5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【番号】ここはパイロット養成所【度忘れ】

1 :ふくかん:04/02/09 22:42 ID:???
管制室
(本スレでストーリーが展開して新規参入しにくい場合や意見がある方は是非ココにおいでください。雑談も可)
ttp://www.soutokuhu.com/bbs/test/read.cgi?bbs=shar&key=1074790003&ls=50
ttp://www.soutokuhu.com/bbs/test/read.cgi?bbs=shar&key=1075043080&ls=50
アクシズ鯖落ち時は
ttp://jbbs.shitaraba.com/bbs/read.cgi/comic/288/1068325908/l100
詳細情報集積所
ttp://jbbs.shitaraba.com/comic/288/

画像保管庫(仮)
ttp://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Name/2598/

■用語辞典■
ttp://cgi2.synapse.ne.jp/~threedays/words/ziten.cgi

新規参入したい方は管制室においでませ。




2 :通常の名無しさんの3倍:04/02/09 22:44 ID:???
2ゲトー

3 :ふくかん:04/02/09 22:45 ID:???
>茶髪

 ま、お互い子供の扱い方なれてませんしー(苦笑

(そういうなり、シミュレータのシートに体を滑り込ませるとディスクをセットする)

4 :物静かな教官@グレイ・ガスト ◆DkiyhL22xI :04/02/09 22:49 ID:???
>1
お疲れ様です。
>3
(気付いていない、何か考え事でもしているのだろうか?)

5 :整備兵コンビ ◆eAwRb9qzdQ :04/02/09 22:50 ID:???
>1
乙。

甲乙『さ〜〜て、たまにはMS訓練を……』

6 :ふくかん:04/02/09 22:51 ID:???
 ま、実機はまだ調整中ですけど・・・・・・
 シミュレータなら問題なしです。

 ・・・・・・データ入力、完了。
 ORX-005MRC ブラック・ウィドウ・・・・・・
 これが初陣ってことになりますかね。
 
 ・・・・・・行きますよ。
(データ入力と同時に、画面に映し出されるは漆黒のms・・・・・・
 いや、それはmsと呼ぶにはあまりに異形な外見を持っていた。
 3対の昆虫じみた足、異常に巨大なパックパック・ユニット・・・・・・
 女郎蜘蛛の名にふさわしい、それはさながら怪物のような存在感を持っていた・・・・・・・)

7 :灰色の疾風と呼ばれた教官@グレイ・ガスト ◆DkiyhL22xI :04/02/09 22:55 ID:???
>6
…ん…………乱入者………
(その存在感は凄まじい物だった、総毛が逆立つとはこの事か…
 圧倒的な存在感、見えない距離でも、その恐怖は伝わる…)

………本気で掛かってギリギリ………いや、違うか…………。
……行くぞ、ガスト……。
(見えない恐怖を相手に、今は守りを固めるだけ。)

8 :通常の名無しさんの3倍:04/02/09 22:55 ID:???
>6
何なんだ・・・・あのMSは?
虫のようで・・・・怪物だな。
噂に聞くNT用の機体か?
もしそうなら・・・・相手をしてみたいぜ。

9 :通常の名無しさんの3倍:04/02/09 22:58 ID:???
>>1
73ですよ。

10 :ついてない男:04/02/09 22:58 ID:???
(>>8は私です)

11 :ふくかん@ブラックウィドウ:04/02/09 23:03 ID:???
>8 
(シミュに入る前に)
 あ、やっぱり・・・・・・苗字どおり「ついてない」わけですか・・・・・・
ま、銃弾一発だけの損害で60数機撃墜、なんて奇跡、そうそう
おこせるわけじゃありませんしね(苦笑)
>7
 ・・・・・・

 久しぶりに遠慮抜きでいける相手ですね・・・・・・・


 全力で行きますよ。
 ジェネレータパワーmax。
「ドールス」・・・・・・あたしが所属していた「セクションD」の
最上位組織、その構成員だった人間の実力・・・・・見せて貰います。
機体スペックはこちらが上。
 むしろ、ちょうどいいハンデですよね?
(4基のムーバルシールドが、動く・・・・・・)
 ファイア!
(一斉に放たれる2条のビーム、そしてレールガン・・・・・・)

12 :灰色の疾風と呼ばれた教官@グレイ・ガスト ◆DkiyhL22xI :04/02/09 23:11 ID:???
>11
………何……ッ!?
(高度10000フィートの位置、飛来する光に対して
 地表へと全速で急降下、放たれた光は全て紙一重で回避される。
 そのまま高度3000フィートで突如反転すると、
 即座に二門のバスターライフルを抜き放つ。)

…ドールズ……何故…知っている……答えろォ!!!!!
(砲光から予測位置は絞られる、バスターライフルを連射しながら
 再び急上昇、様々な空戦機動を織り交ぜつつ
 恐ろしい速度でブラックウィドウへと接近して行く。)

13 :整備兵コンビ ◆eAwRb9qzdQ :04/02/09 23:19 ID:???
>11
甲乙『うわ〜〜』(入るには入れない)

砲金「あれは……レールガンか」(さすが、普段からレールガン担いでいるだけの事はある)

14 :茶髪:04/02/09 23:23 ID:???
>11
……レールガン…にしてはそこまででもないな…。
(基準、フリーダムのレールガンの奴にレールガンを語らせるの自体間違いか。)

>13
……。
(時々睨んでたりする。)

15 :ふくかん@ブラックウィドウ:04/02/09 23:24 ID:???
>12
 心外ですねぇ。
 あたしの所属していた、特殊作戦部門「セクションD」はドールスの存在を秘匿
するためのダミー組織。もっとも、ダミーといっても実際に諜報・特殊戦
に対応する能力はあったんですけどね・・・・・・
 あたしは、それら特殊部隊の第二特殊作戦部隊『ダスク(斜陽)』の副隊長ですよ?
知らないわけ、ないじゃないですか?それに、こっちに来てから大体の戦闘データも
抑えさせて貰いましたしね。
 ま、戯言はとにかく・・・・・・あたしはあなたの魂じゃなくて、あなたの腕に
用があるんです。ミスタ・ドールス!
(こういえば、男は容赦せずにかかってくるだろうという読みはあった。
 強烈なバスターライフルの射撃を、ホバー推進を併用しての高速旋回で
避けつつ・・・・・・飛び上がる。
 見る間に、異形のmsが形を変えた・・・・・・四対の羽を持つ、矢尻の
ようなmaに)
 ・・・・・・・空中での機動戦なら・・・・・・こっちも得意なんですよ、
おあいにく様・・・・・・・
 グスタフアイ、起動。ターゲットロック・・・・・・
 fcg,ラインラーゼライに装填・・・・・・・
 弾種、鐵鋼弾頭。
 ・・・・・発射!
(高速で空中を駆け巡りながら、再びムーバルシールドが動く。
 そして、発砲。超高速の弾丸が、ガストめがけて襲い掛かる・・・・・・・!)
 

16 :灰色の疾風と呼ばれた教官@グレイ・ガスト ◆DkiyhL22xI :04/02/09 23:34 ID:???
>15
………チィ……ッ!
だったら………負けられんよ………ミズ・サカグチ!
(回避されるのは予想していた、恐らく上方に向かう事も、
 カンで予想する事は出来た。)
………化物って訳か……名無三…!
(至近距離から放たれた超高速の弾丸、回避行動こそ取ったが
 間に合わない、左足が又下からまるまる一つ消し飛ぶ。)
…使いたくは無かったが………ならば持てる力は
出し切るまでだ、覚悟するんだな…………

(足が消し飛んだ途端、機影が完全に消える。
 その特殊防御機構「ファントム」を使用したのは解る、
 しかし…ふくかんには小細工が通用しない相手なのを知っている
 筈の人間がそれをする……何故だろう?
 荒野に吹く風の音と、スラスターの吐き出す爆音が、
 暫しの間、場を占拠する………))

17 :ふくかん@ブラックウィドウ:04/02/09 23:41 ID:???
>16 
 消えた・・・・・・
 ・・・・・・

 小細工無用。あえて、そう言いましょうかね・・・・・・
(再び、変形すると大地に立つ。
 しかし、今度は二本の足で、だ。
 先ほどまで後ろ足だった部分の装甲が開き、巨大な
ブースターポッドとなって肩の位置に回っている・・・・・・
 フミは、愛機に刀を抜かせた。
「鬼丸国綱」の銘を持つ日本刀型斬甲刀「オーガバスター」。
 勝負は、一瞬。

 ・・・・・・・時が、満ちていく・・・・・・・)

18 :灰色の疾風と呼ばれた教官@グレイ・ガスト ◆DkiyhL22xI :04/02/09 23:51 ID:???
>17
(風が吹いた、荒野を駆ける風が、空を貫く風が。
 そして、剣持つ疾風が。)

………押し通る……!!!

(勝負は単純であった、大地に足を付いたブラックウィドウの
 右面で突然熱源反応が増大、途端に最大出力で放たれた、
 バスターライフルを始めとした砲撃が、
 何も無い空間から猛烈に襲いかかる。
 続いて上方、斜め後方、斜め前方…牽制なのは
 誰にでも解る………が、何の為の?

 続いて更に大きな熱源反応、今度はブラックウィドウの
 完全に真正面、視界に入るのは一面の灰色………
 グレイ・ガストのミノフスキードライブの放つ、
 灰色の光だ、その「疾風」は纏っていた衣を脱ぎ捨て、
 両の手にしかと持ったその刀を付き立てんが為に………
 
 既に機体の限界を越えた速度で襲いかかり、そしてその刃を…
 神速を持ってして、ブラックウィドウへと振り下ろした。)

19 :ふくかん@ブラックウィドウ:04/02/10 00:04 ID:???
>18
 早いッ・・・・・・

 でも・・・・・・
(猛烈なけん制射撃の中、しかし立ち尽くすブラック・ウィドウ)
 悪いですけど・・・・・・
(両のブースターポッドが吹き飛ぶ)
 負けるわけには・・・・・・
(ブレードを、片手で、構える。鳳が片方の翼を掲げるごとく。
古流刀法、陣太刀の構えであった)
 行かないんですよ・・・・・・
(正面から迫る、灰色の疾風。すさまじい・・・・・・
そう、まさに化生そのものの速度で)
 戦うしかないあたしの・・・・・・
(左の肘を、上げ、機体の前に突き出す。左の膝が、これも鶴のごとくにあがる。
肘、そして膝のに装備されたビームシールドが、重なるように展開される。
それは、必殺の太刀、その太刀筋の機動をさえぎるように措かれた。
 襲いくる太刀・・・・・・漆黒の影が、それをくわえ込むように挟み込む。
「タランテラ」。両のわき腹に装備された補助脚。それは近接戦闘にも
使用可能。その爪は、ps素材を除けばおそらく地上においてもっとも硬く、
折れぬ素材・・・・・
しかし・・・・・・強烈な斬撃は、ガンダニュウム・アモルファスの鉤爪を、
たやすく切り裂いた・・・・・・!
 しかし、無論それをフミは承知している。
 そうなることはわかっていた。
 膝、そして肘のビームシールドは相手の突進を阻害する為、そして・・・・・・
相手の意識に空白を作り出すため・・・・・・防ぐとみせて・・・・・・・
 膝を跳ね上げたのも・・・・・・「溜め」を作り出すため。
左の足が、轟然と踏み出される・・・・・・右の刀が、体を沈み込ませつつ
袈裟懸けに振り下ろされる・・・・・・同時に、左の肘が跳ね上がる。
威力、そして速さを両立した最速の斬撃。
 左の肘のシールドが、灰色の疾風を襲う。さらにそのシールドすら切り裂いて
光の幕の向こう側から、鬼丸の猛烈な一撃が、肩口めがけて振るわれる・・・・・・
 刀の表面に展開されたビームフィールドが、シールドによって刀身を焼ききられるのを
防いでいるのだ)
 ・・・・・・斬る!
 

20 :砲金 ◆eAwRb9qzdQ :04/02/10 00:05 ID:???
>14
(にらまれているのは気付いたが、気にしないことにする)

>15-18
……凄いもんだなぁ、こいつら。

21 :茶髪:04/02/10 00:11 ID:???
>20
…そういう貴方も大差ない力持ってるんでしょ?
(結局、無意味に睨むのはそこまでで止めて。)

………怪我してなければ…シミュレート勝負でも挑みたい所ですけど無理ですからね…。

22 :砲金 ◆eAwRb9qzdQ :04/02/10 00:12 ID:???
>21
いや、俺は結局スナイパーでしかないから。(謙遜のように聞こえるかもしれないが実は結構マジ)

23 :茶髪:04/02/10 00:17 ID:???
>22
……スナイパーでしかない…ですか。

…逆に、スナイパーだから驚異なんですよ。
(これも本心。…彼は遠距離が比較的不得手なのだ。)

24 :灰色の疾風と呼ばれた教官@グレイ・ガスト ◆DkiyhL22xI :04/02/10 00:21 ID:???
>19
俺も、負けられない。

(相手がカウンターを取る事も、それが極められた
 技である事も、全て承知の上だった)

負ければ

(しかしそれに策を設ける様な事はしない、
 既に機体の四肢は動く事も叶わない、この攻撃自体が
 掛けであり最後の決断なのだ、どちらが勝つか、という………。
 それに失敗した以上)

俺には何も無くなる…それだけだ。

(彼には何も残らない、負けたくは無かった筈だ、
 しかしそれすらも割り切ってしまえる、
 彼にそんな気持ちを植え付ける程に)

どうやら…俺ももう…終わりだな。

(彼をそこまで熱く、虚しくさせた存在。





 それが、ドールズという名の、男の過去だ、
 過去を捨てきれない男の機体を、猛烈な斬り込みが襲う、
 肩口から入ったそれは、それぞれの搭乗者の意志を
 反映するかのごとくガストの装甲を斬り裂き、
 コクピットを叩き潰し、その胴体を両断する。

 灰色の…いや、むしろ銀色の光を放ちながら大爆発を
 起こすグレイ・ガストのミノフスキードライブ。
 吹き飛ばされたガーベラストレートが一振り
 荒野に付き刺さり…そして、消えた。)


搭乗者  物静かな教官[グレイ・ヴィクトリア] 
搭乗機体 グレイ・ガスト
敗北原因 撃墜

25 :砲金 ◆eAwRb9qzdQ :04/02/10 00:23 ID:???
>23
……そういうものかねぇ。
まぁ、
『真のイイ響きとは超長距離射撃のことだ!』『それだと射撃音が響かないぞ!』
なぁんて小噺もあるくらいだがな。(場の温度が冷める)

26 :茶髪:04/02/10 00:26 ID:???
>25
……そういう物です……………。
(愛想笑いの類も一切せず、場の空気を氷点下にまで貶める奴。)


27 :ふくかん@ブラックウィドウ:04/02/10 00:28 ID:???
>24
 それは・・・・・・おたがいさまですよ・・・・・・
(防ぎきれないのも、承知していた。
 相手の刀、そしてこちらの刀も袈裟懸けに繰り出されたがゆえに・・・・・・・
 互いの刀は、最後の最後まで振り下ろされた・・・・・・

 爆発を見つめ、立ち尽くすブラック・ウィドウ。
 不意に・・・・・・肩口から、腰にかけて、亀裂が走る。
 いや、それは亀裂などというものではなく・・・・・・
 精密な、一本の直線であった。
 そこから・・・・・・上半身がすべり、ずれ落ちていく。
 ゆっくりと、それは大地に地響きを立てて落ち・・・・・・・
 輝きを失ったモノアイが、自らの上半身をいつまでも見つめつづける・・・・・・・)


 五分・・・・・・いえ、設計が新しい以上、あたしの負け・・・・・・ですかね。

(シミュレーターの画像が、ふつり、と消える。
 満足すべきなのか・・・・・・
 それとも、嘆くべきなのか。
 少なくとも、彼らのために、彼女という猟犬は企業に放逐
されたわけであり・・・・・・そして、その原因である1人に
一太刀、報いた今・・・・・・
 少なくとも、僅かながらすがすがしい気分になっているのは
間違いない事実であり、それだけで心の中の何がしかが満たさ
れたことに、フミは納得していた)

28 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/02/10 00:33 ID:???
(何も言わず、無表情にシミュレータから出る。
 観戦者たちに視線を送る事も無く、視線も定まっていない。)

……………
(近くに置かれていた備品のメモ用紙、その一枚に
 ふくかん宛のメッセージを書き留めている様だ。)

…………………
(書き終わったメモを机に置くと、そのまま自室へと帰って行く。
 シミュレータ室のドアが開き、再び閉じる音…
 直後、外の廊下に…壁を殴りつける音が響いた。)

「有り難う御座いました。」
(残されたメモに残された言葉は、これだけだった。)

29 :砲金 ◆eAwRb9qzdQ :04/02/10 00:37 ID:???
>26
ひょっとしてあれか?『ゼロ距離射撃』のほうが好きな口か?
>27-28
おぅおぅ、相討ちかよ。

30 :ついてない男:04/02/10 00:38 ID:???
>29
いや、紙一重で黒い方が勝ったぞ。

31 :茶髪:04/02/10 00:40 ID:???
>27
…………流石ですね…。

>29
…いえ…中距離です。

32 :ふくかん@ブラックウィドウ:04/02/10 00:46 ID:???
(ようやく、シミュレータを降りてくる)
 ・・・・・・
(微妙な表情)
>28
 ・・・・・・らしいですね・・・・・・
(何かを殴りつけたような音をかすかに聞きながら・・・・・・
何とはなしに、「次は、勝てるか?」という疑問が湧く。
 ・・・・・・満足している自分、憤懣を覚える彼。
 ・・・・・・ここに、何か決定的な部分での差が出来ている、
ということに気づかないほど、彼女はおろかではなかった)

・・・・・・
負けですね・・・・・・(ぽつり、とつぶやく)
(こちらも、ギャラリーのことが目に入っていない。
 呆然と、ただ、残された紙を見つめ押し黙る)

33 :砲金 ◆eAwRb9qzdQ :04/02/10 00:54 ID:???
>30-32
……まぁ、そういうものか。(無意味に呟くと出て行く)

あれか、もう少し近距離も真面目にやるべきか。


34 :朱い月の魔女 ◆MOONewb5Yo :04/02/10 01:04 ID:???
【天馬にて運動後の一息】

「あのスポーツクラブ、何であんなに物々しい雰囲気だったのでしょうか……」

【ホットミルクを啜りながら溜息。
 足元には少し小さめのドラムバッグ。
 中には、スパッツ・汗を吸ったタオル・シャツ・その他色々。
 要は今日がエアロビクス初体験の日だったわけである】

35 :海賊娘 ◆eAwRb9qzdQ :04/02/10 01:16 ID:???
疲れた……(天馬に来た)
……何で、アタイが狙われるんだ……(>34には気付いていない)……アイスティー一つ。

36 :赤毛:04/02/10 01:21 ID:???
>34
 おつかれー
(後から続いて店に入ってくる。こちらも汗だくである・・・・・・
盗撮者を片っ端から撃破説教していて疲れ果てているのだ。
 もっとも・・・・・・何パーセントが「駆除」できたか
あやしーもんではある。赤毛の見るところ、遠距離からの望遠撮影者、
近距離に潜んで盗撮を決行した兵士の全てを合わせるとのべ百人は
下るまいと思われた・・・・・・
 そして深深と慨嘆。ああもう金髪ちゃんがいれば例の椅子で圧倒的
ではないかぐははははだったのに・・・・・・)

37 :若者 と 執事 ◆xINQuiet4U :04/02/10 01:25 ID:???
(本日は老紳士を引き連れて天馬にやってくる)

でさ、セバスチャン。

「はい、いかがなさいましたか?」

僕の機体、いつ来るの?

「はっきりとした日付はお伝え出来ませぬ。なにやら、製造中にパーツの不備が見つかったそうで。
 ただ、それほど遅くはならないだろうとは申しておりました」

そっか…………早く来ないかなぁ〜

38 :朱い月の魔女 ◆MOONewb5Yo :04/02/10 01:26 ID:???
>35
【こちらも気付かない。というかエアロビの楽しさに思い出し笑い中】

>36
「何だか、お疲れのようですね。
 ダメですよ、体調管理はしっかりしないと」

【ある意味自分のせいだとは気付かない、天然佐官18歳・女】

39 :籠の中の許婚:04/02/10 01:34 ID:???
>34
(その背中に両手を乗せる)
……大丈夫ですの?
しっかり休息を徒って、良い物をお食べになられては?

(小さい声で)
御話、良いでしょうか……

40 :海賊娘 ◆eAwRb9qzdQ :04/02/10 01:35 ID:???
……(アイスティーを飲み干す)……じゃ。(店を出る)

41 :赤毛:04/02/10 01:38 ID:???
>38
 うん。胃潰瘍には気をつけたほうがよさげね・・・・・・
(心底羨ましそうに見る・・・・・・)
(っていうかなんでntの癖に邪気に気づけないわけ・・・・・・・


 いや・・・・・邪気だと・・・・・・認識してない!?

 ・・・・・・ok。ちょーっと命をかけたミッションになりそうだわ・・・・・)

42 :朱い月の魔女 ◆MOONewb5Yo :04/02/10 01:45 ID:???
>39
「ええ、私は大丈夫ですよ。
 エアロビクスは疲れますけど、それ以上に楽しいものでしたし」

【振り返る】

「それよりも彼女の方が―――話、ですか?」

【赤毛の方を気遣ったのち、怪訝そうに鳥篭をみる】

「ここで大丈夫なお話でしょうか……」

>41
「無理はなさらないで下さいね」

【ふと思い出したように】

「そういえば、今日は不思議な日でした。
 すれ違う兵士達の士気が、とても高くて……あれはもう、軍気のレベルでしたね。
 ふふっ、いつもこうなら喜ばしいんですけどね♪」

【純粋過ぎる上に、悪意は欠片も無い。
 オマケに、何処か歪んでいるわけでもない。
 そういった気配を邪悪なものとは認識できないのだ】

43 :若者 と 執事 ◆xINQuiet4U :04/02/10 01:49 ID:???
(クリームソーダを嚥下しつつ)

ねぇセバスチャン?
「なんですかな?」

データだけならセバスチャンが持ってるんだよね。
「持ってますな」

シミュレーターなら使えるんだよね。
「使えますな」

でも、企業軍のは使っちゃ駄目なんだよね?
「駄目ですな」

じゃさ、「養成所」のなら大丈夫かな?
「大丈夫…………かどうかまでは。恐らく、独立起動されてるものもあるのでしょうが」

(それだけ言うと、青年はなにやら考え始める)

44 :籠の中の許婚:04/02/10 01:54 ID:???
>42
あ、いえ、その……
(間違った、彼女は帰っちゃった……)

いえ、その士気が高いのは、それは下心だと思いますわ……
(咄嗟に話を切り出す)

45 :赤毛:04/02/10 01:58 ID:???
>43
 ん〜?(じろじろ)
 見覚え、あるような、ないような・・・・・・
 

 だれ?(直球)
>42
(分かってない・・・・・・分かってないわ・・・・・・)
(・・・・・・でもこうしていられるのは・・・・・・
 仁義無き兵士同士の潰し合いが水面下で繰り広げられて
いるからね・・・・・・

 影で何通のラブレターが消費されてるか・・・・・・
 上官に握りつぶされてるか・・・・
 郵便係に「損失」あつかい受けてるか・…(つД`)

 Σ(`Д´ )もしアルフレッド君の存在がばれたら・・・・・・






 間違いないわ。第一次養成所戦役勃発ね・・・・・・)

((((((((´Д`;))))))))ざくぐふげるぐぐ

46 :朱い月の魔女 ◆MOONewb5Yo :04/02/10 01:58 ID:???
>44
「下心、ですか?」

【きょとんとしながらミルクを啜る】

47 :若者 と 執事 ◆xINQuiet4U :04/02/10 02:03 ID:???
>45
僕ですか?
僕はヴァイス・セムヘッセンって言います。企業軍でパイロットとかしてます。
「私は、ヴァイスさまお付きの執事でございます」

…………寒いんですか?
(あらぬ想像に震える赤毛を気づかう)

48 :籠の中の許婚:04/02/10 02:04 ID:???
>46
良いです? 男性の方は獣なんですのよ、一部(籠にとっては主に青目)を除いて。
ですから気を付けて下さいまし。

ウェットスーツなんてぴっちりした服、喜b(略〜
(主に恋文がどーの、下心がどーのと色々)
〜略)という訳なのですわ。

解ります?

49 :朱い月の魔女 ◆MOONewb5Yo :04/02/10 02:11 ID:???
>45
「汗をちゃんと拭かないから、体が冷えるんですよ」

【だから自分のせいだと気づけ天然少佐】

>48
「……私の部下達を悪く言わないで下さい!」

【ムッとした様子。
 というか言われた事をイマイチ実感していない模様。
 つーかそもそもセクハラという概念の存在すら、つい最近まで知らなかった訳で】

50 :籠の中の許婚:04/02/10 02:17 ID:???
>49
……(頭を抱え込む)

諜報部に行って年齢制限ゲームの陳列棚を見てみるのをお勧め致しますわ。
……というより私にはこれ以上の説明なんて(照)

51 :赤毛:04/02/10 02:23 ID:???
>47、49
 ちゃ、ちゃうねん(滝汗。しかもなぜ関西弁か)
>50
 頑張った・・・・・ほんと頑張ったわ・・・・・・

 善意って理解されないものよね・・・・・・・on_



52 :若者 と 執事 ◆xINQuiet4U :04/02/10 02:25 ID:???
>51
そうですか……ところで、お姉さんは養成所の人ですか?
養成所のシミュレーターを借りてみたいんですけど、そういうのって大丈夫だと思います?

53 :朱い月の魔女 ◆MOONewb5Yo :04/02/10 02:26 ID:???
>50
「何故、そこでそのようなゲームの話になるんですか!(///」

【あくまで、自分がそういう対象として見られ得る事に思い至らないだけ。
 貞操観念が強い分、羞恥心などは人並み以上あるわけで。
 むしろある意味耳年増だったりする。
 人格者ばかりに囲まれて育つのもまた、考え物である事の良い例だろうか】

>51
「……」

【反応に困っている】

54 :籠の中の許婚:04/02/10 02:30 ID:???
>51
うぅ、私は悪気は無かったんですのよ。
(ため息)

>53
……リスト、見せましょうか?
(天馬備え付けの端末を操作し、パスを入力して諜報部購買にアクセスする)

55 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/02/10 02:35 ID:???
(天馬に入ってくると辺りを見回す)
ここにも居ない、か・・・・・
(少し脱力して席に座る)
緑茶をくれ。

56 :朱い月の魔女 ◆MOONewb5Yo :04/02/10 02:38 ID:???
>54
「いえ、結構です―――」

【と言いながらも興味津々。
 指の隙間からしっかり見ているしずかちゃん状態】

57 :籠の中の許婚:04/02/10 02:42 ID:???
>55
(一瞬目を向けるが直ぐに視線を画面に戻す)

>56
良いです? こういう格好してるんですの。
(赤面して画面を見ずに表示させる)
(アングラ。肖像権なんて無視な内容、ってか犯罪)

58 :朱い月の魔女 ◆MOONewb5Yo :04/02/10 02:44 ID:???
>57
「―――」

【絶句】

59 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/02/10 02:46 ID:???
>57
こらこら、女性のそんなのを見せてはいけないぞ。
(画面に映ってるのを見て注意する)

ほら、そこの方が恥かしがってるだろ。

60 :籠の中の許婚:04/02/10 02:48 ID:???
>58
……

>59
い、言われなくてももう消しますわ!
(慌てて消す)

61 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/02/10 02:51 ID:???
>60
それで良し。
こんな事をしては女に嫌われるぞ?
二度としてはいけないからな、いいな?

それと・・一つ訊くがこんな真夏にコートを着た男を見なかったか?

62 :籠の中の許婚:04/02/10 02:58 ID:???
>61
私は女ですー!
何処でその情報を掴みましたか貴方はぁ!

コート……彼は居なくなりましたわ!
貴方行方を知ってますの!?
(青目と勘違い)

63 :朱い月の魔女 ◆MOONewb5Yo :04/02/10 02:58 ID:???
>60
「―――ハッΣ(゚Д゚;」

【我に返る】

「あの……私も、あのように見られてしまっていたと言う事でしょうか?」

【おそるおそる】

64 :籠の中の許婚:04/02/10 03:01 ID:???
>63
(こ、ここまで見せましたのに……)

_| ̄|○ あぁん、これ以上私に言わせる気ですの……?(涙)

65 :朱い月の魔女 ◆MOONewb5Yo :04/02/10 03:03 ID:???
>64
「……」

【控えめに、こくりと頷く。
 頭の中がこんがらがっている模様】

66 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/02/10 03:07 ID:???
>62
うむ・・・ごめんなさい(汗)
店の外でビールを飲んでいた整備員から聞いたんだ。
(とりあえず謝る)


昨日、あいつは来た筈なんだが・・・・・
コートを着て大量の銃を隠し持ってる男なんだが・・・・・
知らないか?

>63
うん?
どうなさられた?

67 :籠の中の許婚:04/02/10 03:13 ID:???
>65
まぁ私が普段見てるのは此処じゃありませんけど……

>66
……見たような、見てないような?
(思い出せないでいる)

68 :朱い月の魔女 ◆MOONewb5Yo :04/02/10 03:18 ID:???
>66
「いえ、その……衝撃的だったもので」

【脳味噌半ばパニックかも】

>67
「……」

【エンネアも馬鹿ではない。
 ここまでくれば、相手の言わんとする事も凡そ察しがつくのだが……。
 それでも、自分がネタに使われる可能性を否定したいのだ】

69 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/02/10 03:22 ID:???
>67
歳は20の終わり頃で服に大量の銃を隠し持ってる男だ。
腕を伸ばしたら袖口から「でりんじゃー」とかいう小さい銃が飛び出すし、
ポケットから拳銃やマシンガンを取り出してコートの裏側にはロケットランチャーとロケット弾を隠し持つ男だ。
そうそう、酒を飲んでたら性格と口調が変わってな・・・・大人しい口調で自分の事を一人称が「僕」になる男だ。
噂では酒を飲んでここに来たようだが・・・・見なかったか?

>68
ふむ・・・・・どうやらトラブルをお抱えのようですね?

70 :籠の中の許婚:04/02/10 03:23 ID:???
>69
……射撃訓練場に、居ましたわ。
そんな変態さんが……

>68
あ、あは、はははは……
失礼しますわ
(ふらふらと去っていく)

71 :朱い月の魔女 ◆MOONewb5Yo :04/02/10 03:28 ID:???
>70
「あ……っ」

【もう何が何だか】

>69
「……私、どうしたら……。
 明日からどのようにして皆と顔を合わせれば良いのでしょうか……」

【よろよろと立ち上がる】

「すみません、少し、一人にしていただけますか?」

【端の方の席へ移り、突っ伏す。
 相当ショックだったらしい】

72 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/02/10 03:31 ID:???
>70
その変態は私の友人で今度ここで教官をする事になった男です(汗)。
って、もう居ない・・・・
(だんだん頭痛がしてきた)

>71
分かった。
もし、トラブルを解決しようと思ったら私に声をかけてくれ。
力になる・・・・・・
(そう告げると売店に頭痛薬を買いに店を後にする)

73 :海賊娘 ◆eAwRb9qzdQ :04/02/11 01:05 ID:???
(天馬で)
……(カタカタ)……ん〜〜(ピッ)此れだと……(ずず――)じゃあこっち側で……(ノートPCで宿題をやっつけている)

74 : ◆DkiyhL22xI :04/02/11 01:16 ID:???
(明かりもついていない部屋、質素な部屋だ。
 生活必需品の他には、装飾品等は申し訳程度にしか
 置かれていない。
 部屋の隅に、書き物の為の小さな机が備わっている、
 その椅子に腰掛け、暗い部屋の中…焦点の定まらない
 視線を泳がせる男が一人。
 部屋には酒瓶も薬剤も無い、しかし…思い出したくない過去、
 それは即ち、この世のどんな激物よりも…
 人の体を、心を、そして魂を痛めつける物だ。
 男は泣いていた、無表情に、声も涙も流さずに、
 しかし男は泣いていた…過去の己と、過去に縛られた
 自分への叱咤の思いで、泣いていた。)

75 :籠の中の許婚:04/02/11 01:16 ID:???
>73
さぁ、もう逃がしませんわよ。
(後ろから両肩を掴む)

76 :海賊娘 ◆eAwRb9qzdQ :04/02/11 01:20 ID:???
>75
……ふぃにゃ!?

…………な、何を?

77 :籠の中の許婚:04/02/11 01:25 ID:???
>76
ここ数日捕まえようと追い掛け回して、地雷を沢山踏んでしまいましたわ。
(多くは本人の責任だが…)

……率直に言いますわ。
彼を引き摺り戻しに参りませんか?

78 :海賊娘 ◆eAwRb9qzdQ :04/02/11 01:27 ID:???
>77
見つかったのか!

79 :籠の中の許婚:04/02/11 01:29 ID:???
>78
……探す所からですわ。
(加減うつむきつつ)

80 :海賊娘 ◆eAwRb9qzdQ :04/02/11 01:32 ID:???
>79
……そうか……

まあ、行方不明に関しちゃ昔からこう言うよな、「行く方向が不明なら、動いている時に捕まえろ!」と。

いくつかコネをつけて探してもらっているけど、やっぱり自分で探さないとな!

81 :籠の中の許婚:04/02/11 01:37 ID:???
>80
その通りですわ!
……といっても手がかりも何も無いのですけれどね。
有り得そうなのは、養成所への敵対組織へ走るとかでしょうけれど……

82 :海賊娘 ◆eAwRb9qzdQ :04/02/11 01:41 ID:???
>81
じゃあAEMAかリターナーズだな!


……どうやって?


(その頃の邪黒(彼女の叔父)「へっくし!」)

83 :籠の中の許婚:04/02/11 01:53 ID:???
>82
……寝返って見せるとか(稚拙)
それとも、彼が居られないようにするとか……(邪悪)

と、とにかく首輪と鎖を付けてでも連れ帰りますわ!


……鼻血が…

84 :忍者崩れ@偽記者 ◆eAwRb9qzdQ :04/02/11 01:53 ID:???
>82
……(ビクッ)

(たまさか変装して天馬にもぐりこんでいたAEMAとリターナーズ二足のわらじ)

85 :海賊娘 ◆eAwRb9qzdQ :04/02/11 01:59 ID:???
>83
……うわぁ。

86 :籠の中の許婚:04/02/11 02:04 ID:???
>85
……///
失礼……
(ティッシュを詰め込む)

と、とりあえず!
外出許可を頂いて参りません?

87 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/02/11 02:04 ID:???
>83
(今まで離れた席でコーヒーを飲んでいたが会話が聞こえてきて)
首輪?鎖?
SMが趣味なのか?(ボソ)

88 :海賊娘 ◆eAwRb9qzdQ :04/02/11 02:07 ID:???
>86
ああ!善は急げだ!(店を飛び出す)

89 :籠の中の許婚:04/02/11 02:08 ID:???
>88
えぇ、今直……

>87
ピシッ(石化)

90 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/02/11 02:15 ID:???
>89
おお、石化した(汗)
どうやら大当たりしたみたいだな?
(謝るべきか?逃げるべきか?)


91 :隻眼の生徒(27):04/02/11 02:35 ID:???
(>88と入れ違いに入ってくる)
なんだありゃ…?
あ、店長コーヒー一つね
(長い布包みを肩にかけながら、カウンターに座る)
 


92 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/02/11 02:43 ID:???
(>91がコーヒーを注文するのを見て自分のコーヒーカップが空なのを思い出す)
店長、俺にももう一杯くれ。

>91
長い包みだな?
中身は刃物か?

93 :隻眼の生徒(27):04/02/11 02:45 ID:???
>92
いんにゃ、銃です
FT-103、通称ナイトメア
……歩兵が持ちうる単純な威力なら最強の兵器ですよ
まぁ、貫通力以外ならMSの60mバルカン
貫通力でもビームスプレーガンにすら勝てない代物だけど(苦笑
しかも一発しか撃てないし、目立ちすぎ
世界でもちゃんと使ってるのは俺だけじゃないですか?

(歩兵なら知っているかもしれない、その銃を使う隻眼のスナイパーの存在を
 そのスナイパーはこう呼ばれた
          ペネトレイト ・  アイ
          死すら射抜く隻眼)


マエスレカラノコピペイクナイ

94 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/02/11 02:53 ID:???
>93
「帯に短し襷に長し」・・・・・それよりは「牛刀をもって鳥を割く」のほうが似合いそうだな。
俺もアンチマテリアルライフルなら何丁か持ってるぜ。
でかくて扱いづらいがだ命中すればアーマーを着けていようとあの世逝きの威力だからな・・・・

インディアナ・カタヤイネンだ
ここで教官をする事になったんでな、宜しく。

95 :隻眼の生徒(27):04/02/11 02:55 ID:???
>94
あ〜。確かに
……いや、もっと言うなら
「バチカンにアクシズ落とし」って言い方も面白いかも……流石に言いすぎか
あ、オレはアイン・バークライト[隻眼の生徒(27)〕
今後ともよろしく

96 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/02/11 03:05 ID:???
>95
アイン・バークライトか・・・・・「バチカンにアクシズ落とし」か?
バチカンどころかイタリアが消滅しちまうよ(苦笑)
ここの生徒だったな?MSは何に乗ってるだ?
そのデカ物を持ってるところを見ると狙撃仕様か長距離砲戦用の機体か?

97 :隻眼の生徒(27):04/02/11 03:08 ID:???
>96
コレ人に使ったら本気で上半身が消えたことあるからな〜、意外に間違いじゃないかも
愛機はネロ、一応武装は狙撃仕様だけどな

98 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/02/11 03:16 ID:???
>96
おいおい、俺が持ってるアンチマテリアルライフルで人の頭撃っても首から上が無くなるだけなのに上半身が無くなっちまうとは・・・(汗)
ネロか?一度乗った事があるが扱いやすい機体だったな。
俺の愛機はフリーダムだが・・・・お前、格闘戦は得意か?

99 :隻眼の生徒(27):04/02/11 03:19 ID:???
>98
……格闘戦………ああ、なるほど
………ぜんぜん出来ないッす、以上

100 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/02/11 03:27 ID:???
>99
そうか、全然出来ないのか・・・・・・(ニヤリ)
俺の授業の時は覚悟しておくんだな。(邪笑)
(そう言うとコーヒーを飲み干して店を後にする)

101 :隻眼の生徒(27):04/02/11 03:28 ID:???
>100
……ああそうか……_no

とにかく何とかするしかないよなぁ……
(コーヒーを飲み、天馬で男はたそがれた)

102 :朱い月の魔女 ◆MOONewb5Yo :04/02/11 13:16 ID:???
【結局スタジオ通いは2日目から中断】

「はあ……」

【部下達と顔を合わせ辛いゆえに、有給休暇を取って精神療養中】

「……殿方たちの生理も理解できないわけではありませんが……」

【天馬の厨房で冷製パスタの練習中。
 物思いに耽ったりしていた為、指を切ったりしていた】

103 :子連れ:04/02/11 13:23 ID:???
ふはー……今日は疲れたねぇ、ケイト
『オギャー、オギャー』
んー?お腹がすいたのかい?
そういえば僕もすいたねぇ……
ん?このお店で何か食べさせてもらおうか……
(天馬に入る)
すみませーん

104 :朱い月の魔女 ◆MOONewb5Yo :04/02/11 13:28 ID:???
>103
【びくり】

(゚Д゚;≡;゚д゚)

「て、店長……何処へ行ってしまったのでしょうか……」

【店員を探すも見つからない。
 仕方なく、応対に出る事に。
 因みに白いサマーセーター、ジーンズにエプロンといったいでたち】

「すみません、お店の方々は皆、お出かけ中のようでして……」

【申し訳無さそうに厨房から顔を出す】

105 :子連れ:04/02/11 13:30 ID:???
>104
えーっ!?
『オギャーーーー!!オギャーーーーーー!!』
(火のついたように泣き出す赤ん坊)
あーあー、よしよし。

すみません、それならせめてミルクをくれませんか?

106 :朱い月の魔女 ◆MOONewb5Yo :04/02/11 13:32 ID:???
>105
「あ、はい……っ!」

【泣き出した赤ん坊に慌てながらも、てきぱきとミルクを用意していく。
 何故か備えてあった哺乳瓶を煮沸消毒し、人肌に暖めたミルクを入れて持ってくる】

「どうぞ」

【赤ん坊に興味津々といった様子】

107 :子連れ:04/02/11 13:37 ID:???
>106
あ、すみません……
ほーら、ケイト、お姉さんが用意してくれたミルクだぞー
(ちゃんと人肌に温もってる事を確認して飲ませる)
よしよし……

あ、どうもすみませんね、無理言っちゃいまして。
……うあっ!
(急にお腹が鳴り出す。ぐりゅりゅりゅという無茶苦茶な音。)
ううう……す、すみません!トイレ借ります!この子、お願いしますね。
(無理矢理赤ん坊とミルクを渡してトイレにダッシュ。)


108 :朱い月の魔女 ◆MOONewb5Yo :04/02/11 13:39 ID:???
>107
「え……あ、と……」

【赤ん坊を受け取る】

「……」

『……』

「困りました……どうしたら良いのでしょうか(汗」

【とりあえず抱きかかえて、口元に哺乳瓶を添えてみる】

「あ……飲んでる……」

【自然に顔がほころぶ】

109 :子連れ:04/02/11 13:45 ID:???
親「うおおおおおおおおお!頑張れ俺!頑張れーー!!
  ……あっ、ケイト……アレ、まだだった……」

>108
(おいしそうにミルクを全部飲み干す)
…………ギャーッ!
(しばらく落ち着いていたが、また泣き出す)
(おしめが濡れている)

110 :朱い月の魔女 ◆MOONewb5Yo :04/02/11 13:49 ID:???
>109
「ふふ、可愛い……って、ええ!?」

Σ(゚Д゚;≡;゚д゚) アタフタ

「泣き止んでください……泣き止んでぇ……どうしましょう」

【おしめが濡れている事に気付く】

「ええっと、替えのおしめは何処に……ああ、良い子だからもう少し待っていてください!」

【かなりテンパッてます】

111 :子連れ:04/02/11 13:52 ID:???
>110
親「あああああ、大丈夫かなぁ?迷惑かけてないなぁ?
  早く行ってあげないと、大変な事に!!」


子「ギャアアアアアアアアアアアアアアア!!」
(なおも暴れる赤ん坊。何時の間にか持っていたジオン系MSのおもちゃを振り回す)

112 :朱い月の魔女 ◆MOONewb5Yo :04/02/11 13:57 ID:???
>111
「ああっもう!」

【携帯電話を取り出す】

「もしもし、誰か手の空いている方はいますか!?
 ああ、良かった。
 至急、おしめを購入して天馬まで届けてください!
 え? 何に使うかって?
 決まっているでしょう、赤ん坊のお世話をするんです!!」

【ある意味公私混同。
 部下におしめを買わせる奴。
 因みに電話の向こうではささやかな誤解が生じていたり】

『エンネアちゃんに隠し子!?』

『少佐ぁぁっ!!』

113 :子連れ:04/02/11 14:00 ID:???
>112
親「ふああああああああ!よっしゃあ!」
(急いで用を足し、トイレから出る)
俺「ケイトォォォォォ!!」
(ダッシュで赤ん坊に向かうが、赤ん坊が投げた超合金グフのおもちゃが顔にぶつかる)
俺「ううー……」
(倒れてそのまま気絶)

子「オギャアアアアアアアアア!!」

114 :朱い月の魔女 ◆MOONewb5Yo :04/02/11 14:05 ID:???
>113
「ああ、良かった。さっきから泣き止まなくて……って、大丈夫ですか!?」

【もう何が何だか】

『少佐、お待たせしました!』

【企業軍の女性士官がおしめを届けにやってくる。
 てきぱきとおしめを替えながら】

『……少佐のお子さんですか?』

「違います!!」

115 :子連れ:04/02/11 14:08 ID:???
>114
子「…………ZZZ」
(おしめを取り替えられ、満腹だったからかすぐに眠る。
 暴れるだけ暴れてスッキリしたのか可愛い寝顔)

116 :朱い月の魔女 ◆MOONewb5Yo :04/02/11 14:14 ID:???
>115
「……」

『……』

「可愛いですね……」

『少佐、今、「子供欲しいな」とか思いませんでした?』

「お、思う筈ありません!!」

【赤ん坊を抱きかかえたまま、暫く寝顔を眺めていたが……】

「―――ZZZ……」

【こちらも、陽気に誘われうたた寝を始めてしまう。
 二人を起こさぬよう、女性士官はそっと店を出て行く】

『あれじゃあ、何処からどう見てもエンネアちゃんの子供よねえ―――写真に撮っちゃえ♪』

【またもや部下にネタにされる18歳少佐】

117 :忍者崩れ@偽記者 ◆eAwRb9qzdQ :04/02/12 02:42 ID:???
(偽記者として取材にかこつけ、企業軍の様子を探っている)

118 :ザク乗りの傭兵 ◆PlF7QzaFyA :04/02/12 19:58 ID:???
(ニュージーランドに接近してくるMS輸送機。
 その識別信号は、ランバ・ラル率いる傭兵部隊のものだ。
 空港の管制室の指示に従い、静かに入港する。)

(その輸送機を待っていたザク乗り。
 輸送機が着陸するのももどかしく乗り込んでいく)
やっと来たかよ!
すぐ出すぜ!
「え?ここから出るの?届け先は養成所じゃないのか?」
養成所に届けるんだよ。
ここから「アレ」に乗ってくのさ。
「おいおい…まったく新しい自転車を買ってもらった子供みたいなヤツだな…」
いいから出させてくれよ〜。
「まあいいさ、それじゃオレはすぐ基地に戻るぜ」

(数分後…
 ゆっくりと開かれる輸送機のハッチ。
 低いアイドリング音が漏れ出している。
 そして、八分どおりハッチが開いたところで、巨大な鉄の人馬が飛び出してくる。
 空港の滑走路面を削るようにドリフトターンをする巨大な「バイク」。
 其れにまたがるのは「ザク リミットブレイカー」だ)

たまんねぇ〜!
この渋い操縦感、地を這うようなアイドリング…
くっくっく…まさに王者の乗馬にふさわしい!
行くぜ!…え〜と…
(コクピットの中でポカンと口を開け考え事をするザク乗り。)
…まあ言いや、名前は後で考えよ。
…ウッシャア!

(空港を飛び出し、緩やかな勾配を一気に駆け上がると小さくジャンプするバイク。
 激しく揺れるコクピットの中のザク乗りの表情は、明らかに楽しんでいた)

119 :忍者崩れ@偽記者 ◆eAwRb9qzdQ :04/02/12 23:04 ID:???
>118
…………(双眼鏡で偵察)




……養成所のモビルスーツは化物で御座るか、ニンニン……

120 :ザク乗りの傭兵 ◆PlF7QzaFyA :04/02/13 02:22 ID:???
ボンボボボンボボ…ブロロロロ〜!

(いつの間にか第二養成所に入ってきたリミットブレイカー。
 MS用バイクに乗り、演習場内をぐるぐると乗り回している)

パラリラパラリラ…

(ちなみにエンジン音やラッパの音はザク乗りが口で真似してるだけ)

う〜ん、渋い、渋すぎる…

121 :朱い月の魔女 ◆MOONewb5Yo :04/02/13 02:28 ID:???
>120
【その様子を、物憂げに眺めている私服姿のエンネア】

「……はぁ」

【美人ゆえに絵になる光景ではある】

122 :ザク乗りの傭兵 ◆PlF7QzaFyA :04/02/13 02:32 ID:???
(やがて、停止するバイクとザク。
 パイロットのザク乗りが降りてくる。
 そして、演習場脇の草むらにうずくまり、吐きそうになる)
うえぇぇぇ…ぐるぐる回りすぎた…

>121
(ふと顔を上げるとそこにはエンネアが)
おろ?どったの?
(すたすたと近寄ると、自分のバイクを指し示す)
どうっすか?シブイっしょ。


123 :朱い月の魔女 ◆MOONewb5Yo :04/02/13 02:35 ID:???
>122
「ええ……」

【如何にも「悩み事あります」な表情で、曖昧に相槌】

124 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/02/13 02:39 ID:???
>120 >122
(敷地内を歩いててその光景をみてしまった)

…………………………………………

>121 >123
確かに、あんな物見せつけられたらため息も出るよね……
(ため息の原因を勘違いしているようだ)

125 :ザク乗りの傭兵 ◆PlF7QzaFyA :04/02/13 02:40 ID:???
>123
(そして、普通に勘違い)
やっぱり?
あの渋さがわかる?
ん〜、あの質実剛健さがわかるならあんたもなかなか…
(と、悩み顔に気づく)
どったの?
…んー?あんた、男の人の事で悩んでる相が出てるよ(ニヤリ)
>124
あ、ちわっす。
ま〜、確かにね。
乗りこなそうったってオレ以外にゃそうそう乗れるもんじゃねえっすよ。

126 :朱い月の魔女 ◆MOONewb5Yo :04/02/13 02:42 ID:???
>124
「あ、いえ、そうではなくて……」

>125
「違います!」

【否定するも】

「あ……その、違わない、かもしれませんけど……」

127 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/02/13 02:44 ID:???
>125
うん、僕にもあれはそうそう乗れない。それは間違いないね。
(;´Д`)

>126
適当に受け流したほうが良いと思うな〜
ザク乗り君は、とりあえずまずは男女の話に持ってくしねぇ。

128 :ザク乗りの傭兵 ◆PlF7QzaFyA :04/02/13 02:49 ID:???
>126
半分あてずっぽうだったけど、当たった?
まあ、誰か人のことで悩んでんなら、二分の一の確立で相手は男ですからね。
(その場にぺたっとしゃがみ込む)
ま〜、何でも話してみてくださいよ。
こう見えてもオレァ、この養成所じゃ「恋愛番長」で通ってるんすから。
(そして、手近の雑草をむしりとり、草笛を鳴らす。
 夕刻が近づいた演習場に鳴り響く物悲しげな草笛の音)

>127
がっはっはっは!
そうでしょうとも!
オレもそこらへんはいくら教官と言えども譲れませんよ!


