5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【リレー小説】〜目覚めた殺人気スネ夫〜

1 :作者の都合により名無しです:03/05/16 18:21 ID:sWl/zodl
彼の名前は骨皮スネ夫。15歳、高校一年生。シャブ中。
地獄の底から舞い戻ってきた、愛に飢えた殺人者である・・・

○登場人物は基本的にはドラえもんキャラだが、他作品のキャラ使用は自由
●下ネタは駄目とは言わないが控えめに


【リレー小説】スネ夫と愉快な殺人奴隷
http://comic2.2ch.net/ymag/kako/1042/10429/1042964666.html

【リレー小説】〜誇り高き殺人鬼スネ夫〜【suneo】
http://comic2.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1043748452/

【リレー小説】〜帰ってきた殺人鬼スネ夫〜
前スレhttp://comic3.2ch.net/ymag/


2 :作者の都合により名無しです:03/05/16 18:22 ID:3qusX0rB
2

3 :作者の都合により名無しです:03/05/16 18:25 ID:B68syD4U
人気を殺しちゃいけないよ

4 :作者の都合により名無しです:03/05/16 18:26 ID:axZA6wZh
はぁっ!今までの出来事は全部夢か…。今日も骨皮家は平和であった

5 :作者の都合により名無しです:03/05/16 18:26 ID:axZA6wZh
と、現実逃避してみた

6 :作者の都合により名無しです:03/05/16 18:44 ID:xjSFqRPD
南田よこれ

7 :作者の都合により名無しです:03/05/16 18:51 ID:e8zWfIa1
スネ夫はもういやになり自殺した ちゃん♪ちゃん♪

8 :作者の都合により名無しです:03/05/16 19:01 ID:e8zWfIa1
だれも相手にしてくれないので復活♪

9 :作者の都合により名無しです:03/05/16 20:02 ID:8MPf7Vvw
セワシ「さて…そろそろ頃合いか?」
八頭身ドラ「そうですね、セワシ様。歴史転換ポイントの刻…そしてスネ夫…クックック」

そのころ、スネ夫はストライクガンダムのプラモの完成まで後一息だった。
「やっぱ自爆キャラはどの世界でも大変なんだよ…」

10 :作者の都合により名無しです:03/05/17 00:05 ID:kyC/CK1A
セワシと八頭身ドラは、殺人鬼スネ夫を利用して
宇宙を破壊することを目論んでいたのだった!!
それを知ったジャイ子は、急いでスネ夫宅に赴き
事の真相を伝えた。

11 :作者の都合により名無しです:03/05/17 00:10 ID:hl7P/9bN
スネ夫「そんな事より前スレのアドレスがちゃんと貼られてないぞ」
スネ夫は前スレのアドレスの書かれたメモをジャイ子に突き付けた。

「 【リレー小説】〜帰ってきた殺人鬼スネ夫〜
  http://comic3.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1051106280/ 」

12 :作者の都合により名無しです:03/05/17 00:51 ID:9B9MEVuV
【リレー小説】〜目覚めた殺人気スネ夫〜

【第1章】スネオの殺・人・鬼への道1000人切り

「殺人気ってなんだ?」
スレタイにプライドをキ傷つけられたスネオは
もう自分を抑えられなくなっていた。

「1の下手な釣りにも、それに突っ込まない2〜11にも
3のベタなコメントにも、もう我慢ならん」
スネおに1〜11は抹殺された。
「まずは、11人」
次なる獲物を求めてスネおは空き地に向かった。

13 :作者の都合により名無しです:03/05/17 00:58 ID:8eor9kZ+
そこで彼は先生に出会った。


14 :作者の都合により名無しです:03/05/17 01:00 ID:eU4pWAlW
先生「気付いたんだ。お前がこれからスレの全員を殺したとしても
   >>12が生き残る。999人斬りで終わるぞ」

15 :作者の都合により名無しです:03/05/17 01:42 ID:8eor9kZ+
だがスネ夫は言った

16 :作者の都合により名無しです:03/05/17 01:43 ID:fw1qC7sk
スネ夫
「お前は大きな勘違いをしている

17 :作者の都合により名無しです:03/05/17 02:24 ID:thwOK/6l
キテ○ツの先生は優しいのにお前怖すぎ。」

18 :作者の都合により名無しです:03/05/17 05:02 ID:9B9MEVuV
「学級崩壊〜〜〜〜」
と叫びながら
スネおの一言で先生は絶命した

「さて、今度は裏山を制覇するとするか・・」
スネおは走り出した。


19 :作者の都合により名無しです:03/05/17 07:18 ID:Z4TSf+u4
とりあえず前スレ埋めろよ。
1000獲り合戦でもいいからさ。


20 :bloom:03/05/17 07:26 ID:m66FrVX8
http://homepage.mac.com/ayaya16/

21 :作者の都合により名無しです:03/05/17 08:18 ID:H+UbjXhj
しかしスネ夫には関係無かった。
スネ夫にはもう、人と猫と熊を殺すこと以外考えられなかった。

22 :作者の都合により名無しです:03/05/17 10:24 ID:8eor9kZ+
そのスネ夫の前に狸が現れた

23 :作者の都合により名無しです:03/05/17 10:52 ID:ATSIhQa+
「貴様か、青ダヌキィィィィ!」
「URRRRRYYY!!!!」

24 :作者の都合により名無しです:03/05/17 11:31 ID:4/Ya0ZDu
それはどらミちゃんだった。
「失礼ね!狸だなんて!!」
スネオは酔っ払ってドラえもんと勘違いしていたのだ。

25 :作者の都合により名無しです:03/05/17 11:46 ID:cTlC88r3
しかし勘違いではなくリボンをつけたドラえもんだった。

26 :作者の都合により名無しです:03/05/17 11:49 ID:4/Ya0ZDu
ドラえもんはオカマ化してしまったのだ。

27 :作者の都合により名無しです:03/05/17 11:54 ID:l+UpKg91
「あら、すねちゃん・・・・やらない?」
「な、何を?」
スネオは脂汗を滝のようにかきながら答えた。

28 :作者の都合により名無しです:03/05/17 12:12 ID:Ltw5SkW/
スネオの脂汗はダイヤだった。

29 :作者の都合により名無しです:03/05/17 12:43 ID:fw1qC7sk
ドラエモン
「実に>>28はやるね
スネ夫
「ああとても僕達には真似できないね
のびた
>>28のペース!!!

