5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

パイロット養成所79.神父vsドールズDX永久を越えて…。

1 :通常の名無しさんの3倍:04/04/18 21:55 ID:???
管制室
(本スレでストーリーが展開して新規参入しにくい場合や意見がある方は是非ココにおいでください。雑談も可)
http://www.soutokuhu.com/bbs/test/read.cgi?bbs=shar&key=1080058999&st=555&nofirst=true
アクシズ鯖落ち時は
ttp://jbbs.shitaraba.com/bbs/read.cgi/comic/288/1068325908/l100
詳細情報集積所
ttp://jbbs.shitaraba.com/comic/288/

画像保管庫(仮)
ttp://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Name/2598/

■用語辞典■
ttp://cgi2.synapse.ne.jp/~threedays/words/ziten.cgi

新規参入したい方は管制室においでませ。

2 :通常の名無しさんの3倍:04/04/18 21:57 ID:???
↓チンコ以下

3 :通常の名無しさんの3倍:04/04/18 22:00 ID:???
おれはうんこなのか。

4 :高句麗 ◆OIZKOUKURI :04/04/18 22:07 ID:???
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
 な、なんか狐につつまれたような   |
 気がする・・・。             .|
_____  _________/
        V
            ∧_∧
            /    ヽ
            | `  ´|
      <>○<>\= o/
      // ヽ\⊂ ̄ , ヽ
      / ∧_∧ヽ  ̄   ヽ
     /,( ;´∀`)ヽ ,ゝ  |___, ヘ
     | ヽ\`yノ )(   |   <   |
     ヽ ___ノ_と_ノ\_<_ノ


5 :通常の名無しさんの3倍:04/04/18 22:07 ID:???
>>4はうんこ

6 :通常の名無しさんの3倍:04/04/18 22:09 ID:???
UNKO

7 :鳥人間の教官@ワイバーン(VTOLタイプ):04/04/18 23:35 ID:???
>997
 舌打ちして機体を見回す。

「なら捨てちまえそんなモン!
 よし、とりあえずさっさとダムを離れる!
 ダムを離れて山岳を移動して、移動不可能機が出た時点で移動は中止。
 どたばたが終わるのを待つぞ……」

 エンジンを吹き上げ、移動準備をする。

「見失うなよ!」

8 :新三人娘 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/18 23:37 ID:???
>1
乙。


>前スレ996
海「……」
種「……」
赤「……」

『撤収!』(バギーは川沿いを下り、川下へ――養成所へ)


9 :AEMA残存部隊:04/04/18 23:39 ID:???
>7
 了解・・・・・・・
(ぼろぼろのセンシズとギラ・ドーガが起動。武器を放棄する)

10 :AEMA独立機動艦隊:04/04/18 23:41 ID:???
センシズU
 ・・・・・・まだ養成所の連中は動いてないな・・・・・・
 ・・・・・・裏切りものどもと、あの小ざかしいモビルスーツ。
 ボーナスとしてもらってもかまわないかね?
ブリッジ
 それぐらいなら喜んで払うさ。
 だが、ほどほどにな。

センシズU
 了解!

(次々に発艦していくセンシズU部隊)

11 :お人よし@ブリッツ:04/04/18 23:41 ID:???
>7
(通信)
まず、先行して足止めを行います。
その間に退避お願いします。
(ダムを乗り越え、先に進んでいく)

12 :鳥人間の教官@ワイバーン(VTOLタイプ):04/04/18 23:43 ID:???
>9
「よしっ、行くぞ!」

 ワイバーンが上昇する。

>11
 下にブリッツを見、親指を立てる。

「いよぉ、ニコルちゃん、頼むぜ、こっちはお守り付きなんでな!」

13 :センシズU小隊:04/04/18 23:45 ID:???
>12
 ・・・・・・戦闘機・・・・・・いや、可変MSか?

 まぁいい、叩けばわかるさ!
 食らえ!
(3機、レーザーロックオン。降下しながらマシンライフルによる射撃を
開始!)


14 :通常の名無しさんの3倍:04/04/18 23:46 ID:???
>1乙

?(inドム)「・・・うー、毎度ながらこの目的地までの待つ時間ってのがうずくなぁ。
     もうちょっと早く着けないもんかなー・・・」

??(inエレバド)「無茶言うな、海を越えるとなればそれなりに時間はかかる」

?(inドム)「・・・・・・ そろそろ、か」

??(inエレバド)「そうだな・・・よし、第1小隊長ローグ、エレバド出る!」

?(inドム)「第2小隊長リーク、ドム 出るぞっ!しっかりついてこいよ隊員!」


(謎の部隊、地上に降下。ダムから1キロほど離れた場所に着陸。
第1小隊:エレバド・グフF・ザク 第2小隊:ドム・グフF・グフF)

15 :お人よし@ブリッツ:04/04/18 23:48 ID:???
>12
(通信)
了解しました。

>13
危ない!
(トリケロスを構えながら飛び上がり、
 自機を盾にして、マシンライフルの射撃を
 トリケロスで受け流す)
このっ。
(受け流した後に、内蔵のBRで牽制射撃)

16 :鳥人間の教官@ワイバーン(VTOLタイプ):04/04/18 23:49 ID:???
>13
 口笛を吹き、機体を回転させつつ攻撃を避ける。

「はは、熱い歓迎だな……だが、遅ぇんだよ!」

 避けると同時に、バルカン砲が連射され、バルカンに混じってミサイルが射出される。
 貫通力を重視した指方向性のミサイルが。

17 :センシズU小隊b:04/04/18 23:49 ID:???
「増援だと!?」
「・・・・・・旧式もいいところだな・・・・・・一息に叩く!」
「数は多いが、所詮雑魚!叩き潰すぞ!」
(100ミリマシンライフルを連射しながら、急降下して襲い掛かる
センシズ3機)

18 :AEMA−ブリッツ:04/04/18 23:50 ID:???
(上空より姿を見せたままのブリッツが>15目掛け降って来る。)

19 :???@黒い可変MS@sarah:04/04/18 23:51 ID:???
(その頃、黒い可変MSが高高度でNZに接近していた)
サトーさんの言ってたニュージーランドの養成所・・・・・・・
ユキ・・・・いるの?

20 :所属不明軍第2小隊:04/04/18 23:52 ID:???
>17
リーク「旧式、雑魚、ねぇ・・・言ってくれんじゃないの!
    甘く見てると足元すくわれるよっ!」

(ドムは地上からジャイアントバズを、
グフフライト2機は飛行しながら接近し、フィンガーバルカンを連射する。)

21 :せっかちな神父 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/18 23:55 ID:???
(ふと、空を見上げ)

……あの男は……今もなお光と影の狭間で神を求めているのか……

22 :所属不明軍第2小隊:04/04/18 23:56 ID:???
訂正
(フィンガーバルカン→35mm3連装ガトリング砲でした)

23 :センシズU小隊a:04/04/18 23:56 ID:???
>15,16
「・・・・・・バルカン・・・・・けん制か!」
(被弾しながら、なおも迎撃のマシンライフルを放つセンシズU。
 しかし、軽快に動き回る敵戦闘機に被弾させることができない。
 躍起になり、攻撃に集中しようとしたのが運のつき・・・・・・
 ワイバーンから放たれた高速のミサイルが胸部にめり込み、
装甲を突き破り、バックパックにまで貫通して爆発。
 残骸は石のように落下していく。
 それを見て動揺した二機のセンシズめがけ、ニコルの乗り込んだ
ブリッツがけん制射撃を放つ。
 とっさにスラスターを噴射して逃れつつ、強引に反撃しようと
一機がブリッツに、もう一機がワイバーンにマシンライフルで
射撃を行うが・・・・・・
 反動で機体の動きが乱れている)

24 :???@黒い可変MS ◆mweAve86e6 :04/04/18 23:58 ID:???
『ピーー!ピーー!』
前方で戦闘?

まさか、あの中にユキが?
(高度を下げていく黒い機体・・・・
やがて、戦場に到達する)

25 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/19 00:00 ID:???
…………まぁ、V2Rは昨日の反動で出れない訳で〜

( ・∀・)つ且

(天馬で呑気に茶を啜ってる)


26 :センシズU小隊b:04/04/19 00:01 ID:???
>20
 ・・・・・・そんな、豆鉄砲で!
(装甲板ではじきながら、2機が勝ち誇ったようにグフフライトタイプ
めがけ突進する。ビームブレードを発振していた。
 一息に切り刻もうというのだろう。
 しかし、一機にドムが放ったジャイアントバズの砲弾が直撃する。
 とらわれすぎればどうなるか・・・・・・結論は明快だった。
 大口径無反動砲の威力がどれほどのものかをセンシズの一機は身を
もって思い知る。 
 ただの一撃で、センシズUは破壊されていた・・・・・・
 残骸と化した一機がそのままダムの水面に落下。
 大きな水柱を立てる)
 このやろう!
(一機は突進をやめず、グフめがけ袈裟懸けに斬りすてんとビームブレードを
振るう!)

27 :お人よし@ブリッツ:04/04/19 00:01 ID:???
>14>17
所属照合の無い部隊?
でも、AEMAと戦闘をしている。
何で・・・・・・
(いろいろと疑問に思っているが
 まずは通信を送る)
(通信)
ご協力有難うございます。
戦闘が終わったら、どこのどなたなのか
教えて下さい。

>18
ブリッツ!?
他の人たちが来るまでに持ちこたえる事が
できるんでしょうか・・・・・・
いえ。やらなくてはいけないですよね。
(ブリッツに向かってBRの牽制射撃をする)

>23
(>18に牽制射撃後に直ぐに向き直り
 マシンライフルを軌道を見切って、回避を行いつつ
 マシンライフルを持つその手に向かって
 ランサーダートを一発撃ち放つ)

28 :鳥人間の教官@ワイバーン(VTOLタイプ):04/04/19 00:01 ID:???
>23
「3,2,1……Fry!!」

 上昇気流に乗った無茶な機動で攻撃を避けると、モーターをふかして背後に回りこみ、
バックパック目掛けて爆発能力の有る弾を用いたバルカンを一斉に叩き込む。

29 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/04/19 00:02 ID:???
>>25
(天馬に入店)
ん?お前さんも居残りか?

30 :AEMA−ブリッツ:04/04/19 00:06 ID:???
>27
……………甘い甘い。
(アンチビームシールドで防いで。)
…ブリッツ使った俺に勝てる奴なんて…皆無ってなぁ!
(無意味な自信を込めた通信を相手に一方的に仕掛けてからミラコロ展開。)

31 :所属不明軍第2小隊:04/04/19 00:07 ID:???
>28
リーク「うっしゃぁ!一機撃破っ!グフ1!無茶はすんなよ!防ぎきれそうに無かったら飛行ルートを変えろ!
    グフ2!接近戦に持ち込め!相手は多分落下戦のみのはずだ!良くは知らんが
    落下と飛行じゃ自由度が違う!それを上手く利用しろ!」

(ドム、気にせず次のターゲットを選定し、ジャイアントバズを発射
突進してくる一機に狙われているグフは、回避行動を取るべくスピードダウンして横移動
もう一機のグフはそのままガトリングシールドで応戦)

32 :???@黒い可変MS ◆mweAve86e6 :04/04/19 00:08 ID:???
ユキ・・・・・・ここにいるの?
(何かを探すように戦場のど真ん中で低空を旋回・・・・・・・攻撃する構えは見せてない)

33 :所属不明軍第1小隊:04/04/19 00:10 ID:???
ローグ「敵は第2小隊に任せ、こちらは敵艦との交戦を試みる。
    閣員、健闘を祈るぞ。」

(AEMA艦に向かい移動開始)

>27
ローグ「・・・ん?通信か・・・あとで返信しておこう・・・」

34 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/19 00:11 ID:???
>29
えぇ、「足」が昨日の戦闘でガタガタになっちゃってるんですよ〜
ですから、こうしてここで腐ってる次第でして

( ・∀・)且

35 :茶髪:04/04/19 00:13 ID:???
(天馬に来て。)
………分解整備って…それは無いよ…。
(ストライクで出ようとして…無理だったようだw…)

36 :少年忍者@ドライセン ◆eAwRb9qzdQ :04/04/19 00:14 ID:???
(途中で三人娘とすれ違いつつも川をさかのぼってきた)
えっと……敵AEMAと所属不明勢力と……ど〜なってんの?(所在無さ気にモノアイが揺らめく)

37 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/04/19 00:16 ID:???
>>34
俺のフリーダムも無茶しちまったからな・・・
機体自体は余り損傷してないんだ。
問題はチョバムアーマーだ。
ガイアに送ってくれって頼んだがしばらくかかるそうだ。

だから、ゆっくりするしかないのさ・・・・
(塩を入れたコーヒーを飲んでる)

38 :センシズU小隊a:04/04/19 00:16 ID:???
>27
「こいつ・・・・・・・早い!」
 黒いモビルスーツの動きに翻弄されるセンシズU。
 構える盾から何かを放つのが見えた・・・・・・・
 その瞬間、ようやく相手機の顔を認識する。
 ガンダム。

 くそ・・・・・・今日は厄日か?楽ができるっていうから
出張ってきたはずなのに、たった数機のピケットも抜けねえ!
 毒づき反撃しようと試みるが、そのころにはすでにランサーダートが
マシンライフルを握る腕ごと破壊し去っていた。
「・・・・・・このパイロット・・・・・・なんて射撃センスだよ!」
 ビームシールドを展開し、強引に突っ込む。
 一か八か近接戦闘でしとめようという腹か!
>23
 マシンライフルを構える。
 所詮戦闘機、動きは直線的なはず。冷静になれば・・・・・
 これほど楽に食える相手はない。
「・・・・・・沈め、時代遅れの恐竜がぁ!」
 ロックオン、そしてファイア。
 しかし、期待していた爆発は起こらない。
 火線の先にすでにワイバーンは居ない。
「消えた!?」
 いや、違う。上昇気流を使って、離脱しやがった・・・・・・
 風に吹き上げられた木の葉のように。
「どこだ、・・・・・どこに居る!」
 叫びに答えるようにレーザー警報が鳴る。
 照準されている?
「後ろかぁ!!!」
 振り返ろうとして・・・・・・
 連続した衝撃がコクピットを襲う。
 一秒の間に数十の弾丸が、脆弱なバックパックに叩き込まれて
居るのだ。それらの一つ一つはいわば小さな爆弾であり、
装甲の表面で、あるいは装甲を突き破りその内部で、爆発を
続ける。
 そして、一発がアポジモーターの穴から内部にもぐりこみ・・・・・・
推進剤タンクに突入。内部で信管を作動させた。
 悲鳴を上げる間すらなく、装甲内部に押し込められた爆発がコクピットを
蹂躙し破壊し去る。
 また一機、モビルスーツが落下していった)

39 :???@黒い可変MS ◆mweAve86e6 :04/04/19 00:20 ID:???
(変形して着地する)
何所・・・・・・何所にいるの?
(何かを探すようにモノアイが動く。
その場を動かず、格好の標的といえる状態だ)

40 :鳥人間の教官@ワイバーン(VTOLタイプ):04/04/19 00:20 ID:???
>38
 爆発するセシンズが脇をすり抜けて一回転。

「イィ、ヤハァ! 怨むなよォ!?」

 そうして上空で反転、地上すれすれを高速で飛び回る。

>33
「そこの機体っ、質問には答えようぜ?
 答えられんってのなら、こっちには撃墜する義務がある!
 答えてもらおうか!」

 高速で横を駆け抜けていく。

41 :少年忍者@ドライセン ◆eAwRb9qzdQ :04/04/19 00:21 ID:???
>38
……あ、一機落ちた……(その落下軌道を見て)……ヤバイ!

(ダムに向かうそのMSを食い止めるべく愛機を走らす)

42 :自称17歳の教官@青ジム:04/04/19 00:21 ID:???
昨日、あれだけ全身強打しといて・・・なんで無傷なんだ_| ̄|○
(ダムの下流の川をどんぶらこっこっと上っていく、青と白の塗装のジム)

43 :お人よし@ブリッツ:04/04/19 00:21 ID:???
>30
ブリッツの性能を過信してくれているようですね。
良かった・・・・・・
だったら勝ち目は十分にありますね。
(相手をモニターの中心に据える。
 モニターには透明になって見えない相手がいる。
 それに向かって、イーゲルシュテルンを撃ち放つ)

>38
下がればこれ以上はやらないのに。
(モニターの中央に>30を据えたまま
 画面の端に写る>38目掛けて
 グレイプ二ールを射出する。
 狙いはシールドの半径外の脚部)

44 :センシズU小隊b:04/04/19 00:23 ID:???
>31
「こいつら、戦なれしてやがる!?」
 センシズUのパイロットは悲鳴を上げる。
「ちぃ、スラスター、機動!」
 全速推進で、一機がガトリングシールドを構えたグフフライトタイプに
襲い掛かる。マシンライフルを乱射しながら、己の勝利を確信して。
 しかしそこに、またもバズーカ弾が襲い掛かった。
 とっさに回避・・・・・・しかしグフはその隙を見逃していない。 
 長い銃身によって恐るべき速度を与えられた銃弾の旋風が、センシズUに
襲い掛かる。
 胸部装甲はどうにか弾丸に耐えるが、しかし弱い装甲しか施されていない
頭部が、湾部が、マニピュレーターが、エアインテークが次々に
打ち砕かれていく。
「があああああ!!!!!」
 どうにか残った腕でビームシールドを構えるが、しかし銃弾がその
発信機を捕らえる。
 爆発。高熱高圧のメガ粒子の本流がセンシズを襲う。
 それが、とどめとなる。
 また一機、センシズが落ちていった。

「馬鹿な!これほど早くモビルスーツがおとされるだなどと!?」
 残った一機のパイロットは驚愕の叫びを上げた。

45 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/19 00:24 ID:???
>35
高い性能は頻繁な整備とトレードオフ。
それでパイロットが茶髪くんじゃ、昨日の今日で出撃出来る訳ないでしょーに……( ´Д`)

>37
コ、コーヒーニシオデスカ?(;゚Д゚)

そんな事はおいといて。

やっぱりMSに準戦略級火器を乗せるのは無茶がありますねぇ〜
一発毎に時間はかかるし、二発で機体も武器も悲鳴上げるし。
どうしたもんでしょ…………(´Д`)=3

46 :所属不明軍第1小隊:04/04/19 00:24 ID:???
>40
ローグ「チッ・・・うるさいから答えておくか・・・」
(通信)
「こちらは味方だ。訳あって所属は明かせないが、今はAEMAを攻撃させてもらう。
よろしく頼む。」

47 :AEMA−ブリッツ:04/04/19 00:26 ID:???
>43
…ヘッ…。
(見えないのに狙われていると言う事に気がつかずに回避。そのまま正面から
接近して…ビームサーベルを展開。ミラコロ状態で切りかかるが…熟練パイロットならば
余裕で回避できる水準。…というかこんなパイロットにブリッツ与えるなと言う水準。)

48 :センシズU小隊a:04/04/19 00:26 ID:???
>40
「このやろう!」
 一撃でけりをつけるつもりだった。 
 相手は回避しようとも、逃亡しようともしていない。
 ならば・・・・・・食える!
「逝っちまえ、糞ガンダム!」
 絶叫し、勝利を確信しながら・・・・・・
 ビームシールドを振りかざす。
 しかしそこにすでにグレイプ二ールが食らいついているのだ。 
 脚部を破壊され、制御不能に陥るセンシズU・・・・・
「ちっくしょお!」



49 :???@黒い可変MS ◆mweAve86e6 :04/04/19 00:26 ID:???
(やがて歩き出すがしばらくすると>>42の目の前に出てくる)
>>42
・・・・・・・・・・
(モノアイが>>42を睨むが戦闘態勢をとってはいない)

50 :所属不明軍第1小隊:04/04/19 00:28 ID:???
>44
リーク「ヒュゥ♪やるじゃないの、二人とも♪
    どうやら養成所の人たちも頑張ってるみたいだし、ちゃちゃっとやっちゃおうぜぇっ!」

(ドム、グフ2機、狙いを定めてジャイアントバズ及びガトリングを残りのセンシズに連射)

51 :AEMA独立機動艦隊:04/04/19 00:28 ID:???
・・・・・・・手際がいいな・・・・・・・
射程まで、あと何分か。

およそ・・・・・5分。

メガ粒子砲、レールキャノン、対艦ミサイル発射用意!
ダムさえ破壊してしまえば目的は達成されるのだよ!
「ちょいと出てきますよ」
 ああ、任せた。
 可変モビルスーツの威力というやつを思い知らせて来い!
(3機のハンムラビ、出撃)

52 :茶髪:04/04/19 00:29 ID:???
>45
……そりゃそうですね…。

…僕は…火力を多少落として連射力を上げて、持続的に大火力を振るえるって
考えでアグニ選びましたけど…それも実質失敗でしたしね…。
(溜息)

53 :お人よし@ブリッツ:04/04/19 00:30 ID:???
>47
(軽く後退し、BSの斬撃を簡単に交わす)
ミラージュコロイドは万能ではありませんよ。
大気中では拡散が激しいですから。
特に、高機動なんてすればすぐに剥がれ落ちてしまいますよ。
(そのままこちらはイーゲルシュテルンを打ち出す)
そして、PS装甲に馴れていると実弾兵器を
交わすことを無意識に忘れてしまいますから
ヘタに展開すると痛い目にあいますよ。

54 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/04/19 00:30 ID:???
>>45
何事も一長一短って事だな。
機体を労わらないといつか壊れちまうぜ?

ん?このコーヒーの事か?
GCGに居た時に教わった古い船乗りの飲み方だそうだ。
入れる塩の量は一つまみ・・・・・・それがコツさ。

55 :鳥人間の教官@ワイバーン(VTOLタイプ):04/04/19 00:30 ID:???
>46
「ほォ……!」

 ニィっと口元に笑いを浮かべる。

「聞こえなかったかな?
 答える義務があるって言葉。
 生きておうちに帰るか、ココで死ぬか、一つに二つだ!」

 機体のバックを取る。

「オマエ等は何か勘違いしてるらしいな……
 味方だ、はいそうですかって程、甘くは無いって事を理解してるか?」

 機体の横を滑るようにバルカンを放つ。

「次は当てちまうぜ?」

56 :所属不明軍第1小隊:04/04/19 00:31 ID:???
>51
ローグ「・・・予想通り、隠し玉があったか・・・
    気を引き締めろ!あの鞭状の物は厄介だ!」

(AEMA艦に接近しつつハンブラビ3機と対峙)

57 :お人よし@ブリッツ:04/04/19 00:31 ID:???
>48
(チラリと横目でみて)
行動不能になったみたいですね。
(通信)
後で回収しますからそのまま大人しくいていて下さいね。

58 :ハンブラビ隊:04/04/19 00:32 ID:???
>49
(急速接近。襲い掛かる)

59 :自称17歳の教官@青ジム:04/04/19 00:32 ID:???
>49
ん?
・・・・敵か!
(シールドと、ロケットランチャーを構える)

60 :ハンブラビ隊:04/04/19 00:33 ID:???
>56
(最後のセンシズが、のろいの言葉を吐きながら落下していく。
 その爆炎を突きぬけ、一息に突進するハンブラビ隊。
 強引にピケットを縫っていく。
 ・・・・・・どうも、無視決め込んでいるようだ・・・・・・
 一年戦争期のモビルスーツと見て、なめているのだろう)

61 :少年忍者@ドライセン ◆eAwRb9qzdQ :04/04/19 00:34 ID:???
(落下する残骸を腕のマシンカノンで吹き散らして)
>51
新手かっ!(念のため積んでいたABCシートを取り出し、闘牛士のように構える)

62 :所属不明軍第1小隊:04/04/19 00:36 ID:???
>55
ローグ「・・・くっ・・・」

(通信)
「・・・分かった。所属を明かそう。
・・・・私達は、軍を退役した者の集まりだ。現在は、とある島に在住している。
戦っている理由・・・それはこれ以上、戦争と無関係な者の死者を増やしたくないからだ・・・

これで分かってもらえるとは思えないが、今は戦闘中だ。下手をするとこちらがやられかねないのでな、通信を終わる」

(追通信)
「モビルスーツの出所など気にするな。適当に掻っ攫った物ばかりだ。」

63 :???@黒い可変MS ◆mweAve86e6 :04/04/19 00:36 ID:???
>>59
武器を下ろせ・・・・・・・私は敵でも味方でもない。
撃てば敵となる・・・・・・
(動じる事無くモノアイが睨みつけてる)

>>51
戦艦?
ダムを攻撃するつもり?
下流には民間人も住んでるはず・・・・・・・

64 :???@黒い可変MS ◆mweAve86e6 :04/04/19 00:38 ID:???
>>58
攻撃するな・・・・・・攻撃すれば・・・・・・・
敵となるぞ?

65 :自称17歳の教官@青ジム:04/04/19 00:39 ID:???
>63
わかった。
んじゃ、あんたの後ろのは・・・敵でいいな。
>58
(ロケットランチャーとバルカン砲で攻撃)

66 :所属不明軍第1小隊:04/04/19 00:39 ID:???
>60
ローグ(・・・可変モビルスーツハンブラビ・・・スペック上では低出力低推力ながら
    爆発的な加速と高火力のビーム砲、海ヘビとよばれる機体の回路を一時停止させる鞭状の武器を持つ・・・
    要注意だな)

ローグ「敵は油断しているようだが、鞭状の武器には気をつけろ。
    動けなくなった所を狙い撃ちされるぞ。」

(>49に接近中のハンブラビ隊を追尾、バルカンやマシンガンで牽制する)

67 :鳥人間の教官@ワイバーン(VTOLタイプ):04/04/19 00:40 ID:???
>62
(この、ボケナスどもめ……っ!)

「なら尻尾丸めてとっととお家に帰りな。
 オマエ等がやられる可能性は有っても、俺には無ぇよ。
 死ぬのはオマエ等だけって訳だ……」

 コクピット内で指を鳴らし、後ろから狙いを定める。

「奇麗事並べてりゃ、全て許されると思うなよ、お前等……」

 機体下部にビームキャノンを展開、コクピット目掛けて軽く一発放つ。

68 :AEMA独立機動部隊:04/04/19 00:40 ID:???
>61
(落下する残骸が、適切に処分されていく)
 ・・・・・・・小ざかしい・・・・・・
 艦砲で脅かしてやれ!
「しかし、まだ射程外ですが・・・・・・・」
 砲の拡散率を調整すればいい!
 
「了解。主砲発射準備!」
 テェ!
(艦隊、艦砲射撃開始)

69 :所属不明軍第1小隊:04/04/19 00:44 ID:???
>67
ローグ「ぉ  ぶっ?!」

コクピットが激しく揺れる。ハンブラビに気を取られてビームキャノンがかすったのだ。


ローグ「・・・フン、機体にたいした損傷は無い この程度で通信を送るのも癪だ・・・
    このまま作戦行動を続けるぞ」

・・・攻撃されたと言うのに無視。どうやら>67を舐めきっているようである。

70 :ハンブラビ隊:04/04/19 00:46 ID:???
>64,65
(MA形態のまま全速力で突進、ビームを連射しつつ、一機が少尉のジムに、
一機が黒いモビルスーツに襲い掛かる。
 度胸があるのだろう。
 装甲でバルカンをはじきつつ、ロケット弾だけは的確にかわしていく)
>66
(一機が針路変更。急上昇して攻撃を回避しつつ、宙返りを打ちながら
急降下。ビームガンをグフとドムめがけて放つ!)

