


 桜子が消えて、のどかも消えて、
 一人残ったハルナは蜘蛛の大群に囲まれて、ただ虚ろな視線で亜子を見る。
 自分の中で納得させているような時間が過ぎると、亜子に異常な感情が向かっていく。



 絵師と司書の狂騒祭。
 祭りの後に残るもの。
 そんなものは無いのかもしれない。
 濁った瞳で倒れているのどかの周りでは、鬼蜘蛛たちが困って顔を見合わせていた。


241 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)