30 :作者の都合により名無しです:03/05/17 13:02 ID:4/Ya0ZDu
聞けば今ドラえもんはロボットオカマバーの店長をしているという。

31 :作者の都合により名無しです:03/05/17 13:38 ID:fa45W5Y5
ドラ「あらいらっしゃい。ドラララララァ!!!」

32 :作者の都合により名無しです:03/05/17 13:56 ID:vGAOtPlZ
ロボットオカマバー「クレイジー・ドラ」は結構な繁盛ぶりだった。
本来性別のないロボットがオカマになっているという斬新さが
小金持ちな30代以降の世代にウケたのだ。

33 :作者の都合により名無しです:03/05/17 14:05 ID:rz3TK7dr
低学歴橋ね
低学歴橋ね
低学歴橋ね
低学歴橋ね
低学歴橋ね
低学歴橋ね
低学歴橋ね
低学歴橋ね
低学歴橋ね
低学歴橋ね
低学歴橋ね
低学歴橋ね
低学歴橋ね
低学歴橋ね
低学歴橋ね
低学歴橋ね
低学歴橋ね
低学歴橋ね
低学歴橋ね
低学歴橋ね
低学歴橋ね
低学歴橋ね


34 :作者の都合により名無しです:03/05/17 14:14 ID:4/Ya0ZDu
特に>>33はここの常連客だという。


35 :作者の都合により名無しです:03/05/17 17:19 ID:9B9MEVuV
自称高学歴の33は
調子に乗って注文した最高級エンジンオイルを飲んでしんでしまった。

「いよいよ、次はスネオだ」
ドラの目がひかった
実はドラはスネオ抹殺の為に未来から送りこまれた
暗殺マシーンだったのだ。

36 :作者の都合により名無しです:03/05/17 18:56 ID:ATSIhQa+
「とりあえずサクッと>>33を殺って、奴の所へ往くぜ…?」

37 :作者の都合により名無しです:03/05/17 18:57 ID:ATSIhQa+
33「何故俺が生きてるとわかった?」
ドラ「間違いに気が付いたからさ!!」

38 :作者の都合により名無しです:03/05/17 19:41 ID:p4roXyIs
33は「ま、まさかお前は・・・!!」
そう、裏ではドラえもんはこう呼ばれているという。
゛ゴルゴドラ゛と。
恐ろしさのあまりスネオはロボットオカマバーから逃げ出した。


39 :作者の都合により名無しです:03/05/17 20:15 ID:VLd+HaV4
33「け、警察に・・・・」
33は急いで警察署に向かった。
そんな33の前に、メガネをかけた頭の悪そうな子供が現れた。

40 :作者の都合により名無しです:03/05/17 20:35 ID:H+UbjXhj
子供の頃の先生だった。

41 :作者の都合により名無しです:03/05/17 21:01 ID:2hBhNPBS
33はタイムスリップして先生の子供時代に来てしまったのだ!!
しかも何故子供の先生がこんなところに・・・?

42 :作者の都合により名無しです:03/05/17 21:07 ID:rxGnktdr
子供の先生は突如口を開いた。
「み・・・み・・・・・・みずを・・・みずをください・・・・・・。」

43 :作者の都合により名無しです:03/05/17 21:19 ID:2hBhNPBS
先生は酔っ払っていた。
33からツッコミが入った。
「お前本当は何歳だYO!?」

44 :作者の都合により名無しです:03/05/17 21:43 ID:+sbiCrRh
子供はケンシロウだった。

45 :作者の都合により名無しです:03/05/17 21:46 ID:L5Ltyh3d
DVDが安い!

http://ime.nu/ime.nu/ime.nu/ime.nu/www.net-de-dvd.com/




46 :作者の都合により名無しです:03/05/17 21:58 ID:2hBhNPBS
>>45がウゼーなぁ」
スネオは街でくだらないセールスの>>45にひっかかり
2時間付きまとわれていた。

47 :作者の都合により名無しです:03/05/17 22:15 ID:H+UbjXhj
ウザいやつらはみんな殺す

それが殺人気の掟

48 :作者の都合により名無しです:03/05/17 22:48 ID:tbp9tiaV
スネ夫が最強だという理由
まず。ゾロの必殺技はショボイ。よってそれに負ける敵はショボイ。
よってたかがゾロを心に刻んだミホークはショボイ。
ショボイ=ミホーク=七武海=最強即ち七武海→ショボイ←最強
ショボイ=弱い 弱い=のび太=弱い。最強がショボイ→のび太並。
すなわち スネ夫>>>>のび太=七武海
ワンピース→スネ夫最強。エース=軍艦沈めた→だけど最強ではない
スネ夫>>>>のび太>>エース→スネ夫は素手で軍艦沈めれる。
軍艦=戦艦大和=宇宙戦艦ヤマト 即ち スネ夫>>宇宙戦艦ヤマト
戦艦大和=日本軍の切り札、それの改良版を簡単に壊すスネ夫は凄い奴。
宇宙戦艦ヤマト=銀河を貫く波動砲=最後の切り札=かめはめ波=悟空の切り札
そして、悟空=宇宙支配するフリーザ倒した。即ち
スネオ>>>>>>悟空=ヤマト。即ちスネオは宇宙支配を容易くこなす。
神様=地球支配。スネオ=宇宙支配。即ち スネオ>>>>神様
神様=絶対。即ちスネオ=神をも凌ぐ絶対。


49 :作者の都合により名無しです:03/05/17 23:15 ID:5wBomxvO
スネ夫は息継ぎもせず、自分の強さの証明を終えた。
45「なるほど、ただのガキではないようだ・・・」
スネ夫「今更気がついても遅いぜ!」
45「偉大なるギルモア様が興味を持つのも分かる・・・」
スネ夫「ギルモアだと!?貴様まさか!!」
45「察しの通り、俺は宇宙ギャング“チラノルズ”の一員だ!!」

50 :作者の都合により名無しです:03/05/17 23:33 ID:qGsvCOBN
スネオはそのくだらなさに
「はっ?なんだよそのチラノルズって・・・。
お前なんかにかまってらんねーよ、じゃあなー。」
45を流し行きつけの風俗に逝こうと後ろを振り返った。
すると目の前にはあのゴルゴドラがいた。
45とゴルゴドラはグルだったのだ。
はさみうち・・・どうする?
ゴルゴドラは「なんでここの主役がお前なんだよ・・
しかも“殺人気”やなくて“殺人鬼”やろ!?」
関西弁で言った。


51 :作者の都合により名無しです:03/05/18 03:49 ID:H1SrXuGX
「ゴルゴドラ〜、ウゼ〜ウゼ〜超うぜ〜〜〜〜〜〜」
とうとうスネオはブチキレタ!

本気の殺人鬼スネオの前でゴルゴドラも45も思わず失禁!
スネ尾は2人を瞬殺しドラからポケットを奪うと

新たな獲物を探しに学校へ出発した。



52 :作者の都合により名無しです:03/05/18 10:36 ID:8R+PSUZY
スネオは携帯を買った。

53 :作者の都合により名無しです:03/05/18 10:38 ID:Jib0fg1X
スネオヘアーの髪はサラサラだが凄い荒んだ目をしてるよ

54 :作者の都合により名無しです:03/05/18 10:39 ID:e6Na7PgS
「店員によると、最新機種だってな。これでいっぱいメールして
ばら色の学園生活だ!!これからよろしくな、たまぴっち!!」
スネオはだまされていた。

55 :作者の都合により名無しです:03/05/18 11:12 ID:/MPYDkj9
スネオメールし放題♪

56 :作者の都合により名無しです:03/05/18 11:16 ID:UHh6QHUC
プルルルル…
「おや?まだ誰にも電話番号教えてないのに…。俺って人気者だな」

57 :黒鳥:03/05/18 11:19 ID:SnKY3c4a
電話「死ね」
ツーツー・・・

58 :作者の都合により名無しです:03/05/18 11:35 ID:C9y3vX6/
スネ夫「もう恥ずかしがり屋だなぁ、しずかちゃんは…
     照れ隠しに"死ね"だなんて…」

スネ夫は恐ろしいほどポジティブだった。

59 :作者の都合により名無しです:03/05/18 11:49 ID:8R+PSUZY
すると次はメールが来た。
「おっ、さっそく次はメールか。しずかちゃんったら♪」
“死ね、マジで死んで。”


60 :作者の都合により名無しです:03/05/18 12:25 ID:YdSl7wdi
「いちいちガキの言ってることに付き合ってらんねーな」
スネ夫は見なかったことにした。
そして再び学校へ向かった。

61 :黒鳥:03/05/18 12:28 ID:SnKY3c4a
スネオは学校についた
自分の席につくとあることに気がついた
机に大きく「死ね」と書かれてるではないか

62 :武乱道 ◆x3mzAcfnXA :03/05/18 12:29 ID:51NjxII6
しかし、それがとんでもない殺人ゲームの幕開けの合図だとは、
その時のスネ夫は考えもしなかった…。

63 :武乱道 ◆x3mzAcfnXA :03/05/18 12:30 ID:51NjxII6
ごめん、糞!