71 :自称17歳の教官@青ジム:04/04/19 00:48 ID:???
>70
いっちょ、目くらましいきますか・・・。
(ハンドグレネードを周囲に投げ、水柱を作り出す)

72 :ハンブラビ隊:04/04/19 00:49 ID:???
>71
(とっさに水柱を迂回・・・・・・
 速度が鈍る。
 ・・・・・・無防備な腹が、見えた)

73 :???@黒い可変MS ◆mweAve86e6 :04/04/19 00:50 ID:???
>>70
敵だな・・・・・・・後悔しても遅いよ。
(ビームを再度ステップで避けつつ腕を向けて、腕の可動式ビームガンを発射する。
ただし、威力はビームライフルクラスだ)

74 :自称17歳の教官@青ジム:04/04/19 00:51 ID:???
>72
濃霧以上な状況で・・・こいつの刃の長さ足りるか?
(ビームサーベルで、その腹を狙う)

75 :所属不明軍:04/04/19 00:54 ID:???
>70
リーク「おまたs・・・わわわっ!」
センシズ部隊を撃墜し終えた第2小隊が第1小隊に近づくが腕部にビーム砲がかすったのに驚きドムが飛びのく。
第1小隊のグフは撃墜された。

ローグ「気をつけろ、可変MSだ」
リーク「んーなこた見りゃ分かるって それよりもだな
    後ろから付いてくる  ア  レ  (>67)は何だ?」

ローグ「養成所の教官らしい・・・かなり熱血な奴だ」
リーク「養成所敵にまわしてどうする!いずれは敵に回るかもしれなかったけど!」

(無駄口を叩きつつドム、エレバド、ザク、グフ2機がハンブラビ1機に対して集中砲火を仕掛ける。
狙われているハンブラビが不憫である。避けきれるのだろうか。)



76 :鳥人間の教官@ワイバーン(VTOLタイプ):04/04/19 00:55 ID:???
>69
 指を鳴らして前を見る。

「狙いが甘すぎたか……
 よし、一発、相手してやろうか!
 俺を舐めたらどうなるか、教えてやるよ……」

 加速する寸前、>68の閃光が上空を駆ける。

「チィ……時間が無いらしいな」

 舌打ち。そして急加速。
 出せる限りの速度で空へと上昇、高所から戦場を見渡すと同時に、上から下へ一転。
 >68を見る。

「木偶の棒は引っ込んでろ!」

 太陽の中心。背後に天然の光を背負い、落下とブースとの最大速度で上空より迫る。
 機体を片手で操作しつつ、開かれるは左の操作パネル。

「……敵はラー・カイラム・クラス。
 目標、戦闘ブリッジ及び各メガ粒子群……吹き飛んでもらおうかぁ!」

 超長距離、ビーム収束の限界より飛来するビームが対空弾幕及び、アンチミサイル群を狙って空を駆け抜け、
僅か、ほんの僅かのタイミングのずれをともない、高速のミサイルがメガ粒子砲台へと目を開く。

 そして機体から一本のワイヤーを引き出して先頭ブリッジへと迫る。
 空を駆けるミサイルの弾頭を追い抜かんばかりの速度で。

77 :少年忍者@ドライセン ◆eAwRb9qzdQ :04/04/19 00:57 ID:???
>68
くっ!
(とっさにダムと射線と自機の位置関係を把握、ダムの被害を防ぐべくABCシートを振るう)

……ぐっ!(手元のあたりで受けてしまう。そのあたりはしわのよった分吸収できるビームの量も多いが、
そこで蒸発しきってしまい、これ以上使えなくなる)早く、あの敵艦を沈めないと……(対艦装備は持参していない……)

78 :ハンブラビ隊:04/04/19 01:00 ID:???
>73
(軽くバンクし、低空飛行してどうにか避けようとする、が・・・・・・
 翼にビームが着弾する。飛行を続けるのは困難と悟ったか、モビルスーツ形態に
変形し、急接近しつつ「海蛇」を放ってくる!)
>74
(切っ先が、かろうじて胸部に触れる。
 嫌がった相手は急上昇。
 そのまま反転急降下して攻撃をかけようというのだろうが・・・・・・)

79 :AEMA−ブリッツ:04/04/19 01:02 ID:???
>53
……ッ…!
(イーゲルシュテルンの回避に失敗。ミラコロ展開しっぱなしだった為…
蜂の巣。the・end。正確にはコクピット着弾でパイロットのみあぼーん。)

80 :自称17歳の教官@青ジム:04/04/19 01:03 ID:???
>78
この、この!
(ビームを避ける為、水に浸かったままロケットランチャーで攻撃)

81 :所属不明軍:04/04/19 01:04 ID:???
>68

リーク「げっ、予想より発射が早い?!」
ローグ「いや、完全に射程に捕らえるにはもう少し時間が要るはずだ。それまでに止めなければ・・・」

82 :お人よし@ブリッツ:04/04/19 01:05 ID:???
>79
無事撃破できましたね・・・・・・
(そこでバッテリー残量を見るが
 かなり減ってしまっている)
格納庫の奥のほうにしまいこんであるのをみつけたんですけど
流石に、長期作戦行動でバッテリーが早くも干上がってしまいましたね・・・・・・
(通信)各僚機
すいません。
稼動限界が近いので下がります。
(>48を一応回収して後退する)

83 :???@黒い可変MS ◆mweAve86e6 :04/04/19 01:06 ID:???
>>78
(左手でサーベルを抜くと一閃!、海蛇を切り払った)
そんな小賢しい物は効かない。
(次の瞬間、変形して一直線に>>78に一直線に突き進んでいく・・・・・・翼部分から出たビームの刃で木々を切り倒しながら)

84 :AEMA独立機動艦隊:04/04/19 01:07 ID:???
>76
 ・・・・・・・なんだ!?
「・・・・・・敵戦闘機です!」
(オペレータの悲鳴が響く。2隻のクラップ改級、1隻のラー・カイラム級からなる
艦隊が、いっせいにその対空砲火の火蓋を切った。
 しかし、熟練したパイロットにとり、対空砲火など祭りの花火のようなもの。
まして、M粒子によってVT信管が殺されているこの時勢・・・・・・
 まさに、鴨打ちといったところか。
 魚群に襲い掛かる水鳥さながらに、ワイバーンは突進する。
 鋼鉄の飛竜はビームを放ち、対空砲を、対空ミサイルを次々に
蹂躙し焼き尽くしていく。
 重元素シェルを弾頭にそなえたミサイルが、主砲の装甲を
真っ向から突き破る。
 爆発が発生した。ターレットからはずれた旋回砲塔が、甲板から転げ落ちていく。
「ええい、弾幕薄いぞ!」
 いらだたしげに叫ぶ艦長。
 だが、言葉で落とせるならば誰も何も苦労はしない)

85 :ハンブラビ隊:04/04/19 01:14 ID:???
>80
(ロケットランチャーから放たれた対MS用ロケット弾は、
内部の固形燃料を燃焼させながらすさまじい速度で
ハンブラビに襲い掛かる。
 近距離。しかし、モビルアーマーの加速よりロケットの加速が上回る。
 着弾。
 スラスターを破壊されたモビルアーマーは、落ちるよりほかなかった。
 養成所教官の、面目躍如といったところか)
>83
( 木々を切り倒し、一本の線を大地に刻みながら迫る黒いモビルスーツに、
ハンブラビは反撃の射撃を放ちつつ、跳躍する・・・・・・
 だが、距離があまりに近すぎた。
 空中に躍り上がる前に、黒いモビルスーツとハンブラビの位置は交錯
するだろう。
 ・・・・・・0.4秒。熟練したパイロットにとり、行動をおこすに
十分な時間である) 

86 :鳥人間の教官@ワイバーン(VTOLタイプ):04/04/19 01:17 ID:???
>84
 超高速の無音の世界。
 コクピットの中では機械の音のみが静かに響く。

「もう少し働いてね、お嬢様」

 投げキッスでもするように自分の機体へ語りかけ、ラー・カイラムを正面に捉え、
戦闘ブリッジへ迷いもせず一直線に駆け抜ける。

「風のエレメンタルよ、共に行こうか……っ!」

 爆風に起された風の流れが網膜へ焼きつく。
 それは、ブリッジ寸前で、捩れるように曲がっていく熱風。
 だが、戦艦の背後からどうやって前面に向きを変えるというのか。

「ヒャッハァ!」

 機体が一機に軋む。
 ワイヤーが引きちぎれて舞い、その中で時機が向きを逆さにしている。
 あたかもバックで高速で進んでいるような速度を保持したまま、機体の向きを切り替えた。

「エンジンルームをぶちぬくこの火力! ……チェック・メイツッ!」

 戦闘ブリッジ目掛けて最大出力のビームが放たれ、時機は捩れた熱風が運ぶように向きを変え、
速度を変え、機体の色を変えてワイバーンを運ぶ。
 翼竜は後ろのブリッジを顧みずもせずに、遠く離れてから一回転した。
 風と共に舞われる、舞いであろうか。

87 :自称17歳の教官@青ジム:04/04/19 01:19 ID:???
>85
うし・・・・・・ヘェェ・・・ヘエックション。

クーラー効き過ぎてるのか、寒いな・・・設定温度上げ・・・らぁー。
「バシャァァン」
(倒したは良いが、体調不良を押して出てきたため、そのまま機体ごとぶっ倒れる)

88 :???@レイブンUMA ◆mweAve86e6 :04/04/19 01:20 ID:???
>>85
(反撃の射撃をかわしながら真っ直ぐ伸びた2本のノーズからビームが伸び・・・・・・一種のビームラムを突き出す。
直撃すれば・・・戦艦の装甲をやすやすと貫くだろう)
地獄の従卒に会ったらこう言え・・・・・・・・レイブンに会ったと

89 :ハンブラビ隊(所属不明部隊方面):04/04/19 01:20 ID:???
>75  
(5機がかりの弾幕・・・・・・・
 ・・・・・・どうあがいても避けられるものではない。
 
 渦巻きさながらのらせん運動をしながら急降下、随所に被弾しながら
バズーカの弾丸だけは避けてみせる。 
 そのままモビルスーツ形態に変形、ぼろぼろになりながらもドムに切りかかりざま
ザクめがけてビームガン発射、さらにエレバドめがけて海蛇を放つ!)

90 :所属不明軍:04/04/19 01:25 ID:???
>89
リーク「んげっ!右腕がっ!なら質量攻撃だっ!」
ローグ「馬鹿め!こちらが気をつけている武器に当たるか!」

ザクの中の人「うあっ?!右足が!くそっ!」

(ドムがタックル、グフ2機はサーベル、ザクとエレバドは回避に専念した。)

91 :ハンブラビ隊:04/04/19 01:28 ID:???
>88
(モビルスーツ形態で、避けられるはずもない・・・・・・
 飛び上がろうとしたせつな・・・・・・
ビームによって作り上げられたラムにより、深々と腹部を
抉られる。
 まるで虫のように、その嘴に貫かれ、ハンブラビはもう動かない)

92 :???@レイブンUMA ◆mweAve86e6 :04/04/19 01:33 ID:???
(動かなくなったハンブラビを突き刺したまま上昇に移る。
その先は・・・・・・・・機動艦隊)

93 :AEMA独立機動艦隊:04/04/19 01:35 ID:???
>86
「なっ・・・・・・!」
 何がどうなったのか。まったくわからなかった。
 後方から正面へ駆け抜けていくはずの戦闘機が・・・・・・
どういう理由によるものか、ブリッジの真正面に後退しつつ正対している。
 その腹に在るのは、至近距離ならば戦艦の装甲すら打ち抜く大出力の
ビーム砲。
 ワイヤーを使ったのか!
 気づいた瞬間には、すでに光の本流がブリッジの内部を隅々まで焼き払い、
クルーと艦長と提督とを微粒子のレベルにまで還元し去っていた。

 CICのクルーたちが、必死に動きをコントロールしようとするが、もはや
戦闘能力を失った艦・・・・・・ 
  
 そのまま、ゆるやかに、森に不時着を遂げる。
 
 ・・・・・・空を自在に舞う鳥に、巨鯨がかなう道理もない。

94 :ハンブラビ:04/04/19 01:37 ID:???
>90
(反撃は・・・・・熾烈、というレベルのものではなかった。
 自重を十分に乗せたタックルに吹き飛ばされ、体制を整えねばと
パイロットが思った矢先・・・・・二本のサーベルが両脇から
ハンブラビを串刺しにする。 
 チームに対し、一機のモビルスーツが勝負を挑めばどうなるか・・・・・・

 無謀という言葉の意味を思い知りながら、ハンブラビのパイロットは
冥府へと旅立った)

95 :クラップ級:04/04/19 01:39 ID:???
>92
「旗艦が・・・・・・落とされた!?」
「・・・・・・もう一機!きます!」
「・・・・・・対空防御!」
(旗艦が一分も立たぬうちに轟沈・・・・・・
 残るクラップ級は、必死に防戦を開始。
 反転しつつ、大気圏外への離脱をなすべく加速する)

96 :鳥人間の教官@ワイバーン(VTOLタイプ):04/04/19 01:39 ID:???
>93
「止まったか……」

 広域通信にスイッチを入れ、全域へ通信を流す。

「旗艦は現在森林に不時着!
 AEMA戦闘部隊は直ちに降伏しろ!
 繰り返す、ただちに降伏しろ……
 これが受け入れられなかった場合は、
この旗艦を撃滅し、乗員全員へ死をくれてやる頃になる!」

 バイザーを一旦開き、のんびりと戦艦を見る。

97 :クラップ級:04/04/19 01:41 ID:???
「な・・・・・・・
 ひ、人質・・・・・・!?」
(驚愕・・・・・・)

98 :少年忍者@ドライセン ◆eAwRb9qzdQ :04/04/19 01:43 ID:???
>96
あの、教官。そのやり口は問題ありませんか?

99 :穏健派な人たち:04/04/19 01:44 ID:???
(防空指揮所にて通信傍受中)
ふくかん「やーりまーすねー♪」
赤毛「いやちょっとあのそのええとこういうのって人道的にやばいのと違うの!?」
集団戦「いやほらあいつら武装放棄してないし。降伏してないとみなせるわけだ。
白旗でも上げりゃいいんだろうけどな。ほら。ブリッジ逝っちまったし」
赤毛「えーと・・・・・・(戦争の鬼ばかりってやつですか?)」

100 :???@レイブンUMA ◆mweAve86e6 :04/04/19 01:44 ID:???
>>95
(クラップ級の進路上に回り込み、相対するコースで猛スピードで接近。
途中でビームラムを停止させ、突き刺したままのハンブラビを切り離すと旋回。
切り離されたハンブラビは慣性の法則でクラップに向かっていく)

101 :クラップ級b:04/04/19 01:47 ID:???
>100
(対空砲火を立て続けにはなつが・・・・・・・
 破壊されたハンブラビを破壊することもかなわず・・・・・・
 ブリッジにめり込む数十トンの鉄塊。
 文字通り、中央から折れ曲がり・・・・・・
 弾薬が誘爆・・・・・・

 一隻、轟沈。残るは一隻・・・・・・)

102 :クラップ級a:04/04/19 01:49 ID:???
>96
 ・・・・・・
 くそ・・・・・・!
 戦力的には不利か・・・・・・
 撤退は・・・・・・不可能。
 やむをえん・・・・・・
(通信)
 降伏する!
 しかし・・・・・・正当に扱ってもらえるのだろうな!?

103 :???@レイブンUMA ◆mweAve86e6 :04/04/19 01:59 ID:???
>>102
(スピードを落としてクラップ級の周りを旋回してる)
・・・・・・・降伏ね

104 :鳥人間の教官@ワイバーン(VTOLタイプ):04/04/19 01:59 ID:???
>102
「おうよ、当然だな」

 降伏を確認、他に任せて飛び去る。

105 :直情少年 ◆HEART3BY/k :04/04/19 02:01 ID:???
(一隻の戦艦が養成所の防衛線にゆっくりと接近してくる。
 しかし戦艦はその一線を越える直前で、おもむろに停止する。
 その一線は、わきまえていると言わんばかりの行動だ。
 そして、通信)

こちら、AEMA再生委員会。
俺は、外交補佐役のフレッド・スミスです。
再生委員会の意志を明確にする為に、貴方たちとの対談と僅かな交渉を望んでいます。
事前通達が出来なかったことを許して貰えるならば、上陸の許可を頂けないでしょうか?

(映るのは青年と呼ぶには僅かに早い少年。
 その顔に据えられたメガネと微笑みは、知性と穏やかさを大人しく主張する。
 あの時の演説を見たもの程、別人の印象を受ける)


106 :???@レイブンUMA ◆mweAve86e6 :04/04/19 02:08 ID:???
(しばらくクラップ級の周りを飛んでいたがやがて何処へと飛び去っていった)
ここの何所かに居る・・・・・・・・ユキ、何所なの?

107 :偵察中:04/04/19 02:11 ID:???
 さすがは、「鳥」やな、数倍の戦力相手に遊んできおった。
 ・・・・・・気になる連中が何人もおったが、それはまぁ、ええ。
>105
(通信)
 企画第一課課長、キョウスケ・イヌガミや。 
 先刻もAEMAの連中が殴りこみかけてきたばかりでなぁ・・・・・
 この養成所は中立や。可能な限り受け入れるんが建前。
 ゆえに、拒絶する理はあらへんな。
 やが・・・・・・
 さすがに「武装ともども」ちゅうわけには、いかんな。
 正直、おんどれらが海のもんか山のもんか検討がつかん。
 上陸するならば非武装で。
 これが最低限の条件や。

(・・・・・・年若の連中ばかり・・・・・・おもろいもんやな。
 妙な時代になったもんや・・・・・・かくいうワイも30にも
届かん。まったく・・・・・・おもろいもんやで。
 ゆえに、このガキも・・・・・・なめたらえらい目みそうやな・・・・・・)


108 :直情少年 ◆HEART3BY/k :04/04/19 02:21 ID:???
>107
(おそらくはその条件も既に考慮していたのだろう。殆どノータイムで返答する)

実に正統な提示だと思います。
ですが、輸送機二機及びこれに搭載出来るMS二機を認めて貰えないですか?
不可能ならば人員だけをヘリで移送しますが、
その場合は防衛線上で滞在するこの艦の安全保障に協力をして頂きたい。
どちらも受け入れて頂けないようなら、僕が単身でお伺い致します。

では、お教え下さい。養成所の判断を。

109 :偵察中:04/04/19 02:31 ID:???
>108
 その点に関しては・・・・・・もう、対応済みや。

(直情たちが乗る戦艦に、すさまじい速度で接近してくる
モビルアーマーが二機。
 戦艦の対空レーダーぎりぎりで旋回運動をしながら、
通信を送ってくる)

集団戦教官
「カルンシュタイン電機企画第一課所属、アルベルト・フォンケルハイン
大尉相当官だ。これより貴艦の護衛任務につかせてもらう」
ふくかん
「同じく、フミ・サカグチ中尉相当官なのです。ま、妙なやつらは
近づけさせませんよ〜」


名無し士官
「・・・・・・やれやれ・・・・・・護衛といいながら、万一敵対行為を
行うなら、撃破殲滅するための駒でもあるってわけか。
 ダスク・・・・・・企業の敗戦処理屋。勝利の栄光を翳らせる黒雲・・・・・・
 マダガスカルでAEMA軍20000を焼き払った連中だ・・・・・・」

110 :直情少年 ◆HEART3BY/k :04/04/19 02:44 ID:???
>109
>偵察中
こちらの要求に応じて頂きありがとうございます。
後ほど、俺と何人かの補佐とでそちらをお伺いいたします。
先行して使節団のメンバーリストをお送りします。
何かの際に参考にしてください。

>集団戦教官・ふくかん
俺の家族達をお願いします。
変な悪戯っ気を起こさない様に、ちゃんと言い聞かせておきますから。

(通信切断。それと同時に直情は眼鏡を外し、いつもの不機嫌そうな表情に)

>館内通信
ヘリの発艦準備を頼む。それとMA二機分の補給を何時でも出来る様にしておいてくれ。

>名無し士官
つまり、それだけ良い護衛になってくれるって事だろ?
余程の強引な内容と意欲が養成所になけりゃ、こっちだって敵対は御免だし丁度良いだろ。
さ、ウダウダ言ってねぇーでヘリに乗るぞ。
ゲルトさんの名前も名簿に乗ってるんだ。急げよ?

111 :偵察中:04/04/19 02:50 ID:???
>110
 承知や。
 ニュージーランドへようこそっちゅうとこか。
 歓迎したるわ。

 ・・・・・・さて・・・・・・
 おもろいゲストの登場、ちゅうやつやな。
 どう転ぶ・・・・・・楽しみでならんわ。

名無し士官
「・・・・・・なれねえだけさ。
 企業の連中にケツを任せるってのはな・・・・・・
 ま、お前のいうとおりなんだがな。
 ・・・・・・まぁ・・・・・・若ぇってのは強ぇな、やっぱり。
 いらねえことしらねぇぶん、思い切っていける・・・・・・
(苦笑をもらしながら、出発の準備を整える)

112 :茶髪:04/04/19 02:53 ID:???
(金髪の病室…眠りにつく金髪を軽く看病をしつつその部屋の椅子に座り、
その双瞳を輝かせている…。……呼び出した人を…待ちながら。)

113 :直情少年 ◆HEART3BY/k :04/04/19 03:08 ID:???
>111
>士官
慣れてねぇのは俺も同じだ。
単に、もう覚悟が出来ちまってるだけなんだろうな。

(発艦準備を終えたヘリの前で)

さぁ、始めようぜ。
怨恨と罵声を浴びながら、それを耐え忍び理想を叶える美談を。
そしてそれを明日猫にでも食わせよう。そっぽ向いて踏んづけてくれるだろうさ。
その程度だ。その程度から一歩を踏もう。
せめて結末だけは間違えねぇようにしておきてぇな。

(ヘリが飛ぶ。弱々しく、不安定に空をかき分けて。
 それでも、その機に跳ね返る陽光だけは明るいままに…………)

114 :名無し士官:04/04/19 03:14 ID:???
>113
 犬どころか虫もくわねえ毒こしらえるなよ、ガキ!
 なんにしても俺らはお前にあるだけ賭けたんだ。
 お前がしくじればこの先えらく爽快な未来しか選べなくなっちまう。
プルシアンブルーの悲壮美なんざ願い下げだぜ?
(苦笑しながらヘリに乗り込む)

115 :偵察中:04/04/19 03:28 ID:???
(交信を終え、病室に向かう偵察中)
>112
 ・・・・・・・おぅ。

116 :茶髪:04/04/19 03:32 ID:???
>115
…こんばんわ。
(因みに…この部屋、思いっきり個室である。)
…………人に聞かせる話じゃないんで…ここでお話しようと思いまして。
…これ、見ていただけますか?
(ラクスよりの手紙。の封筒…がビニールに包まれている。
…それをビニール越しに持っている。…そこには、宛名などが
しっかり記入されている。…判はないが。)

117 :偵察中:04/04/19 03:33 ID:???
>116
 ・・・・・・まるで毒でもついとるみたいに扱うんやな。
(じろじろ手紙を眺めて)
 
 で。なんやねん。

118 :茶髪:04/04/19 03:38 ID:???
>117
重要な手がかりですからね…。

…さがすのを頼んでた以上、伝えないといけませんから。
知り合いに調べて貰った結果、彼女のそれなりに新しい指紋が出た…
つまり、生きているのは確実だ…って。
(それだけで伝えた訳が無い。……何故なら、
他の手伝いを頼んだ相手には伝えていないから。)

…それで、もう一つ問題なんですけど…判が無いのに、何故か僕の部屋の机に
置いてあったんです。これ。……○月○日の9時から21時の間に。手がかりを一切残さずに。

…誰が置いたか…探るの、可能ですか?
(目の前の相手がおいたとは露知らず聞く奴…。)

119 :偵察中:04/04/19 03:41 ID:???
>118
 手がかりがないんにどうやってさぐれっちゅうねん(´〜`)yー〜
(病室でタバコをすうな)

120 :茶髪:04/04/19 03:44 ID:???
>119
………あ…やっぱり無理…ですか…。
(諦めの入った表情で。ある程度予測はしてたようだ。)

…後…もう一つ話なんですけど…
僕が…ちょっと前に伯爵にした話、聞いてますか?

121 :偵察中:04/04/19 03:48 ID:???
>120
 指紋でもあるんやったら別やけど、わざわざビニールに入れて
持ってきた、ゆう時点で調べ済みっちゅうことやろ?
 つことった道具は調べられるやろが、そこで終了や。

 ?伯爵にした話?なんや。いったい。

122 :茶髪:04/04/19 03:55 ID:???
>121
……彼女の指紋以外は検出されませんでしたね。
…後…中身のこれも…。
(ラクスの三日月型髪飾り。…それを無造作にポケットから出して。)
…こっちは指紋とか調査する前に触っちゃったんで…無理ですし…ね。
(自分の髪にセットしやがった。)

(小声で)
…アスハ派モルゲンレーテ…あえてこう呼びますけど…の今の首領格…
エリカさんが伯爵との会談に来るって話です。…昨日まではほぼ確実、
そして今日改めて確認した結果…確実に…企業に参入、
穏健派側につく為の交渉をする為に。
(因みに、寝てる金髪は起きる気配0。……そして…一階辺りより殺気。
…茶髪も気がついてないが。)

123 :偵察中:04/04/19 03:59 ID:???
>122
 やろ、な。
(まぁ・・・・・・指紋がでとる時点で付着物の微粒子やらなにやらを
調べに調べたおしたりもできるんやが・・・・・・
 そのへんはうまいこと処置した、はずや)

 ちゅうか・・・・・・女物つけるなや・・・・・・

 つまり、企業にモルゲンレーテが参入する、ゆう話か?
 いろいろ忙しゅうてな、相談受け取らんねん。
 ありがたいっちゃありがたいわな・・・・・・ 
 ま、そのへんはこのわいが嘴突っ込む問題やない。
(殺気には、気づいているのか居ないのか。
 普通に茶髪にリアクションを返す)

124 :茶髪:04/04/19 04:05 ID:???
>123
……………。
(一応外す。)

……勿論、これ自体が言いたい事じゃないです。
…問題はここから…です。

エリカさん自体は後数日中には来ると思いますし、交渉の1回目も近いうちに
やるでしょうけど…その時、「僕が」個人的にどうしてもそっちに呑んで
おいて欲しい…と言うより、僕がエリカさんの側にも頼み込んで承諾して貰った…
恐らくそっちにのみ利がある条件が一つだけあるんです。

(殺気、付近の壁を登ってるのか二階に上がってきました。茶髪、いまだ気付かず。)

125 :偵察中:04/04/19 04:07 ID:???
>124
 その条件、ちゅうんは、なんや?
(部屋の中央あたりで動きゃしねえ)


126 :茶髪:04/04/19 04:14 ID:???
>125
……前にも一度だけあったことですが…
…フリーダム…及び、そのパイロット一人…を
カルンシュタイン伯爵管轄下で預かっておいて欲しい…と言う事です。

勿論、対DGを念頭に入れて頼みました。
(「仮想敵」ならともかく「将来の味方」ならあの理屈も通用しなくなっただろうしね…)
…出来れば、そちらから伯爵にも頼んで頂けませんか?
(はっきり言って良すぎる申し出である。……そこまで
彼を動かす理由が何か…普通に考えて疑問に思うだろう。
…殺気、三階にまで上ってくる。もうかなり近い。…後一階でここまで辿り着く。)

127 :偵察中:04/04/19 04:18 ID:???
>126
 わかりやすうてかなわんなぁ・・・・・・・・
 その二つ。どう弄り回そうがこちらの自由、ちゅうことになるんかな?

 っと、返事を聞く前に・・・・・・

 ・・・・・・ちょい、うるそうなるが、我慢してくれや。
(ちびたタバコを空き缶に吹き捨てると、懐に手を突っ込む)

128 :茶髪:04/04/19 04:21 ID:???
>127
……預る…であって差し上げる…じゃない以上、ある程度は制約つきますけどね。
…機体調べ上げる程度やOS設計で利用する程度なら文句も出ないんじゃないですか?
(…こっちはそのまま立っている。…その言葉である程度悟ったか
金髪のベットの傍に位置したようだ。)

129 :不審な黒ずくめ:04/04/19 04:23 ID:???
(終に4階へ。…窓から飛び込むと…ベットに向けて銃を向ける。
…この間、0、4秒。)

130 :偵察中:04/04/19 04:24 ID:???
>127
(懐から手を出すと・・・・・・タバコのケースが握られている。 
 新たなタバコを加え火をつけて・・・・・・・男はにんまりと笑った)
 ま、その程度がOKなら、上申してみる価値はあるかもしれんなぁ・・・・・・
面倒起こるようなら突っ返させてもらうことになるやろけどな。
(そして、待つ)

131 :茶髪:04/04/19 04:29 ID:???
>129
(こちらは…先程座ってた椅子に手をかけ、振りかぶろうとする。
…武器を持っていない為に遅い。)

>130
(返答はなし。のようだ。)

132 :偵察中:04/04/19 04:33 ID:???
>129
(いつの間にか、拳銃が男の手に握られている。
 狙いは拳銃。寸部の躊躇もなく男はトリガーを引き絞った)
 とろい。あくびがでるで?
 その程度の「抜き」で暗殺とは・・・・・・笑わせるわ!

133 :不審な黒ずくめ:04/04/19 04:37 ID:???
>132
…チッ…。
(拳銃に直撃。…そのすぐ前に拳銃から手を離し着地、不利と見たかすぐさま
今来た窓に向けて移動しようとし出す。…片手に取り出した
もう一つの拳銃を構え始めつつ…。…そしてその最初の拳銃を持っていた手は
ポケットに。…コーディにしてもそこそこ早い。が、それだけである。)

134 :茶髪:04/04/19 04:39 ID:???
>133
(そちらに向け、椅子を投擲。)

135 :偵察中:04/04/19 04:44 ID:???
>133
 コーディネーターっちゅうやつか・・・・・・
 やが、訓練が足りんわ。
(音もなく・・・・・男は走るがごとくに飛ぶ。
 空中で茶髪の放り投げたいすを左手で掴み、
頭部に思うさま叩きつけようとしつつ、
 右手ですかさず腕を掴み、極めようとする)

136 :不審な黒ずくめ:04/04/19 04:45 ID:???
>135
………。
(頭部に直撃。……更に右腕を完全に極められる。……少なくとも
意識は飛んでいる。…頭から血が。)

137 :茶髪:04/04/19 04:47 ID:???
(事が終わったのを確認してから呟く。)
…和を乱さないように…って事ですか。…ありがとう御座います。


138 :偵察中:04/04/19 04:52 ID:???
>136
 ふん。十年早いわ。
(全身拘束した後舌をかむことを防ぐために猿轡をかませ・・・・・・
インタホンからナースセンターに連絡して
外線につなぎ、誰かに電話。二三話した後・・・・・・
 外に見えるプールに・・・・・・ぽい、と投げ込む)
>137
 うむ。大事や。
(・・・・・・鬼が居る)

139 :茶髪:04/04/19 04:55 ID:???
>138
…凄い手際の良さですね…。
(感心しているようだ。)

わかりました…。…これでやっとマトモに恩返しできそうです…あの人に。
…正直な話、ストライクじゃ不安過ぎますからね…前の戦闘から考えても…。

140 :偵察中:04/04/19 05:03 ID:???
>139
(ものの数分とたたないうちに胡散臭げな連中がプールに落下した
男を回収。爆発物がないかどうか調査した末、麻酔打たれてどこかへ
運ばれていく・・・・・・)
 ま、仕事やからな。

 ・・・・・・しかし・・・・・・フリーダムなら、たしかに伍することは
できるかもしれんが・・・・・・
 ・・・・・・無謀はするなや。

141 :茶髪:04/04/19 05:09 ID:???
>140
……勿論無茶はしませんよ…。

…伍するのは…非常に難しいと思いますよ。ミーティアを使えたとしても。
「探す」のも難しいですし・……小物を蹴散らしつつ、眼鏡君の援護に回る…位が精一杯です。
それに…今僕が死んだら、それ自体が迷惑になるかもしれない…
それもわかっているつもりですから。…しねませんよ。まだ。
(…行方不明事件を引き金に、爆発的成長を遂げ始めているようだ…。)

142 :偵察中:04/04/19 05:11 ID:???
>141
 ・・・・・・
 その小物も命がけできとる、ゆうんを忘れるなや?

 ・・・・・・・小物をなめると、その小物に殺られるもんや・・・・・・

 ま、ええ。なんにせえ、話を通してからや。
 ほな、な。
(立ち去ろうとする)

143 :茶髪:04/04/19 05:13 ID:???
>142
……そうですね…。

本当に…有難う御座いました。
(こちらはこの場にまだいるつもりのようだ。)

144 :長髪の少女:04/04/19 05:14 ID:???
(…夜だというのに、用もなさそうなその病院の前にいる…。一体何が目的なのか…。)

145 :偵察中:04/04/19 05:18 ID:???
>144
 ん?どないした?
(病院を出てくる)

146 :長髪の少女:04/04/19 05:20 ID:???
>145
(テレパシー)
今日…始まった…みたい…森林地帯…探索…。
(少し先を歩きつつ。)

147 :偵察中:04/04/19 05:22 ID:???
>146 
 ・・・・・・森林地帯・・・・・探索?

 ・・・・・・クレア、か。

148 :長髪の少女:04/04/19 05:24 ID:???
>147
(テレパシー)
……みたい…。

…後…これ…。…昨日の…夢…多分…予知…の…。
(折り畳まれた絵…のような物を手渡す。)

149 :偵察中:04/04/19 05:26 ID:???
>148
 ・・・・・・?