129 :籠の中の許婚:04/02/13 02:52 ID:???
 |/H\
 | ;0Μ0)ジー
 |⊂ / (やっぱり荒療治に過ぎましたわね……)
 |  /

130 :朱い月の魔女 ◆MOONewb5Yo :04/02/13 02:55 ID:???
>127
「そ、そうなのですか……」

>128
「違います。恋愛とか、そういったものではなくて―――」

【すうっと深呼吸して自分を落ち着かせる】

「部下との付き合い方が、分からなくなってしまったんです」

【そう言ってから、二人に向かい、ここ数日の一件に関して掻い摘んで述べる。
 要はトレーニングにエアロビを始めたら、実は覗きが横行していた事。
 そこから、部下にそんな目で見られていたことを初めて知ったという事。
 この辺である】

「私って……私って、そんな『えっち』な体してますか!?」

【真剣な表情で唐突に何を言いやがりますか18歳少佐】

131 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/02/13 02:57 ID:???
>128
こらぁ!!そこは駐車場ではないぞ!
(これから技量維持訓練を行なおうとしていたらしくGセイバー地上戦モードで演習場に来て)

>129
(センサーで見つけるが無視)

>130
ん?いつぞやの・・・・・

132 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/02/13 02:58 ID:???
>128
良いよ〜、そこはいくらでも譲ってあげる。
でも悩みの相手が男の確率は二分の一じゃ無いと思うなぁ…………

>130
(黙って話を聞いている)
……………………なるほど、これはなんて深刻な問題だ。

(そこではた、と何かを思い出した様にザク乗りに視線を向ける。
 ぽややんの中では「ザク乗り=女の子で問題を起こす」と言う構図が出来ているらしい)

……………………( ´_ゝ`)
(「変な事言わないでよ?」と視線で訴えかけておく)

133 :ザク乗りの傭兵 ◆PlF7QzaFyA :04/02/13 03:03 ID:???
>129
あ…草笛のせいでなんか呼び出しちゃったかな…
(吹くのをやめて今度は草を口の端にくわえて、グチャグチャと噛む)
…青臭ぇ〜
(でも噛むのはやめない)
>130
(遠慮も呵責もなくじろじろエンネアを眺めてから)
うん。してる。
(そして、ごろりと横になると空を眺める)
まあ、仕方ねえんじゃないっすか?
ブスが美人になれねえように、美人もブスになれねえんだ。
業だかカルマだか現在だか前世の因縁だかしらねえけど、そういうもんでしょ。
見て欲しくなけりゃ、「見るな、ボケ」って言って、ガツンとぶん殴ってやりゃいいんすよ。
そういう風には言ってやったんすか?
>131
あ〜、ご心配なく。
ちょっと休憩したらすぐしまっときますから。
慣れないもんでちょっと車酔いしちゃってね。
>132
え〜と、もっと確率多いっすか?
まあ、男のほうが出生率は高いらしいっすけどね…



134 :朱い月の魔女 ◆MOONewb5Yo :04/02/13 03:09 ID:???
>133

「いえ、まだ言ってません。
 ……分かっているんです、私だって……。
 殿方の、そういったサガに全く理解が無いわけではありません」

【俯き加減に言葉を続ける】

「そういった目で見られるのも、我慢しようと思えば、多分できるでしょう。
 ただ、私自身が、今まで通り彼らと向き合えるかが……正直なところ、全く自信が無いのです」

135 :籠の中の許婚:04/02/13 03:16 ID:???
>133
ナヅェミテルンディス……(焦)

>134
(アレ言いに出た方が良いのかしら……
  でも……うーん……)

136 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/02/13 03:17 ID:???
>133
(む……これはこれである種正しい諭し方なんだろうか……?
 とは言ってもなぁ、こんな「思春期に入って体の成長と心の成長が食い違ってます」オーラばりばりの
 質問を投げかける女子に対して今の受け答えはいささかデリカシーに欠けると言わざるをえないような……)

(無言で悩み込んでしまう)

>134
(流石に冷静な反応だねぇ……でも逆にやっかいだ……理解は出来る。けど耐えられない。
 これは…………やっぱり深刻だ…………)

(二人のかたわらで手を組み半目で「う〜ん……」と唸る。端から見たらさぞ滑稽だろう)

137 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/02/13 03:17 ID:???
>133
(Gセイバーから降りて来る)
こんな所に停めては訓練用の標的と間違えられるぞ。
新車だろう?廃車にはされたくないだろう?(邪笑)

>134
どうやらこの前のことをまだ悩んでおられるようですね?

私もエアロビをやった事があります。
そして、貴方みたいに覗かれた事も有ります。

138 :朱い月の魔女 ◆MOONewb5Yo :04/02/13 03:22 ID:???
>137
「貴方もですか……」

【ちょっとした驚き】

>135
【悩めるNTは、ハマーン様のコピーであってもそちらには気付けないようだ】

139 :ザク乗りの傭兵 ◆PlF7QzaFyA :04/02/13 03:22 ID:???
>134
我慢ねえ…
我慢したって出てるもんが引っ込むわけじゃないっしょ。

(くわえていた草を緑色の唾液と共に吐き出す)

男が女の前で不自然な態度取るのはしょうがねえし、逆もそうなんだから、気にしなくていいんじゃないっすか?
まあ、一度きっちり話したほうがいいんじゃないっすか?
案外、向うも自分の行動でアンタが思い悩んでるのを気にしてるかも知れねえですしね。
それで、きっちり話しても部隊行動に支障が出るくらい不自然なら、
配置換えなりなんなりするしかねえだろうし…
今の状態を続けてギクシャクするよりはいいんじゃないですか?

>135
なんだ、あれ…もっと吹いたほうがいいのか?
(別の草をとり、今度は少し明るい曲調で吹き始める)
>136
あの〜、教官…
いくらこんな話だからってそんなにじろじろ見たら失礼ですよ?
(勘違いの上に自分のことは棚にあげてる)

>137
あ〜、それもそうか…
エンジンが冷える前にしまっとくかな…
(でも、動かない)

140 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/02/13 03:27 ID:???
>137
(悩んでいて気づいていない。挨拶はどうした)

>139
(その一言で我に帰る)
はっ!?いや、僕はこれくらいならアンジェので見慣れてるか……
Σ(゚д゚ )

……ら……………………そ、その…………( ´//ω//`)

(解説の必要も無いくらい自爆)

141 :籠の中の許婚:04/02/13 03:28 ID:???
>138
(取りあえず今は見守り)

>139
(くっ、馬鹿にしていますわね!)

142 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/02/13 03:37 ID:???
>138
ええ、エアロビをしてるところを撮られて少し頭にきましたけどね。

男って、たまに馬鹿をやらかすものなんですよ。
だから、エアロビをしているところを撮られた位なら気にしない方が良いですよ。

(そして、エンネアの耳元で他には聞こえぬように小さな声で)
実はシャワーと着替えを覗かれそうになった事があるんだ。

>139
手伝うか?

>140
そちらもお悩みのようだな?

143 :朱い月の魔女 ◆MOONewb5Yo :04/02/13 03:38 ID:???
>139
「ですが、それでは上司としての面子が―――」

【保てない、と言いかけて、思いなおしたように首を振る】

「……分かりました、一度部下達と、それとなく話し合ってみます。
 100人以上を相手に、どうしたら上手く話せるかは分かりませんが……」

【ホッと溜息】

「どうやら、そうした行為に及んだ人物は、私の直属にはいないようですし。
 佐官の皆さんには良くしてもらっていますから、きっと協力してくださると思いますし」

【そう言ってからぺこりと皆に一礼】

「ありがとうございました。
 皆さんのお陰で、少しだけ指針が見えてきた気がします」

【未だぎこちないものの、先程までの沈んだ表情とは異なる明るさを備えた、微笑みを浮かべる】

144 :朱い月の魔女 ◆MOONewb5Yo :04/02/13 03:42 ID:???
>142
「ええっ!?(///」

【体験談にびっくり】

「あ、いえ、ショックだったのは100人を超す人数から覗かれていた事ではなくて、
 そういった目で自分が見られていたという事ですから……」

【苦笑する】

145 :ザク乗りの傭兵 ◆PlF7QzaFyA :04/02/13 03:45 ID:???
>140
ま〜、赤毛ちゃんもアレでなかなか…ですからね。
ホント、美人が多い学校に来てよかったっすよ。
ガッハッハッハ!
(何の罪悪感もてらいもなく笑っている)
>141
もうちょっとで出てくるか…?
(さらに激しく、草も破れよとばかりに吹きまくる。
 まるで壷から蛇を呼び出すインド人のように)
>142
いや、もうちょっとしたら行きますから。
それにしても…
(と、演習場で夕日を浴びている自分の乗機を惚れ惚れと眺めて)
絵になる…やばいくらい…
>143
そうそう、その笑顔ッすよ。
上司がいい女だから仕事が出来ねえなんてバカな話があるわけねえ。
有能でその上いい笑顔が出来る美人の上司なんて、これ以上ねえ位理想の上司なんすから、
もっと自信を持ってくださいよ。
使えるもんは、鰯の頭だろうと美貌だろうと何でも使ってかねえとね。
美しさは罪じゃねえんすから。

…さて、そろそろアイツラをしまってくるかな。
(立ち上がって自分のしりについた草を払う)

146 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/02/13 03:48 ID:???
>142
へ。あぁ、こんにちわ。
その悩んでると言っても僕の事じゃなくて彼女(>143)の……もう説明するまでもないみたいですけどね。

>144
……………………Σ(・∀・)
(そう言えば僕、彼女の悩みに関してまだ一言も助言を送ってないような……?)

…………(;・∀・)

>145
ま、まぁねぇ…………アハハハ…………(//▽//)

(まだちょっと自分のセリフに照れているようだ……)

147 :籠の中の許婚:04/02/13 03:49 ID:???
あー、もう!
(ザク乗りの草笛の音が高くなるとほぼ同時に、飛び出す)

エンネアさん、貴女が早く好きな人と一緒にならないからですわよ!
そういう『隙』だらけですわ、貴女は!

(何とかしようとして、また問題指摘を追加する)

148 :ザク乗りの傭兵 ◆PlF7QzaFyA :04/02/13 03:54 ID:???
>146
いいじゃないっすか。
美人の彼女がいるなんざ、もっと胸張って言うべき事っすよ。
(お前はどうなんだよ、とは誰も突っ込まない)
>147
わっ!?出てきた!?
やっぱり明るい曲のほうが活発になるんだな…
(ほとんど条件反射の学習をさせたパブロフの犬くらいに思ってる)

149 :朱い月の魔女 ◆MOONewb5Yo :04/02/13 03:56 ID:???
>145
「鰯の頭……フフッ、面白い事を言うのですね」

【ザク乗りのユーモアに、少し気分が軽くなったようだ】

>146
「?」

【きょとんとしている】

>147
「仕方ないじゃありませんか!
 アルフレッドさんはまだお帰りになられていませんし―――盗み聞きは良くありませんよ」

【苦笑する】

「第一、貴方の仰るとおりなら、私の隙は当分なくなりませんよ。
 私の一方的な片想いですからね」

【それでも、料理・裁縫・ファッションその他の技能を磨き、着々と準備中ではあるのだ】

150 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/02/13 03:58 ID:???
>144
私の着替えと風呂を覗こうとしたエロガッパがいてね・・・・
風呂覗こうとした者は木刀でぶん殴って病院送りにして、
着替えを除こうとした奴はもう少しで宇宙服無しで宇宙遊泳をしそうになったよ。
あと下着を盗もうとした奴もいてね・・・
インディから借りたマシンガンでこいつも病院送りにしたよ。
勿論、実弾じゃなくて訓練用のコルク弾を使ったんだけどね。

何所にだって一人や二人はエロガッパはいるものだ。
(飛び出してきた>147を指差して)
なに、そこの方が言うように「貴女が好きな人」と一緒になればエロガッパも自然と諦めますよ。

>145
・・・・・・回収班を呼ぶか?

>146
こんにちわ。
彼女のって・・・・貴方も助言してあげてください。

>147
良くは分からんが貴方の言う通り、恋は早い者勝ちだ。
(自分の青春と初恋・・・そして、ほろ苦い失恋を思い出す)

151 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/02/13 04:02 ID:???
>148
ん〜、「美人の彼女が居る」って意味なら僕にも負けない果報者が
いた様な気がするんだけどねぇ〜(・∀・)

ま、彼は今イロイロ大変みたいだから仕方ないかな?(・∀・)

>149
いや…………まぁ、そう言う目でみられるって事はそう言う目で見るに値するって訳で。
男の視線が生理的に耐えられない……てのは仕方ないだろうけど、自信は持って良いよね。
100人引き連れるって、下手な芸能人なんかよりもずっと凄い数字だから〜

ボクノキョドウフシンハキニシナイデ、アハハハ(;・∀・)

>150
と言うわけで、こんな助言くらいしか出来ませんでした(・ω・)

152 :籠の中の許婚:04/02/13 04:04 ID:???
>148
あうぅ、タイミングが、タイミングが一緒だっただけですわぁ!

>149
それだけじゃ駄目なのです。
周囲に、決して振り向いてはくれない、というのが解らないといけないのですわ。
今のままだと隙がある、というのはそれを言いたいんですの。

>150
……最も、速度や努力でどうにもならない場合も、ありますけれど。
(声が沈む)

153 :朱い月の魔女 ◆MOONewb5Yo :04/02/13 04:05 ID:???
>150
「はあ……」

【武勇伝に感心している】

「そこまでアクティブにはなれそうにないですけど、頑張りますね。
 ……って、もう、貴方までそのような事を……(*/∇\*)」

>151
「私はそんな数字よりも、たった一人、私の事を見てくれる人がいれば良いんです。
 ふふ、赤毛さんが羨ましい♪」

【皆に向き直り、再び一礼】

「それでは、私は寮に戻りますね。
 今日は色々とありがとうございました」

【幾分か軽くなった足取りで、養成所内の発着場へと歩き去っていく】

154 :ザク乗りの傭兵 ◆PlF7QzaFyA :04/02/13 04:06 ID:???
>149
へへへ、そうやって笑顔を見せるほうがやばいかも知れないっすけどね。
男なんて、レオタードやら水着やらより、そんな笑顔のほうに心底ドキッとしちまうもんなんすから。
>150
いや、大丈夫。
勝手知ったる他人の家っつってね。
ここの整備班はほとんど知ってますから。
…恋は早い者勝ち…ねえ…
半分当たってると思いますよ。
何しろ、恋の女神は気まぐれだから、どんなセオリーも通用しやしねえ…
>151
(すっとぼけた表情でほっぺたをぽりぽりかいている)
…まあ、そんなボンクラ野郎のことは気にするだけムダっすよ。
多分、自分でもどうしてえのかわからねえんだから…

そんじゃ、オレはこれで。

(そして、ザクのコクピットによじ登ると、バイクのエンジンをかける。
 しばらくエンジンが暖まるのをまってから…
 前輪が浮き上がるほどの急発進をして格納庫方面に消えていくザクとそのバイク)

155 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/02/13 04:16 ID:???
>153
慣れる事自体、頑張るといったものではない。
直ぐに慣れてしまうものだよ。
(去っていく後ろ姿を見送り、呟く)

>154
恋の女神は気まぐれか・・・・
なら、MSと同じように臨機応変にするのが一番だな。
(ザクとバイクを半分呆れながら見送って)


156 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/02/13 04:19 ID:???
>153
(その背中を見送って)
…………うん。良い返事だね。
ただ、僕らの関係は素直に進められるモノじゃないって言ったのにねぇ〜

(とか腕を組みながら言い残す)

>154
(その背中も見送って)
…………はぁ、こりゃこっちはまだまだ先行き不透明だね…………

>155
さてと…………それじゃあ、僕も失礼しますね〜
(・ω・)ノシ

157 :籠の中の許婚:04/02/13 04:26 ID:???
うーん、荒療治、通用したのかしら……
(教官や、ザク乗りを見送る)

158 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/02/13 04:41 ID:???
>156
私はこれから技量維持訓練なのでな・・・さようならだ。

>157
まあ、通用したかどうかは分からないが少しは立ち直ったはずだ。
後は・・・・彼女が次第だ。
(>157のそう言いながらGセイバーに乗り込む)


(数時間後、闇の中で愛機を操り、訓練用標的にビームライフルを撃ちながら雪風は過去を思い出していた。
青春、初恋、失恋、守備隊に入隊した時の自分、混線後の戦いで死んでいった者・・・・・)
私は・・・・今を生き抜くだけだ。
(そう呟くとフルブースト、機体を上昇させながら次の標的を探した)

159 :茶髪:04/02/13 21:53 ID:???
……ふぅ〜。…結構好調…なんだ。

(車椅子に乗っての天馬。タイプが順調に進む。)

160 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/02/13 21:56 ID:???
>159
(同じ店内で、久しぶりにピアノを弾いている。
 曲目は[RIVER]、別段変わった感じはしないが……

 その瞳の奥に、何か暗い物があり………
 ほんの少し、この男の周囲の空気が重いのに…気付くだろうか?)

161 :茶髪:04/02/13 22:00 ID:???
……帰郷後のルートは……数日の休憩は予想通りとして、お忍び中に
…明らかに彼女の正体を知らない酔っ払いに襲われるも所持していた
武装であっさり撃退……相変わらずか……はぁ〜。
(神経は主にPCに向いているため、周囲の空気の重さには気がついていない様子。)


162 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/02/13 22:04 ID:???
>161
……どうした……又、何かあったのか…?
(何時の間にか、演奏を止めて後ろに立っていた様だ。)

163 :茶髪:04/02/13 22:05 ID:???
>162
(後に来る少し前にちゃっかりウィンドウをかえているが)
………ええ。下らない事件ですから、そこまでにきにするほどでもないですけどね。

164 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/02/13 22:11 ID:???
>163
…フフ……そうか………(苦笑

(ふと、何か思い当たった様で)
……所で、以前聞いたかも知れんが…お前は日本刀を扱えたな…?
……答えてくれ………人を斬った事は、あるか?

165 :茶髪:04/02/13 22:14 ID:???
>164
……ありません。

日本刀集めの趣味の延長線上で剣道やってただけですから。
(あっさり言う。)

166 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/02/13 22:17 ID:???
>165
そうか………それは、良かったな。
(何か考えていた事でもあったのだろうか?
 しかし、その話題が完結してしまった今、
 それを知る術は残されては居ないだろう…)

………では、俺は死んでも負ける訳にはいかないか…
……何か飲むか、たまには驕るぞ…?(苦笑

167 :茶髪:04/02/13 22:25 ID:???
>166
……別に…いいですよ。
(教官に覗かれない様、端末の向きを変えて…データ観閲続行。…30秒後、
強制終了して…唖然とした顔で…。)
……な…何で…あんな無茶を…。

168 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/02/13 22:27 ID:???
>167
そうか、ならば良いが。
(流石にこの距離、身体を局限まで強化された男が
 聞き漏らす事など、在り得ない。)
…どうした、金髪絡みか。

169 :茶髪:04/02/13 22:30 ID:???
>168
……ええ。
(顔色、悪いです。かなり。)

170 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/02/13 22:31 ID:???
(天馬に入ると、定位置に座りいつもの緑茶を注文する)
あ"〜、…………………………………………
(´Д`)つ且

(ズズズ……)


ホゥ……(*´∀`)つ且

(……お疲れらしい)

171 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/02/13 22:36 ID:???
>169
…その顔だと、又アイツは大層な事をやらかしたのか………
………全く……逆に大した器だな。
(最早…苦笑いを浮かべる事しか出来ない……w)
>170
お疲れ様です教官…………







…本当にお疲れの様ですね…(汗
何か変な事でも?

172 :茶髪:04/02/13 22:38 ID:???
>170
………教官…お疲れ様。

>171
それだったらこんなに驚きませんよ。いつもの事じゃないですか。
(凄いこと言う奴。)

173 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/02/13 22:40 ID:???
>171
ん〜、単に手合わせ志願の生徒が多かっただけですよ〜?
だから3対1とか4対1とかばっかりで…………

ライフルが四方八方から無茶苦茶な狙いをつけて乱射されるんです。
もうあれはなんて言うか銃弾の檻ですよもう四方八方さいたまさいたまさいたまさいたまさいたまさいたま…………(メ゚∀゚)

(ズズー)

…………と言うわけです。

>172
うん、今日は特に疲れた。だから午後の指導はフケるよ。

174 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/02/13 22:46 ID:???
>172
それもそうだな…俺も、どうやら感覚が鈍くなっている様だな…
>173
あぁ……そ…それは…大変でしたね…。
(こちらはこちらで、同じ様な条件で
 近接戦闘をやらされる事が多い奴……冷や汗かいてます。)

(というか、フケる事には突っ込まないのか
 仮にも同じ教育者として。)

175 :茶髪:04/02/13 22:48 ID:???
>173
…………僕に言われても…実技、この状態じゃ無理ですから…。
(車椅子状態。)

>174
……感覚くらい幾らでも鍛えられますから。



…それにしても…エリカさんも何考えてるんだか…。あんな無理させる計画立てるなんて…
下手したらま〜たトコトン落ち込んで悩んでになるのに…。

176 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/02/13 23:03 ID:???
>174
…………はい。

>175
…………(´Д`)


…………エイ(´Д`)つ −−−==≡≡○

(コースターを投げつける。比較的全力で)

177 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/02/13 23:08 ID:???
>175
感覚と勘は違う…今のは例えだ…(溜め息

…ん……何だ、エリカ・シモンズの関係なのか…。
(一応この男、エリカ・シモンズとは知り合いである。
 彼の現在の愛機を改修したのも、ASTRY開発主任である
 エリカ・シモンズ本人である。)
>176
まぁ…俺も今日は非番ですし、気にしないで良いですよ。
(中の人:そういう問題ではなかろうよアンタ)

……落ち着いて下さい、お願いですから(汗
(………声が暗くなってきてる。)

178 :茶髪:04/02/13 23:10 ID:???
>176
………痛いじゃないですか。
(スコーンと見事にヒット。)

>177
…はい。…何処かのお姫様の…指揮官としての弱点を…一つでも多く、
ちょっと強引気味に矯正する計画立ててるみたいですけど…

正直、無理だと思いますね…。

179 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/02/13 23:17 ID:???
>177
いや、僕は何時でも落ち着いてますよ?
それより教官こそどうしたんですか。
今日は久しぶりにネクラスパイラルしてる見たいですけど…………

>178
言いたい事があるならはっきり言う。
でなきゃ黙る。
ボソボソゴニョゴニョ、はっきり言って聞き苦しい!ヽ(`Д´)ノ

(疲れて気が立っている様である。相手にしないほうが良いかもしれない)

180 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/02/13 23:23 ID:???
>178
……………俺…指揮は得意じゃ無いんだが………








悪いが、無理だろう。
>179
……え……?
…………いや……何と言いましょうか………

…ドールズの影に負けた…そんな所ですよ……(力無く、笑う。

181 :茶髪:04/02/13 23:24 ID:???
>180
…ええ。まず無理です。

>179
……そうですか…。じゃあ、要旨だけ教官にも伝えときます。

どっかの誰かさん、多分こっちに来るの遅くなります。
それと、ほぼ確実に重圧に負けて精神的にかなり参ってると思います。

万が一…いや、億が一位の可能性で成長して戻ってくるかもしれませんけど…
信念や性根、歪んでるかもしれません。以上です。

182 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/02/13 23:38 ID:???
>180
はぁ。

それで、どうかしたんですか?

>181
なるほど…………でも大丈夫なんじゃない?
これ以上性根が歪むくらいなら、その前に地に果てるのが先だと思うな。

(疲れてるにしても……暴言が多くないか?)

183 :茶髪:04/02/13 23:42 ID:???
>182
………彼女がそう簡単に死ぬとは思えませんけどね…。
養成所に来てからにしろ来る前にしろ、ある意味
ゴキブリ以上の生命力誇ってますから…。
(こっちも暴言過多?)

184 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/02/13 23:45 ID:???
>181
…お前にまでそう言われてたら、最早駄目、か……(苦笑
>182
ん…それだけですよ。
俺がどんな風に物事を感じるかなんて…そんな程度の物です。

185 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/02/13 23:54 ID:???
>183
んー、て言うか歪むくらいなら折れるって言うかー

>184
……やっぱり僕は挑発が下手かな。

(物静かの目を真っ直ぐに見据えて)
ドールズの影がどうこうとか、僕は詳しい事は知りませんけどこれだけは言える。
今のヴィクトリア教官になら僕は余裕で勝てます。
……聞いて良い事かどうか分からないから聞きませんけど、余程の事があったんでしょう。

貴方の事はまさに日本刀の様な人だと思ってましたけど、錆び付いてしまったみたいですね。
…………看護ちゃんにでも磨き直して貰ってきたらどうですか?

(そう言うぽややんの視線のほうが、むしろ日本刀染みている。
 理由こそ伺えないが…………彼を怒らせる何かがこのやりとりの中にあったらしい)

186 :茶髪:04/02/13 23:59 ID:???
>184
……ええ。まず確実に…。

>185
……せめて悩んだ状態でこっち持ってきてくれればフォローもできるんですけどね…。
(かなり不安のようだ。)

187 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/02/14 00:04 ID:???
>185
(その視線にも真正面から向き合う)
…どうなんでしょうね、少なくとも今の俺は…
敵を打ち倒す剣では無いでしょう……
正直な所、自分が何の為に何処に居るのか、それすら解りません。
結局俺は何も知らない、何も解っていない。
(そして、出口へ向かって歩き出す)
そして、こうやって逃げようとする。




俺は、やはり欠陥品血塗られた失敗作ですよ。
(ドアノブに、手を掛ける。)

188 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/02/14 00:19 ID:???
>186
「解決するまで帰らない!」とか言い出したりね〜┐(゚〜゚)┌

>187
…………グレイ。
どんな巨匠が描いた名画でも本人が「駄作」と言い切ればそれまで。
その言葉を理由に逃げるのも貴方の自由だ。
でも「欠陥品」である事にこだわりたいなら、せめて自分でそれを補う努力を尽くしてからにしてください。
でなければ、貴方の言葉は二人への侮辱を上塗りするだけだ。

生まれながらに欠損した僕と、
貴方を、「欠陥品」だなどカケラも思わずに求めるあの娘への。

今後、僕の前で自分を「欠陥品」だなんて呼ばないで下さい。
…………その気になれば普通に暮らして普通に家庭を持つ事の出来る人を欠陥品と呼ばれたら、
僕は欠陥品を通り越してガラクタとなるしかなくなる。
…………むろん、僕をガラクタだと思うならそれでも構いませんけど。

189 :茶髪:04/02/14 00:26 ID:???
>188
…言いそうですよね〜。
「私は…逃げはしない!解決もせずに戻った所で…何の意味も無い!
ここで打ち克たずに…逃げてたまるか!」とか…。

むしろそれはそれで非常に好都合ですけど…。

190 :店長代理 ◆ObktDlQumA :04/02/14 00:33 ID:???
>187>188
(カウンターでグラスを磨きながら、其の男は2人の会話を聞いていた
 ……そして唐突に口を開く)
人とは本来欠陥品ではないのか?
(その質問は2人の確実に聞こえた
 だが其の問いが誰に向けられているのかは、はっきりしなかった)

191 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/02/14 00:34 ID:???
>188
(ドアノブに手をかけたまま、振り返りもせず。)
………今の俺は、俺だ。
確かに将来、俺は自分の事をそう思う事は無くなるかも知れない、
無論…努力はする、生き残る事さえ出来れば結果は見えるだろう。
しかし…今の俺は今の俺、変わるまではずっとそのままだ。
……確かに俺は彼女を愛している、貴方に貴方の彼女が居る様に。
…だが…俺は自分の過去には…必ず自分で始末を付ける、
そして、貴方や彼女に俺が出来る事…それは一つだけだ。











俺は俺の目的を果たす、今の俺を越える為にもな。
(ドアを押し開け、去って行く。)

192 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/02/14 00:39 ID:???
>190
(確かに聞こえた、聞こえない筈が無い。
 しかしそれには反応を示す事もなく、男は表の通りを
 歩いて行った、養成所へ向かって………)

193 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/02/14 00:41 ID:???
>191
(その背中を見送りながら…………)

…………それだけの意志が有って、なんで迷ってんですか…………

(顔を抑えて呻く)

>190
むぅ、そんな哲学的レベルでなくこう物質的に欠損してる僕は欠陥品の欠陥品と言う事に?
(さっきまでの気迫は何処へ行ったのか。顔「だけ」は真面目に悩みだす)

194 :小火器の首領 ◆eAwRb9qzdQ :04/02/14 00:47 ID:???
>190
うん?シュウ・キシダだな?(入店)

さて、コーヒーをホットでもらおうか。(スツールに腰掛ける)

195 :店長代理 ◆ObktDlQumA :04/02/14 00:52 ID:???
>193
……いや、知り合いの神父からの受け売りだ
神父といっても埋葬船団の奴ではない、真っ当…ではないがとにかく違う神父だ
さきほどの疑問は奴の言葉そのままであり……オレも答えを求めている
……もっとも、アレから7年経つがいまだに答えは見えん
だがもしそうならば……オレは真に人間だと胸を張れる気がする

>194
誰だそれは?
ホットだな…わかった
(奥に引っ込んでコーヒーを入れて、出す)

196 :小火器の首領 ◆eAwRb9qzdQ :04/02/14 01:02 ID:???
>195
大昔、そういう本を書いた心理学者だよ。(岸田秀、ものぐさ精神分析より)
(香りを味わい、舌で味わい)有無、美味。

197 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/02/14 01:03 ID:???
>195
んー、たしか聖書の何処かにそれっぽい事が書いてあったような気もしますけど……忘れちゃいました。

>194
(…………何処かで見た様なオッサンだなぁ……誰だっけ?)

198 :店長代理 ◆ObktDlQumA :04/02/14 01:07 ID:???
>196
勉強になるな、たまには心理学の本もいいかもしれん
…ありがとう、感謝する

>197
…聖書か…おそらく生涯読むものではないだろうな
……そもそもあの神父も聖書など読んでいたか
(口元に少しだけ笑みが浮かぶ、ほんのすこしだけ

199 :ザク乗りの傭兵 ◆PlF7QzaFyA :04/02/14 01:15 ID:???
(からんからん、天馬にはいってくるザク乗り)
ちわ〜す。
>198
マスター、アイスコーヒーください。
(どっかりとカウンター席に腰を下ろす)
…なんすか、難しそうな顔して…

200 :店長代理 ◆ObktDlQumA :04/02/14 01:16 ID:???
>199
曰く、オレが難しそうな顔をしているのはいつものことらしいがな
……何も考えていないはずなのだが…
アイスだな、待っていろ
(奥に引っ込み、アイスコーヒーを入れて出す

201 :ザク乗りの傭兵 ◆PlF7QzaFyA :04/02/14 01:23 ID:???
>200
まあ、自分がなに考えてるのかなんて、自分でもなかなかわかんないもんですからね。
それが深層心理ってヤツですかね。
(アイスコーヒーを一口飲んで、ぐて〜っとカウンターに突っ伏す)
あ〜、暇だ〜…
ニュージーランドで待機って命令だけど、することねえんだもん。
参っちゃいますよ。
勝手に養成所の設備使って訓練するわけにもいかねえし…
機体の整備なんざ、使ってもいねえのに毎日するもんでもねえし…
オレもこの店でバイトでもさせてもらおうかな〜…

202 :店長代理 ◆ObktDlQumA :04/02/14 01:27 ID:???
>201
むぅ、なるほど深いな
(少し考えて)
…いや、お前のバイトは困る、何が困るがわからんが困る
それに…天馬の地下にはシミュレーターがあるぞ、使ってみるか?

203 :ザク乗りの傭兵 ◆PlF7QzaFyA :04/02/14 01:31 ID:???
>202
う〜ん、シミュはねぇ…
オレはあんまり好きじゃねえんすよ。
確かに操作とか反応の訓練にはなると思うんすけど…
オレ的には何か違うんですよね。
模擬戦って要するに実戦のシミュレートなわけでしょ?
シミュでの模擬戦はさらに、それのシミュレートみたいに感じちまうんすよ。
それくらいなら、実機で素振りでもしてた方が強くなるんじゃねえかって思うんすよね。
まあ、やらねえよりはいいのかもしんねえけど。

っていうか、喫茶店に何故そんな設備が…(汗
インベーダーゲームを置くのとは訳が違うんだから…

204 :店長代理 ◆ObktDlQumA :04/02/14 01:38 ID:???
>203
それは半分同意だ、だが半分は同意できんな
アレは良く出来ている、それこそ養成所の物と同じで回線がつながってすらいるからな
……つまりシミュレーターでもかなりの精度が期待できるということだ
それに模擬戦は昨今はめったに出来ん、10の効果を持つ訓練を10日ごとにやるよりは
1の訓練を毎日やったほうがチカラになる、そういうものだ

そしてコレは忠告だ、ザク乗り
……この店を普通だと思うな…深層に近づけば近づくほど首はひねられていくぞ

205 :ザク乗りの傭兵 ◆PlF7QzaFyA :04/02/14 01:49 ID:???
>203
へぇ〜、そんな仕組みが…
すげえなぁ…

(´-`).。oO(ザク乗りの脳内イメージ。
        養成所のシミュと、天馬地下のシミュが糸電話のようにケーブルでつながっている図)

オレもシミュでの訓練全部が悪いなんて思ってないですよ。
確かに何にもしねえよりははるかにましですから。

でも、シミュだと怪我しないでしょ?
だから、つい細かい動きがおろそかになっちゃう気がするんすよね。
負けても困らねえから、「当たれば勝ち」みたいな大雑把な戦術を取っちまったり…
マスターや教官たちみたいな百戦練磨ならそんな心配はねえんだろうけど、
養成所の生徒達がシミュでそこそこやれるようになったからって、
それで戦いってもんを知ったような気になるのがちょっと怖いっすね。
それくらいなら、模擬戦じゃなくとも実機に慣れるために
素振りなり、回避行動の反復練習なりをやったほうが実地で役に立つような気がするんすよ。
まあ、最終的には好みの問題かも知れないっすけど。

206 :店長代理 ◆ObktDlQumA :04/02/14 01:52 ID:???
>205
…なるほど、それは踏み込んでいる領域の問題か…
ならばそれは正しいな、お前は今進んでいるのだから…
自分でも何を言っているのかわからん[汗

207 :小火器の首領 ◆eAwRb9qzdQ :04/02/14 01:56 ID:???
>205
……ホゥ。(なかなか見所のありそうな漢だの……)

208 :ザク乗りの傭兵 ◆PlF7QzaFyA :04/02/14 01:59 ID:???
>206
オレも良くわからないですけどね。
まあ、要するに…
オレもそうだったけど、ほら、ここの生徒達はシミュでバチバチやって…
それで、勝ったの負けたのって言ってるじゃないですか。
そういうゲーム感覚の訓練じゃ役にたたねえんじゃねえの、って話です。
…大分、話がずれましたね。
(苦笑してアイスコーヒーを飲み干す)
要するに暇なんすよ〜!
>207
ん…?
誰だ?
(特に警戒するわけでもなくぼけーっと小火器の首領を見る)

209 :店長代理 ◆ObktDlQumA :04/02/14 02:03 ID:???
>208
…ならば同じ所属の傭兵でも誘えば良いだろう
敷地は養成所のものを借りれば、な

210 :小火器の首領 ◆eAwRb9qzdQ :04/02/14 02:09 ID:???
>208
(ザク乗りがその初老を迎えた男の事を知る理由は無いだろうが、知っておく必要はあるかもしれない。
 彼の名はドナルド・ランディ。銃器メーカー大手ミリテク.incの支配者であり、自らも高レベルのガンマンである。
 自社製品で彼の扱えぬ銃は無いといっても問題あるまい……)

……君の銃は?

211 :ザク乗りの傭兵 ◆PlF7QzaFyA :04/02/14 02:14 ID:???
>209
そうっすねぇ…
まあ、そのうち、教官にでも頼み込んでいっぺんもんでもらいますよ。
例えシミュでも、アレだけ高レベルなら大分訓練になるだろうし…
>210
オレの銃…?
(無造作に腰の後ろに両手を回す。
 そして、手が前に振られる時には二丁の自動拳銃を握っている。
 両方とも同じ、地球時代の45口径自動拳銃のレプリカだ。
これが何か?
(ゴトリと音を立ててカウンターの上に置く)

212 :小火器の首領 ◆eAwRb9qzdQ :04/02/14 02:21 ID:???
>211
……そうか。

いや、いいものを見せてもらったよ……(満足げに立ち上がり)では、ワシはこれで……(清算を済ませ、店を出ようと)……

(店の外で種馬とすれ違い……竜巻二つ)

種馬「あんたは……」
……やはり、な。(二人、同じ拳銃をふところから抜き、握った右手の甲でせめぎあいつつ……)

213 :店長代理 ◆ObktDlQumA :04/02/14 02:23 ID:???
>211
…暇があれば俺も手伝うが?

>212
そこ、店の中で騒動を起こすな

(それだけ言って店の奥に消えていく)

214 :種馬 ◆eAwRb9qzdQ :04/02/14 02:26 ID:???
>213
二人『ああ、すまない……』(首領は外へ、種馬は中へ)

……あのおっさん、マジでただもんじゃねぇや……

215 :ザク乗りの傭兵 ◆PlF7QzaFyA :04/02/14 02:26 ID:???
>212
ん〜?
なんだったんだ…ガンマニアか?
(ぼけ〜っと出て行く彼を見送る)

じゃオレも行くか。
(天馬を出て行くザク乗り。
 これから近くの草原でトレーニングでもするつもりだ…)

216 :種馬 ◆eAwRb9qzdQ :04/02/14 02:29 ID:???
>215
あ、おい……

……いいや、それより……(名無し店員に氷を用意させ、せめぎあいで痛めた手の甲を冷やす……)

217 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/02/14 02:33 ID:???
(腹を空かして天馬に入り、席に座る)
すまないが何か、食えるものをくれ。
腹にたまる奴だ。

218 :ふくかん:04/02/14 03:47 ID:???
 ざっく・ばらーどさんてどこですかねー?
(ひょいひょいと養成所中をさがしてまわっている)

219 :ザク乗りの傭兵 ◆PlF7QzaFyA :04/02/14 03:49 ID:???
(しばらくして天馬に戻ってくるザク乗り。
 上半身裸で、ほかほかと湯気が出ている
>217
マスター、アイスコーヒー!
…あれ、誰もいねえのか…?
(キョロキョロしている)
>218
(探し回っている副官を天馬の窓越しに発見)
ほほう…
まだこの養成所にもこんな上玉がいたとはな…
(完全に生徒だと思ってる)

220 :ふくかん:04/02/14 03:50 ID:???
<219
 んん?あのとさかは・・・・・
 あー。
 あー。
(ヒトのこと指差して何度もうなづく奴)
 あー。あなたがうわさの。
 さがしてたんですよー
(・ω・)ノシ

221 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/02/14 03:51 ID:???
>219
頼む〜〜
何か食い物をくれ〜〜
(どうやら何も食べていなくて席から動けないらしい)

222 :赤毛:04/02/14 03:55 ID:???
>221
 いらっしゃいまーせー。
 んー。おカネがあるとないとで食べるもの変わってくるけど、
どっちのタイプ?
>219
 あ、ザック先輩。
 アイスコーヒーですね?お待たせしました―w
(さっさとアイスコーヒーを持ってくる奴)
>220 
 はい、さんまいっちょー
(注文もいわれてないのにオーダーを決めつける奴)
 

223 :ザク乗りの傭兵 ◆PlF7QzaFyA :04/02/14 03:56 ID:???
>220
ふふふふふ…
まいったな…
メイファのお嬢ちゃんに聞いた時は俺の知名度もさほどではないって話だったが…
やはり、養成所はオレの地元。
名前はそれなりに通ってるみてえだな。
よっしゃ!サインしたろ。
ほれ、サインペンだしな!
>221
食いもん〜?
そうだな…
(勝手にカウンターの中に入り、冷蔵庫を開ける)
…すぐ食えそうなのはこれくらいか…
(小鉢に入った何かをついてない男の前に置く)
これでも食って小腹を埋めとくんだな。
(小鉢の中には腐ったように粘つく大豆が入っている。
 日本で言うところの、納豆だ…)

224 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/02/14 03:57 ID:???
>222
金はある・・・・
何故か昨日から食いそびれているんだ(涙)
今ならぼろの馬を丸ごと食えそうなぐらいだ・・・・

225 :茶髪:04/02/14 04:00 ID:???
>222
…こっちに追加で明太子おにぎり2つお願い…。
(先ほどからずっといたようだ。)

226 :ふくかん:04/02/14 04:02 ID:???
>223
 あーと(とりあえずサインペンとノートを出す奴) /□⊂(・ω・:)
 うわさはかねがねきーてますです。
 ぽややんさんとかーものしずかさんとかからー。
 あたしはふみ・さかぐちです。
 ここできょーかんやってるのです。24なのです。
 わかいのです(連呼するな女)

227 :赤毛:04/02/14 04:04 ID:???
>224
 そうならいいけど。
 んじゃま好きなの選んで―。
(とりあえずメニューを渡す奴)
 ま、サービスで大盛りにしたげるから。せめて
腹いっぱい食べなさいな。
>225
 よーく食べるわねー。
 明太子二つー。
 
 今出来るから、ちょっと待ってて。

228 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/02/14 04:06 ID:???
>223
納豆か?
ガイアで雪風に食わされたもんだ。
(箸で食べ始める)
この粘り気が苦手な奴が多いんだが俺は好きだ。
粘り気が気になるのなら卵をを混ぜて食うと気にならなくなるんだ。

こいつは良い豆を使ってるな?
うまい!

>226
雪風と同じ歳か?
どう見てもそうは見えないが・・・(汗)

>227
(しばらくメニューを眺め)
牛丼もいいな・・・・・これも良さそうだな・・・
よし、カレーライスをくれ

229 :ザク乗りの傭兵 ◆PlF7QzaFyA :04/02/14 04:06 ID:???
>222
おう、サンキュ!
(アイスコーヒーをストローでじゅじゅーっと吸う)
…ぷは〜っ!
まったくよぅ…
訓練は毎日してるけど、こうも実戦がねえと体がなまっちまわぁ。
本隊に頼んでなんか小さな任務でもまわしてもらうかなぁ…
どっかに都合よく海賊でも出ねえかなぁ…
>226
はいよっ!
(さらさらと手馴れた手つきでサインするザク乗り。
 どうやら前から練習していたらしい)
え〜と、「フミちゃんへ…ザクに乗った王子様」っと…
年は24かぁ、オレより三つほど上だね。
で、教官…
(゚Д゚)ハァ?
マジで?
(じろじろと、上から下までなめるように見る)

230 :茶髪:04/02/14 04:09 ID:???
>227
病院の食事、かなり終わってるからね…。

…後、どっかのお姫サマ、暫く買えらない上戻ってきたら鬱状態だと思うけど、気にしないでね。

231 :ふくかん:04/02/14 04:11 ID:???
>228
 ぷー。
(・煤E()(むくれるなむくれるな)
 これでもかなーりせんそーけーけんはながいのです。
しつれいなのです。
>229
 あーしんじてませんね?
 あたしをなめちゃいけないのです。
 これでも7ねんせんじょーをかけめぐってきたのです。
 あまくみてもらってはこまります(にやり

232 :ザク乗りの傭兵 ◆PlF7QzaFyA :04/02/14 04:13 ID:???
>228
うわっ!
食いやがった!
よくこんなもん食べるなぁ…
(自分では食べないくせに人には食べさせるヤツ)
>230
おい…
(肘でつんつん突っつく)
この子が教官ってマジかよ…
どう見てもギリギリでここの生徒になれるかなれねえかって年だぜ…
>231
マジかよ…
だって、どう見ても…
(ザク乗りEYE発動)
推定スリーサイズは…
(と、かなり近似の数値を具体的に出してみる)

233 :茶髪:04/02/14 04:17 ID:???
>232
……まぁ…ね。

一応、向こうの土俵とはいえギャブランの同機勝負では
少なく見積もっても僕と互角位の腕だし。

…バッテリー機の同型勝負なら…体完治してたら負ける気しないけど。

234 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/02/14 04:18 ID:???
>231
いや・・すまない、24に見えないくらいかわ・・・綺麗だからつい言ってしまった。
実戦経験は長いか・・・・俺はかれこれ10年近くMSに乗ってるよ。

>232
己が出したんだろうが!!
いいか?納豆は腹の調子を整えてくれる素晴らしい食品なんだ。
ガスも押さえる効果も有るんだぞ。

235 :ふくかん:04/02/14 04:19 ID:???
>232
 あたってますー♪



 ってよろこぶとでもおもってますか(がくり)

 はぁ・・・・・・on_
(がくり)
 ま、いいんですけどね。
 

 ザック・バラード・・・・・・で良いんでしたよね?
 現在、レッドスペース軍に雇用されているランバ・ラルの「巨星」
の分隊長として勤務。
 本傭兵団に雇用後は各地を転戦、かくかくたる戦果をあげつづけている・・・・・・
違いましたか?

236 :赤毛:04/02/14 04:21 ID:???
>230 
 ものすごく分かるわ。
あれはきっと「二度と病院にかかるような真似するな」って
意味なのよね。
 なんていうかあれ食べてるだけで「もうここには戻りません」
 って気分になるし。
 もうなんていうかあそこはケームショよねケームショ。

 きんぱっちゃんが?
 ったくあのうつうつ大将軍と来た日には・・・・・・・

 なんかあるたびに鬱の種拾ってくんのね(あきれ)
>234
 はい、大盛りカレーおまちどーさま。
(ごとり)
 なんだったら牛皿つける?

237 :ふくかん:04/02/14 04:24 ID:???
>233
 くちがへりませんねーちゃぱつくん。
(ちょっとカチンと来たらしい)
>234
 名前どおりのベテランってわけですか。
 戦闘次官では負けませんよ〜♪w
 ま、ベテラン同士頑張りましょう♪

238 :ザク乗りの傭兵 ◆PlF7QzaFyA :04/02/14 04:24 ID:???
>232
へぇ…
冗談の下手なおめえがそういうならマジなのかな?
しかし、どう見ても…う〜ん…
(まだかなり疑ってる)
>234
いや、でも…
それ、腐ってるぜ…
ガスくらい抑えなくても、プリッとしちゃえばいいじゃん。
(ちなみにザク乗りは箸も使えないほどの英米文化圏出身)
>235
ふふふ、このオレの眼力もまだ衰えてねえか…
最近、野郎ばっかりの基地にこもってたから心配だったが…

まあ、戦果のほうは大体あってるな。
ついでに「デスペラード」「ザクに乗った王子様」ってぇ、二つ名も覚えておくといい。
で、俺を探してた…んですか?
(微妙に敬語を使うかどうか迷ってる)

239 :茶髪:04/02/14 04:25 ID:???
>236
軍の…牢獄の御飯だってアレよりはマシだと思うけど。

………後、今回の鬱は今までの非じゃないっぽいよ。
故郷が意図的に教育の為に死なない程度の無茶やらせようとしてるから。

240 :赤毛:04/02/14 04:25 ID:???
>237 
 ま、ま。
(不穏な気配に気づきとりあえずなだめにはいりつつ)
(秋刀魚定食を持ってくる)
 おまたせ。これでいいのよね、フミちゃん?
(教官とかいえよ)

241 :茶髪:04/02/14 04:26 ID:???
>237
…嘘を言ったつもりはないですよ?

>238
シミュレートか模擬戦で勝負してみればわかるんじゃない?