64 :作者の都合により名無しです:03/05/18 12:31 ID:k/S6eOul
挨拶代わりにむかつくジャイアソに
背後からスタンガンをお見舞いしてやった。
眼鏡のクソ担任の車に細工をして
ブレーキを効かないようにするのも忘れない。
幸い誰にも見られなかった。
今日はいい日だ。

65 :作者の都合により名無しです:03/05/18 12:34 ID:VKhdRetr
HR
先生「皆さんにっ・・・殺し合いをっ・・・してっ・・・
   もらいまーす」

66 :作者の都合により名無しです:03/05/18 12:37 ID:weWfnmW9
クラスに衝撃が走った。
八頭身も走った。


67 :黒鳥:03/05/18 12:39 ID:SnKY3c4a
クラスの生徒がざわつく
そして武器が全員に配られる
武器
・スカンク

68 :作者の都合により名無しです:03/05/18 12:41 ID:AMSRiIU3
スネ夫「死ね」


69 :作者の都合により名無しです:03/05/18 12:48 ID:ep+YT5WK
先生「では皆さんルールを説明します」

先生はそう言ってガスボンベを取り出した。

70 :作者の都合により名無しです:03/05/18 12:50 ID:weWfnmW9
スネオは先生を瞬殺。
クラスに平和が訪れた。


71 :作者の都合により名無しです:03/05/18 12:57 ID:wv9OOYZ0
スネオ「先生!優勝特典は何ですか?」
困惑するクラスメートをよそに彼だけが冷静だった。

72 :武乱道 ◆x3mzAcfnXA :03/05/18 13:07 ID:51NjxII6
先生「このゲームはぁ、予選でしかありませぇん。
   今回の優勝者はぁ、他校の優勝者達と殺し合いをしてもらいまぁす」

スネ夫「それじゃあ…」

先生「そう、これは日本で最強の小学生を決めるものなのでぇす」

スネ夫はそれを聞くと、不気味な笑みを作った。

73 :武乱道 ◆x3mzAcfnXA :03/05/18 13:08 ID:51NjxII6
>>72
小学生じゃないし!

74 :作者の都合により名無しです:03/05/18 13:17 ID:/qZ1RFNs
「精神年齢の話だ!」
>>72はキレた。
自分の不甲斐なさに・・・

75 :作者の都合により名無しです:03/05/18 13:26 ID:weWfnmW9
「つべこべいわずさっさと殺ってこい!!!」
先生はキレタ。

76 :武乱道 ◆UURYYYZmuk :03/05/18 13:38 ID:51NjxII6
時は幕末!
戦国時代!
ボブは火に包まれる我が家のなかで、
気が狂ったように叫び続けた。
「母上!母上ぇ!」



77 :作者の都合により名無しです:03/05/18 13:40 ID:iqIqD1Eb
女の子でも安心して買えるよ!
新品アダルトDVDが税込み900円〜!
http://www.dvd-yuis.com/


78 :作者の都合により名無しです:03/05/18 13:54 ID:q1PECAs2
そんな一枚の広告がスネ夫に渡された武器だった。
「これでどう戦えと……」

79 :作者の都合により名無しです:03/05/18 13:58 ID:wv9OOYZ0
とりあえず静ちゃんに見せてみた。
まんざらでもない様子だった。


80 :作者の都合により名無しです:03/05/18 14:07 ID:wxhSGqSs
そして皆武器を受け取った順に教室を飛び出していく。
スネ夫は不敵な笑みを浮かべつつ窓から飛び出した

81 :作者の都合により名無しです:03/05/18 14:24 ID:/qZ1RFNs
しかしそこは5階だった。
スネ夫は地面に叩きつけられトマトのようにグッチャリと潰れた。

82 :作者の都合により名無しです:03/05/18 15:14 ID:EHTTJDki
しかしドラえもんが出した道具
「タイムふろしき」によってスネオは蘇った。


83 :武乱道 ◆UURYYYZmuk :03/05/18 16:05 ID:51NjxII6
夢だった。

84 :作者の都合により名無しです:03/05/18 16:21 ID:vN+1vo2Z
とスネ夫は思い込んだ

85 :作者の都合により名無しです:03/05/18 16:43 ID:mnHo3KGC
しかしそうはいかない
現実逃避しようとするスネ夫に目の前の現実がのしかかる

86 :作者の都合により名無しです:03/05/18 17:00 ID:q1PECAs2
スネ夫はドラえもんの隙を突いてタイムふろしきを奪った。
そしてドラえもんにタイムふろしきを被せ、ただの鉄くずに変えてしまった。

87 :作者の都合により名無しです:03/05/18 17:33 ID:4q0n0BVU
こいつらネタで言ってるんだろ

88 :asasasasasasa:03/05/18 17:34 ID:v+McQKdY
スネ夫が最強だという理由
まず。ゾロの必殺技はショボイ。よってそれに負ける敵はショボイ。
よってたかがゾロを心に刻んだミホークはショボイ。
ショボイ=ミホーク=七武海=最強即ち七武海→ショボイ←最強
ショボイ=弱い 弱い=のび太=弱い。最強がショボイ→のび太並。
すなわち スネ夫>>>>のび太=七武海
ワンピース→スネ夫最強。エース=軍艦沈めた→だけど最強ではない
スネ夫>>>>のび太>>エース→スネ夫は素手で軍艦沈めれる。
軍艦=戦艦大和=宇宙戦艦ヤマト 即ち スネ夫>>宇宙戦艦ヤマト
戦艦大和=日本軍の切り札、それの改良版を簡単に壊すスネ夫は凄い奴。
宇宙戦艦ヤマト=銀河を貫く波動砲=最後の切り札=かめはめ波=悟空の切り札
そして、悟空=宇宙支配するフリーザ倒した。即ち
スネオ>>>>>>悟空=ヤマト。即ちスネオは宇宙支配を容易くこなす。
神様=地球支配。スネオ=宇宙支配。即ち スネオ>>>>神様
神様=絶対。即ちスネオ=神をも凌ぐ絶対。



89 :作者の都合により名無しです:03/05/18 17:41 ID:4q0n0BVU
>>88
あっお前は例外

90 :作者の都合により名無しです:03/05/18 17:56 ID:kuzVprqF
「ありがとう。邪魔だったんだよね。その青い鉄屑」
そこにはのび太の姿があった。
「僕はこれさえあれば何でもできるし」
のび太は銃をくるくると回している。
(なんてことだ!のび太は銃の天才…人間が勝てるわけがない!)
「どうした…さっさと殺せよ!」
スネ夫はそれだけ言うのが精一杯だった。
「君には殺す価値もないよ」
のび太はニヤニヤしながら去っていった。
そのときからのび太は表社会から姿を消したのだった。