(手紙を覗き込む)

150 :長髪の少女:04/04/19 05:31 ID:???
>149
(広げると……地獄絵図。…DGに飲み込まれた世界。とでも言うべき絵である。
……不吉極まりない。)
…これは…多分…この「予知」がなかった場合の未来…。
この「予知」を見て行動を変えればそれの結果次第で未来は変えられる…。


151 :偵察中:04/04/19 05:35 ID:???
>150
 ・・・・・・
 たまらんな。
 これは起こりうる未来のひとつ。
 ・・・・・・
 ・・・・・・やが、所詮は可能性のひとつにすぎん。
 ちゅうことやろ?

 ま・・・・・・手ぇは打ってあるわな。 
 もっとも、その手だけでは不足なのかも知らんが。

152 :長髪の少女:04/04/19 05:39 ID:???
>151
…そう…。

でも、この予知を知りつつも、変えようとしなければこうなってしまう未来…。
「知る前」の手…だけで満足したら駄目…。…「知った後に追加された」手も必要…。

…他の…「私を知る人」…にも伝えて来る…。
(起きて絵を書いてすぐ見せに来たようである。……そして、去っていこうとする…。)

153 :偵察中:04/04/19 05:41 ID:???
>152
 ・・・・・・やれやれ、や。
(ひとまず見送る)
 ・・・・・・面倒っちゅうか。なんちゅうか。
 ・・・・・・まるで確定したもののように語りよる・・・・・
 ・・・・・・力、か。
 ・・・・・・
 ・・・・・・そのせいなんやろか。
 ・・・・・・あまり、表情っちゅうもんをみせんのやな、おまえは。
(つぶやくと、立ち去っていく)

154 :赤い髪の准尉@エールダガー ◆eAwRb9qzdQ :04/04/19 22:22 ID:???
乙「電動ドライバーはもっと腰を入れて持つ!」
そ、そんなこといわれももももも……(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
甲「うわ!電ドリ振り回すなぁ!」

(機体整備の実習中、先輩方に基本から教え込まれる赤髪)

…………あっちでもしっかりやっておけばよかった……(手の豆をフーフーしながら)

155 :ボケ:04/04/19 22:40 ID:???
>154
(その横で電動ドライバーを持って同じことをしようとしている。
 でも、腰が定まって無いのでドライバーの先がふらふら…)

わわわわわ…

(抑揚の無い声であわてているボケ。
 ねじ山はメチャメチャ、その周囲は傷だらけになっている。
 しかも自分の機体ではない。)

156 :帽子を被った整備班女生徒:04/04/19 22:44 ID:???
>155
・・・なにしてんの?
(ふと見かけて声をかける)

157 :エージェント風な男@スミス:04/04/19 22:47 ID:???
(ある街角で......)

俺はある男を捜しに来た。
そいつは名うての暗殺者で闇の世界に名が知れ渡っている。
そいつにはある特殊能力が秘められているという。普段は普通の人間と変わらないが
ひとたびそのときが来ると、、、そう。それはジキルとハイドのように様変わりする。

その昔、俺は最新モビルスーツのテストパイロットに選ばれて意気揚揚としていた。
イギリスにある空軍基地へ向かうためにフランスから飛んだ。
.....俺が最初にそいつを見たのはイギリスの空港だった。
奴と目が合ったとき、妙な違和感を感じたんだ。
なんというか.......ザラっとした感覚を。

基地に到着し、早速新型機を見に行こうとしたときだった。
突如、轟音が鳴り響き警報がけたたましく鳴った!
そこには、いままで見たこともないモビルスーツが基地を次々と破壊していたんだ。
その時だった。
........感じたんだ奴の視線を。


158 :ボケ:04/04/19 22:47 ID:???
>156
(ぼけ〜っとその顔を見ている。十秒くらい)

……あっ。

(やっと自分に言ってるのだと気づく)

整備の実習をしていました。

(またドライバーで誰かのMSの装甲版内部をいじろうとする。
 やっぱり手つきが危うい)

159 :帽子を被った整備班女生徒:04/04/19 22:50 ID:???
>158
・・・。

あっじゃないのあっじゃ。
整備って・・・どう見てもただ弄っているようにしか見えないんだけど。

あーこら!内側は気をつけて!!

160 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/04/19 22:54 ID:???
(格納庫に歩いてくる、病院から抜け出してきたらしい…)
>158-159
(その様子を認めて、苦笑)
…相変わらず、やってるな…………


(そのMSを見て)
……………………………………………………あ。
(目の色が変わった………………)

161 :ボケ:04/04/19 22:55 ID:???
>159
はい。
(今度は素手でねじを締めようとする)

…あっ。
(潰れたネジ山で手を切る)

痛い。
(ボケーッと自分の手から流れる血を眺めている)

>160
(またボケーッとその顔を見ている。15秒くらい)
…あっ。
こんにちわ。

162 :帽子を被った整備班女生徒:04/04/19 23:00 ID:???
>160
やってるっていうかやっちゃってるていうか・・・あ。

>161
ああもぅ、そう言う意味じゃなくって!
ほら、手貸して!!
血がつくと結構面倒な事になるんだから・・・。
(ぶつくさいいながらボケの手を取り、ポーチからカットバンを取り出す)

163 :鳥人間の教官:04/04/19 23:02 ID:???
>160
どうしたんです、教官?

>161
いよぉ、なんだ。
整備の手伝いか、関心関心。
(後ろから頭を撫でる)

164 :海賊娘 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/19 23:02 ID:???
(などと言う騒ぎはさておき、光学センサーのレンズを磨いている)

165 :エージェント風な男@スミス:04/04/19 23:02 ID:???
(ある街角で2.....)

早速、俺は十分な準備もなしに新型テスト機に乗り込み奴に迫った。
あいつは俺を見るや否やビームライフルを乱射してきた。
さすがに操作に手間取り脚部を破壊され、身動きが取れなくなってしまった。
そこに奴ビームサーベルを持ち目の前に!
ビームサーベルを高々と振りかぶり.....
.....俺はそのとき本気で死を覚悟した。こんなところでこんなざまで.....。

....!!?
そのままビームサーベルをしまい、全速力で基地を離脱していった。
奴はそのまま去った。

そこから俺の追跡劇が始まったんだ。
その間奴はいたるところで要人を殺害していた。....モビルスーツという獣に乗って。

1年間奴に関する情報を調べ上げた。
浮かび上がってきたのは....なんと民間人だった。テロリストでもないまったく普通の一般人だったのだ。
しかし、そいつの歳は40を過ぎているはずなのに.....あの姿は....まるで青年といった感じだった。

......今奴に一番近づいているのは俺だ。
どんなことをしてでも奴をこの手で...あのときの屈辱を....
(背を向け、去っていった)


166 :茶髪:04/04/19 23:04 ID:???
……これで良し…と。
(ストライクの整備を一段落つけて、降りて来て…)

…あっちは…大丈夫かな…。
(呟く。)

167 :灰色の疾風と呼ばれた教官:04/04/19 23:04 ID:???
>161
カツカツカツカツカツ…………
(目元は前髪に隠れて良く見えない、ただ靴音のみを
 響かせて歩いて来る。)

(ボソボソと独り言を吐いているのが聞こえる…)
「我は風、大気との盟約に従い大地を駆ける者也。
 我は汝に問う、汝が触れし物は風か大地か。
 もしも風であるならば我は汝を疾風のごとく切り刻まん、
 さすれば汝の身朽ち果て大地の糧となりやがては
 汝の傷付けし風の為の糧となろうぞ」

カツカツカツ…………
(眼前まで歩いて来ると、目元が見えないままに見下ろす…w)

168 :ボケ:04/04/19 23:05 ID:???
>162
(自分の指先をちろりと舐めて)
…鉄の味がする。
ネジの鉄分が染みこんだのかな…
(そして、なすがままにされている)
教官がいろいろやって、自分のしたいことがなんなのか選べって言ってたから試してみたんです。

>163
(ぼーっとその顔を見ている。七秒くらい)
…あっ。
こんにちわ。
怪我しました。
(見たらわかる)

>164
(その姿を興味深そうに見ている。
 自分もやってみたいのかもしれない)

>167
そうですね。
ありがとうございます。
(なぜか感謝すると頭を下げる)

169 :赤い髪の准尉@エールダガー ◆eAwRb9qzdQ :04/04/19 23:06 ID:???
えっと……(色とりどりのケーブルを前にため息)どれとどれだっけ……(ぺったりと座り込み)

170 :帽子を被った整備班女生徒:04/04/19 23:08 ID:???
>167
あちゃ・・・キてる?

>168
はいこれでよしっ。
(傷口を塞いでやる)
本当は水で洗い流した方がいいかもしんないけど、
抗菌されてるから大丈夫でしょ。

それから・・・はいこれ。
(予備の軍手を手渡す)
素手でやらないの。

171 :灰色の疾風と呼ばれた教官…?:04/04/19 23:09 ID:???
>163
暫し…お待ちを。
>168
誰だって、自分の持ち物を傷付けられるのは悲しい物だ。

お前は今、そのドライバーであるMSを傷付けた。

よって俺は今、とても悲しい。


そういう前提で、こんにちはだ。

172 :ボケ:04/04/19 23:11 ID:???
>170
ありがとうございます。
(ぎこちなく笑顔を見せる。
 優しくされるのに慣れていないのが良くわかる)

>171
これは教官ですか?
(「教官のですか」とは言わない)
ごめんなさい。
(素直に頭を下げて謝る)

173 :鳥人間の教官:04/04/19 23:12 ID:???
>168
おぅ、そいつは良く無いな。
気を付けないと怪我がガンガン大きくなるからねぇ。
(ぽんぽんと頭をたたいて手を離す)

>171
(随分キテルな……)

174 :茶髪:04/04/19 23:13 ID:???
>169
(DG騒ぎに彼女が来たりする事は……あるわけが無いか。)

>170
…あ…ちょっと確認しときたいことあるんだけど…いいかな?
(遠慮気味に声をかける。)

175 :帽子を被った整備班女生徒:04/04/19 23:16 ID:???
>171
・・・。
(この静かさが怖いのよね・・・あの娘でも来ないと収まらないかな?)

>172
素手だとさっきみたいに切っちゃったり静電気でバチッとかもあるしね。
実践する前にその辺の話しは聞いてないの?

>174
なぁに?

176 :灰色の疾風と呼ばれた教官…?:04/04/19 23:18 ID:???
>172
……………
………

Ok、謝れたのは偉いぞ、許そう。
(その場でしゃがみこんで、グリグリに傷が付いた
 グレイ・ガストの装甲板を撫でる)
……医者からはMS搭乗止められるは給料は減るわ、
財布は落とすわ……ハァ…………………………
(その他諸々…何か知らんが、今日は厄日らしい。
 キてるというか、ヘコんでると言った方が正解か。)

177 :ボケ:04/04/19 23:22 ID:???
>173
(叩かれるたびに鳶色の髪が跳ねる)
はい。気をつけます。
なにかを大事にするのって難しいですね。
機体を大事にしたら自分の手が痛いし、
自分の手をかばうと、機体が傷つくし…

>175
(ぼーっとしている)
…あっ。
聞きました。
でも、忘れてました。
もう忘れないようにします。
(自分の手にはめられた軍手が珍しいのか手を握ったり開いたりしている)

>176
ごめんなさい。
(ポケットに手を入れて何かを取り出す)
足りないかもしれないけど…
(手の中に何枚かの小銭がある。
 どこかで拾った木の小枝とか変な形の石とかも混じっている)

178 :種馬の娘 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/19 23:23 ID:???
(ビームライフルのバレルを磨いている)

179 :茶髪:04/04/19 23:23 ID:???
>175
……………前回の大規模戦闘で破損した全機体の整備終わるまでに、
どれ位時間かかりそう?

180 :鳥人間の教官:04/04/19 23:24 ID:???
>176
まぁ、教官。元気を出してくださいよ。
俺の機体なんて片っ端からぶっ飛んだんです。
よっぽどマシでしょう?

>177
まぁ、世の中そんなもんさ。
そういうののバランスがちゃんと見えてきたら大人って事だな。
で、どうだ。何か見つかったか?

181 :物静かじゃ無い教官:04/04/19 23:28 ID:???
(ウジウジ)
>177
(顔は重〜く沈んだままで)
いや、お前は悪く無い。それは受け取れないさ。
それにまだ装甲板は使えるからな…ハハハ………
>180
ハハハ……そうかも知れませんね………


…俺、ホントに父親としてやっていけるか……_| ̄|○(ボソリ

182 :帽子を被った整備班女生徒:04/04/19 23:29 ID:???
>176
(予想が外れてずっこける)
た、大変ですね教官さんも。

>177
忘れたって・・・誰よ実習許可出したの・・・。

>179
完全に新品同様なレベルまで治すってんなら一ヶ月くらいじゃきかないわね。
そもそも再起不能レベルの子もいるからどだい無理な話よ。

183 :エージェント風な男@スミス:04/04/19 23:30 ID:???
(町を歩きながら....)

....俺はAEMA部隊の所属だ。階級は中尉。
奴は企業軍によって作られた殺戮人形だ。
そう....いわゆる強化人間という種類に入る。
当時、人間のニュータイプへの強化は非常に不安定な技術だったのだが、なぜか精神崩壊を起こすような
兆候も見られずに....
メタルドールズの誰も知られていない地下組織で奴は作られたらしい。
奴をこのまま野放しには出来ない。


184 :茶髪:04/04/19 23:32 ID:???
>182
まぁ…それは…そう…か…。
…変な事聞いてゴメン。
(様子がかなり変である。)

185 :ボケ:04/04/19 23:33 ID:???
>178
(ぼけ〜っと見ている。12秒くらい)

>180
ううん、まだです。
ああ、僕はまだ子供なんだ。
そんなことがわかっただけです。
大人か…
何歳からが大人なのかな…

>181
はい。
(ちょっとほっとして、素直に出した手を引っ込める。
 石とか枝とかを大事にしまう)
アヒル石なんです。
大事なんです。
どこにも売ってないんです。

>182
え〜と…許可ってなんですか?
お姉さんが許可をくれるんですか?
(ぼけーっとしている)

>184
(ボーっと茶髪の顔を見ている。二十秒くらい)
なにか手伝いましょうか?
(電動ドライバーが怪しく光る)

186 :少年忍者 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/19 23:35 ID:???
(早いうちからかかっていたし、前回の出撃はさほど消耗しなかったので整備が済んじゃった)
あ、このあたり人が貯まってますね。


(ちなみに、うちのキャラは全員ツナギ姿と思いねぇ)

187 :鳥人間の教官:04/04/19 23:37 ID:???
>181
……子供ぉ?
(ニヤニヤ笑う)

>185
ははっ、年齢じゃ大人かどうか解りゃしねえさ。
ようはココの問題だ。
(どんと胸を張って叩く)

188 :帽子を被った整備班女生徒:04/04/19 23:38 ID:???
>184
・・・?
頭でも打った?

>185
・・・いや、いい忘れて。
聞いたわたしがバカだった・・・。

「おーい!ちょっとこっち手伝ってくれーー!」
あ、はーーーーーい!
(他の整備員に呼ばれて行ってしまう)

189 :茶髪:04/04/19 23:41 ID:???
>185
……遠慮しとく。
(さっきの騒ぎ、聞いてない訳ではなかったようだ。)

>188
そういう事じゃないけど……あ。…ま、いいか…。
(見送る。)

190 :物静かじゃ無い教官:04/04/19 23:41 ID:???
>182
ハハハ…まだ大丈夫だ、その気になれば…
音速だって越えてやるさ……。
(力無く笑う。

 片手に刀持って言われたら、恐いです、教官。)
>185
…そうか……アヒル石か………
……大事にしろよ………
>187
…あ…………いや…………
(顔を伏せたまま、汗がたタラ〜……っと………w

191 :ボケ:04/04/19 23:43 ID:???
>187
へえ…
(なんとなく胸を撫でてみる)
そういえば、基礎過程の教官に「そろそろどんな機体に乗りたいか決めろ」って言われました。
どんなのがいいですか?
(少しくらい自分で考えろ)

>188
わかりました。忘れます。
(そして見事に忘れた)

>189
わかりました。
(素直にドリル…じゃないドライバーを引っ込める)

>190
はい。大事にします。
これはトンボの木です。
トンボが木になったんです。
(ボケーッと木の枝を眺めているが、やがてしまう)

192 :鳥人間の教官:04/04/19 23:47 ID:???
>190
 ニヤニヤしながら顔を近づける。

「で、相手は誰ですかねぇ?」

>191
「やっぱりそりゃぁ、戦闘機だろう。
 いいぞ戦闘機は。速いし、綺麗で、華麗だ」

 顎に手をあてて首を曲げる。

「といっても……ポピュラーに行くなら戦闘機以外の量産型MS、MA辺りじゃないか?」

193 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/04/19 23:48 ID:???
(整備班の一人と話してる)
そうだ、明日届くからそれで俺のフリーダムを直してくれよ。


ふぅ・・・・・・・やっと一息つけるぜ。

194 :物静かじゃ無い教官:04/04/19 23:50 ID:???
>191
トンボか……………
>192
(ピクリ)
相手って…俺が浮気をするとでも!?
(そこは一気に顔を上げて答える)

……って……いや…………そういう意味じゃ無くて…………
…………すみません、いずれ話します…
(「…内心かなり恥ずかしい」という表情で、
 格納庫から去って行く、そりゃぁもうアホみたいに速く。)

195 :ボケ:04/04/19 23:54 ID:???
>192
そうですね…
(ボーっと格納庫の天井あたりを眺めている)
…パンダ…
(ブンブンと首を振って自分の想念を打ち消す)
…決めました。
黄色いのに乗ります。

>193
ふう…
(まねしてため息をついてみる)
お疲れ様です。

>194
そうです、トンボです。
(なぜかうんうん言いながら納得して教官の後姿を見送る)



196 :鳥人間の教官:04/04/20 00:00 ID:???
>194
「ニヤニヤニヤニヤニヤニヤ」
 ずっと笑いながら見送る。

>195
「へぇ、黄色か。
  それじゃ何にでも乗れるな!
  乗るのを決めてから黄色にすれば良い」

197 :ボケ:04/04/20 00:05 ID:???
>196
黄色いのがいいなぁ…
黄色くて空を飛べるの…
…あっ。
アレを黄色く塗ったらダメですか?
(ボケが指差す格納庫の片隅には、一機のコアファイターが見える
 どこから引っ張り出してきたのか、あるいは部品取り用なのかボロボロだ…)

198 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/04/20 00:07 ID:???
>>195
ああ、お疲れさん。

この前、チョバムアーマーを爆発させちまったもんだから修理してもらってるんだがパーツが足りなくてな・・・
それで注文したパーツが明日着くそうなんだ。

199 :鳥人間の教官:04/04/20 00:08 ID:???
>197
「コアファイターか……
 新品のコアファイターと、あそこにあるオンボロのコアファイター。
 オマエはどっちが欲しいんだ?」

 腕を組んだままボロボロのコアファイターを見る。

200 :ボケ:04/04/20 00:12 ID:???
>198
そうですか。
大変ですね…
でも、チョバムアーマーってなんですか?
爆発したらなくなるんですか?
(普通に不思議そうな顔をしている)

>199
よくわからないけど、アレがいいです。

(ボケが見ている前で、数人の実習生達がコアファイターの回りに集まりだす)

「こんなボロ、置いておいてもしょうがねえだろ…ばらすか」
「そうだな。UC系、連邦系なら多少は使える部品があるかもしれないしな」
「OK。お〜い、ウインチとチェーンもって来〜い。吊るしてばらすぞ〜」

(わらわらと機材を持った整備科生徒達が集まりだす)

201 :帽子を被った整備班女生徒:04/04/20 00:15 ID:???
>200
くぉらーーーーーーっ!!
(ダッシュして横からドロップキック)
まだ治せるんだからそんなことするんじゃないの!!

202 :鳥人間の教官:04/04/20 00:17 ID:???
>200
「……よし、解った」

 つかつかとコアファイターに歩み寄る。

「ばらすなって。ほぉれどけどけ。
 このコアファイターはゴミじゃなくて、使用予定者がちゃーんと居るんだ」

203 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/04/20 00:19 ID:???
>>200
ああ、無くなるとも。
爆発で機体の一部が損傷したんだよ。
軽い損傷だがパーツが無いから注文したんだ。

(整備科の生徒たちに)
おーい、ばらすのは待ってくれ。

204 :通常の名無しさんの3倍:04/04/20 00:19 ID:???
>201
ぶへらぁっ!
だばだばだばだば…
(奇怪な悲鳴を上げて吹き飛ばされる下級生)
だって、先輩、コイツはダメですよ。
エンジンは腐ってるし、第一直したってういまさら実戦の役には立たないでしょ。
それより、ばらして部品だけでも使ってやったほうがコイツのためにも…
(少なくとも、粗末に扱うつもりは無いようだ)

>202
あ、教官。
う〜ん、自分達は別にかまわないですけど…
役には立ちませんよ?きっと。

205 :鳥人間の教官:04/04/20 00:21 ID:???
>204
「良いから、直せって。
 こういう再起不能品を直すのだって訓練のうちさ」

 後ろのボケを指差して。

「ほら、いたいけな瞳で見てるじゃないか。
 小さい子の為に一肌脱いでさ、直してやれって」

206 :帽子を被った整備班女生徒:04/04/20 00:25 ID:???
>204
そうやって簡単に諦めない!
やり尽くしてどうしてもダメだってなるまでは頑張る!!
(ビシッと指差し)

第一パーツを使おうったって流用できるのはかなり限られてくるじゃない。
精々RX-78の兄弟機くらいしか・・・。

>202
使用者?
そりゃまた物好・・・珍しいのがいたわねぇ。

207 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/04/20 00:28 ID:???
>>204
(肩を掴んで)
直せ。
(肩に指が喰い込んでいく・・・・笑顔だから余計に怖い)
ガイア製のパーツを使わせてやるから直せ。

208 :通常の名無しさんの3倍:04/04/20 00:30 ID:???
>204
おっと、こちらさんもか。
なんだか人気がある機体ですね…
こんなの役に立つとは思えないんですけどね〜?
(腕組みして考え込む整備科生徒のリーダー)

>205
う〜ん、確かにそういう実習もありですね。
でも、それなら新品使ったほうが安全なんじゃないですか?
特に慣れてないんだったら変な癖が無い機体のほうがいいですよ。
まあ、自分達は別にかまいませんけど…
どうなっても責任は取れませんよ?

>205
そりゃ、自分達だって整備の人間ですから、
「無駄無駄と動かす口が無駄、それより手を動かせ」
ってのはわかってるつもりですよ。
ただ、実習機にするにしてもバランス最悪ですしね…
危ないですよ?
責任取れませんよ?

>207
あたたたた!
ちょ、痛いです!
離して〜(裏声になる)

209 :帽子を被った整備班女生徒:04/04/20 00:34 ID:???
>208
そりゃまぁここまでボロボロだとそう思っちゃうかも知れなけどさ。

ところでこれ使ってたの誰?
ボロボロになる前から結構長いこと使われてた感じがするんだけど。

210 :鳥人間の教官:04/04/20 00:36 ID:???
>208
「いいから、いいから。
 直してくれたらコーヒーの一杯くらい奢ってやるさ」

211 :通常の名無しさんの3倍:04/04/20 00:42 ID:???
>209
さあ…?
自分らがここに来る前からあったみたいに聞いてますけどね。
素性も怪しいし、かなり激しい戦闘を潜り抜けてるみたいだし…
ぶっちゃけ、廃棄したほうがいいと思いますけどね〜
なんかの因縁つきの機体かもしれませんよ?
(意外とゲンを担ぐ技術者は多い)

>210
まあ、教官たちがそこまで言うんなら…
自分らもこだわる理由はありませんしね。
そんならご自由に。

(周りの生徒達に)
お〜い、やっぱばらすのやめ。
教官たちがいじりたいらしいから、ヒマなヤツ、手伝わせてもらいな。
オレはいいや。

212 :帽子を被った整備班女生徒:04/04/20 00:45 ID:???
>211
逆にここまでボロボロなのに戻ってきたってのが凄いわね。
なんか有りそうだけど・・・。
ちょっと戦闘データ調べてみようかな?

213 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/04/20 00:46 ID:???
>>208
(肩から手を離して)
離したぞ。

ちゃんとと直そうな

214 :茶髪:04/04/20 00:47 ID:???
>212
……少なくとも、ひたすら腕のいいパイロットの物だってのは疑いないだろうね…。
(突然後から声。)

215 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/04/20 00:50 ID:???
>>212
どんな奴が乗ってたんだ?
俺よりもボロボロにしていやがるぜ。

>>214
同感。
そんなパイロットに心当たりは無いか?

216 :鳥人間の教官:04/04/20 00:51 ID:???
>211
「おぅ、悪いな。無理言って」

 肩を叩いて笑いかける。

217 :通常の名無しさんの3倍:04/04/20 00:52 ID:???
>212
一通りは洗ってみましたけどね…
パーソナルデータは当然消されてました。
まあ、腕がいいプログラマなら復元できるかな?
自分はそこまでするつもりは無いですけど。

>213
ててててて…
もう、痛いですよ〜
わかりました。
まあ、実習だと思って手は貸させてもらいます。
いててて…(肩をさする)

そんじゃ、俺はこれで。
後でヒマなら手伝いますから〜
(整備班のリーダーは立ち去り、下級生達が所在投げに工具を持って立っている)

218 :帽子を被った整備班女生徒:04/04/20 00:52 ID:???
>214
そお?
単に悪運だけは強い奴かもしんないわよ。

>215
いや、だからなんでボロボロにする=腕がいいってなるのか・・・。

219 :茶髪:04/04/20 00:55 ID:???
>215
……無くはないですけど…。

>218
……まぁ、それはそうだけど…。

220 :ボケ:04/04/20 00:57 ID:???
(ボケーッと一連のやり取りを眺めている)

…あっ。

(たたたたっとコアファイターに駆け寄ると、機体に触れる)

……よぉん…さぁん…にぃ…いぃち…ぜろぉ!
わぁ〜い!

(しばらくしてみんなを振り返ってニコリと自然に笑う)

やっぱり、これがいいです。

221 :帽子を被った整備班女生徒:04/04/20 00:59 ID:???
>217
腕のいいプログラマ・・・。
こういうときに限っていないのよねぇ・・・。
(目の前に一人いる事を完全に忘れている)

>219
第一コアファイターがボロボロってことは脱出しなきゃならないくらい
ダメージを負ったってことでしょ?
それだけやられて脱出するってのも技術かもしんないけどさ。

>220
何でカウントダウン?
なんか波長でも合うのかな?

222 :茶髪:04/04/20 01:00 ID:???
>221
………それは正論だね…。

(…プログラマーとして戦力外通告食らう日が来るなんて…_| ̄|○)

223 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/04/20 01:01 ID:???
>>218
なに、俺が出撃する度に整備の連中にお世話になった経験から言ったのさ。
(この男、初陣を含めて出撃する度に機体を必ず損傷させて帰還したという整備班泣かせのとんでもない男であったのだ)

>>219
そうか。
俺の知りうる限り、コアファイターに乗ってた腕のいいパイロットと言ったら・・・・・・・・

まさかな・・・(汗)

>>220
おう、気に入ったか?
まずはこいつを飛べるようにしなきゃならんぞ。

224 :鳥人間の教官:04/04/20 01:01 ID:???
>220
「そーか!そーか!
 いやぁ、戦闘機を選ぶなんておまえは良い奴だ!
 うん、しっかり可愛がってやれよ?
 女よりよっぽど繊細なもんさ」

225 :ボケ:04/04/20 01:04 ID:???
>221
(ニコニコと笑って答えない)

>223
はい。
何からしたらいいのかわから無いけど、頑張ります。
…まずは、パンダの絵を…
(なんかブツブツ言ってる)

>224
女、ですか…
(よくわからない例えだったらしい。
 あまり考え込まずに、機体を見て回る)
ボロボロだな…
ボロボロになるまで飛んだんだな…
それでもまだ飛びたいの?
ボロボロになっても、それでもまだ飛びたいの?
(微かな声で機体に語りかけるように呟く)

226 :帽子を被った整備班女生徒:04/04/20 01:08 ID:???
>222
何で落ち込んでんの?
折角見つかった彼女と上手くいってないとか?

>223
そりゃ、お世話にならない人はいないと思いますけど・・・。
死なずに帰ってきたってことで評価はできるかな?

>225
ホントなに考えてるんだか・・・?

227 :茶髪:04/04/20 01:10 ID:???
>226
……「彼女」は…まだ見つかってないよ…。

あ…プログラマーとして認知されてないんだなって…ね。


228 :鳥人間の教官:04/04/20 01:12 ID:???
>225
「聞こえるか……良いなぁ。
 オマエは絶対才能が有る!
 俺が言うんだから間違いないさ」

 引っ張り出した煙草に火をつける。

「どうだ、スシでも喰い行っか?」

229 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/04/20 01:14 ID:???
>>225
おいおい・・・・・・もう、パーソナルマークを描くつもりか?
気が早いな。

多分よ・・・・・こいつはまだ飛びたいんだろう。
また飛ばしてやる為に・・・直してやろうじゃねえか。

>>226
まあ、そう評価できるな。

230 :ボケ:04/04/20 01:16 ID:???
>228
あっ…うっ…
でも、修理しなきゃ…

(ニュータイプなら感じ取れるだろうか。
 「スシくいて〜」と言う彼の迸る情念を…)

>229
はい。
とりあえず、色を塗りなおして…
(装甲を張りなおす前に色を塗ってどうする)

231 :帽子を被った整備班女生徒:04/04/20 01:17 ID:???
>227
へ・・・?
最近来た赤い髪の娘じゃないの?
結構あっちこっちでその話聞いたんだけど。
さぁてはまだそう言うことやってるってわけね・・・。
(軽蔑するような目)

プログラマー?
誰が?

>229
調べてみないとなんとも言えませんけどね。
ただのラッキー野郎か歴戦の勇者か・・・?

232 :茶髪:04/04/20 01:19 ID:???
>231
……それ…誤情報だから…。後、そういう事ってどういう意味?

…いや…僕が。だけど。

233 :鳥人間の教官:04/04/20 01:21 ID:???
>230
「なぁに、ならお土産買ってきてやるよ」

 またぽんぽんと頭を撫でる。

「この歴戦の猛者であるコアファイターを整備している諸君!
 俺が今から寿司を買ってくる!
 修理がある程度終わったら寿司をご馳走だ!」

234 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/04/20 01:27 ID:???
>>230
色を塗る前にこいつの翼を再び飛べるようにするのが先だぞ。

>>231
そうだな・・・・・・俺は歴戦の勇者の方に賭けるな。

>>233
ほうほう・・・・寿司か?