242 :副官:04/02/14 04:27 ID:???
>238
 面白そうだから、会って見ようと思ったんですよ。
 戦闘経歴。思考。思想。
 根っからのファイタータイプ。
 戦うことでしか、自分を表現できない。
 平和の中に生きてさえ、戦いを求めてしまう・・・・・・
 そういう人間なのかなって思ったら、一度会ってみたくなった。
 コンだけの理由なんですけどね、探し回ってたのは。

243 :赤毛:04/02/14 04:29 ID:???
>241
 ま、ま。
(こちらにも慌ててなだめに入る)
 どっちも強い、でいいんじゃないの?
 向き不向きとかあるんだし。いろいろ。
 大体今日だってそのせいであの物静かな
教官がぎりぎりぎしぎし・・・・・けんかいくないってば(滝汗)

244 :副官:04/02/14 04:31 ID:???
>241
 ま、確かに茶髪くんもやりますけど。
 たしかにバッテリータイプは、厳しいかも。
 操縦の味がちょっとちがうんですよね、あれ。


245 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/02/14 04:31 ID:???
>236
おう!待ってましたぜ!
(出されたカレーを猛烈な勢いで食べていく)
牛皿もくれ(モグモグ)

>237
ああ、ベテラン同士頑張ろうぜ(モグモグ)

>238
おいおい、これは腐ってるんじゃない。発酵してあるんだ。
世の中には発酵を利用した食いもんが多いんだぜ。
それとノーマルスーツの中にガスを出したらどえらい事になるんだぞ。
さらに無重力状態で出したりしたら・・・・言わなくても分かるな?(モグモグ)

246 :ザク乗りの傭兵 ◆PlF7QzaFyA :04/02/14 04:33 ID:???
>241
まあ、やりゃあわかるかな。
でも、オレは知ってのとおり、相手が本物じゃねえと本気は出せねえぜ。
少なくとも、養成所時代は教官以外で本当の本気を出したのは一人だけだ。
おめえとはやったことねえしな。
>242
そんな難しいことは考えちゃいねえっすけどね。
ただ、悔しいけどオレは男なんだな。
目の前に壁がありゃあ、どうしてもその向うに何があるのか知りたくなっちまうし…
それだけのことだよ。
そう、それがたとえ風呂場の壁だろうと…ね(ニヤリ)
>238
ノシ
ハイ先生!
…良くわかりません。
無重力で出したらどうなんの?

247 :茶髪:04/02/14 04:33 ID:???
>243
…殴りあったりするほど幼稚じゃないから。お互い。
そこまで気にしなくても大丈夫だって。

>244
…逆に、ビームシールドとかの防御兵器が完備されてないUC初期のMSは
苦手なんですよね…僕。機動性ある程度以上低いと動かしにくくて…。

248 :副官:04/02/14 04:35 ID:???
>246
 あー。成る程・・・・・・ですね。
(一瞬だけ、どこか質の異なる笑みを浮かべ・・・・・・)
 わかりましたー。
 つまりざっくさんはのぞきまってことですね?
(人聞きならぬことを言う奴)

249 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/02/14 04:38 ID:???
>246
いいか・・・無重力でガスを出したらな・・・・
ロケットと同じように進むんだよ!作用反作用だ!

お前さん、覗きが趣味なのか?

250 :副官:04/02/14 04:38 ID:???
>245
 ですねぇ。
 ま、きらくにやりましょー。きょーかんによってはビデオほーそーだけで
授業終わらせちゃうらしいですから。今、そのヒトサハラにいっちゃって
ますけどね♪
>247
自分の反射速度についてけないMS、乗るの、いやでしょ。
茶髪君の場合、反射神経とかがずば抜けてるんですよね。
ただ、技はもうちょっと練る余地があるんじゃないかなって思うです。
身体能力がなまじ高い分、そういうのがついおろそかになり勝ち。
業を使わなくてもたいていの相手には勝てる・・・・・・違います?

251 :赤毛:04/02/14 04:40 ID:???
>248、249
 ま、教官サンたちは知らないんでしょうけど・・・・・・・・

 ザク乗り先輩の覗きといったらもう伝説。
 どれぐらい伝説かっていうとうっかり世界統一王者になっちゃいそう
なくらい伝説。
 命、かけてましたもんねぇ、先輩。
(火災をあおるな)

252 :ザク乗りの傭兵 ◆PlF7QzaFyA :04/02/14 04:41 ID:???
>248
ん〜、ちっと違うな。
覗き魔って言うのは覗くのが目的だろ?
オレの場合は、限界に挑みさらにそれを乗り越えるのが目的なんすよ。
いわば、「ザック・ザ・チャレンジャー」というか…
…この呼び名もいいな、メモしとこ。
(何がいいのか自分でもわからないが、ボールペンで自分の手に直接メモを取るザク乗り)
>249
なるほど〜。
それじゃ、ガス推進で飛行できるですね、先生!
メモメモ…
(また何か自分の手に書き込むザク乗り)
だから、オレの目的は覗くことじゃなくて(以下略

253 :副官:04/02/14 04:44 ID:???
>252
(あきれたような、感心したような、微妙な表情をうかべる)
 なるほど。じんせーこれちょーせんってことですね?
 なんていうかじんせいとしょうぶ。じぶんとしょうぶ。
ついでにまわりとしょうぶ。
(ま、同じ人間なんて居るわけないんですけどね。挑戦、と戦い・・・・・・
同じようで違う・・・・・・)

254 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/02/14 04:47 ID:???
>252
不用意にガスを出した為、壁に激突して病院送りになった奴が俺の知る限り4人はいた。
更に出したガスが引火して火事になったものさえあるんだぞ。
ノーマルスーツの中に出したら中に匂いが篭るだろ?
耐えられるか?

255 :ザク乗りの傭兵 ◆PlF7QzaFyA :04/02/14 04:54 ID:???
>253
なんつうかね…
(ちょっとだけ表情を引き締める)
オレは神様を信じねえ。
信じたいと思ったこともあるけど、今のところ信じたことはねえ。
でもね、運命ってものは信じてる。
それも、あいまいに定められた道じゃなくて…
オレにとっての運命ってのは、いつも切実でどうしようもないくらい具体的だ。
それは、その時々で違う。
たいてい人の姿を持ってるんだけど…
「オレはコイツを超える」、それだけを考えてやってきたんだ。
オレにとっちゃ、戦士の生死はそのあらかじめ定められた挑戦の結果という意味でしかねえんすよ。

>254
う〜ん…オレも宇宙育ちだけど、そこまで勢いのいいガス推進はしたことねえな…
それにノーマルスーツの不意のGによる失禁にも耐える仕組みになってるから、
なんとかなるんじゃねえ?
まあ、気分はよくねえだろうけど…

256 :副官:04/02/14 04:59 ID:???
>254
 ・・・・・・(((((((´ω

 こわいよー
>255
 そいつを超えるか、自分が負けるか・・・・・・ですか。
つくづく前向き・・・・・・
 で。
 あなたはどうするつもりなんですか? 
 生き方だけじゃわたってけない。
 それはわかってるでしょう。
 戦争、してきたんですものね。 
 生き方と・・・・・・生き様は、違う。 
 その矛盾・・・・・・解決、出来てます?

257 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/02/14 05:09 ID:???
>255
正直、ガスのせいで火事になったのは笑えなかったぞ(汗)
ガスの火がカーテンやらに燃え移って家が全焼したらしい。

>256
おい・・・・ガスで病院送りになったり火事になったりしたのは俺じゃねえからな!
ホントだぞ!
(カレーと牛皿を平らげると代金をテーブルに置いてそう言い残して逃げるように店から出て行った)

258 :ザク乗りの傭兵 ◆PlF7QzaFyA :04/02/14 05:24 ID:???
>256
さぁ…ね。
まけたら負けたでその時に考えればいいんじゃない?
あらかじめ、まけたらこうするなんて決めたって自分で自分を縛るだけ。
生きるための道なんて、踏み外したら踏み外したで新しい道を探さばいいだけですよ。
…あんまり、答えになってねえかな。
まあ、今のところいえるのはこのくらいだな。
今歩いてる道だってちゃんと先を見ながら歩いてるって訳じゃねえから…ね。
(言い残して、天馬を出て行くザク乗り)

259 :副官:04/02/14 10:39 ID:???
>258
 ・・・・・・ 
 気楽、ですねぇ・・・・・・
(去っていくザクのりを見送る)
 新しい道?
 そんなものがあるのなら・・・・・・
 あたしは今ごろ、もう少しましな人生やってましたよ。

 そして・・・・・・ 
 あなたが今言ったそれは、紛れもなく生き方。
 そして、あなたは今まで多分そのとおりに生きてきた・・・・・・
 それが、生き様。
 いままで、生き方と生き様は、きっとあなたにとって
そう矛盾するようなものじゃなかった。 
 そして、あたしもそれは、同じ。
 いえ、違いますかね。
 あたしは生き方も生き様も知らなくて・・・・・・
 いえ、もともと与えられていた・・・・・・?
 MSパイロットとしての、人生を。
 戦闘者としての定めを。
 そういう形でしか、あたしは生きられない。
 そういう生き方を選び、そういう生き様を示してきた。
 戦いの中でしか・・・・・・あたしは自分が自分であると
言えない。あたしの才能は、ただ戦うこと、それだけに
集中している、と7年前に気づかされたんのだから。
 それはまぁ啓示のようなものだった。
 もしあの戦いがなかったら。あたしはどうしていただろう。
 こういうはずではなかったと悲鳴をあげる生き方を
ただうつろに笑いながらただ生きるのみという生き様で覆い隠して
そしてその生き様こそが周りにとっての「あたし」になる。
 なんて素敵な運命。ヒトを殺して人間として生きるか、
それとも生きながらにして既に葬られたような人生を
おくるか。戦争と平和。
 あたしはだから戦争を選ぶしかない。所詮そちらがあたしの
棲家なのだから。ふるさとなのだから。

 だからといってあの子を・・・・・・あの砂漠の虎の子をかわいそう
なんて言わない。きっと多分似ているけど・・・・・・
 似ているもの同士の誰もがそうであるように・・・・・・
 その根本は、違う。 
 あの子は自ら、選んだ。
 あたしには他に道がなかった・・・・・・
 探したことも在った。でもその企てはすべて潰えた。
 そう、その違い。
 だからこそあたしはあの子が気に入らない・・・・・・
 たぶん、そうなのかも。



260 :副官:04/02/14 10:39 ID:???
 ヒトは変わるというけれど。
 変わらない人間もいて、もしかしたらあなたはその一人?
 ザック・バラード。
 冷え固まってるならしょせんあなたもあたしとおなじ。
 ただ、焼けるような熱さがまだその身に残っているのなら。
 今のあなたの言葉の続きを、きっとあなたは話せるようになる。
それはきっと成長。あたしに見れなかった何かを見つけられるの
かもしれない。
 それともあたしと同じく、戦いなくしては生きることもできない
存在と成り果てるのか?
 これだけはいえる。
 あなたは生徒。私は教官。
 あなたは変わる。私を、私たちを糧にして。
 それこそが教育。
 そういうものなのだと、漠然と思う。
 
 ブラック・ウィドウ。
 黒衣の未亡人、それがあたし。
 大切な何かを喪って、今もそれを弔いつづける。

 そして、あなたは・・・・・・そうならないのか、そうなるのか。
喪いつつあることに気づいているのか、いないのか。
 どちらだろうとかまわない。
 青春の終わりとは、紛れもない喪失に他ならない。
 それとも、あなたはそれを失わぬままに生きられる幸運な一人かも。
 
 なんにせよ・・・・・・
 印象深い男。それだけは、確か。
「・・・・・・おもしろいこですねぇ」
 痴愚の言葉を紡ぎつつ、あたしは漠然とした言葉で
思いを締めくくり、そして席を立った。

261 :通常の名無しさんの3倍:04/02/15 00:04 ID:???
(ニュージーランドから100kmばかり離れた海上。1機の偵察機が「それ」を発見した)
(「それ」はさほど珍しくもない型の双胴の潜水艦に見えた。ただ一点を除いて)
(天に向け鎌首をもたげる鉄の柱―大型のレールガン砲塔が厳とそびえている。…砲撃潜水艦だ)
(遠距離からそこまで確認したところで、偵察機はMSの襲撃を受け、ほうほうのていで追い散らされた)

262 :メガネをかけた生徒@フェンリスウールブ:04/02/15 00:14 ID:???
(それは偶然だった
 養成所に許可を取り、実機での海上飛行テスト中に通信が入ってくる)
敵!? それで方向は!
―――了解、こっちは養成所のMS科 リーディス・ラザフォードだ、至急帰還してくれ!

……素直に従うなよ、本職(汗

(偵察機を背中に見て、目標のある海域に向かう)

263 :物静かな教官@グレイ・ガスト ◆DkiyhL22xI :04/02/15 00:19 ID:???
>262
<通信>
仕方無いだろう…偵察機に残れという方が酷だ。
(こちらも偶然か、後方から追い付いてくる。
 ………自信は無くても、それで何もしないでいられる程
 では無いのだ………)

264 :メガネをかけた生徒@フェンリスウールブ:04/02/15 00:23 ID:???
>263
<通信>
にしたって『後は頼んだ』は無いと思うんですが…
…何にせよ……
(ちらりと海面を見る)
下手はできないか…

265 :茶髪+3人娘@AA級:04/02/15 00:23 ID:???
(綺麗な青と白で塗られたアークエンジェル級が養成所から姿を見せる…。
車椅子に乗った茶髪が先導しての試験運行だったりするのだが。)
ア「揚力正常…」
ジュ「センサー、問題ないわよ。」
マ「…他もオールグリーン、問題ないわね…。」
茶「…なんで僕が…。…確かに、散々てつだわさせられたから
出来ない事はないけど…。……アークエンジェル、出航。目的地…第3森林演習地区。」
(騒動をいまだ知らず…のようだ。)

266 :物静かな教官@グレイ・ガスト ◆DkiyhL22xI :04/02/15 00:25 ID:???
>264
<通信>
力を使える者は、使うべき力を使うべき時に使うしか無いだろう。
あの偵察機はその力を持たない、それだけの事だ。
(こちらも眼下に視線を送る)
………随分な物を用意したな。

267 :禄存のフェグダ@スカイエンペラーD:04/02/15 00:25 ID:???
>>262
(突如、BRが一発打ち込まれる)
残念だけどここで行き止まり。
あんたの人生も行き止まり。
迂闊に突っ込んだことを恨むんだぁな。
(その場に縫いとめるようにBRを三射。同時に海面すれすれに接近していたISがビーム刀を形成しながら垂直に上昇)
>>263
『厄介なのが来たな…』
(とりあえず牽制の射撃を放つ)


268 :イーグル=ザラ@リバウェ:04/02/15 00:28 ID:???
(メガネ、物静かな教官の後を付いて来ている)
折角の演習が台無しだな。

269 :物静かな教官@グレイ・ガスト ◆DkiyhL22xI :04/02/15 00:31 ID:???
>267
(突然の死の恐怖、牽制とはえ当たれば死ぬ。
 落ち着いた回避動作で難なく回避する。)
<通信>
貴様は………
(「………今の俺に……勝てるのか………?」)
>268
<通信>
腕が立つのが一機、抜かるなよ。

270 :刀女@Gセイバー地上戦ホバーモード ◆0A4b0vnAIg :04/02/15 00:31 ID:???
(イーグルの後をGセイバーが付いていく)
何所の潜水艦だ?
どうやら攻撃する気満々のようだな?
まあ、それはそれで好都合だ。


271 :イーグル=ザラ@リバウェ:04/02/15 00:32 ID:???
>269
(通信)
分かってます。
シュリがいるのは気配で。
ちっ。
主役がまだ居ないってのに
張り切りやがって。

272 :お調子者の女中尉:04/02/15 00:33 ID:???
(ここは企業基地の格納庫。整備中の彼女はなにやらそわそわしている部下に声をかける。)

どーしたの?なんだか不安そうな顔してるわよ?
「え……あ……いえ。」
気になることでもあったのね。何があったの?
「はい。少々……。
 それが……ここから100qの海域で何かあったらしいのです。
 しかし……確かな情報じゃありません。」
偵察機はどうしたの?
「分かりません。詳しい情報の方は……」
ふぅーん。
ま、何かあってから動けばいいのよ。
(陽気に応え、歩き出す。)
整備♪整備♪
「何かあってからって……遅いですよ…」
(後ろを向いたまま方をそびえると)
小さな物音で簡単に首を左右に振るようじゃ……いつ敵に後ろ突かれても
知らないわよ?
「それは……そうですが…」
なるようになるわよ♪私が言えることはそれだけ。

(再び整備に戻る。)

273 :メガネをかけた生徒@フェンリスウールブ:04/02/15 00:38 ID:???
>266<通信>
それはいえてますけど…
ーwヘ√レvv〜

>267フェクダ
いつかの奴ら…!!
(一発目をスライドで回避)
…シュリ…ミナツキィィ!!
(次の3連射をシールドで防御しつつ、ビーム刃を左腕のビームソードではじく)
…ッ! 言いたいことは山ほどあるが、あとでゆっくりしてやるよ!!
(右腕のガトリングガン『タラニス改』を掃射する)


274 :救済を担う若者 と 執事:04/02/15 00:39 ID:???
…………初実戦になるかも知れないって。
「はい。F91-GpとBOMWTHの到着がこれ以上遅れなくて何よりでした。
 この分なら、他の部隊と同時に出撃出来る事でしょう」

…………先行しなくて良いんだ?
「上からの指令では。まだ慣らしも十分に完了していない以上、迂闊な行動は避けるべきと判断なされた様です」

じゃあ、大人しく待ってようか……

(そう言って若者は傍らの機体を見上げる。F91-Gp。アリスブルーに塗装された機体を前に
 彼の心はとても昂っていた。



 初戦を前にした緊張ではなく、新しい玩具を早く使いたい子供の様に)

275 :茶髪+3人娘@AA級:04/02/15 00:42 ID:???
茶「…このパターン…。…推力最大!チャーリー3!」
ア「…え?…え?」
ジュ「確かに、周囲の動き、妙だけど…。」
マ「まぁ、海いくのもいいんじゃない?」
(戦闘の起こった海域に向けて…移動開始…。)


276 :忍者崩れ@偽記者 ◆eAwRb9qzdQ :04/02/15 00:45 ID:???
……(風を……感じ取った)……!

戦が……また……

277 :イーグル=ザラ@リバウェ:04/02/15 00:45 ID:???
さてと。
今のところ、相手はシュリ一機のみ。
あいつ一人で来るはずはないな・・・
他にもいるな。おそらくは。

>273
(通信)
分かっているとは思うが殺すなよ。
必要な役者がいまいないんだからな。

278 :禄存のフェグダ@スカイエンペラーD:04/02/15 00:47 ID:???
>>269
<通信>
無理ですねぇ。
(言うや否や、あっさりと下がっていく)
教官に勝たなくても、全体として勝てばいいんですし。
>>273
(距離をとりながら、軽やかに回避)
生憎とそれほど暇をもてあまして無いから。
(牽制で足を止めつつ、後退してISを回収)

279 :物静かな教官@グレイ・ガスト ◆DkiyhL22xI :04/02/15 00:50 ID:???
>278
<通信>
………お見通しという訳か……嫌な気分だ。
(撃ちはしない、誰の相手か…それ位は解っている。
 増援に備えて……待つ。))

280 :刀女@Gセイバー地上戦ホバーモード ◆0A4b0vnAIg :04/02/15 00:51 ID:???
>277
(通信)
何だ、敵機のパイロットを知っているのか?


あの一機だけか?なら、潜水艦には簡単に取り付けるな。

281 :イーグル=ザラ@リバウェ:04/02/15 00:53 ID:???
>280
(通信)
知っているも何も・・・
あいつは元養成所の生徒さ。
俺はアイツに、二度やられた。

潜水艦。
今のうちに潰してくれ。

282 :メガネをかけた生徒@フェンリスウールブ:04/02/15 00:55 ID:???
>277イーグル
……当たり前だ、俺を誰だと思ってやがる!
お前も気張れよ!

>278フェクダ
(けん制をシールドで防ぎ)
なら――暇になってもらうぜ
(左腕のメガビームライフルが閃光を吐き出す
 その粒子の投槍が向かうのは『皇帝』の名を冠するMS――違う
 標的は最初からスカイエンペラーの下にある大量の海水
 ビームの熱により海水が蒸発、一瞬の間の後、あたりが猛烈な白煙で覆われる)

…狙いは手足、スラスター、武器――コクピットは狙うな
ファンネルミサイル、ファイエル!
 (7発のファンネルミサイルが白煙に飛び込む、狙いはスカイエンペラーD!)



283 :刀女@Gセイバー地上戦ホバーモード ◆0A4b0vnAIg :04/02/15 00:58 ID:???
>281
(通信)
元生徒か・・・・・
どれほどの腕か試してみたいがそれは後だ。
再就職先を潰されるわけには行かないからな!
(ドムのように水面を高速で潜水艦に接近していく)

284 :ゲドラフ隊(アインラッド付き)×4:04/02/15 00:59 ID:???
(潜水艦から発進するゲドラフ隊。
 それぞれアインラッドに、隊長機はツインラッドに乗っている)
隊長「今回は艦の防衛がメインだ。突っ走るなよ」
A「りょうか〜〜い」
B「あいよ〜〜」
C「は〜〜〜〜〜〜い」
隊長「・・・なんでこいつらこんなに緊張感ないんだ・・・(泣)」
ABC「気にしない気にしない〜〜」
(潜水艦の上空で旋回して警戒に当たっている)

285 :イーグル=ザラ@リバウェ:04/02/15 00:59 ID:???
>282
(通信)
お前だったら。
おそらく確実だろ

>283
(通信)
ああ。
頼んだ。

286 :物静かな教官@グレイ・ガスト ◆DkiyhL22xI :04/02/15 01:00 ID:???
>283
(海面へと降下、後方に付く)
<通信>
援護します、お手並み拝見とさせて頂きましょうか。
(通信機からは、全く抑揚の無い声が聞こえてくる。)

287 :ゲドラフ隊(アインラッド付き)×4:04/02/15 01:03 ID:???
>283刀女
隊長「早速お出ましだ!いくぞ野郎ども!!」
A「楽にいきましょうよ〜」
B「そうそう、気張っても疲れるだけ〜」
C「私、野郎じゃないし〜」
隊長「黙れこのアホども!!」
ABC「こわ〜〜〜い」
(などといいつつもそれぞれミサイルを広域掃射し、足止めを狙う)

288 :刀女@Gセイバー地上戦ホバーモード ◆0A4b0vnAIg :04/02/15 01:04 ID:???
>284
タイヤタイプ・・・・雑魚だな。
まずは大型タイヤを潰すか。
(機体を上昇させどう高度まで来るとツインラッドに狙いを定めBRを発射)

289 :邪黒の猛者@砲撃潜水艦 ◆eAwRb9qzdQ :04/02/15 01:04 ID:???
……さて、吐き出すものは吐き出した。

砲撃潜水艦ってのは奇襲が任務であり目的だ。存在を確認されたらそこまで。

副長、わかってるな?

副長「は!バラスト満たせ!潜行開始!」(ゆっくりと沈む潜水艦)

290 :禄存のフェグダ@スカイエンペラーD:04/02/15 01:05 ID:???
>>282
ちっ!
(ビームが海に着弾した瞬間に狙いを悟る。視界を遮って…)
全く…
(全速で後退。そこに迫ってくるファンネルミサイル)
手厳しいさなぁ!
(だが、その時には既にBRがジェネレーター直結端子に繋がれている)
こいつはどうだい?
(数値上ではバスターライフルに匹敵するといわれる一撃がファンネルミサイルを、そして白煙の向こうの敵をまとめて薙ぎ払うように放たれる)


291 :揺れている女性@レオパルドS−1:04/02/15 01:05 ID:???
(水中で…>283の前に立ちはだかり)

…水中は…この機体の独壇場さ!
(左腕部8連装魚雷発射。)


292 :物静かな教官@α ◆DkiyhL22xI :04/02/15 01:07 ID:???
>287
(広域…という事は、こちらにも来る訳で。)

………撃って、当てれば相手は死ぬ。
…それで終わり………それだけだ。

(バスターライフルを構えると、四機の中央に連射する。)

293 :イーグル=ザラ@リバウェ:04/02/15 01:08 ID:???
>289
潜水艦・・・
逃げたか?

294 :ゲドラフ隊(アインラッド付き)×4:04/02/15 01:11 ID:???
>288刀女
隊長「甘く見るなよ!その程度のビームなぞ!!」
(ミサイル攻撃とほぼ同時に来たビームライフルの閃光を、ビームシールドで弾く)
A「一々シールド使うと消費早いですよ〜」
B「そうそう省エネ省エネ」
C「資源は大切に〜〜」
(それぞれ回避する隊員たち)
隊長「やっかましい!反撃開s」
(そこへ>292の攻撃が)
隊長「ぬお!?戦艦でも出てきたか!?」
(紙一重でかわすも、右側のシールドが使用不可能に)
A「ただのMSですよ〜」
B「ちゃんと相手を見極めなきゃ」
C「隊長のあわてんぼさん〜」
(こちらは比較的余裕で散開してかわし、ビームライフルで反撃)

295 :刀女@Gセイバー地上戦ホバーモード ◆0A4b0vnAIg :04/02/15 01:11 ID:???
>287
足止めのつもりか?
弾の無駄だ!失せろ!
(ミサイルを軽々と避ける)
潜水艦には逃げられたからな・・・・
お前ら、覚悟しろ!
(BRを目立つツインラッドに撃つ)

>291
悪いがホバーには魚雷は効かないぞ。
機体の選択を間違えたな!

296 :レオニード隊:04/02/15 01:12 ID:???
>>292
よし、こいつは我々が抑えるぞ。
(上空からBRでの攻撃。AEOSによる補助により、その動きは中々に鋭い)



297 :揺れている女性@レオパルドS−1:04/02/15 01:13 ID:???
>295
……ちっ…。
(水中から顔を出し、右肩部11連装ショルダーミサイルをぶっ放す。)

298 :メガネをかけた生徒@フェンリスウールブ:04/02/15 01:14 ID:???
>290フェクダ
(視界が無いのは確かにこちらもメガネも同じだった
 其の膨大な『破壊』はある種完全な不意打ちだ、普通の人間には回避できないだろう
 ――だが彼は普通ではない
 ニュータイプ 人類の革新とまで言われたその人種、そして其のチカラが)
こん…のぉぉぉ!!
(その『破壊』を感知させた)
(ペダルを蹴り飛ばし、操縦桿を乱暴に倒してフェンリスウールブをロールさせ
 そのビームから逃がした)
 
…危ねぇ……ッ!
くそぉ!
(すっかり晴れた煙幕、其の奥にあるスカイエンペラーにショルダーレールキャノンを発射する)

299 :刀女@Gセイバー地上戦ホバーモード ◆0A4b0vnAIg :04/02/15 01:17 ID:???
>297
チッ!
(飛んでくるミサイルを避け一発をBSで防ぐと水面から出てるレオパルドをBRで撃つ)
こうなればもぐら叩きだ!

300 :邪黒の猛者@砲撃潜水艦 ◆eAwRb9qzdQ :04/02/15 01:18 ID:???
>293,295
(実はまだ沈みきっていない……)

……まぁ、はったりだから……
砲術士官「実は、ただの鉄パイプだなんて知られたら恥ずかしいですよね……」
せめて、試作機でもいいから間に合えば……

20m沈んだら垂直ミサイル管と微速後退のスタンバイだ。

301 :物静かな教官@グレイ・ガスト ◆DkiyhL22xI :04/02/15 01:19 ID:???
>294
…ウン、大丈夫そうだな。
………では、行かせて貰おうか。
(水面を撫でるがごとく高速移動、ビームは巻き上がった
 海水に打ち消される。
 再びバスターライフルを連射、海水で軽減こそされる物の、
 その出力はバカにならない、そして急上昇)
>296
(急上昇中に襲いかかるビームの雨、それが掠る。)
……まだ来るのか、丁度良い……
今なら…心置きなくやれるかも知れないんでな………
(バスターライフルを一発放つと、右腕のライフルを
 脇へと戻す、そして右腕だけで抜刀……
 そのまま、上方へ飛び続け、斬り掛かる…)

302 :揺れている女性@レオパルドS−1:04/02/15 01:20 ID:???
>299
(正にモグラのように水中に逃げ、モグラのように全身を出し…)
モグラ叩きのモグラの気分だ…。
( 膝部ホーネット(追尾)ミサイル×2、発射。 )


303 :イーグル=ザラ@リバウェ:04/02/15 01:21 ID:???
>300
ふぅ。
邪魔だから、足を潰しておくか。
カームプログラムスタンバイ。
(大型レールガンを取り出し、構える。
 バッテリーの全電力を一発に込めて行く)
くらえっ!
(水中の潜水艦目掛けて、撃ち放つ、
 水面にて激しい水しぶきをあげ、勢いを
 削がれながらもそれなりの速度を維持し
 潜水艦にむかって迫り来る)

304 :禄存のフェグダ@スカイエンペラーD:04/02/15 01:24 ID:???
>>298
あー、やっぱ効かなかったか。NTって厄介だねぇ。
(今の間に更に距離をとっている)
付き合いきれん。
(引こうとする)

305 :ゲドラフ隊(アインラッド付き)×4:04/02/15 01:25 ID:???
>295刀女
隊長「だからそんなんじゃ効かねぇっt」
(バスターライフルでシールドの使えない右腕にヒット。
 肘から先が吹き飛ぶ)
隊長「っの野郎!!やってやらぁ!!」
A「あ〜あ、頭に血が上っちゃってる」
B「しょうがないなぁ」
C「隊長失格ですね〜」
(ツインラッドのビームガンを連射しながらGセイバーに向けて突進していく)

>301物静か
A「こいつは中々・・・」
B「厄介だなぁ」
C「教官だし〜」
AB「そうなの?」
C「有名なはいいろのしっぷうですよ〜」
AB「あれま・・・」
(それぞれが相手と同じように海中に入る事で致命的な一撃を避けていく。
 それでも、アインラッドの一部などにダメージを受ける)
A「ってことは倒せば・・・」
B「俺たち有名になれる?」
C「そうかもしれませんね〜」
(アインラッドのミサイルを全弾撃ち尽くすと、ある程度距離を詰めてBRで攻撃を加える)

306 :邪黒の猛者@砲撃潜水艦 ◆eAwRb9qzdQ :04/02/15 01:27 ID:???
>303
そらき……た!?
(クルーは命令を待たなかった。既に用意の出来ていた微速後退を全速後退に切り替える)

艦首バラスト緊急排水!へさきをあげて魚雷を撃て!狙いは要らん、しょせん目くらましだ!(へさきのすぐ下をかすめるレールガンの一撃)

307 :刀女@Gセイバー地上戦ホバーモード ◆0A4b0vnAIg :04/02/15 01:28 ID:???
>302
追尾ミサイル!?やるな!
(水面を滑るように素早く動き、確実に追尾してくるのをバルカンで撃ち落す)
確かレオパルドだったはずだな・・・・実弾のみ・・・・
弾切れにしてやる!撃って来い!

>305
機体の基本製のはこっちの方が上だ!
UC223年製を舐めるなよ!
(ビームサーベルを引き抜くとBシールドでビームガンを防ぎながらツインラッドに接近する)

308 :レオニード隊:04/02/15 01:29 ID:???
>>301
「ふん、この程度…」
「理想が果たされるまで、負けるわけには!」
「わっ、刀!?」
(バスターライフルはまだ微かに余裕を残しつつ回避するが、斬撃への対応はかなり苦しい。一応、辛うじてBSで受け止めるが…)
「このっ!」
「これでどうだ?」
(残り二機は左右から斬りかかる)

309 :メガネをかけた生徒@フェンリスウールブ:04/02/15 01:30 ID:???
>304フェクダ
――いつもならおとなしく逃がすんだがな
お前には山ほど言いたいことがある!
(『と思う』と心の中で付け足しつつ
 サイコアームの『アンサラー2』を5連射する)

310 :揺れている女性@レオパルドS−1:04/02/15 01:30 ID:???
>307
…フ…っ!
(火力をふんだんに振るって猛射撃を掛け始める。)

311 :通常の名無しさんの3倍:04/02/15 01:31 ID:???
(同時刻、養成所沿岸。)
(注意深い人間が目を凝らして暫く凝視し、それでやっと見つけられるかどうか…そんな空間の歪みが海流に乗ってゆっくりと近づいていた)
(「それ」は機雷原の前まで辿り着くと、そこでぴたり、と動きを止めた)
(空間の歪みがほどけ、それに隠された中身…一隻の船が姿を現す)
(ミラージュコロイドによる偽装を完全に解いた船の船首が開き、中からタイヤみたいな物がゴロゴロと飛び出した)
(直径4m程のタイヤ…そうとしか呼び様の無いそれが、回転し、水面を跳ねるようにまっすぐに養成所に…)


312 :イーグル=ザラ@リバウェ:04/02/15 01:32 ID:???
>307
ちっ。
流石に水中にむけては厳しいか。
(バッテリーを交換する)

教官がちょっと厳しいかな。
(通信)物静かな教官
教官。
援護します。
(そして>305のゲドラフ部隊に
 大型BRと大型レールガンを打ちながら
 接近していく)

313 :フルフェイスメット@レオン:04/02/15 01:33 ID:???
>312
させませんっ!
(背後からビームガンを放つ)

314 :茶髪+3人娘@AA級:04/02/15 01:34 ID:???
(何時の間にやら戦闘空域まで来たようだ…。)
茶「うわ…。」
ア「何時の間にか…ですねぇ…。」
茶「…高度上げて…ヴァリアント1番2番、角度ー30度で構え。周囲のMSに
津波警報発令、ヴァリアント…発射。」
(水中の潜水艦に向けて叩き付けるようなヴァリアントが放たれる。
…回避する間もなく外れだったりするが、海流の激しい乱れが
センサーに影響を出す可能性は高い。)

315 :灰色の疾風と呼ばれた教官@グレイ・ガスト ◆DkiyhL22xI :04/02/15 01:38 ID:???
>308
……理想、か。
(BSで受け止めた機体を、そのまま蹴り飛ばし、そこから離れる。
 そしてガーベラストレートを持った手を、
 何も無い空間で振る……………いや、違う。
 その手首に内蔵された…ワイヤーロッドを射出しているのだ)
理想を果たす前に死ぬのも、普通なのかも知れないな…
(MSの装甲をも寸断するそのワイヤーが、
 両サイドから迫る機体に襲いかかる…!)
>305
(空いた方の左腕、そこに装備されたBNシールドで一部は
 防ぐが…少々脚に被弾する。)
<通信>
……聞こえているぞ。
悪いが………俺を倒しても、駄目だ。
(向けられたままの左腕、そこから……
 …何発もの特殊弾頭が放たれる。
 照明弾に始まり…ABC兵器以外の殆どの弾薬が編隊へと向かう。)


316 :禄存のフェグダ@スカイエンペラーD:04/02/15 01:38 ID:???
>>309
しつこいなぁ。
(空中で透明の浮き石をつたってジャンプしていくような動きで回避)
空中は『皇帝』の領域。
この距離でこの程度の攻撃に当たる訳ないだろ?
『そろそろ『ノッカー』が突入してる頃か…』

317 :刀女@Gセイバー地上戦ホバーモード ◆0A4b0vnAIg :04/02/15 01:39 ID:???
>310
待ってました!
(猛烈な射撃が始まると愛機を巧みに操りながらゲドラフ隊に突っ込んでいく)

>ゲドラフ隊
避けろ〜逃げろ〜!
逃げないとお前ら味方の攻撃に落とされるぞ!
(レオパルドからの攻撃がゲドラフ隊にも当たりそうになってくる)

318 :店長代理シスクードSIN ◆ObktDlQumA :04/02/15 01:40 ID:???
>311
(目前に立ちふさがる一つ目の巨人)
…何だアレは…?
なんにせよこちらに向かうなら…
(Iフィールド・ランチャーを構え、ロングビームライフルによる光の矢を放つ)
破壊するまでだ

319 :揺れている女性@レオパルドS−1:04/02/15 01:40 ID:???
>317
……え?
…ぇぇい!
(そのまま火力フルに使って追い続ける。…鬼である。)

320 :邪黒の猛者@砲撃潜水艦 ◆eAwRb9qzdQ :04/02/15 01:41 ID:???
>314
んのわぁああっ!?(激しい海流の乱れに翻弄される)

ソナー手「ふみゃぁっっっ!??」(ヘッドセットをむしりとり悶絶)

……んぬうぅ……猪口才な……
砲術士官「あの、艦長……ダミー砲台が……外れました……」
……

…………ちょ、猪口才なのだぁ……(T◇T)(とにかく逃げる、全力で海域を離脱する。MSの回収ポイントは設定済み)

321 :ゲドラフ隊(アインラッド付き)×4:04/02/15 01:42 ID:???
>307刀女
隊長「新しければ良いってもんじゃないんだよ!!」
(そのまま体当たりを仕掛ける)

>312イーグル
A「新手キター」
B「あれも教官?」
C「ちがいます」
AB「じゃぁ、無視。あっち(>313)に任す」
(のらりくらりとかわしていく。その間は攻撃が散漫になるわけで)

>315物静か
A「裏じゃ結構な賞金が掛かってたりするんだよね〜」
B「そういう事〜」
C「だから落ちてくださ〜い」
(更に追撃しようとしたところへ攻撃が降り注ぐ)
A「あ、やべ」
(照明弾が近くで炸裂し、視界を奪われたところで直撃を喰らい撃墜)
B「ドジ〜」
(こちらはアインラッドを失ったが本体はほぼ無傷。そのまま海上へ)
C「二人ともだらしない〜〜」
(再び海中に入ったことで殆どを回避。
 直後に浮上し、ビームガンやビームライフルを連射しつつ接近)

322 :ゲドラフ隊(アインラッド付き)×4:04/02/15 01:44 ID:???
>317>319
隊長「何っ!?バカ野郎!!こっちはみk」
(レオパルドの攻撃を受け、轟沈)

323 :忍者崩れ ◆eAwRb9qzdQ :04/02/15 01:46 ID:???
>311
(離れた所から双眼鏡で)……来たで御座るか……ニンニン……

324 :イーグル=ザラ@リバウェ:04/02/15 01:46 ID:???
>313
ちぃっ。
(素早く横へ移動し、射撃を交わす)
こっちが先か!
(大型BRと大型レールガンを連射していく)

>321
外れたか。
まぁいい。
どうになかなるだろう。

325 :茶髪+3人娘@AA級:04/02/15 01:47 ID:???
>320
茶「逃がさないで!…ヴァリアント、てぇ〜!)
(容赦無く追撃のヴァリアントが追って来る。…周囲の波や
その辺りの生態系が偉い事になってたりするのは気のせいではない。
周囲のMSにとってもそのかなり滅茶苦茶な跳ね方している波は
影響がなくはないだろう。)

326 :レオニード隊:04/02/15 01:48 ID:???
>>315
(ベテランであるほど、意味の無い行動は少なくなる。まして、養成所で教官を務めるほどの人間の行動には、一片の無駄も存在しない)
「?」
「何だ…」
(敵の正体こそ知らないものの、AEOSはその辺りをパイロットよりも良く心得ていた)
「うわ!」
「!!」
(二機共に片腕を奪われる。…もしAEOSが無かったら、その命ごと奪われていただろう)
「この!」
(蹴り飛ばされた一機が早くも態勢を立て直し、BRを連射)

327 :メガネをかけた生徒@フェンリスウールブ:04/02/15 01:48 ID:???
>316フェクダ
……なんなんだ……?
(いやな予感とともに動きを止める―止めたといっても其の性質上前進はしているが―
何考えてやがる…シュリ…

328 :刀女@Gセイバー地上戦ホバーモード ◆0A4b0vnAIg :04/02/15 01:49 ID:???
>321
それと腕の差もだ!
(体当たりを機体をを捻って避け、そのままツインラッド上部のミサイルポッドとビームガンをサーベルで斬り、
>319の攻撃の盾にする)
ナムアミダブツナムアミダブツ・・・・・・・幽霊になっても私を恨むなよ。

329 :フルフェイスメット@レオン:04/02/15 01:51 ID:???
>324
(Iフィールドのようなものが形成される)
シールド!
『展開完了、防御率100%を維持』

(と同時に回避されていくレールガン)

ロングレンジで!
(牽制のようなビームガンを放ち続ける)

330 :揺れている女性@レオパルドS−1:04/02/15 01:51 ID:???
>328
貴様〜!よくも!
(ゲドラフをも蹴散らして武器を連射しようとするが…弾切れ。)

…クそぉ!
(ビームダガーで斬りかかる。)

331 :ノッカー隊:04/02/15 01:53 ID:???
>>318
(攻撃はタイヤの一つに着弾。だが怯む様子もなくそのまま突っ込んでくる。その数、300以上…)
………
(NTなら分かるであろう。このタイヤからは、全く生の気配が感じられない)
(更に、タイヤが破壊された辺りからMSの出来損ないみたいな機体が現れ、シスクードに掴みかかってくる。どうやら、このタイヤは2段構造の機体だったらしい)


332 :イーグル=ザラ@リバウェ:04/02/15 01:53 ID:???
>329
ちっ。
Iフィールドか。
やっかいな。
(横軸移動を続けて、ビームガンを回避しながら
 散発的にレールガンを打ち込んでいく
 その間に、大型BRは通じないと考え
 腰裏ラッチに収納する)

333 :邪黒の猛者@砲撃潜水艦 ◆eAwRb9qzdQ :04/02/15 01:55 ID:???
>325
……逃がせよな……造泡カプセル及び垂直ミサイル放て!目くらましにする!!

334 :刀女@Gセイバー地上戦ホバーモード ◆0A4b0vnAIg :04/02/15 01:56 ID:???
>330
その機体で格闘戦をするつもりか?止めとけ!
(ビームサーベルでダガーを防ぐと30mmガトリングを撃ちながら間合いを取る)
その機体は砲戦、撃ち合いで効果を発揮する機体だ。
出直して来い!

335 :揺れている女性@レオパルドS−1:04/02/15 01:58 ID:???
>334
(ガトリングでビームダガーの柄まで壊れて)
………(´・ω・`)
(諦めて撤退していくヤシ。)

336 :灰色の疾風と呼ばれた教官@グレイ・ガスト ◆DkiyhL22xI :04/02/15 01:58 ID:???
>326
(その攻撃をせせら笑う様にギリギリで回避して行く。
 そしてそのまま、一気に海面へと急降下していく……)
>321
(両の手に抜刀、上方から迫るビームすらかわし、
 その砲火の中、斬りかかった





                 が。)

…グゥ…ッ!?ク………コイツは……こんな……時に…!?
グォォォォぉァァァァァァァァァッッッ!
(体中が激しく痙攣する、血液が逆流するかの様だ。
 目は血走り、瞳孔は完全に開いている、体中の血管が
 浮き出る、思考が止まりかける…………
 …そう、これが彼の持つ他のドールズとの差異………
 不定期に訪れる…強化への反動だ。
 そこに………上方から放たれたビームが頭部を直撃。)

………ッ…………ッ!

(そのまま墜落……爆発こそ無いが……海面に、墜落である。)

337 :メガネをかけた生徒@フェンリスウールブ:04/02/15 01:58 ID:???
>331ノッカー
ファントム…違うな、ならMDシステムか……雑魚が
(Iフィールド・ランチャーを地面に置き、ビームサーベルを二本抜刀)
…爆発は普通か、コクピットを狙えれば幸いなんだが難しいな
(つかみかかってきたMSをサーベルでなぎ払うと
 其の300あまりの大群に突入、コクピットを突き刺し始める)

338 :適当な教官@スーパーガンダム ◆0zlkQsNXAo :04/02/15 01:58 ID:???
あ〜〜〜、すっかり寝ちったよ。
仕事しないと給料下げられちまうからねぇ〜。
出撃出撃〜〜。

(養成所からちょっとでたところで警戒態勢に移行)

339 :ゲドラフ隊(アインラッド付き)×2:04/02/15 02:02 ID:???
>336
B「お、倒した?」
C「ラッキーってやつですかね〜」
B「それじゃ隊長の敵討ちでもしますか」
C「気が乗らないけどね〜〜」
(>334のGセイバーに目標を変え、Bは海面から上半身を出した格好でBRによる攻撃。
 Cは空中高く上がって上方から接近していく)

340 :禄存のフェグダ@スカイエンペラーD:04/02/15 02:03 ID:???
>>327
存外に用心深い…だが、もう終わりさ。
(急反転してISを射出、シールドを構えてBRを乱射しつつ接近)
ま、あんた如きにてこずってられないんでなぁ!
(ISは鷹狩の鷹のようにフェンリルの上空で旋回、機を窺っているようにも見える。攻撃を加えつつ距離を縮め…)
『…今』
(フェンリルの真下の海中に潜んでいたスカイナイト五機が大型BRを発射する。最初の2門は海水を蒸発させることで威力を大幅に減じたが、一瞬遅れて発射された残り8門は海水の蒸発によって生まれた空間を突き進み、そのままの勢いで迫る)


341 :フルフェイスメット@レオン:04/02/15 02:03 ID:???
>332
(大がtBRをしまった途端、フィールドを解除し、レールガンを回避していく)
ロックオン、攻撃を!
(レールガンを紙一重で避けてビームガンをレールガン目掛けて放つ)

342 :イーグル=ザラ@リバウェ:04/02/15 02:05 ID:???
>341
そうやって来るって
分かってたよ。
(素早く右腕のシールドで
 ビームガンを防ぎつつ
 肩部のビームガンを撃ち込む)

343 :刀女@Gセイバー地上戦ホバーモード ◆0A4b0vnAIg :04/02/15 02:05 ID:???
>339
まだ残っていたのか!?
しぶとい奴らだ・・・・・・
(ビームを避けると上半身を出してBにライフルを発射、上方から接近するCには30mmガトリングで牽制する)

344 :ゲドラフ隊(アインラッド付き)×2:04/02/15 02:09 ID:???
>343
B「大人しく下がっておけばよかったかな〜〜」
(アインラッドをなくした上に足場の悪い海上。
 まともに動けるわけもなくBRがコクピットを貫く)
C「その程度じゃ牽制にもならないよ〜〜」
(タイヤでガトリングの弾丸を弾きながらなおも近付いていく)
C「でも皆だらしないなぁ〜〜〜」
(ある程度近寄ったところでジグザグの軌道に変化する)

345 :浅黒い3連星@ドワッジ改・改 ×3:04/02/15 02:11 ID:???
(黒いドワッジ改・改が3機、出撃してくる。
 第二養成所の生徒の中でもそこそこ強めの三人組だ。
 どの機体も、背中にはビームバズーカを背負い、両手にビームショットガンを持っている)

>331 ノッカー
マーシュ 「ガイアン、オルティーナ、数が多いわよ!」
オルティーナ「でもどれも雑魚よ! 撃てば当たるわ!」
ガイアン 「じゃ、『垂直JSA』の陣形で、『ぞうきんがけ』いくわよ!」

三人 「「「でりゃぁ〜〜っ!!」」」

(横一列に整列し、目の前に広く弾幕を形成しながら真正面に突っ込む3機。
 『垂直ジェットストリームアタック』、つまり横一列の陣形。
 それぞれが前方に拡散ビームをばらまき、まさに『ぞうきんがけ』のように隙間なき攻撃を広げていく。

 ……まぁ、ビームの散弾の一発一発の威力は低いし、攻撃は地面に平行に広がるだけ。
 上方向に逃げたり、盾を構えたりすれば普通に防げる攻撃だ。
 それでも、この相手、この数には有効だろう)

346 :フルフェイスメット@レオン:04/02/15 02:11 ID:???
>342
(再び展開されるフィールド)
今まで戦った事無い機体ね……
『インファイト、もしくは牽制のみに徹する事を提案します』

……よし、牽制続行。

(移動しようとした先に、的確にビームガンを打ち込むような、
  完全に牽制に徹底した闘いに移行する)

347 :????:04/02/15 02:14 ID:???
>344
パッ! パパッ!
(突如として、何も無かった周囲から狙い済ましたようなビームが飛んでくる)

348 :メガネをかけた生徒@フェンリスウールブ:04/02/15 02:14 ID:???
>340フェクダ
…ッ!
(サイコアームのPBシールドを展開させ、ビームを防御)
何だっ――
(下から来るビームに反応、コンソールに指を走らせる)
――てんだよ!!

(ローリングしてビームを回避する『チャリオッツ』
 本来ならフェンリルが収まるべき座には――主は不在)
俺だってなぁ
(リミッターを解除し、暴力的な速度を得たフェンリルは)
お前にてこずってられないんだよ!!
(スカイエンペラーの後方の水面を滑空していた
 其の滑空状態のままでアンサラーを2連射する)


349 :イーグル=ザラ@リバウェ:04/02/15 02:16 ID:???
>346
めんどい相手だな。
全く持って。な。
(相手の攻撃を左右のシールドで捌いていくが
 途中で、右のシールドで防いだあとに、
 左腕を前方におもいっきり振り、同時に
 シールドパージ。
 そして、シールドの裏側に右のシールドに内蔵されている
 グレネードランチャーを撃ち込む、前方へ吹き飛ばしつつ
 その影に隠れて、接近する)

350 :刀女@Gセイバー地上戦ホバーモード ◆0A4b0vnAIg :04/02/15 02:16 ID:???
>344
タイヤには30mmでは効かないか?
(この距離ではサーベルのほうが有利と判断、Cの接近してサーベルでアインラッドに斬りかかる)
死ぬ前に失せろ!