91 :作者の都合により名無しです:03/05/18 18:17 ID:+gI0+PVk
スネ夫はうなだれた。おまけにスネオカットもうなだれていた・・・。

92 :作者の都合により名無しです:03/05/18 18:45 ID:KA9x3R/S
「のび太とはいずれ戦うことになるだろう」
スネ夫はさらに強くならねばならないと思った。

しばらくして、ジャイアンがこの町に帰ってくるとの噂を耳にする。

93 :作者の都合により名無しです:03/05/18 19:04 ID:Pw5WJ3/k
しかし、今のスネ夫にとってはジャイアンなど
ヤムチャの様な存在であった。

94 :作者の都合により名無しです:03/05/18 19:28 ID:xeA7OAlQ
スネオはいつかジャイアンを倒すと心に誓った。
そのとき握りしめていたタイムふろしきが風に飛ばされた。
タイムふろしきは先ほどまでドラえもんだったはずの
その鉄くずにかぶさった。


95 :作者の都合により名無しです:03/05/18 19:35 ID:ir31NZxp
その鉄屑はコロ助に変わった。「コロ助ナリよ。」ドラえもんの存在は人々の記憶からなくなりそうだった。

96 :作者の都合により名無しです:03/05/18 19:39 ID:GdFV7xgH
遠い目でスネオは呟く。
「2スレ目かよ・・・」

97 :作者の都合により名無しです:03/05/18 19:50 ID:nNkLElpP
すねお「俺は心からお前を・・・・・・・・・愛している。」

98 :作者の都合により名無しです:03/05/18 20:35 ID:B7bwTgSX
「拙者も好きナリよ」とスネオとコロ助は結ばれる。一年後、スネ助が誕生、これが絶望の始まりとは知らずに・・・

99 :作者の都合により名無しです:03/05/18 20:40 ID:GdFV7xgH
引力=スネオ!

100 :作者の都合により名無しです:03/05/18 20:50 ID:M3qI96sz
ロボットと人間の間に出来た子供。
このニュースは世界各国に伝わった。
二人は人気者になった。
バラエティに、時にはドラマ出演の依頼がきた・・。
しかしそのぶん二人でいる時間が少なくなっていく・・・。



101 :作者の都合により名無しです:03/05/18 22:18 ID:YdSl7wdi
いつも二人で一緒にいたい。

二人はそう思った。
そして彼等は究極の方法を考え、実行した。
それはコロ助を分解し、その部品でスネ夫がサイボーグになるという方法だった・・・。

102 :作者の都合により名無しです:03/05/18 22:36 ID:WHZfbalN
「ありえない」
スネオはやっぱりその考えを却下することにした。
それにコロ助はドラえもんだったのだ。
スネオは何か不快な気持ちにさせられた。

103 :作者の都合により名無しです:03/05/18 23:02 ID:UhG0Hc8Q
その不快な気持ちは時と共に増幅し、殺してやりたいほどの憎悪が生まれた。
そして、ついにその気持ちを抑えきれずに…

104 :作者の都合により名無しです:03/05/18 23:14 ID:XHVSZLSr
スネオは、コロ助のちょんまげを渾身の力をこめて引っこ抜いた

105 :作者の都合により名無しです:03/05/18 23:23 ID:UhG0Hc8Q
       / ̄ ̄ ̄\
       /        |
      |    (・)(・) |
   ◇ 、|      ●   | /ヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     >/|  ______, / ゝ_ノ < ふざけんなよ、トンガリもどき!!
     `^ヽヽ_\___ノ/ //    \_____
 (⌒)二二)) ̄ ̄ ̄ ))/
   ̄   |   O O |
       |______,|\
      /    Y   \◇
      └----‐'ー---┘

106 :武乱道 ◆UURYYYZmuk :03/05/19 00:13 ID:RGXPxzE8
夢だった。

107 :作者の都合により名無しです:03/05/19 00:34 ID:12DZSKpp
のび太
「君に望むことは一つ!ドラエモン!!!

108 :作者の都合により名無しです:03/05/19 00:48 ID:UT8Fd4oV
俺にスペアポケットを貸してくれ!!!」
「いや、俺今コロ助だし。ちょんまげないから無理。」
コロ助は冷たく言い放つと、スネオの待つ愛の巣に帰っていった。

109 :作者の都合により名無しです:03/05/19 00:52 ID:6qquF/d2
その時、のび太の中にひとつのアイデアが浮かんだ。

コロ助の中から『ドラえもん』の要素をサルベージし
新たなドラえもんとして再構成すればいいのだ。



110 :作者の都合により名無しです:03/05/19 00:55 ID:haevQR5c
早速その作業に取り掛かろうとしたスネオは、ひとまずコロ助を殴り倒した。
昏倒するコロ助。スネオの瞳には、かつてのくすぐったいほどの優しさは消えていた・・・。

111 :作者の都合により名無しです:03/05/19 00:56 ID:haevQR5c
しまった。のび太とスネオを間違えた。

112 :作者の都合により名無しです:03/05/19 01:13 ID:jxpYj0WL
110もついでに殴り倒された。
巨大まな板の上に並べられるコロ助と110。

113 :作者の都合により名無しです:03/05/19 01:18 ID:ggav5kan
そこへブタゴリラの人格のジャイアンが助けに来た!
「のび太のくせに俺より出番があるなんて生意気なんだよ」

114 :作者の都合により名無しです:03/05/19 01:20 ID:hLeYnL6+
そして見た事も無いような巨大な人間が、牛刀を磨きながらこちらを見ている。

115 :作者の都合により名無しです:03/05/19 01:51 ID:6qquF/d2
その人影はグレートジャンボゴリラだった。
どことなく、ジャイアンやブタゴリラと似た『ガキ大将』的な雰囲気を感じさせる風貌だ。
ただしその体躯は彼らの比ではない巨大さを誇っていたが。

「テキレツー、テキレツの奴は何処だァ。俺の玩具をブチ込んでやる、ブヒヒ……」


116 :作者の都合により名無しです:03/05/19 07:13 ID:5xkZHcaH
「やめないか!」
「ブヒッ!貴様…何者!?」
「…人呼んでde奇杉!」

117 :武乱道 ◆UURYYYZmuk :03/05/19 07:19 ID:RGXPxzE8
夢じゃなかった。

118 :作者の都合により名無しです:03/05/19 08:30 ID:T9eHTmHJ
現実でもなかった。

119 :作者の都合により名無しです:03/05/19 08:39 ID:S/9AHehv
「僕はどこに向かっているのだろう?」
スネ夫は夢遊病者のようにさまよい歩き始めた

120 :作者の都合により名無しです:03/05/19 09:27 ID:fZRM6kJb
そんなスネ夫をジャイアンが呼び止めた。
「おいスネ夫、この板にいつまでもいたんじゃヤバイぞ。5月過ぎたら削除対象になるって話だぜ。
 早いとこマロンに引っ越さないか?」