よし!
俺は美味いパスタをご馳走してやるぞ!

235 :帽子を被った整備班女生徒:04/04/20 01:29 ID:???
>232
誤情報ねぇ・・・。
(思いっきり疑いの眼差し)
そういう事ってのはそういう事。

アンタプログラムなんて出来たっけ?
そう言われればそうだったような・・・。

>233
寿司・・・甘えびあるかな・・・?
(どうやら好物らしい)

>234
賭けるんですか!?
う〜〜〜ん。迷うなぁ。

236 :ボケ:04/04/20 01:30 ID:???
>233
はいっ!
(珍しく元気よく、抑揚のある声で返事をすると、電動ドライバーを取り上げる。
 そして、慎重にネジを回し始める)

…あっ。

ガラーン

(尾翼の一部が剥がれ落ちる)

>234
そうですね。
とにかく、飛べるようにしないと…
(でも、何から始めたらいいかわからない様子)

工具、取ってきます。
(言い捨ててタタタタっと走り出すとどこかに行ってしまう)

237 :茶髪:04/04/20 01:31 ID:???
>235
…………うん。
(そういう事ってどういう事だろう…。)

……一応パイロットとしてよりプログラマーとしての方が
自信あるのに…_| ̄|○
(滅茶苦茶落ち込んでます。)

238 :帽子を被った整備班女生徒:04/04/20 01:36 ID:???
>237
ふ〜ん。
じゃあその自信は思い込みってことよ。

>236
あららどこ行く気・・・ってまった!
何するか解ったもんじゃないじゃない!
追いかけないと!!
(変に弄りまわさないように追いかけて消えていく)

239 :鳥人間の教官:04/04/20 01:36 ID:???
>234
「へぇ、パスタか。
 そいじゃぁそれも楽しみにしてるさ」

>235
「任せとけ、必ず買ってきてやる」

>236
(あ〜あ……)
「ま、落ち着いてゆっくりやるといいさ。
 腹いっぱい寿司食わせてやるからな!」

 寿司を買いに格納庫を出て行く。

240 :茶髪:04/04/20 01:38 ID:???
>238
…………まさかね…。
(微妙に冷汗かいてます。)

241 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/04/20 01:40 ID:???
>>235
因みに負けた方が1週間分の昼飯をおごるからな(ニヤリ)

って、もう居ないか(汗)

>>236
焦らずにゆっくりと直してやれ・・・・・・・・
(そう呟いて見送って)

>>237
(肩にポンっと手を置いて)
頑張れ。

>>239
俺の分の寿司も買って来いよーー!

242 :通常の名無しさんの3倍:04/04/20 21:42 ID:???
(金髪の病室…。…銃創と…片腕骨折等の怪我もそこそこ酷いが…
それ以上に精神的ダメージが大きいようで…当人、目を覚ましては
いるのだがそれだけ。…目も虚ろである…。)

243 :色黒の生徒:04/04/20 21:57 ID:???
>242
おい、俺だ。
入るぞ〜?
(一応ノックしてから入って来る。


 返答位待てと。)

244 :金髪:04/04/20 21:59 ID:???
>243
(…何故か無反応。……ただ、虚ろに外を眺めている様子…。)

245 :通常の名無しさんの3倍:04/04/20 22:01 ID:???
(金髪の隣の病室では先の戦闘で意識不明になったままの刀女・・・雪風が呼吸を補助する酸素マスクを顔に装着させられてベッドに寝かされている。
未だに静かに眠り続けている彼女の脳波を測定する装置は彼女の脳波が目覚めに近い事を示していた)

246 :色黒の生徒:04/04/20 22:03 ID:???
>244
………はぁ……やれやれだな。
(病室に入ってそれを見るなり、肩をすくめてみせる)
どんなモンかと思ったら……特攻姫の名が泣くぜ?お嬢ちゃんよ。
(手に持っていたバスケットから梨を一個取り出して頬張る)

247 :金髪:04/04/20 22:04 ID:???
>246
…。
(無反応…では無いようだ。少しして振り向くが…ベットに収まった。)

248 :茶髪:04/04/20 22:06 ID:???
>246
(後からひょっこり出てきて。)
……今は…そっとしておいた方がいいよ。…多分。

249 :色黒の生徒:04/04/20 22:07 ID:???
>247
……フゥ…参ったな、今頃アイツらも必死で戦ってるだろうに…
肝心のお前がこれじゃな…………
俺もいい加減、エザリアさんにどやされる時が来たかな?
(直も(見舞いの品である)梨を頬張りながら
 冗談めかした口調で、しかしそれでいて表情は全く
 笑ってはいないまま、一人語りかける)

250 :色黒の生徒:04/04/20 22:10 ID:???
>248
(軽く手を上げて挨拶)
別に俺はどうでも良いんだけどさ。
コイツがこのままじゃ、先に発った連中が可愛そうだろ?
ショックで寝込むのも勝手だけどな、
俺が言いたい事言いに来ただけだ、構わないだろ?
(その言葉が意味する所………それは茶髪に解るだろうか?)

251 :金髪:04/04/20 22:10 ID:???
>249
…!
(その言葉に反応し…肩が震えている。……が…それまでである。)

252 :茶髪:04/04/20 22:14 ID:???
>250
……確かにそうだね…。

…でも…多分今責めても無駄だよ。…余計負担を増やすだけだから。
こういう時あの三人がいると楽なんだけど…
(溜息。)

253 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/04/20 22:14 ID:???
>245
………まるで、俺を見ている様だな。
(他に動く物の無い病室の中で一人呟く。
 
 ー仮にも仕事仲間、無関係な間柄では無い。
 そして見舞いに来たまでは良かったが…
 自分と重ねてしまった様だ、表情は堅い。)
………何にせよ、アレで生きていたのは好運だ、お互い。
(横目に見ながら、花瓶の水を取り替える…)

254 :色黒の生徒:04/04/20 22:18 ID:???
>251
………そこまでやる気があるんなら…なぁ………
>252
(更にバスケットから林檎を一つ取り出して、茶髪に投げ渡す)
俺は別に責めるつもりなんか無えよ、それに…
(金髪を指指して)
これに負担も何も無いだろ、俺が何言っても無駄みたいだ。
とっくに発ったあの三人よりも、俺よりも…
むしろお前やあの男が何とか助けてやらないと
いけないんじゃ無いのか?
(真面目な表情で話していたその表情、そこにある目は
 誰を責めるでも無く、茶髪の目に問いかけていた。)

255 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/04/20 22:18 ID:???
『ピー!ピー!』
(脳波測定装置から電子音が鳴り出す・・・・・・
眠りから目を覚まし、ゆっくりと目を開く)
・・・・・ここ・・・・は・・・・・?

256 :茶髪:04/04/20 22:23 ID:???
>254
(林檎を受け取って…)
…確かに…その通り。…だね…。いや…僕が助けちゃっても駄目だよ。
彼じゃないと。こういう時だけは……「何時離れるとも限らない部下」
なんかじゃなくて…「生涯を共にするだろう人間」が支えてあげないと。
(言い返す。…が、その目は…その言葉が「逃げ」であると言う事を示している。)

257 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/04/20 22:24 ID:???
>255
(目を覚まして横を見ると、そこに居るのは一人の男性教官だ)
…起きたか……ここは病院、貴方は先日の戦闘中に
意識を失って、ここに運ばれた…覚えて無いだろうな。
……体の調子は、どうだ?

…あぁ、先に医者を呼ぶか。
(ナースコール、医者を呼び出すと、ベッド脇の椅子に腰掛ける)

258 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/04/20 22:29 ID:???
>>257
戦闘中・・・・・・?
確か、あの時インディがやられて・・・・その後・・・・
(思い出そうとするが『細胞』が活性した時の事は覚えておらず)

大丈夫、少しだるいだけ・・・・
って、インディは!?
(酸素マスクを外して起き上がろうとするがよろける)

259 :色黒の生徒:04/04/20 22:29 ID:???
>256
ふ〜ん……そういうモンかね………
…まぁ一つだけ解ったぜ、お前にとってコイツは
「何時離れるかも解らない上司」に過ぎないって事はな。

…悪ぃけど、俺もお前らの関係は知ってるよ。
………お前、それでももう一度、今の台詞が吐けるのか?
(目線は先程と変わらない、幾らかの人生経験の差は時として、
 この様な場で決定的な差をももたらす事がある…)

260 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/04/20 22:33 ID:???
>258
そう、俺と分かれて暫くした後の事だ。
何か強いショックを受けたか何かで、気絶してしまった様だな。

(起き上がろうとするのを手で制して)
…起きるな、まだ危険だ。
安心しろ、彼はほぼ五体満足…元気に動き回っている。
………それとも、俺よりも彼がここに居た方が嬉しかったかな?
(最後のみ苦笑しながら話す。
 ………戦闘中の様子は、あえて伝えない。)

261 :茶髪:04/04/20 22:35 ID:???
>259
…!
(顔色が…一気に変わる。)

………無理…だね。
(降参したかのような表情で言う。)

262 :色黒の生徒:04/04/20 22:39 ID:???
>261
そうか…。
俺も人の事はどうこう言えない、これ以上は何も言わないさ。
(芯だけになった梨をゴミ箱に投げる、綺麗に入る梨だったゴミ)

…俺にも難しい事は解らないけどな、コイツがここで寝てるべき
人間じゃ無いって事ぐらい…お前だって解ってるんだろ?

263 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/04/20 22:41 ID:???
>>260
ヘルメットを被らずに乗ったから頭を打ったのかな?
(手で制させれれば大人しく横になって)

良かった。
そうですよね・・・・インディはコーディネーターや強化人間なんかよりもタフだからちょっとやそっとじゃ死なないですもんね。
って、私がインディの事が好きだと思ってるの?(汗)

264 :茶髪:04/04/20 22:44 ID:???
>262
…勿論…ね。

何故…彼女をここに避難させているかは明白だし、
今の「戦力外の指揮官」の状態から少しでも早く立ち直って、
その辺も勉強してもらわなきゃいけないけど…
今の僕にそれを助けられるほど余裕があるなんて思えないからね…。


265 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/04/20 22:48 ID:???
>263
さぁ…?
どちらにせよ、意識不明だったんだ…
いきなり起きると危険だ、素直に休め。

ふむ…コーディネーターや強化人間より…?
…それが本当なら、確かに簡単には死なないな…
(苦笑、自分で自分に笑っている様に思える辺り…
 嘲笑と言うべきか…)

さぁ、その様子を見ていると、否定する要素が無いからな。
(真面目な顔でキッパリと言い放ってしまう………


 他人の色恋沙汰には半歩までなら簡単に踏み込める男。
 それが、グレイ・ヴィクトリア。)

266 :色黒の生徒:04/04/20 22:52 ID:???
>264
………フゥ…やれやれ、だな…
(両腕を上げて「やれやれ」のジェスチャーを取ると、
 バスケットをベッド脇に置いて席を立つ)
そんな理屈は必要無いんだよ。
…思いだけでも、力だけでも駄目なんだろ?
自信持てとは言わないけどさ、力だけってのは問題じゃ無ぇの?
(そのまま後ろ手に手を振りながら、病室から出て行く…)

267 :茶髪:04/04/20 22:57 ID:???
>266
………時間を見つけて………やれるだけやってみるのも…必要なのかもね…。
(ポケットにある三日月型の何かを握り締め、呟くと…こちらも部屋から去っていく…。)


268 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/04/20 22:58 ID:???
>>265
そうね・・・・・・・5年位前にコーディネーター3人と喧嘩してボコボコにしてましたよ。

ま、初恋の相手だけど・・・・・・片思いでしたけど。
私にとっては兄みたいな人です。
(笑って否定して)

269 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/04/20 23:04 ID:???
>268
是非一度、生身で手合わせしたい物…………
…勿論、貴方とも手合わせしたい物だが…
(視線を腰に送る、そこにあるのは…
 この時代には不釣り合いな代物、日本刀…)

…片思いか、その様子だと…伝えてはいない訳か。

270 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/04/20 23:14 ID:???
>>269
貴方も刀を使うんですか?
私のは父から習いましたけど・・・・・勝てますか?
(自信満々)

10年前・・・・・私が14の時でした。
始めてあった時にカッコイイなって思ったんですけど・・・・・既にインディには彼女が居たんです。
初恋は3時間で終わりでした。
(思い出し笑って)

271 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/04/20 23:22 ID:???
>270
いや、俺は人から教わった訳じゃ無いんだ…
恥ずかしながら、何処の流派でも無い…我流って奴だ。
まぁそれでも…その辺りの武道家には負けないと思う、多分な…。

…そうか……俺の初恋は、一年前だったな。
……見事に、想いを伝えるまでも無く玉砕したがね……
                _| ̄|○
(苦笑…?w)

272 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/04/20 23:33 ID:???
>>271
見事に玉砕ですか
(苦笑)

インディの彼女、アリスって人なんですけど・・・・
この二人、7年前に大喧嘩して別れちゃってるんですよ。
何でも目玉焼きにソースをかけるか醤油をかけるかで口論になったのが原因だそうで・・・・
物凄い大喧嘩だったらしくてボコボコにされて同棲していた部屋を追い出されて父の所に泊めてくれって来たんですよ。
もう、インディの自棄酒に父も付き合って翌日には酔っ払いが2人ほど出来上がってました(汗)

273 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/04/20 23:38 ID:???
>272
あぁ、それはもう見事にな……………
…想いを伝える前に、見事に夫を見つけたよ、彼女は(苦笑

…成程、それでも尚…気になってはいる訳か。
(そこへ入って来る女医)
……ふむ、俺は邪魔になるな、そろそろ失礼させて貰う。

…あぁ…そうだ…俺の今の恋人も、最初は貴方と同じ様な
状況に近かったらしい、諦めるのは早いかも知れないぞ。
(直も苦笑しながら、部屋を出ていく。
 男性である自分がそこに居るのはマズイと、察したのであろう。)

274 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/04/20 23:48 ID:???
>>273
(出て行くのを見送りつつ)
インディの事はとっくの昔に諦めてるんですよ。

問題はインディとアリスさんの仲・・・・・・
二人とも未だに相手の事を気にしていて忘れられないのに人の苦労も知らないで意地張って仲直りしないで居る。
仲直りしてもらおうと根回ししたりしてるのに・・・・・こんな所に来たら仲直りさせる事が出来ないじゃないの!

自分の恋も出来ずに他人の恋の手伝いをする私って・・・・・・・_| ̄|○
(落ち込む雪風・・・・・・・すっかり元気になってるのは間違いないだろう)

275 :敏腕な技術者:04/04/21 19:41 ID:???
(ニュージーランドに派生したサイド6亭支店…NZ亭に何時の間にか来た彼女…。
一見何処にでもいそうなタイプの人間だが…当代でもかなり優秀な技術者だったり
する。……カウンター席に座り、ゆっくりとラーメンを啜っている…。)

276 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/04/21 19:44 ID:???
>275
(珍しく入って来る教官が一人…)
店主、もやしラーメンを一つ頼む。
(さっさと注文を済ますと、ごく自然に>275の隣に座る。)

277 :敏腕な技術者:04/04/21 19:48 ID:???
>276
……こんにちわ、ヴィクトリア教官♪
(微妙に特徴ある独特のイントネーションで声をかける
NZに於いては間違いなく珍客の彼女。)

278 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/04/21 19:51 ID:???
>277
ん………
…あぁ、久しいな、エリカ・シモンズ?
そちらは大変な様だが、思ったより元気そうだな。
(特に驚くでも無く、微笑みながらそれに答える。

 珍客には慣れている養成所の人間らしいといえば、らしい。)

279 :敏腕な技術者:04/04/21 19:54 ID:???
>278
…ええ。騒動には慣れましたから。
(しれっと言ってのける。)

280 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/04/21 20:18 ID:???
>279
……だろうな、俺の時といい、随分と手早い対応だった。
一応言っておくが、「お姫様」はまだお休みらしいな、
さっき病院から出てくる時に見て来た。
そっちの様子は、どうなんだ?

281 :敏腕な技術者:04/04/21 20:22 ID:???
>280
…それは…聞いてますわ。

詳しい事は話せませんが…このまま奇襲等で電撃的に半数強の地を奪われるでしょうが…
そこで立て直して反撃…と言った具合になるでしょう…ね。

私達にとっても無関係でない…もう一つの問題もあるようですけれど…。

282 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/04/21 20:29 ID:???
>281
後出に回るのか…いずれにせよ、早めに決着を付けんと…
只でさえうやむやな、先の保証等何処にも無くなるぞ。
あれだけの事をしようとして、実際あれだけやった連中だ、
これはあくまで忠告、どうするかは任せるがな………

……もう一つの問題、と言うと…?

283 :敏腕な技術者:04/04/21 20:35 ID:???
>282
……確かに…そうですわね…。
きっとその辺は上の方々が考えてらっしゃるんでしょうけど。

(小声)
…デビル・ガンダム…。ニュージーランド近辺で出現したと聞いておりますけれど?

284 :ボケ:04/04/21 20:37 ID:???
(第二養成所格納庫。
 格納庫内の古びたコアファイターの前で、忙しそうに立ち働いている少年。
 といっても、機体整備などはこれっぽっちも出来ないので
 せいぜい、整備部門生徒のための荷物運びくらいしか出来ないのだが…)

「おい、ボーヤ!そこのノート端末持ってきてくれ!」

はい。
(ノートPCを持ってそちらに移動しようとする)

「あ、そのラインも取ってくれ!」

はい。
(ノートPCを置いて、ケーブルだけ持って整備員の元へ行くボケ)

「いや…もういいや…コーヒーでも買ってきてくれ」

はい。
(素直にうなずいて、ノートPCと接続ケーブルを置いて格納庫を出て行くボケ。
 その後で、ため息をつきながらその二つを取りに行く整備科生徒)

285 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/04/21 20:39 ID:???
>283
何時の世も、下の人間は自分が生きるのに必死だからな。
その手段はそれぞれ異なるが、な。

…あぁ、あの"迷子"か…確かに問題だろうが…
今の俺達ではどうしようも無い…何処に居るかも解らないし、
届けてやるるべき母親も見つからないから、な。
(皮肉な比喩と言うべきか、口調は至って普通だが…
 その眼は苦しい、苦虫を噛んだ様な眼差しだ。)

286 :ボケ:04/04/21 20:42 ID:???
(からんからん
 「天馬」に入ってくるボケ。)

あの〜、コーヒーください。
持ち帰りで。

287 :敏腕な技術者:04/04/21 20:44 ID:???
>285
…ですわねぇ…。
(表情、変わらず。……弱さの影すら見せない。
…何時の間にかラーメンの方が空に。)

では…そろそろ失礼致しますわ。…お見舞いも行かねばなりませんし。
(勘定を済ませてさっさといってしまう。)

288 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/04/21 20:49 ID:???
>287
あぁ、お疲れ…アイツも喜ぶだろうさ。
(そこで時計を見る…)
………そろそろ戻らんと…テティアが心配するか………
店主、勘定だ。
(勘定を済ませて、散策を兼ねながら病院へと去っていく…)

289 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/04/22 21:56 ID:???
(そんなこんなで授業も終わり、第二養成所内の
 風呂に入っている、今日は何時もの温泉に行く時間は
 無かったらしい………)

……………

(体を洗い、その長髪を纏めるとゆっくりと湯船に浸かる…)

290 :蛙連れ:04/04/22 21:58 ID:???
蛙連れ「お風呂お風呂〜!わ〜!!」
(子供のようにはしゃぎながら入ってくる蛙連れ。
 手の中の桶には蛙トリオが……)
蛙連れ「お風呂お風呂お風呂お風呂おがばがばごぼ……」
(シャワー浴びながら喋って、言葉が……)

291 :自称17歳の教官:04/04/22 22:00 ID:???
(湯船に浸かってるというか、力尽きて水死体よろしく漂っている)

292 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/04/22 22:03 ID:???
>290
………………アイツは………
(湯船の中で一人呟く、額から流れたのは
 湯気が湯になったのではない、汗だ。)
>291
…教官、生きてますか?

293 :適当な教官 ◆0zlkQsNXAo :04/04/22 22:03 ID:???
ふぃ〜〜〜〜〜。
(浴槽の縁に上半身をもたれ掛けてグデーッとしている。
 例によってその口には煙草が・・・ご丁寧にプラスチックの灰皿が湯船に浮かんでいる)

294 :自称17歳の教官:04/04/22 22:06 ID:???
>292
ブクブクブク・・・・げほげほっ!?

ありゃ、脱衣所を出たあたりまでは記憶があるんですが・・・。
ここは湯船?


295 :蛙連れ:04/04/22 22:07 ID:???
>291
…………?
…………………………!!
(とりあえず、表面に出ている肌に一匹蛙を置いてみたり)

>292
くぉ〜んにちわぁ〜
今日も疲れましたねぇ〜
(洗った髪を手にもったタオルで巻き、湯船に入る。)

296 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/04/22 22:10 ID:???
>293
(一人は湯船で煙草を吹かす教官。
 一人は風呂に刀を持ち込む教官。
 一人は浴槽で力尽きている教官。
 そしてシャワーで喋れなくなっている36歳子持ちの男。
 凄い光景である。)
>294
はぁ……?
確かにここは湯船ですが…どうしたんです、誰かに?

297 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/04/22 22:14 ID:???
>295
あぁ…お疲れだ。
お前の入り方を見てると…逆に疲れそうだがな?(苦笑

298 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/04/22 22:15 ID:???
あ〜〜、疲れた疲れた〜〜〜
(桶とタオルをもって入ってきて)
MSは疲れんのに何故書類で疲れるのか?
これは人類最大の謎である・・・・・・なんてな。
(シャワーを浴び始める)

299 :自称17歳の教官:04/04/22 22:17 ID:???
>296
うー・・・風呂に浸かりに来たまでは覚えてるんすが。
はぁ、体力も回復したし、生きてるし、よしとしよう・・・。

丈夫な体に生んでくれた母さんに感謝しないとなぁ・・・。(遠い目)

300 :蛙連れ:04/04/22 22:17 ID:???
>297
いや〜、あはは〜w
逆に疲れる事なんて、ないですよぉ
楽しくて、疲れも吹っ飛んじゃいます♪
(桶にお湯を入れて、蛙達の簡易風呂完成。)

301 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/04/22 22:23 ID:???
>299
…教官、それは危険ですよ…(苦笑
後で病院に行った方が良いですよ、
体は無事でも、夢遊病にでもかかってたら大変ですし。
>300
お前は、な…(頬を流れる、汗)
…しかし、お前の連れている蛙は凄いな…
(桶を覗き込む、蛙達に挨拶…!?w)

302 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/04/22 22:24 ID:???
(シャワーを浴び終え、どっぷりと湯船に浸かる)
かぁ〜〜〜生き返るな〜〜〜♪
(浸かりながら桶から酒瓶とコップを取り出して)
>>300>>299>>301>>293
飲むかい?

303 :蛙連れ:04/04/22 22:27 ID:???
>300
あはは〜♪
こいつらですか?
まぁ、小さい頃から連れている……友達ですからねぇ
(少し、目を細めて考え深げに……)
一緒にご飯食べて、お風呂に入って、寝て……
起きて、顔洗って、ご飯食べて……
ずーっと、一緒でしたから、こいつらもう、普通の蛙と違うんですよ、多分w
人間のご飯とか普通に食べますからねぇ

304 :蛙連れ:04/04/22 22:28 ID:???
>302
あ〜、いただきま〜す♪

305 :自称17歳の教官:04/04/22 22:31 ID:???
>301
夢遊病か・・・そうですなぁ。
一応、昨日まで入院していたんですがね。

>302
医者に禁酒言い渡されてるんで・・・。

306 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/04/22 22:33 ID:???
>302
(普通に考えたら、風呂で酒を飲むのは危険なのだが…)
是非貰いましょうか。
(自らの身体能力を自覚して、それを時として無駄に
 活用する男、この男は、そういう男である)
>303
尤も、お前自体が普通では無いからな…(苦笑
まぁ何にせよ、悪い訳じゃ無いからな、良いじゃないか。
(そう言うと、ゆっくりと微笑む。)

307 :適当な教官 ◆0zlkQsNXAo :04/04/22 22:34 ID:???
>302
プハー
(壁越しなので自分にも言われていると気付いていない)
なんだか隣は賑やかだぁね〜〜。

308 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/04/22 22:34 ID:???
>305
俺も最近は、病院で生活してますけどね…
もう直ぐ退院ですが、随分慣れた物です。


309 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/04/22 22:35 ID:???
>>304>>306
おーし、たっぷりと飲め!
(コップ渡して、日本酒を並々とついで)

>>305
そりゃ残念だ。

310 :自称17歳の教官:04/04/22 22:37 ID:???
>308
病院生活はまぁまぁ良いんですよ。
俺も慣れたし・・・。

問題は味方のマーカー出しておいたのに、
何故、河の底に丸一日以上回収されずに放置されていたのか・・・。

311 :蛙連れ:04/04/22 22:40 ID:???
>306
え〜?俺は普通ですよ〜?
(蛙を連れ、男色の気があり、子供っぽく、両生類大統領……)

>309
あはは〜、いっただっきま〜……
(ゴクゴクと一気に飲み干す)
ぷへぁぁあ〜……
けふっ!けほっ!けほっ!
も、もいっぱぁい!
(ろれつ回らず、目の焦点合わず)

312 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/04/22 22:43 ID:???
>>310
病院生活か・・・・
俺、病院は苦手なんだよな。
常に脱走してたもんだ・・・・・
(笑いながら酒を飲み)

>>311
おうおう!
いい飲みっぷりじゃねえか?
(また注いで)

313 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/04/22 22:46 ID:???
>309
えぇ、頂きます。
(受け取るやいなや、一気飲みで飲み干す。)
……足りないですね。
(…そう、この男はザルだ。)
>310
それは…俺にも解りません。
病院じゃ無くて、一度厄払いでもした方が良いんじゃ無いですか?
>311
いや、お前が普通だったらこの養成所の人間は
全員普通になるな。
(全否定、頬には汗………苦しい、顔が苦しい。)

314 :蛙連れ:04/04/22 22:49 ID:???
びょういんはいやれすね〜♪
あはははははは〜、おちゅう射イタいですもんねぇ〜♪

>313
俺は普通のなんでぃすよ!
んー……まぁ、ふつーじゃなくても・・・

>312
あはははははは〜、いっただっきま〜ひゅ!
(コクコクコクとまた一気……)
ぶへぇらはぁ〜……うふぇふぇぇええ〜♪
(立ち上がり、外に出ようとするが……そのまま倒れてK.O……
 幸い、前のめりだったのでお見苦しいことにはならなかった。
 ……その後、無数の蛙が蛙連れを全裸の姿のまま、家に持ち帰ったとか……
 奥さんにどうされたかは、わかっていない)

315 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/04/22 22:51 ID:???
>>313
お前さんもいい飲みっぷりだの〜
飲め飲め〜
(酒をついで・・・・・・・・ついてない男自体、既に3杯飲んでいる。
この男、頑丈なのは確かだ)

>>314
がっはぁぁぁ!
風邪引くなよ!

316 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/04/22 22:54 ID:???
>315
俺は酒には強いですよ…そう、酒にはね。
(…こちらは瓶片手、片手にコップ。
 それでいて顔色が変わらないのが逆に恐い。)
>314
…アレで俺より10も年上とは……世界は広いな(苦笑

317 :自称17歳の教官:04/04/22 22:54 ID:???
>313
厄払いか・・・何年かに一度は行ってるんですがねぇ。
>314
うはぁ・・・。
俺ものぼせてああならないうちに・・・

げっ!?
(石鹸を踏んだまま、滑って脱衣所のほうへ、幸い、何かが壊れる音はしなかったようだ)

318 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/04/22 23:01 ID:???
>>316
そーかそーか、ならたくさん飲もうぜ!
(飲み続ける男が一人)

>>317
お大事に〜

319 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/04/22 23:05 ID:???
>>316
なあ・・・・・どうだ、女湯を覗きに行かないか?
(物静かを誘おうとする・・・・・・・・一人で行きたくないらしい)

320 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/04/22 23:06 ID:???
>317
………いや、貴方の場合はやはり………………

………………………………いや、言わない方が良いか…お元気で。
>318
無論ですよ、貴方が倒れるまでお付き合いしましょう。
(飲み続ける男は二人)

321 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/04/22 23:08 ID:???
>319
断る。(即答、そりゃあもう鐘を打ったら音が出るがごとく)

俺は将来の妻子持ちです、お一人でどうぞ
(中の人:…堅い、堅いぞ外の人!)

322 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/04/22 23:13 ID:???
>>321
一人で見に行きたく無いんだよ・・・・・・・・・

あれは混線が起きる前の事だった。
俺はある女の風呂を覗こうとした・・・・・・だが、見つかった。
急いで逃げようとしたらその女が・・・・・・・トゲ付き鉄球を振り回しながら追いかけてきて・・・・・・
俺の数少ない『死ぬかと思った瞬間』の一つだ。
あれ以来、一人で覗きに行けない・・・・・・・・・(ガクガクブルブル)
(一種のトラウマのようだ)

323 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/04/22 23:17 ID:???
>322
…それでも見に行きたいですか…(呆れ顔)

混線前の事なら、その人はここにはまず居ないでしょう。
貴方の相棒はまだ病院、動けないでしょうし。
俺は関与しません、それに第一、俺達は教官ですよ?
それでも、見たいんですか?
(口調は笑っている…w)

324 :色黒の生徒:04/04/22 23:19 ID:???
はや〜すぎーるーとーきをー♪
(風呂場へ歩いていくヴァカ一名…w)

325 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/04/22 23:23 ID:???
>>323
いや、雪風ではない。
俺たちはガイアごと混線してきてるんでアイツもガイアにいるんだよ。
アイツに会ったら俺は殺されかねん・・・・・(滝汗)

ヤバイ、酔いが覚めてきた。

326 :金髪:04/04/22 23:24 ID:???
>324
(昨日まで病院で引きこもってたこいつ…今日の授業に出たりしたわけでは
ないし、入院中のはずなのだが、何故か出歩いていて…>324の後ろから接近、
横にきてぽつりと。…視線をサングラスで隠蔽している。)
……先日は…ありがとな。


327 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/04/22 23:27 ID:???
>325
ふむ…?
トラウマを克服するには実際にそれをやるのが大事ですが…
……まぁこればかりは、危険過ぎますね(苦笑

…ん、まだ飲みますか?
(………瓶が増えてないか…?)