351 :レオニード隊:04/02/15 02:18 ID:???
>>336
「馬鹿め」
「正に天罰覿面という奴だな」
「よし、次へ行くぞ」
>>344
<通信>
待ってろ。支援するぞ。
>>343
(遠距離からBRを撃ちこみつつ接近)

352 :フルフェイスメット@レオン:04/02/15 02:20 ID:???
>349
(グレネードを打ち落とす)
『敵機接近!』
乱射しつつ離脱!
(ビームガンを乱射しつつ、距離を取る)

353 :ゲドラフ隊(アインラッド付き):04/02/15 02:20 ID:???
>347
C「!?下から!?」
(メインコンソールの警告に気がついたときには既に回避不能な距離に。
 アインラッドのシールドによって致命的な一撃にはならなかったものの、姿勢が大きく崩れる)
C「不意討ちとは卑怯な〜〜!」

>350
C「きゃー!2:1なんて〜〜!」
(姿勢が崩れたところにサーベルの一撃。
 真っ二つなるアインラッド、そしてゲドラフ本体)
C「あ〜〜あ、負けちゃった・・・」
(半分になった機体が海に沈んでいく)

354 :????:04/02/15 02:22 ID:???
>351
(周囲からビームが雨あられと降り注ぐ)

355 :イーグル=ザラ@リバウェ:04/02/15 02:24 ID:???
>352
逃がすと思うか?
(そのままシールドの裏に隠れて、
 ビームを防ぎつつ、加速していく)

356 :刀女@Gセイバー地上戦ホバーモード ◆0A4b0vnAIg :04/02/15 02:26 ID:???
>351
この距離では当たらんよ!
(遠距離からのビームを軽く避ける)
次から次へと・・・切りが無い。
(こちらもお返しとばかりに撃ち帰す)

>353
味方に引き上げられるまで辛抱するんだな。

>354
誰なんだ・・・味方なのか?

357 :フルフェイスメット@レオン:04/02/15 02:26 ID:???
>355
『敵機加速中』
インファイト厳禁!
無理に戦う事はないから。
『了解』
(加速し、横へ回り込むように機体を移動させる)

358 :禄存のフェグダ@スカイエンペラーD:04/02/15 02:26 ID:???
>>348
速い…!
(振り返り…攻撃が来襲。片方は避け、もう片方はシールドで受け流す)
よっぽどぉ、
(軽く舌打ちをしてカレイドスコープを構え、接近)
死に急ぎてえようだなぁ!
(フェンリルの直前で飛び上がり見えない天井を蹴る様な動きで上から斬りかかる)
(ちなみにスカイナイトの方はチャリオッツの方を攻撃している)


359 :邪黒の猛者@砲撃潜水艦 ◆eAwRb9qzdQ :04/02/15 02:27 ID:???
(海底に沈み……)

……やり過ごしたか?(小声で)
副長「どうでしょう……禄存のフェグダは切れ者ですから……(こっちも小声)」
…………ああ、あいつが仕切っているなら上は何とかなるだろう……(ピキ――ン)……何人か、落とされたのか……(こめかみを抑えつつ小声で)

360 :ノッカー隊:04/02/15 02:30 ID:???
>>345
(攻撃すら見えないかのようにそのまま突っ込んでくる。かなりの数が爆発するが、すぐさま中身のMSが飛びかかる)
(MSは完全に足止めに徹しており、その間に無事なタイヤは敷地内への突入を図る)

361 :イーグル=ザラ@リバウェ:04/02/15 02:30 ID:???
>357
ちっ。
やりづらい事この上ない相手だな。
(接近を諦め、大型BRを再度
 腰裏ラッチから取り出す)

362 :ノッカー隊:04/02/15 02:32 ID:???
>>354>>356
(射撃をシールドで防御するが、そこで動きが止まってしまう)
「あいつは一体なんなんだ?」


363 :適当な教官@スーパーガンダム ◆0zlkQsNXAo :04/02/15 02:32 ID:???
>345
お〜、頑張ってる頑張ってる。
今度単位あげよ。





覚えてたら。

>360
でまぁ、やっぱり仕事はあるわけで。
(抜けてきたタイヤをロングライフルで狙撃していく。
 しかし、流石に数が多い・・・)

364 :フルフェイスメット@レオン:04/02/15 02:33 ID:???
>361
(その大型BRと、メインカメラ目掛けてビームガンが飛ぶ)


365 :メガネをかけた生徒@フェンリル&チャリオッツ:04/02/15 02:35 ID:???
いまさらですが>>337は店長です

>358フェクダ
死に急ぐつもりも殺し急ぐつもりもねぇ!
(アンサラーを腰に戻し、ビームソードをシールドから抜刀
 そのままスカイエンペラーと切り結びつつスロットルオン
 強大な推力で押し戻そうとする)


(其の間もチャリオッツはかわし続ける
 通常ならとっくに破壊されているはずのそれは未だに攻撃をかわし続けていた
 ショウ・マツシタの戦闘データを移植されたが故の回避能力)

366 :イーグル=ザラ@リバウェ:04/02/15 02:35 ID:???
>364
やっぱり。
武装を狙ってくるんだな。
(高度を下げて、攻撃を回避し
 海面スレスレで高度を維持し
 大型BRを打ち込んでいく)

367 :レオニード隊:04/02/15 02:36 ID:???
>>362
はこちらですので…

368 :フルフェイスメット@レオン:04/02/15 02:38 ID:???
>366
(フィールドを展開して攻撃を防ぐ)

どう、相手の動き?
『初期と比べて大きな差はありません』
そう……じゃあもう少しこのままね。

(後ろから安全高度で追尾しつつ、ビームガンを打ち込む)

369 :浅黒い3連星@ドワッジ改・改 ×3:04/02/15 02:38 ID:???
>360
オ「数が多いわ!」
マ「あたしたちだけじゃ、止められないわよ!」
ガ「泣き言言ってもしょうがないじゃない! やれるだけやるわよ!」

オ「ああ、こんな時、イーグル様がいれば……!」

(でもその「イーグル様」はすでに出撃して海上で戦闘中w)

(泣き言をいいつつも、なおも奮戦。3人で防げるほぼ最大の面積をカバーし続ける。
 しかし、多勢に無勢は否めず、全ては防げない……)


370 :邪黒の猛者@砲撃潜水艦 ◆eAwRb9qzdQ :04/02/15 02:40 ID:???
……あ、あの人たちの事を忘れていたのだ。
<艦内放送>
『先生方、お願いします!』(それと同時にMSデッキがスタンバる)

371 :神経質な候補生@クインマンサ:04/02/15 02:40 ID:???
>360
(展開していたファンネルを全て集結させる)

そうやって変なタイヤを転がり込ませて、なんだってんです!

(拡散ビーム砲を連射しつつ、近いタイヤにはファンネルを放つ)

372 :刀女@Gセイバー地上戦ホバーモード ◆0A4b0vnAIg :04/02/15 02:42 ID:???
>362
光学迷彩のようだが・・・私は知らん!
(狙いを定め、ビームライフルを連射する)



373 :禄存のフェグダ@スカイエンペラーD:04/02/15 02:42 ID:???
>>365
…言ってろ。
(こちらも推力全開で持ちこたえようとしつつ…カレイドスコープの端子をジェネレーター直結端子に接続する)
自分の推力で…真っ二つになれやぁ!
(カレイドスコープ(3本ともまとめてある)のビーム刃の大きさ、密度が共に大きく増大する)
(フェンリル自身の推力で押し付けられ、フェンリルのビームソードが急激に侵食されていく…)

374 :種馬の娘@Z+A1 ◆eAwRb9qzdQ :04/02/15 02:44 ID:???
ああもう!(両手に90mmマシンガンを構えてノッカーたちを潰している最中。でも結構抜かれている)

375 :武曲のミザール ◆RED/7.KeZA :04/02/15 02:44 ID:???
>370
「……養成所に、回線を繋げるか?
 この付近まで呼び出してもらいたい相手がいる」

『へえ、ようやく決心が着いたんだ。
 昔の弟弟子を殺す決心が……』

「……そうだ。
 私の復讐の為に、避けては通れない事」

【暫しの瞑目の後、はっきりとした口調で言う】

「ガリアス・ラーベイトを呼び出してくれ。
 これが私の、最後のガンダムファイトだ」

【それだけを言い残し、MSデッキへとマコトは走り出した。
 かつては弟のように慈しんだ相手を、自らの手にかける為に】

『それじゃあ、僕は留守番していようかな。
 ああ、君たちの邪魔はしないよ。そんな事したらミザールに迷惑が掛かるからね』

【クルー達をからかい、空いている座席に無造作に腰を掛けた】

376 :ついてない男@RGM−196IKC ◆NrScghljNI :04/02/15 02:47 ID:???
おうおう!団体でご登場とは景気が良いじゃねえか?
(格納庫から出るとタイヤにジムライフルの銃身の下に装着したグレネードランチャーからグレネードをを撃ち込む。
そしてノッカー達にライフルを撃ちまくる)

377 :邪黒の猛者@砲撃潜水艦 ◆eAwRb9qzdQ :04/02/15 02:49 ID:???
>375
……分かった。(通信士がメッセージを送る)

(MSデッキでは、武曲のミザールが機体に入ったのを確認して整備兵が退避、注水開始)

『ちょっとカタパルトが開けないんで、上部ハッチ開いたら自力で出てください』

>アフランシ
…………後で、回収を手伝ってもらうかもな……(手伝って欲しくないと言うのが見え見え)

378 :爽やかな春風:04/02/15 02:51 ID:???
風が……震えている……?

(何かを感じ、外に呆然と立ちつくしている。
 青く広大な海の上に浮かぶ空を見上げながら、小さく首を振る。)

そんなはず……ありませんよね。

(風に靡いたローブと共に格納庫の入り口から養成所へ戻る。)

379 :ノッカー隊:04/02/15 02:53 ID:???
(養成所の敷地内へ突入したタイヤや中身のMSは傍若無人に養成所中を走り回っている)
(不思議なことに、攻撃を仕掛けられるまでは特に何もせず、走り回っているだけなので、楽といえば楽ではある)
(そのサイズの差から建物の隙間に隠れたりと厄介なものの、養成所の精鋭の前には力が不足すぎた)
(完全に足が止まってしまったタイヤが自爆する。3機がかりでMSに取り付こうとするが、まとめて撫で斬られている…全滅は時間の問題であった)


380 :メガネをかけた生徒@フェンリスウールブ:04/02/15 02:55 ID:???
>373フェクダ
何度でも言ってやる…俺は…
(ビームソード『フラガラッハ』の出力がさらに上がる
 ザンバーモードに移行――だが届かない)
(PBシールド展開、切り結ぶ2つの剣に押し付け、そのまま拮抗させようと)
誰も殺さず…俺も死なない
(そのまま押し込む…!!

381 :適当な教官@スーパーガンダム ◆0zlkQsNXAo :04/02/15 02:56 ID:???
>379
今日は相手がパカスカ当たってくれるから楽だなぁ〜〜。
いつもこうなら良いのに・・・。


さて、と。
この程度じゃ終わらないよなぁ〜。
次はどの手でくるんかねぇ?
(ロングライフルを冷却モードにする)

382 :武曲のミザール ◆RED/7.KeZA :04/02/15 02:56 ID:???
>377
「了解した」

【通信士の要請に頷き、精神を鎮める為に再度瞑目する。
 その出で立ちは、父親である東方不敗と同じ服装。
 そこに、何か想うところがあるのだろうか―――】

>アフランシ方面
【一見、無邪気な微笑みを浮かべて頷く】

383 :イーグル=ザラ@リバウェ:04/02/15 02:57 ID:???
>368
あと一発しかないが。
仕方ない。
カームプログラムスタンバイ。
(大型レールガンを構えて
 攻撃を回避していく)
レディ・・・GO!
(相手の一撃をかわすと同時に
 引き金を引き絞る。
 高電力でかなりの速度を得た
 たった一つの弾頭が
 相手に穴を穿つべく、飛び向かう)

384 :武曲のミザール ◆RED/7.KeZA :04/02/15 03:00 ID:???
>378
【養成所に戻ったガリアスに告げられる、彼宛の通信の内容。
 彼を名指しで呼び出すその文面の最後には、こう記されていた】

「マコト・クロス」

【武曲のミザールとしてではなく、かつての同門として。
 彼女は、彼を呼び出したのだ】

385 :フルフェイスメット@レオン:04/02/15 03:02 ID:???
>383
『加速します』
えっ? ちょっ、まっ…

(言い終わる前に機体が急激に加速し、すれすれの位置でレールガンを回避していく。)

対応G、どれだけオーバーしたと思っ……
『パイロットの安全を最優先します』
……そうだったね、ごめんね。

386 :禄存のフェグダ@スカイエンペラーD:04/02/15 03:04 ID:???
>>380
……!
(意地になったかのように対抗して押し込む)
誰も殺さず、か…何も背負う気の無い、その程度の温い覚悟で済ませられるような奴に…
負けるかよ!!



387 :イーグル=ザラ@リバウェ:04/02/15 03:04 ID:???
>385
ちっ。
かわされるとは
思わなかったな。
こりゃ、持久戦かな。
(加速して、相手に向かって行く)

388 :店長代理シスクードSIN ◆ObktDlQumA :04/02/15 03:04 ID:???
>379ノッカー
…手ごたえがなさ過ぎる…なんだこの違和感は…くっ!
(手近な一機をサーベルでなぎ払う)

389 :レオニード隊:04/02/15 03:06 ID:???
>>372
「このままでは埒があかん。散開!」
(3方向に別れ、交互に攻撃しながら接近。BRの攻撃は結構器用に避ける)

390 :ついてない男@RGM−196IKC ◆NrScghljNI :04/02/15 03:07 ID:???
ぶへぇ!?
(直ぐ側でタイヤが爆発、モロに爆風を食らう)
クソ!アラートが煩い!
(悪態つきながら素早くチェック・・・・・右脚部の膝の関節が損傷してる)
足か・・・・・まだまだやれる!
(右膝をつきながらグレネードを再装填、、発射する)

391 :爽やかな春風:04/02/15 03:10 ID:???
(格納庫に戻った彼の目に入ったのは自分の機体…ゴッドガンダム。)

………整備、しましょうか…

(何かに引き寄せられるように機体へと乗り込む。
 なにやら整備班が騒いでいたが、気にすることは無かった。
 ……やがて…近寄ってきたある整備班からその名を告げられる。)




…マコト……クロス……!?
分かりました。
(そして、指定された場所を確認する。)
ゴッドガンダム…出撃します!!
(外へ出てゆく。しかし……広がる海はより広大に見えた。)
この距離じゃ……いや。風雲再起!!

(格納庫から呼び出し跨ると、颯爽と上空へ駆けて行く。)

392 :フルフェイスメット@レオン:04/02/15 03:11 ID:???
>387
どう、勝算は?
『50:50、敗北回避のみに限定すれば90です』

(身軽な動きで距離を離し、距離を離してはビームガンを撃つ事を繰り返す。
  確実に狙った攻撃ではないが、当たれば損害が出るような場所へ打ち続ける。
  鬱陶しい事この上なく、しかも一向に動きに鈍りが出ない)

393 :イーグル=ザラ@リバウェ:04/02/15 03:13 ID:???
>392
やっぱり、持久戦か。
(相手の攻撃を最小限の動きでかわしていく
 こちらの致命傷になる場所ばかりを狙ってくるので
 逆によけやすくもある。
 そして、こちらは散発的に大型BRとビームガンを
 打ち込んで、相手が常にIフィールドを
 張っている状態を作る事に専念する。
 相手のEN切れを待つ算段だ)

394 :武曲のミザール ◆RED/7.KeZA :04/02/15 03:14 ID:???
【一連の戦闘からは少し離れた場所。
 かろうじて地図にその姿を記す程度の、平坦な無人島。
 そこに、紫の鬼神は悠然と佇んでいた】

>391
「来たね、ガー君……」

【姉弟子だった頃の表情が、一瞬だけ垣間見える】

「私はここだ。
 ガリアス・ラーベイト、お前にガンダムファイトを申し込む!!」

395 :メガネをかけた生徒@フェンリル&チャリオッツ:04/02/15 03:17 ID:???
>386フェクダ
……覚悟はあるが何かを背負ってるわけじゃない…けどな
俺はあんな理不尽な死を
(脳裏に写るのは地獄絵図
 かつて彼が住んだ、今は其の存在を抹消された町が、全てを失ったときの風景)
…いや、死そのものを感じるのが
(フェンリルが、穏やかな、それでいて燃えるような光をほのかに帯びる)
嫌なだけだ―――!!
(ビームソードの光がさらに大きくなる、まるで敵の剣ごと断ち切らんばかりの勢い)

396 :凍てつく嵐@ゴッドガンダム:04/02/15 03:18 ID:???
>394
ま、マコトさん……

(上空からその姿を確認すると、対峙する位置へと舞い降りる。)

……ガンダムファイト……で、でも……私は……

(躊躇いの表情が伺える。誰もが甘いと思えるほどに……戦意が無い。)

397 :帽子を被った整備班女生徒:04/02/15 03:18 ID:???
(その頃養成所の格納庫では・・・)
あ〜〜〜もうっ!わたしが行かなきゃなんないのよ!!
離せってば!!
整備員A「ダメだって!パイロットじゃないんだから出なくて良いの!」
整備員B「そうそう。大人しく帰りを待ってた方gゲシッ(顎にこぶしがめり込む)」
うっさい!なんか厄介な相手に苦戦してるみたいじゃない!!
わたしが助けに行くの!
そうすれば二人の愛の力でどんな相手だって!!
整備員C「今度出ようとしたら止めてくれって頼まれてんの!
      このまま行かせたら、こっちがどやされる」
整備員D「お願いだからじっとしてて!」
(その後もなんやかんやとやっていたが、流石に大の男が四人相手では強行突破も出来なかった)

あーーーーーっ!負けたら承知しないかんね!!

398 :刀女Gセイバー地上戦ホバーモード ◆0A4b0vnAIg :04/02/15 03:19 ID:???
>389
散開した?これ以上はきついか・・・・・・・
ライフルの残り・・・25%・・・・・・撤退するか。
(ビームを避け、ビームライフルで牽制しながら戦闘エリアから離脱しようとする)

399 :フルフェイスメット@レオン:04/02/15 03:21 ID:???
>393
(可能な限り避けつつ、危険な場合はフィールドを展開して防御していく)
相手のEN残量は、どれ位?
『想定不可能です』
そう……

400 :イーグル=ザラ@リバウェ:04/02/15 03:23 ID:???
>399
ちぃ。
そうそう上手くはいかないか。
(大型BRの高出力ENを交換する)

401 :フルフェイスメット@レオン:04/02/15 03:26 ID:???
>400
!!
『レディ』
(カートリッジ目掛けてビームガンを放つ)

402 :武曲のミザール ◆RED/7.KeZA :04/02/15 03:27 ID:???
>396
「何を腑抜けている。
 お前は私を連れ戻しに来たのだろう?
 その機会を与えてやろうと言うのだ、少しはやる気を見せたらどうだ」

【語調はあくまで辛辣。だが―――】

「このファイトで私が勝てば、お前はすぐにでもネオジャパンに戻れ。
 私が負けたのなら―――今一度、お前の姉弟子として、犯した罪の裁きを受けよう」

【ラークシャサが、降り立ったゴッドガンダムに向けて静かに構えを取る】

「さあ、私を失望させるな。
 この三年間、お前が何処まで強くなったか、この私に見せてみろ!」

【―――だが、どうしてこんなにも嬉しそうなのか】

403 :イーグル=ザラ@リバウェ:04/02/15 03:28 ID:???
>401
そうやって。
そういうところばっかり
狙ってくるんじゃ
むしろ避けやすいよ
(上昇し、あっさりと避ける)
さてと、向こうはあと
どのくらいもつのかな。
(大型BRを連射していく)

404 :凍てつく嵐@ゴッドガンダム:04/02/15 03:31 ID:???
>402
(呆然と立ち尽くしたゴッドガンダムに微かに闘気が宿る。)

……………………………………

【私の役目は……貴方の目を覚まさせる事……
 それだけだったはず………!!】

マコトさん……一つ約束できない事があります……

(構え……静かに口を開く。)

405 :武曲のミザール ◆RED/7.KeZA :04/02/15 03:35 ID:???
>404
「言ってみろ」

【こちらはあくまで悠然とした構え。
 半身になり、右手の拳を胸元に、左手の拳を緩く前に出した姿勢】

406 :凍てつく嵐@ゴッドガンダム:04/02/15 03:38 ID:???
>405
貴方が心を取り戻してくれない限り……この命尽きる時まで貴方を追い続けます…!!
絶対に……!!

(負けるときは死すら意味する……それを彼は覚悟しているのだろう。)

……レディー!!

407 :フルフェイスメット@レオン:04/02/15 03:38 ID:???
>403
残量は?
『ノープロブレム、問題ありません』

相手が無くなる頃合は……解らないんですよね。
……なら現状維持を最優先。

(至って疲れも見せてない様子で支持を出す。
  結局、動作の殆どをレオンに任せている為、殆ど疲れない)

408 :イーグル=ザラ@リバウェ:04/02/15 03:40 ID:???
>407
あ。
もう、めんどくせ。
普通に考えれば、スラスター方向から
こっちが前進するほうが早い。
接近開始するか。
(大型BRを連射しながら
 フルブーストで接近していく)

409 :フルフェイスメット@レオン:04/02/15 03:42 ID:???
>408
(平気で背を向けて加速する。
  BRはフィールドではじきつつ、特に速度を落とす様子は無い)

410 :適当な教官@スーパーガンダム ◆0zlkQsNXAo :04/02/15 03:43 ID:???
本命来ないなぁ・・・それとも無いかぁ?

しゃーない、まだやってる連中助けるかね。
あっち(メガネVSフェグダ)は巻き込みそうだなぁ・・・。
を?あっちならいいかねぇ?
(イーグルVSレオンを見つけ、レオンに対して遠距離からロングライフルで狙撃)
味方当たるなよ〜〜、当たったら単位取り消し〜〜。

411 :イーグル=ザラ@リバウェ:04/02/15 03:43 ID:???
>409
(そのまま連射しながら追撃していく)

412 :武曲のミザール ◆RED/7.KeZA :04/02/15 03:44 ID:???
>406
「……Go!!」

【一瞬だけ、表情が揺らいだ。
 だがそれも、まさに一瞬のみの話】

「来い。
 この世には、想いだけではどうにもならない実力差がある事を教えてやる」

【冷徹な態度と共に、ラークシャサはゆっくりと挑発するように、ゴッドに向け手招きをして攻撃を促した】

413 :禄存のフェグダ@スカイエンペラーD:04/02/15 03:44 ID:???
>>395
(一瞬、フェンリルを包んだ光に押されるような感覚を覚える)
NT…人と人とがわかりあう力…時に自分の力を越える能力を与えるとも言われる力…
苛つく。
そんな力なぞ認めない。そんな力が――


「気持ちは分かるけど…やっぱり無茶だよ」
「ホットシタ。ショセンハデキモシナイユメバカリミテイル―」

(一瞬、二つの言葉が一つに重なったヴィジョンが放たれる)
…潰す。潰してやる。


「ずっと追いかけてたんだ、」
「ズットニクンデタンダ、」

(ヴィジョンは爆発音と共に掻き消えた)
しまっ…過負荷かぁ!
(ジェネレーター直結によって供給されるエネルギーに耐え切れなかったカレイドスコープが爆発したのだ)
…だが、まださな!
(空中で跳ねるように距離をとり、BRを乱射しながらISを回収、BSを抜いて再度突撃する)
俺の贖罪の為に死ねぇ!

414 :フルフェイスメット@レオン:04/02/15 03:47 ID:???
>411
うーん、しつこいなぁ……
『想定範囲内です』
(後ろ目掛けてビームガンを軽く撃つ)

>410
他の機体……問題は?
『回避しつづけている限りは』

415 :イーグル=ザラ@リバウェ:04/02/15 03:49 ID:???
>410
ん〜。
教官か。
(通信)
教官。あと、任せます。
なんか物静かな教官がダメなんで
回収して帰りますので。
(そして、物静かな教官機を回収して
 養成所に帰っていく)

416 :イーグル=ザラ@リバウェ:04/02/15 03:50 ID:???
>414
(シールドで防いで、あとは放置)

417 :凍てつく嵐@ゴッドガンダム:04/02/15 03:52 ID:???
>412
GO!!!

【確かに今のままじゃ……マコトさんには敵わない……しかし…!!
 私の拳の一撃一撃に……あなたは応える……!!それが……勝負!!
 それが………拳で語るという事……!!
 届け……俺の拳!!】

はぁぁぁぁぁぁ!!

(真正面から突っ込んでゆき、胸元に向けて突き出される拳。
 一見普通の攻撃かと思われるが、攻撃の瞬間踏みとどまり、バランスを崩さないようにしている。
 勢いを止めた分威力は多少下がるとも、攻撃後の隙は少ない。)

418 :適当な教官@スーパーガンダム ◆0zlkQsNXAo :04/02/15 03:52 ID:???
>415
(通信)
はぁっ!?
こらまて、ちゃんと責任とって最後まで・・・・。

通信切りやがった・・・覚えてろ〜〜〜。

>414
こっちはこっちで簡単に避けるし・・・。
んなろーーーっ!!
(滅茶苦茶にロングライフルを撃ちまくる)

419 :フルフェイスメット@レオン:04/02/15 03:53 ID:???
>416
よし、追撃。
『了解しました』
(押されたら退くが、退いたら押す。
  逃がさない程度に近づきつつ、ひたすら打ち続ける)

420 :フルフェイスメット@レオン:04/02/15 03:54 ID:???
>418
つ、追撃中止!
『ターゲットを移行します』

こんなやたらめったら撃たなくても……
(ロングライフルをややオーバー気味に避けていく)

421 :武曲のミザール ◆RED/7.KeZA :04/02/15 03:55 ID:???
>417
【ユラリ、と上体が揺れる。
 紙一重で拳は空を切り、かわされる】

「……」

【次を待っているのか。
 敢えて何も手を出さず、ラークシャサはその場に留まり続ける】

422 :メガネをかけた生徒@フェンリル&チャリオッツ:04/02/15 03:56 ID:???
>413フェクダ
(ヒトの革新としての力か、その『想い』を心で受け止める)
それが……シュリミナツキの答えか…よ
…っ!
(距離をとったスカイエンペラーの射撃をシールドで防御
 ビームサーベルをザンバーモードのフラガラッハで受け止め、そのまま押し切ろうと力を込める)


423 :適当な教官@スーパーガンダム ◆0zlkQsNXAo :04/02/15 03:59 ID:???
>420
こういうときは落ち着いて煙草でも・・・。
(ポケットをガサゴソと漁るが、出てきたのは空の箱だけ。
 それを暫し見つめていたが、急に握りつぶし・・・)
もう八つ当たり決定。
せめてストレス発散として綺麗に散れ〜〜〜〜!
(さっきよりも更に訳の解らないタイミングと狙いで撃ちつづける。
 砲身が段々と熱を帯びており、それが危険域に達しようとしている事に気がつくだろうか?)

424 :凍てつく嵐@ゴッドガンダム:04/02/15 04:00 ID:???
>421
はぁ!!

(踏みとどまった足を軸に円を描くように鋭い回し蹴りを放つ。)

425 :武曲のミザール ◆RED/7.KeZA :04/02/15 04:03 ID:???
>424
【スウェーのごとく、体が後方に揺れる。
 またもや、紙一重でゴッドの攻撃は空を切った】

「……っ」

【しかしそれでも、その隙を前にしても、ラークシャサは何も仕掛けない】

426 :フルフェイスメット@レオン:04/02/15 04:03 ID:???
>423
……これって…
『殆ど回避機動を必要としません』
この攻撃、何かしら……?
『理解に苦しみます』

(時々だけ回避するが、だんだんやる気が失せていっている)

427 :通常の名無しさんの3倍:04/02/15 04:03 ID:???
(養成所内での戦闘はほぼ終結しつつあった)
(と、そこへ超低空から高速で接近してくる1機のMAがあった)

「こうして訪れるのも2度目、か」

(そのMAは養成所の機体には目もくれずにタイヤ―ノッカーのみを虱潰しに攻撃し始めた)
(空中と地上の差はあれど、再び駆け回る敵。養成所側も当然反撃するものの、先程の戦闘で弾薬やエネルギーを消費していたこともあり、手傷を負わせるものの、結局は取り逃がしてしまう)


(その際、ノッカーの残骸が数機分持ち去られていたが、戦場の混乱の中で、それに気付く者がいるかどうか…)


428 :凍てつく嵐@ゴッドガンダム:04/02/15 04:06 ID:???
>425
【何を感じているのです……?何を……思うのです…?】
(それでも攻撃は止めない。残像が残るほどの無数の拳を浴びせる。)

ハァァァァァァァァァッ!!

429 :適当な教官@スーパーガンダム ◆0zlkQsNXAo :04/02/15 04:08 ID:???
>426
当たれーーーーっ!避けるなーーーーっ!!
(砲身の過熱を伝えるビープ音が鳴り響くが、全くお構い無しに撃ちつづける。
 そしてその時は訪れた。システム側が強制的に冷却モードに入り、攻撃を取りやめてしまったのだ)
あーーーっ!もうこんなんいらん!
(ロングライフルを投げ捨て、腰からハイパーバズーカを引き抜くと接近しながらまた乱射し始める。
 散弾の有効射程には程遠いのだが・・・)

430 :武曲のミザール ◆RED/7.KeZA :04/02/15 04:10 ID:???
>428
【無数に繰り出された拳。
 それらをマコトは見ていない。
 彼女が見ているのは、感じているのは『風』だけだ】

「無駄だ。柳を風が捕らえる事などできない」

【彼女は柳。
 風を受け流し、風に靡くだけの、柳の枝。
 だが―――】

「この程度か」

【―――柳は時に、風を絡めとる。
 ラークシャサの右手がが、繰り出された拳に連なる手首を絡め取り、そのまま引き込んだ】

431 :フルフェイスメット@レオン:04/02/15 04:12 ID:???
>429
レオン、これは……
『理解不能です、敵の新しい作戦か、もしくは自棄かもしれません』

……もうしばらくこのままで居ようか。
まだ何か自滅してくれるかもしれないし……

(ゆっくり飛んでくる散弾を、ある程度回避しながら傍観)

432 :禄存のフェグダ@スカイエンペラーD:04/02/15 04:14 ID:???
>>422
知った風な口を…それとも…こそこそと覗き見たかぁ?
(サーベルの横腹からぶつけるような形でフラガナッハをシールドで受ける)
Aリアクト起動…この領域なら、最後に勝つのは俺だ!
(腕部を除く増加装甲をパージ、フラガナッハと押し合うシールド部を支点に回転して後ろに回りつつBSで斬りつける)
『能力はほぼ互角のはず…だったら空中戦用のスカイエンペラーに乗る俺が負けるはずなど…!』
(そのまま腰の辺りを掴み、振り向きざまに至近距離からクレイモアランチャーを二発同時に発射)

433 :凍てつく嵐@ゴッドガンダム:04/02/15 04:16 ID:???
>430
くっ……!!

【何故……応えないんです……私は……まだ貴方の拳を見てはいない!!!】

しかし柳は…決して風を裂く事はしない!!

(掴み取られた逆の手で拳を繰り出す。)

434 :適当な教官@スーパーガンダム ◆0zlkQsNXAo :04/02/15 04:18 ID:???
>431
当たらなきゃストレス解消にならないだろうがーっ!!
(あっさり弾切れになったバズーカ。
 そこでサーベルを左手に抜き、飛び掛っていく)


435 :武曲のミザール ◆RED/7.KeZA :04/02/15 04:21 ID:???
>433
「そうだな……」

【引き込んだ手を一転、今度は内へと弾く。
 基本的に拳というものは、円運動の結果はじき出されるものである。
 ならば、その回転に逆のベクトルを加えればどうなるか】

「……だが、お前の拳では私に届かないのも事実だ」

【威力をそがれた拳は空を切り、ラークシャサは再び柳に戻るだけだ】

「実力の差、これでも分からないか?」

436 :フルフェイスメット@レオン:04/02/15 04:24 ID:???
>434
来た!
『やはり作戦だったようですね』

(距離を離して再びビームガンを繰り返しはするが…)

『EN残量が低下中です、撤退を提案します』
もう?
だってさっきはあれほど……
『2機連続で戦闘を行い、さらにはあのような意味不明なパターンを相手にした為
  ENを大幅に消費しました。再度徹底を提案します』

うん、じゃあ撤退しましょう。
回りも味方がへって着ているし……

(背を向けてさっさと逃げていく)

437 :適当な教官@スーパーガンダム ◆0zlkQsNXAo :04/02/15 04:27 ID:???
>436
うりゃーーーーっ!
(思いっきり空を切るサーベル)
は・・・?逃げた?あっさりと?まだ当ててないのに?ストレス解消できてないのに?
もどってこーーーーい!
(バルカンを撃ちまくるがどんな意味があるやら)

438 :凍てつく嵐@ゴッドガンダム:04/02/15 04:30 ID:???
>435
くぅ……っ!!

(放った拳は空を掻き、バランスを崩す。そして……ゴッドは止まる。)

……実力の差……?だから私に帰れと……?

439 :メガネをかけた生徒@フェンリル&チャリオッツ:04/02/15 04:32 ID:???
>432フェクダ
ただ『視えた』、それだけだ!
(其の言葉と同時にスカイエンペラーは視界から消える
 刹那、背中に向けられるプレッシャーを感じ
 左手を背中に回してサーベルを左腕を犠牲にして止める
 ――次の一撃はかわせない―
 その事実に彼は息を呑んで―――決意する)

――死ぬんじゃねぇぞ、お前も、俺自信も――

(―今まで使えなかったのではない、使わなかっただけ
 …それはあまりにも危険で、不確定要素が大きかったから
 最悪意味を持たない可能性もあったのだ、だが
 今はそれしかないと覚悟を決め、コンソールに指を走らせる)

ゼロ――

(ブースターに規定以上の推進剤が投入され、圧縮される
 一瞬の間の後、圧縮された推進剤の全てをブースターに投入し)

――シフト!!

(爆ぜた、背後に放たれたミサイルを衝撃でなぎ払い、フェンリルはまるで狂ったように前進した)

440 :禄存のフェグダ@スカイエンペラー:04/02/15 04:36 ID:???
>>439
しつこいっ!
(BRを構えなおし、後ろから撃ち落そうとするが―あまりに速すぎて追いきれない!)

441 :武曲のミザール ◆RED/7.KeZA :04/02/15 04:37 ID:???
>438
「そうだ。
 叶わぬ願いを追い続けて何になる。
 もう、あの日には戻れないんだ」

【風が止まり、柳はその揺らぎを失う。
 同時に、細かく繰り返されていた無数のステップも止まった】

「諦めて、その首を差し出せ。
 GF国際条約第一条、頭部を破壊されたものは失格となる。
 それでお前の負けは決まる」

【ゆっくりと、黒く輝く右手がゴッドガンダムの頭部に伸ばされる】

「もう……キミが戦う必要は無いんだよ……」

442 :メガネをかけた生徒@フェンリル&チャリオッツ:04/02/15 04:43 ID:???
>440フェクダ
(一瞬で距離を離し、やっとのことで止まると、そのまま空中で旋回する)
―――、――!!
(いつの間にか構えたアンサラーの下部から、実体弾が発射される)

443 :凍てつく嵐@ゴッドガンダム:04/02/15 04:49 ID:???
>441
叶わぬ願い……ですか……
人は幾つ罪を重ね、希望を失うのでしょうね……
……でも……人は人に魅かます。それは……何故……でしょうね?
何故……それに希望を感じてしまうのでしょうね……?

(足掻きはしない。ただ……)

―――――――――――ごめんなさい。師匠……僕も昔の自分ではいられませんでした――

(頭部が熱によって爆発を起こす頃……同時にゴッドが光を放ち、凄まじい爆発を起こす。
 自爆……決して人目の付くことの無い孤立した島で大地を焼き、ゴッドガンダムは残骸を残し砕け散った。)

444 :禄存のフェグダ@スカイエンペラー:04/02/15 04:50 ID:???
>>442
(知らぬ間に、冷静さを失っていた。想定したより僅かに上回る疲労が、ほんの少しだけ反応を鈍らせる)
まずっ…
(そのまま腰部に被弾、ゼロシフトの衝撃をまともに受けたダメージもあったのか、機体のあちこちからレッドアラームが鳴り、ゆっくりと高度を落としていく)

…何故だ。
何故、こうなる。何故、こいつにすら及ばない。
こんなことでは、俺は…
(必死に操作をしつつ繰り返し呟く)


445 :メガネをかけた生徒@フェンリル&チャリオッツ:04/02/15 04:59 ID:???
>444
―――っぁ――
(高度を落とすスカイエンペラーを見ながら小さく声を上げる
 視界は赤く、声も出ない
 そう、ゼロシフトの加速があまりにも激しかったのだ
 カラダはぼろぼろ、意識はすでに途切れ途切れ)
―――
(ふらふらとスカイエンペラーに近づいていき
 

そのまま力なく海面に落ちた)

446 :武曲のミザール ◆RED/7.KeZA :04/02/15 05:00 ID:???
>443
【それは、あまりにも突然だった】

「あ……ああ……」

【思考が、停止する。
 何も考えられない。あるのは、限りない罪悪感のみ】

「ああ……あああ……ガ―――」

【開かれるコックピットハッチ。気がつけば彼女は―――】

「ガー君……御願い、死なないで!!」

【―――ただ、無我夢中でゴッドガンダムの残骸の只中に駆け出していた】

447 :残骸:04/02/15 05:09 ID:???
>446
(その場を見れば一目瞭然と言えるほどに広域に残骸が飛び散っていた…
 大地を焼いた中心に残る残骸の中にも彼の姿はない……


 しかし……その残骸からは彼のローブの内に秘められていた剣……ヴァジュラが覗いていた。
 その剣すらも……真新しい血に汚れていた……。)

448 :黒須真琴 ◆RED/7.KeZA :04/02/15 05:17 ID:???
>447
【その前で、ぺたんと座り込む】

「嘘……だよね?
 ガー君、死んじゃったりなんか、しないよね?」

【ゆっくりと、その刃に手を伸ばす。
 指先に、ぬらりとした感触。血は、確かに本物のようだった】

「嫌だよ……こんなの嫌だよ……間違ってるよ!
 裁かれなきゃいけないのは私なんだよ!?
 どうしてガー君が……どうして……どうして……」

【その手を胸に抱き】

「やだよ……出てきてよ……独りにしないでよ……
 ガー君……御願いだから、もう一度私の前に出てきてよ……お姉ちゃんの前に、出て、きてよ……」

【3年ぶりに、彼女は涙を流した】

449 :禄存のフェグダ@スカイエンペラー:04/02/15 05:17 ID:???
「ご無事ですか?」
(今だ戦場に残っていたレオニード隊がスカイエンペラーを支えた)
…ああ、…
だが、この機体はもう駄目さな。
今からそっちに移る。
(レオニードの一機に移る。スカイエンペラーはそのまま海中に沈み、少しして自爆した)
…これ以上は無理だな。全軍撤退。
「…あの…既に命令どおり撤退していますが…残っているのは我々だけで」
…?…ああ。そうだったなぁ…
(既に出撃前に決めれた時間を越えた後は小隊の判断で撤退していいことになっていたのだ)
『それすらも見えてなかった…!』
「本当に…大丈夫ですか?」
……
『俺は勝ち目のない賭けはしない。そうとも、今回だって無事に帰還できる勝算は十分にあった。…いや、そのはずだった』
『有利な地での戦いで生徒一人にすら勝てないとはねぇ…この程度かよ』
『まだ力が足りない…望みを叶える力が…』
このままでは…俺が…今まで生き長らえてきた意味が…!
(血が出るほどに拳を握り締め、彼は声を殺して泣いた)





450 :メガネをかけた生徒@フェンリル&チャリオッツ:04/02/15 05:22 ID:???
(目を覚まし、何とかフェンリルを動かして地上に倒れこむ)
―――
(まだ声は出ないし、意識もはっきりしない
 ――だがそれでもわかったことが一つ)
―――
(つぶやいたはずだが声が出ないのは仕方ない
 だが口は動いていた
 『まだ強くなりたい』、と)

(そしてそのまま瞳を閉じた)

451 :残骸:04/02/15 05:25 ID:???
>448
(剣は不気味に輝く……剣は全てを知っていた。
 彼と共にいた……しかし、剣は決して語らない……。何も…。
 上空から降りてきていた風雲再起も何処か悲しそうに首を項垂れ、低く鳴いた。)

452 :武曲のミザール ◆RED/7.KeZA :04/02/15 05:37 ID:???
【虚ろな目のままに、マコトは立ち上がる。
 幽鬼の如き歩みで、ラークシャサへと戻っていく】

「私が……私が殺したんだ……一番大事な人を……殺しちゃったんだ」

【ゆえに彼女は気付かない。
 そのコックピットから伸びる、無数の触手が彼女の体を絡め取ったことにも。
 そこから、銀色の細胞が肢体を侵食し始めたことにも】

「そうだ……いつも私が悪いんだ……なのに、人のせいにばかりして……」

【瞳を閉じ、触手の群れを受け入れるマコト】

「こんな私、いなくても、良いよね?」

【マコトを取り込んだラークシャサは、既に異形と化していた。
 全身から、新たな細胞が湧き出るように生まれ、別の形へと変化を遂げていく】

「―――」

【これが、新たなデビルガンダムの誕生の瞬間だった】

453 :風雲再起:04/02/15 05:44 ID:???
>452
(異形のラークシャサを見るなり、高く鳴き声を響かせると上空へと駆け、姿を消す)

454 :生体兵器・アフランシ ◆RED/7.KeZA :04/02/15 05:46 ID:???
「ハハハハッ……さあ、悪魔の誕生だ。
 少し予定は早まったけど……DGの巫女として、マコトは十分に成長してくれた」

【いつの間に、潜水艦から抜け出したのだろうか。
 彼専用の紅いザンスパイン・ユスティーツァに乗り、アフランシは地上で進化を始めるDGを見下ろしていた】

「こんな事なら、3年もかけた回りくどい工作なんてしなくても良かったかな?
 それにしても脆いねえ……たった一人の死が、彼女をここまで追い詰めるなんて。
 お陰で、マコトも巫女として完成してくれたけど、少し期待はずれだったよ、ガリアス・ラーベイト」

【その間も、ラークシャサはDGとしての成長を止めない。
 絡み合う無数の触手が新たな腕となり、翼となり、脚となる。
 それは美しき醜悪。
 怪異にして美麗なる、蠅の王】

「さあ、大願は果たされた。
 存分に暴食するが良いっベールゼバブ!!!」

【「暴食」を司る悪魔の触手が、付近の生命を喰らうべく一斉に触手を海中へと投げ放った】

455 :刀女Gセイバー地上戦ホバーモード ◆0A4b0vnAIg :04/02/15 05:53 ID:???
>454
そこの機体、何所のしょぞ・・・・
(養成所への帰路で探知した機体、誰何しようとして成長するDGを目撃する)
な、何なんだ・・・あれは

456 :怪異なる蠅の王 ◆RED/7.KeZA :04/02/15 05:55 ID:???
【やがて、増殖を止めたDGは、その体を海へ沈ませていった。
 行く先は、誰にも分からないだろう。
 だが、既にそれは定まっている。
 コアであるマコトの心に残る、思い出の地】

「―――」

【即ち、ギアナ高地】

457 :生体兵器・アフランシ ◆RED/7.KeZA :04/02/15 06:00 ID:???
>455
「ああ、僕はアフランシ。
 埋葬船団のエージェントさ。
 さあ、この素晴らしき誕生劇の目撃者たるキミよ、今すぐNZに、企業に報告したまえ。
 その為だけに僕はキミを生かしておいてあげるよ―――じゃあね♪」

【3基のミノフスキードライブユニットが生み出す超高速のままに、その真紅の機体は飛び去っていった】

458 :刀女Gセイバー地上戦ホバーモード ◆0A4b0vnAIg :04/02/15 06:18 ID:???
>457
アフランシだと?
待て!アレは何なんだ!?
(問いただそうとするが既に真紅の期待は飛び去っていた)
な・・・・・・
・・・・・・・戻らなければ・・・・
(自分の今できる事・・・養成所に戻り、報告する事を思い出し急いで養成所に戻っていく。
数時間後、養成所に帰還した雪風は所長に報告した)


459 : ◆DkiyhL22xI :04/02/15 07:36 ID:???
(翌日、養成所敷地内の病院は大急がしであった。
 物量とはそれその物が強力な武器となる、
 倒しても倒しても襲いかかるタイヤに手間取り、恐慌をきたし、
 負傷した者が大多数居た為だ。

 そして、ここは病院の個室、今ここには一人の重体患者が
 運び込まれている、養成所では物静かな教官と呼ばれる男だ。
 昨日の戦闘中のトラブルにより乗機が海中へと墜落。
 養成所の生徒イーグル・ザラの手によって回収されたが、
 既にコクピット内には海水が入り込んでいた。
 そして彼は今


 意識不明の重体である。
 ……そう…何があったかを知る由も無く、眠り続ける………)

460 :副官@ブラック・ウィドウ:04/02/15 08:32 ID:???
 ・・・・・・これはどうにも・・・・・・
 
 懐かしいものを、見ちゃいましたねえ。
(転生せる魔神、そして道化が去った後。
 漆黒の機体が・・・・・・ 
 ゆるゆると、姿をあらわす。6本の脚、2本の腕を持つ、
それはさながら毒蜘蛛のごとき姿をしていた。
 試製ミラージュ・コロイドシステム、そして感応波遮断システムを
併用することにより、文字通りこのMSはこの世から存在そのものを
抹消することができる。・・・・・・もっとも、ミラージュ・コロイド
生成能力に安定性を欠くため、戦闘機動を行えばその隠形は一瞬で
途切れてしまうのだが)
(戦闘への参加が遅れたが故に、他の生徒の状況確認に専念していた
彼女は、偶然とはいえこの光景を目撃した事に・・・・・・
 
 奇妙な喜びを、憶えていた)

 流派東方不敗・・・・・・堕ちましたか。
 なら・・・・・・
 容赦、する必要、ないわけですよねぇ・・・・・・

 そして、あの「赤」。
 あの男,犬神狂介の言っていた「魔王子」アフランシ・・・・・・

 報告もの、ですかねぇ。
 ・・・・・・勝てるかな?
 ちょっとムリかも。
 でも、そういうのをひっくり返すのが・・・・・・
 楽しいんですよねぇ。 
 それこそが戦争の醍醐味・・・・・・。
 そうでしょう?



461 :副官@ブラック・ウィドウ:04/02/15 08:34 ID:???
 どうしたものだか・・・・・・

 鍵はいくつか。
 その内のひとつは・・・・・・
(残骸を、見据える)
 ガリアス・ラーベイト・・・・・・
 そして・・・・・・
(養成所の方向を振り返る)
 よみがえったもう一人の魔王。
 最後に・・・・・・
(何処でもなく、ただ、空を見る。いや、空と大地の間に
見えずともある、風を見ているのだ。空にたなびく暗雲によって、
遺灰のごとくにそまった疾風を)
 傷ついた灰色狼。
 獣は・・・・・・傷ついても。
 生きている限りは獣・・・・・・ 
 しょせん、そういうもの。
 そうでしょう?

 おそらく・・・・・・誰も望んじゃいないでしょうね、あたしが
このゲームに首を突っ込むなんてことは。

 でもねぇ・・・・・・かつて魔王を知ったものとして。
 そして、なにより・・・・・・敗北に限りなく近いものを与えられた存在に。 
 なにもしないわけ、行かないじゃないですか。
 女の恨みは・・・・・・怖いんですよ?
 貴方も女。それはわかるでしょう?
 流派東方不敗の女・・・・・・あたしはあたしに打てる手を、
打つだけ。

 戦い、戦い・・・・・・結局、あたしは、それが好き。
 いえ・・・・・・むしろ,悲劇が好き?
 どっちだって構わないけれど。せめて、役者を増やしましょう。
 それを望む人たちを、戦いに導く為に。
(呟くと、4基の巨大なスラスターを噴射。モビルアーマーへと変形し、
一息に養成所へむけ空を駆けて行く・・・・・・)
 

462 :グェネビア:04/02/15 08:56 ID:???
(暗闇の中、ひとり、呟く。
 ここは彼自身の体内。厳重な封印が施された「グェネビア」のコクピット内部。
彼は気付いていた。世界の揺るぎを。新たなる同属の誕生を)
・・・・・・
また、「生まれた」んだね・・・・・・
自分を憎んで、嘲って・・・・・・泣きながら。
コア・・・・・・だね。彼女は自分を捨てた・・・・・・
僕のもう一人の現身・・・・・・
戦わなきゃ、いけない?
僕が僕である為に・・・・・・
あれが厄災を引き起こす事。それだけは・・・・・・・
絶対に、防がなきゃ・・・・・・・
誰かが死ぬのも・・・・・・誰かが傷つくのも、ごめんだ・・・・・・。
「もう、繰り返させない。この世界の人に迷惑をかけさせるわけにはいかない」
一人、呟く。


463 :通常の名無しさんの3倍:04/02/15 12:36 ID:???
(元々、人望に乏しかった一匹狼なちんぴら系エース生徒がいたのだが、
前回の戦闘に巻き込まれて両手を負傷、そのせいで愛機のアビジョ・
カスタムを操縦できなくなってしまった為…アビジョの引継ぎを済ませたら
戦艦要因側の課に行く事にしたようで、その旨と期日を掲示板に紙に記し、
掲示板に張っておいたのだが…その生徒、かなり悪名高いので殆ど
新入生クラスしか集まらないという現実があったりする。)

464 :赤毛:04/02/15 12:41 ID:???
>463
 あびじょぉ?
(掲示板を読んでいる)
 
 なんていうかもったいないような、微妙なような・・・・・・・

 ま、あたしはヴェルトロあるからいいけど。欲しがる奴いるの?