ジャイアンはスネ夫を漫画サロン板に案内した。
http://comic.2ch.net/csaloon/

121 :作者の都合により名無しです:03/05/19 09:31 ID:/hJDZDos
スネ夫の前にのび太がゆっくりと現れる。
「骨川スネ夫君、今まで本当に・・・」
「・・・嘘つき」
ターン!
宙に舞うスネ夫。その視界に宙に浮く静ちゃんが映る。
驚きの表情を浮かべるスネ夫。
バッシャーン!彼の体はドブ川へと落ちる。
「静、お前はこの日、この時のために存在したのだ」
「・・・」
「さあ、心の壁を取り払え、今こそ一つに」
のび太の手が静の下半身へとゆっくりと動いていく。
これまでなすがままだった静突然に口を開いた。
「痴漢!この人痴漢です!!!」

122 :作者の都合により名無しです:03/05/19 09:56 ID:ltsnn2w2
「君の愛情表現は本当にハードだなぁ・・・そんな事しなくても
僕は君を包んであげるのに・・・・。しずか・・・・」
そんな事をつぶやきながら、のびたは警察に連行されていった。

123 :作者の都合により名無しです:03/05/19 10:05 ID:bGs9Sxis
スネ夫
「行くのか?のび太?お前はそれで良いのか?」
のび太
「…あぁ。行くよ。
俺にはまだやらなくちゃならないことが沢山あるんだ。」
スネ夫
「ラジコンのことか?」
のび太
「それだけじゃないさ。
ただ、それも数ある中の可能性の一つってことだよ。
だから行くよ。」
スネ夫
「そうか…。淋しくなるな。」
のび太
「また会えるさ。
だって……!!」

…そこにはもう人の姿は無かった。
スネ夫
「さよならは言わないってか…。」

124 :作者の都合により名無しです:03/05/19 13:28 ID:LbyVc4HO
ふと気が付くと、のび太は荒涼とした荒地に横たわっていた。
隣には彼が最も愛する、そして最も憎む対象であるドラえもんが
寄り添うように目を閉じている。
彼ら以外には誰もいない。



「ウウッ……ウウッ」
のび太が嗚咽を上げながら、ドラえもんの太い首を締め上げる。
ドラえもんは虚ろな目でのび太を、否、その向こうにある虚空をみつめた。



ドラえもんが不意にのび太の顔に手を伸ばし、頬をさする。
驚くのび太。
ドラえもんは最後に一言、力ない声で喋った。


「きみはじつにばかだな」

125 :作者の都合により名無しです:03/05/19 15:08 ID:Gh7z92v5
ドラえもんの中から 八頭身どらが
うまれいでた!
封印がとけた!
「今までのドラえもんとは違う…欠けていたものがすべて埋まった感じだ
恐怖威圧感冷静さすべてがそろってる…」
八頭身どら「はじめまして…」

126 :作者の都合により名無しです:03/05/19 15:17 ID:sVUmabfh
八頭身どら「のび太君・・・ガソリンはお好きかな?」

127 :作者の都合により名無しです:03/05/19 15:33 ID:7K80qODr
靴をぬがんかぁ!!!
まぁ結構すきだぜ?

128 :作者の都合により名無しです:03/05/19 15:57 ID:aq4t5Egx
のび太はのびてしまった。

129 :作者の都合により名無しです:03/05/19 15:58 ID:LbyVc4HO
八頭身どら「それではこの樽一杯のガソリンを君に補給してあげよう。尻を出したまえ!」
奴はのび太の肛門にガソリンを注入するつもりだ!
のび太「望むところだ!バッチこーい!」
スネ夫「望むのー?!」ガビーン

130 :作者の都合により名無しです:03/05/19 17:19 ID:XAT0j8rS
のびたが危ない!!スネオはセーラームーンに変身した

131 :作者の都合により名無しです:03/05/19 17:46 ID:COl8tQzp
もっこりだけは勘弁な。

132 :作者の都合により名無しです:03/05/19 17:48 ID:3Yb3Bfor
のび太は女性用下着をその感触を確かめるようにして穿いた。

133 :武乱道 ◆UURYYYZmuk :03/05/19 18:33 ID:RGXPxzE8
のび!
そのすてきな好奇心がスネ夫を行動させたッ!

134 :作者の都合により名無しです:03/05/19 19:01 ID:wIUJIlt5
「セーラームーン!!月に変わって、おしおきよ!!」
あたりはただちに北極と化した。
八頭身ドラはスネオの姿に唖然とした。

135 :作者の都合により名無しです:03/05/19 19:10 ID:xSl9dppi
スネ夫は流石に自分でも無理があると思っていた。
「チッ、分かったよ。じゃあ特殊刑事課の月光刑事って事でどうよ?」



136 :作者の都合により名無しです:03/05/19 20:00 ID:uBpZjnhY
「じゃあ俺美茄須刑事ね!!」
「違う!!美茄須刑事は俺様だ!!」
33と45は取っ組み合いのけんかを始めた

137 :作者の都合により名無しです:03/05/19 20:58 ID:ImyED/rc
のび「殺される前に殺してやるぞぉ!僕だけが生き残ってお家に帰るんだぁ!!」
くそゲームに乗ってしまったのびは・・・

138 :作者の都合により名無しです:03/05/19 21:24 ID:8CnTN2wj
「『ぶっ殺す』という言葉は使ってはいけない。心の中でそいつを『ぶっ殺す』と思った時、そいつを殺してんたぜッ!」スネオはジャイアンを殺した。

139 :動画直リン:03/05/19 21:26 ID:R01IPJsi
http://homepage.mac.com/hitomi18/

140 :武乱道 ◆UURYYYZmuk :03/05/19 21:43 ID:RGXPxzE8
しかしそれはのび太の策だった。
ジャイアンから吹き出る血がのび太のかぶる石仮面に付着する。
「スネ夫ォォォォォォ! 俺は人間を止めるぞォォォ!」
血を吸った石仮面は活性化し、のび太を吸血鬼へと変えた。
「NOOOOOBYYYYYYY!!!!」

141 :作者の都合により名無しです:03/05/19 22:04 ID:2fDZg7bh
静「お願い、その手を離さないで」

142 :作者の都合により名無しです:03/05/19 22:08 ID:xSl9dppi
「静ちゃん、下がりなさい。この全身を伝わるガソリンに太陽のビートを乗せるッ」
コォォォォ……
八頭身ドラは波紋の呼吸を刻み、のび太に拳を放った。
これぞ青色狸の波紋疾走!(ドラエモンズブルー・オーバードライブ)

143 :作者の都合により名無しです:03/05/19 22:10 ID:VaI6dpu6
「ジョジョ厨はカエレ!」
と、遠目で見ていた宅間守容疑者は言った。

144 :作者の都合により名無しです:03/05/19 22:17 ID:nvefuHec
だがその瞬間スネ夫はスタンド能力に目覚めた。
スタンド名は

145 :作者の都合により名無しです:03/05/19 22:17 ID:CIQoH1bV
「男子、出席番号●●番、剛田武死亡ですっ・・・」
優勝候補の突然の死亡に先生は・・・

146 :作者の都合により名無しです:03/05/19 22:19 ID:VaI6dpu6
スタンド名
「男子、出席番号●●番、剛田武死亡ですっ・・・」

スタンド名が長すぎて誰も覚えられなかった

147 :作者の都合により名無しです:03/05/19 22:21 ID:Ff1DMhbQ
皆でオナニータイムです
しばらくお待ちください

148 :作者の都合により名無しです:03/05/19 22:28 ID:ZD7IJV9O
>>147の赤玉が出てしまったと同時に、スネオのスタンド「男子、出席番号●●番、剛田武死亡ですっ・・・」 が
新たな力の興奮に打ち震えるのび太の胸板を貫いた。

149 :作者の都合により名無しです:03/05/19 22:44 ID:ggav5kan
それによって時の流れが加速していく!