328 :色黒の生徒:04/04/22 23:29 ID:???
愛が先なのか〜壊すのが…
>326
ん………?
(振り返ると、その姿を視線に止める)
ん、何の話だよ?
別に俺は自分の言いたい事言っただけ、
礼を言われる様な覚えは無いぜ?
お前が怒るなら解るけどな。

329 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/04/22 23:32 ID:???
>>327
・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・今は飲むことにしよう。
(瓶でがぶ飲みし始める)

330 :金髪:04/04/22 23:35 ID:???
>328
(コートに隠した、動かせない状態の片腕に一瞬だけ視線を落とし。)
…私も御礼言いたいから言っただけさ。

立ち直れてるわけじゃないし…まだ「力」で
一時的に誤魔化してるに過ぎないけど…
きっかけくれたのはお前だしな。


331 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/04/22 23:37 ID:???
>329
余り悪酔いはしないで下さいよ?
倒れたりしたら、みっとも無いですからね。
(そしてこちらも酒を飲む……数十分後)
……………そろそろ良い時間ですね、
俺はそろそろ病院に戻らないといけません。
…それでは、俺はこれで、楽しかったですよ。
(そう言うと、脱衣所へ向けて歩き出す。
 どうも病院へ戻る方が楽しそうなのは、気の所為では無さそうだ)

332 :色黒の生徒:04/04/22 23:40 ID:???
>330
(それを聞きやや呆れ顔、というより困り顔で)
……お前なぁ、それは的外れな礼ってモンだぜ?

それに、俺はその「力」がどうこうって
よく解らねぇけど…どうせ来るならちゃんと直してからにしろよ?
誤魔化してムリヤリ動かしてる体で何言われても、
普通良い気分はしないだろうが………

333 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/04/22 23:41 ID:???
>>331
ああ、少しは楽しかったよ。
(記憶の底に封印しておきたい事を思い出してしまい、すぐにはあがりたくないらしい)


アリス、元気にしてるかな・・・・・・

334 :金髪:04/04/22 23:47 ID:???
>332
それでもいいさ。

……大丈夫。…今はただ…こっち来てから気力なくて入ってなかった
風呂に入りに来ただけだから…。それに…できる限り早く…
覚えてきた艦指揮の技術も…実行出来るように立ち直らないと
いけないから…さ。…じゃあな。
(力ない笑みを残して女子更衣室に消えていく。)

335 :ついてない男 ◆NrScghljNI :04/04/22 23:49 ID:???
そろそろあがるか・・・・・・・・
(風呂から上がって脱衣所へ)

手紙でも書くか。
いや、止めておこう。

336 :色黒の生徒:04/04/22 23:51 ID:???
>334
(それを見送って、一人呟く)
………良くねぇだろ…それ………。

…全く…全然進歩して無ぇじゃねぇか…
突攻姫さんは、相変わらずの突攻姫…



……ホント、世話の焼ける奴だよ…。
(興がそがれたか、青年はそのまま自室へと帰っていった。)

337 :隻眼の生徒《27》:04/04/23 00:44 ID:???
(格納庫にて、サバイバルナイフで木屑を削っている
 ただ黙々と、なんか妙に真剣に)

338 :橙目の新入り:04/04/23 23:46 ID:???
・・・あっれー、おっかしいな・・・
地図あるから迷わない自信あったんだけどな・・・・ここどこだ・・・?

339 :謎の牛@ザクタンク:04/04/23 23:58 ID:???
ブモモ・・・。
(所謂、とび職の服に身を包んでいるが…顔が牛なのはバレバレだ)


340 :隻眼の生徒《27》:04/04/23 23:59 ID:???
>338
(布に包んだでっかい何かを肩に担ぎながら現れる)
ん?
見ない顔だけど…どした?

341 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/04/24 00:01 ID:???
>>338
(ジャージにトレパン姿で>>338の前に現われる)
どうなさられた?
(どうやらジョギングの途中だったらしい)

342 :橙目の新入り:04/04/24 00:02 ID:???
>340,>341
あ、すいません
ちょっと道に迷ってしまいまして・・・

343 :隻眼の生徒《27》:04/04/24 00:03 ID:???
>341
ぃょぅ
(開いてるほうの手を軽く上げる)

>342
ほうほう、察するに後輩君か
どこに向かってんの?

344 :茶髪:04/04/24 00:06 ID:???
>341-343
…やぁ。
(通りがかりに声をかける。…かなり疲れきっている様子。)


345 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/04/24 00:08 ID:???
>>342
その様子だと新入りのようだな?
生徒?それとも教官?

>>343
やあ
(こちらも手を上げて挨拶して)

346 :謎の牛@ザクタンク:04/04/24 00:10 ID:???
(その四人の横を、そ知らぬ顔でアルミインゴットやらの金になる資材抱えて通り抜けようとしている)


347 :隻眼の生徒《27》:04/04/24 00:19 ID:???
>344
……女を部屋に連れ込むからこうなるんだよ
(なんだか良く分からない自信を表情に浮かべて、胸を張る)

>346

(それを見て、布を解く
 中から現れたのはアンチマテリアルリニアライフル
 FT-103、“ナイトメア”  人が所持できるものの中で最強と呼ばれる銃兵器である)

みんな耳塞いでてね〜
(能天気に言い放つと、腹ばいに寝て
 ナイトメアを構え………その引き金を引く)
(轟音と共に放たれるのは極音速の弾丸、それはMSの装甲すらも打ち抜く破壊の矢
向かうのはザクタンクのモノアイ)

348 :橙目の新入り:04/04/24 00:22 ID:???
あ、えーっとですね・・・○○の×なんですが・・・

349 :茶髪:04/04/24 00:23 ID:???
>347
ねぇ…何の話?まったく身に覚えないんだけど…っ!
(耳を抑える。)


350 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/04/24 00:23 ID:???
>>344
しばらく休め。
このままだと燃え尽き症候群とかになりかねんぞ。

>>347
>>347の言葉に素早く耳を塞ぐ)

351 :橙目の新入り:04/04/24 00:26 ID:???
>344
あ、どうも・・・

>345
一応、生徒なんですが・・・

>347
(事態が分かっていないがとりあえず耳をふさぐ。)

352 :ボケ:04/04/24 00:28 ID:???
>347
(その轟音になぎ倒される少年が一人)

う〜ん…目が回る…

(ニュータイプ能力のあるものなら、
 体を起こした彼の頭上を飛び回る幻覚のヒヨコが見えるかもしれない(古典的漫画表現))

353 :謎の牛@ザクタンク:04/04/24 00:30 ID:???
>347
(ピキーン!)
ブモモー!
人語訳:後ろだ!
(が、タッチの差で被弾。そのままザクタンクを乗り捨てて逃走)

ブモォォ―!
人語訳:覚えてろよー!次はこうはいかんぞぉー!

354 :茶髪:04/04/24 00:32 ID:???
>350
………わかりました…。
今日はもうゆっくり休みます…。

>351
新入生の人?…よろしくね。
(手を差し出す。)

355 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/04/24 00:33 ID:???
>>353
・・・・・・・・・・
・・・・・今の、牛でしたよね?
(逃走していく牛を見て呆れてる)

>>352
大丈夫?
(NTではないが頭の上を飛び回るヒヨコを見た様な気がする)

356 :隻眼の生徒《27》:04/04/24 00:34 ID:???
(のそのそと立ち上がり、ナイトメアを再び布で巻いて肩に担ぐ)
ふぅ、流石にこれで黙ってくれるといいんだが
……お礼に一割もらえたらうれしいよなぁ…(ニヤソ

>348
ああ、ソレだったら
(ある建物を指し)
あの建物に入ってすぐだ
俺もちょうどアッチに用事あるから付いてってやるよ

>349
あれ、しょっちゅう女を部屋に連れ込んでるみたいな話を聞いたんだけど…
聞き間違いか?

>352
あ、ヤベ
……まいっか、距離もあるし
(放置)

>353
ぬぅ…サイドアームズ持ってりゃ良かった…って!
アレじゃ一割もらえないじゃないか…

357 :橙目の新入り:04/04/24 00:36 ID:???
>354
は、はい!よろしくおねがいします!

>356
あ、いいんですか?どうもすみません・・・

358 :茶髪:04/04/24 00:36 ID:???
>353
……牛?

>356
デマですよ。僕、そんなことしませんし。


359 :ボケ:04/04/24 00:43 ID:???
>355
壁が…音の壁が…
(なにやらブツブツ言いながら立ち上がる)
大丈夫です。
ありがとう。

>356
(そのまま、ボーっとその場に立ち尽くしている)

360 :隻眼の生徒《27》:04/04/24 00:45 ID:???
>357
いいってことよ、ここは助け合いしてナンボだからさ
(早速其の場所に向けて歩き出す)

>358
ぬぅ、どこで聞き間違えた俺
(頭を軽くかきながら悩む)

361 :茶髪:04/04/24 00:50 ID:???
>357
…そんな緊張しなくてもいいよ。
僕だってここにきたのは結構最近だしね。

>360
…聞き間違えたんじゃなくてデマに引っかかったんだと思うよ。
そういう無根の中傷、よく受けるしね。


362 :橙目の新入り:04/04/24 00:51 ID:???
>360
(歩きつつコソッと聞く)
えっと・・・さっきの物は一体・・・そんなに音が凄いんですか?

363 :隻眼の生徒《27》:04/04/24 00:57 ID:???
>361
それはお前に問題ないかぁ?
ま、俺には関係無いッちゃ関係ないけどな〜
(笑いながら、茶髪の肩を叩く)

>362
ああ、さっきの
アレはアンチマテリアルリニアライフルさ、名前はナイトメア
まぁ、俺の愛用の銃ってヤツかな
音がすごいのは……威力あるから?


364 :橙目の新入り:04/04/24 01:04 ID:???
>363
(長っ!と思いつつ)
( ゚д゚)ポカーン
よく分かりました・・・
(この人には逆らわない方が良さそう・・・かな・・・・)

365 :茶髪:04/04/24 01:04 ID:???
>363
……え?何で僕に…。
(自覚なきたらし。全開。)

366 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/04/24 01:08 ID:???
>>364
もし銃を持つのなら、あのような大きい物は止めておけ。
パイロットを目指すならハンドガンかマシンガン、ショットガンで十分だ。

>>365
私もお前の噂は聞いた事がある。
その噂を聞いたらある人を思い出したよ。

367 :敏腕な技術者:04/04/24 01:09 ID:???
あ。…ホットコーヒーを…お願いね。
(天魔に入ってきて…コーヒーを注文し、人を待っている様子の…熟年美女。
彼女こそがアスハ派モルゲンレーテの実質のトップ格…だったりする。)



368 :隻眼の生徒《27》:04/04/24 01:11 ID:???
>365
…俺に聞くなよ(汗
そんな噂が立つってことは、何かしらの原因がありそうなんだけど…
ほら、“火のないところに煙なし”ってやつ

>366
ぬむ、俺もそう思うんだけどねぇ…
まぁアンタの刀みたいなもんだと思ってよ、普段使わないけど手放せない武器ってヤツ

369 :噂好きの女伯爵:04/04/24 01:14 ID:???
(天馬にやってくる)

……ゼファーもエアリアルも大ダメージ、しかもドールズにネタバレ……はぁぁぁ〜。
まったく、思うようにいきませんねぇ♪

>367
(と、彼女に気づき、片手を挙げる)

どおも〜。始めまして、ですかねぇ?
あ、あたしにもコーヒーお願いしますねぇ♪

(敏腕な技術者の正面の席に座る)

370 :茶髪:04/04/24 01:14 ID:???
>366
ある人?
…聞くのが怖いですけど…誰ですか?そのある人って。

>368
そう言われても…原因…なんて思い当たらないけど…。
(天然たらしもここまでくると末期。である。)

371 :敏腕な技術者:04/04/24 01:17 ID:???
>369
…始めまして。お会いできて光栄ですわ、伯爵♪
(立って一礼する。…そして座ったあと)

あ…店員さん、アイスコーヒーを追加でお願いしますわ♪
(声の弾みが特徴的である。)

372 :噂好きの女伯爵:04/04/24 01:20 ID:???
>371
(ニッコリ笑って返礼。そして単刀直入に)

お国の方、大変ですねぇ♪
……で、お話って何ですかぁ?

373 :橙目の新入り:04/04/24 01:24 ID:???
>366
はい・・・まぁ、まだ銃の訓練なんてした事ないですけど・・・

374 :名無し店員:04/04/24 01:26 ID:???
(´-`).。oO(はーい、珈琲ドゾー)
(>369カップに入ったホット、砂糖・ミルク付きを
>371グラスに入ったアイス、ガムシロップ・ミルク付きを
それぞれ持ってくる)

375 :敏腕な技術者:04/04/24 01:27 ID:???
>372
ええ。

…単刀直入に申しますわ。…私ども、あなた方企業への参入を考えておりますの♪
アスハ派側のモルゲンレーテとして。…オーブの謀反軍以外への中立を
完潰させないように…ですし、当然のごとくオーブ内に兵力をおくことは
不可能ですが…。

…その際に、当然ながら企業連合所属の各社に出向いてご挨拶に向かう必要が
あるのですが…どうしてもその前に貴方にお会いする必要がありまして。

376 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/04/24 01:28 ID:???
>>368
そうか?
狭い室内では銃より頼りになるものだが・・・・
実際に刀でボコボコにした事が2,3度ある。

>>370
ケイシー・ミヤッチ・イズモと言う男で・・・・今はセイバーチームの技術スタッフ兼テストパイロットをしているはずだ。
このケイシーだけど、筋金入りのナンパ師で女性を見かけるとどんな状況でもナンパすると言う男で・・・・戦闘の真っ最中にナンパしてるのが目撃されてるほどだ。
私も一度ナンパされた事があるんだが・・・・・・・・
私に声をかけた次の瞬間、父とインディにボコボコにされてたわ。
(その時の事を思い出し、苦笑いする)

>>373
出来れば訓練はした方がいい。
自分の身を守る為にな・・・・

377 :隻眼の生徒《27》:04/04/24 01:30 ID:???
>370
てことは…マジに嫌がらせか…
聞かない振りをするのが一番なんだけど…
お前そういうの出来るタイプじゃないだろ?

>376
そういうことならこっちだって
敵が離れてるときは最強だぜ、本当は対人用じゃないけどよ

378 :茶髪:04/04/24 01:30 ID:???
>376
……なんでこう誤解を受けるんだろう…。
(誤解じゃなくて事実だからだろう。おそらく。)

379 :噂好きの女伯爵:04/04/24 01:38 ID:???
>374
ありがとうございまぁす☆
(名無し店員に対して微笑みかける)

>375
……確認しておきますよぉ。
「企業」の傘下に入る、ということは、別にモルゲンの独自性を失わせることにはなりませぇん。
ただ、今までのような、鎖国主義的なやり方はできなくなりまぁす。
少なくとも、「孤立主義の中立国・オーブの国営企業」そのままのやり方はできませぇん。

まぁ、技術交流・流通のコストダウン・市場の拡大など、メリットも多いかと思いますけどぉ……。
会社として、ちゃんと考えた上での話なんですね?

(敏腕な技術者の目を見ながら、再度確認する。
 ……それはそうだろう。
 陰に陽に、モルゲンレーテ社の企業参入は、今までも働きかけてきたのだから。
 それでも動かなかった存在が、内乱があったとはいえ、自分から飛び込んできたのだから。
 いくら慎重になってもなりすぎるということはないだろう)

380 :嫉妬団:04/04/24 01:39 ID:???
>377-378
(そのやり取りを、近くの建物に設置されたお天気カメラ経由で監視するチョッパーグラスに褌の男達)

「ち、スナイパーの護衛付きか…」
「今日は中止だ、決して多くはない人員、無駄に失うわけにはいかん」
「あの天然女たらしめ・・・いつかぼろ雑巾にして・・・!!」


381 :橙目の新入り:04/04/24 01:40 ID:???
な、なーんか 恋愛話ですか?
まいったなぁ・・・そういうの苦手なんだよなぁ・・・

382 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/04/24 01:45 ID:???
>>377
全ては一長一短と言う事だな。

>>380
(視線を感じて辺りを見回すがお天気カメラだけしか見つからない)

>>381
いや、恋愛話ではない。

ついでに私には恋愛運が無いらしい・・・・・・_| ̄|○

383 :隻眼の生徒《27》:04/04/24 01:48 ID:???
>380

(お天気カメラを見上げて)
いまなんか殺気が…

>381
安心しろ、俺も苦手だ
苦手っつーか、そういう話しないしなァ…

>382
そういうこと、いかんせん俺のは長すぎるけどな

384 :敏腕な技術者:04/04/24 01:49 ID:???
>379
…勿論ですわ♪

考えもなしにこのような話、仕掛けたりは致しませんわ♪
実は何度か検討されたこともありますし…水面下で民営化計画も
立てられておりますし…ね。


385 :茶髪:04/04/24 01:51 ID:???
>377
…まぁ、直接言われなければ聞こえない振りもできるけどね。

>383
…殺気?…どこから…。
(気付いていない様子。)

386 :噂好きの女伯爵:04/04/24 01:57 ID:???
>384
オーブ以外の国にもMSを売れるようになる反面、オーブ国内でのモルゲンレーテの事実上の独占体制が崩れる危険も大きい。
様々な他社からの技術を手にできる反面、モルゲンレーテの独自技術も代償に出してもらわねばならない。

……まぁ、前者は、買い手であるオーブの意思もあるから、なんとも言えませんけど……
分かってるなら、こっちは文句ありませんよぉ☆

気になるのは、次の二つですねぇ。
「あなたたちのグループは、モルゲンレーテのどの程度を占める存在なのか。
 反乱軍側と現行政府側とでモルゲンレーテも割れているのか」
「なぜ、あたしの所に話を持ちかけてきたのか」
この2点、あなたの口から聞かせてもらえませんかぁ?

387 :隻眼の生徒《27》:04/04/24 01:59 ID:???
>橙目の新入り
ん、着いたぜ
(目標の建物の前で足を止める)

>385
さぁ……?
人の気配しないんだけどね〜
(頭をぽりぽりと掻く)


388 :橙目の新入り:04/04/24 02:05 ID:???
>387
あ、案内どうもありがとうございました〜
(深く頭を下げ、建物の中に入っていく)

389 :刀女 ◆0A4b0vnAIg :04/04/24 02:08 ID:???
>>388
(建物に入っていく新入りを見送り)
新入りか・・・・・・鍛え甲斐がありそうだな。
(そして、再び走り出してジョギングの続きをする)

390 :敏腕な技術者:04/04/24 02:12 ID:???
>386
反乱軍側と現行政府側、モルゲンレーテは真っ二つに割れておりますわ。
…そして、混戦前より元々モルゲンレーテはサハク派の
影響力が極めて強かったので…混戦前からのスタッフはかなり多くが向こう、
混戦後の新規参入スタッフは…こちらの方に多いようですわ。特にプラントからの
亡命集団は。総計で…40〜45%…と推測されております。…そして…向こうに渡った技術は…
おそらくそちらもご覧になったことがある青い翼のガンダムの系列技術を除き、
総て…と思われますわ。

そして…貴方に持ちかけたのは…建前上はこちらにとってまだ
都合がいい存在でもあるだろう穏健派のトップだから。
…本心は…ミリシャ、ムーンレイス間の和平における演説、
その他を見て…企業の中で最も信用に値する人間と見たからですわ。

…そして、これはそちらのためでもある頼みごと…でもあるのですが…
養成所にいるキラ・ヤマト…を一時的にそちらに預けたいのですが…
その際、DGと交戦させる機会を作らないよう、うまく働きかけてほしいのです。

391 :噂好きの女伯爵:04/04/24 02:18 ID:???
>390
なるほどぉ。
あなた側はプラント寄り、と……。(何やら納得の様子)

都合よく利用しようってのはお互い様でぇす☆
あたしだって、別にボランティアで和平交渉してたわけでもないですしねぇ♪
こっちはこっちで、色々と利用させてもらいますよ〜。

で、……茶髪さんを、どういう立場で「あたしに預ける」んですかぁ?
それに、DGと戦わせたくないって、どうしてですかぁ?
一応、あたしたち「企業穏健派」と、「養成所」は別の組織なんですし……
養成所相手に横車押さなきゃいけないなら、せめて理由くらい把握してないと☆


392 :隻眼の生徒《27》:04/04/24 02:23 ID:???
>388
おう、じゃあな
(手をひらひらと振る)

>389
あんまりいじめないようにしてくれよ、一応新人なんだし
(見送ったあと、彼も施設に入っていく)

393 :敏腕な技術者:04/04/24 02:29 ID:???
>391
勿論覚悟の上ですわ。

一時的にそちらへの協力者という形で身柄をお貸しするという形ですわ。

…ご存知とは思いますが、彼自体は優秀なパイロットではありますが…
それ以上に、プログラマーとしての腕の方が勝ります。
その為、彼にはこちらの高性能MSのOSに頻繁にかかわっています。
MSの性能、動作原理などを把握している人間でないと制作困難な
OSの製作に。

…彼の戦力より、彼が取り込まれた際、向こうに渡ってしまう可能性のある
データ、技術ノウハウその他の方が危険極まりない…というのが理由の一つ。

そして、彼が…死に急いでいる…ように見えるのが…もうひとつの理由です。
彼のような人材をみすみす死なせるほど愚かでもありませんから。
…特に、混戦後に色々と手をかけて来て私の親族助けるために奮闘してくれる、
信用できる子なら尚更。と言った所です。

…勿論身柄を引き取らずに養成所の教官の方々に
頼んでいただけるだけでも十分ですが…。

394 :噂好きの女伯爵:04/04/24 02:35 ID:???
>393
ふむぅ。

……ま、彼が無茶しないよう、釘は刺しておきますけどぉ。
さすがに首輪つけて繋いでおくわけにはいきませんしね〜。
一応、まかり間違ってもDG討伐に出て行かないよう、養成所に手を回しておきますね〜。

ただ、彼、あれでも養成所にとっては貴重な「防衛戦力」ですから。しょっちゅう問題起こすらしいですけどw
防衛戦については、彼に出てもらっても構いませんよね?

395 :敏腕な技術者:04/04/24 02:53 ID:???
>394
ええ、構いませんわ。…助かりましたわ、伯爵♪

…後、そちらにうちの者が迷惑をかけているみたいですけど…
これでも、私は恩知らずな方じゃないですから、恩には恩で
報いさせて頂きますわ。

今日は有難う御座いました。伯爵♪
綿密な交渉などの事は…後日、御伺い致しますわ。

396 :噂好きの女伯爵:04/04/24 02:59 ID:???
>395
じゃ、ひとまず基本合意ということで♪

あとで、細かいことはウチの部下がそちらに伺いますんで♪
今日はこれで失礼しますね〜♪

(一礼して立ち上がると、二人分の伝票を素早く清算して天馬を出て行く)

……ふぅ。
よ〜やく、収穫って感じですねぇ。
でもまだまだ、一筋縄じゃぁ行きそうにありませんねぇ……。
特にサハク派側、どうしたもんだか……。

(ブツブツつぶやきながら、次の仕事場に向かう)

397 :敏腕な技術者:04/04/24 03:02 ID:???
>396
…ええ。

今後とも、宜しくお願いしますね。
(一礼。…少しして伝票を清算、店を出るとホテルに向け移動を開始する。)

398 :通常の名無しさんの3倍:04/04/24 22:45 ID:???
カラカラカラ・・・・・・
(点滴の支柱を転がしながら、寝巻き姿の男が医務室の廊下を歩いている)

399 :金髪:04/04/24 22:54 ID:???
アイツ、どんな状態なんだ?
(病院の廊下に居る彼女。片腕、いまだ治らず。
…もう片手で回避の居る筈の病室をノック。)
怪我したってのはあの時初めて聞いたが。


400 :通常の名無しさんの3倍:04/04/24 23:00 ID:???
>399
(部屋から返事はない。鍵は開いているようだ)

401 :金髪:04/04/24 23:01 ID:???
>400
返事なし?
(表情がちょっとばかり暗くなる。…カと思われたがそんな事は一切無く)
はいるぞ〜。
(扉を開ける。)

402 :通常の名無しさんの3倍:04/04/24 23:03 ID:???
>401
(部屋の中は無人。着替えやら薬やらは置いてあるので退院したわけではないようだ)

403 :金髪:04/04/24 23:06 ID:???
>402
拉致…?それとも…。
(とりあえずその部屋に入り込んで考え込んでいる。)

404 :回避命の生徒 ◆LLDJDNg/kE :04/04/24 23:11 ID:???
カラカラカラ・・・・・・
(自分の病室前までやってきて)
おや?扉が。
誰かいらっしゃってるんでしょうかねぇ?
(ゆっくりと部屋に入ってくる)

405 :金髪:04/04/24 23:14 ID:???
>404
よっ。
(無事な片腕を軽く上げて挨拶。…表面上は明るい。
心の内面に渦巻くゴタゴタは表情には全くでていない。)


406 :回避命の生徒 ◆LLDJDNg/kE :04/04/24 23:18 ID:???
>405
どうも。

お怪我の方は大丈夫ですか?

407 :金髪:04/04/24 23:21 ID:???
>406
まだ腕は使えそうに無い位には酷いぞ。

そう言うお前はどうなんだ?
(一見元気。…しかし、その内面は…。)

408 :回避命の生徒 ◆LLDJDNg/kE :04/04/24 23:23 ID:???
>407
ならゆっくり休む事ですね。
体だけでなく心も。

こっちは怪我自体は大した事ないですよ。
ちょっと左胸に穴が開きかけただけですから。
こんなの(点滴を指して)つけてるのも長いこと寝てて食事摂れなかったせいですし。

409 :金髪:04/04/24 23:26 ID:???
>408
ああ。…そうか…。

お前に隠し事は出来ないな…ホント。
無闇に暗い顔、見せないように努力してたんだけど…。

410 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/24 23:29 ID:???
(回避命の病室に入り込み)
お〜い、生きてるk
(ドアの方に振り返って出て行こうとする

411 :回避命の生徒 ◆LLDJDNg/kE :04/04/24 23:31 ID:???
>409
もっとも、これがなかったら危なかったらしいんですけどね。
(胸ポケットからテレホンカード大の二枚の金属板を取り出す。
 それは二枚とも中央部に大きな裂け目があった)

あれだけのことがあってまったく気にしていない人がいたら見てみたいですよ。
(苦笑を浮かべる)

>410
逃げる必要はないんじゃないですか?
(流石に追いかけて肩を掴むまでは出来ない)

412 :色黒の生徒&長髪の女生徒:04/04/24 23:34 ID:???
「それにしても珍しいですね、貴方がこんな所に」
「そういうお前こそ、別にアイツと親しい訳じゃ無ぇだろ?」
「別に良いじゃないですか…親しくなくても、
 お友達のお見舞いには行く物ですよ」
「ハイハイ…わぁ〜りましたよ………
 …ぁ〜ぁ…面倒な奴と一緒になっちまったなぁ………」
「…何か言いましたか?」
「イヤ、俺は何も」
(見舞いに来たのだが、偶然一緒になったらしい。
 そして回避命の病室前に到着、>410を見つける)
「「????」」
(そ〜っとドアの奥を見る………)


「「………(コクリ」」

(何事も無かったかの様に歩き去った男女が一組。)

413 :金髪:04/04/24 23:34 ID:???
>410
どうした?

>411
その金属板、大事に持っとけよ。きっといいお守りになるからさ。

ま、それはそうだな。

414 :太平洋艦隊本陣:04/04/24 23:35 ID:???
唐突にテレビに砂嵐に変わり、数秒後にちゃんとした画面が写る。
そこは何処かの会議室のような場所であった。
そこに写る人物。
それは前に連邦政府に宣戦布告を行った男。
ビー=E=ラック。
今まで座っていた椅子から立ち上がり
彼は声高らかに言葉を紡ぐ。

「前の宣言から幾たびの時が過ぎただろうか。
 だが、今もってしてもジャブロー本部より明確な返答は・・・・・・ない!!
 これはいかなる事か。
 答えは一つ。
 連邦の土竜共は、己の保身のみを考え何もしてこないのだ。
 我等は、人質を取ったりや核での攻撃の構えがあると嘯いた。
 だが、何もしてこない。
 彼等には、己以外の事など二の次でしかない。
 その為に、どれほどのかけがえの無い命が失われていっただろうか。
 それは、敵味方含めてである。
 このような行為、許されるべきでは無い!!」

415 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/24 23:43 ID:???
>411
(チ、と舌打ちしながら振り向いて)
こっちが気を使ってるんだ、素直に受け取れよ
(ハァ、とため息一つ
 なぜか腰には小太刀が一本挿してあったり)

>413
ああ、見舞いだよコイツの(回避命を親指で指す)
……つうかお前ら……2人そろって鈍いなぁ…
(苦笑……って
 お前には言われたくないと思う、全体的に)

416 :回避命の生徒 ◆LLDJDNg/kE :04/04/24 23:46 ID:???
>412
ん・・・?今誰か・・・?

>413
元々そのつもりで持ってたんですけどね。
まさかここまで効果覿面とは・・・。

>415
気を遣う?
何でまた・・・?

ところで、その腰の得物は?

417 :金髪:04/04/24 23:47 ID:???
>415
何の話だ?

>414
…又か…。
(溜息。)

418 :若い企業重役:04/04/24 23:48 ID:???
>414
演説から初めて、宣戦布告かぁ……ん、立派立派。
僕も頑張らないとね♪
(手元のパネルで確認している)

419 :太平洋艦隊本陣:04/04/24 23:49 ID:???
「奴等を既に、土竜と呼ぶのも穢らわしい。
 奴らは、この星に。いや、この世界に巣食う害虫でしかない。
 今この時より、この害虫の駆除の開始を宣言する。
 繰り返す、これは戦争ではなく害虫の駆除だ。
 さぁ、集え。勇士達よ。
 我等の手により、害虫に蝕まれたこの世界を蘇させるのだ。
 総員。状況を開始せよっ!!」
(そして、右手を上に抱え、そのまま勢い良く、下に振り下ろす。
 すると画面が変わり、かなり遠くからの映像だが、
 ジャブローにビームの光が降りてくる。
 その光が一つの戦いの幕開けであった。
 そして、画面の下の方に字幕がでる。
 戦争の状況などなどを知らせるために、新しい放送局の開設をしたという事と
 その放送の周波数が表示されていた)



420 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/04/24 23:50 ID:???
(何時の間にか、病室の入り口に立ってる入院患者が一人)

…この光景も、久しく見ていなかった気がするな。
(…入院患者が見舞い…ってのは無い訳で…………
 偶然通りかかったらしい、何時の間にか。)

421 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/24 23:58 ID:???
>414
……何考えてやがる

>416
いやいい、独り言だ、気にすんな
ん、これか?
(腰のものを鞘ごと抜く)
俺の刀、まぁ茶髪からのもらいものだけどな
本当はちゃんとした太刀をもらったんだけど、ちょっと思うところあってこっちに変えてもらったんだ

>417
お前とコイツにはわかんねぇ話だ
……お前ら、付き合ってからどれくらい経つと思ってるんだ?