465 :茶髪:04/02/15 12:44 ID:???
>464
………正直、アビジョよりはM1の方が安定してて使いやすそうだけど…。
ジムとかに乗ってる人は欲しがりそうだよね。
(暴言もいいところである。…まだ車椅子状態だが授業は受けてる様子。)

466 :子連れ:04/02/15 12:44 ID:???
>463
(いつもの射撃訓練を終えて掲示板を見る)
あびじょ……って何だっけ?


でも、僕には関係ないかなぁ……

467 :ふくかん:04/02/15 12:47 ID:???
>466
ω・) つかいやすいといえばつかいやすいけどぶきがへぽきーなのです。

ミ サッ

(なにしにきたおまえ)

468 :朱い月の魔女 ◆MOONewb5Yo :04/02/15 12:49 ID:???
>463
「アビジョ。
 何ともアクの強い機体を……」

【エアロビ帰りに立ち寄ってみた。
 因みに中佐以上の階級の連中は、DGが新たに現れたとの報告への対処の為、緊急会議を行なっている】

469 :子連れ:04/02/15 12:49 ID:???
>467
武器がへぽきですかぁ……
うーん……でも、ジムよりは強いんだろうなぁ……
ねぇケイト、どうしたらいいと思う?
(無言で子連れの髪の毛を二、三本抜く)
いだだ、嫌なのかい?
そりゃとてもザクとかジオン系とはいえないけどさ

470 :茶髪:04/02/15 12:52 ID:???
>466
……本来は偵察用として開発された機体で、ステルス性が高い反面ビーム兵器は
搭載していないけど索敵用として頭部に高性能センサーを採用してる…
搭載されている小型のジェネレーターを殆ど移動に使用してしまう為、
高火力な武器を使用出来ないって感じの機体だね。武器のニードル・ガンは
攪乱と陽動と言う目的は、充分に果たせるけど。

…参加してみるのも良いかもよ。ジム系から比べれば性能は段違いだし。

>467
……まぁ、それも問題ですよね…。

>468
…そちらも随分と大変そうですね…。

こっちも教官にアポトーシスプログラムの予備組んでおくよう
いわれちゃいましたよ。…言われる前から完成させてましたけど。
抗体持ってる可能性もありますし、通じるかは未知数ですけどね…。

471 :子連れ:04/02/15 12:55 ID:???
>470
………………難しい事知ってるねぇ(滝汗)

うっし……僕も男でパパだ。参加してみよう!

472 :グェネビア:04/02/15 12:55 ID:???


悪寒が・・・・・・・
あったかくして寝ようっと。
(微妙に夏風邪ぎみのぐぇねびあなのである。
 もうじき秋・・・・・・)

473 :茶髪:04/02/15 12:58 ID:???
>471
…そう?

頑張ってね。後4時間で始まるみたいだから。


474 :朱い月の魔女 ◆MOONewb5Yo :04/02/15 13:00 ID:???
>470
「ええ、大変ですよ。
 流派東方不敗の元後継者、しかもあのマスターアジアの実子。
 その上女性ですからね。
 MFとしてのDGにとって、最高のコアでありGFでもあるわけで……。
 最上級のコアを手に入れたDGが、どんな進化を遂げるかは誰にも分からない状態です」

【幾分青ざめた表情で】

「こちらから手出しが出来ない以上、警戒しつつも普段と同じ日常を過ごすしかないんですよね」

【苦笑しながら、小さめのドラムバッグを軽く持ち上げて見せる】

475 :子連れ:04/02/15 13:00 ID:???
>473
うん。
色々教えてくれてありがとね
(両手で茶髪の手を取ってぶんぶんと感謝の意を示す)

476 :茶髪:04/02/15 13:04 ID:???
>474
……洒落になりませんよね…。

それへの対処限定で最悪の場合の海上でのローエングリン使用許可
まで出てるところがあるくらいですし…。(溜息。)

…せめてフリーダムミーティアが使えれば少しは話になるんだけど…
(凄い事言い出しますこの男。)

>475
……いや…そんな気にしなくても…いいから…。
(結構慌ててる。)

477 :子連れ:04/02/15 13:07 ID:???
>476
あはは。
よーし、パパ頑張っちゃうぞー!
ケイト、パパは頑張るからね!すっごい頑張るからね!
(背中に背負う赤ちゃんに叫ぶ。赤ちゃん、子連れの口を引っ張る。)
ひひゃいひひゃい、らめぺしょ、ぽんなひょとひひゃ

478 :朱い月の魔女 ◆MOONewb5Yo :04/02/15 13:14 ID:???
>476
「それでも充分かどうか……。
 資料に目を通しましたが、あの自己再生能力は常軌を逸していますから―――」

【話しの途中で、>477が目に入る】

>477
「あ、この間の赤ん坊ですね」

【一気に表情が柔らかくなる】


479 :茶髪:04/02/15 13:15 ID:???
>477
…まぁ…頑張ってください。
(かなり微妙に汗かいてたりする。)

480 :子連れ:04/02/15 13:17 ID:???
>478
えーっと……
あ、この前ケイトをお世話してくれた人ですね?
すみませんでしたあの時は……
ケイトが迷惑かけませんでしたか?
(背負ってる赤ん坊、笑顔になる)
>479
頑張りますよ、そりゃあ
なんてったってパパですから!

481 :茶髪:04/02/15 13:17 ID:???
>478
ですよねぇ…。…あ…もう少しで授業なのでこれで…。
(深い溜息。そして去っていく。)

482 :朱い月の魔女 ◆MOONewb5Yo :04/02/15 13:21 ID:???
>480
「そんな、迷惑だなんて……ケイトちゃんって言うんですか。
 可愛かったですよ、とっても」

【赤ん坊の頬をそっと撫でてみたりする】

>481
「頑張ってくださいね」

【見送る】

483 :子連れ:04/02/15 13:24 ID:???
>481
じゃあね〜
(ブンブンと手を振ってお見送り)
>482
そうですか、よかったぁ……
ケイトって機嫌悪くなるとザクだのグフだののおもちゃで殴ってきますから(苦笑)
改めて自己紹介します。僕はアウカッド=フォート、そしてこの子はケイト=フォートです。

484 :朱い月の魔女 ◆MOONewb5Yo :04/02/15 13:29 ID:???
>483
「そう言えばこちらも自己紹介、まだでしたね。
 私はエンネア=カーン少佐。企業軍NZ駐留艦隊に所属しています」

【微笑みながら、右手を差し出し握手を交わす。
 到底軍人には見えない、可憐過ぎる容姿。私服なので更に軍人らしくないわけで】

「本当はもう少し、ケイトちゃんと遊びたいのですが……
 一旦基地に戻らねばならないので、私はこれで失礼しますね」

【そういって彼女は一礼し、その場を後にしたのだった】

485 :子連れ:04/02/15 13:32 ID:???
>484
……軍人さんでしたか……
(少しだけ表情が曇る)
よろしくお願いします、エンネアさん

それでは……
(ボーッと見送る。赤ん坊に髪の毛引っ張られても(゚ε゚)キニシナイ)

486 :片手のない男:04/02/15 13:37 ID:???
(4時間弱後…シミュレーター室にて時間を待っている様子…。)

487 :子連れ:04/02/15 13:40 ID:???
(シミュレータ室に入ってくる。勿論背中には赤ん坊)
えーっと、ここのはずだよな……
(キョロキョロと辺りを見回す)

488 :片手のない男:04/02/15 13:44 ID:???
>487
…おまえも参加者か?
(突然聞く奴。)

489 :子連れ:04/02/15 13:45 ID:???
>488
あ、そうですけど……
アビジョっていいましたっけ?
あれ、欲しいですもんねぇ
(ニコニコと答える)

490 :片手のない男:04/02/15 13:47 ID:???
>489
そうか。……丁度時間だ。他の参加者7人は既にシミュレーターに入っている。
…お前も開いているシミュレーターに入るんだな。
(態度かなりデカかったりするが…。)

491 :子連れ:04/02/15 13:48 ID:???
>490
はーい。
(全然気にしていない様子でシミュレータに入ろうとする)
あ、ケイトはここにいてね♪
(ソファーに赤ん坊を寝かせ、シミュレータに入る)

492 :片手のない男:04/02/15 13:53 ID:???
>491
……。
(そのまま、コンソールパネルを片手で操作し始める。
彼の見る…画面に表示されるのは…「・平原 戦闘 作戦目標 敵MS一体を倒せ。」
という文字。……因みに、機体は何故かジムにセットされている。…遠方に、
敵MS……ストライクダガーが現れている。)

493 :子連れ@ジム:04/02/15 13:55 ID:???
平原……敵MSを倒せ……か
こっちの機体はジムだけど……ジムだって悪い機体じゃないはずだ……
相手がどんなヤツでも、やってやる……
パパは頑張るよ、ケイト……
(ビームスプレーガンを持ちながら付近を警戒しつつ歩き出すジム)

494 :ダガーパイロット:04/02/15 13:55 ID:???
>492
……ジムか…。
(通信)
痛い目あいたくなきゃ…早いうちに降参した方が身の為だze!
(そう言い、ダガーで接近開始。……しかし動きが大雑把で、無駄がある。
養成所の授業を真面目に受けてたらこんな動きはまずしないような動きだ。)

495 :子連れ@ジム:04/02/15 13:57 ID:???
>494
あ……き、来た!?
……大丈夫、僕だって伊達に射撃訓練を積んでない……はずだ
えいっ!
(ダガーにビームスプレーガンで攻撃、でも全然的外れ)

496 :ダガーパイロット:04/02/15 13:59 ID:???
>495
……hyu〜!大外れ〜。
(避ける気配もせずに無駄な動きで接近中。)
hey hey hey〜!
(相手の回避機動を考えない位置に射撃。つまり…しっかり動いてりゃ
避けれる射撃をかけてきつつ更に接近していく。)

497 :子連れ@ジム:04/02/15 14:03 ID:???
>496
は、外れた!?糞っ!糞ぉっ!
(残っている腕でサーベルを掴む)
……!?射撃!避けれるぁっ!
(辛うじてという感じで回避、そのままダガーの横の位置に移動する)
この位置からならっ!
(少しだけマシになったけど、それでも避けれそうな射撃)

498 :ダガーパイロット:04/02/15 14:05 ID:???
>497
…わっ…!
(本人はかなり慌てて何とか盾で防御しようとするが…ある程度動きを限定して
補佐するダガーの、当時の遅れたナチュラル用OSに逆に助けられ、防ぐ。)
…流石ダガー!iei!
(そのまま敵に向けて腰だめにビームサーベルを構えて突っ込んでいく。)

499 :子連れ@ジム:04/02/15 14:09 ID:???
>498
また外れた……(´・ω・`)

……ええいっ!僕だって、男でパパで……パイロットだっ!
(ダガーとの距離と速度を確認しながら前進。
 攻撃されそうになる瞬間、横に避けてバルカンを撃ちながら横一閃にサーベルを薙ぐ)

500 :ダガーパイロット:04/02/15 14:11 ID:???
>499
………クッ…!
(バルカンは頭部もいで、サーベルもビームサーベル持ってる片腕落として
コクピットの近くまで至ってるがそこでシールドにおさえられ、拮抗。
この状態じゃこっちはシールド手放す訳にも行かず、そのまま拮抗状態を保つしかない。)

501 :子連れ@ジム:04/02/15 14:14 ID:???
>500
(通信)
……僕の勝ちだっ!
(空いていた左腕でサーベルを抜く。
 そしてそのままそのサーベルで突いた。)

502 :ダガーパイロット:04/02/15 14:15 ID:???
>501
………。
(無残、あっさり貫かれて負ける香具師。さっさと退室していく。)

503 :子連れ@ジム:04/02/15 14:16 ID:???
はぁ……はぁ……
か、勝った……勝てたんだ……
ケイト……
(ぜいぜいと息をしながら呆けている)

504 :通常の名無しさんの3倍:04/02/15 14:22 ID:???
突如、
「・500m四方 高台 バトルロイヤル 作戦目標 二人残るまで生き残れ。
高台から落ちると登るまで周囲に控えるビルゴ10機に襲撃されるので気をつけよ。
使用MS ベーシックアビジョ」
という表示がされる。そしてフィールドは高台に移り、周囲にはアビジョ三体が。

505 :子連れ@ジム:04/02/15 14:25 ID:???
生き残れ……? 高台って……
ビルゴが10機で周りには……
(アビジョ三体を確認)
これが、僕ともう一機になるまで耐えればいいのか……

506 :アビジョ3機:04/02/15 14:27 ID:???
A:(開始直後Bに向け二ードルガン発射しつつ動き回る)
B:(開始直後Aに向け二ードルガンで猛攻撃)
C:(それを見て、Bに向け二ードルガン攻撃。…つまり、>505、完全フリー。)


507 :子連れ@ジム:04/02/15 14:29 ID:???
……はれ?何で攻撃してこないんだろう?
もしかして、実力無いからって無視されてるのかなぁ(´・ω・`)
まぁ、いいか……生き残れば勝ちなんだもんねぇ
(そういいながらトコトコと高台の中央に向かう)
真中にいたほうが落ちる心配ないもんねぇ……ってうわっ!
(扱いなれない為、いきなりコケる)

508 :アビジョ3機:04/02/15 14:32 ID:???
>507
A(転んだところを見て、上手くBを牽制しつつ攻撃をかけてくる。腕に
4本ほど二ードルガンが刺さっている。)
B(6本ほど二ードルガンが刺さっているが、AからCへの攻撃に切り替える。)
C(Bと仕方なく撃ち合い開始しつつ接近開始。)

509 :子連れ@アビジョ:04/02/15 14:33 ID:???
>508
う、うわぁっ!
(ゴロゴロゴロと転がりながら攻撃を避ける)
こ、これって前にも使ったような……くそぉっ!
(体制を立て直してAに攻撃をする)

510 :アビジョ3機:04/02/15 14:37 ID:???
>509
C(20本ほど刺さり、動きが悪くなりつつある。…が、>509の攻撃を見て砲をAに向ける。)
B(同じく、その機会にAに砲を向け、発射しつつAに接近していく。)
A(何とか回避を続けていたが順調に刺さっていく。)

511 :子連れ@アビジョ:04/02/15 14:39 ID:???
>510
よ、よし……一機はなんとか……ってえぇっ!?
(Cの攻撃を三本ほど受けつつも避ける)
わあああああっ!
(腕でガードしつつCに接近、連射する)

512 :アビジョ3機:04/02/15 14:42 ID:???
>511
C(更に5本ほど刺さり、慌てて向き直って回避行動を取る。)
B(Aに連射しつつAに飛び蹴りをかけようとする。)
A(連射段階で限界が来て爆発。)
B(そのまま、つきすぎた勢いのせいで台から落下。)

513 :子連れ@アビジョ:04/02/15 14:43 ID:???
……えっと……
これで、終わり……なのかな?

514 :アビジョC:04/02/15 14:48 ID:???
>513
(通信が来る。)
あんたも、上手くやったな。
さっきの2機…パイロット、エース級なんだよ。
だから、お互いここで先に潰しとこうって考えたみたいだけど…
こっちの作戦勝ちだな。
(下ではビルゴ10機相手に奮戦してるBが。)
…ま、見物と行こうぜ?

515 :子連れ@アビジョ:04/02/15 14:50 ID:???
>514
(通信)
は、はぁ……
えっと……エース級って……
えぇっ!?僕エース級に勝っちゃったんですかぁ!?
(下のBとビルゴを見る。)
……勝てたんだ、僕が……

516 :アビジョC:04/02/15 14:51 ID:???
>515
(通信)
ま、似たようなもんだよな。エース同士つぶしあいさせての作戦勝ちだけどな。
(下のB、激しく動き回り、なんと懐に飛び込んでの二ーj戦術で
奇跡的にビルゴ3を撃墜していた。)

517 :子連れ@アビジョ:04/02/15 14:53 ID:???
>516
作戦……そうですよね、腕だけがパイロットじゃないですよね
(ニコニコと言いながら下を見る)
……本当に、エース級なんだ

518 :アビジョC:04/02/15 14:57 ID:???
>517
……まぁ。決勝戦は新入生同士、折角のチャンスなんだから手加減なしで行こうぜ?
(下の一機、片腕と片足をもがれるがその状態になるまでにビルゴを更に4撃墜。)


519 :子連れ@アビジョ:04/02/15 14:58 ID:???
>518
そうですね、僕もあなたも……力を出し切って戦いましょう

520 :通常の名無しさんの3倍:04/02/15 15:07 ID:???
(それを言い切ったところで、下の一機、最後のビルゴと相討ち。
画面がブラックアウトする。……そして、次に現れた画面は…
アビジョ・カスタムに関する説明。…武装は二ードルガンが右腕、それに
加え、膝にヒートダガーが格納、更に右腕に海蛇追加、左腕にブリトゥバ式の
ヒートワイヤー5本を搭載された上、装甲をAW世界の物に変更しての軽量化も
行ったことでアビジョを強化したかなりの高性能MSのようだ。)


521 :子連れ@アビジョ:04/02/15 15:09 ID:???
>520
アビジョ・カスタム……海ヘビにヒートワイヤー……ヒートダガーか……
軽量化って事は機動性が上がっているのか?
……こんな機体、使えるのかな?
いや、使わないといけないんだ……

522 :新入生@アビジョC:04/02/15 15:12 ID:???
(そして、少しして……養成所地下のフィールドが出現、2機の同機種が現れる。)
…勝負!
(機動性にかなり振り回されつつも、何とか二ードルガンを放ってくる。)

523 :子連れ@アビジョ:04/02/15 15:14 ID:???
>522
いくぞぉっ!……ってうわっ!
(機動性にめちゃめちゃ振り回される、それで運良くニードルガンを避けられた
 が、攻撃は出来なくそのままむちゃくちゃに動き回る)

524 :新入生@アビジョC:04/02/15 15:16 ID:???
>523
…なんて動き…!凄い!…けど!
(相手も振り回されてると気付いてない。……動きながら
二ードルガンで必死に撃ちまくるが…もう、当たる気配0。)

525 :子連れ@アビジョ:04/02/15 15:18 ID:???
>524
くそっ!スゴイな、攻撃が出来るだなんて……
(ニードルガンは勝手にアビジョを避けていく)
……なんとか、慣れて……来たかな……えいっ!
(ニードルガンをこちらも連射、しかしめちゃくちゃな方向)

526 :新入生@アビジョC:04/02/15 15:20 ID:???
>525
………くっ…!
(お互い、当たらない射撃を繰り返しているが…弾切れはこっちが早かった。)

…ええい!
(相手に向け急速に接近していく。)

527 :子連れ@アビジョ:04/02/15 15:22 ID:???
>526
当たらないか……それならっ!
(弾切れは起こしていないが、当たらないと判断。
 相手のアビジョに急接近、すれ違いざまに海ヘビで攻撃)

528 :新入生@アビジョC:04/02/15 15:22 ID:???
>527
…お前も同じ事を…!
(同時のタイミングで海蛇を放つ。海蛇同士が衝突。互いにスパーク開始。)

529 :子連れ@アビジョ:04/02/15 15:24 ID:???
>528
何っ!
(スパークした海蛇を見ながら呟く。)
僕は……負けないっ!
(飛び上がり相手のアビジョの上を移動、そのままニードルガンを撃つ)

530 :新入生@アビジョC:04/02/15 15:27 ID:???
>529
…何!
(程よくスココココ〜と右腕に刺さっていく二ードルガン。)
…まだまだ!
(驚異の切れ味を持つヒートワイヤーで二ードルガンを狙い、振るう。)

531 :子連れ@アビジョ:04/02/15 15:28 ID:???
>530
流石だなっ!
(ニードルガンがスパスパと切れる。)
でも……これでどうだっ!
(着地と同時にヒートダガーを出す。
 手にとり、アビジョに向けて突進)

532 :新入生@アビジョC:04/02/15 15:30 ID:???
>531
…ならばこっちも!
(ヒートダガーを取り出し、斬りかかる。)

533 :子連れ@アビジョ:04/02/15 15:32 ID:???
>532
……くそっ!
(突進斬られる寸前で避けるも、こちらの攻撃も当てる事が出来ず飛び上がる。)
やぁっ!
(ヒートワイヤーを出して攻撃、狙いはヒートダガーを持つ腕)

534 :新入生@アビジョC:04/02/15 15:36 ID:???
>533
…くっ…!
(ヒートダガーを持つ腕、あっさり吹き飛ぶ。)

………まだだ!
(海蛇のあるほうの腕で殴りかかる。)

535 :子連れ@アビジョ:04/02/15 15:38 ID:???
>534
それなら……こうだっ!
(こちらも海蛇のほうの腕で殴る。
 クロスカウンターな感じ。)

536 :新入生@アビジョC:04/02/15 15:42 ID:???
>535
な…!
(丁度針が刺さっていた所を殴られ…地面に倒れ、動かなくなる。)

537 :子連れ@アビジョ:04/02/15 15:43 ID:???
>536
これで……終わりだっ!!
(ヒートダガーをアビジョに突き刺す)

538 :新入生@アビジョC:04/02/15 15:48 ID:???
>537
(当然あっさり撃墜される訳で。)

…俺の負けだな。まぁ、頑張れよ。
(さっさと消えていく奴Mk2。)

539 :子連れ@アビジョ:04/02/15 15:49 ID:???
>538
……勝った……
勝て、た……
うわあああああああああああああああん!ケイトォォォォ!
(号泣しながらシミュレータから出てくる)

540 :片手のない男:04/02/15 15:52 ID:???
>539
……これが書類だ。
必要事項記入して提出すれば晴れてアレがお前のMSになる。
じゃあな。
(さっさと消えていく奴Mk3)

541 :子連れ:04/02/15 15:54 ID:???
>540
は、はい!
(書類を受け取る)
……あ、ありがとうございましたっ!
ケイトォ、見てよこれ……パパのMSだよぉ
いいだろう、パパ、勝ったんだよ、あの人たちに……
……行こう、ケイト……お腹がすいただろう
(赤ん坊を背負ってシミュレータ室を後にする)

542 :茶髪:04/02/15 20:22 ID:???
(天馬でタイピング中。…途中、深い溜息をついて、PCタイプ再開。)

543 :赤毛@バイト中:04/02/15 20:30 ID:???
>542
 飲み物何か飲む?
 根詰めてるわねー。
(呆れ顔で近づいてくる赤毛)

544 :茶髪:04/02/15 20:36 ID:???
>543
……コーヒーお願い。

仕方ないでしょ?昨日DGが出ただけじゃなくて見ちゃったせいで…
報告書大量におくらなきゃいけなくなったんだから…。

…多分あの三人も死ぬほど忙しいと思うよ。今。

545 :赤毛@バイト中:04/02/15 20:37 ID:???
>544
 すまじきものは宮仕え、ね。
(コーヒーを入れに戻りつつ)
 なんかフレーバー入れる?アーモンドとか。

546 :茶髪:04/02/15 20:39 ID:???
>545
……かもしれないね…。経営者とかはもっと大変って話もあるけど。
…任せるよ。
(どうでも良いが、タイプ速度が…むしろ指が見えないランクにまで早い。)

547 :子連れ:04/02/15 20:41 ID:???
(天馬に満面の笑みで入る子連れ)

すみませ〜ん、オレンジジュースと人肌のミルクくださいなっ♪

(パソコンに向かっている茶髪を発見)

あ、見て見て〜ほら、僕アビジョ受領したんだよ〜♪
(えっへんという顔で書類を見せる)

548 :赤毛@バイト中:04/02/15 20:44 ID:???
>546
(あれでよく指つらないわね。
 さすがにまねできないわ、あれは。
 あたしの場合はキーボードに頼らなくても入出力できるけど・・・・・・
もしかして、あれ・・・・・・
 あたしとためか、それ以上に入力、はやくない?) (°Д°;)

 はーい。コーヒーお待たせ―。少しアーモンドフレーバーを効かせて
みたの♪
>547
 いらっしゃいませー♪
 オレンジジュースと・・・・・あと人肌のミルクね。
 哺乳瓶もつけとく?
(軽口叩きつつ注文された品を運んでくる)

549 :子連れ:04/02/15 20:46 ID:???
>548
あ、お願いできますか〜♪
ほーら、ケイト。もうちょっとでご飯だから。
(背中におぶっていた赤ん坊を抱くようにし、席に座る)

550 :赤毛@バイト中:04/02/15 20:49 ID:???
>549
 はい、おまたせ。
(テーブルの上にオレンジとミルクの詰まった哺乳瓶を置く)
 あのアビジョ、あなたが受領したわけ。
 あれ、小回り聞くし乗ってて楽しそうよね〜♪
 今度、あたしのヴェルトロと走り比べでもしてみる?

551 :子連れ:04/02/15 20:52 ID:???
>550
どうも〜。
(オレンジジュースをちゃんとストローをつけて飲む)
はぁ、やっぱり疲れた時はオレンジジュースだなぁ。
あ、あのアビジョですけどねぇ。
ふふふ、なんと!エース級のパイロットを相手に戦って奪い取ったんですよ!
そりゃもう、敵をちぎっちゃ投げちぎっちゃ投げ!
ねぇ、ケイト!
(笑顔で赤ん坊に問い掛けると、顔面にパンチをもらう)
……ゴメンなさい、嘘つきました……

それよりもヴェルトロって……そんな機体ありましたっけ?

552 :茶髪:04/02/15 20:52 ID:???
>547
…やっぱり…。おめでと。
(意味深な発言。)

>548
…ありがと。
(高速タイプを止め、受け取る…が…前と違い、PCにヒビ一つ入っていない。)

553 :子連れ:04/02/15 20:55 ID:???
>552
?やっぱり……?
ともかく、ありがとね。
もうね、君にはお世話になったから、アビゴルの特徴とか教えてくれて。
ケンカとか何かあったらいつでも呼んでよ、僕が助けに行くから!
僕こう見えても強いんだよー。すっごく強いんだから!
ねぇ、ケイ…………いや……それほど、強くはないかも……(滝汗)

554 :赤毛@バイト中:04/02/15 20:57 ID:???
>551
 あ、知らないわよね(苦笑)
 Gゾヌ改ヴェルトロ。ゾヌ急便製軽量MSの傑作Gゾヌをベースに
造ったあたしの愛機ってとこ♪
 重火力と高速性運動性を備えた遊撃用MSって感じ。
>552
(しかも腕をあげてる)煤iД・;)

555 :子連れ:04/02/15 20:59 ID:???
>554
ジイゾヌカイヴェルトロ……へぇ、何かかっこいいなぁ、名前
でも、アビジョだってスゴイんですよぉ
なんてったってアビジョですから!そりゃもう!アビジョですよ!
……んー、何がスゴイんだっけ?

556 :茶髪:04/02/15 21:00 ID:???
>553
…初心者、中級者同士での対決は回避、防御技量がモノを言うからね。
回避が得意だったら十分可能性ありそうだから。

……大丈夫。自分の身位ある程度は守れるから。

>554
………そのかわり、ちょっとでも被弾すると危険…だったっけ?
(さらりと言ってのける。)


557 :自称17歳の教官@作業着:04/02/15 21:00 ID:???
緑茶と、ドラ焼き一つ!
(ツルハシ片手に、天馬に入ってくるが・・・はっきり言って、元々華奢な方なので似合わない)


558 :子連れ:04/02/15 21:02 ID:???
>556
そ、そっか……うん。そうだよね。
(「あはははは」と空笑い)
ところでさっきから何を打ってるの?
(ひょい、と覗き込む)

559 :茶髪:04/02/15 21:04 ID:???
>558
……え?
(覗き込もうとした時点で素早すぎる操作で報告書から
養成所関連の宿題レポートのウィンドウに切り替え、
報告書の方を保存処理してしまう。)
…宿題。
((ある程度以上しらない人間に対しては)上手く誤魔化す奴である。)

560 :赤毛@バイト中:04/02/15 21:07 ID:???
>555
 ヴェルトロっていうのはイタリア語。意味は、「灰色の猟犬(グレイハウンド)」。
名前負けしてる機体じゃないわよー♪
(スペックについては養成所辞典でチェックできます。ヴェルトロで検索してくだされ)
>556
 それがネックなのよね。
 ま、運動性を引き出すためにはしょうがないんだけど・・・・・・
 なんか新しい装甲材がはいるらしいから、それ試してみようかと
思ってるんだけど・・・・・・高いのよね〜(悲鳴)
 単位がたりなーい
>557
 緑茶とドラ焼き、ありがとうございまーす♪
(さっそく持ってくる奴)
 今日は野良仕事ですか?

561 :子連れ:04/02/15 21:07 ID:???
>559
へぇ、宿題かぁ
(全然怪しいとは思ってない。むしろ、偉いなぁと感心してる。)
そうだ、僕も宿題しないといけないなぁ
……まぁいいか。
さぁ、ケイト、ミルクだよ〜。
(赤ん坊にミルクを飲ませる。)

562 :子連れ:04/02/15 21:09 ID:???
>560
へー。ぐれいはうんど……
……センスいいねぇ、名前の。
そうだ、僕もあのアビジョに名前つけよう!
えーっと、えーっと……
(悶々と悩むヤツ)

563 :茶髪:04/02/15 21:11 ID:???
>560
新しい装甲材…?

…どんなの?
(興味津々らしい。)

>561
…ええ…まぁ。
(再度、画面を覗かれてない事を確認して高速タイプ開始。)

564 :自称17歳の教官@作業着:04/02/15 21:13 ID:???
>560
本当は有休で里帰りでもしようとしてたんだけど、
・・・珍走団取締り中に市内のPTAの偉い人に捕まり、学生向けの作業用MS免許の講習に呼ばれてしまい・・・orz
授業、一応自習にしておいたけど大丈夫かな。

>562
あれ、新入生だっけか?

565 :子連れ:04/02/15 21:15 ID:???
>563
早いねぇ、たいぴんぐ……ん?
(ミルクを飲んでる赤ちゃんが茶髪を見つめてる事に気づく)
……そんなわけないよねぇ……
(うっとりしてる赤ちゃんに不安を覚える子連れ)
>564
あ、ども!
僕は新入生のアウカッド=フォート!こっちは子供のケイト=フォートです!
よろしくお願いします!

566 :赤毛@バイト中:04/02/15 21:20 ID:???
>562
 子供連れてるから・・・・・・
 子連れ狼?
 違うわね・・・・・・
 となると・・・・・・うーん。
>563
 よくわかんないけどガンダニュウムを倍くらい硬くて折れなくした
やつだって。
>564
 そーいえば教官がいないってなんかワイワイなってたわね・・・・・・

 みんなシミュで遊んでたみたい。課題サボってたのかしら。

 んー、もうこんな時間?
 営業報告書書かないと。
(バックに下がる赤毛)

567 :茶髪:04/02/15 21:22 ID:???
>565
…MSと違って本職ですから。
(それにしても早い。常軌を逸しているとまでいえそうである。)

>566
…はは…は…。
(顔、蒼ざめてます。)

568 :子連れ:04/02/15 21:25 ID:???
>566
子連れ狼だって、どう?ケイト……
…………うん、そうだね、イメージ合わないね
狼っていうよりはどっちかといえば兎とか山羊とかそっちだよね……
>567
そうなんだぁ。
(うっとりする赤ん坊……)
……ケイト、パパは許さないぞ!こんな何処の馬の骨ともわからないヤツに!
ケイトを渡せるもんか!っていたたたたた!!
(次から次にジオン系MSのおもちゃで子連れを攻撃)

569 :自称17歳の教官@作業着:04/02/15 21:26 ID:???
>565
子連れでしっかり授業受けてるなんて、大したもんだなぁ。
こちらこそ宜しく。

>566
な、なんだってー!?
・・・・ま、いつものことか。

明日も実地訓練の教鞭取らなきゃならないんだよな・・・。
今日の「ザクタンクで丸太からログハウス組み立てる」でも十分疲れたってのに・・・はぁ・・・。



570 :子連れ:04/02/15 21:29 ID:???
>569
いやはは、周りの生徒さん達には迷惑かけてるみたいで申し訳ないんですけどねぇ
それに、家に一人で置いておくよりは安心ですよ。こっちのほうが……
ねぇ、ケイトもパパといつも一緒にいれてうれしいよねぇ
(プイ、とそっぽを向く赤ん坊)
……うわああああああああああああああん!ケイトに嫌われたああああああ!

571 :茶髪:04/02/15 21:31 ID:???
>568
……ぇぇ…まぁ…。
(呆然としつつある。)

>569
…どういう実地訓練ですか…。

572 :子連れ:04/02/15 21:33 ID:???
>571
この際だ、はっきりさせようじゃないか……
(何故か目を瞑って威厳高く見せようとしながら)
……君はケイトの何だね?
(話が飛躍している)

573 :自称17歳の教官@作業着:04/02/15 21:35 ID:???
>570
うーん・・・・。
(曲転的な親ばかって感じだなぁ)
>571
山に登って訓練用コースで、各種作業訓練兼ねたログハウスの組み立て。
作業用MS1台で整地から伐採、木材加工までやるという・・・なんとも無茶な・・・。

ちなみに、場所はなんでも公立中学の敷地だそうで。
組み立て上がったのは、地元に寄付ってことになるらしい・・・。


さて、自習ちゃんとやってるか見てくるか・・・。
(立ち上がると、作業着の上着を脱ぎ捨て、教員用の上着を羽織ってシミュレーター室の方へ)


574 :通常の名無しさんの3倍:04/02/15 21:38 ID:???
(緑猫とニコルが天馬に入ってくる)
猫「整備関係手伝ってもらってありがとうございますね」
ニ「いえいえ、別にやる事もありませんでしたから」
猫「とりあえず、飲み物でも飲みましょう。
  手伝ってもらったお礼におごりますよ」

575 :子連れ:04/02/15 21:40 ID:???
>574
(キュピーン、と何かに目覚める。
 弾かれたように二人の前に……)
…………あの……
(緑猫の手を両手で握る)
……僕達、どこかで会った事……ありません?

576 :ついてない男@かなり酔ってる ◆NrScghljNI :04/02/15 21:41 ID:???
(片手に酒瓶持ってフラフラと)
チクショウ・・・・・・・・・・最悪だ!

577 :茶髪:04/02/15 21:42 ID:???
>572
……なんでもありません…赤の他人です。
(さらっと斬って棄てるように。)

>573
……せめて人型MSでやりましょうよ…。
(かなり力なくいう。)

>574
………そっちも大変そうだね…。

578 :緑猫@メガネ:04/02/15 21:45 ID:???
>575
えーと・・・

あ、エィケズさんですか?

579 :お人よし:04/02/15 21:46 ID:???
>577
大変と言っても
逆にやる事があまりなくて
大変ですね。
自分のMSとかもあるわけじゃないですし。
オーブに帰ったらまた物凄く
忙しくなりそうですから
今のうちに骨休めです。

580 :子連れ:04/02/15 21:46 ID:???
>578
やっぱり……キャット……だよね?
……うわあああああああああああああああん!会いたかったよおおおおおおおお!
(泣き出す子連れ、もとい蛙連れ
 >577や>576は全然気づいていない)

581 :茶髪:04/02/15 21:49 ID:???
>579
…なるほどね…。

……こっちでも忙しくなりそうだよ。
昨日の戦闘、DG出たから。
(おもいっきり爆弾発言なのだが堂々と。)

>580
………??
(かなり驚いてる。)

582 :緑猫@メガネ:04/02/15 21:50 ID:???
>580
こんなところで
イキナリ泣き出さないで下さい
他の人がみてますよ(困惑

583 :お人よし:04/02/15 21:51 ID:???
>581
そうなんですか?
でも、アポトーシスプログラムがあれば
簡単に殲滅はできるのでは
ないんですか?

584 :子連れ:04/02/15 21:52 ID:???
>582
ううう、ゴメンね、ゴメンね……
ホントに……キャットなんだね……
…………キャット……(恋する瞳で見つめる)

585 :ついてない男@かなり酔ってる ◆NrScghljNI :04/02/15 21:53 ID:???
(すっ転んで持ってた酒瓶が割れる)
世の中最悪なのにこれ以上どう悪くなるんだってんだよ!

クソ・・・ここに来たのは雪風を戦わせない為なんだぞ・・・・・
(拳を強く握り締める・・・・手を切ってたらしく血が出てくる)

586 :緑猫@メガネ:04/02/15 21:55 ID:???
>584
ところで、エィケズさんは
なんでここに?
僕はココで今、教官をやってますけど。

ところで、コォネさんと
ケル、ケラ、ケロはどうしたんですか?

587 :茶髪:04/02/15 21:55 ID:???
>583
………多分…そうだけどね。
それを作動させる為の媒介とかが必要の上、その媒介は簡単に手にはいらないから
ココ以外に出現したら簡単とは考え難いけど…。

588 :子連れ:04/02/15 21:56 ID:???
>586
えっとね、僕はここに生徒に来たんだよぉ
えへへ、キャットがいるんならもっと早くここに来ればよかったな……


…………(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
あああああああああああああ、あの、コココココココォネ君のははははは話はああ
ししししししないでほほほほほほしいいいいいいいいなああああああああ

589 :お人よし:04/02/15 21:57 ID:???
>587
だったら、それはそれでいいじゃないですか。
オーブ本国に出てくるならまだしも
それ以外の場所なら僕らがいかなくちゃ
いけない理由がないですから。
そっちでどうにか対処してもらえるんじゃ
ないんですか?

590 :緑猫@メガネ:04/02/15 21:58 ID:???
>588
エィケズさんぐらいの人が
生徒なんて。
というよりも年が(苦笑

しちゃダメなんですか?
(その時、子供が目に入る)
ま、まさか・・・

591 :子連れ:04/02/15 21:59 ID:???
>590
これでも僕、強いんだぞ!

……あ、あああ、ああ、この子?
ええええ、えっと……その……うん……まぁ……僕の子供……なんだ……

592 :種馬一家 ◆eAwRb9qzdQ :04/02/15 22:00 ID:???
(その頃コンフォード家にて)
種馬「……困った」
力天使「……どうしましょう……」
エレナ「……ガー君……」

種馬「一体、ドモンの奴にどういえばいいんだ……」

593 :茶髪:04/02/15 22:01 ID:???
>589
……だと良いけどね…。

…いや、他の国とかが負けて、肥大化されたら洒落にならないでしょ?

594 :緑猫@メガネ:04/02/15 22:02 ID:???
>591
僕にも子供がいるんですよ。
ほら。
(上着のポケットから写真を取り出す
 利発そうな子供が写っている写真だ)

595 :お人よし:04/02/15 22:03 ID:???
>593
その時は、その時です。
それに、絶対に倒せない相手じゃないんでしょ?

596 :子連れ:04/02/15 22:03 ID:???
>594
( ゚Д゚)ポカーン……
…………なにいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!
どっどどど、何処の……ま、まさか……
(わなわなと震え出す)

597 :フライトジャケットの少女 ◆DOLL/2qhfw :04/02/15 22:04 ID:???
>588
「ほう。
 誰の話しをして欲しくないんだ、エィケズ?」

【いつの間にそこにいたのか。
 いつもながらのポーカーフェイスで、エィケズの後ろに立っている】

「ケイトまで連れ出して何処へ行ったかと思えば、こんなところで油を売るとは良い身分だな」

【あくまでポーカーフェイスのまま、赤ん坊に手を伸ばす】

「ほら、ケイト。
 お母さんと一緒に帰ろう」

598 :茶髪:04/02/15 22:04 ID:???
>595
…絶対倒せない相手じゃないけど、尋常じゃない火力は…
必要不可欠な相手だと思うよ。

599 :子連れ:04/02/15 22:06 ID:???
>597
い………い…………
いやああああああああああああああああああああああああああああああああ!!
(大声を出してケイトをコォネに渡し、テーブルの下に隠れる)
ごごごごごごごごご、ごめんなさい!ごめんなさい!ごめんなさあああああああい!

600 :緑猫@メガネ:04/02/15 22:06 ID:???
>596
僕とリーアの子供ですよ。
名前はリーリアです。
可愛いでしょ?

>597
あ。コォネさんも・・・
(なんか嫌な予感がして
 子連れから少し離れる)

601 :ついてない男@かなり酔ってる ◆NrScghljNI :04/02/15 22:06 ID:???
その上あのバケモノ・・・・デビルガンダムまで出てきちまうし・・・・
(むくっと起き上がる)
おい、ここには酒は無えのか!?
あったら全部もってこい!

602 :お人よし:04/02/15 22:11 ID:???
>598
今、何処の国でもそのぐらいの準備は
してそうなかんじがしますからね。
大丈夫じゃないですか?
それに一回ここに出てのであれば
何で出てきたのか調べるほうが先決ですね。
相手の動きが分かるかもしれませんし。
MSである以上はパイロットがいないと動きませんから
パイロットの目的も知る必要もあるかもしれませんね。

603 :蛙連れの駄目パパ:04/02/15 22:13 ID:???
う、うわあああああああああああああっ!
で、ででで出ろおおおおおっ!カエルゥゥッ!
(パチィッと指を鳴らす、同時に現れる多量の蛙軍団)
に、逃げろ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!
(蛙の上に乗り、そのまま外に出る)

604 :茶髪:04/02/15 22:14 ID:???
>602
……まぁ、確かにね…。

…そっちに関しては企業、周辺国家や教官が必死に調べてるだろうから
大丈夫だろうけど…。

605 :フライトジャケットの少女 ◆DOLL/2qhfw :04/02/15 22:15 ID:???
>599
「ふふ、良い子にしていたか?
 お父さんをちゃんと見張っていてくれた?
 ん、そうか。お父さんは頼りないからな、ケイトがしっかりしなくてはダメだぞ♪」

【抱きかかえた子供を、意外なほど上手にあやす17歳の妻】

「さあ、ケイト、帰ろうか。
 あんな両生類と子供にばかりかまけているような、薄情な男は放っておこう」

【これ見よがしにそんな台詞を口にし、机の下にもぐりこんだエィケズを一瞥して拗ねた様にそっぽを向く】

606 :緑猫@メガネ:04/02/15 22:16 ID:???
>603
ノシ

607 :お人よし:04/02/15 22:17 ID:???
>604
だったら、協力要請が無い限り
僕らが何かをしなくちゃいけない理由もないですね。
のんびりしていても問題ないんじゃないですか?

608 :ついてない男@かなり酔ってる ◆NrScghljNI :04/02/15 22:19 ID:???
>602
>604
おい、DG討伐部隊見たいなのは編成されないのか?

609 :茶髪:04/02/15 22:21 ID:???
>607
…でも、日本にひょっこり出てこない保証も無いからせめて報告位は回しておく。
のも必要でしょ?
(振り向いて。…実際の考えとは違う事を臆面も無く言う。…そう。
彼の姉に不足しているのはこの「建前を利用しようとしないこと。」)


610 :お人よし:04/02/15 22:23 ID:???
>608
有志を募って作るかもしれませんね。
ここにはDGとの戦闘経験のある人もいることですし。

>609
もちろん、報告は回しますよ。
それで、本国が動くかどうかはわかりませんけど。

でも、エザリアさんなら
DGでもたおしちゃったりして(苦笑

611 :フライトジャケットの少女 ◆DOLL/2qhfw :04/02/15 22:23 ID:???
>603
「あ……待て、エィケズ!!
 妻である私を置いていく気か!?」

【呆れたようにその後姿を見送り、溜息一つ】

「……たまにはデートの真似事くらい、させてくれても良いだろうに……」

【そんな呟きと共に席に着き、紅茶を注文してからケイトをあやし始める】

「エィケズの……馬鹿……」

612 :茶髪:04/02/15 22:26 ID:???
>610
……そこまでは…動かないだろうね。

前のコロ二ー事件段階から対策班は構築し始めてたみたいだし。

613 :ついてない男@かなり酔ってる ◆NrScghljNI :04/02/15 22:29 ID:???
>610
そうか・・・・ここには俺以外にもあのバケモノと戦った奴が居るのか・・・・・・

酔いを覚ましとくか・・・・・

なあ、酔いが覚めそうなのは無いか?
苦かったり辛かったり・・・・・人間が口に出来るようなのでなくて口にしたら悶絶するような物だ。
無いか?

614 :お人よし:04/02/15 22:46 ID:???
>613
前回はみごと撃退できたみたいですけどね。

流石に悶絶できそうなもの・・・
僕にはわかりませんね・・・

615 :ついてない男@かなり酔ってる ◆NrScghljNI :04/02/15 22:52 ID:???
>614
みごと撃退か・・・・・
ここのMSはほとんどバケモノ級だからな。
俺と雪風の機体じゃ比べ物にならねえ・・・・

思いっきり濃くしたコーヒーに唐辛子とかワサビとか・・・・・
とにかく色々混ぜてくれ。

616 :アヒャってる店員:04/02/15 22:53 ID:???
>615
(゚∀゚).。oO(─wヘ√レv~
       どうぞ、アヒャ)
(話を聞いたのか、マグカップに
 異臭を放つ黒いドロドロとした液体が
 入ったものを差し出す)

617 :ついてない男@かなり酔ってる ◆NrScghljNI :04/02/15 23:00 ID:???
>616
・・・・・・・・・・・(汗)
(店員が出したマグカップの中身を見ると額に汗が滲み出てくる)
頼んだんだ・・・飲むしかないな・・・・・・・アーメン!
(十字を切るとカップを掴み、一気に飲み干す)
・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・
・・

kじゃせbにkvljgfんdさvkmっつぇjlcv!!??(悶絶)

618 :アヒャってる店員:04/02/15 23:01 ID:???
>617
(゚∀゚).。oO(アヒャヒャヒャヒャヒャヒャ)
(指さして笑っている)

619 :ついてない男@かなり酔ってる ◆NrScghljNI :04/02/15 23:04 ID:???
ざくぐふどむげるぐぐ!?
(白目を剥き、飛び跳ねている)
ザコロリgfンhbfksdlネbhrkl・zxdxcl;s!!!!
(そのまま壁に激突)

620 :アヒャってる店員:04/02/15 23:05 ID:???
>619
(゚∀゚).。oO(アヒャヒャヒャヒャヒャヒャ)
(腹を抱えて笑い転げている)

621 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/02/15 23:08 ID:???
(険しい、と言うよりは重い顔つきで天馬にやってくる)

緑茶…………( ー ー)

622 :ついてない男@暴走中 ◆NrScghljNI :04/02/15 23:09 ID:???
(今度は壁に頭突きをし始めた)
じゃむひゃこはろもえふなむしとけ!!
(だんだん壁に罅が・・・・)
ちょけぇぇーーーー!!

623 :アヒャってる店員:04/02/15 23:11 ID:???
>621
(゚∀゚)つ旦
(緑茶を出す)

>622
(゚∀゚).。oO(店を壊されちゃ困るアヒャ)
(ショットガンを持ってきて、ゴム弾を装てん
 そして向けて引き金を引く)

624 :ついてない男@酔いが覚めた ◆NrScghljNI :04/02/15 23:16 ID:???
>623
モン!?
(ゴム弾が頭を直撃、その場で一回転して倒れる)
おう・・・・効いたぜ。
酔いがすっかり覚めちまったぜ。
(起き上がると店員の肩を叩く)
いい仕事してるじゃねえか?
追加注文だ・・・・水をくれ。

625 :茶髪:04/02/15 23:18 ID:???
>621
…こんにちわ〜。…教官も…やっぱりアレが原因ですか?
(こっちは当然継続タイプ中。)

626 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/02/15 23:19 ID:???
>623
…………( ー ー)つ且


……ズズー( ー且ー)


……フゥ( ー ー)且

>624
……さっきから何してるんですか?(; ゚ ー)且

627 :アヒャってる店員:04/02/15 23:19 ID:???
>624
(゚∀゚).。oO(了解アヒャ)
(そして、天上から紐が垂れてきて)
    |
(゚∀゚)つ
(クイっと引っ張ると
 大量の水が>624目掛けて落ちてくる)
(゚∀゚).。oO(面白いものみせてもらったお礼アヒャ)
(そのまま厨房の方へ消えていく)

628 :通常の名無しさんの3倍:04/02/15 23:24 ID:???
(緑猫の携帯がなる)
もしもし。
えっ。
今すぐ行きますから待っててくださいね。
(電話を切り、ニコルに話し掛ける)
猫「申し訳ないんですけど、また生徒で無茶して
  機体を壊した人がいるみたいなんで
  修理を手伝ってもらってもいいですか?」
ニ「あ。はい。構わないですよ。」
猫「毎度毎度すいません。」
(そして、勘定をすませてふたりともでていく)

629 :ついてない男@酔いが覚めた ◆NrScghljNI :04/02/15 23:27 ID:???
>626
何、酔い覚ましにここの店員に作ってもらったのがとんでもない物でな・・・・・飲んだらこの有様さ。
(次の瞬間、ずぶ濡れになる)
・・・・・・・・・・・・
(無言で懐からスタングレネードを取り出すとピンを抜いて厨房に投げ込む)
ところでそんな顔してどうしたんだ?
DGの事か?