そして殺す毛だけが生き残った。

150 :作者の都合により名無しです:03/05/19 22:47 ID:BnTvB0vB
スネオのスタンドの名は長いから略してジャイママは静と合体、『青狸月』になる。

151 :武乱道 ◆UURYYYZmuk :03/05/19 22:55 ID:RGXPxzE8
ある日源静香・ジョースターは、
「私もジョジョじゃん!」
と思った。
あ、嘘嘘うっそ。
そんなこと思ってないよーん。

152 :作者の都合により名無しです:03/05/19 22:58 ID:5vfsVzOs
出来杉「のび太〜『覚悟』とは〜暗闇の慌谷に進むべき道を切り開くことだー」と鼻血を出した。「何するだー。」とスネオはパニくる。

153 :作者の都合により名無しです:03/05/19 23:22 ID:vMVcvSoF
ドラえもんから生まれ出た八頭身ドラとは・・・
ひとつ 無敵なり!
ふたつ 決して老いたりせず!
みっつ 決して死ぬことはない!
よっつ あらゆる生物の能力を兼ね備え
しかも その能力を上回る!
そしてその形はギリシアの彫刻のようにふしだらさを基本形とする。
視力 天体望遠鏡なみ
跳躍力 18m
知能 IQ400
聴力 蝙蝠から鯨の鳴き声まで聞き分けられる。
握力 なし。しかし手を中心に働く重力は軽く5Gを超える
好きな食べ物 ドラ焼き 重油
SEX できない。下等な生物ほど子供の数は多い。死の危険が大きいからだ
したがってマシーン兵器に子孫や仲間はいらない。頂点は常に一つ!!


154 :作者の都合により名無しです:03/05/19 23:24 ID:3Cq6cQ8E
しかし、その八頭身ドラも玉子にあっさり殺された

155 :bloom:03/05/19 23:26 ID:R01IPJsi
http://homepage.mac.com/ayaya16/

156 :作者の都合により名無しです:03/05/20 00:09 ID:JErLW7c8
「よーし!お次はママとincestだ!!」
のび太ははしゃいだ。


157 :作者の都合により名無しです:03/05/20 00:33 ID:Hopc2rxw
しかし、八頭身ドラはナノマシン単位で生き伸びていたのです。

のび太の背中に寄生して。

158 :作者の都合により名無しです:03/05/20 01:32 ID:7YOc23BX
同じ頃、ドラ美ちゃんも寄生していた。

スネオの右手に・・・

159 :作者の都合により名無しです:03/05/20 01:35 ID:uNfQUzuX
「ゴウダタケシくんが、ナースのコスプレをして
背中に大根を背負い、一輪車に乗ってパチスロで大当たりを
出すという偉業を達成しました。みんな、彼を見かけたら
誉めてあげてください。」
突然、町内放送からジャイアンの偉業を伝える放送が流れた。

160 :作者の都合により名無しです:03/05/20 02:01 ID:VIT0EjIt
そしてそれに感化された出来杉は、石仮面を発掘した。

161 :作者の都合により名無しです:03/05/20 02:27 ID:kPoUJKfO
気味悪いからまた埋めた

162 :作者の都合により名無しです:03/05/20 02:31 ID:7YOc23BX
その隣では先生が「矢」を発掘していた。

163 :作者の都合により名無しです:03/05/20 03:08 ID:VIT0EjIt
休憩所にいった出来杉はディスクを拾った。

164 :作者の都合により名無しです:03/05/20 03:20 ID:V4kxcbrC
気味悪いから捨てた

165 :作者の都合により名無しです:03/05/20 03:21 ID:EY+pYITO
ジョジョ厨が多くなってきたのでスネオはジョジョ厨を
一人ずつ独裁スイッチで消していった。


166 :bloom:03/05/20 03:26 ID:2tuzqmrZ
http://homepage.mac.com/ayaya16/

167 :作者の都合により名無しです:03/05/20 03:26 ID:Ik1WevyW
だが50年後からスネ夫の孫がやってきた


168 :作者の都合により名無しです:03/05/20 03:31 ID:iQEGkcli
でも直ぐに帰っていった。

169 :作者の都合により名無しです:03/05/20 03:57 ID:EY+pYITO
その時、胸に七つ傷を負ったあの男が帰ってきた。

170 :作者の都合により名無しです:03/05/20 03:59 ID:Uhwu763g
そう、源静香その人である。


171 :作者の都合により名無しです:03/05/20 04:10 ID:iQEGkcli
「お前は静香ちゃんの胸を見たことがあるのか?」
俺様はそう言って>170に詰め寄った。

172 :作者の都合により名無しです:03/05/20 04:13 ID:+ntdGBpY
「奴のことならケツの穴の皺の数まで知っているぜ。」
170はほくそ笑んだ


173 :作者の都合により名無しです:03/05/20 07:15 ID:EcELcbow
しかしシズカちゃんは女だった。

174 :http://homepage.mac.com/ayaya16/:03/05/20 07:26 ID:2tuzqmrZ
http://homepage.mac.com/ayaya16/

175 :作者の都合により名無しです:03/05/20 07:26 ID:DcRU3jRy
           _,....、、、、、、、...,_
        ,..::'"´:,:'゙´`ヽ,:'゙´`ヽ`'::、
      /:::::;:、-i  ○ l ○ i‐- ;ヽ,
     /:::::;: '´‐-、`'ー''(´`)ー" ''゙´ ヽ;',
     i':::::/ , -─‐-   | ニニ ̄ }.i!
     {:::::i  i`''ー- 、..,,,,,___|__,,,,..、‐i゙ i
     .i::::!.  ',  ______       / /
    ,..., .ヽ::、  ヽ,´   `゙ヽ,  ,/./  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  i゙  iー"゙'ゝ、.,,_`'‐、.,,___,,...ゝ'",./  < ♪大塚むすめ〜
  `;ー''ゝ:::::::::::,二M=w-、‐=''"´      \_______
 / ○/:::::::::/´    ゝソ/\...,
 '、__,..!,{::::::::::{  「`゙゙'''ー-、/`'(   )
    `ヽ::::::::`::.,''ー--,/   `"´
      (`'ー--‐゙<"´
      `'‐---‐'



176 :作者の都合により名無しです:03/05/20 07:30 ID:wX8RZHjk
「男でも女でもどっちでもいい!このわけのわからん状況を
 何とかしてくれ!」
出来杉君は泣きそうになりながら訴えた。

177 :作者の都合により名無しです:03/05/20 07:57 ID:IWd+y1fE
そうだ、京都行こう。

178 :作者の都合により名無しです:03/05/20 08:31 ID:f4wJDhlp
「ここが祇園か.....」
そう言ってスネ夫はイチモツを取り出した

179 :作者の都合により名無しです:03/05/20 10:14 ID:oQ1sRu6C
スネ夫「ゲイシャガール!ゲイシャガール!!」

180 :作者の都合により名無しです:03/05/20 10:17 ID:Jee7FNHk
スネ夫はちんこの幸せについて考えてみた

181 :作者の都合により名無しです:03/05/20 10:21 ID:cOIT7KR+
「おう、フジヤーマ…」
観光に来ていた金髪の方達はスネ夫の股間を見てため息をついた。