>419
また、でかい戦争が始まるのか
(彼の“感覚”がざわつく
 まるで何かが起こるのを予見しているかのように)




422 :金髪:04/04/25 00:01 ID:???
>416
そのつもり…って?

>421
どういう意味だ?
…少なくとも一年近くは経ってる筈だぞ。

423 :インド・ラサ:04/04/25 00:01 ID:???
(ブルーアース軍統合司令部)
 
ジャミトフ
「太平洋艦隊の子せがれが・・・・・・・動いたか」
参謀
「・・・・・・すでに2個機動部隊の編成は終了。現在、グリーンノアにて
待機中であります」
ジャミトフ
「恩を売る好機・・・・・・逃すわけにはいくまいよ?
 奴らが動き次第・・・・・・出撃を命じるのだ。
 ジャブローを完全に取り込めば、大西洋の軍事バランスは
我々に大きく傾くのだからな。
 ・・・・・・あれの準備は」
参謀
「整っております」
ジャミトフ
「よし・・・・・・」

424 :回避命の生徒 ◆LLDJDNg/kE :04/04/25 00:02 ID:???
>414>419
どこもかしこも戦争戦争・・・。
(暫しの沈黙の後、いつもとは違う口調で小さくぼやく)
愚か者が。

>421
へ〜〜、それはそれは。
太刀ではなく小太刀を?
まぁその方が取り回しはいいかもしれませんね。

>422
そもそもこれってAMRGLとウェンディーンの装甲板の一部なんですよ。
お別れの時にもらっておいたんです。

425 :退役者軍基地:04/04/25 00:03 ID:???
>414,419

リーク「けっ、戦争の好きな奴らだぜ・・・」

ローグ「闘争本能剥き出し、と言った所か・・・屁理屈をつけて戦争する奴の典型パターンだな」

426 :お調子者の女中尉:04/04/25 00:03 ID:???
>419
(包帯を巻いて、松葉杖を付いた状態でロビーへと足を運ぶ。)

…………動………いた………。

(テレビに見入っている怪我人が一人、ロビーのソファーに腰掛ける事も忘れ、
 立ち尽くしている。)

427 :メイファ:04/04/25 00:05 ID:???
(ニュージーランドのホテルの一室で演説を見ている)
 ・・・・・・
 駆除?太平洋艦隊の戦力で、腐敗しているとはいえ・・・・・・
 それなりに強大な戦力をもつジャブローをたたききれるとは・・・・・・
思えない。
 ・・・・・・ベガトンクラスの核・・・・・・?
 ・・・・・・
 何にしても・・・・・・
 静観するよりほか・・・・・・ないか。
(つぶやく)

428 :金髪:04/04/25 00:09 ID:???
>424
…っ!
(その言葉を聞き、表情が一気に思いっきり暗くなる。)

429 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/25 00:11 ID:???
>422
そうだったらもっとこう絆が……いや、むしろ一年も経ったからか?
(首をひねりながら)
ダメダ、経験無いからわかんねぇ

>424
それもあるんだが
(腰に刀を戻しながら)
俺にはこういうのがちょうどいいと思ってよ
(そしてゆっくりと抜刀、其の刀身は潰されている)
刃引きしてもらった、こっちのが俺らしいだろ?
(納刀する)

そういえば新しいMSに乗るって話だけど?


430 :回避命の生徒 ◆LLDJDNg/kE :04/04/25 00:16 ID:???
>428

どうしました?

>429
刃のない刀、ですか。
確かにらしいですね。
でもいざって時に不便じゃないですか?

新しいMS・・・ですか。
ええ。
シェイド教官からトールギスWを頂きまして、
ウェンディーンの装備を移殖したものが・・・。

431 :橙目の新入り:04/04/25 00:20 ID:???
なんでこういいタイミングでくるのかなぁ・・・
ビデオ録画してたのに・・・
もうすぐそんなことどうでもよくなりそうだけど・・・
(ぶつくさ言いながら>421,428,429,430達の辺りをうろつく)

432 :金髪:04/04/25 00:21 ID:???
>429
出来てるさ…。…戦友としての色合い…強いけど…。
(間違いなく間違ってます。全面的に。…口調がいきなり沈んできたが。)

>430
…何でもない…。
(辛そうな顔を見せてから…耐えかねて去っていってしまう。
単に、彼の言う愚か者…に、彼女の父親も含まれていると誤解したため
居たたまれなくなったのかは…定かではない。)

433 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :04/04/25 00:24 ID:???

…………………………(邪魔するのも、野暮という物か…)
(そのまま、何も言わずに去ったのが一人。)

434 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/25 00:26 ID:???
>430
まぁ…そうそう斬る機会なんてないし、守るだけならコレで十分だろ
しかしトールギスWか……懐かしいMSだな
で、使いこなせそうか?

>431
ん、アレは確か…
おい、こんなところで何してるんだ新人?

>432
……あのバカは
(舌打ちしながら、去っていく金髪を睨みつける)

435 :回避命の生徒 ◆LLDJDNg/kE :04/04/25 00:28 ID:???
>431
おや?
あれは・・・?

>432
だからその台詞を言う時はおもいっきり何か有る時だと・・・。

はぁ(嘆息)

>434
そうかもしれませんね。

スペックは大分落としてありますけど・・・重量バランスが実にユニークでして。
振り回されっぱなしです。

436 :橙目の新入り:04/04/25 00:30 ID:???
>434
あ、どうも
ちょっと友人の付き添いで・・・

437 :敏腕な技術者:04/04/25 00:34 ID:???
(NZのホテルの一室…。ジャブロー動乱の演説をテレビで見て、呟く。)
よりによってあのコが行方不明になったらしいジャブローで・・ねぇ。
大丈夫だといいけれど。


438 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/25 00:35 ID:???
>435
お前なりに調整してあるのか……それでもウェンディーン以上の代物だろ?
バランスが悪いって言うと…さしずめバックパックが重いってトコロか

>436
おお、もう友達できたのか、よかったな
(親指で回避命を指し)
コイツは俺のダチの【回避命の生徒】ショウ・マツシタ
最近までこっちに居なかったんだけど、一応ここの生徒だ

……そういえば、俺名乗ってたっけ?

439 :回避命の生徒 ◆LLDJDNg/kE :04/04/25 00:39 ID:???
>436
初めまして。
ご紹介に預かりました回避命の生徒、ショウ・マツシタです。
どうぞよろしく。

>438
まぁ、そうなんですけどね。
ご名答。
バックパックが本体の4〜5倍もの重量です。
トールギスって軽すぎなんですよ・・・。

440 :橙目の新入り:04/04/25 00:40 ID:???
>438
はい、おかげさまで・・・

えと、誰でしたっけ?(汗

>439
はい、よろしくお願いします。

441 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/25 00:47 ID:???
>439
そりゃアフターウォーのMSだからな、あの時代のMS軽すぎるんだよ
つうかそんなに重いのか(汗
それこそ飛ぶしかないよなぁ……

>440
ああ、確か顔あわせて…ないか
そういえばあったヤツに話聞いただけだったわ(汗
俺は【メガネをかけた生徒】リーディス・S・ラザフォード
よろしく
(握手するために手を差し出す)

442 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/25 00:49 ID:???
>441訂正
アフターウォー→アフターコロニー

443 :橙目の新入り:04/04/25 00:50 ID:???
>441
はい、よろしくお願いします!
(普通に握手をする)

444 :回避命の生徒 ◆LLDJDNg/kE :04/04/25 00:51 ID:???
>440
貴方もパイロット志望で?
それとも他の科ですか?

>441
細かい数値は覚えてませんけど、
全備重量が本体重量の6倍近かったのでそのくらいかと。
でもまぁ、推力が上がって重量が下がったので何とかなるはずです。
ちゃんと乗りこなせれば・・・。

445 :橙目の新入り:04/04/25 00:55 ID:???
>444
一応パイロット志望ですけど・・・
整備もいいかな、と思ってたりしてます。

446 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/25 00:56 ID:???
>443
(握手した後手を離して)
とりあえずMSのOSいじるんだったらアドバイスなりなんなりしてやるよ
どっかのコーディネーターは手ぇ貸してくれないだろうし(苦笑

>444
お前ならちゃんと乗りこなせるだろ
ウェンディーンも相当なモンだったし
伊達や酔狂でOrbまで行って特訓したわけじゃねぇだろ?



447 :回避命の生徒 ◆LLDJDNg/kE :04/04/25 01:00 ID:???
>445
そうですか。
確かにパイロットでも整備の腕は必要ですからねぇ。
私もまだまだ勉強しないといけませんが。

>446
実戦ではまだ使った事がないのでなんとも・・・。
確かに特訓はしましたが・・・コーチの一人が機体とFALSEを・・・。




はぁ(大きな溜息)

448 :橙目の新入り:04/04/25 01:06 ID:???
>446
あ、はい!その時はよろしくお願いします!
・・・コーディネーター、ですか・・・ここにはいろんな人が居るんですね・・・

>447
そうですよね。
やっぱり、パイロット志望でもある程度整備の知識が必要ですよね。

449 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/25 01:09 ID:???
>447
ま、ソン時はソン時…


って、無いのかよ!?
最近こっちも騒がしくなってるからな…お前が居ないと困るんだが…

>448
天下の養成所だしな、どんなヤツも取り揃えてるぜ
さっき言ったコーディネーターに、ニュータイプ
女にしか見えない男に、男にしか見えない女…は居ないかな?
同性愛者から子持ちの既婚者、70過ぎの老人から12歳くらいのガキまで
…猫も昔いた気がするな

450 :回避命の生徒 ◆LLDJDNg/kE :04/04/25 01:14 ID:???
>448
操縦以外で特技をもった人も多いですしね。
楽器が弾けたり、プログラム組めたり、格闘技や武術やってたり。
色々出来た方が潰しは利きますしねぇ。

>449
機体の方は『後で送る』といってたのでもうすぐだと思うんですけど、
FALSEの方はちょっと予想できないですね。

とりあえず体治すことに専念します。

451 :橙目の新入り:04/04/25 01:15 ID:???
>449
猫?!猫も居たんですか?!
・・・・なんだか不安になってきた・・・

452 :赤毛:04/04/25 01:16 ID:???
(入ってくる)
>447
 おひさしぶりでーすセンパーイ。
きんぱっちゃんの入院癖が移ったって聞いたんであそびにきましたー
ノシ
>448
 ん?見かけない顔ねー。
 こんにちわー(顔を覗き込む)
>449
 おーす。
 新人に教育ちゅうってとこかしら。
 先輩風ふかせまくりねー(苦笑)

453 :橙目の新入り:04/04/25 01:18 ID:???
>450
へぇ〜。いろんな人が居るんですねぇ。

>452
あ、初めまして。(お辞儀)

454 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/25 01:21 ID:???
>450
てことは問題なしか、そういえば怪我してるモンな
どこかのバカみたく無茶するなよ…お前は生身なんだからさ

……まぁ、俺は別だけどよ
(苦笑しながらポツリと呟く)

>451
心配すんなよ、ここの教官の腕は確かだ
……ま、けが人が多いのは気のせいだろ、多分

>452
相変わらずさわがしいな、アンジェリーナ・ロッソ(汗
別に先輩風吹かせてるわけじゃないぜ、養成所の何たるかを教えてるだけさ

455 :金髪:04/04/25 01:22 ID:???
(少し経って…回避の病室に戻ってきた様子。目に涙の筋を拭った跡があるが、
そこそこ立ち直ったようでもある。…サングラスが目立つ。)
>450 >454
…さっきはすまないな。取り乱して。


456 :回避命の生徒 ◆LLDJDNg/kE :04/04/25 01:24 ID:???
>452
お久しぶりです。
・・・いや、別に伝染ったわけじゃ・・・(汗)

>453
そう言うところですから、ここは。

>454
貴方もでしょう?
何かあったら悲しみますよ?あの整備の人。

ああ、そうだ。
ちょっと見てもらいたいものが・・・。
(所持品の入っているバッグを漁りだす)

457 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/25 01:30 ID:???
>455
(鞘ごと小太刀を抜いて、頭を小突く)
変わんねぇな、お前は
相変わらず何でも背負い込みやがって…

>456
いや、そういうことじゃない
俺は半分生身じゃないってことだ……
(黒い手袋に包まれた右拳を突き出し)
37%強、今の“感染率”ってところだな
(苦笑しながら手を下げる)

ん、なんだ?


458 :墜落した何か:04/04/25 01:32 ID:???
そして、滑走路の方角から上がる火柱と煙、爆発音、外を吹き抜ける熱風。
いたって養成所らしい所業だ。

459 :赤毛:04/04/25 01:32 ID:???
>453
 はじめまして♪あたしは、アンジェリーナ・ロッソ。
 いちおー、先輩ってことになるかな?よろしくね♪
(握手を求める女)
>454
 んー、最初が肝心とばかりに新人〆てるわけじゃないわけね?
 
 ってゆーか騒がしいってどーゆー意味よ!せめてこー陽気とか
朗らかとか言い様ってもんがあるんじゃないのですわけー!?
>455
 ひっさー・・・・・・・・

 ・・・・・・ていっ
(金髪の両ほほをつまんで上上下下左右)
>456
 登場そうそうむ茶して大怪我ってあたり酷似というか似たもの夫婦?
 んー・・・・・・・愛ねえ(違う)

460 :橙目の新入り:04/04/25 01:35 ID:???
>454
は、はぁ・・・・

>456
そういうところなんですか・・・

>459
はい、よろしくお願いします。(答えるように握手をする)

461 :金髪○:04/04/25 01:35 ID:???
>457
まぁな。
(意外なまでにあっさり。)

>459
え?…え?え?
(抵抗しようとするが…あ。グラサン飛んだ。…あ。目が覚醒してる?)




462 :回避命の生徒 ◆LLDJDNg/kE :04/04/25 01:38 ID:???
>455
(サングラスに一度目をやって)
・・・。

大丈夫、なんですか?

>456
あ〜あったあった。
(ディスクを取り出したところで)
>37%
・・・大分、進行してますね。
あまり無茶をなされない方が・・・。

>459
いや、あれは相手が悪かったというか、
突っかかっていったのが大間違いだったというか・・・。

>460
あまり悩むと体によくないですよ。
納得しちゃった方が楽です。

>458

なんでしょう?


463 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/25 01:44 ID:???
>458
……?
敵意は感じないから事故だとは思うけど…
(窓から滑走路を覗く)

>459
人ソレを騒がしいという(ニヤ
まぁ、お前が陽気で助かってるやつも居るだろうしな

>460
あんまり気にするな、とにかく教官は腕がいいってことだけ覚えとけ
喧嘩なんて売るなよ、たまに居るからな

>461
ちったぁ変わる努力しやがれっての
(刀を納める)

>462
無茶ならいつもやってるさ、もう遅い
(苦笑しながらディスクを見て)
ん、なんだそれ?

464 :金髪○:04/04/25 01:46 ID:???
>462
大丈夫さ。今は。
(いつもの強がりの意味合いとは少し違う印象を受ける。)

>463
それもそうだな。

465 :赤毛:04/04/25 01:47 ID:???
>460
 よろ♪
 そーいえば、名前と腕と年齢とかいろいろ全部聞いてなかったわね。 
(この場で聞くのか)
>461
 ・・・・・・まーーーーーーーーーったく。
 ネクラ特訓にでもいって来たわけ?態度も目もなんてゆーか死亡後4日目の
サバみたいよ?(じとん)
>462
 つまり無謀だったとゆーことを認めるわけね?

 さすがカップル(脳内確定)

466 :墜落した何か:04/04/25 01:48 ID:???
「消化剤散布ぅー!」
「わーわー」

見えるのは、燃えている深緑色のドップ戦闘機。
いつものように、それが墜落しただけだったようだ。


467 :金髪○:04/04/25 01:50 ID:???
>465
この腕でどうやって特訓できるって言うんだ?
(ちなみに片腕、つかえません。何処をどう見ても。)
大体、死亡四日目の鯖の目なんてどうしてお前が知ってるんだ?
(論点そらしてます。堂々。)

468 :集団戦教官:04/04/25 01:51 ID:???
>466
 おー落ちてる落ちてる。
 萌えてる萌えてる。
(ながめつつ)
 消火作業、いそいどけー。
(やるきなさげ)

469 :橙目の新入り:04/04/25 01:52 ID:???
>462,463
あまり考えない事にしておきます・・・

>465
名前は、キリー・キルです。歳は・・・17です。

腕・・・・ですか・・・・まだ良く分かりません・・・・

>467
はじめまして・・・・(今気がついた(ぇ)

470 :回避命の生徒 ◆LLDJDNg/kE :04/04/25 01:52 ID:???
>463
はぁ・・・ま、そりゃそうですけど。

これは・・・、
AA級で九天さん――忍者さんでしたか?――から頂いた物なんですが、
どうも強力なプロテクトが掛かっているらしくてどうしたものかと思っていたんですよ。
解析を頼んでもいいですか?

>464
まぁ、いいです。

>465
無謀というよりは考えなしですね。
大気圏突入したばかりでSFSは燃料切れ間近、
機体は不慣れなFAタイプ、
おまけにドールズという強力無比な『一応の』味方もいたわけですし、
仕掛けるだけ無駄だったんですよねぇ。
ただどうしても放っては置けなくて・・・。
教官殿達が倒したはずの『神父』・・・心が拒否してしまうんですよね、ああいう輩は。

471 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/25 01:53 ID:???
(なにやら神妙な顔つきで皆の居る病室を通り過ぎる。
 …………あ、後ろ歩きで戻ってきましたね?)

あれ、何か随分と大集合チック?
…………なるほど、回避君の病室か〜


なんでこう、ウチの子達は病室に同じタイミングで集まるのかなぁ?(;´ー`)

472 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/25 01:57 ID:???
>464
そういうことだ、何度もいわせるなよ?

>470
解析か…別に構わないぜ
でも俺に任せてもいいのか?
(ディスクを受け取る)

>471
んあ? 教官じゃないですか?

473 :赤毛:04/04/25 01:58 ID:???
>467
 そりゃね。
 料理出してる店でバイトしてれば、なんかバイト君Aがうっかり
捨て忘れた黄色いサバの一匹や二匹や10匹や思い出させないで(切実)

 ってゆーか。何日も何日も居なくなったと思えば。
 んで、久しぶりに会ったと思えばなんでこーダークネスムードが
満タンなわけよといいたくなるじゃない一応親友としては!
 なに?あれ?
 
 生理?
>469
 17?(あたしより年下くんかぁ。んー・・・・・・どうなのかな?
 なーんかこー元気がないわねー)

 ま、モビルスーツの操縦にはあんまり慣れてないってわけね。
 心配しなくてもまぁここの教官さんたちはだいたいエースレベルどころか
人間やめてる人ばっかだし、教え方も上手いからすーぐ強くなるわよ。
 ザク(改造機だけど)でギラ・ドーガをばったばった、なんて先輩も
居たわねー。
 取った異名が「格納庫のミノムシ」「超絶無敵馬鹿」「THE・勘違い」
・・・・・・・・ぁれ?

474 :金髪○:04/04/25 02:01 ID:???
>469
あ、こちらこそ・・。
(微妙に不意を突かれた感じでちょっと焦ったようだ。)

>471
偶然だろ?きっと。
(それにしては頻繁である。)

>472
そうだな、考えとくよ。

>473
うわぁ……。

色々と有ったからさ。旅先で。
積もる話は後で話すけど。

アレって何のことだ?

475 :回避命の生徒 ◆LLDJDNg/kE :04/04/25 02:01 ID:???
>469
有りのままを受け入れるようにした方がいいですね。

>471
お久しぶりです、教官殿。

>472
中身がなんなのか、何で渡されたのかさえ謎なんですよ。
ウイルスとかじゃないと思うんですが・・・。

貴方だから頼んでいるんです。

476 :ファンネル同伴の少女:04/04/25 02:04 ID:???
>473
あの先輩、苦手なのよね。
(何故か、手には人数分の天馬のパフェ各種)
>474
お土産もってきたわよー。
(苺パフェをずいっと差し出す)

477 :赤毛:04/04/25 02:05 ID:???
>470
 んーーーーーーーー。

 ・・・・・・あったま、痛いわよね。
 ・・・・・・しかもあの暴れっぷり・・・・・・
 あたしの馬鹿妹とタッグ組んできたら悪夢よね。
 
 っていうか。不慣れで燃料切れ寸前、しかも大気圏突入で機体がたがたで
つっかかり?
 
 気持ちはわかるけど・・・・・・無茶っていうか無謀ですらないあたり・・・・・・
その・・・・・ええと・・・・・・相方の方を一段・・・・・・上回って・・・・・・
いる・・・・・よぉな・・・・・・(失礼にもほどがあるぞ・・・・外の人・・・)

>471
 んー。
 風水がいいのかも。この病院。砲弾とかMSとか人とかなんでもかんでも寄ってくるしー。
そういうアズも来てるじゃない〜♪

 あ、キル君。
 彼が、アズフィート・クラウン教官。まー平たく言って養成所トップクラスの
実力をもってる教官よ。
(紹介)

478 :橙目の新入り:04/04/25 02:06 ID:???
>473
Σ(;゚д゚)
ザクでギラドーガを・・・かなりの腕がないとできませんね・・・
私もそれくらい操縦が上手くなれるよう努力しますね!

>471
あ、はじめまして。新しく入った、キリーといいます。
よろしくお願いします。

>475
そうですよね、色々考えててもややこしくなるだけだし・・・

>477
そうなんですか・・・凄い人なんですね・・・

479 :金髪○:04/04/25 02:07 ID:???
>476
あ、ありがと。
(受け取って。)

>478
(キリーか…。面白い名前だな。)

480 :赤毛:04/04/25 02:08 ID:???
>474
 っていうか。二度言わす?(苦笑微汗赤面)
>476
 ありえないわよね〜・・・・・・(うなずく)
 あ、差し入れありがと。
 
 なんか、新入生君きてるわよ。
(キルの方を指差す。いいから名前で呼べよ)

481 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/25 02:10 ID:???
>474
むぅ……まぁお前次第だからいいけどな

>475
分かった、そこまで言われちゃ安いプライドが動くってモンだ
全力で解析させてもらうぜ、フェンリルもしばらく修復だしな

>476
っていつの間に!
(驚いていきなり下がる)

>478
………
(赤毛に)
お前其の言い方は御幣あるぞ
ありゃザクであってザクを超えてる

482 :回避命の生徒 ◆LLDJDNg/kE :04/04/25 02:10 ID:???
>476
こんにちは。

なんだか賑やかになってきましたね。

>477
悪夢ですねぇ。

ま、今回に限ってはそうかもしれませんね。
(さらっと笑顔で流す)

483 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/25 02:12 ID:???
>472
へぁ、教官ですよ?

>474
偶然なのかな?
どうも上級生一味の誰かが入院すると、
必ず瞬間最大人口密度が凄い事になるような…………

>475
ん、おかえり。今回の旅はどうだった?

>476
あ、僕コレで。
(ノータイムで抹茶パフェを選ぶ人)

>477
いや、まぁ、それはそうなんだけど。

(一体何人が気づいて居るのだろうか。
 彼は「この病室」には偶然でやってきたことを。──つまり、病院の他の場所へ既に来ていた事を)

>478
初めまして。赤毛ちゃんから既に紹介されたけど、MSパイロット科のアズフィード・クラウンです。
…………確か、まだ専門分野未定だったっけ?

(そう言って笑顔を見せる男。一見すると年長の生徒にも見えかねない童顔と穏やかな雰囲気。
 「ぽややんな教官」とは、平時であればそう言う人物)

484 :金髪○:04/04/25 02:12 ID:???
>480
冗談さ。
(しかし答えようとはしない。)

ま…目の事は気にしないでくれ。

485 :赤毛:04/04/25 02:12 ID:???
>478
 腕とかそういう問題じゃないけど〜。
 ま、ぶっちゃけ・・・・・・強いわね。 
 いーま何やってるんだろ。
 彼女にフラれたんだかフッたんだかわっかんないんだけど、
いきなりぽっと養成所出ちゃって。
 それからふらーっと戻ってきたりして。
 んー。なんていうか神出鬼没よね。とさかをみたら用心したほうがいいわ。

486 :回避命の生徒 ◆LLDJDNg/kE :04/04/25 02:15 ID:???
>481
お手数だと思いますけどお願いしますね。

>483
色々と大変でしたけど、それ以上に世界中が大変な事になっているようで・・・。
ソーラ・レイ地球に使ったり、Orbで内乱あったり、今なんてジャブローあいてにドンパチ・・・。
どうなってるんでしょうねぇ?

そう言えば教官殿は誰かのお見舞いで?

487 :ファンネル同伴の少女:04/04/25 02:16 ID:???
>480
新入生?
(上から舐めるように>476を見る)
>481
いつも、人は気配を発してると思ってると、後ろから・・・よ。
(自分の分のフルーツパフェを食べながら)
>483
あ、速っ・・・。
(教官の反応速度には、流石についていけなかったらしく
あっというまに抹茶パフェをとられる)

>478 >482
あなたも、食べる?
(余ってるのは、白玉パフェとバニラパフェ、チョコパフェぐらいだ)


488 :橙目の新入り:04/04/25 02:17 ID:???
>476
Σ(゚д゚ノ)ノ

>483
そうなんですよね・・・まだ、決まってないんです。

>485
神出鬼没・・・ですか。
分かりました、とりあえず「とさか」には気をつけておきます。

489 :赤毛:04/04/25 02:19 ID:???
>481
 んー、ザクはザクだけどむしろ斧?
 
 なんか違うわね・・・・・・んーーーーーーーーー

 変態?
>483
 んー。 
 ま、生徒思いのいい教官ってとこよねー。
(穏当というか、当り障りがないというか・・・・・・むしろ、核心を
避けたコメントではある)
>484
 んーーーーーーーー。

 っていうか、眼科いった?
 まぶしくてしょうがなくない?そんな瞳孔あいてると・・・・・・

 まさかシャブ中Σ(´x`;ノ)ノ

490 :橙目の新入り:04/04/25 02:19 ID:???
>487
あ、どうも・・・(チョコパフェを手に取る)

491 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/25 02:20 ID:???
>483
そりゃ教官でしょうとも
ところでここに何しに来たんですか?

>486
お手数かどうかは覗いてみれば分かるさ

>487
何で俺は味方の気配になるとこうも鈍感なんだろうか…
サイコフレームの微妙な影響かねぇ?

>489
変態がいいねぇ、むしろ突然変異か
でも強いのは確か、本当にな

492 :金髪○:04/04/25 02:21 ID:???
>489
何でだ?確かにちょっと眩しいが病気じゃないぞ。

違う!
(怒鳴)

493 :赤毛:04/04/25 02:23 ID:???
>482
 んー・・・・・・
 そーゆー無茶、よくないわよ?
 あんなすっとこ馬鹿と命引き換えじゃ、わりにあわないでしょーに。
(・・・・・なーんかあったのかしら?)
>487
 そ、新入生。
>488
 
 用心したほうがいいわよ〜そうでないと、いつのまにか・・・・・・
 愛機の目が一つになってたり・・・・・・・ビームサーベルの変わりに
ヒートホークがついてたり・・・・・・ビームライフルが120ミリ
マシンガンになってたりするわよ・・・・・・
(ファンネル少女ともどもじー)

494 :回避命の生徒 ◆LLDJDNg/kE :04/04/25 02:23 ID:???
>487
あ〜〜〜食べたいのはやまやまなんですが、
まだ食事制限中でして。
(腕に刺さっている点滴を指しながら)

>491
それもそうですね。
一体何が入っているやら・・・?
何で渡されたのかすら、よく解ってませんし。

>489>491
ザク乗りさんは、本当に強いですからねぇ。
接近戦だけは、したくないですよ。



495 :ファンネル同伴の少女:04/04/25 02:25 ID:???
>489
熱血馬鹿と楽天家の半端なのというか・・・。

    斧に命かけてる馬鹿。
     (言い切るのかよ)
>491
味方だからじゃないわ。
私、気配の消し方もある程度叩き込まれたから、無意識にやっちゃうのよ。
>494
そう、大変ね。
後で、誰かにあげるとするわ。

496 :茶髪@モノクル:04/04/25 02:25 ID:???
(目にモノクルを装備してぽややんな教官の後ろにて待機している様子。
…手に小型のキー入力用の端末を握り、色々と入力している。)

497 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/25 02:28 ID:???
>486
そうだね〜
さり気なくAEMA再生委員会もウチに来たりして動いてるし。
まさに時代はうつろう泡沫のごとし…………って感じ?

僕?あぁ、僕はちょっと、ね。
ほら、「養成所」の教官やってるとどうしてもイロイロと、さ。

>487
(スプーンをタクトの様に揺らしつつ)
争奪戦は反応速度が明暗を分けるよ。
この面子だと、抹茶パフェに関しては安泰かもしれないけどね。

>488
焦ることは無いよ。入学する前から専門分野を絞って学ぶ子も居れば
教養を埋めて初めてどうするか悩む
「何しに来たのかと小一時間問い詰めて差し上げる会」
に呼び出される様な子も居るんだからさ(苦笑)

まずは君がどうしたいか。それを、見つけないとね?