630 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/02/15 23:29 ID:???
>625
こっちはそっちより遥かに切羽詰まってるからね。
協力依頼が来ても良い様に、打てる手は全部今のうちに打っておかなきゃならない。
…………頭が痛いよ。左も右も問題だらけなんだから…………

>629
えぇ、もう養成所は大騒乱になってますし……


…………僕は、交戦経験と撃破手段の両方を持ってるから忙しい事この上なくて……_| ̄|●

631 :茶髪:04/02/15 23:31 ID:???
>630
………教官まで勘違いしてるんですね…。
(小声でぼやくとおもいっきり溜息をつく。)

632 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/02/15 23:40 ID:???
>630
・・・・・・・俺もあのバケモノとの交戦経験はある。
何年も前の話だ・・・・まだ守備隊に居た時に奴と出くわしたんだ。
俺と一緒に来た雪風を知ってるか?
あいつのオヤジ・・・モンタナとその時ペアを組んでてな。
その時はトンでもなく強い連中が居たから倒せた。

もし、協力依頼が来たら俺も連れて行ってくれ!
頼む!


633 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/02/15 23:45 ID:???
>631
アァ!?(メ゚д)
普段勘違いされるような言動しかしてないんだから文句言うなー!ヽ(`Д´)ノ

…………で、何の話よ?
−−−−==≡(・ω・) (ーー;)
(ずずいっ、と詰め寄る。それはもう、逃亡を許さない勢いで)

>632
頼む、といわれましても…………僕はあくまで一教官な訳でして……
対DGは少数精鋭での電撃戦になりそうですから、実力をある程度示しておかないことには……
まぁ、根回しくらいなら協力出来ると思いますけどね〜

634 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/02/15 23:58 ID:???
>632
俺はニュータイプとかじゃない・・・・・単なる『人間』なんだが分かるんだ。
DGのコアにされた人は可哀想な人だってな・・・・・
ダチにガイア情報局の情報官・・・・早い話がスパイだが情報官をやってる奴がいてな。
そいつにDGに関する資料を見せてもらった事がある。
今までのDGには必ず黒幕がいるらしくてな。
俺はそいつを許せねえんだよ・・・・・人をまるでモルモットみたいにした挙句、利用するような奴を・・・

この仕事に転職したのは雪風の為なんだ・・・・・戦わせたくないからなんだ。
これじゃ、チーフやベン司令、グレーブス議長にどう言えばいいんだ・・・

635 :茶髪:04/02/15 23:59 ID:???
>633
…いいえ、言わないと後々に響く可能性大な事ですので。

…まず、DGは僕の知る限り、2つあります。
グェネビアと…コロ二ーで交戦したアレです。
で、グェネビアはご存知のとおり、DGは消滅しました。

…で、新しくDGが出現した。可能性は4つあります。
1グェネビアの細胞の一部を採取されて、それを元に製作された
2消滅したDGの欠片の一部が採取、又は残留していた
3新しくデビルガンダムが混線した
4元の製作者が新たに製作した。
で、1と2の場合は前回のプログラムが通用しない公算は高いでしょう。
抗体を持っている可能性があります。3、4の場合も、あのDGとは異なる
進化をしている可能性だってあります。…その場合も前回の物は通用しません。
更に、プログラムを相手に送り込むにはグェネビアを要しますが、
クレアさんがいませんので前より困難でしょう。つまり…
確実な撃破手段は持っていません。
…現場でMS操縦しつつ作るしかないでしょうし、それができる人間なんて…
限りなく少ないでしょう。更に相手を解析する為のサンプルを奪うための
グェネビアもパイロット不在で、グェネビア本人が動かしてできるかも不明です。

…今再襲撃されると、火力による完全消滅狙うしか手は無いです。
(更に小声)
緊急時の為にすぐにモルゲンレーテに辞表送る準備は出来てますから。
(真顔で。)

636 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/02/15 23:59 ID:???
(>634の>632は>633です)

637 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/02/16 00:05 ID:???
>634
(その言葉を聞き終えて、一言呟くように告げる)
……なら、そもそもの選択自体が間違ってますよ。
養成所は、一番理不尽に戦争と隣り合わせの場所なんですから…………

>635
んなっ…………
(茶髪の頭を小突く)
そんなの言われなくたって分かってるよ!!ヽ(`Д´)ノ

でも、一応それらしいの作っておかないと皆納得してくれないんだもん!!ヽ(`Д´)ノ
頭固い奴は馬鹿みたいに固いんだからーヽ(`Д´)ノ

(どうやら、今の茶髪の気分を数倍苦くして、シェイクした様な目に既に会った様だ)

638 :茶髪:04/02/16 00:10 ID:???
>637
…わかります…。

…こっちも、予測できる範囲での変化パターンとそれに適応した
可能性もかなり微妙なプログラム数個に送りつけるまで
モルゲンの人達わかってくれませんでしたし…。

送りつけたら送りつけたで詳しい報告書つけろって来るし…。はぁ。
(深い溜息)

一応、モルゲンレーテならではの…まぁ、養成所とブルーアースも使えますけど…
手もあることはあるんですけどね…地上限定でなら…。
(ぼそっと。)

639 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/02/16 00:12 ID:???
>637
やっぱし、就職先を間違えたのかな・・・・・・

雪風を戦わせ続けさせたら・・・・あのDGまでとはいかないがそのまま人間じゃないバケモノになっちまいそうなんだ・・・・
バケモノにな・・・・・
(何かを思い出している)

640 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/02/16 00:14 ID:???
>638
…………地上限定?NJCじゃなさそうだねぇ。
とりあえず口にしたからには言ってもらうよ。さぁ吐け。(゚∀゚)b

>639
化け物と化け物でないもの。それを分けるのは何なんでしょうね〜?
普通の人間と、絶対的な相違点がある。と言う定義なら、僕も化け物ですし…………

641 :茶髪:04/02/16 00:17 ID:???
>640
……言うに決まってるじゃないですか。…ローエングリンですよ。
…地上で陽電子砲ぶっ放してどうなるかは…わかりますよね?

642 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/02/16 00:22 ID:???
>640
分からんねえよ・・・・・だが、雪風の場合は細胞が・・・・・・
・・・・・・・・・これから言う事は誰にも言わないでくれ。
誰にも言わないのなら話す
(真面目な顔で)

643 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/02/16 00:30 ID:???
>641
━━━(゚∀゚)━━━!?
(茶髪の胸ぐらを掴み、それはもう笑顔とも泣き顔ともつかない物凄い形相と勢いで揺さぶる。
 が、数秒で我に帰る)

…………まぁ、NJCを利用するよりはまだマシ……
……って言うか、NJCを併用するぐらいなら純水爆だしねぇ……

>642
じゃあ止めておきます。
(あっさり)
迂闊に他人に話せない人の秘密を、本人以外から聞き出すのはルール違反でしょ〜
それが女性の秘密なら、なおさらだと思いません?(・∀・)


(携帯に電話がかかったらしく、懐から取り出して話し始める)
はいはい〜?
え?いや、だから何度も言った通りその件に関してh────


ry☆○fkl%▽sd&jkh¥*━━━(メ゚∀゚)━━━!
(なにやら携帯に向かって怒鳴りながら天馬を後にしていく……何があったのやら)

644 :茶髪:04/02/16 00:32 ID:???
>643
……ぇ?…ぇ?ぇ?
(揺さぶられまくってかなり慌てる。……解放された時には気絶状態。)

645 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/02/16 00:36 ID:???
>643
悪いが雪風自身は自分自身の事を知らないんだ。
雪風の体の事を知ってるのは俺とチーフ・・・・雪風のオヤジ、それとベン司令とグレーブス議長、医者が2,3人だけだ。

>644
おーい、大丈夫か?
(ペンで突っ突いてみる)

646 :茶髪:04/02/16 00:38 ID:???
>645
………。
(起きる気配は無い。)

647 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/02/16 00:50 ID:???
>646
さてと・・・・・・・フェニックスの整備でもするか?
その前にこいつを医務室の放り込まなきゃならんな。
(そう言うと気絶している茶髪を引きずって天馬を後にする)

648 :籠の中の許婚:04/02/16 00:53 ID:???
>647
……どうしましたの?
(>646をつつきつつ)

649 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/02/16 01:00 ID:???
>648
いや、ぽややんな人が思いっきり揺さぶるもんだから気絶しちまってさ。
それで医務室に放り込んでくるんだよ。

650 :籠の中の許婚:04/02/16 01:01 ID:???
>649
でしたら……自室にお連れしたほうがよろしいんじゃありません?
部屋でしたら知ってますわ。

651 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/02/16 01:08 ID:???
>650
おう、それはありがたい。
そんじゃ案内してくれ。

652 :籠の中の許婚:04/02/16 01:11 ID:???
>651
こっちですわ。
彼は彼方が背負ってくださいね。
(何気なく、さも当然のように言い)

653 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/02/16 01:15 ID:???
>652
へいへい、分かりましたよ。
(引きずってた茶髪を背負うと付いていく)
ま、一人や二人は軽いがな。

654 :籠の中の許婚:04/02/16 01:17 ID:???
>653
こっちですわ。
(手前を手軽そうに歩いて茶髪の部屋の前に来る)

655 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/02/16 01:21 ID:???
>654
ここか?
さてと、このままドアの前に寝かせるか?それともカギで開けて放り込んでおくか?
カギが無ければドアをぶち破るか?

656 :籠の中の許婚:04/02/16 01:23 ID:???
>655
ん〜……そうですわね、置いていきましょうかw

657 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/02/16 01:28 ID:???
>656
風邪引いても俺を恨むなよ〜
(茶髪を寝かせる)
さてと、俺は格納庫に行っとくぜ。
あんたはどうするんだ?

658 :籠の中の許婚:04/02/16 01:30 ID:???
>657
私はここで彼の看護をしますわ。
ですからご心配なく。
(小さくてを振って笑う)

659 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/02/16 01:34 ID:???
>658
お疲れ様で。
(手を振りながら去ろうとするが立ち止まり)
看護するって・・・・・あんた、そいつの彼女か?
ヒューヒュー!お熱いね!

660 :籠の中の許婚:04/02/16 01:38 ID:???
>659
違いますわよ〜!
私には心に決めた方が居るんですから。
(顔を赤らめて手を振る)

661 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/02/16 01:42 ID:???
>660
そりゃいいねぇ・・・・・・・
俺はもてなくてね・・・・羨ましいよ。
(その場を後にして格納庫に向かう)

662 :籠の中の許婚:04/02/16 01:44 ID:???
>660
……居なく、なりましたわね?
チャーンス……
(辺りを見回して人影が無い事を確認すると、懐からカードを取り出す)

こういう装備は、諜報部なら必需品ですものね。

(キーに通すと同時にロックが解除され、ドアが開く)

うふふふ……
これで費用を随分稼げますわね。

(茶髪を部屋に引き摺っていく)

663 :籠の中の許婚:04/02/16 02:02 ID:???
こういうポーズでしょうか?
この方が、良いですわよね。

(寝てるのを良い事に、麻酔を打ってから服を着せかえ、ポーズを付け、
  其の上で画像を残している)

664 :グェネビア:04/02/16 18:33 ID:???
(まぁそんな騒ぎはさておいて)
(ふくかんの部屋。
 クレアが去った後、さすがに子供を一人暮らしさせるのは
どんなものかという話となり、すったもんだのすえにふくかんの
部屋にすむことになったグェネビアであるが)

・・・・・・

665 :茶髪:04/02/16 18:45 ID:???
(次の日……色々されていたことは大体把握しているようだが、何か盗まれたり
PC弄られたりした形跡は無かった為あまり気にしてないようだ。(と言っても
部屋のロックに独自のOS仕込みだそうとは考えているが。)……DG騒ぎの
影響か、完治は程遠いはずなのに自分の足で歩き、ふくかんの部屋に向かっている。)


666 :ちんぴら:04/02/16 18:45 ID:???
>664
(ゼミ終了後、様子見にきた奴A)
 ・・・・・・(;`□´)

667 :赤毛:04/02/16 18:48 ID:???
>666
 ・・・・・・

 人間の暮らせる部屋じゃないわ・・・・・・
(床に転がるジャンクジャンクジャンク。で、部屋の空間の大半を占拠する
巨大なシミュレーター。
 壁にはみっしりと古今の戦術やら剣法やら剣法やら砲術やらを記した
本・・・・・・ハッキリいえるのは地震がきたときこの部屋の中にいたら
死を免れえないだろうという事実)
(そんなメカの灰色と壁の白、影の黒しかない部屋に冗談のようにピンクの
布団をしいたベッドが一つ・・・・・・)

668 :蛙連れ:04/02/16 18:49 ID:???
(何処をどうやったらそうなるのか、天性の方向音痴が今ごろ復活し
 ふくかんの部屋の前に来る。)
……はぁ……

669 :赤毛:04/02/16 18:51 ID:???
>668 
 あー。
 新人さん?
(気配に気づいて外に出てくる) 
 どったの?

670 :茶髪:04/02/16 18:52 ID:???
>667
(やっと辿り着いたようで。そこまで滅茶苦茶ピリピリした空気漂わせていたがそこで脱力。)
…ある意味僕の部屋よりはるかにマシだと思うけど…。
(こいつの部屋。壁の一角サーバーマシン、もう一角に机とPC。
後は本などが…整ってはいるが地面にはすのこの上にカーペットブロック
を敷き、その下には配線の山という状態だったりする。)

671 :蛙連れ:04/02/16 18:52 ID:???
>669
…………え?
(キョロキョロと見回してみる。目的地ではない事に気づく。)
ど、どどどど、どうしてここに俺いるのー!?
(あたふたと混乱)

672 :グェネビア:04/02/16 18:53 ID:???
>667 
 えーと、僕の部屋は確か隣だっけ・・・・・・
(一応1LDKのマンションだったということを思い出し、ここが
ダイニング・・・・・・であったはずの部屋だったことに思考が
たどり着く。
 そして、隣の部屋へ・・・・・・・ちゃぶ台と座布団一枚とテレビ
しかない。
 生活臭、皆無・・・・・・)

 (´Д`)・・・・・・

673 :ちんぴら:04/02/16 18:55 ID:???
>670
 きっっぱりとどっちもどっちだ。
 
 っていうかおまえらにはプライベートッつーものがないのかと
子一時間問い詰めていいか?on_
>672
 絶対世話になるのよしたほうがいいぜ・・・・・・
 なんならうちに来るか?

674 :赤毛:04/02/16 18:58 ID:???
>670
 あんたの部屋もすごいもんね・・・・・・
 ま、趣味と仕事が一致してるのって幸せなことなのかも・・・・・・・
とか一瞬思ったわ。
 
 でもこういう環境で寝起きする気にはあたしにはなれないわねー(滝汗)
>671
 もしかして道間違えた?
 どこいきたかったのよー。
>672
 あたしんとこであずかってもよかったけど・・・・・・
アズが忙しくて相談してる暇なかったしぃ・・・・・(ため息)
>673 
 蛍光灯の代わりにブラックライトがあって音楽っていったら
ユーロビートとへヴィロックしかないようなあんたの部屋に言ったら
グェネッちがダメッ子になるじゃない。問題外よ、問題外!

675 :蛙連れ:04/02/16 18:59 ID:???
>674
あ、ああっと、シミュレータ室に行こうとしてたんだけど……
何でこんなとこ来ちゃったんだろ?
と、ともかく俺は行きますから!そりゃ行くとも!
(ダッシュで走り出す……数秒後戻ってくる)
あれ!?

676 :ぐぇねびあ:04/02/16 19:00 ID:???
 かーさーん、にゅーぎにあはいいとこだよーはやくきてー
ヾ(´Д`)ノシ
(とりあえずぼーぜんとしつつ)
>670
 おひさしぶりです。
 怪我、治ったんですか?
>671
 初めまして。グェネビア・シモンズです。
(ぺこりと頭を下げる10歳の少女)

677 :茶髪:04/02/16 19:01 ID:???
>673
…いや…あのサーバーマシンとPCとか介して遊ぶのがプライベートなんだけど…。

最も最近は新作一般用OSの中小企業への売り込みと日本刀のネットオークションが主だけど…。
(因みにこいつのとなりの部屋は…ディスクと専門書の山。山、山、山。
…しかし一応、料理とかは自力で作るようで台所だけは生活臭。)

>674
…まぁ、嫌な事もやらされるけどね…。

そう言えば、最初はどっかの誰かさんの部屋に行くはずなのに同時のタイミングで
出てっちゃったから…だっけ?…で、三人娘が玩具にしようとしてたからそれだけは
周りが必死に止めて…。

678 :ぐぇねびあ:04/02/16 19:01 ID:???
>675
 あれ。いってらっしゃ・・・・・・なんで戻ってきますか?煤i・□・)

679 :茶髪:04/02/16 19:02 ID:???
>676
…まぁ…ね。
(嘘。肩の包帯、血が滲んでます。)

680 :蛙連れ:04/02/16 19:03 ID:???
>676
は、はぁ……どうも……
(律儀に頭を下げる蛙連れ)
あ、俺も一応自己紹介しようか……
(指をパチッと鳴らす。何処からともなく現れる三匹の蛙。)
やぁ、帰って来てくれたね。
俺はアウカッド……いや、もういいか。エィケズ=コート。
それでこっちはケラ、ケル、ケロだ。
(手に乗った蛙三匹を近づける。)
よろしくね

681 :蛙連れ:04/02/16 19:04 ID:???
>678
う……どうしてなんだろう?(汗)
おっかしなぁ、俺、もう直ったはずなのに……
よーし!もう一回だ!行くぞ、ケラ、ケル、ケロ!
(もう一度ダッシュ。しかし、やっぱり戻ってくる。)

682 :ちんぴら:04/02/16 19:05 ID:???
>674
 てめーだってヒトのこといえねーだろ!

 たぶん。
(いったことない奴)
 だがよぉ。へんなもじゃもじゃした飾りをコクピットにつるすよ―な
おまえなら多分似たようなもんじゃねーかと思うわけだがどうよ?
>677
 不健全だなぁおい・・・・・・
 夜中にバイクで突っ走るとかしねーの?
 ヒッキ―だぞヒッキ―。その生活スタイルって。

683 :赤毛:04/02/16 19:07 ID:???
>680
 いったり来たり忙しいわね・・・・・・(滝汗)
>679
 無茶病移った?
 なんていうか血ね、血。
 病院でおとなしくしてればいいのに(おまえが言うか)
 どっかの誰かさん?何の話?

684 :茶髪:04/02/16 19:08 ID:???
>682
夜中にバイクで?

………まさか。夜中回ってもいい店開いてないでしょ?
夜中は大体寝てるかシミュ室かPC弄ってるかだけど…。

>683
…無茶でも必要不可欠なときはやらなきゃいけないから。
(笑って見せて…から周囲を見回して)
…あ、忘れて。


685 :グェネビア:04/02/16 19:09 ID:???
>674
 いえ、お二人の生活に干渉するわけには・・・・・・
(妙に気を回すグェネビア)
>673
 そっちのほうがいいかもしれませんけど、決まっちゃったみたいですし・・・・・・
それにしても、どうやって暮らしてるんだろ・・・・・・

 バイクってどんなですか?まだ乗ったことがないんです(あたりまえだ未成年)
>680
 ケル、ケラ、ケロですか・・・・・・
(もしかして、話せる・・・・・かな?
 そういえば動物語はまだやったことないなぁ・・・・・・・)
(妙な考えを抱く奴)

686 :フライトジャケットの少女 ◆DOLL/2qhfw :04/02/16 19:11 ID:???
【Tシャツの上にフライトジャケットを羽織った少女が、通路の向こうから歩いてくる。
 髪はショート、光沢のあるブラウン】

「全く、あの男は何処へ行ったんだ」

【眠っているケイトを抱きかかえながら、養成所の中を探し回っていたらしい】

>680
「―――エィケズ、何をこんなところで油を売っているんだ。
 訓練の途中だったのではないのか?」

687 :蛙連れ:04/02/16 19:11 ID:???
>683
(´・ω・`)
>685
うん。ケラ、ケル、ケロ。
この凛々しくてかっこいい系のがケラ。
可愛い系のちょっとキツい感じのがケル。
大食漢でマイペースなのがケロだよ。
(一匹一匹説明するが、違いはほとんど無い。というよりも素人に判断は出来ないぽ。)

688 :蛙連れ:04/02/16 19:14 ID:???
>686
……( ゚д゚)ポカーン
(( ;゚Д゚))ガクガク
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
ケ、ケケケケ、ケラケルケロロロ……ささ、下がっていなさい
(ドッと溢れ出る冷や汗。目がメチャ泳いでる)

689 :ちんぴら:04/02/16 19:14 ID:???
>681
 おまえ・・・・・・
 
 実はもーのすごい方向音痴だろ。
 っていうか。

 ありえねぇ・・・・・・(限界まであきれている)
シミュならここの奴つかえばいいんじゃねーの?
 わざわざむこーまで戻るのめんどくせーしよ。
>684
 わかってねーな。
 200キロオーバーで誰もいない廃墟を突っ走るのが
楽しいんじゃねえの。 
 朝方のアスファルトが紫色染まる中を、ただひたすら走る!
 これ。最高。
(若さゆえの暴走というか青春汁120パーセント濃縮というか)
>685
 サイッコー。
 MSとは違うんだよな。
 刀(KATANA)の復刻バージョンが出たからよ、それに乗ってるわけ。
 たのしぃぜ?もうちょいでかくなったら乗ってみるといい。
 免許は運転になれてからが基本だ。実技狙いっつーのもアツイぜ?
(悪の道に誘うな)

690 :グェネビア:04/02/16 19:16 ID:???
>687
 なるほど・・・・・・
(本体とデータリンク開始)
(でもだめぽ)
 さすがに蛙の言葉はちょっと・・・・・・・
 犬とか猫なら、まだ・・・・・・on_
 ごめんなさい(何故謝る。っていうか自分の正体がばれかねない発言をすな)

691 :蛙連れ:04/02/16 19:18 ID:???
(>689と>690の言葉は全然入ってない。というよりも入れる程頭が冷静になってない)

エ(逃げちゃ駄目だ逃げちゃ駄目だ逃げちゃ駄目だ逃げちゃ駄目だ×∞)

692 :フライトジャケットの少女 ◆DOLL/2qhfw :04/02/16 19:18 ID:???
>688
「どうした?
 私と逢うのがそんなに嫌か?」

【あくまでポーカーフェイス。
 部屋の中を覗き込み―――】

「なるほど、確かに他の女と会っているところを見られるのは、気が引けるか」

【赤毛とグェネビアの姿を確認し、何やら勘違いした様子】

693 :赤毛:04/02/16 19:19 ID:???
>682
(実は割と少女趣味全開だったりそうでなかったりする
赤毛である。気分によってアジア風味にしたてたり
ととにかくやたら内装を変える癖があるのだ・・・・・
ちなみに今はリゾートをイメージした感じに部屋の内装を
変えている。観葉植物をベースにして竹細工の部屋飾りなど
を配置して、「欧米人が見る日本+アジアの家」な雰囲気を
かもしだしてたりするがんなこたどーでもいい)
>686 
?はじめまして。
(見ない顔ねぇ・・・・・・誰?)
>688
 さては・・・・・・(・∀・)
(なんとなく関係を察した奴)

694 :蛙連れ:04/02/16 19:20 ID:???
>692
い、いや……そんな事は……
(それでも目は泳ぎまくり)

いやいやいや、彼女達はそうじゃなくてね……
ここには間違いで来ちゃったみたいな感じで……
うん、そう、間違いなんです

695 :フライトジャケットの少女 ◆DOLL/2qhfw :04/02/16 19:23 ID:???
>691
「……何を呆けている」

>693
「……つかぬ事を聞くが、お前はエィケズの何だ?」

>694
「お前は黙っていろ―――またか。
 相変わらず直らないのか、その方向音痴ぶりは……」

【呆れたように溜息一つ】

696 :茶髪:04/02/16 19:24 ID:???
>689
……随分はた迷惑だね…。峠とかでやるならともかく。
(かなり汗かいてます。)

>688 >686
…災難だね…。
(ボソッと)

697 :ちんぴら:04/02/16 19:25 ID:???
 おれは無視か?
(フライトジャケットの女を見てそれとなくしょぼーんしつつ)
 ま、いいや。
 肝心の教官がこねーな。
 探してくらぁ。
(部屋を出て行く)

698 :ちんぴら:04/02/16 19:26 ID:???
>696
 誰も住んでねーんだからいいだろ。
 峠もいいんだよな。攻めまくり。
 ケツでドリフト決めて相手を脇からぶん抜いてよ・・・・・
んじゃ、ちょっといってくるぜ。

ノシ
(今度こそ出て行く)

699 :蛙連れ:04/02/16 19:27 ID:???
>693
ご、ごめんねぇ……
>695
はい……
(言うと同時に小さくなるヤツ)
>696
あの……ホントゴメンね(´・ω・`)
もし、俺が死んだら骨は拾って……

700 :赤毛:04/02/16 19:29 ID:???
>694
 いや、まちがったのはあんたじゃない(苦笑)
 っていうかどうすればこの教員棟に間違ってこれるのかと子一時間(ry
>695
 んー・・・・・・・
 
 わりと赤の他人?
(直球)
>696
 それは・・・・・・なんていうか、同じタイプの人間への同情ね。
(見切るなよ)

701 :茶髪:04/02/16 19:30 ID:???
>699
……大袈裟…でもなさそうだね…(かなり汗。)

>700
……まさか。
(内心ドキっとしてるのに誤魔化す奴。)

702 :ぐぇねびあ:04/02/16 19:31 ID:???
>697
 こんどのっけてくださいねー(・∀・)ノシ
>696
 なんでしたら、今軽く直しちゃいましょうか?
(人前でそういうことするなデビルガンダム)
>695
 はじめまして(ぺこり)
 僕は(自己紹介)
 よろしくお願いします。

703 :赤毛:04/02/16 19:34 ID:???
>701
(・∀・)ニヤニヤ

 ま、なんていうか生き方は人それぞれ。こういう恥辱プレイもいいもんよー
(いいわけねえだろ)
 そーいやチャパツ君はバレンタインの戦果どーだったわけよ?
>702
 よしなさいバカが移るから。(いうな同属)

704 :蛙連れ:04/02/16 19:36 ID:???
>700
……(´・ω・`)
>701
あのね、本当に……女の人には気をつけるんだよ。
それと将来結婚したとして……絶対女の人には逆らわないようにね

705 :フライトジャケットの少女 ◆DOLL/2qhfw :04/02/16 19:37 ID:???
>700
「そうか……済まなかったな、少しばかり勘違いしてしまったようだ」

>699
「そう怯えるな。
 何も昨日の説教の続きをしに来たわけではない―――ほら、弁当だ」

【言って、ペイズリーのバンダナに包まれた弁当箱を右手で差し出す】

>702
「幼い割りに礼儀正しいな……いや済まない、感心しただけだ。
 私はコォネ。コォネ=K=コートだ。
 そこで震えている男の妻をやっている」

【赤毛とグェネビアに向かい】

「二人ともここの生徒のようだな。
 私の夫は気が小さいが、悪い奴ではない。宜しく面倒を見てやってくれ」

>704
【横目で一瞥、フンと拗ねたように鼻を鳴らす】

706 :茶髪:04/02/16 19:37 ID:???
>702
……いや…遠慮しとくよ。

>703
…戦果?…今回は控え目にすんで助かったかな。ホワイトデーの出費が。
(当日、こいつがわざわざAA動かすのに協力した理由は…逃げていたかららしい。
因みに当日部屋には自作ロックがかけられていて、諜報部すら苦戦させていたようで…
AAに乗ってた香具師以外殆どマトモに渡せていない。)

707 :赤毛:04/02/16 19:37 ID:???
>704
 ・・・・・・

 世の中、例外ってあるもんよ・・・・・・(滝汗。
むしろ無茶と無謀と迷惑のかけすぎということもあり
最近ポややンの尻にしかれぎみな赤毛なのである・・・・・・)

708 :蛙連れ:04/02/16 19:40 ID:???
>705
あ……
(弁当箱を受け取る。)
(*´∀`) やっぱコォネ君や〜さし〜い♪
(態度180度回転。思いっきりニコニコ顔に。)
みんな、結婚したら俺達みたいな家族を作るといいよ〜♪
ねぇ、ケイ……ぶふぉっ!
(寝ている赤ん坊を覗き込むと寝ぼけた赤ん坊のパンチをもらう)

709 :ぐぇねびあ:04/02/16 19:41 ID:???
>704
 あ、お父さんなんですね?
 いいなぁ、うちは片親ですから(苦笑・・・・・・
どことなく羨望のまなざしで見てる奴)
>705
 あ、そこの人の奥さんで、その子のお母さんなんですね。
はじめまして(ぺこり)
 今はちょっと出かけていませんけど、僕にも母さんがいます。
クレア・シモンズっていうんですけどね。
>706
 むー。(´・ω・`)
 怪我、速く治したほうがいいですよぉ・・・・・・
(残念そう・・・・・・
 だから知らない人の前で能力を使おうとするな)
>703
 楽しそうでいいとおもうんですけど・・・・・・

(だれかこいつに世の中の不良行為というものの意味を教えてやってくれ)

710 :茶髪:04/02/16 19:41 ID:???
>704
…まぁ、その辺はもう問題ない…から大丈夫だと思うけど…。
(確かにある意味大丈夫だろう。)

>707
まぁ…どっかのだれかさんも普段は尻に敷かれるに近い状況だからね…。
彼の場合緊急時振り回されてるからお互い様かもしれないけど。

>708
(ボソッと赤毛にのみ聞こえるよう呟く。)
飼いならされてるね…。

711 :赤毛:04/02/16 19:45 ID:???
>706 
 よかったわね・・・・・・
(こればかりは心から同情できる赤毛である。
 ・・・・・・バレンタインデー当日・・・・・・
 どれほど多くの名無し女子生徒が「キラきゅーん♪」といいながら
養成所をうろちょろしていたか・・・・・・
 基本的に女性の味方をしている赤毛であるが、ああいう光景を見ると
なんというか哀れみすら覚えるのである)
>705
 勘違いしてもらえるってことは、あたしもまだまだいけるってことね。
(妙なところで嬉しがる奴)
>708
 わっかりやすいわねー・・・・・・あ、いいのが入った。
(あきれ半分うらやみ半分で見る。
 結婚したらこうなる?とか思ってみたり、また違うかなとか
思ってみたりして)

きゃー♪(´∀`*)

(結婚してるも同然の同棲生活してやがるくせしていまさらなんだ
その態度は赤毛よ)

712 :赤毛:04/02/16 19:47 ID:???
>710
 あ、は、は、は・・・・・・(ぎくずきばき)
 
 ま、幸せならなんでもいいのよし合わせなら―(悲鳴)
 受けでも攻めでもタチでもネコでもー

713 :ふくかん:04/02/16 19:48 ID:???
 なんだかたーくさんそろってますねー。
(ようやく来る奴)
 
ω・)ノシ

714 :蛙連れ:04/02/16 19:49 ID:???
>709
そうです。パパです。そして夫です。一家の大黒柱です。
そうだ、今度俺の家に来ないかい?俺が得意のエビグラタンを作って歓迎するよ〜♪
(めちゃめちゃゴキゲン)
>710
そうかぁ。
うんうん、早くいい人を見つけるんだよ。俺みたいにね!
(Vサインを茶髪に突きつける。)

715 :フライトジャケットの少女 ◆DOLL/2qhfw :04/02/16 19:49 ID:???
>708
【情け無さそうに首を振る】

>709
「ほう、私がこの男の妻だと知って驚かない人間は久しぶりだな。
 ―――そうか、片親か……ならば母親を大事にしなさい。
 親との思い出が作れるだけでも、それはとても幸せな事なのだから」

>710
【ピクリ、と耳が動く。でもポーカーフェイス】

>711
「そうだな、貴方も充分に魅力的だろう。
 ……この通り、歳の離れすぎた夫婦だ。貴方のような女性の多い環境だと、少し不安を感じてしまうのさ」

【エィケズには聞こえないように、そっと囁く】

716 :茶髪:04/02/16 19:50 ID:???
>711
ホント、…この装置使う必要が出るかと思ったよ…。
(一秒ミラコロ3秒で出現の芸をやらかして。…恒例、ミラージュコロイドを更に
小型にした人体用試作品だ。)

>712
……まぁ、否定しないけど。


717 :ぐぇねびあ:04/02/16 19:55 ID:???
>715
 世の中
(ふくかんを指差す)

 あれで24歳って言う人もいますし・・・・・・
(それに僕の母さんも一時期・・・・・・)
 なれちゃったのかも、しれませんね・・・・・って!!
 ちょっと待ってください。
 その年で子供産んだんですかー!!(そこでようやく驚く奴)
>713
 ・・・・・・
 普段どういう生活してるんですか?(滝汗)

718 :赤毛:04/02/16 19:59 ID:???
>グェネビア
 ま、そのうち分かるわよ。ぐぇねぴーはまーだ幼いんだから♪
>715
 見た目じゃないわ。愛よ、愛。
 なーんとなくだけど・・・・・コォネさん、だっけ?
それなりに努力が垣間見えますがだんなさんのためですか?

 あたしは彼のためだけどー♪(・∀・)
(ぼそりとにやにや)
>716
 まぁね・・・・・・・
 
 もし逃げてなかったら・・・・・・
 蟻に襲われた人間状態になってるわよね・・・・・・
 ざっと見ただけで、養成所の職員生徒事務員整備員赤の他人市民難民
含めて100人はいたわね。あたしが見てないとこだとどれだけいたか・・・・・・
>713
 っていうか人が来るってわかってるんだからもーちょっと部屋を
整えときなさいッ!!
(来て早々年上を怒鳴りつける赤毛)

719 :ぐぇねびあ:04/02/16 20:01 ID:???
>714 
 料理できるんですか?
 
 いいなぁ・・・・・(´Д`)
 かあさんが得意な料理っていったら怪しげな干し魚とか干し肉とか
保存食ばっかり・・・・・・
 肝心の料理は・・・・・・

 最近、ようやく塩と砂糖を間違わなくなったかな・・・・・・

 薬はまちがえないくせに・・・・・・on_

720 :茶髪:04/02/16 20:02 ID:???
>718
……は…はは…。
(顔が青い。)

>719
…人、得意分野と苦手分野あるから…。

721 :フライトジャケットの少女 ◆DOLL/2qhfw :04/02/16 20:03 ID:???
>717
「なるほど、世の中は広いな」

【ふくかんを見て、感心したように呟く】

>その年で
「ああ、そうだ。
 ロクに女も知らないような男だったからな。
 既成事実を作って首輪を嵌めるのに苦労した」

【さり気なくとんでもない事を言ってのける】

>718
「……まあ、惚れた弱みという奴だ。
 アレでもあの男は、私に世界の広さを教えてくれたからな」

722 :赤毛:04/02/16 20:04 ID:???
>720
 ま、その、なに。
 ホワイトデーも逃げ回ったほうが安心ね。マシュマロは郵送したほうが、
身のためよ・・・・・・


 女の嫉妬はこわいし。それが群れで来たら、もう・・・・・・

 いっそ女装する?(まて

723 :蛙連れ:04/02/16 20:06 ID:???
>719
出来るよ〜♪
得意料理はパスタと……後は炒め物かなぁ……

まぁ、それも愛情こもった料理だよ。
料理料理♪
(あははと笑う)

724 :茶髪:04/02/16 20:07 ID:???
>722
…勿論郵送するつもりだけど…。

>721
……!
(一瞬で顔色を真っ青にする。……果てしなく嫌な思い出を思い出したようだ。)

725 :ふくかん:04/02/16 20:07 ID:???
>721
 そういえば戦場じゃ顔合わせたことありませんでしたねぇ、コォネさん(苦笑)
フミ・サカグチ教官補佐です。よろしくお願いします・・・・・・
コールサインの「ブラック・ウィドウ」の方が分かりやすいですか?
>赤毛、グェネビア
 しょーがないじゃないですかーおしごとでかたづけるひまなかったしー。
 それにあれ(シミュレータ)かたづけるなんてあたしじゃむりむりむりー
なのでーす。

726 :赤毛:04/02/16 20:10 ID:???
>723
 なかなかイー感じじゃない。奥さんもその料理で落としたわけ?(にやにや
>724

 ごめん。あたしが悪かった・・・・・・
 
 ホワイトデーは仕事で出かけたって事にしとくわね。
アリバイ工作はあたしが請け負うわ。
 さすがにしなれたら困るし(滝汗)
>725
 一応24ならもーちょっとましな部屋にしなさいよ!
 どういう人間か丸見えよ丸わかりよ!
 それに台所!さっき見てきたけど米しかないってどういうこと!
 食器棚に米!冷蔵庫に米!床の野菜貯蔵庫にまで米!

727 :ぐぇねびあ:04/02/16 20:11 ID:???
>723
 僕は煮物が得意かなぁ。
 どうしても母さんの料理修行に付き合ってると、
あまりもの鍋ぐらいしか作れなくなっちゃって(苦笑)

 いいですねー、ちゃんと料理できる人って・・・・・・
母さんと結婚してくれません?(無茶言うなよ)

728 :ぐぇねびあ:04/02/16 20:12 ID:???
>720
 ま、そうなんですけどね・・・・・・・


 もうすこし人間らしく・・・・・on_


729 :蛙連れ:04/02/16 20:13 ID:???
>724
ん〜?どしたの?
(青くなった茶髪を気にする。)
>725
あれ〜?コォネ君を知ってるんですか〜?
>726
えへへ〜(照れ笑い)
なんだかねぇ、俺も今でも信じられないんだよねぇ
結婚なんか全然考えてなかったし
コォネ君に好きだって言われた時まで俺、女の子なんか全然興味なかったから
(なにげに問題発言)

730 :ぐぇねびあと赤毛:04/02/16 20:14 ID:???
煤i´Д`) 煤i・∀・)
>721
赤毛:き、きせーじじつ!?女も!?首輪を!?
 彫れた弱み・・・・・いやそーゆーんじゃなくてなんて
刺激的ななれそめ!?
グェネビア:(顔真っ赤にして昏倒)

731 :蛙連れ:04/02/16 20:15 ID:???
>727
煮物はいいよね〜。
煮物だったらケロが大好きだったかな。今度こいつに食べさせてあげてよ
(そういって一匹の蛙を見せる。)

あはは〜、俺にはもうコォネ君がいるから無理だなぁ。

732 :茶髪:04/02/16 20:15 ID:???
>726
アリバイ工作なんていらないよ。

…きちんとホワイトデー当日にやる骨董品オークション行って来るから…。
丁度中堅のパソコン会社にセキュリティソフト、版権ごと売ってお金も貯まったし…。
(本気のようだ。)

733 :赤毛:04/02/16 20:16 ID:???
>729
 ・・・・・・それは、その・・・・・・

(親ゆびをぐっとつきたてて)
 こちらの種族であられたわけですか?

 ((((((´□`)

そ、そりゃ恋愛は自由だとは思うけど、そっちの趣味は、
その、ええと・・・・・・


 がんがったわねー(意味不明)
>730
 ぐ、ぐぇねぴー!?
(ぶったおれたグェネビアに滝汗)

734 :茶髪:04/02/16 20:16 ID:???
>728
…いいたいことはわからなくも無いけど…。
(先程からずっと顔真っ青に近い状態で視線も定まってるか微妙な状態で喋っている。)

735 :ぐぇねびあ:04/02/16 20:19 ID:???
 うーん・・・・・(ようやく目を覚ます)
>731
 煮物が好きなかえるさんですかー。
 珍しいですね。
 肉の煮物とか食べるかなぁ・・・・・・(考え込む奴)

736 :蛙連れ:04/02/16 20:19 ID:???
>733
んー?なぁに、これ?
(親指をぐっとつきたてる)
んー……何だぁ?

そうそう、恋愛といえばね、初恋みたいなのはここにいるキャットだったんだよ〜♪
(明るく問題発言)
でもねぇ、俺もなんか恋てか、愛てか、
なんかキャットはそういうのじゃないなぁと思ってね。
どっちかというと憧れみたいな感じだったのかなぁ。
あはは〜。

737 :蛙連れ:04/02/16 20:20 ID:???
>735
何でも食うよ、こいつは。
この前なんか俺の作ったグラタンペロリとたいらげたからねぇ。

738 :ふくかん:04/02/16 20:21 ID:???
>729
 軍でちょくちょく一緒の任務をこなしたりしたですよ。
 ただ、MSに乗っての交信ばっかでしたから、お互い顔も知りません
でしたけどね(苦笑)
 いい腕してましたよー彼女。
 ここに来てくれたのがちょっとうれしーですね。
(軍人モードの口調で言う)


739 :蛙連れ:04/02/16 20:23 ID:???
>738
(ふにゃふにゃの空気から一転してキリリと顔が引き締まる)
そうですか……
コォネ君の旧友……と思っていいですね。
今度俺の家にでも遊びに来てください。歓迎しますよ。
(そして一瞬にしてふにゃふにゃに戻る)
あはは〜。

740 :赤毛:04/02/16 20:24 ID:???
>732
 前の日に出たほうがいいわよ。

 それと、あの3人には要注意・・・・・・
 情報をリークされたらおしまいよ。
 包囲されて殲滅されるわ。
 あの伝説のカンネ―のようにね・・・・・・
 想像つくわよ。
 なぜかマシュマロ抱えた女の子が隊列をなしてチャパツ君の部屋を
・・・・・・・
 そう、まさに人海・・・・・・(うつろ
>736
 やっぱ・・・・・・

 ゲイでいらっしゃられましたか(滝汗)
 キャットさんってーと・・・・・ああ、整備の。
 あはははははは(うつろわらい

 ま、その、なに。奥さん大事にしてね。手放したらだめよ。


741 :蛙連れ:04/02/16 20:26 ID:???
>740
ゲイ?
(しばらく考え込む)
…………ちちちちちちち、違いますよぉっ!
俺は別にそんな、キャットの事なんか今ではホント何とも思ってませんから
それに、あの時も何もしてないし、何もされてないし、何もする予定もありませんよっ!
(あたふたと頬を染めながら言う)

おおおおお、奥さんはそりゃ大切にしますよっ!
そりゃもう!守りますとも!一家の大黒柱ですから!

742 :茶髪:04/02/16 20:26 ID:???
>740
………あの三人?…前日?…そこは…問題ないよ。
出発日時その他の詳細、僕以外誰にも言う気ないから。
(何とか立ち直ったようだ。)

743 :ふくかん:04/02/16 20:27 ID:???
>739 
 せめて戦友って言ってもらえません?
 
 それにしても・・・・・・
 想像つきませんねぇ。
 あのコォネ・K・コート、鉄巨人の巫女の旦那さんにしては・・・・・
あ、だから養成所に来たんですね。 
 わかりました。
 では、コオネさんにふさわしい男になれるようあたしが
徹底的に無慈悲になおかつ悪夢のような訓練をして即座に
実戦で戦果をあげられるようなパイロットにして上げます(よけいなおせわだ)

744 :蛙連れ:04/02/16 20:30 ID:???
>743
戦友ねぇ……

あはは〜。俺も信じられませんよ。コォネ君が俺と夫婦だなんてね
お願いしますね〜。
俺も早く一人前になってコォネ君とケイトを守りたいですから〜
(どんなものか全く想像してない)

745 :あかげ:04/02/16 20:31 ID:???
>741
 あのとき?


 そう。なんていうかごまかさなくていいのよ。
 たとえそれが仮面結婚だったとしても、そう、子供が出来てるんだから
せめて子供の前ではいいだんなさんでいてあげて・・・・・(つД`)
>742
 そうしたほうがいいわ。
 知っている人間が増えれば増えるほど、機密は漏れやすくなる・・・・・

 問題は・・・・・・・

 あなたのことを慕ってる女の子の中に、NTがいないかどうかってことね・・・・・・(滝汗)
>743
 どうでもいいけどさっきからまともにしゃべってるわね。

746 :ぐぇねびあ:04/02/16 20:33 ID:???
(またも卒倒。
 同性同士の関係、というものをうかと想像してしまい、
内心で拒絶反応を引き起こしてしまったのである)

747 :蛙連れ:04/02/16 20:35 ID:???
>745
うわああああああああん!違うですんですってば!
えーっと……ホラホラ、これが俺とキャットがそういう関係じゃなかったという証拠です!
(パチッと指を鳴らして蛙を呼ぶ。蛙が持っていたアルバムを手にとり、赤毛に見せる。)
ほら、これが俺とキャット……仲はいいけどそういう関係じゃなさそうでしょ?
(手を繋いでいたり、昼休みに蛙が「あ〜ん」といいながら猫にお弁当を食べさせている写真)

748 :赤毛:04/02/16 20:39 ID:???
>747
 確定じゃない。
(断言)
 ふつーね。こういう真似はしないのよ、男同士では。

 こどもにみせちゃだめよこのアルバム(つД`)

749 :蛙連れ:04/02/16 20:40 ID:???
>748
え、えぇっ!?そうだったのか……(´・ω・`)
やると思うけどなぁ……これくらい、日常茶飯事だったし……

見せちゃ駄目ですか……うーん……

750 :赤毛:04/02/16 20:43 ID:???
>749
 せめて夕日をバックに拳でバトル、とかなら7割は納得できた、わ、ね・・・・・・・
(ため息)
 さて、あたしそろそろバイトだから行くわね。んではー
ノシ

751 :ふくかん:04/02/16 20:44 ID:???
<>744
 お任せあれ(にやり)

 あ、ぐぇねっちたおれてるー。
 ねかせなきゃ。
(隣の部屋にグェネビアを運んでく奴)

752 :蛙連れ:04/02/16 20:45 ID:???
>750
キャットの事なんて……殴れませんよ……

それじゃあ俺も訓練に行こうか……ケラ、ケル、ケロ。
しっかり案内頼むよ。
(そう言ってシミュレータ室に向かう。今度はちゃんと行けたらしい。)

753 :?????:04/02/16 23:04 ID:???
(ここは闇の中……そこで、一人密かに目を覚ましつつある者が居た。)

【こ……こ…は……?何も……見えま……せん。
 暗い……私は……一体……】

(考えようとする内にだんだんと記憶のあやふやな断片がパズルのように重なってゆく。)

【そ……そう……だっ……た…。私は……確か……】

(身体を動かそうとするが、締め付けられるような感覚で身動きが取れない。)

【…………………………………………。
 や……はり…ですか……。無理もありませんね……あんな事を……したのだから……
 でも……まだ……生きている……?それとも……これは……死…?】

(でも彼は感じている。何かが……彼の身体を揺さぶる……揺り篭に入れられた赤ん坊のように…
 彼は揺られている……そんな感覚を…そして…)

…………っ!!
あっ………ああぁ……ぐっ……つぅぅぅ………!!!

(突然彼の身体に痛みが走る。脳まで鮮明に伝わる痛みに耐えつつ、何かを確信しようとしていた。)

【でも……………まだ……生きて……る……?】

(そこで彼の意識は途切れた。)

754 :ウェイトレス姿の女:04/02/16 23:37 ID:???
(天馬で働いている彼女。…DG事件以来明らかにいつもと空気が違う。
…緊張していると言っても良いかもしれない。…あ、又スッ転んだ。)

755 :噂好きの女伯爵 ◆oFk.XKUV0M :04/02/16 23:52 ID:???
(……DGガンダムの再出現という事態を受け、再び忙しくなってしまった彼女。
 養成所に学生として復帰する予定が、またも延期w
 それでも、とりあえず初期の手配を一通り終え……天馬に「ちょっと一息つきに」やってくる)

(天馬のドアを開けて入りながらも、なおも携帯電話でなにやら話している)

……ええ、だからサイコフレームとバイオセンサーの増産、急いで下さいねぇ♪
何もしないよりはるかにマシですから♪
ええ、わかってますよぉ。無理言ってるのはコッチですから、それなりの見返りはしますって☆
じゃ、お願いしますね〜。

(ピッ)(携帯OFF)

……ふぅ。
とりあえず、これでよしです♪

>754
あ、紅茶と、「今日のケーキ」を3人分、お願いしますね〜♪

(ウェイトレス姿の女に注文を頼む)

756 :ウェイトレス姿の女:04/02/16 23:56 ID:???
>755
(早速紅茶とケーキ3人前を持ってくる…。…そして、ケーキを先に起き…
コースターの下に何かの紙を隠すように置いてその上に紅茶を置く。
…位置的に、紙を隠した事は噂好き以外の客などには知ることはほぼ不可能である。)
…どうぞ。

757 :噂好きの女伯爵 ◆oFk.XKUV0M :04/02/16 23:59 ID:???
>756
あ、ありがとうございまぁす♪(ニコニコ


(なんですかねぇ、この紙……??
 それにしても、 いろんなトコにいろんなヒトがいるもんですねぇ☆)

(さりげなくコースターをズラし、他の客に見られないよう、その紙を見る)

758 :紙の内容:04/02/17 00:06 ID:???
(親愛なるフロレンティナ・カルンシュタイン殿。我々は貴殿を筆頭とする
企業穏健派を真に企業の中で良心を持つ派閥と見做し、ある交渉の為に貴殿らと
2段階に分けた会談の席を設けることを望みます。…受けていただけるのであれば
この紙を灰皿に入れ、燃やした上で追加注文で…チョコパフェを一杯頼まれますよう
宜しくお願いします。詳しい条件等は次回のコースターの裏の紙にて伝えさせていただきます。
(因みに、紙には丁度それの代金が同封されている。))

759 :噂好きの女伯爵 ◆oFk.XKUV0M :04/02/17 00:16 ID:???
>758
(一読して……ニッコリ微笑みつつ、

  なんと、その紙を懐に入れる。

 そして……テーブルに突っ伏すと、なぜかかなり大きな声で独り言……。)


……なんですかねぇ。急に食欲なくなっちゃいました。
仕事のしすぎですかねぇ……。
ケーキの後、パフェも食べようかと思ってたんですけど……。

ほ〜んと、偉くなんてなるモンじゃないですよ。
休憩中でもコッチの都合考えずにお客は来ますし、名乗りもしないで要求突きつけて来ますし。
みんな、それぞれ思惑や事情があるのはわかりますけどぉ、いちいち相手してたらキリなくなっちゃいますよぉ。
もーちょっと、考えて欲しいモンですねぇ……。

(ま、愚痴である。それも彼女の立場ならいかにもありそうな。
 大食漢の彼女には珍しく、ケーキには一口手をつけただけで、食べる動きが止まっている。
 表情は膨れっ面のまま、テーブルに突っ伏している)

760 :土蜘蛛 ◆eAwRb9qzdQ :04/02/17 00:21 ID:???
>759
(いつものようにオープンテラスにいるのだが……)……

……(携帯電話を取り出し)……俺だ。なんか、伯爵の様子がおかしい……

…………『食欲無くなった』と…………(電話の向こうでドタバタしている)

761 :ウェイトレス姿の女:04/02/17 00:28 ID:???
>759
(やっぱり…燃やしてもらえるほど…生易しくは無いわね…。
…しかも……。…まぁ、乗る気があるか判断に迷うけど
この場合の予定通り…。)
(それを確認した後、伝票を渡しに行く。)
…お客様、…伝票、置いておきます…。
(伝票を置く。…そこには…(先程は失礼致しました。…機会を見計らい、
改めて交渉に窺います。By hidden fairys)とかかれた紙が。
因みに先程のはPCによる文字、今回のは手書きである。)


762 :噂好きの女伯爵 ◆oFk.XKUV0M :04/02/17 00:37 ID:???
>761
(突っ伏したまま、顔だけ向けて伝票をチラリと見る)

(「隠された援助者」ですかぁ……自分から名乗るなんていい度胸してますねぇ☆
 本物かどうかも怪しいですけど、とりあえず、ウチの諜報部での噂話を拾ってくるくらいの相手ではあるようですね♪

 なんにせよ、天馬もリラックスできる場所じゃなくなっちゃいましたねぇ……。
 客として鉢合わせるならともかく、スタッフに「工作員」が入ってるなんて。
 自称「援助者」さん、これ、けっこう大きな減点ですよぉ……!)