182 :作者の都合により名無しです:03/05/20 10:30 ID:lOIkFzfz
そう。その金髪こそスーパーサイヤ人となったアイツであった。

183 :武乱道 ◆UURYYYZmuk :03/05/20 11:24 ID:7VjVWq9m
「あなたが次元の魔男ですか!?」
「そうとも呼ばれている」
突然の訪問者にスネ夫はそう答えていた。
「さくらを、助けてください!」

184 :bloom:03/05/20 11:26 ID:2tuzqmrZ
http://homepage.mac.com/ayaya16/

185 :作者の都合により名無しです:03/05/20 11:38 ID:Jee7FNHk
突然の訪問者の正体は未来から来た>>200だった

186 :作者の都合により名無しです:03/05/20 11:41 ID:f4wJDhlp
「ちょっと、待てよ」
スネ夫は>>185のあまりに無責任な発言に激怒した

187 :武乱道 ◆UURYYYZmuk :03/05/20 12:06 ID:7VjVWq9m
実はスネ夫じゃなかった。

188 :作者の都合により名無しです:03/05/20 13:09 ID:L3HI8kfH
そう、源静香その人である。


189 :作者の都合により名無しです:03/05/20 13:29 ID:cwhhwiNe
スネ夫
「またお前か…。
確かに危険だな。
[上]で手に入れたのか?その[力]は。」

「えぇ。そうよ。
凄いでしょ?スネ夫君じゃあここまで来るのに10年はかかった。
でもアタシはたった一日でここまで来れたわ。
だから殺すの…。
貴方を殺してアタシの強さを証明してあげる!!」

190 :作者の都合により名無しです:03/05/20 13:33 ID:OFzJEyre
スネ夫「できるかな・・・?はたしてお前に」
しずか「来い!!」

191 :作者の都合により名無しです:03/05/20 14:08 ID:3wgzPVOh
二人は激しく合体した。

「ヒィーーーーーーーしぬーーーーーー」
ある意味静香は死んだ。

「逝ったか・・・・俺のテクは無敵・・・」
そう呟くスネオを
ノビタはじっと見つめていた

192 :作者の都合により名無しです:03/05/20 15:16 ID:bzRcecAh
その時、のび太の背中に寄生していた八頭身ドラが
急速再生を始めた。
宿主であるのび太を逆に吸収し、完全体へと進化した。

八頭身ドラ「フシュ〜〜〜ルルル……」

193 :作者の都合により名無しです:03/05/20 15:47 ID:Tids8Zug
そして口直しに緑茶を飲んだ。
八頭身「ふぅ、のび太は味のクセが強すぎるぜ」

194 :作者の都合により名無しです:03/05/20 16:00 ID:cB0eFGKw
スネオは東京に帰ってきた。
しかし自分の家がわからず迷子になってしまった。

195 :作者の都合により名無しです:03/05/20 16:02 ID:LHcdKyBT
「なにを生意気な・・・・ならば料理勝負だ!!」
スネオはドラに対して、突然対抗意識を燃やし始めた。
なぜなら、スネオは美味しんぼの大ファンだったからだ!!

196 :作者の都合により名無しです:03/05/20 16:06 ID:cB0eFGKw
スネオは納豆ご飯を作った。

197 :作者の都合により名無しです:03/05/20 16:47 ID:Jee7FNHk
そして、納豆汁も作った。

198 :作者の都合により名無しです:03/05/20 16:50 ID:ZTpcxB8Q
    /       \
   /           ヽ
   │ ━━ _  ━━ |
  / ─|( ・)| =|(・ )l-|       ________
 (の|   ̄   `ヽ ̄  |      /
  し     (__) ・ |    < わて、納豆だけはあかんのや。
   |   /___\   |      \
   |  //|___ 」│ /         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
_/|\______ /\_
※※\    ー    /※※
※※※ \       /※※※


199 :作者の都合により名無しです:03/05/20 17:07 ID:7stTx8bD
   ____
\|/      \
 /  _____|
| //__  ___ |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| / /  \/  ||  < 困るんだよね。
|6---|  ・  || ・ ||   \__________
|  \_/ ) __/ |
|    ___ |
 \   \_ノ ノ
  \____/


200 :武乱道 ◆UURYYYZmuk :03/05/20 17:17 ID:7VjVWq9m
朝起きたら女になってた。

201 :作者の都合により名無しです:03/05/20 17:26 ID:o0Nksgfq
その時納豆が激しく光った!「こっ、これは!?」

202 :作者の都合により名無しです:03/05/20 18:05 ID:XGjmE/2J
金のつぶ食べよ〜♪

203 :作者の都合により名無しです:03/05/20 18:08 ID:LITfqH/0
雄山「ぬううう・・!ま、まさか納豆に発光ダイオードとは・・・
   この奇抜で斬新なアイデア、性長しおったなスネオ。」
  雄山は我が子の成長に感動の涙を禁じ得なかった。

204 :作者の都合により名無しです:03/05/20 18:34 ID:o0Nksgfq
「これがカオスの力か.....」スネオは新たな力を手にいれた....。
「これなら奴にも勝てる...。」

205 :作者の都合により名無しです:03/05/20 19:09 ID:nkpU7jhi
奴とはそう、超巨大ガキ大将のグレートジャンボゴリラだ。

206 :作者の都合により名無しです:03/05/20 19:24 ID:f7Vdy920
と思ったら夢だった。
最近どうも夢見が悪い・・・嫌な予感がするぜ・・。

207 :作者の都合により名無しです:03/05/20 19:48 ID:GkGN3bvU
「こ、ここはどこだ!?」
目覚めるとスネ夫は新宿駅の便所に転がっていた。

208 :作者の都合により名無しです:03/05/20 20:50 ID:DWZsf7t+
しかも女子便所だ。

209 :作者の都合により名無しです:03/05/20 20:59 ID:OUiPPVnU
スネ夫は俺がコロシタ・・・。
1-208は今日から俺様の配下だ!

210 :黒鳥:03/05/20 21:28 ID:3FQnWs9A
「ハッ!!」
スネオは駅のホームに座っていた。
下から蝶が飛んでいった。
スネオは歩き始めた。
「姉さん・・・運命ってなんだろうな・・・」
スネオがそう問うと姉さんは答えた
「スネオ・・・私はね、こう思うの。運命はね、信じ続ければ変えられる
・・・」
「姉さん・・・言ってる事が全然返事になってないよ・・・」


211 :作者の都合により名無しです:03/05/20 21:45 ID:Z+HEDnUa
「『運命』それは私を押し上げる為にある物。究極の運命生命体『青色の鉄丸狸』のカードを出すぜっ!」と本気モードのスネオが出来杉を仕掛ける。

212 :作者の都合により名無しです:03/05/20 21:47 ID:i5ZXewrS
しかしその瞬間、出来すぎのトラップカード発動!
スネオの動きが鈍くなる!!