>489
他の一般生徒は間違いなく僕を
「生徒思い」とは認識してないだろうね。
もしくは「極限定生徒想い」かも知れないけどー( ゚Д゚)

>491
いや、こう病院を出ようとしたらね?
偶然通った病室の中から聞き覚えある声しかしないものだから。
「もしやまさか」と思って覗いたらこの状況。
うん、あそこで足を引き返したのがターニングポイントだったね。

>496
(…………気づいてない)

498 :回避命の生徒 ◆LLDJDNg/kE :04/04/25 02:30 ID:???
>493
死ぬ気はさらさら無いんですけどねぇ。
どうもあの狂信者連中相手だとアスクィールの方が強く出てしまうようで、
『ゆるせんぶっ潰す』ってなっちゃうんですよ。
いやぁまいったまいった。

>495
はい、残念ですが・・・。
(本当に残念そうにパフェを見つめる甘党な男)

>497
再生委員会・・・?
なんでしたっけそれ?
(どうもその辺の情報が上手く入っていなかったらしい)

はぁ、お疲れ様です。

499 :金髪○:04/04/25 02:31 ID:???
>483
言われて見れば…。酷い時は狭い病室に10人近くだからな。

>497
え?実際、生徒思いなんじゃないか?
それだけにかなり厳しい所が有るけどな。

500 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/25 02:31 ID:???
>494
まさかウィルスは入ってないと思うが…なんかの資料だろ

ああヤツは強いよ、悔しいけどな
接近戦じゃアイツに勝てるやつはそうは居ない、無論俺もな

>495
そういえば前もこんなことがあったような…
意識的に現れる時は気配消さないようにしてくれると助かるんだが

>496
ん?
何やってんだ?

>497
へぇ、じゃあ別にかんぐるような理由は無いんですね
ってAEMA?

501 :橙目の新入り:04/04/25 02:31 ID:???
>493
((((;゚д゚))))ガクガクブルブル

>497
・・・そうですね。まずは、やりたい事ですよね。


・・そろそろ、友達のお見舞いが終わる頃なので、失礼させていただきます。
>495さん、チョコパフェ、ありがとうございました。おいしかったです。

502 :赤毛:04/04/25 02:34 ID:???
>491
 そういえば、一度もガチでやったことないわね。
 今じゃ勝てる気しないけど〔苦笑)
>492
 ギャグにそんなに怒んないの。 
 ま、湿気てるよりはキレてるほうがまだまし。
 ちーとはしゃきっとしなさいしゃきっとぉ。
>494
 そーゆー先輩もねー。
 気合が乗ると弾当たらないしあたったらあたったで倍返しがくるしー。
 しゃれにならないぶりでは大差ないわよねー(きっぱり)
>495
 うん。こう・・・・・・・
 無敵よね。魂だけは。
>496
ノシ
>497
 ・・・・・・ 
 いきなりそういうことを自分でいわない(にこやかにほほをぐにーとつねる)
 
 厳しさもやさしさのうち。違うわけ?

503 :茶髪@モノクル:04/04/25 02:35 ID:???
>500
決戦に備えて戦術に関する勉強。…かな。
(背後で彼の予想の正逆を行く動きが有ったとも知らずに
「出られる」ことを前提に話している。)

504 :ふくかん:04/04/25 02:35 ID:???
 どもー


(ひょっこりと病室に)
>501

 あー、新人さんですか。

505 :元マザバン専属医者:04/04/25 02:37 ID:???
貴方たち、そんなに病人の部屋に押しかけては駄目ですよ。
定期検診なんですから、少し静かに話してくださいね。

ほら、手出して。
(病室に入ってくる)

506 :ファンネル同伴の少女:04/04/25 02:37 ID:???
>500
無意識でやっちゃうんだから、無理よ。
>501
ノシ
>502
ああいうのって、大概ころっと倒れるのよね。
無様に戦場以外で。

507 :金髪○:04/04/25 02:40 ID:???
>502
ああ、心がけるよ。
(ちょっとは楽になったようで。先程よりはちょっとだけしっかりしてる。)

508 :赤毛:04/04/25 02:41 ID:???
>504
 フミちゃんまで・・・・・・
 ・・・・・・何事?(首ひねり)
>506
 あ、あははははは・・・・・・・

 ありそうすぎて笑えないわよ、それ・・・・・・

509 :回避命の生徒 ◆LLDJDNg/kE :04/04/25 02:41 ID:???
>500
『開けられるもんなら開けてみな』って感じでしたからねぇ。
何か重要なものがあるんでしょうけど。

この先、実際やりあう事になったりするんでしょうねぇ・・・。
あまり考えたくないですけど。

>501
はい。
それではまた。

>502
まぁ、避ける事に関しては負けたくないので。
それでもいいのもらうと一気に危なくなりますし。
ロッソさんもなかなかやるじゃないですか。

>505
あ、はい。
お願いします。
(腕を差し出す)

510 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/25 02:43 ID:???
>498 >500
うん、「AEMA再生委員会」。
ちょっと前に、フレッドの演説がニュースでも取り沙汰されてたし、知ってるでしょ?
彼らの特使が「養成所との対談と交渉を申し込みたい」ってつい先日ご到着。
今は、養成所の偉い人とかの調節が付かなくて手持ち無沙汰にお客人してるみたいだね。

>499
むぅ〜、僕は単にこう、ほらなんて言うの?

海兵隊式罵り手帳を見てる様で実は自前の罵詈雑言を浴びせてほくそ笑んでるような。

そんなノリのつもりなんだけど。もしかして、自分で思ってるより僕って善人?

>501
お疲れさん〜
焦る事は無いからね〜

>502
うにー( )´Д`( )<いやでも、ほら、客観性ってのは何時でも重要だし。むしろ養成所チャンネル。

えーと、自分としては(↑)の様な認識で、誠意指導鞭撻罵詈雑言であります!

>503
あれ、居たの?(;゚Д゚)

511 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/25 02:44 ID:???
>501
おう、じゃな
(軽く手を振って見送る)

>502
俺は……ガチは昔一回やったきりだな、確か
そのときは相打ちまで持ち込んだんだが……2度目は無いと思う

>503
相変わらず……まぁいいや
根詰めるなよ?

>504
ん、教官
らしいですよ、名前はキリー、17だったかな?

>505
あ、スイマセン
って俺が悪いわけでもないんだけど

>506
だからソレを意識してやれってくれと(汗

>509
面白いこと言ってくれるじゃねぇか…OK,火がついた
それに実際やりあう事になってもやることは一緒だ、違うか?

>510
ああ、そういえば……ハハ、まじめに見てねぇや(遠い目)
てことはまさか…AEMAの連中が来てるってことですか?


512 :元マザバン専属医者:04/04/25 02:46 ID:???
>509
……はい、異常なし。
心音も異常なし。
安静にしてれば直ぐに出られますからね。
(他の場所も素早く済ませて)

513 :金髪○:04/04/25 02:46 ID:???
>510
…ああ。私が保証する。
(今の彼女の保証にどれだけの信憑性があるのかという問題はさておき、
本気で言ってるようだ。)

514 :回避命の生徒 ◆LLDJDNg/kE :04/04/25 02:48 ID:???
>504
どうもこんにちは。

>511
根を詰めすぎないで下さいね?
確かに貴方の言う通りですね。
やれるだけの事をやる、それだけです。

>512
了解いたしました。
ありがとうございます。

>510
ああ、そういえばAEMAで何かゴタゴタが有ったとか。
って来てるんですか!?

515 :茶髪@モノクル:04/04/25 02:49 ID:???
>510
…はい。

一つ教官に聞かなきゃならない事、ありましたから。




516 :ファンネル同伴の少女:04/04/25 02:49 ID:???
>504
(目の前に、残っているパフェを差し出してみる)
>508
それでも、伝説として語り継がれるんだから、無駄に死ぬよりは良いでしょ。

517 :茶髪@モノクル:04/04/25 02:50 ID:???
>511
勿論ね。

無茶して本番で失敗したくは無いし。
(前提そのものが既に崩れているとも知らないゆえの発言である。)

518 :赤毛:04/04/25 02:51 ID:???
>509
 やるというかあたしはまぁその・・・・・・
 あはははははは(遠い目)
 最近華麗にスランプなのよねぇ・・・・・・

 っていうか出番がないの。なぜか。
>511
 やらずにすむならそれがいいし、ま、そんな機会がないだけマシじゃない。
 知ってる人間同士で殺しあうのって、けっこーやなもんよ?
>510
 まぁ・・・・・
 愛をこめているように見せかけてその何というか・・・・・・


 アズ。うそも大事よ。人生。


519 :元マザバン専属医者:04/04/25 02:51 ID:???
>514
「後は……」

(辺りを見回す)

「貴方たち、此処を何処だと思ってるんですか?」

(呆れた顔)

520 :ふくかん:04/04/25 02:54 ID:???
>511
 なるほど〜。
 鍛えがいがありそうですねぇ・・・・・・・(にこやか。・・・・・・悪鬼の笑みと道義である。
地獄のスパルタ教育、その犠牲者がまた一人、増えるのか・・・・・・)

 なーんかアズフィート教官が言っちゃったみたいなのでー。
 とりあえず。来てますです。
 というわけで、AEMAの人たちとは顔見知りのあなたたちに、まぁその、なんですか?
 交渉役というか。接待役をお願いしたいなーなんて思うわけですよいかが?
(にこやかー)


521 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/25 02:55 ID:???
>511
うん。でも今までのAEMAとは区別した方が良いよ。
なにせ、養成所と対話する為に戦艦は防衛ライン上で待機だし。
メンバーは只の移送用ヘリで来てるくらい。

>513
むぅ、意外なり。(゚Д゚)

>514
来てるよ。しかも面白い事に特使団の代表者氏名が
「フレッド・スミス」
だってさ。ただ、目撃談では「眼鏡と微笑みの似合う爽やかな少年だった」らしいんだよね。
ん〜、フレッドど同姓同名の別フレッドなのかなぁ〜

>515
ん、何なに?

>518
大丈夫。そう思ってさっきの発言は嘘で塗り固めて置いたから。
アンジェ、真実は美しければそれで良いんだよ…………(´ー`)

522 :赤毛:04/04/25 02:56 ID:???
>516
 ・・・・・・
(想像)
(・・・・・・)

 ・・・・・・伝説、ね、たしか、に・・・・・(がくぶる。何を想像したのだ)
>519
 紳士淑女の集会場?
>520
 ・・・・・・・はぃ?
 

523 :茶髪@モノクル:04/04/25 02:57 ID:???
>521
DGの件ですけど…前、無理って言われてましたよね?
それに関してですけど…不殺をある意味で捨てた今でも…ですか?


524 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/25 02:58 ID:???
>514
詰めねぇよ、適度に時間見つけてやるさ
やれるだけの事をやる、そう俺の信念の元に、な

>517
アレ? 珍しく素直じゃねぇか

>518
やらずにすむならそれに越したことは無いさ互いのために
…俺は殺し合いなんか最初からやるつもり無いけどな

>519
病室
じゃなくて、お見舞いですよ
まぁ(辺りを見回し)妙に数が多いですけど

>520
あ〜、あんまりいじめないように
ていうかやめた人間に接待やらさんでください(汗
こっちも後ろめたいんですが…

>521
マジデか
…AEMA穏健派ってところですかね?

525 :回避命の生徒 ◆LLDJDNg/kE :04/04/25 03:00 ID:???
>518
そうでしたか。
でもそのうち以前の調子を取り戻せますよ。

>519
病室、ですよね?
(何故そんな事を聞くのかという表情で)

>521
フレッドが・・・眼鏡?
今までコンタクトだったんでしょうか?
(そこが疑問か)

>520
顔見知りって言っても一部でだけですよ?
フレッドとは確かに面識有りますけど。
あ、フレッドがいるならソフィー達訓練所の面々がいる・・・?

>524
言うまでもありませんでしたね。
その信念、貫いてくださいね。
私もできるだけ助力します。

526 :金髪○:04/04/25 03:01 ID:???
>521
私だって成長してるのさ。
(小声で)
艦長。いや、指揮官としての修行も
しっかりしてきたしな。

>523
…。
(辛そうな目で見てる。コイツ、エリカに大体の事情を
聞かされているようだ。)

527 :元マザバン専属医者:04/04/25 03:02 ID:???
>522
「……めっ。ここは病室です」

 頭にハリセンちょっぷ。

>524
「お見舞いにきて、そういう話をするのは感心しませんね?
 他の方にも迷惑なのですから」

>525
「貴方もちゃんと寝なきゃ駄目ですよ。
 医療に対して従順なのも、パイロットの義務ですよ?」

 体温計を渡す。

528 :ふくかん:04/04/25 03:07 ID:???
>524
 ま、顔知ってるだけでもずいぶん違いますし。
 それに、AEMAのやり口が気に入らなくてクーデター起こした人たち
ですからー。
 
 それに。 
 なんていうんですかね。
 これもまたAEMAとの戦い、みたいなものでしょう?
 少なくとも―。言葉じゃだれも死なずにすみますよー?
>525
 ソフィー・ベアール委員長は来てないみたいですねぇ。
 ま、恐慌・・・・・じゃなくて旧交を温めてくださいな。

529 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/25 03:09 ID:???
>523
無理。(CPUキャッシュよりも速い即答)

>524
まぁ、そんな所?
ちょっと前の核ミサイル迎撃作戦。
あれも蜂起前の再生委員会が動いたお陰らしいよ?
(自分がパイプ役をしたくせにしれっと言う)

>525
いや、「微笑みの似合う」って辺りで別人に1コーラ。
僕の知ってるフレッドは、そんな評価が下るほど微笑まない。
って言うか僕は一度もそんな顔見てないし。
まぁ、フレッドの知り合いは大体が再生委員会に渡ったらしいから知ってる顔も居るかもね?

530 :赤毛:04/04/25 03:10 ID:???
>529
 微笑の・・・・・似合う?



 



 キモーイ(ぼそ)アリエナーイ

531 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/25 03:10 ID:???
>525
(刀の柄を軽く叩き)
貫くさ、こいつにも誓った
力を貸してくれるなら助かるぜ
……答えへの道は遠いからな

>527
そんなコト言われてもね(汗
増えたのは仕方ないというかなんと言うか…

>528
言葉じゃ誰も死なない…か
そこまで言われちゃ、ねぇ?

>529
…そうだったのか…って
教官、アンタ何か隠してないか?

532 :茶髪:04/04/25 03:11 ID:???
>529
理由を窺えますか?
(即、聞く。)

533 :回避命の生徒 ◆LLDJDNg/kE :04/04/25 03:14 ID:???
>527
確かに貴方の言う通りですね。

>528
そうですか。
となると後は誰が・・・?

ただ、現状がコレ(入院状態)なので今すぐにってわけには・・・。
(医師の目も気にしつつ)

>529
それは・・・また。
三日会わざれば・・・って諺もありますし。

>531
どういう形でになるかは解りませんけどね。


534 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/25 03:20 ID:???
>530
それだけじゃ無いよ?
「とても愛想が良くて胸キュンでした」
「優しい笑顔と穏やかな物腰にドキドキーっ☆」
って意見が女子の一部と何故か男子の極少数からもっ!
ぜぇーったい、同姓同名の別人だって!!

>531
なんでさ。
今のやりとりの中で、何を「意図的に」隠せって言うのさ〜?

>532
(ノータイムで腕をクロスさせて)
教官機密秘匿義務違反で僕を解雇させる勇気は有りますか?(゚×゚)

535 :茶髪:04/04/25 03:25 ID:???
>534
…機密?…つまり、どうやっても無理って事ですね。

でも、何故それが機密になるんですか?圧力だとして、
オーブが圧力をかける理由がないですし…何故…。
(問いかけとも独り言とも取れる言い方で言っている。)


536 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :04/04/25 03:26 ID:???
>533
俺もどういう形が助けになるかまだわからねぇ
けどいずれ必要になると思う、そのときは頼むぜ

>534
いや、気のせいだ多分
なんにせよ連中は来てるってことか…

さてと
連中に会うのはいまじゃないんだろ?
じゃあ、俺は部屋に戻るから、安静にしてろよ?
(病室をそのまま出て行く)


537 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/25 03:30 ID:???
>533
いや、それにしたって変わりすぎだよぉ…………(;´−`)

>535
さぁ?
とりあえず「茶髪君は防衛戦力行き」らしいよ。

>536
(それを見送ってから)
ま、確かに「所々を言ってない」事は重々承知だけどね。


さて、雲行きが僕の周りだけ危険になってきたし、撤退するね〜
(・∀・)ツ

538 :回避命の生徒 ◆LLDJDNg/kE :04/04/25 03:32 ID:???
>536
ええ、全力で行かせてもらいます。
ではまた〜〜。

>537
ま、会ってみれば解りますよ。
お疲れ様です。

ふぁ・・・。
眠くなってきましたね。
お先に失礼します。
(布団にもぐりこんで寝に入る)

539 :茶髪:04/04/25 03:33 ID:???
>537
そうですか。
(何故か前回のように、強くは喰い下がらない。)
じゃあ、その代わりにちょっとだけ頼みごとをしていいですか?
(ついていこうとしつつ。)

540 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/25 03:39 ID:???
>539
言うだけならタダ。その結果の全ては自己責任。
変な期待はしないように。只でさえ、最近は忙しいんだからー
(病院の廊下を歩きつつ)

541 :茶髪:04/04/25 03:46 ID:???
>540
(明らかに…自分が行けないことの悔しさを堪えて、耐えながら言葉を紡いでいる。
表情にまでそれが出てしまっている。)
僕の分も頑張って…出来れば行方不明の彼女を助けてあげて下さい。

それだけです。
(無力さ、悔しさ。そして…プライドもかなり傷ついたようで…相当のショックを
受けているのが一目見てわかる。)

542 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/25 03:48 ID:???
>541
(無言でその頭を一度軽く叩き、帰っていく)

543 :茶髪:04/04/25 03:51 ID:???
>542
…っ。
(別方向より帰っていき…これから30分後より次の朝まで、彼の部屋で
泣いているような音と何かを強く叩く音が聞かれている…。)

544 :ぽややんな教官 ◆NkobservNo :04/04/25 03:59 ID:???
(その帰路。人の居ない道中で。口が生む微風が、何も揺らす事無く散っていく)

…………残り何回まで全力でやれるか分からないけど、
その願いには答えるだけの価値があると思うよ。




その先を、「僕」が見送れなくとも、ね。


545 :籠の外の許婚:04/04/25 13:10 ID:???
……たりー。
AEMAに赤に……うっとぉしなぁ。
(天馬でうだうだしながら緑茶に酒を混ぜて煽っている)

546 :蛙連れ:04/04/25 13:31 ID:???
蛙連れ「えっくち……えっくち!」
(小さいくしゃみをしながらオレンジジュースとチョコレートケーキを食べる蛙連れ。
 小さな取り皿に小さく分けたチョコレートケーキを乗せて
 三匹の蛙に食べさせてやっている)

547 :籠の外の許婚:04/04/25 13:40 ID:???
>546
……ねぇねぇ、いっつも思うとんねんけど、そのカエルって何?
(机にだらけてもたれながら見る)


548 :蛙連れ:04/04/25 13:42 ID:???
>547
ふぇ?
……あー、こいつらですか?
(ケーキにかぶりつく蛙達を指差しながら)
友達ですよー、俺が子供の時からの付き合いですねー。
あははー♪

549 :籠の外の許婚:04/04/25 13:45 ID:???
>548
……なぁ、カエルってそんな長生きやったっけ?

550 :蛙連れ:04/04/25 13:46 ID:???
>549
普通は違いますけどねー♪
何か知らないけど、こいつら長生きなんですよー♪
えーっと、俺が11の頃だから……25年の付き合いですねー

551 :籠の外の許婚:04/04/25 13:49 ID:???
>550
……うーん、うーん…(首を傾げる)

なぁ、ワシァ思うんやけぇどね。
そないに長生きするカエルなんて聞いた事あらへんやんか?
実はすんっっっっっごいカエルなんとちゃうん……?

552 :蛙連れ:04/04/25 13:51 ID:???
>551
凄い……ですかねぇ?

(じーっと、蛙達を眺める。)
確かに凄いと思いますよ、コイツら……
でも、珍しいってわけじゃないんですよねぇ
そこらへんにいるようなアマガエルだし
(一匹掴んで、全身をめっちゃ見る。
 どこからどうみても、普通のアマガエルらしい。)

553 :籠の外の許婚:04/04/25 13:53 ID:???
>552
……ま、まさか妖怪変化の類じゃぁ…。
(じーっとかえるを見る)

554 :蛙連れ:04/04/25 13:57 ID:???
>553
よ、妖怪!?
(蛙の口を開けて胸のポケットに入れていたペンライトをつけ、中を見る……
 いたって普通の状態。
 今度はポケットからメモを取り出して眺める)
んー……普通だよなぁ……
っていうか、妖怪変化の相場っていったら、化け猫とかじゃないんですか?

555 :物静かな教官:04/04/25 13:57 ID:???
>552-553
確かに、風呂に入る蛙というのも
冷静に考えれば普通では考えられんな。
(いきなり蛙連れの背後から現れる。

 というか蛙としては、お前にだけは言われたく無いと思う。

556 :籠の外の許婚:04/04/25 14:03 ID:???
>554
……そ、そうか、きっと研究所を脱走した実験ガエルやっ!
(かえるを見ながら手を叩く)

>555
教官、よぉ考えたらこのカエル絶対おかしいですゃろ?

557 :蛙連れ:04/04/25 14:05 ID:???
>555
で、でもお風呂に入る蛙がいてもおかしくないはずですよー!
犬だって、お風呂入るじゃないですか!
(論点が激しく違う)

>556
な、なんだってー!?
実験蛙だなんて、一体どういう事なんですか?

558 :物静かな教官:04/04/25 14:09 ID:???
>556
確かに、人間の言葉理解する様だしな…
特に何かある訳じゃ無いんだが、気になるな。
>557
蛙は両生類、犬は両生類じゃ無い、比べるのは正しく筋違いだ。
…お前、この蛙達とはどういう経緯で「友達」に?

559 :籠の外の許婚:04/04/25 14:11 ID:???
>557
さ、最初は……状況から整理せぇへんと!
こんカエルどういう経緯で一緒に居るんですか!?

>558
教官やしなんかわかったりせぇへんのですか?
(無茶言うな)

560 :蛙連れ:04/04/25 14:13 ID:???
>558
どういう経緯って……
…俺がまだ子供の頃、です
一人で水辺で遊んでいたら、いつの間にかこいつらいたんですね。
で、気付いたら一緒に暮らしていたんです。
…あんまり、いい思い出は無いですけどね。
(少し、目を伏せて物思いにふけっているらしい)

561 :物静かな教官:04/04/25 14:16 ID:???
>560
ふむ………成程、な。
>559
解っている事は、何も解らん事だけだな。
(蛙に視線を送りつつ)

562 :籠の外の許婚:04/04/25 14:18 ID:???
>560
……そ、そうか!


解らんっ!(駄)

563 :蛙連れ:04/04/25 14:21 ID:???
別に、おかしくはないと思いますよ?
人語を理解するって言っても、ほんの少しだし
長生きするって言っても20余年生きてるだけだし
(それが、おかしい。)
世界には何万匹と蛙がいるんですし、こんな蛙がいてもいいでしょ♪

564 :物静かな教官:04/04/25 14:24 ID:???
>562
やはりそうなるよな…
>563
別に悪いとは言わないさ、俺も嫌いでは無い。

…ただな。
気になるだろ、これは好奇心…ひいては俺のエゴだよ(苦笑

565 :蛙連れ:04/04/25 14:25 ID:???
>564
んー……
(食べ終わって満腹、といった感じの蛙達を見て)
そうだ!他の仲間なら知ってるかもしれませんね……
ちょっと、呼んでみていいですか?
(口笛を思いっきり吹こうとする蛙連れ)

566 :籠の外の許婚:04/04/25 14:29 ID:???
>564
これはミステリー、ですのぉ。

>565
……はい?
(意図を理解しかねる)

567 :物静かな教官:04/04/25 14:31 ID:???
>565
………
(呼んだらどうなるか、店員は隠れてしまった。
 好奇心とこの場へ起こる被害(?)、どちらが重いか…)

…任せる。
>566
(引きつった笑み、参った様な…)

568 :蛙連れ:04/04/25 14:33 ID:???
>566-567
それじゃ、呼びますね♪
(口に指をあてて、特徴的な音の口笛を鳴らす。
 入り口から一斉に蛙、井守がゾロゾロと蛙連れの前に整列)

569 :籠の外の許婚:04/04/25 14:34 ID:???
>567
どぉかしましたん?
(きょとん)

>568
……げぇっ!
(思わず飛びのく)

570 :橙目の新入り:04/04/25 14:35 ID:???
>568
(偶然天馬の近くを通り過ぎた所、大量の両生類の姿に唖然)

571 :物静かな教官:04/04/25 14:39 ID:???
>568
………で、何だって?
(イモリとは会話出来ないらしい(謎 )
>569
「(止めときゃ良かったか…)」
(目で懺悔、今更遅いw)
>570
(店外ゆえ、気づかず)

572 :蛙連れ:04/04/25 14:43 ID:???
蛙連れ「えーっと、ケラ達の事、何か知らないかな?」
両生類「ゲコゲコ……ゲコゲコ……」
蛙連れ「いや、そうじゃなくてさ、んー、何て言えばいいかな?
    そう、出生とか、色々、何でもいいんだ」
両生類「ゲコゲコ……ゲコゲコ……」
蛙連れ「そっか、そうだよな…
    うん、ありがと、もう帰っていいよ」
(ひらひら、と手を振ると再度入り口から出て行く両生類軍団。
 移動した後は……何かネトネトしたものがついていたりw)

>571
んー、やっぱりわからないみたいです
大体がケラ達の後に生まれたヤツらですからね、あいつらは
知らないのも当然といえば当然ですねぇ

573 :橙目の新入り:04/04/25 14:45 ID:???
>572
・・・今の・・・何だったんですか・・・・?
(店外から覗き込むように顔を出す)

574 :籠の外の許婚:04/04/25 14:46 ID:???
>572
きったなぁ……(嫌そうな顔)

結局解らずじまいかぁ。

>573
MMRごっこやがな。ひっく。
(大分酔いが回ってきてる)

575 :物静かな教官:04/04/25 14:49 ID:???
>572
ふむ…やはり解らずじまいか。
(そこで、店員から渡されたのは…雑巾)
……片付けるか。
>573
何と言うかな、此処の名物…俗に言う怪奇現象みたいな物だ。
…ん、見ない顔だな?
>574
残念だったが…仕方ないな。
(雑巾を渡しつつ)

576 :蛙連れ:04/04/25 14:52 ID:???
>573
んー?あ、はじめましてー♪
(へらへらとお辞儀)
こいつらの(蛙を掴んで)事、調べようと思って
お友達呼んだだけだよー?

>574
別に、汚くないですよー。
そんな事言ったらあいつらに失礼です。
(口を膨らませながら怒る。お前は子供か。)

577 :橙目の新入り:04/04/25 14:52 ID:???
>574
MMR・・・ですか・・・
(意味が分からず考え込む)

>575
あ、すいません 新しく入りましたキリー・キルと言います
これからよろしくお願いします

578 :橙目の新入り:04/04/25 14:54 ID:???
>576
はじめまして。
蛙さんとお話ができるんですか・・・凄いですね・・・

579 :蛙連れ:04/04/25 14:55 ID:???
>575
まぁ、謎は謎のままにしておくのがいいでしょう。
(雑巾を自分も持って)
はい、お前達も手伝う手伝う♪
(三匹にも一枚雑巾を渡す。器用にそれで拭きまわる蛙達)
…今度、呼び出す時は屋外のほうがいいかなぁ。

580 :籠の外の許婚:04/04/25 14:55 ID:???
>574
へぇーい……

>576
……ほれ。
(べたべたになった手で触る)

581 :物静かな教官:04/04/25 15:00 ID:???
>577
>578
あぁ、やはり新人か…
宜しく、俺はグレイ、こう見えても一応は教官だ。
蛙とも、少しなら話せるぞ(ニヤリとした微笑を浮かべつつ
>579
まぁそうかも知れんな、いちいち掃除というのも、アレだ。

…ぁ〜…ピアノも大分……(汗
(店の奥に置かれたピアノに付きっ切りになる男一名…)

582 :蛙連れ:04/04/25 15:02 ID:???
>578
あははー、蛙だけじゃないよー。
両生類なら、もう何でも♪
可愛いよねー、蛙とかイモリとかー。

>580
……?
何です?

583 :籠の外の許婚:04/04/25 15:04 ID:???
>578
「そういや初めてやぁたっけ?
  よろしくなぁ」

 べたべたの手を出す。

>582
「……ぺっ、ぺっ…… ほれ」

 手に唾を飛ばしてから手を触る。

584 :橙目の新入り:04/04/25 15:05 ID:???
>581
Σ(゚д゚ノ)ノマジデスカ?!

>582
はぁ・・・・そうなんですか・・・

私も掃除、手伝った方が良いでしょうか?

585 :蛙連れ:04/04/25 15:07 ID:???
>581
ですねぇ…。
はぁ、今度からは自粛しよう。

>583
うわっ、何してるんですかぁ!
唾なんかつけて、もう…。
(ハンカチで手を拭く。そりゃもう、入念に。)

586 :蛙連れ:04/04/25 15:08 ID:???
>584
そうしてくれると助かるよー。
俺の名前はエィケズ=コート、よろしくね。
(にっこり笑って雑巾を渡す。)

587 :橙目の新入り:04/04/25 15:09 ID:???
>583
よろしくお願いします!(薄手のゴム手袋をはめてから握手をする)

588 :橙目の新入り:04/04/25 15:10 ID:???
>586
はい、分かりました!
(入り口付近の掃除にとりかかる)

589 :籠の外の許婚:04/04/25 15:11 ID:???
>585
……なぁ。
なんでカエルのべとべとは平気で人間の唾はあかんねんや。
(半ばあきれ返っている)

590 :蛙連れ:04/04/25 15:13 ID:???
>589
どうしてって…。
そりゃ、両方ねとねとのべとべとですけど。
ほら、唾って、臭いじゃないですかぁ。

591 :籠の外の許婚:04/04/25 15:15 ID:???
>590
「そんなモンやろか……

 いわれてみればそうやな」

(カエルのべとべとを指で遊んでいる)

592 :蛙連れ:04/04/25 15:18 ID:???
>591
大体、人間の唾をつけられて家に帰って…。
何か勘違いされたらどうするんです、コォネ君に…。
まだ蛙のねとねとなら、説明もつきますけど。
人間の唾なんて、どう説明すりゃ…。
(想像していくうちに少しずつ血の気が引いていく。)

593 :籠の外の許婚:04/04/25 15:20 ID:???
>592
……たいへんやなぁ。
せやけれどワシぁどうせ男やけん唾ついとっても大丈夫やろ。

あ、男の唾かどうかなんて解らんか。

594 :蛙連れ:04/04/25 15:26 ID:???
>593
…っていうか、男だからこそ怒ると思うなぁ。
(意味深な発言)

595 :籠の外の許婚:04/04/25 15:28 ID:???
>594
「……いや、なして」
(ちょっぷで突っ込み)

596 :蛙連れ:04/04/25 15:31 ID:???
>595
いや、んー……。
何て言ったらいいのかなぁ。
(どたまにチョップをくらいつつ)
ちょっと昔、色々あってねー。
俺が最初に好きになったのが男だった、っていう話。
(いとも平然と言います。彼は)

597 :籠の外の許婚:04/04/25 15:33 ID:???
>596
「……人事とちゃうのぉ
 同性好きになると、苦労するもんなぁ……」

 そのまま聞き流す奴。

598 :蛙連れ:04/04/25 15:36 ID:???
>597
そうですねぇ……
…………いやいや、あの、俺、そんなんじゃないですじょ!?
今はもう、そりゃ、奥さん一筋だし、うん。
決して、その、同性愛者だとか、そういうのじゃ、うん。

599 :橙目の新入り:04/04/25 15:39 ID:???
(話を聞いていて心の中で・・・)
「(・・・ここの人たちはよく分からないなぁ・・・(,;Tヮ) )」

600 :籠の外の許婚:04/04/25 15:41 ID:???
>598
「なにぃ、こン裏切り者ぉ!
 ワシぁ未だに彼一筋じゃあぁっ!」

(首を掴んで揺らす。完全に酔っ払い)

>599
「なんじゃぁ?」
(じろり)

601 :蛙連れ:04/04/25 15:43 ID:???
>600
うわーん、そりゃ俺だって色々考えるけど
家庭持っちゃったし、向こうも家庭持ってるし
俺は一家の大黒柱だし〜
(ガクガク、と揺られながら返答)

602 :橙目の新入り:04/04/25 15:46 ID:???
>600
Σ(゚ヮ゚;) いえ、なんでもありませんよ?