……ごちそうさまでぇす♪
ちょっと残しちゃいましたけどぉ、お金はちゃんと払いますから♪
あ、チップと一緒にココ置いときますね〜♪


(ケーキを丸ごと2つ残したまま、代金を残して席を立つ。
 チップと言っているが……要は、コースターの下の紙にあった「チョコパフェ代」そのままであるw)

763 :ウェイトレス姿の女:04/02/17 00:40 ID:???
>762
……有難うございました〜。
(ぺコっと頭を下げて見送る。)


764 :ザク乗りの傭兵 ◆PlF7QzaFyA :04/02/17 00:41 ID:???
(第二養成所内野外演習場。
 ザクベースの機体が蹲踞している。
 長大な柄に巨大な斧頭をつけた特製の斧を背負って…)

(その追加ブースターを全身にゴタゴタとつけたいかついザクは不意に立ち上がる。
 そして、その立ち上がった勢いのまま宙に跳ねた。
 バックパックの下部から青白い炎が噴出され、足を引き釣りかねないほどの低空を地面に平行に飛ぶ。
 そのオレンジ色のモノアイの先には、赤地に禁の十字をあしらったMS用の盾が地面に突き刺してある。
 胸の前に斧を構えたザクは、肩の追加ブースターを吹かし進行方向に向け180度回転。
 白熱する斧の刃は、その回転により蓄えられた運動エネルギーの全てを盾に叩きつける。
 そのザクの一連の動作は、ちょうど空手で言うところの後ろ回し蹴りに似ていた。)

グァァァァン…!

(雷のような衝撃音が養成所内に響き渡った)

765 :土蜘蛛 ◆eAwRb9qzdQ :04/02/17 00:42 ID:???
>762
(店から出たところで近寄り)あの……何があったんで?(この男には珍しく怯えの色が)

766 :噂好きの女伯爵 ◆oFk.XKUV0M :04/02/17 00:46 ID:???
>763
(手だけ上げて答え、目も合わせずに出て行く)

>765
ん〜、なんでもありませんよぉ♪(ニコニコ

(部下の問いを、満面の笑みで打ち切る。ある意味、怒鳴られるよりも怖いかもしれないw)

(そのまま、リムジンに乗り込み、予定よりも早く財団のNZ支部に帰還する)

767 :通常の名無しさんの3倍:04/02/17 00:47 ID:???
>764
……(その様子をうかがうサングラスの女が一人……)……ザック・バラード……

768 :ザク乗りの傭兵 ◆PlF7QzaFyA :04/02/17 00:47 ID:???
(…第二養成所には一機のザクタイプのMSが立ち尽くしている。
 そのコクピットは開放されていた。)

(ザクの前方十メートルほどの位置には、一枚のMS用シールドが地面にだらしなく転がっている。
 それはひしゃげ、折れ曲がり、すでに機能を失っている。
 その横には平服のザクパイロットが立っている。)

…まだダメかよ…
曲がるだけじゃダメなんだ…
そりゃ、これだけやりゃあシールドの持ち主はどっちにしろ無事じゃねでだろ。
でも…オレはこいつをぶった斬ってみたいんだよ!
クソがっ!

(いらだち任せにシールドを蹴りつけるパイロット。
 しかし、そのルナチタニウム製で充分な強度と重さを持ったシールドはびくともしない。
 むしろ、蹴った足のほうが痛い…
 右足を抱え込み演習場を片足で飛び回るザク乗り)

769 :土蜘蛛 ◆eAwRb9qzdQ :04/02/17 00:54 ID:???
>766
……はい。


(内心は……(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル)

770 :ザク乗りの傭兵 ◆PlF7QzaFyA :04/02/17 01:11 ID:???
うお〜、超いてぇ〜!
(右足を抱え込み、けんけんで自分の機の下に戻るザク乗り)

>767
(何気なくこちらを見ている女性に気づく)
…ちっ…まいったな…
またファンが一人ついちまったか…
やれやれ…そりゃ確かに…
天分の才に甘んじないで、人知れず努力をしてるオレは渋いかも知れねえが…
今は女にかまってるような気分じゃねえんだよな…
まあ、こっちから声をかけるのはやめとこ。
(今日も快調に勘違いをしつつ、「リミットブレイカー」に乗り込もうとするザク乗り)

771 :怪異なる蠅の王 ◆RED/7.KeZA :04/02/17 17:29 ID:???
【“彼”の目の前に佇む、一人の少年。
 餌だ。
 そう思い、喰らい付こうとして―――】

「■■■――」

【―――本能的恐怖とでも言おうか。
 捕食者たる自分をして、『喰われる』可能性に怯えねばならないほどに、底の知れない相手。
 少年の浮かべる穏やかな微笑みに、捕食器官たるDGヘッドは動きを止めた】

『経過は順調……むしろ退屈なぐらいかな』

【悠然とした足取りで去っていく金髪の少年。
 地下空間に響き渡る彼の足音は、薄暗いその場所に相応しからぬ明るさを持ちながら遠ざかっていく。
 その後姿を、機械の瞳はずっと追い続けていた】

772 :忍者崩れ ◆eAwRb9qzdQ :04/02/18 01:55 ID:???
……そろそろ……返事を聞かせてもらいにいくとするでゴザルよ……ニンニン。
(先日のタイヤ軍団の襲撃にあわせ、企業内部の情報収拾やかく乱などして来た人)

773 :茶髪:04/02/18 02:17 ID:???
(シミュ室にて…怪我もまだまだ治るには程遠い筈なのにシミュレーターをプレイ中。
…しかし…戦果が今までの彼に比べてかなり低い。…戦闘スタイルも…待ちの戦闘と
いう今までとは正逆のスタイルである。)

774 :普段はメガネをかけている生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/02/18 02:19 ID:???
(胸を抑え、廊下を機嫌悪げに歩く男が一人)
――クッ
(ふと足を止め、右手を見る
 何の変哲も無い右手、しかしその右手は)
―――た、か
(人知れず悲鳴にも似た慟哭をあげていた)

775 :普段はメガネをかけている生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/02/18 02:29 ID:???
>773
(のそのそとシミュ室に入り)
――ッ
(ドカッ、と待合の椅子に座る
 そしてシミュレーターの外部モニタを見上げた)

776 :茶髪:04/02/18 02:38 ID:???
>775
(その中では…激しく動き回る、かなり強力なトールギスタイプの改造機と、
最低限の動きでそれを凌いで応戦している相手と同じトールギスタイプの
改造機が派出に戦闘をしている。…シミュの中からかなり荒い息が。)

777 :旅好き教官:04/02/18 02:40 ID:???
(シュミレータをプレイしている。レベルは高いほうだが、難なく撃破している。)
・・・・、一服してくるか。
(シュミレータから出てくる)

778 :普段はメガネをかけている生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/02/18 02:41 ID:???
>776
―――ぁ
(あきれた顔でゆっくりと立ち上がると、茶髪の入っているシミュレーターを蹴り飛ばす)

779 :茶髪:04/02/18 02:43 ID:???
>778
(安全装置が働いて、シミュが止まる…。)
誰?
(荒い息とともに聞く。)

780 :普段はメガネをかけている生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/02/18 02:49 ID:???
>777
(軽く左手を上げて返事)
――ッス

>779
(少し考えて)
――ァ
(携帯電話を取り出して、メール起動
 左手で文を打ち込んで、隙間から手を突っ込んで画面を見せる)
『リーディス・S・ラザフォード、忘れたとかいったらこのまま閉じ込めるぞ』

781 :茶髪:04/02/18 02:53 ID:???
>780
………。
(確認。肩で息しつつ、こっちも腕突き出して携帯メール(携帯でまで馬鹿けた高速タイプだが)を見せる。
「わすれちゃいないよ。ところで…あんまり声だしてないみたいだけど喉でも痛めたの?」)

782 :旅好き教官:04/02/18 02:53 ID:???
(隅にある喫煙スペースで煙草を吸いながら、二人の様子を見ている。)

>780
や。
(挨拶を返す。)

783 :普段はメガネをかけている生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/02/18 02:56 ID:???
>781
(メールを打ってまた見せる)
『やかましいけが人、喉あるなら喋れやイヤミ
 あ、俺が喉壊してるのは確かだ、それだけは言っとく』

>782
(シミュの扉を指差し)
(『手伝ってください』と言いたげな目で見る)

784 :茶髪:04/02/18 03:00 ID:???
>783
(それを一瞥、手を引っ込めて言う。)
喉痛めてるんなら薬飲んで寝てた方がいいんじゃない?
僕、まだまだ特訓あるから…。
(自分のこと棚に上げて言う。)

785 :旅好き教官:04/02/18 03:00 ID:???
>783
ん〜?
(煙草を口にくわえたまま二人の方に向かっていく)

786 :普段はメガネをかけている生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/02/18 03:05 ID:???
>784
(打って返す)
『それに関しちゃ問題ない、俺は病院退院レベルまでには回復したし
 シミュ及び実機の操縦以外なら授業受けてもいいって達しも出てる
 ……キラ、お前にも操縦とシミュの許可出てないだろ?』

>785
――チ
(こっちこっちと指を動かす)

787 :茶髪:04/02/18 03:08 ID:???
>786
………その前に、普段品行方正にしてたからか
禁止のお達しすらわざわざ言われてないんだ。
1日一回の通院する条件で退院の許可は取れたしね。

後、動きを最小限にする戦いにしてるから体へのダメージは最小限に抑えてるよ。

788 :旅好き教官:04/02/18 03:08 ID:???
>786
(煙草を携帯灰皿に捨て、指差した方を見る)I
・何・・・?

789 :普段はメガネをかけている生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/02/18 03:18 ID:???
>787
(また打って隙間から――今度は投げ入れる)
(メールの文は以下の通り)
「俺が退院した理由はそれだ、まだ理解できないのかキラ・ヤマト



 お前はやりすぎた、病院に強制退去だ」


>788
(目を閉じて、軽く頭を下げ謝り)
―――!!
(右手で思い切りシミュレーターのドアを開ける
 通常ならロックに阻まれ、開くことの無い扉はギシギシと音を立ててゆがみ始め)
――――アアアアアアアァァァァ!
(絶叫とともに開いた)



790 :茶髪:04/02/18 03:21 ID:???
>789
(黙ってそれをみて投げ返す奴。)
(…………病院までは行かないで済みそうだけどね…。事情も話しておけば。
状況が状況だからね…。)

791 :旅好き教官:04/02/18 03:31 ID:???
>789
・・・・・、ずいぶん強引だね。
けどまあ、そういうのが必要になるときもある。

792 :普段はメガネをかけている生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/02/18 03:51 ID:???
>790
(シミュレータのドアを引きちぎらんばかりの勢いで開け放ち)
(ニタァ、とゆがんだ笑顔で見下ろす)

793 :茶髪:04/02/18 04:06 ID:???
>792
……どっちが無茶なんだか…
(おもいっきり溜息つく奴。)

794 :普段はメガネをかけている生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/02/18 04:10 ID:???
>793
(くらりと立ちくらみ
左手を額に当てて頭を振りつつ)
――
(茶髪を一睨み
 そのまま携帯を拾い 茶髪の携帯のアドレスにメールを送ると、そのままふらふらと去っていく)
「とにかく一回病院もどれ、入院云々は其の後の話だ」

(気分が悪そうに自室へと去っていく)

795 :茶髪:04/02/18 04:13 ID:???
>794
………。
(何を考えたか、一度おとなしく戻っていく奴。)

796 :ふくかん:04/02/18 12:30 ID:???
(夕方。授業も全て終わり、生徒達が皆家路につくころ、
 模擬戦フィールドでは……)
赤毛「でやああああああああ!!!!」
ちんぴら「二段攻撃……これなら!!」
(赤毛のヴェルトロとチンピラのガンタンクがスラスター音と支援射撃に
よるハーモニーを歌っていた。
 ターゲットはふくかんのギャプラン……回避困難な同時攻撃を、しかし
フミはたやすくかわす)
ふくかん
「まえよりはまし・・・・・・でーも。
 あかげっちょんはごういんなこうげきでもーしょんかたまってるしー。
 ちんぴらーのはがんたんくでしょ?てーはんどーほうでもそのじょーたいじゃ
とっさにうごけないでしょー」
(ムーバルシールドがそれぞれのMSに砲身を向ける。
 一発で撃破されるヴェルトロ、そしてガンタンク)

797 :赤毛:04/02/18 12:31 ID:???
(ヴェルトロコクピット内部で)
 機動性はこっちが上なのに……(つД`)
(これにて撃墜回数、200回突破)

798 :ちんぴら:04/02/18 12:32 ID:???
>797
(通信)
 少しは粘れよこのだぼが!
(こちらは悪態。撃墜回数は数えるのもだるいほどになってしまっている)

799 :ふくかん:04/02/18 12:33 ID:???
>797、798
 あいあい、けんかしなーい。
 ま、ふたりともちょーっとずつだけどよくなってますからぁ。
 

800 :蛙連れ:04/02/18 12:38 ID:???
(へらへらと笑いながら模擬戦フィールド前に来る。)
エ「あはは〜。やってるねぇ」
ラ「ケラ、ケラケラッ!(主人もこの生徒なのでしょう?その実力を見せていただきたい)」
エ「え〜?」
ラ「ケラーラ(我々親衛隊は常に主人の力と性格、そして状況を把握せねばならないのです。)」
ル「ケラルーラ(そうですわ、ご主人様の実力を見せてもらいたいです)」
エ「わかったよ……すみませ〜ん」
(大声で叫んでぶんぶんと手を振る)

801 :赤毛:04/02/18 12:39 ID:???
>799
 そのわりには徐々になんだか戦闘開始から撃墜されるまでの時間が
短くなってる気がするのって気のせい?
(げそー)

802 :ちんぴら:04/02/18 12:40 ID:???
>799
 あたらねーし当てられるしでいいとこなんてぜんぜんねー気が
するんだが・・・・・・(うつ)

803 :ふくかん:04/02/18 12:41 ID:???
>800
 あ、きたきたー♪
 こっちこっちー♪
(ギャプランがぶんぶんと手を振っている・・・・・・)

804 :赤毛:04/02/18 12:42 ID:???
>798
 やっかましーわね!そっちは遠距離、こっちはほとんど0距離ぶちこまれたのよ!?
 こないだのホバー機動でぐわぁーっとよけちゃいなさいよガンタンクの回避なんて
他に手ないんだし!!
>800
 お、新入生。先輩の強さを盗みにきたのかしらー?

805 :蛙連れ:04/02/18 12:43 ID:???
>803
エ「あ〜……呼んでるよ……」
ラ「ケラッ!(主人、今こそ!)」
ル「ケルッ!(その力を!)」
ロ「けろ〜(見せてほしいんだな)」
エ「……はいはい」
(受領したてのアビジョに乗り込む。)
エ「すみません、こいつらが俺の実力知りたいとか言うんで……
  相手お願いできますか?」

806 :ちんぴら:04/02/18 12:43 ID:???
>800
 ん?蛙連れがきやがったか。
 どれ、いっちょもんでやるとするかね。
(コクピットの中でごきりと指を鳴らす)

807 :蛙連れ:04/02/18 12:45 ID:???
>804
あ、あはは〜。似たようなもんです

808 :フライトジャケットの少女 ◆DOLL/2qhfw :04/02/18 12:46 ID:???
【その様子を建物の中から眺めている17歳人妻・一児の母】

「……」

【「無様な真似は許さない」
 そんな無言のプレッシャーを、夫の背中に容赦なく叩きつけている】

809 :ふくかん:04/02/18 12:46 ID:???
>805
 あたしがですか?
 
 んー。じゃ、やりましょっか。
赤毛「ここはあたしよ!上級生の強さを連邦の・・・・・・
じゃなくて、新入生に教えてあげるチャンス!」
ちんぴら「負けっぱなしは性にあわねえし、強くなってるってんなら・・・・・・
試してみてえんだよな!自分の力をヨ!」
 
 変なくせ新人さんにつけられてもこまるです。

赤毛・ちんぴら

(´・ω・`)σのの
(`・ω・`)σののの 


 ってことでかかってくるです。
(自然体で構えるギャプラン)

810 :赤毛:04/02/18 12:47 ID:???
>807
 お、言うじゃない・・・・・・・
 今度やってみましょーね!


 ってバイトの時間だし・・・・・・あたしはこれでー
(ヴェルトロ、飛び立つ)

811 :ちんぴら@ガンタンク:04/02/18 12:48 ID:???
>804
 まさか近接戦闘中にこっちを打たれるなんておもうかよ!

 だいたいだな・・・・・・

 あ、バイトか。
 くそ、逃げやがった・・・・・・(ぶつぶつ)

812 :蛙連れ:04/02/18 12:49 ID:???
>808
エ「……ガクガクブルブル」
ラ「どうしました、主人」
エ「おまえたちは感じないのか、このプレッシャーを……」
>809
あははー、よろしくお願いします
(アビジョで一礼して構える)
さぁ、行くよみんな。
(ケラを額に、ケルを右腕、ケロを左腕に乗せる)
よーし……いくぞーっ!
(ニードルガンで攻撃、何故か以前より格段にうまくなってる)


813 :ふくかん@ギャプラン:04/02/18 12:54 ID:???
>812
 ほほー。あれからずいぶん撃ちこんだみたいですねぇ。
 ひとまず55てん♪
(スラスター推力を生かしてのホバー機動で左にスライドしつつそれを
避ける)
 んじゃ、課題だった回避はっと・・・・・・
(両肩のビーム砲がねらいをつけ、撃つ。けれんみの無い素直な射撃である)

814 :蛙連れ@アビジョ:04/02/18 12:57 ID:???
>810
は〜い。
>813
(額に貼りつくケラからNTフラッシュ)
来た!?……避けるぞ!つかまってろ!
(勢いをつけて避ける。勢いのつけすぎで転倒。なんとか立ち上がる。)
うう……やりすぎた。
(遠巻きにニードルガンを撃ちながら側面へ回り込もうとする)

815 :ふくかん@ギャプラン:04/02/18 12:59 ID:???
>814
 ・・・・・・あかてんです(・ω・|||)
(こけた瞬間立ち上がるタイミングを狙ってまずは射撃)
(さらに跳躍、迂回しつつある相手の上空から両肩のビーム砲を掃射)

816 :フライトジャケットの少女 ◆DOLL/2qhfw :04/02/18 13:01 ID:???
>814
【放たれるプレッシャーが更に大きくなる】

「……(・A・#)」

817 :蛙連れ@アビジョ:04/02/18 13:03 ID:???
>815
う、うわわっ!
(立ち上がるタイミングに狙われた射撃を後退してなんとか回避)
……飛んだぁっ!?
(ビーム砲をものすごい勢いでかわす。というより機体に振り回される。)
あ〜ああ〜、……だめだめ、こんな事じゃだめだめ!
いくぞ〜!どの武器がお好みだ?
(こちらも跳躍。)
ケラ「海ヘビ」
ケル「海ヘビ」
ケロ「海ヘビ」
あいよ〜!
(右腕の海ヘビで攻撃)

818 :ふくかん@ギャプラン:04/02/18 13:08 ID:???
>817
 反射神経はそこそこですね。
 いいリカバリーです。さっきのあかてんとりけし、41てん。
 でもMSに振り回されてますねー。いくないです。
 それでもさけてるんだからすごいですけど。
 ・・・・・・強引に接近してきますかー。
 で、海蛇。なるほど、非力なそのMSなら、それも有効・・・・・・
 でもーです。
(左肩のビームが、接近中のアビジョに飛ぶ。
 さらにこちらも接近開始・・・・・・)
 世の中には、居合ってものがあるんですよねぇ。
(右腕で抜刀。回転しつつ海蛇を切り払うと、両肩のスラスターを噴射、
機体を縦方向に回転させながらの強烈なあびせ蹴りを放つ)
 これをこらえたら・・・・・・
 ひとつ、あたしのとくいわざってやつをみせてあげますよ。

819 :蛙連れ@アビジョ:04/02/18 13:13 ID:???
>816
蛙連れ「ザクグフゲルググ」
ケラ「どうしました、復習ですか?」
蛙連れ「いや……なんでもない」
>818
え……えぇっ!?
(空中でなんとか姿勢を変え、ビームを避ける)
知らせろよ!ケラ!
ケラ「無理です主人。めっちゃ早いです」
ああもう……
(切払われた海蛇に気を取られてあびせ蹴りに気づかずそのまま受ける)
う、うわああああああああっ!
(そのまま回転しつつ地面に落ちていくが、スラスターを噴射してなんとか堪える。)
あ、危ないじゃないかぁっ!ぷんぷんだぁっ!
ケル「ご主人様、戦場ではそのような言い分は通りません」
……そだね。
うわああん!もう、くらええっ!
(ニードルガンで攻撃)

820 :ふくかん@ギャプラン:04/02/18 13:19 ID:???
>819
 こーげきがたんちょーなのですよ。
(こちらも自由落下、さらにスラスターで加速しつつ螺旋を描くように
頭上で周り、ニードルガンの嵐を避け、落着直前にスラスターを噴射、
着陸。そのままホバー機動に移行・・・・・サーベル格闘の間合い。
 
 ギャプランが斜に構えつつ,左の腕をまっすぐに突き出した。
 肩のムーバルシールドにマウントされたビーム砲が、アビジョを睨む・・・・・・
右腕は後方に限界まで下げられ、ギャプランのボディの陰になって見えない。
 肩のムーバルシールドによって関節角も隠され、腕の角度も読めない・・・・・・)

 我流、水切。
 この技には弱点があるです。
 みぬくです。
(そのまま、動かず・・・・・・時が,過ぎる)

821 :フライトジャケットの少女 ◆DOLL/2qhfw :04/02/18 13:24 ID:???
>819
【思わず窓ガラスに張り付くようにして、落下していく機体を目で追う】

「……持ち直したか。だが……それでも私の夫か!」

(・A・#)

「一矢報いろ。できないのなら、今日の晩御飯は抜きだからな」

【それでも、何だかんだで夫の身を案じているわけで】

(その代わり、頑張ったのなら……今夜は久しぶりに……(*/∇\*))

【先程までのプレッシャーとは違う、優しいオーラがエィケズには届いた事だろう。
 一瞬だけ微笑みを浮かべたコォネは、ケイトを連れてその場を去っていった】

822 :ちんぴら@ガンタンク:04/02/18 13:26 ID:???
(アビジョの動きを見つつ)
 必死だ・・・・・・とても必死だ・・・・・・・
なんつーかありゃ死兵ってやつだな(滝汗)

>コォネ
 かんっぺきにカカア天下状態だな、おたく・・・・・・

 なんつーか、家でもこの調子なのか?

823 :蛙連れ@アビジョ:04/02/18 13:27 ID:???
>820
な……なんだ?
(しばし呆然、ひとまずこちらもヒートダガーを取り出し構える)
どう思う?
ケラ「さぁ?我々はMS戦闘など知りませんから……」
ケル「というより蛙に尋ねる方がおかしいですわね」
うう……だって俺もわからないもん……
でも、何か打開策があるはず……なんか、なんかないかな……
(ジッとギャプランを見つめる蛙連れ……)
右腕になにがあるかわからない……怖いなぁ
それにビーム砲がいつ発射されるかわからないし……
うーん……そうだっ!
(手に持ったヒートダガーをギャプラン目掛けて投げる)
えーいっ!
(そのまま飛翔、ニードルガンを撃ちながら後方に回り込もうとする)

824 :ふくかん:04/02/18 13:33 ID:???
>823
 はずれ。
(ヒートダガーめがけ、メガ粒子砲の一撃を放ちつつ・・・・・・
 跳躍した相手に対し、こちらも跳躍・・・・・・
 ニードルガンを左肩のムーバルシールドが弾く。
 限界までねじられ、「タメ」を作られた右腕が振るわれる。
さらにその斬撃を瞬時に稼動した右ムーバルシールドのスラスターが
加速した・・・・・・その速度、まさに神速!)
 水鴎流、「水切りの太刀」を元に練ったこの技・・・・・・
 水鴎、すなわち水鳥。
 空に在る敵はまさにその好餌・・・・・・!

825 :フライトジャケットの少女 ◆DOLL/2qhfw :04/02/18 13:36 ID:???
>822
【足を止め、振り返る】

「かかあ天下……かも知れんな。
 アイツは頼りない男だ。
 だからこそ、この私がしっかりリードしてやらねばなるまい」

【ふっと微笑む】

「朝も昼も―――無論、夜もな」

【冗談交じりの台詞。
 これを口に出来るようになったのも、偏に夫である彼のお陰。
 その事を思ったが故に、彼女はもう一度だけ微笑んだ】

826 :蛙連れ@アビジョ:04/02/18 13:36 ID:???
>824
ケラ「主人来ます!」
蛙連れ「お前言うの遅いよー!」
(地面に倒れこむアビジョ)
ケル「まぁ、これでご主人の実力というものがわかりましたわ」
ケラ「我々がいなければ最初の攻撃でやられていたでしょうね」
ケロ「おら……難しいことわかんねだ」
蛙連れ「ほっとけよ……俺だって頑張ってるんだから……」
>821
蛙連れ「……今晩の天気は大荒れの模様」
ケラ「どうされました?」
蛙連れ「雷雨だよ、雷雨」

827 :ちんぴら@ガンタンク:04/02/18 13:37 ID:???
>825
 おれは女を引っ張りまわすタイプだ、だからそういうのは
よくわかんねえ・・・・・・けどよ。
 今のあんたがイイ女で、そうしたのがあいつだってのは
よーくわかったぜ。
 こぶつきじゃなきゃいま口説くんだがよ。
 (苦笑をコクピットの中で浮かべる)

828 :茶髪:04/02/18 13:42 ID:???
(あれだけ言われたのに又ふらっとやってきて観戦してる香具師。)
………動きは速いけど……アレなら完治してれば反応できない速度じゃないな…
突きでのカウンタークロス狙えなくも無いし…。…最も今は絶対
手抜いてるから参考に花らないかもしれないけど…。
(元々反応速度がかなり異常な奴の為だろうか。…堂々言ってのける。)
…人じゃ無理でもMSだから可能なあの方法。早く完成させないと…。
(意味深な事ぼやいてます。)

829 :ふくかん@ギャプラン:04/02/18 13:46 ID:???
>826
 むー。ま、来てから時間がない事をかんがえると、すごい成長ですね。
 まるあげます。はなまるじゃないです。がんがるよーに。

 あなたが飛んだとき、回り込もうとしたのは正解でしたけどぉ。
「あたしからみて左」「そっちからみて右」に回り込むべきでしたねー。
 あたしの左腕はまぁいってみれば「突き」を入れるために突き出してました。
相手が後退しての射撃戦闘を選んだ時に備えてって意味もあります。
 で、なんでそう動くべきかって言うと。
 右腕、タメつくってるわけですよね?
 あたしはライフル装備してませんでした。
 仮に装備してたとしても、曲げすぎててまともに腕関節が動きません。
ねらいをつけるにしてもスラスター頼みになります。腕を伸ばして強引に
相手をきりつけるにしても。
 自然、攻撃は遅くなる・・・・・・・
 さらに、点の射撃などアビジョの機動性なら避けきる事も可能・・・・・・
 こちらの攻撃を封じつつ、そちらが有利な体勢で攻撃を仕掛けられました。
 空中ってのは、よくないですねぇ。
 こちらはけん制射撃を繰り出しつつ、さらに斬撃での追撃を打ち込む事も
できます。近いんだから当然。
 遠距離に戻るって手も在りましたね。ま、追撃しましたけど、そっちの
あしならそっちのほうがよかったでしょ。勝てませんけど、負けません。

 で、今回の授業で何を教えたかったかっていうとぉ。

 何かひとつ、「これ」っていう技,戦術機動を編み出すです。
 アビジョにしかできない、アビジョならではの技。
 戦闘ではそういう技を覚えていてものにしているかが生死を分けます。
 ま、その技を相手が知ってればそれこそ100年目ですけど、知った時には
相手が100年目になる。そういうのが貴方には必要です。
 ただ、技に溺れない。その技に溺れて進化しなくなったらおしまいですしね。

830 :蛙連れ@アビジョ:04/02/18 13:50 ID:???
>829
(いつになく真剣に話を聞く蛙連れ)
わかりました……ありがとうございました

必殺技かぁ……
(何か勘違いしている奴)
メガキャノン……
ケラ「そんなものはついていないのでは?」
特にブーストが……
ケル「ご主人様、しっかり考えてくださいよ……」
うーん……技、技……難しいねぇ

831 :フライトジャケットの少女 ◆DOLL/2qhfw :04/02/18 13:55 ID:???
>827
「フ……」

【小さく笑う】

「この私を口説くつもりなら、私の眼鏡にかなう男になってみるんだな」

【そして、不敵な表情で】

「尤も―――私の眼鏡はどうやらレンズが歪んでいるらしい。
 エィケズ以外の男は、須らくぼやけてしまうぐらいだからな」

【彼女らしからぬ、そんなノロケまで見せる。
 偏に、夫の頑張る姿が嬉しいからだ】

「……終わったら、エィケズに伝えてくれ。
 今夜は、早めに帰って来いと」

【そうして彼女は、今度こそ、その場から立ち去っていった】

「ああ、帰りにネギと合わせ味噌を買ってくるようにも言っておいてくれ」

【思い出したように、そんな言葉を残して】

832 :ふくかん@ギャプラン:04/02/18 13:55 ID:???
>830
 たとえばアビジョはばったみたいに早いですよね。 
 で、連射が効いて装甲貫徹力が高いニードルガンがある。
(肩のムーバルシールドに突き刺さったニードルを示してみせる)
 さらに海蛇を増設したなら、できる事はさらに増えるでしょね。
ニードルガンの「牽制」海蛇での「拘束」そしてヒートダガーの
「一撃」これを組み合わせられれば・・・・・・
 かなりいろいろ愉快な事が出来るはずですよ。
 アビジョの機動性は、相手にとっていやなポジションにつけつづける
タメには最適・・・・・・精進です。精進なのです。

833 :ちんぴら@ガンタンク:04/02/18 13:57 ID:???
>831
「愛」とかいう眼鏡をかけちまってるならますます望みなしだな(苦笑)
 ったく・・・・・・あんたのだんなは幸せ者だよ、まったく。

 確かに、伝えとくぜ。んじゃな。

834 :蛙連れ:04/02/18 14:00 ID:???
>832
なるほど……
機体と武器の特性……を考えて必殺技……
ケラ「いつになく真剣ですね主人」
まぁ、俺も早く強くなりたいからな。
その為にこの年でここに来たんだし。
ケル「何歳でしたか?」
えっと……20から数えてないや……
25くらいじゃない?
ケラ「……まぁ、不自然ではないですが」
それよりも必殺技だよ。もっと勉強しなくちゃね……
(アビジョを降りる)

835 :ちんぴら@ガンタンク:04/02/18 14:05 ID:???
>834
(通信、というより放送)
 ご苦労さん。
 なかなかやるじゃねえか、少し見直したぜ。
 カミさんから伝言だ。聞くか?

836 :ふくかん@ギャプラン:04/02/18 14:07 ID:???
>834
 よく研がれたひとつの技は、なまくらな技100に勝る。
 でも、技に溺れちゃだめですよ?
(一言言って、ギャプランを降りる)
 

837 :蛙連れ:04/02/18 14:08 ID:???
>835
(歩いていたがビクッと立ち止まる)
蛙連れ「コ、コォネ君見てたんだ……」
ケラ「知りませんよ、主人」
ケル「我々は何も知りません」
蛙連れ「お、お前ら俺の友達だろっ!?」
ケロ「友達だけど、怖くて痛いのはいやなんだな」
(覚悟を決めたようだ)
蛙連れ「き、聞きますよ?なんですか?」

838 :ちんぴら:04/02/18 14:17 ID:???
>847
(あいもかわらずガンタンクの上から)
 今晩はとっとと帰ってこいだと。
 で、ねぎとあわせ味噌買って来い、ってな。
 確かに伝えたぜ。

839 :蛙連れ:04/02/18 14:21 ID:???
>838
蛙連れ「あわわわ……」
(何か勘違いしている蛙連れ)
ケラ「早く帰って来いなんて……いつも言いませんよね?」
ケル「怒ってるんじゃないですか?あまりに無様な戦いを見て。
   多分、早く帰ってこさせておしおき……」
蛙連れ「ううう……しょうがないよ。
    うわあああああああああああああん!合わせ味噌とネギ買ってくぞぉ!」
(指をパチン!と鳴らし、大勢の蛙を呼ぶ)
蛙連れ「行くぞ!まずは八百屋からだぁっ!」
(蛙軍団の上に乗っかり養成所を後にするのだった)

840 :ちんぴら:04/02/18 14:27 ID:???
>839
(・・・・・・妻の心、夫知らず、だなぉぃ。
 ま、どつぼだけはひかねーようにな)
(あきれつつ見送る)

841 :ふくかん:04/02/18 21:48 ID:???
(午後7時。フミ・サカグチの姿は病院のロビーにあった)

 ・・・・・・まだ、目を覚ましませんか。
 ・・・・・・ふぅ。
(甘いコーヒーの缶を片手に、ため息をつく)

842 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/02/18 21:52 ID:???
>841
あ、居た居た。サカグチきょうか〜ん。
(小走りでふくかんのところにやってくる)

……で、いきなり「話がありますので病院のロビーに来てください」だなんて。
どうしたんですか?

843 :ふくかん:04/02/18 21:55 ID:???
>842
 グェネビア君のことです。
 ・・・・・・何か飲みながら話しましょうか。
(言いながら、缶入り緑茶を差し出す)

844 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/02/18 21:58 ID:???
>843
あ、これはどうもご丁寧に。(・ω・)つ日

…………グェネぴーの事ですか?
赤毛ちゃんが半ば強引に家に連れてきちゃったの……怒ってたりします?
(;´・ω・`)

845 :ふくかん:04/02/18 22:03 ID:???
>844
 いえ、そんなことはありませんよ。
(何時もと様子が違う。口調も。
 表情も・・・・・・) 
 あたしは、彼の在り様を見たかっただけですし、充分その
目的は達しましたから。
 ・・・・・・いい子ですね。
 処分するのが惜しいぐらいに。

846 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/02/18 22:07 ID:???
>845
(缶に口をつけながら、目が引き締まる。あまり、病院のロビーには相応しくないぽややんの「仕事顔」である)
…………まぁ、グェネぴーの素性は公然の秘密も当然ですから何処から知ったとは聞きません。
ですけど…………



処分を、考えているんですか?

(その一言で更に目つきが険しくなる。茶を飲みながら天井を見ては居るものの、その顔は既に
 MSを乗りこなしている時のそれに等しい。疑いようもなく、戦闘態勢である)

847 :ふくかん:04/02/18 22:14 ID:???
>846
 あたし個人の考えでは在りませんけどね。
(殺気をさらり、と受け止める。
 7年の戦闘をくぐりぬけ、生き延びた人間にとり、殺気とは
さながら空気にも似た存在・・・・・・
 故に彼女の言葉は止まらない)
 
 可能性はある、という話です。
 ご存知のように、先日の戦闘において新たなデビルガンダムが出現、
東方へ針路をとり、消息をたちました。
 これに備えるため、すでに一部では先のdg討伐戦闘において使用された
対マシンセル用アポトーシス・プログラムの最新バージョンが開発されつつ
ある、という話はすでに貴方ならご承知のはず。
 そして、今回のdgの行動如何によっては、彼もまた処分の対象になりえる。
dgが人類にとっての害獣、まぎれもない脅威でしかないと判断されれば・・・・・・
グェネビア、あの子もまたそうした存在であるが故に排除の対象になるでしょう。
 数々の害獣とおなじく、dgは根絶せねばならない・・・・・・
 そうした意見がむしろ主流である、ということを忘れてはいけません。

 さて、あなたはどうするんですか?アズフィート・クラウン。
 

848 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/02/18 22:19 ID:???
>847
…………なるほど。早とちりしてすみません。
(警戒を解く)

……そうですねぇ。
選択肢は二つほど考えてあります。
どっちを選ぶかは、世論の流れとグェネぴーの意識次第ってとこですか〜?

まぁ、なんにせよ僕は、グェネぴー側ですよ。
グェネぴーを危険だと罵って処分する前に、現存してる核分裂系機器と毒ガスを全処分しやがれ、ってとこですね。
残念ながら、僕はあまり集団生活に向いた性格してないんですよ〜♪

849 :ふくかん:04/02/18 22:30 ID:???
>848
 話が早くて何よりです。
 これは今のところあたしの考えでしかありませんが・・・・・・
 この件について、穏健派は、可能な限り迅速に手を打つべきだと
あたしは考えてます。
 企業好戦派、aema、リターナーズ。利用を試みようとする勢力は
多いです。とくに企業好戦派……彼らが戦争という名の荘園から、
あらたなる実りを手に入れるべく新たなる種としてdgという存在を
用いないとも限りません。さらに、穏健派の「商品」……こういう
言い方はあなたは好まないでしょうが、そうであるがゆえに彼、
グェネビアはその存在を許され、そして莫大な費用でもってその
存在意地の為の機密漏洩防止、彼の存在維持の為の必要条件の
確認、分析といった努力が図られているんです……である彼に
対する致命的なイメージダウンを図りつつ自らの勢力の
イメージアップを図る為、自らの手でdgを討伐しようとする
可能性は高いでしょう。数年前、彼らは現にdgを討伐していますしね。
これは機密事項ですが。
 であるがゆえに・・・・・・かの悪魔は倒さなければなりません。
その存在が明らかになる前に。あの存在が悪魔として世界に認知される前に。
いまだdgという存在を噂にしか伝え聞かない人に、dgという存在がまぎれも無い
恐怖であると等しき思いが沸き立つ前に。
 そして、その為には・・・・・・大軍は動かせません。強力なms、高い技能を
持ったパイロット達によるサーチ・アンド・デストロイを実行すべきだと
あたしは考えています。 
 貴方はどう思われますか?

850 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/02/18 22:41 ID:???
見敵必殺。
なんとも物騒な言葉ですけど…………これほど分かりやすくて頼もしい言葉もそうそう無い。

当然、乗りますよ〜
赤毛ちゃんとグェネぴーと、ついでに世界の危機ですからね。

851 :茶髪:04/02/18 22:44 ID:???
(病院のロビーで教官たちを発見、立ち聞きモードへ…。)

852 :ふくかん:04/02/18 22:44 ID:???
>850
 話が早いですね。
 ただ、まだこの件はあたしの頭の中にしかありませんから・・・・・・

 そして、これを達成するには優秀なパイロットが必要です。
 たとえば、一人で一個大隊をも相手にしうるような人間が。
 貴方を呼んだのは、その為もあるんですよ・・・・・・
 
 さて、その為にちょっと行く場所があります。行きましょうか。
(言うと、病院の奥へ脚を踏み入れる)

853 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/02/18 22:47 ID:???
>852
でも、そうそう的外れな案でも無いと思いますよ?
なんにせよ、DG相手には少数精鋭のほうが良いと思いますしね。

…………それじゃあ、お付き合いします〜

>851
(視線を向けたりする様子は無い。気づいてるのかどうかは別として、だが)

854 :茶髪:04/02/18 22:48 ID:???
>852-853
(そのままつけようとする。)


855 :ザク乗りの傭兵 ◆PlF7QzaFyA :04/02/18 22:48 ID:???
>851
(後ろから近づいてくる)
何してんだ?
立ち聞きは良くないだろ〜?
(ちらと、話している二人を見て)
…なにぃ〜?
…ぽややん教官とあの変な女の子が…
そんな関係だったのか…
こりゃ〜、血を見ることになりそうだぜ(ニヤリ)
(彼自身は意図してないが、当たらずと言えども遠からず、か…)

856 :ふくかん:04/02/18 22:49 ID:???
>853
 わかってらっしゃる。
 並みの兵士が挑んだところで、ゾンビ兵化されてデスアーミーを生み出す為の
効率良い演算回路として利用されるのが目に見えてますしね。
(そのままとある部屋の前で足を止める)
>851
(こちらも同様、気付いた気配を見せない。むしろ、あえて聞かせているのかもしれない)

857 : ◆DkiyhL22xI :04/02/18 22:51 ID:???
>856
(部屋の中から…人の声等は一切しない。
 鍵は……どうやら開いている様だ。)

858 :茶髪:04/02/18 22:51 ID:???
>855
(答えようとはしない。…自分の口元に指を当てるのみ。)

>856
(そのままつけっ放し。)

859 :ふくかん:04/02/18 22:52 ID:???
>857
(部屋の表札には、マジックで「グレイ・ヴィクトリア」と主の名が記されていた)

 入りますよ。
(そのまま部屋に足を踏み入れる)

860 :ザク乗りの傭兵 ◆PlF7QzaFyA :04/02/18 22:53 ID:???
>858
OK、現場を押さえようって訳ね。
ラジャー了解。
(そのまま、一緒になって後をつける。
 この男、その気になれば静かに行動することも出来る)

861 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/02/18 22:53 ID:???
>869
(黙って後に続き病室に入る)

>858
(徹底放置)

862 :茶髪:04/02/18 22:55 ID:???
>860
(答えずに…手鏡などを使って覗いてる。)

863 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/02/18 22:56 ID:???
>859
(その声に答える者は無い。
 病室のベッドの上には一人の男性が横になっている。
 今の時間は夜だが………ただ眠っているのとは少し違う、
 目を閉じて…死んだ様に眠っている…。)

864 :イーグル=ザラ:04/02/18 22:57 ID:???
(2人が覗いてるともつゆしらず
 堂々と物静かな教官の病室へ入っていく)
教官、身体大丈夫ですか?

865 :ふくかん:04/02/18 22:58 ID:???
>863
 刃落ちした刀が一振りあると聞いたんで、お見舞いに来ました。
 いつまでそうしてねむっているつもりですか?
 それとも夢の中なら最強でいられるから、その安らかな偽りから
抜け出したくないんですか?


866 :茶髪:04/02/18 22:59 ID:???
>864 865
…………。
(それを眺めている…。冷静に。)

867 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/02/18 22:59 ID:???
>864
あ。

>865
うわー。第一声からそれですかー?(;´・ω・`)

868 :ザク乗りの傭兵 ◆PlF7QzaFyA :04/02/18 23:03 ID:???
>862
(茶髪のもつ手鏡の下からチラッと顔を出して)
なんだ、物静かな教官の病室か…
(一体、何を期待していたのか…)
>865
うわ、きっつ〜…
オレ、あんなこと言われたら泣いちゃうよ。

869 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/02/18 23:04 ID:???
>864
(それに反応する事は無い、只…呼吸を続けているだけ。)
>865
……………
(依然として…変化は見られない。
 部屋の環境にも…何も変化は訪れない………いや、
 ベッドの脇に置かれた一振りの日本刀…
 誰かが気を利かせたのだろうか、病室内に置かれたそれが、
 ほんの少し、揺れた様な感じがする。)

870 :ふくかん:04/02/18 23:04 ID:???
>864
 あ、こんばんわ。
 君の方は体調いいみたいですね。結構体壊しがちって聞いてましたから安心
しました。
>867 
 事実は事実。後半が事実なら・・・・・・
 考え物ですけどね。

871 :茶髪:04/02/18 23:04 ID:???
>868
………でも、言うべき事…なんだろうね。きっと。
(盗み聞きしつつ。)

872 :イーグル=ザラ:04/02/18 23:05 ID:???
>867
あっ。ってなんですか。
きちゃいけないみたいじゃないですか。
まったく。

>869
返事なーし。
なんかこの前から寝たきりになったって
話はやっぱり本当だったんですねぇ。

873 :イーグル=ザラ:04/02/18 23:05 ID:???
>870
前の長い入院生活で
安静にしてたらある程度は治ったみたいです。
いつ、ぶりかえすか
わからないですけど(苦笑

874 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/02/18 23:08 ID:???
>870
別に、否定してるわけじゃ無いですよ。
ただもう少し時間をかけて外堀を埋めて取り囲む様に責めたてるのが僕の流儀なだけで。

>872
うわ。

875 :ザク乗りの傭兵 ◆PlF7QzaFyA :04/02/18 23:09 ID:???
>871
だって、おめえ、寝てるだけであんなこと言われるなんてよ。
オレならむっくり起き出して、いったやつを逆に寝かしつけてやる所だぜ…
(うんこ座りして、あくびをする)
なあ、尾行するの、もう飽きたよ。
普通に出て行こうぜ。
イーグルもいるしよ。


876 :ふくかん:04/02/18 23:09 ID:???
>869
(ちらり、と日本刀に目をやる)
・・・・・・実のところ、いい刀も悪い刀も、研ぎを当てれば
刃味は同じになるんですよね。
 なら、その違いは何か・・・・・・
 なまくらは、折れる。悪い鉄故に折れ、曲がる。
仮にそうはならなかったとしても、一太刀切れば、刃落ちする。
 名刀はその正逆。折れず、曲がらず、刃落ちせず、
かりに曲がっても一晩で元に戻る。名刀は、なまくらの何倍もの
命を生きるんです。
 先日、いろいろとアズフィート教官に言っておられたようですね。
あたしとの戦いで、折れましたか。刃が。ただの一合で。

 ならば、あなたはなまくらなんでしょうね。一度の敗北でこうも
落ちぶれるような男・・・・・・ほかになんだというんです?

877 :茶髪:04/02/18 23:11 ID:???
>875
…僕の聞いた限りじゃ寝てるだけでもないみたいだけど?
(此処で鏡をしまい、それを聞いて堂々入室していく奴。)

…こんにちわ。…皆さんもお見舞いですか?

878 :イーグル=ザラ:04/02/18 23:11 ID:???
>874
うわ。って
一体ナニが言いたいんですか。
まったくもって。
(適当な椅子に腰掛ける)

879 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/02/18 23:13 ID:???
>876
(詳しいなー、とか思いながらそれを聞いている)

>878
きゃー。(*ノーノ)
(ようするに、ただ単純に、イーグルで遊んでいるだけである)

>877
うわ。

880 :ザク乗りの傭兵 ◆PlF7QzaFyA :04/02/18 23:13 ID:???
>877
んじゃ、寝たふりでもしてるってか?
そんなことするようなお茶目な人じゃねえだろ。
(一緒に病室に入る)
ちわっす。
皆さんおそろいでなんの話しッスか?

881 :イーグル=ザラ:04/02/18 23:14 ID:???
>877
よお。

882 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/02/18 23:14 ID:???
>876
(それにすら、答える事は無い。
 ………しかし、それでも………ほんの僅かに、
 その眉が吊り上がった様だ。
 それは否定したかったのだろうか…? …それとも………)

883 :茶髪:04/02/18 23:15 ID:???
>879
……あ…ちょっと真面目な話あるんですけど、良いですか?
(遊びを避けるように唐突に切り出す。)

>881
…やぁ。

884 :イーグル=ザラ:04/02/18 23:15 ID:???
>879
遊ばれてる。
絶対、遊ばれてる・・・
しくしくしくしく

>880
フミ教官が
物静かな教官をなじってる(あっさり

885 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/02/18 23:18 ID:???
>883
人の事を勝手に尾行しておいて、バレてるのにも気づいてるんだか気づいてないんだかなのに堂々と顔を出す奴から聞く話に傾ける耳など持ち合わせが無いねっ。



ごめん、嘘。
で、何の話?

>884
……………………(゚∀゚)

886 :ふくかん:04/02/18 23:19 ID:???
>882
(ギャラリーを無視して話を続ける)
 ・・・・・・あれから、あの時なぜ相打ちになったのか。
 なれたのかを考えたんですよ。
 あたしは・・・・・・まぁ、オールドタイプです。で、ナチュラルです。
はっきりいいますが、体の基礎能力ではあなたとは勝負になりません。
 茶髪くんにも、アズフィート教官にも劣るでしょう。 
 苦痛を超える強靭な意志においてはあの伝説的なエース「堕天使」にあたしは
劣るでしょうし、烈火のような戦意、バーサーカーシステムを自らの意思で
ねじ伏せ、扱いきるあの「鬼神」のような真似はあたしにはできません。 
 つまるところ、なにがいいたいかっていうと。
 基礎能力において、あたしはこの養成所にいるだれよりも劣る。
 でも、あたしは相打った。そして・・・・・・
 今の貴方なら、正直・・・・・・多分、もう、負けません。ずーっと。永遠に。

887 :ザク乗りの傭兵 ◆PlF7QzaFyA :04/02/18 23:21 ID:???
>883
まじめな話って…
オレぁ、お前がまじめじゃない話してるの見たことねえぞ。。

>884
ほお、言葉責めってやつか(違う)

888 :茶髪:04/02/18 23:21 ID:???
>885
一つ…伝えておこうと思いまして。
(小声で)
……さっきの作戦、もし実行する事になったら…向こうに退社手続き取ってから
そっちに参加する準備はしてありますから…って。

889 :イーグル=ザラ:04/02/18 23:21 ID:???
>885
。・゚・(ノД`)・゚・。

890 :イーグル=ザラ:04/02/18 23:22 ID:???
>887
ほほぉ。そう言った
お前はそういう趣味があるという
わけだな。(ナゼソウナル

891 :自称17歳の教官@割烹着:04/02/18 23:22 ID:???
ったく、食堂の人、俺は職員じゃないと言ってるのに・・・皆さん、昼飯っすよ。
(食事の載ったお盆が幾つも入ったキャスター付きの棚を押しながら入ってくる)


892 :イーグル=ザラ:04/02/18 23:24 ID:???
>891
教官がなんでそんなことを(汗

893 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/02/18 23:24 ID:???
>886
………z…a………n…
(………唇が、ほんの僅かに、動く。
 その指先も…ほんの僅かに、動く。
 ……相当言われたくなかった事だろう、
 それに反応したのかも知れないが……何より…それは………)

894 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/02/18 23:26 ID:???
>888
…………要らない。って言ったらどうする?

>889
まぁまぁ、ちょっと大人に弄ばれたぐらいでそう泣かない(*´∀`)

>891
教官…………何してるんですか?(汗

895 :ザク乗りの傭兵 ◆PlF7QzaFyA :04/02/18 23:27 ID:???
>890
まあ、どちらかというと…
SかMかで言うとM…かな?(なぜか照れる)
>891
うっす。
ゴチになります。
(みなさん、って言ったから当然自分の分もあると思ってる…勝手に来たくせに)

896 :自称17歳の教官:04/02/18 23:28 ID:???
>892 >894
あれ?場所間違えたか・・・。
いやー、何か食堂でラーメンでも食べて行こうとしたら、
その場にいたパートのおばさんに、バイトの青年に間違われて・・・。

えーと・・・嗚呼、配送先を隣と間違えたのか、ちょっと行ってくる。
(2、3分して、いつもの養成所の教官服姿で戻ってくる)

いやー、まいったまいった。
次からは、ちゃんとネームプレートつけてあるかなきゃな。


897 :イーグル=ザラ:04/02/18 23:30 ID:???
>894
だったら、遊ばないで下さい

>895
ザク乗りはMと
なるほど。
ふむふむ。

>896
バイトにまちがわれる
教官って一体(汗

898 :茶髪:04/02/18 23:31 ID:???
>894
(小声)
作戦が執行される限り……代わりに退社した後、企業穏健派とでも
交渉してDG討伐までの間の一時協力って事で参加しようとするつもりです。
(曇りない、明確な意思が見える目。)

899 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/02/18 23:33 ID:???
>896
はい教官。なんでそこで大人しくバイトしてきちゃうんですか?(´・ω・`)∩

>897
そんな事いわれても…………イーグル君ほど弄び甲斐の有る生徒はそうそう居ないんだけど……
(何故か相当深刻そうに呟く)

900 :イーグル=ザラ:04/02/18 23:34 ID:???
>899
誉められてるのか
貶されてるのか
微妙すぎる_|~|○

901 :ふくかん:04/02/18 23:35 ID:???
>893
 あたしは、弱いです。でも、それを補う為に技を磨いている。
 あなたは・・・・・・はっきりいいましょうか?
 力押し、だけなんですよ。結局、自分より劣る人間を
自らの力で、「ドールス」としての能力で、なぎ倒す真似しか
できていない。自分の限界のなかでしか、戦っていない。
 あたしの周りには、あたし以上の人間しかいない。それは
貴方も含めて。だから、あたしはいつも自分の限界と向き合って、
それを超える「技」を磨かなきゃならなかった。7年の間、ずっと。
 でも、あなたは・・・・・・
 限界を超えてない。だから、たとえば次にさらに強力なmsに乗った
として・・・・・・結局同じ真似の繰り返し。
 だから,怖くない。同じ事しかしてこない、すこしは速度も速く
なるかもしれませんけどね。その速度を考えて行動を修正すればいい。
もう,切れますよ。倍の速度できても。
 あなたはあなたのまま。msが代わろうが,それは同じ。
 ドールスを超えたい?笑わせますね。あなたは結局ドールスのまま。
「グレイ・ドール」としての自らのまま、「グレイ・ヴィクトリア」と
してしか闘っていない。 
 もし目を覚ましたとして・・・・・・戦場でもめぐります?
 自分を戦場に置けば、命の極限に置けば、さらなる境地にめぐり合えると
幸せに考えてみます?
 もしそう考えているなら、これはもういよいよもってなまくらですね。
とっとと教官やめてください。
 貴方に教わる生徒が迷惑です。

902 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/02/18 23:36 ID:???
>898
元生徒と現役教官の意見を天秤にかけた時、どっちが尊重されると思う?
(それはつまり、言外に「それでも参加させない」と言う事だ。
 茶髪ほどの戦力ならば、むしろ積極的に参加させるべきにも関わらず、である)

903 :ザク乗りの傭兵 ◆PlF7QzaFyA :04/02/18 23:37 ID:???
>897
そんなもんメモってどうすんだよ。
まさかオレのプロフィールを作って、女生徒に売るつもりか?
…許可しよう。
>898
(何の話かはわからないが…)
ホントお前ってコソコソするの好きなのな…
こんな狭い病室でよぉ…

904 :自称17歳の教官:04/02/18 23:38 ID:???
>895
あ・・・さっきのは隣の部屋の病院食だ。
まぁなんか食べたいなら、後で食堂で軽い物奢っても良いが。
>897
体つきも軍人っぽくなくて、痩せ型に近いぐらいだしなぁ・・・。
>899
そこですよ、そこ。
なんと、食堂の食事券(5百円相当2枚)もらえたので、つい・・・。

(現物支給の食事券を振ってみせる)

905 :イーグル=ザラ:04/02/18 23:40 ID:???
>903
噂好きにこっそりと
情報をリーク。
すると。くひひひひ

>904
教官って顔の知名度低いんすね(あっさり

906 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/02/18 23:41 ID:???
>900
何を言ってるのさ!当然褒めてるに決まってるじゃないかっ!


お笑い芸人を褒めるのと同じぐらいの次元でっ!

>904
……それは、確かに逆らえませんね。納得しました。

907 :イーグル=ザラ:04/02/18 23:44 ID:???
>906
_|~|○

嬉しくない。全くもって嬉しくない。

908 :物静かな…?教官 ◆DkiyhL22xI :04/02/18 23:45 ID:???
>901
……………随分、言ってくれますね、教官。
(……今度は、しっかりと……ハッキリした声が
 その口から放たれる、その両の目も…しかと見開かれている。)
…そう、俺は自分の限界に近づいてすらいない、
ただそれだけが理由………では、俺はもう終わりですか。

…冗談じゃ無い、それだけは認めない、
貴方等に、それを認めさせる気も決して無い。
(上半身を起こし、ふくかんの眼を真っ直ぐに見ながら。)

909 :赤毛:04/02/18 23:46 ID:???
 しーごとおわったー♪
 アズがこっち来てるって話だから、よってみたんだけど。
なんだか皆さんおそろいね(苦笑)
 みんな、フルーツ食べる?
(持ってきたのはフルーツ盛り合わせ。

 ・・・・・・おい。それ、見舞い品だろう)

910 :自称17歳の教官:04/02/18 23:46 ID:???
>905
酷いと、1ヶ月のうち半分は出張で養成所にいないからなぁ。
校外演習の引率も多いし。

逆に何だかんだで、
半永久的に入院・通院してるから間違えられてる可能性もありうる・・・。
>906
でしょ。

肉体労働の後はビールが美味いですし・・・。
それもただ券で飲んだり財布が傷まないと尚更に。

911 :ふくかん:04/02/18 23:48 ID:???
>908 
 では、どうするつもりだったんです。 
 はっきり言って貰いましょうか。
 すべが見つかっているとでも?
 あたしは、あなたの過去を知ってますから。
 ガーベラストレートを振るい、戦場を血と遺灰に
染め上げる灰色の疾風。
 過去にそこに居場所を見出し、そこで戦い抜いた
からこそ、今の自分があるような錯覚に陥っている。
そう考えたがる人、多いんですよねぇ。
 本当の戦いは訓練の中には無くて、実戦の中にある。
 そう、考えて。

912 :ふくかん:04/02/18 23:49 ID:???
 だからこそ、貴方は。
 また、戦場に向かう。ふと,そんな気がしたんですよ。
 ま、そうでないならまだ見込みは在ります。 
 あなた・・・・・・ここへ来て、何人殺しました?

913 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/02/18 23:50 ID:???
>907
何故っ!?Σ(・ω・)
これだけの才能を持ちながら君はこれ以上何を求めると言うのっ!?

>909
ノシ

…………この病室、やたら人口密度高くなってるね〜

>910
えぇ。
世界の幸福の8割はそこに集約されてますよね。
人によっては。
(なにやら大仰にうなずく)

914 :イーグル=ザラ:04/02/18 23:53 ID:???
>910
人生。大変っすね(汗

>912
ヽ(`Д´)ノ ウワァァン
(泣きながら病室から飛び出していく)

915 :赤毛:04/02/18 23:55 ID:???
>913
 ってゆーか、熱い。でも何か局地的に絶対零度の空気が漂ってる気がするけど
それは無視。エアコンつけるわねー。
(エアコン作動)

916 :自称17歳の教官:04/02/18 23:57 ID:???
>909
あ、それじゃ林檎を・・・。
(懐から出したナイフで皮をシャリシャリ向いて行く)
なふはひいはぁ
(訳:懐かしいなぁ)
ほっはいほうへほへふへへへ、、ふはふはひほほははっらろきほ、ひふほはへへははぁ
(訳:北海道への遠征で、津軽海峡渡った時も、林檎食べてたなぁ)

>914
ほはーほうはほはひふは!
(訳;こら、廊下を走るな!)
>915
ほうひは、ふほふほふうひほほいへ
(訳:そういや、向こうの空気重いね)


917 :物静かな…?教官 ◆DkiyhL22xI :04/02/18 23:57 ID:???
>911
それが解っていれば、好き好んで戦場になど出ない。
それが何か悪いと?
…いや…違うか、良いも悪いも無い。

…俺が今此処に居る理由、簡単な話だ。
不愉快だが貴方は俺の過去を知ってる様だ、
ならば知っているか、俺は元々この養成所にAEMAの
攻撃が始まった時点で配属されている。

第一目的は……俺の個人的な恨みを自分で晴らす、それだけだ。

918 :ザク乗りの傭兵 ◆PlF7QzaFyA :04/02/18 23:59 ID:???
>909
おう、お疲れ。
おっ、バナナか…
貰いっ!
(かごからバナナを取り出してサルのように食いつく)
>911
(彼女の話をぼけ〜っと聞きつつ)
あ、いるいる。
そういうやついるよねぇ…


919 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/02/19 00:00 ID:???
>914
(それを見送ると、爽やかな汗を拭い)
…………あぁ、良くイヂメた。( ´▽`)

>915
…………(・ω・)
(エアコン起動。冷風直撃。温度差上昇)

…………(((・ω・)))

……寒い〜
(赤毛に抱きつく)

920 :通常の名無しさんの3倍:04/02/19 00:03 ID:???
(こっそり病室を覗き込む人影)

921 :赤毛:04/02/19 00:04 ID:???
>916
 この時期だっていうのに、けっこう蜜ありますよ。どうぞどうぞご遠慮なくー♪
>919
 あんまりいじめないの。めっ(`∀´)σ(・ω・)

ってあれ?ちょ、ちょっと他の人があーーーーー
(あっさり抱きつかれる)
 見てる、見てる、みてるってば♪
(狼狽。だが語尾だけが何かを裏ぎっとるぞ赤毛よ)

922 :物静かな…?教官 ◆DkiyhL22xI :04/02/19 00:04 ID:???
(>917続き)
>911
早い話、俺が戦場に出るのは復讐の相手を見つける為だ、
居場所を求める等というのは的外れも良い所だな。

………確実に殺したのは…一人だ、
俺がこの手で、直接斬り殺した者が一人。
後は何人殺したか等、数えていない。

923 :ザク乗りの傭兵 ◆PlF7QzaFyA :04/02/19 00:08 ID:???
>919
何してるんすか(タメイキ)
こんなところで昼間っから…
やるならどこか人気のないところでしてくださいよ。
(でも、それほど気にしないで相変わらずバナナを食べてる)

924 :自称17歳の教官:04/02/19 00:09 ID:???
>921
ふたひほほはふひへー・・・
(訳:二人とも、熱いねぇ・・・)

>920
ふへほほ!
(訳:曲者っ!)
(林檎の芯を投げつける)

925 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/02/19 00:11 ID:???
>921
(>920の気配を感じつつ……離れる気配ナッシング)
あー、見てるよねぇ…………まぁキニシナイ。

>923
いや、エアコン直撃で寒いからちょっと体温分けて貰ってるの。

>924
あー、昔から熱いだけが取り柄だった様な気がします。
でも熱いと言うよりはあったかいですよ?
(ぎゅー)

926 :ふくかん:04/02/19 00:13 ID:???
>917
 ……わかっているんですかね、それともわかってませんか。 
 あたしはずいぶん殺しましたねえ。
 養成所のほとんどの人を皆殺しにしましたね。
 赤毛ちゃんなんか、何度殺したか憶えてません。
 ちんぴらくんもおなじ。
 あの3人が自分たちなりの闘い方を模索してるのを
みながら、どうすれば効率よく倒せるか、0.1秒でも
早く倒せるか、体勢を崩せずに倒せるか。
 そればかり考えてますよ。あたしは。授業する時も
ご飯食べる時もお風呂はいるときも起きる時も寝るときも。
 確かに、居場所、という言い方はちょっと悪かったかもしれませんね。
 でも、そこに貴方の相手が現れる可能性があるからこそ、貴方は
そこに身をおいた。ならば、あながち「居場所」といっても間違いは
ないんじゃないですか?


927 :茶髪:04/02/19 00:15 ID:???
>902
(小声)
…「元」オーブのトップエースと養成所の一教官だったら、養成所はともかく、
穏健派はどう判断するでしょうね?…双方同時に使う方が勝算が上がると
考えるのが自然じゃないですか?
(自分の過去すら最大限に利用する意図の現れでもあるだろう。これは。
…紛れも無い。本気…なのだろう。)

928 :赤毛:04/02/19 00:16 ID:???
>925
 ラジャ。
(了解するなよ)

 (*´∀`)あったか〜〜い♪

(熱がっていたのではないのか。っていうかキャミなぞ着るから冷えるのだ)

929 :ザク乗りの傭兵 ◆PlF7QzaFyA :04/02/19 00:17 ID:???
>925
そういうことならオレが…
(上着を脱ぎつつズイっと近寄る)
男のほうが女より体温は高いッすから…

>926
(ちょっと顔が引きつる)
うわ〜…
(小声で)
そりゃ、考えすぎだろ〜?
オレぁ、そこまで考えたことはねえなぁ…

930 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/02/19 00:21 ID:???
>927
間違いなく、採用しないだろうね。
どうもオーブ自体に自覚が無いみたいだけど、企業の穏健派好戦派に関係なくオーブは仮想敵。
カルンシュタイン派はともかく、他の穏健派はいい顔をしないと思うよ。
更に言ってしまえば、「現場の声」ってものがある。
外部からの雇われ人には出来ない「内部工作」の作用は強いしね。

聞こえなかった?君は何があっても参加させないって言ってるんだよ?

931 :物静かな…?教官 ◆DkiyhL22xI :04/02/19 00:22 ID:???
>926
それは結局、貴方のやり方だ。
何かを教える以上、「教官」も教育者、
十人居れば、それぞれ十通りの過ごし方がある。
俺は一方的に与えるだけが教育じゃ無いと思っている、
だから別にそれ自体は変わった事でも無い。

…俺は養成所を「居場所」に選んだかも知れないが、
戦場を「居場所」に選ぶつもりなど無い。
極論してしまえば、俺が戦場に出るのは
第一目標達成の為の手段に過ぎない、そしてそれは同時に、
第二目標達成の為の方法でもある。

932 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/02/19 00:22 ID:???
>928
最近、どーもリミッターが緩いなぁ…………まぁ、どーでもいいんだけど。
(ぬくぬく)

>929
…………ザク乗り君なら、男と女とどっちに温められたい?
(来るな。来たら殺すぞ、と目で殺す。脅すじゃなくて殺す)

933 :赤毛:04/02/19 00:22 ID:???
>927、930
 (ノ´Д`)ノ

(うわー。口論勃発。今日は口論の日?
 なんてゆーか和みキボンヌだわよ)
(抱きしめられつつ滝汗。エアコン全開だというに)

934 :茶髪:04/02/19 00:23 ID:???
>930
………何故?
(単刀直入に聞く。)

935 :ザク乗りの傭兵 ◆PlF7QzaFyA :04/02/19 00:28 ID:???
>932
女!(即答)
…まぁ、そういうことなら…
(どういうことなのか、本人にもわかってない)
確かにちょっと冷えますね…

教官も大丈夫そうだし、もう行きますわ。
(上着を着ながら病室を出て行く)

936 :通常の名無しさんの3倍:04/02/19 00:35 ID:???
>924
(隠れてしまう)
>935
(既に誰もいない)

937 :ふくかん:04/02/19 00:35 ID:???
>931
 ならばそれもよし、です。 
 生き方は人それぞれ。別にそれならそれでかまわない。
 ひとまず、その言葉、貴方の今の立場、考えを聞いておかないと、
ただあたしがひたすら言うだけになっちゃいますから。
 
 もう一度いいますが・・・・・・あなたの技は、確実に私に劣ります。
業って言うのは剣術ではなく、戦場での総合的な闘争術に劣る。
 そういってるんですよ。あなたの反射神経、体力、筋力、いずれも
おそらくは確実にあたしを上回っています。
 でも、あたしは相打った。これが証拠ですよ・・・・・・だからこそ
いいました、次は負けないと。
 あなたは・・・・・・・
 どれだけ強くなりました?どれだけ過去の自分を超えられました?
今を闘っていますか?戦いが戦場にしかないと勘違いしてませんか?
今を真剣に生きるなら、それは戦い。日常を戦場とするならば
あえて戦場に身をおかずとも闘いつづける事は出来ます。
 そして、戦場において、技を磨く事は出来ても技を身に付けることは
できない。なまくらな思いつきの技をかざしても、戦場という場所では
それは往々にして通じず逆に自らを不利に追い込むだけ。
 ひとつの技を身に付ければ,それでずいぶん多くを斬ることができる、
というのが日本の剣客たちの考えでした。技に妙な名前が多いこと、
口伝がおおいのもその現れ。
 で、その技を磨き,作り出す余裕があるのは・・・・・・「殺されても
死なずに済む」のは、後方で訓練してる時だけ。
「訓練と実戦は違う」のはあたりまえ。「だから訓練してても仕方ない、
実戦へ行こう」なんていうのは・・・・・・はっきりいいますが、馬鹿。
訓練に命をかけていない証拠。
 そして・・・・・・それは人生に付いてもいえますよね。
 あなた、どれほど生きてます?
 ここへ来て、どれほど真剣に生きていますか?漫然と生きてませんか?
 命を闘ってるんですか?あなたにはいい女性がいると聞いていますが、
彼女との関係を真剣に戦ってますか?
 戦いっていうのはなにも戦争だけをささない。人生そのものが戦闘。
喜怒哀楽、その全てが闘うに値する行為。
 だからこそ聞きます。あなた、生きてますか?
 ホントに人生を闘ってるんですか?
 目的のために今の1秒一秒を闘ってますか。もし闘ってないのなら、
なぜ「正直な所、自分が何の為に何処に居るのか、それすら解りません」
なんていえるんですか?ええ、聞きましたよ。ギャラリーだった生徒達から。
 第一目標が何で、第二目標が何か。それを目指す,それはいい。
 でも、今に殉じることができなくて、なぜ明日に果実を得られると
思えるんですか。鍵は見つけましたか。あたしごときに一度敗北した
程度で、うなだれるような男が。
 聞かせてもらえます?はっきりと、今。


938 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/02/19 00:38 ID:???
(買い物袋と長い布袋を右肩に提げ、ノートPCを腰に抱えながら物静かな教官の病室に向かう)
(そして入室)


――――
(頭を抱える)

939 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/02/19 00:41 ID:???
>934
(一瞬、真意を語るかどうか悩んだ。だが、告げれば少年は気負うだろう。
 なんだかんだ言って、この兄妹はお互いが思ってる以上に似通っているのだ。
 しかし、それだからと言って真っ赤な嘘を言う気もない。
 これから言う事も、また自分の抱いている真意。ただ、告げない部分が残るだけ)

……茶髪君は子供だ。実年齢がと言う話じゃない。MSパイロットとしてなら下手な大人を凌駕する。
でも茶髪君はやっぱり子供。
人の話を盗み聞きして尾行した挙げ句、謝罪の意すら見せずに自分が役に立てると思い上がる。

僕は教官だ。分かってない事は教えて上げないと。
君は、MSパイロットとしては特一級だけど、兵士としては三流以下。
三流以下の兵士なんて、最重要任務に登用出来ないのは道理でしょう?

>938
(・ω・)ノ
喉の調子は大丈夫?

940 :赤毛:04/02/19 00:42 ID:???
>938
(´Д`)ノシ

(難破した船の上で救助を求める人のようなまなざし、そして手を振る挙動もまた
それな赤毛である。無言でその態度は言う、「へるぷみー」)

941 ::04/02/19 00:46 ID:???
(喜色満面。病室に入ってくる)
(*´ω`)ノシ
(通常の3倍腕を振っております)

942 :ザク乗りの傭兵 ◆PlF7QzaFyA :04/02/19 00:47 ID:???
(食堂の自販機でプラスチックカップのアイスコーヒーを買って戻ってくる)
>937
(その話を聞きながら、黙ってアイスコーヒーを飲んでいる)
>938
よう。
…なんだ、その大荷物は。
家出でもすんのか?

943 :茶髪:04/02/19 00:49 ID:???
>939
…その点はすみません。ただ…引けない所もありますから。

つまりはDG相手に不殺貫こうとするのが問題…と言う事ですか?
養成所の防衛の問題上残ったほうが正解…と言うならまだわかりますけど、
それを理由にされるなら…DGを相手にする場合だけならそれを棄てられますよ。
そこまで融通利かないわけではないですから。
(あくまで食い下がるつもりらしい。)

944 :虎の愛人@臨月 ◆eAwRb9qzdQ :04/02/19 00:50 ID:???
>941
コンニチワ、ミナサン。(虎の後ろに従い……なぜか若本教官の弟子4が荷物持ちしているのはご愛嬌)

945 ::04/02/19 00:51 ID:???
で、だ。
(ふかくため息をつく)

 なにがどうなってここまで病室の空気がぎすぎすしてるのか・・・・・・

わりと、蝶聞きたいなぁ、僕(滝汗

946 :ザク乗りの傭兵 ◆PlF7QzaFyA :04/02/19 00:53 ID:???
>944
こんにちわ〜。
…誰だっけ?
(そして、後ろにいる兄弟子に)
あ、兄さん!ちわっす(拝師の礼)
なにしてんすか、こんなとこで?
>945
まあ、かくかくしかじかって感じですか。
あんまり気にしねえでください。
(それじゃわかんねえよ)

947 :物静かな…?教官 ◆DkiyhL22xI :04/02/19 00:54 ID:???
>937
「人生は戦い」……旧世紀から続く考え方か、
少なくとも、俺は戦ってきたつもりだよ、これまでも、
そしてこれからも、それを続ける。

しかし俺は…大事な事を間違えた様だ、
幾ら自分で戦ったと思っても、間違えてたら意味が無いか。

…あぁ、鍵は見つけた、ならば変えれば良い、
……俺は俺のやり方で、成果を出してやる。
…先程までの言葉は訂正する、俺は今という時間と共に、
過去をも相手に戦って見せる……それが、今の俺の原動力だ…!

948 :虎の愛人@臨月 ◆eAwRb9qzdQ :04/02/19 00:58 ID:???
>946
ハジメマシテ、あいしゃ・ばるどふぇるどヨ。

弟子4「よぅ、達者か?オレはこの二人の護衛兼雑用係だな」

949 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/02/19 00:59 ID:???
>939
――
(なぜかむっとした表情で首を振る)

>940
(やはりこっちも首を振り
 目を閉じて思案)

>940
――ァ
(ため息一つ
 そして「お前と一緒にするな」と言いたげな目)

>947
(其の言葉を黙って聴く)

950 :鳥人間の教官:04/02/19 00:59 ID:???
イヨォ、元気してるか?
いや、今回は災難だったなぁ。
これ俺からの土産な。
俺の実家から送ってきた黒ビールだ。(マテ)

幾ら何でも親父も送りすぎでなぁ、余り過ぎて困ってたんだわ。
ぱーっとビールをあおれるよう、さっさと退院しろよ!


……外したか、俺?

(場の冷たい空気に気押される)

951 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/02/19 01:03 ID:???
>943
不殺…………ねぇ。
体が半分浸食された仲間を撃て、と言われてコンマ数秒の遅れも無く撃てる?
一秒じゃなくてコンマ数秒以下だよ?

…………無理じゃない?

棄てられる、って問題じゃない。そういう理念を抱いてる時点でアウト。
何度も言わせないで欲しいな。
戦場って言うのは殺して殺される場所。
そこに「殺さない」って信念を持ち込む時点で君は兵士失格なんだって。
今回の作戦が実行されるとして、必要なのは高いMS操縦技能を持つ「兵士」。
戦場のイロハも分かってないお子さまは、足手まといになるだけだよ。

>949
そう…………なるべく声は出さない様にね?
痛めた喉で声を出すと治りが遅くなるんだから〜
(ムッ、とされたのを気にする様子も無く答える)

952 :ザク乗りの傭兵 ◆PlF7QzaFyA :04/02/19 01:05 ID:???
>948
こいつぁ、どうも。
「巨星」所属のザック・バラードSMG曹長です(ピシッと敬礼)
(兄弟子に)
はぁ…そっちも大変っすねぇ…
オレも隊に入ったばっかりのときは、何度ハモンさんの買い物に付き合わされたものか…
>949
なんだ、そのタメイキはよ〜。
家出じゃなけりゃ…まさか帽子ちゃんのところで同棲?
なんて破廉恥な…
>950
ちわっす(敬礼)
すんませんね、なんか空気が悪くて…

953 :茶髪:04/02/19 01:09 ID:???
>951
……確かに…そう言われればそう…かもしれません。
実際、過去に敵に回った友人をすぐに撃てませんでしたから。
(悔しさを噛み殺すようにして言う。)
………………でも…プログラム面の後方支援ならどうです?
兵士としては不要で足手まといでも…そっちでは…教官に劣る要素は
ありませんよ。実際も…おそらく実績でも。
(まだ、完全に協力しない選択は選ばないようだ。)

954 :ふくかん:04/02/19 01:09 ID:???
>946 
 そして、あなたもまたそう。ザック・バラード。
 あなたはどう今を生きてます?
 もっとも今はただ道を見出す為に生きているのかもしれませんが。
 それとも道は、もう見出しました?
(とうとつに語りかける)
>947 
 そうまで言うなら,成果を待ちましょうか。
 名刀ならば・・・・・・あえて研ぎなおす必要も無いでしょう。
やがて、ゆがんだ刀身はもどる。心金がとおっているのだから。
 なまくらならば・・・・・・研いでも同じ事。しょせんなまくらは
なまくらにすぎないんですし。
 でも・・・・・・自分ひとりでは超えられない壁がある、そう感じたなら。
それがうまくいくにせよ、行かないにせよ、研ぎをあてましょう。
 それは貴方が選ぶ事。自分ひとりで何事かが為せる、そう思えるのなら,
それでもいい。
 何にせよ、貴方の人生は貴方の人生。あたしがどうこう言う事じゃありません。
(・・・・・・ま、手荒い活入れになりましたが・・・・・・
 最低限の効果はありましたかね。
 ・・・・・・役立たずのままじゃ、困るんですよ。あたしが、いえ、
皆が。グレイ・ヴィクトリアというのはただ一振り、そこにあるだけで
誰もがそれとなくその刀風を感じるような、見るものに何らかの感慨を
強いるような、そういう存在じゃなきゃいけない・・・・・・
 ベッドで寝転がってる名刀なんて、絵になりませんよ。
 ま、これはあたしの感想ですけどね)
 

955 ::04/02/19 01:11 ID:???
 挨拶ぐらいはほしいんだがね・・・・・・

 ま、場違いだってのはみとめるけどさ・・・・・

(´・ω・`)σの

956 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/02/19 01:15 ID:???
(病室に入って来た者には、それぞれ視線を送って。)
>954
…解りました、少し時間を下さい。
今暫く…身体の方に時間が必要です。
ですが…近い内に…答は出して見せますよ、必ずね。


957 :鳥人間の教官:04/02/19 01:16 ID:???
>951
教官、あまりキツク言っても仕方ないでしょ?(頭を掻く)
そういう思想を持った奴でも、警備兵ぐらいには約に立つってもんさ。
ま、こいつはまだガキなんだから、ムキになれば聞く話も聞かねえさ。

>953
(後ろから小突く)
オマエもだ。
元気なのは結構だけどさ、余り大人に楯突きなさんな。

>952
いよぉ、愛機のザクはどうだい?

>955
お、珍しい人が居るね。
アンタ砂漠の虎、だな?
(右手を差し出す)

958 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/02/19 01:17 ID:???
>951
(こくりとうなずく)

>952
―――ナロッ!
(つかみかからんばかりに睨む)
(目を閉じて舌打ち)

>954
(それを聞いて考え――買い物袋を物静かな教官の枕もとの台に置くと
 布袋を肩にかける)
――ァ
(のどに手を当て一思案、そして副官に近づき)
―俺と一度手合わせしてもらえませんか―無論、剣で
(小さくかれたような、それでいて強い決意をのせた声でそう言い放つ)

959 :ふくかん:04/02/19 01:17 ID:???
>956 
 その言葉、信じさせてもらいますよ?とりあえず。
 もし生ぬるいままなら、今度は遠慮なく叩き潰しますからお覚悟♪
(物騒な事をにっこり笑いながら言う)

960 :ザク乗りの傭兵 ◆PlF7QzaFyA :04/02/19 01:19 ID:???
>954
え、なに?オレ?
(唐突に振られてビックリする)
ん〜、どうでしょう?
毎日、楽しく生きてますよ。
(ヘラヘラしてる)
まあ、アンタがさっき言ったことにほとんど同意しますよ。
ただひとつ以外はね。
「人生が戦い」ってのはわかりますよ。
オレだってのほほんとこれまで生きてきたつもりはねえし。
でも、だからって「戦場の戦い」と「日常の戦い」を同列に語っても仕方ねえでしょ。
それは別のもんなんだから。
>957
もちろん絶好調ッすよ。
(ビッと親指を立ててみせる)
最近ザク用のバイクを手に入れましたしね…

961 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/02/19 01:20 ID:???
>953
前に、アポトーシスプログラムは無駄になるだろうって言ったの誰だっけ?
MSのOSを決戦目前に入れ換える無謀な人間が居るとも思えないし…………
あぁそうか、大事な事を聞き忘れてた。

(抱いてた赤毛を話すと脇へ追いやって、茶髪へと囁く)

僕は、DG掃討の際にグェネぴーに手伝って貰うつもりだけど、それを茶髪君はどう思う?
これの質問は、今までの言い争いよりもずっと直接的に僕の判断を左右するんだけど。

>957
まぁ…………ただの警備兵に使うなら上級なんですけどね。
(耳元まで寄って)
DG掃討作戦の際に、自分を採用しろって言い寄るんですよ。寄りにもよって。

>958
僕の話、全然聞き入れて貰えてない見たいだね…………(´・ω・`)

962 ::04/02/19 01:20 ID:???
>957
 めずらしぃ・・・・・・

 ま、そうかもしれんけど。ニュージーランドじゃ珍獣だよな。はは、は、は・・・・・(涙)

 アンドリュー・バルトフェルドだ。(握手に応じつつ)
 で、僕の一番大事な存在、アイシャ・バルトフェルド。(アイシャを紹介しつつ)
 で、こいつが・・・・・・
 僕にとって一番大事な存在の・・・・・・
 まだ名前決めてない(滝汗)


963 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/02/19 01:21 ID:???
>956続き

………それに…限界の様ですね、俺も。
(それだけ言うと……目を閉じて、静かな吐息を立て始める。
 表情は真面目なままなのだが…流石に、
 三日以上眠り続けた人間が寝起きにあの様な会話を
 かわすのは辛かったのかも知れない………
 直前、>958を視界の端に認めながら…再び、眠りに付く。
 今度は…確実に覚める、そういう眠りだ。)

964 :鳥人間の教官:04/02/19 01:25 ID:???
>959
お嬢ちゃんも相変わらず物騒だねぇ。
(頭を撫でるな、頭を)

>960
ほう、そいつは良いね。
あれかい、バイクがそのままコクピッとに?

>961
言うだろうねぇ、こういう子は。
連れてっても邪魔だし、それ以上にこの子連れてくのは駄目でしょ。
(軽く声のトーンを落として小声)

>962
おぉ、綺麗な奥様で羨ましい。(握手しつつ)
……や、名無しの権兵衛じゃ可哀想じゃないですか?

965 :茶髪:04/02/19 01:26 ID:???
>957
…時と場合によりますよ。

>961
……前回と同じく。現場で作る手はありますよ。

…当然の事じゃないですか。それがどうかしたんですか?
クレアさんが生きてる限り、彼女は安全ですよ?
前回も彼女のおかげで倒せたんですし。
(堂々と言ってのける。…これが真の意味での本心だろう。)

966 :ふくかん:04/02/19 01:26 ID:???
>958
 剣で?
 あなたは結構腕が立つって聞いてます。
 そのあなたがあえて「剣で」っていうからには、
それなりの理由って奴があるんでしょう。
 べつにいいですよ。
(普段の表情をかなぐり捨てているせいか。それとも
最悪の戦場を駆け巡ったがゆえか。
 闘気、というべき何かが彼女から立ち上る・・・・・・)
>960
 そのへんはまぁ生き方、っていうか考え方の違いですかねぇ。
 あたしにとって人生はまぁ冥府魔道。生まれてから死ぬまで、
戦うしかないと思ってますし、だからこの道を歩んでる。
 あなたは多分違って、旨くいえませんが、別の道を進んでる。
あたしの生を戦場に例えるなら・・・・・・
 あなたの生はむしろ「旅」なのかもしれませんね。
あなたにとって、戦争,戦闘とはその旅のさなかに出会う
何事かに過ぎず、だからこそ日常と戦闘とは別だと考えられる。
でもこれはきっとあたしの主観・・・・・・
 ・・・・・・つくづく、面白い人ですね。

967 :虎の愛人@臨月 ◆eAwRb9qzdQ :04/02/19 01:29 ID:???
>962
(そっと、寄り添う)……ウマレテカラデモ、マダマニアウワ。

968 ::04/02/19 01:33 ID:???
>964 
 全身全霊全知全能渾身でもって考えてるんだけど・・・・・・


 うかばないんだよねいいのが(がっくし)
 実はかれこれ1週間考えっぱなし・・・・・・・
(おまえそれでスレに出てこなかったのかよ)
。967
 ん、まぁ、そうだよな・・・・・・
 名前ってのは魂・・・・・・一生使うものだ、
 いいのにしないと・・・・・・

 あぅあー(おそらく子供を猫っ可愛がりするタイプなのか・・・・・・)

969 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/02/19 01:34 ID:???
>961
(其の視線に気づいたのか、携帯でメールを打ち、ディスプレイを見せる)
「ツマンナイこだわりですよ、流石に勝負を挑む以上はちゃんと口で言いたい」

>966
(その『闘気』にすこし押されながらも)
―ここじゃまずい、ほかの場所で――

970 :鳥人間の教官:04/02/19 01:35 ID:???
>965
はいはいはい、君ももうおしまい。
君みたいな子供じゃあ、DG討伐には連れてけない。
それは世の中の摂理ってもんだ。

君ね、甘えるにも程があるだろうに。
そうやって力が有るから食い下がれるだけで、其の上力も無けりゃ、食い下がる事だって出来ないんだ。

解るかい、君は幾らなんでも子供過ぎる。
力を持つのは良いけど、だからって余り大人を困らせるのぁ感心しないな?

971 :ザク乗りの傭兵 ◆PlF7QzaFyA :04/02/19 01:37 ID:???
>964
いや、こう、ザクに乗ったまま中から操縦するんす。
オレのザクじゃ、重量がありすぎて長距離航行は無理ですしね。
…そういや、名前もまだ決めてねえな…
どうすっか…う〜ん。
「THE 漢バイク」…却下。
(悩み始める)

>966
さあ、どうっすかね?
自分の人生が何のためにあるかなんて考えたこともねえですよ。
オレはそういうの性にあわねえんですよ。
誰かとか、何かの事件とか、あるいは運命なんて言うわけのわかんねえものに強制されて生き方を決めるなんてね。
だから、オレは闘わなきゃならねえ理由なんか何もねえ。
やめたくなりゃいつでもやめますよ。
でも、今は自分で選んだ道だから中途半端にしたくねえ。
それだけですよ。


972 :鳥人間の教官:04/02/19 01:40 ID:???
>968
や、心中御察しします。
うちの親もね、俺の名前こんなのにしたの、後悔してるしなぁ。
『こんな名前にしたから、飛行機と結婚しちまった』
ってさ。

>971
よし、零戦ってどうだい?
ザクはまさしく零戦だしな(マテ)

973 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/02/19 01:44 ID:???
>964 >970
そう思うんなら、そっちからも──モウイッテタ(´・ω・`)

>965
そのクレアちゃんが今どこに居るか…………あぁ、くそ。僕とした事が論点を間違えた。
今のグェネぴーなら、仮にクレアちゃんに何か有ったって大丈夫に決まってるじゃないか……
(それだけ呟くと、しばし黙考の後にため息を吐く)
…………止めよう。作戦の発動すらしてないんだ。今からどうこう言っても仕方がない。

>969
む……確かにそう言われるとそれが礼儀だよね…………(´・ω・`)

974 :ふくかん:04/02/19 01:45 ID:???
>971
 なるほど。
 やっぱり、面白いですよ、君。人間、いろいろな目に遭うと、
ついそれに縛られちゃうもんなんですが、あなたにはそれがないですね。
ほんと、自由なんですねぇ。
 もうちょっと早くここの教官になりたかったですね。
 いろいろ君の話も聞きたかったし。君に教えられた事もあるかも
しれない。あるいは君に教わる事も。
 それがちょっと、残念です。(苦笑しつつ)
>964
 勝負を挑むなら、お好きな方式で。
 今すぐが望みですか?それとも、また後日にします?

975 :茶髪:04/02/19 01:47 ID:???
>970
………。
(耳に入っていない様子。)

>973
…なら余計問題ないですね。

とりあえず…最低限怪我は治しときますから。
…失礼しました。
(さっさと撤退していったようだ。)

976 ::04/02/19 01:48 ID:???
>972
 なるほどなぁ・・・・・・いや、それはそれで幸せだしいいと思うんだが。
生き方が見つかってるわけだろ?
 もう一人、僕には世界で一番大事な存在がいるわけなんだが・・・・・・
多分、別の世界の僕は幸運を祈って名前をつけたってのに、微妙にスペルが悪かったのか・・・・・
(どんよよよよおん)

977 ::04/02/19 01:49 ID:???
>975
 ・・・・・・
 徹頭徹尾無視って・・・・・・
 そりゃないんじゃないか?(滝汗)
(ものすごくしょんぼり)

978 :ザク乗りの傭兵 ◆PlF7QzaFyA :04/02/19 01:53 ID:???
>972
ゼロ戦…ゼロ式バイク…
ゼロ式戦闘バイク…ゼロファイター…
(ブツブツ言ってる)
どうしようかなぁ…

>974
いや〜、おれもこんな美人の教官が赴任してくるって知ってりゃ
出ていかなかったんすけどね…
惜しい事したな…
(本気なのか冗談なのか…にやりと笑う)

979 :鳥人間の教官:04/02/19 01:53 ID:???
>975
おいおい、無視かい。
(苦笑して肩をすくめる)

>953
駄目だコイツは。
説得しないで放っていった方が良いな。
それでも付いてこようとしたら、撃ち落としてでもね。
幾ら何でも我侭にも程があるしなぁ。

>976
ま、俺は満足さ。
嘆いてんのは親父とお袋でな。
こんな事してるから、未だに嫁さんももらえん。

……むぅ、俺何か言ったかい?

980 :虎の愛人@臨月 ◆eAwRb9qzdQ :04/02/19 01:55 ID:???
>976-977
(頭をなでなで)
>975
……きらクン、アイサツハ?(にこやかに……こめかみぐりぐり……)

981 :ふくかん:04/02/19 01:58 ID:???
>978 
 あたしなら「katana」ですねぇ。そういうバイクにちんぴら君が乗ってるって
聞いた時、「あーこの子には勿体無い」とか思っちゃってー。
 そーですねー。んー。
 なんかこう、「っぽい」名前がいいですよねぇ。

 美人って言ってくれたのは人生で二度目ですね(苦笑)
 あー。ますます惜しくなっちゃいました。復学しません?(むちゃくちゃ言うな)

982 :鳥人間の教官:04/02/19 02:02 ID:???
>974
や、何も喧嘩売ってるんじゃないのよ。
たださぁ、病室なんだからもう少しにこやかに行こうや。
そんなしょうも無い話なんてしてないでさ。

983 ::04/02/19 02:02 ID:???
>979
 結婚はいいぞぉ。人生観が変わる・・・・・・
 前は「愛人関係」なんて揶揄も受けたもんだけど、
まぁずるずるって言うのもなんだし、さすがに国家元首が
「愛人関係」もまずいだろ?それで結婚したんだが・・・・・・
変わるね、世界が。っていうより自分の視点が変わる。
 早く、いい相手見つけた方がいいよ。
(ったく暑苦しい・・・・・まぁ、恋愛結婚した男などだれしも
こんなものだろう。普段のニヒルさは何処へ消えた・・・・・・)
>980
(*´ω`)とろーん
(馬鹿夫婦・・・・・・
 愛人関係という一線を超えたのは本人達にとっては良かったのだろうが・・・・・・
なんというか、周囲の人間から見ればそれは「堕落」に見えるような気がしないでもない
それは情景だろう。いや、マジで)

984 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/02/19 02:02 ID:???
>975
(その様子を見送りながら深くため息を吐く)
…………失敗した。なんかもう、出発点から間違えたのは久しぶり…………

>979
…………ですね。まさか、あそこまで年不相応に子供だとは…………


ア"-⊂⌒~⊃´Д`)⊃











>976
そう言えばこんにちわ。(´Д`)ノ

985 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/02/19 02:04 ID:???
>973
(また打ち直し)
「そういうことです……正直つらいですけど(汗」

>974
(息を吸い込み)
――出来れば早く、場所を移動してすぐでも構いません

986 :ザク乗りの傭兵 ◆PlF7QzaFyA :04/02/19 02:05 ID:???
>981
いや、俺は「SUZUKI」より「KAWASAKI」ですね。
となると、やっぱりカラーリングは「火の玉」か、「エディ・ローソンカラー」か…
(何の話だ)
オレにはまだラル隊でやらなきゃいけねえことがあるから…
ランバ・ラルって男からもっと盗みたいと思ってるんでね。
闘い方も、あの渋いしゃべり方も、愛し方も…
復学はそれが済んだら考えてみます。
そんときゃ、よろしくお願いします。

んじゃ、オレはこれで。
(小さく敬礼をし、ジャケットを翻して病室を出て行く)

987 :鳥人間の教官:04/02/19 02:07 ID:???
>983
結婚なぁ、俺は戦闘機が愛人さ。
空と結婚式でも上げるかねぇ(マテ)

>984
まぁ……思春期って奴?
仕方ないと言えば仕方ないか。

988 :ふくかん:04/02/19 02:09 ID:???
>986
 川崎・・・・・・バイクメーカーとしても有名ですけど、あたしてきには
どーしても戦闘機メーカーってイメージがあるんですヨねぇ。
 紫電改・・・・・・それとも飛燕?雷電・・・・・・・


 なーんかイメージが合いませんねぇ。
 
 なんにしても、もし教えられる日が来るなら、その日を楽しみにしてますよ〜
>985
 それじゃ・・・・・・
 ちゃっちゃとすませましょうか。
 戦闘形式はお好きに。シミュでも、模擬戦でも・・・・・・
 また別の方式でも。

989 ::04/02/19 02:11 ID:???
>984
 きっと、負けた事がないんだろうなぁ、
 一度も痛い目みたことないから、ああして傲慢になる・・・・・・
 たいした奴なのは間違いない。なんていうか、天才ゆえにああなっちゃったって
とこはある気がするねぇ。

 それより今の今まで無視されて割となきたいだけど胸かして(何言うか)

990 ::04/02/19 02:12 ID:???
>987
 空と結婚式・・・・・・
 豪快だなぁ。
 ま、となると君は幸せな恋愛をして、幸せな結婚生活を
送ってるわけだ・・・・・・飛べばいつでもそこにいるんだからねぇ、好きな人は。

991 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/02/19 02:16 ID:???
>988
(持っていた布袋から木刀を出し、かるくふくかんにつきつけると
 「そういうことです」と言わんばかりに微笑んで病室を後にする)

992 :ふくかん:04/02/19 02:18 ID:???
>991
 あたしは生身の戦いは苦手ですよ。
(軽口をたたきつつついて行く)

993 :鳥人間の教官:04/02/19 02:20 ID:???
>990
その通り!
俺の恋人は常に身辺に居るって寸法でね。

>991-992
あいつらも若いなぁ……

994 ::04/02/19 02:23 ID:???
>993
 何時だって恋人と一緒。でもあれだな。
 君の場合、恋人が二人いるねぇ。
 愛機に大空。二重婚かい?
 もっとも、空と飛行機は相性がいい・・・・・・浮気で喧嘩にならない(苦笑)
>991〜993
 若いねぇ・・・・・・
 ホント。
 昔は僕もああだった・・・・・・
 ま、年をとれば自然とおちついてくるもん・・・・・
なのかもね。ちょいと懐かしいが、うらやましいとは・・・・・・

ごめん。いまちょっとだけ、思った(苦笑)

995 :タオルマスク:04/02/19 02:24 ID:???
ジンズレデヅヨ、ダディャザァン!

 |人
 |w0)つ ミ http://comic3.2ch.net/test/read.cgi/x3/1077124751/l50

996 :赤毛:04/02/19 02:27 ID:???
 そして出番の無いあたしが999ゲトー



 ごめん、はやまっちゃった(どげざ

997 :鳥人間の教官:04/02/19 02:28 ID:???
>994
……そういう意味じゃ、愛機が山ほどあるからな。
一夫多妻状態か(笑)

998 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/02/19 02:28 ID:???



(修練場
 トレーニングルームの一つとして置かれたそれは
 どういうわけか純和風な畳間であった)
(そしてその場に立つ男、其の両手には先ほどの木刀ではなく竹刀が握られている)
――
(黙って木刀を目の前の女性に差し出す)

999 :ふくかん:04/02/19 02:29 ID:???
>998
 だからあたしは生身は苦手だって言ってるんですけどねぇ。
(´ω`)
 ま、それなりにやってはみますか。いちおー訓練はうけましたし。

1000 :虎の愛人@臨月 ◆eAwRb9qzdQ :04/02/19 02:31 ID:???
ジャア、サキニヘヤニイクネ。(弟子4を連れて出て行く。というかここは物静かな教官の部屋だ)

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

344 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)