603 :籠の外の許婚:04/04/25 15:48 ID:???
>602
「えぇーねん!
 えぇんよ、どうせワシぁ孤独や!
 なんとかマイノリティやぁ〜!」

(酒臭い息を吐きながら首を〆てる)

>602
「っや! その目は疑惑の総合商社やっ!
 吐けっ、白状せぇっ!」

604 :橙目の新入り:04/04/25 15:51 ID:???
>603
ほ、ほんとになんでもないですってば!

605 :蛙連れ:04/04/25 15:53 ID:???
>603
うわーん、俺だってさ、諦めたわけじゃないんだよ。
でもね、家庭持っちゃったらさ、色々あるんですよ。
どっちが好きかって言われたら、そりゃもう、奥さんって答えるしかないんですよ。
うわあああああああああああああああああああああん、誰かボスケテーーーーーーーー!

606 :籠の外の許婚:04/04/25 15:55 ID:???
>604
「ほーん、ふーん……」

 じろじろ見てる。

>605
「答えるしかないって、どういうこっちゃねん!
 どっちゃ!? どっちぃが心から好きなんか答えぇ!」

(首を一回離してまた茶入り酒を煽る)

607 :蛙連れ:04/04/25 15:56 ID:???
>606
どっちもです!どっちも好きなんです!
うわあああああああああああああああん!ごめんねぇ、ごめんねぇ!

608 :橙目の新入り:04/04/25 15:59 ID:???
>606
そんな目で見ないでくださいよぉ・・・(ちょっと泣き入ってきた?)

609 :籠の外の許婚:04/04/25 16:00 ID:???
>607
「ひっきょうもん!
 どっちもなんてなんて事言うねんや。
 欲張りやぁ〜っ!」

 酔って力の入っていない猫パンチを繰り出す。

610 :籠の外の許婚:04/04/25 16:04 ID:???
>608
「まぁ、ええわ。
 許したろ」

 なんでこんなに偉そうなんだ。

611 :蛙連れ:04/04/25 16:05 ID:???
>609
うわああああああああああああああん!
俺だって、俺だって悩んでるんですよー。
でも、両方好きだから、両方好きだからー。
(猫パンチを受けつつ)
大体、あなたは一筋って言ったけど…。
俺が、その、も一つのほう選んじゃったら、家族は一体どうすりゃいいんですか。

612 :橙目の新入り:04/04/25 16:08 ID:???
>610
はい・・・ありがとうございます・・・?(なんで謝礼言ってるのか分からなくなってる)


あ、そろそろ行かなきゃ・・・
雑巾、ここに置いておきますね。ではっ!

613 :籠の外の許婚:04/04/25 16:10 ID:???
>611
「う、ぐ、なー……
 そか! 愛人含みで全員一緒に暮らしたら良い!(ぇ」

>612
 雑巾と聞いて振り向く。

「んやにゃー?」

 既にろれつが回っていない。

614 :蛙連れ:04/04/25 16:13 ID:???
>311
そ……その手があった!
って事はー…一気に6人家族に!?

615 :籠の外の許婚:04/04/25 16:15 ID:???
>614
 相手にも酒を注ぎだす。

「そーしてまえ! それでな、夜は……ぶっ……」

 酔ったまま妄想中で無言。

616 :蛙連れ:04/04/25 16:19 ID:???
>615
い、いただきます!
(注がれた酒を全て飲んで、溜息を一つ。)
ぷへらぁー。
よ、夜?
(同じく妄想。)
……あ、あーあーあー、だだ、ダメだよ、そこh(PAM!
(知らない内に鼻血が噴射。)

617 :籠の外の許婚:04/04/25 16:22 ID:???
>616
「なりやねんな?
 血入りの酒でも飲むんかぇ?」

 けらけら笑いながらビンを机に置く。

「うっあー、羨ましかぁ。
 この、この、すけべぇめ!」

 ひじで小突く。

618 :物静かな教官:04/04/25 16:26 ID:???
(そんな中、止めるでもなくピアノ弾いてる男が一人。
 …ホントに教官か、アンタは。)

619 :蛙連れ:04/04/25 16:28 ID:???
>617
うー…。
(とりあえず、ティッシュで鼻を詰めて)
すけべぇ、って…年中発情しているわけじゃないですじょ?
…けふ、けふ。
ところでやっぱり、痛いんですかねぇ。
(何の話をしている、蛙連れよ)

620 :籠の外の許婚:04/04/25 16:32 ID:???
>619
 ティッシュを詰める様を見、笑いながら更に飲む。

「妖しぃ〜!
 本当にそうなんかぁ?

 あー……痛い、やろな」

 何を同調してるんだ、こいつは。


621 :蛙連れ:04/04/25 16:36 ID:???
>620
いやいや、大体俺、35までほとんど女知らなかったから
むしろ発情してないほうですよ〜♪

(お酒をもう一杯頂いて……)

でも、でもですよぉ。
やっぱりさ、その痛みの中にも愛があるんじゃないかな、と。
実際、その場面にならないとわからないけどー。

(熱く語っています)

622 :籠の外の許婚:04/04/25 16:40 ID:???
>621
 酔って赤い顔をさらに赤くしながら妄想中。

「うん、ワシもな、そーおもうねん。
 そうやって愛の形というのは、限定されてんのとちゃうねって。
 愛の形は不変で、何でもえぇねゃ!
 相手に対する愛さえあれば……」

 惚けながら何を言い出すか。

623 :蛙連れ:04/04/25 16:44 ID:???
>622
(酔って、怖いものなし状態らしいです)

「そうです!そうですよ!
 例え、俺が男で相手が男でも、そこに愛があればそれでオールオッケイです!
 ただ……問題は……
 俺、愛が二つあるんだよなぁ……ホント、どっちが好きなんだろ?」

(頬づえつきながら、溜息。)

624 :籠の外の許婚:04/04/25 16:47 ID:???
>623
 酒をどんと机におき、天井を見上げる。

「世の中の奴等は逸れを解っとりゃん!
 ええやんけぇ、別に彼が好きやろーとぉ。

 ……こぉの、色男ぉ!
 あ、せやけぇど、相手の彼とは両想いけ?」

 ふと疑問を口に。

625 :蛙連れ:04/04/25 16:53 ID:???
>624
うー……両想い……なら、いいんですけどねぇ。
どうも、俺の一方通行で。
(杯の中の酒をなんともいえない表情で見つめる)
最初に出会って、ビビっときて…
別れて、次に会った時はもう彼は愛する奥さんと子供がいたんですねぇ
確かに俺も奥さんと子供、愛しているけど……
彼に家庭が無かったら……
と、思うと……
(そこで一気に飲み干す)

626 :籠の外の許婚:04/04/25 16:57 ID:???
>625
「んぐ、なんか深刻やなぁ……
 酔いも覚めるわぁ。

 あうー……一旦聞いてみりゃえぇんや!
 聞いてみて嫌われてたら諦めて〜
 相手も好いとったら夢の6人家族!」

 ばっと手を広げる。

「どーや、えぇやろ?」

627 :蛙連れ:04/04/25 17:00 ID:???
>626
んー、そうですねぇ♪
確かに、そうなれば楽しいですしね。
ふられたらそれはそれで諦めがつくし。

628 :籠の外の許婚:04/04/25 17:02 ID:???
>627
「幸せものぉ〜♪
 失敗しても後ろに家族が居るなんてぇ♪」

 ほっぺたぷにぷに。

「ほんっま羨ましいわ〜」

629 :フライトジャケットの少女 ◆DOLL/2qhfw :04/04/25 17:02 ID:???
【何故かその場にいる】

「……ほぅ」

【流石は元エージェント、完全すぎるぐらいの気配の殺し方。
 今の彼女なら、たとえ蚊でも人間と認識できず、血を吸えないだろう】

630 :蛙連れ:04/04/25 17:13 ID:???
>628
あはは〜♪
確かに幸せですよね……
(そこで>629に気付く。一気に酔いが覚める。)
あ、あう、あうあう、えういあー。
う、うう……ふーあーゆー?
(思いっきり混乱している模様です)

631 :籠の外の許婚:04/04/25 17:15 ID:???
>630
「良かったなぁ〜幸せで〜♪」

 へらへらしながらへっぺをぐにぐに掴む。

>630
 声に気付いて後ろを見る。

「ほぇ?」

632 :フライトジャケットの少女 ◆DOLL/2qhfw :04/04/25 17:18 ID:???
>630
「I'm your wife.
 とでも答えれば良いのか?」

【エィケズの隣に座る】

>630
「いつも夫が世話になっている。
 見ての通りのだらしない奴だが、愛想は尽かさないでやってくれ」

633 :蛙連れ:04/04/25 17:23 ID:???
>631
あ、あはあはあはは
し、幸せは幸せでも、ちょっと、アレかな。
(顔が引きつっています。)

>632
…………
(思い切り悩んでいらっしゃる模様です。)
あ、あの、ココココココォネ君?
さ、さっきまでのお話聞いてらっしゃいました?

634 :籠の外の許婚:04/04/25 17:24 ID:???
>632
「あい!」

 勢い良く手を上げて挨拶。

>633
「にょー? なんでやねぇ?」

 解っていない様子。

635 :橙目の新入り:04/04/25 17:26 ID:???
あのー、すいません ブランデー2本くださー・・・


なんか空気が重たい・・・?(汗

636 :フライトジャケットの少女 ◆DOLL/2qhfw :04/04/25 17:27 ID:???
>633
「さぁな。
 家族が六人だとか、愛人だとか、どちらも本気だとか、初恋が男だとか。
 そんな事は一つも聞いてないぞ。
 聞いていたら今頃、銃弾の一ダースもお前にくれてやっていたところだ」

【運ばれてきたカシスオレンジに軽く口をつける】

「ああ、だから何も聞いてない」

637 :店長代理 ◆ObktDlQumA :04/04/25 17:31 ID:???
>635
気にするな、いつものことだ
(ブランデー2本を出し)
この辺りでは酒屋が少ないから大変だな

>636
怒るのは構わんが店だけは壊すな
加減が効かん体でも、銃火器を使わなければ問題あるまい

638 :蛙連れ:04/04/25 17:32 ID:???
>634
(ぶんぶん、と首を振りまくる。
 気付け、気付いてくれと願うのみ)

>635
(;´д`)ノ〜(逃げるんだ、君は逃げるんだ、君は逃げるんだ)
(念をおくっています)

>636
きゃー。
(ムンクの叫び状態になる。)
ケラ、ケル、ケロボスケテー!
「自業自得です」

639 :籠の外の許婚:04/04/25 17:33 ID:???
>635
「おろ? また着たんか〜」

>636
「あはは、全部聞いてるやんけぁ。
 聞いてへんなんてウソツキゃなぁ〜」

 更に酒飲んでます。

>638
「あぁん、さっきまでの明るさどこ行ってん♪」

 後ろから抱き付いて背中に乗っかる。

640 :フライトジャケットの少女 ◆DOLL/2qhfw :04/04/25 17:36 ID:???
>637
「怒る?
 私がか?」

【キョトンとした顔で】

「この程度で怒る筈が無いだろう」

【カシスオレンジをもう一口】

「躾が足りなかったかと反省しているだけだ」

>638
「何を怯えている?」

【口調はいつもと変わらないが……】

>639
「ああ、聞いていたさ。
 お前達のどうしようもない戯言、全部まるっと隅から隅までな」

641 :橙目の新入り:04/04/25 17:38 ID:???
>637
はい、ありがとうございます〜(ブランデーを受け取る)

>638
・・・?(悪寒は感じるものの全ては感じ取れない)

>639
あ、でもすぐに行かなければならないので・・・

>640
「(この人、強烈な殺気を放って・・・?(;゚ヮ゚))」

642 :蛙連れ:04/04/25 17:40 ID:???
>639
明るくいきたいですけど、そうもいかんですよ。
この状況……。
(苦笑いしながら、それでも引き剥がそうとはせず。)

>640
何かちょっと違うよ〜、いつもと〜。
やっぱ怒ってるよ〜。
(今にも泣きそうな表情。)

643 :籠の外の許婚:04/04/25 17:41 ID:???
>640
「なんやぁ、もったいない」

>641
「そーやねん、この人なぁ、好きな人他におんねんてぇ〜」

 蛙の頭を撫で撫でしながらへらへらしている。
 修羅場だという事には一切気付いていない。

>642
「ほーん?」

 顔を覗き込む。

644 :店長代理 ◆ObktDlQumA :04/04/25 17:42 ID:???
>638>639>640
どうでもいいがここは喫茶店だと何度言ったら(略
いや、酒を出すこの店の姿勢もどうかと思うが

>640
躾か……俺は詳しくないが
箱の中で半年も生活させて誓約書を書かせればおとなしくなるんじゃないか?

>641
どうも
それとここは喫茶店だ
混沌としてるわ、酒は出るわ、戦闘に巻き込まれかけるわ
だが一応な、

645 :フライトジャケットの少女 ◆DOLL/2qhfw :04/04/25 17:46 ID:???
>642
「……怒ってなどいないと言っているだろう?」

【ジロリと】

>643
>「そーやねん、この人なぁ、好きな人他におんねんてぇ〜」

「……」

>644
「それはダメだ」

【即答】

646 :蛙連れ:04/04/25 17:49 ID:???
>643
あーん、違う違う
他に、じゃなくて両方なのー。
(それが問題なわけだが…。)

>645
あうっ!
……(´・ω・`)

647 :籠の外の許婚:04/04/25 17:49 ID:???
>644
「堅い事言わないっ♪」

>645
 ボケた顔でじーっと見る。

「れ? どーしかしよぉた?」

>646
「似たようなモンやん〜」


648 :橙目の新入り:04/04/25 17:51 ID:???
>644
喫茶店・・・ですよね。

>645
(目をつけられないうちに出てった方が良いかな・・・?)

>646
他に・・・?両方・・・?

649 :フライトジャケットの少女 ◆DOLL/2qhfw :04/04/25 17:52 ID:???
>646
「……エィケズ。
 私との生活に不満があるのなら、今すぐ別れても良いんだぞ」

650 :店長代理 ◆ObktDlQumA :04/04/25 17:56 ID:???
>645
いや、俺も本気で言ってるわけじゃない
…お前たちの問題だ、俺が言っても詮無き事だな

>647
俺は常識を言ってるんだが
(ため息一つ)
もういい、暴れなければいいんだ、暴れなければ

>648
そうだ
頼むから忘れてくれるな、マジで

651 :名無し店員:04/04/25 17:56 ID:???
ジュワー・・・ボォォォ
(´-`).。oO(・・・やっぱり中華は強火なんだな)

(店長代理の言葉の信憑性を欠くような、
やたら本格的な中華を、客席から見えるところで作っているやつ)

652 :蛙連れ:04/04/25 17:56 ID:???
>649
えぇっ!?
(3秒くらい呆けた後、いきなり泣きだす)
うわーん、違うから!そんなじゃないから!
不満なんて全然無いから!むしろ充実してるから!
だから、別れるとか言わないで!
すっごく切なくなるから!胸、ズキューン!だから

653 :籠の外の許婚:04/04/25 17:58 ID:???
>649
「おろぉ?」

 興味津々。

>652
「うっわぁ、情けなぁ……
 彼の事を愛してるー言うたんは嘘かぁ〜」

 覚めた目つきで見る。


654 :橙目の新入り:04/04/25 18:02 ID:???
>650,651
喫茶店・・・(651の方を見て、言葉に詰まったまま立ち尽くす)

>649
(今、悪寒が・・・・)

>652,653
・・・・・・・・(彼?(il д ))

655 :フライトジャケットの少女 ◆DOLL/2qhfw :04/04/25 18:03 ID:???
>652
「なら何故他の、しかも男に……。
 お前のために料理も練習した。
 掃除や洗濯の仕方も学んだ。
 裁縫だって覚えた……なのに何が不服なんだ?」

【少しだけ表情に覗いたのは、寂しさか】

「やはり……血で汚れた女は嫌か」

>653
「少し黙っていろ」

656 :店長代理 ◆ObktDlQumA :04/04/25 18:05 ID:???
>651
……モウヤダ

>654
喫茶店だ、店長である俺が言うから間違いない
否定はイラン、ただ肯定しろ

657 :籠の外の許婚:04/04/25 18:08 ID:???
>655
「うわぁ、怖ぁ〜」

 肩をすくめる。

>656
「てんちょほ〜 ソーメン頂戴〜」

 手を上げて勢い良く。

658 :名無し店員:04/04/25 18:10 ID:???
>656
(´-`)っ●.。oO(あ、店長。賄い食の、北京ダックモドキができたんだな)
(大仰な作業の割に、出来たのは油揚げやら和食の食材を使ったモドキ料理)

659 :店長代理 ◆ObktDlQumA :04/04/25 18:12 ID:???
>657
……分かった
(しょんぼりしながら奥に引っ込んでソーメン調理
 作って表に出す)

>658
分かった、そろそろ休憩だから食おう

(しょんぼりしながら奥に引っ込んでいく)


660 :橙目の新入り:04/04/25 18:12 ID:???
>656,657,658
アハ、アハハハハ・・・(ここの人達って・・・・)



661 :蛙連れ:04/04/25 18:14 ID:???
>653
…………
(ふるふる、と首を振る)

>655
違うよ……血で汚れたとか、そんな事は関係無いよ。
君が俺の為に頑張ってくれたのだって、知ってる。
20近く歳の差があるから、余計に大変だと思う。
情けない俺と、よく一緒になってくれたと思うよ。

……俺、学生時代、年下の男の子が好きになったんだ。
卒業までに何もいえなかったけど、ずっと好きだった。
…卒業したら会えなくなって、でも、その想いはどんどん膨らんで。
…何年後かに彼に会った。
彼には子供と奥さんがいた。
それで、俺は一度諦めがついたと思ったんだろうね。

で、この養成所に来たら、その彼が、いた。
もう、君とケイトがいたけど。
…何か未練があったんだろうね。
やっぱり、俺、彼が好きだった。

662 :フライトジャケットの少女 ◆DOLL/2qhfw :04/04/25 18:17 ID:???
>661
「……」

【暫し沈黙】

「なあ、エィケズ。
 私だけを見て欲しいというのは、私の我侭なのか?
 未練は、断ち切れないのか?」

663 :蛙連れ:04/04/25 18:43 ID:???
>662
いや…自然だと思うよ。
それは、多分我侭じゃない。
だって…
(コォネの頬に口付けをして…)
俺、もう君しか見えない。
さっき、別れるって言われた時、わかった。
俺、君が好きだ。この世で一番大切だ。
……優柔不断でゴメンね。
彼の事は、忘れられないけど、この気持ちはコォネ君への気持ちと違うから。
…許してくれないかな?

664 :橙目の新入り:04/04/25 18:44 ID:???
>661-662
「(・・・ちょっと、お邪魔っぽいかな)」
(本来の目的を果たす為、戻る。)

665 :フライトジャケットの少女 ◆DOLL/2qhfw :04/04/25 18:52 ID:???
>663
【頬に口付けされて】

「なっ……!?」

【耳まで真っ赤になる】

「……」

【黙りっぱなし、涙目】

「……許すものか。
 後でたっぷりお灸を据えてやる。
 私というものがありながら、他の人間に目移りしたバツだ」

【そう言ってそっぽを向き】

「帰るぞ。
 今日の夕食は、お前の奢りでコース料理だ。
 それで許してやる」

【さっと立ち上がり、手を差し出す】

666 :蛙連れ:04/04/25 19:00 ID:???
>665
あはは〜♪了解!
(手を取って。)
行きましょうか、お姫様。
(喫茶店出口まで歩いていく。代金を丁度支払ってそのまま外へ。)

……あぁ、ケラ、ケル、ケロ。
今日はちょっと。
「わかっています、ご主人様」
『お二人のお邪魔はいたしませんから』
あはは〜、ゴメンね〜♪
今日はとことん、ラブラブしたいから♪

(そのまま街に消えていく何だかんだいって仲のいい夫婦であった。)

667 :籠の外の許婚:04/04/25 19:02 ID:???
……雨降って地固まったかの?
ま、ええわ〜

(酒を一人飲みつづける寂しい奴)

668 :退役軍基地:04/04/25 21:00 ID:???
〜〜地下基地内部〜〜

整備兵「・・・回収したのはハンブラビのジェネレータとセンシズU頭部だけ?
    グフは・・・脚部だけか 参ったな・・・ドムの腕のストックも無いし・・・」

リーク「あらま・・・どっかに偵察してるドム居ないかな・・・ジムでもほとんど無傷で持って帰れるのに」

ローグ「・・・さっき偵察に行ってきた時に撃墜したマラサイの腕がある・・・それを使え」

リーク「ドムとマラサイ・・・合うか・・・?」

整備兵「何とも言えん所だが・・・なんとかなるだろ」

メイル「おーい、ワシのジェガン、修理終わっとるかぁ?」

整備兵「とっくに終わってるよ、3番地上カタパルトだ」

669 :賑やかなサーカス団:04/04/25 21:09 ID:???
>668
(巨漢の男の肩に乗った、小柄な男が手を振りながら近づいて来る。
 傍らには、ヤ○ザ風の男もいる)
ヤスダ(小柄)「おーう、大丈夫やったかー。1中隊〜。」
ハイロ(巨漢)「ハァ……ハァ……」

670 :第1中隊小隊長組:04/04/25 21:12 ID:???
>669
リーク「おう、第2中隊の。ま、ドムの腕が逝かれた以外はな・・・」
ローグ「ハイロ・・・お前、また太ったか?」

整備兵「すまねぇリーク、グフの腕が余ってたんでそっち付けたわ。」
リーク「そか、なら一安心だな」

671 :賑やかなサーカス団:04/04/25 21:17 ID:???
>670
ハイロ「……着太りやん」
ヤスダ「ちゃうちゃう!お前はぶーちゃん!
    ホンマにぃ…。
    ああ、そうやリーク。こいつ、うちの小隊に新しく入った団員や!
    挨拶せぇ!」
(前に進み出るヤ○ザ風。
 …………怖い。けど……)
コール(ヤ○ザ)「コーちゃんです☆よろしくお願いしまぁす♪あは☆」
ヤスダ「可愛い!可愛いよ!」
(他の団員拍手。
 ちなみにコールの声は、通常の女性以上の高さ。異常。)

672 :第1中隊小隊長組:04/04/25 21:23 ID:???
>671
リーク「んおっ?!見かけによらず強烈なキャラクター!
    流石の俺もビックリ!」

ローグ「・・・(どう考えても着太りではないな・・・・)
    よろしくな・・・」(コールに握手を求める)

メイル(戻ってきた)
    「・・・第一印象がワイと被るな・・・ま、お互い頑張ろうや」

673 :賑やかなサーカス団:04/04/25 21:27 ID:???
>672
コール「あはぁ。よろしくお願いしまぁす☆」
(ローグと握手。)
ヤスダ「どうや、これでウチのサーカス団も大幅戦力アップやで!」
ハイロ「ハァ……ハァ……団長」
ヤスダ「何や、ハイロ?」
ハイロ「疲れた……座っていい?」
ヤスダ「座ったあかん!」

674 :第1中隊小隊長組:04/04/25 21:30 ID:???
>673
リーク「ハハハ・・・おっと、そろそろ待機しなきゃな
    それじゃ、またなっ!」

メイル「ったく、人使いが荒いで・・・まぁ人員不足は承知しとるんやけど・・・」

ローグ「急ぐぞ、休んでる暇も無いんだ 第2中隊も頑張れよ」

(小隊長組、去る)

675 :賑やかなサーカス団:04/04/25 21:33 ID:???
>674
ヤスダ「あっ!こら、突っ込め!観客おらんとやる意味がないやん!」
コール「団長☆団長☆」
ヤスダ「あぁ?」
コール「僕達も退散しましょうよぉ♪」
ヤスダ「あー、そうやな。お前の機体もあるし…。
    ほな、行くでハイロ!」
ハイロ「ハァ……ハァ……うっ!」
(ヤスダを担ぐハイロ。そのまま撤退。)

676 :せっかちな神父 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/25 22:07 ID:???
さわっやっかな日曜〜〜♪(いつものハーレ−で天馬へ)

677 :通常の名無しさんの3倍:04/04/25 23:38 ID:???
(朝…ニュージーランドにはそこそこ雪が積もっており、綺麗な雪景色が
出来上がっている…。…そして今も雪が降っている…。

一面銀景色。である。…その背景で交通等で問題も出ているのは言うまでもないが…。)

678 :ふくかん:04/04/25 23:39 ID:???
>677
 雪ですか。そういえば、この国にも四季があるんですねぇ。
(感慨深げに出勤中)
(ずるりどて。おもいっきりすっころぶ)

 ・・・・・・モビルスーツでなら慣れてるですが・・・・・・
(頭についた雪を払いながら出勤再開)

679 :せっかちな神父 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/25 23:40 ID:???
>677
(ぱ〜ぽ〜ぱ〜ぽ〜)
……む、無念……(雪道でスリップ、盛大にスっ転んだ)

680 :金髪:04/04/25 23:46 ID:???
(怪我人の癖に病院の外を出歩いてる奴。しかも杖なんか持ってるし。)
>678
よっ。


681 :橙目の新入り:04/04/25 23:48 ID:???
>677
わ〜、雪だぁ〜・・・
久しぶりだなぁ、雪・・・

682 :ふくかん:04/04/25 23:50 ID:???
>680
 んー冷えは体にこたえますよ?

 っていうか南出身っぽいのに元気ですね?
>681
 雪久しぶり?
 雪国の出身なんですか?

683 :少年忍者@ドライセン ◆eAwRb9qzdQ :04/04/25 23:53 ID:???
(訓練用フィールドにて)
……ふっふっふ、かいちょ〜かいちょ〜!(盛大にホバーで雪をけたてて疾駆する)

684 :金髪:04/04/25 23:53 ID:???
>681
よっ。
(遭遇2回目にしては親しげに。)

>682
まぁ…寒さよりよっぽど厄介な事が有るからな。
昨日の夜も不審者に襲われかけた位だから。
(爆弾発言?)

685 :橙目の新入り:04/04/25 23:53 ID:???
>682
あ、こんにちわ〜
これでも、アイルランドの出身なんですよ〜

686 :橙目の新入り:04/04/25 23:56 ID:???
>684
こんにちわ〜 怪我、大丈夫ですか?

687 :ふくかん:04/04/25 23:58 ID:???
>683
 おー。元気そうですねぇ。

 
 ・・・・・・あんまり飛ばすと吹き飛ばした雪で位置を暴露して
しまいますよー(激しく遠くだがとりあえず大声でドライセンに
向かって叫ぶ人)
>684
 決まりですね。
 あたしと同居してもらいます(おぃ・・・・・・)
>685
 アイルランドですかー。ほとんど地球の反対側ですね。
 もしかしてダブリンの出ですか?


688 :金髪:04/04/26 00:01 ID:???
>686
まだまだ治るのは先。だな。
(落ち込んだ様子もなく言う。)

>687
え?
(思考停止。)


689 :橙目の新入り:04/04/26 00:01 ID:???
>687
反対側ですねー。
ダブリンですよー。ええ。

>688
めげずに頑張ってくださいねっ!


あ、行かなきゃ! それでは、またー。

690 :ちんぴら@バイク:04/04/26 00:01 ID:???
(雪を蹴立てて養成所へ突進するバイク。
 タイヤにはばっちりチェーン装備)
 ったく、なんでこーゆー日に限って雪が振ってんだよ!

691 :ふくかん:04/04/26 00:03 ID:???
>688
 とっつかまるかもしれないのに単独行動。
 しかも負傷中。ろくに逃げられません。つかまったらアウト。
 面倒はごめんです。
 トレーニングもかねてがっちりぎっちりみっちりと24時間体制で
ガードします。

 プライベート?何語ですかそれは?
>689
 あーそれじゃメガネ君と出身地おなじですね。
 んじゃー授業でー
ノシ

692 :グェネビア:04/04/26 00:05 ID:???
 しーぬー
(いつも悲鳴上げてるくせに、なんだかんだでチンピラと仲のよい
グェネビアである。今日も今日とて二ケツ通学)

693 :ちんぴら:04/04/26 00:09 ID:???
>682
 モビルスーツに比べりゃバイクなんておもちゃ見てーなもんだろーがよ!
 気合が足りねー!気合が!
 たーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!
(思うさま除雪で道路わきに固めてある雪山に突っ込み・・・・・・
 大ジャンプ)
 りゃーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!
(そのまま真横にドリフトしつつ、思いっきり50だか100メートルだかすべりに
滑って停止)
 こーゆーときにしかこーゆー遊びはできねーからな♪
(楽しそうだが・・・・・・)

 グェネビア
「かんにんしてくださいかんにんしてくださいかんにんしてください」
(呪文のように許しを請う企業穏健派最高機密兵器もうじき1才)

694 :爆発の教官 ◆eAwRb9qzdQ :04/04/26 00:10 ID:???
>690
お〜お〜、元気な奴だ。(長靴と耳付帽子装備)転ぶなよ〜〜

220 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)