しかし、

213 :作者の都合により名無しです:03/05/20 21:50 ID:wKu+PTQr
スネ夫は死んでしまった。

214 :作者の都合により名無しです:03/05/20 21:51 ID:ibvDYCEt
スネオはレアカードの『星型額の馬神父』を出した。

215 :作者の都合により名無しです:03/05/20 21:51 ID:H6wBrXcM
スネオは何やら呪文のようなものを唱えだした。

「2chは5,6人以上逮捕された犯罪者が居るので
2chは全員、犯罪者だと思っていいと思います。
私の友達と私が被害を受けたのは本当の事実なので。」
(HPより抜粋)

http://members.tripod.co.jp/nichkirai/index.htm
この2ちゃんねるを罵倒しているサイトである
2003年5月21日午前0時を以て
攻撃開始。
他のスレッド・板にコピペしてくれ。

これは我々2chねらーに対する挑戦であり
善良な2chねらーを巻き込ませようとしている悪の芽を摘むことを決定した
間引きをすることにより、2chの秩序を保つのだ

すると、暗雲たち込める空の彼方が光りだし、




216 :作者の都合により名無しです:03/05/20 21:56 ID:DWZsf7t+
>>215
「だからウゼーんだよ
書いてることと別のURL出しやがって詐欺が、氏ねつーか死ね。」
スネオはこのURLがエロサイトの入り口だということを知っていたのだ。
「しかも高い金ぼったくりやがって」


217 :作者の都合により名無しです:03/05/20 21:58 ID:MB+xU0EE
出来杉「ならば僕は神カード『フジコ・エフ』を出す!」因みに神カードは三種類しかない。

218 :黒鳥:03/05/20 22:00 ID:3FQnWs9A
スネオ「ピカー」
スネオは闇スネオになった

219 :作者の都合により名無しです:03/05/20 22:00 ID:WM061GEo
出来杉「ちなみに>215はエロサイトじゃあなかったよ・・・期待してたのに・・・ブツブツ」

220 :作者の都合により名無しです:03/05/20 22:04 ID:DWZsf7t+
もしかして自作自演・・・?スネオは名探偵コナンになった

221 :作者の都合により名無しです:03/05/20 22:06 ID:6Ebkavhe
闇スネオは『星型額の馬神父』カードをいけにえにして、『アラキ・イロイコ』をだす。

222 :作者の都合により名無しです:03/05/20 22:32 ID:FI3I5/Rl
さらに闇スネオは魔法カード「ジャイ子のまなざし」を使った。

223 :作者の都合により名無しです:03/05/20 22:34 ID:DqGNh2Tz
呼び出されたジャイ子は、なんと着替え途中だった!
全てのプレイヤーのヤル気が大幅ダウン!!

224 :作者の都合により名無しです:03/05/20 22:36 ID:RvOUKZ4y
スネ夫はのび太の一部分がそそり立つのを肌で感じた。

225 :武乱道 ◆UURYYYZmuk :03/05/20 22:49 ID:7VjVWq9m
最近ご飯がおいしい。
スネ夫はしみじみとそう思うのだった。
                    続く

次回「ドキッ!ジャイ子だらけの水泳大会!!」

226 :作者の都合により名無しです:03/05/20 22:59 ID:DQCrQqsB
http://life.fam.cx/





227 :作者の都合により名無しです:03/05/20 23:18 ID:EcELcbow
なんかわけわかんなくなってきたので、
ここらでいきなり最狂トーナメントを開催します!

エントリー1番はスネ夫。今は何故か名探偵になっています。
エントリー2番は闇スネ夫。自称ジョジョマニアだそうです。
エントリー3番は剛田ジャイ子。本名不明。見た目は最狂です。
エントリー4番はカミナリさん。詳細不明。わかっていることは本編では最狂です。

228 :作者の都合により名無しです:03/05/21 00:10 ID:Z8HyBFwu
第一試合は闇スネ夫VSジャイ子
対戦方法は・・

229 :作者の都合により名無しです:03/05/21 00:25 ID:O/9kqYof
>>215
うわっ、本当に掲示板のサーバーがダウンしてるよ。
13歳相手にちょとカワイソウな気も……。

230 :作者の都合により名無しです:03/05/21 02:22 ID:LqegDNVj
と、すねおは思った。
「俺も昔は若かったのに今じゃ殺人鬼か〜〜」

むらむら来たスネオはドラミを探し始めた

231 :作者の都合により名無しです:03/05/21 03:45 ID:Y5S0pAUK



ドラミは、まさに俺好みの雌ロボットだ。
身長160cm、やや細めのBカップ。顔は星野スミレそっくりだ。
尻が少し大きいことを気にしているところがまたかわいくてたまらない。

232 :作者の都合により名無しです:03/05/21 05:05 ID:MxXAvrsz
一部のくそったれ2chねらーのせいで捻じ曲がった解釈しかできなく
なっている  ttp://members.tripod.co.jp/nichkirai/index.htm
に対してスネオは同情の涙を流した。
スネオ「これが若さか・・・」


233 :作者の都合により名無しです:03/05/21 08:26 ID:85QtCOnF
そこへ奴が現れた!国際テロ組織「心の友」の創立者・・・

234 :作者の都合により名無しです:03/05/21 08:28 ID:GogcZUUq
そう、源静香その人である。


235 :作者の都合により名無しです:03/05/21 08:39 ID:3MJ+pSEL
静香は演説を始めた。
静香「ガス代、水道代の観点から、我が組織の風呂事情が大変厳しくなっておる!
   風呂は身体だけでなく、心をも清らかにする神聖たる儀式!!
   このまま世界の言うとおり、風呂に入る回数を減らしてもいいのだろうか!?」
部下「否!風呂は静香様の為に!!」
静香「その通り!私は一日50回風呂に入らねば気がすまないのだ!!
   そこで、諸君らに力を貸してもらいたい!!世界中からガスと水道の全てを奪取するのだ!!
   これは聖戦だ!我々には好きなだけ風呂に入る権利があるのだ!!
   逆らう者は全て殺せ!!秘湯を見つけたら、そこの所有者を殺し、手に入れろ!
   さあ行け、我が下僕よ!!」
部下「静香様、バンザ〜〜〜〜〜〜〜イ!!!!!」

236 :作者の都合により名無しです:03/05/21 08:47 ID:sQUjGAgn
スネ夫「クッ、この演説は…エリートの俺様の心を揺さぶる…!
     いかん!いかんぞぉぉ!!」

237 :作者の都合により名無しです:03/05/21 10:22 ID:C8+Raeid
スネ夫は静香に対して思わず
「やらないか?」
と叫んでしまった。

238 :作者の都合により名無しです:03/05/21 10:31 ID:s67ajQPq
八頭身どら
「やめとけ 時代はもう変わったんだ 静主義はもうなくなる
今はジャイアニズムが台頭している
悪いことはいわんやめとけ」

239 :武乱道 ◆UURYYYZmuk :03/05/21 10:43 ID:9YePMQCF
ボエ〜。

240 :あぼーん:03/05/21 11:06 ID:vnIc9bwq
  ∧_∧    http://togoshi.ginza.st/mona/
 ( ・∀・)/< こんなの見つけたっち♪
http://togoshi.ginza.st/mona/mona10.html
http://www.togoshi.ginza.st/mona/mona08.html
http://togoshi.ginza.st/mona/mona05.html
http://www.togoshi.ginza.st/mona/mona07.html
http://togoshi.ginza.st/mona/mona06.html
http://www.togoshi.ginza.st/mona/mona02.html
http://togoshi.ginza.st/mona/mona04.html
http://www.togoshi.ginza.st/mona/mona03.html
http://togoshi.ginza.st/mona/mona01.html
http://www.togoshi.ginza.st/mona/mona09.html

241 :作者の都合により名無しです:03/05/21 11:09 ID:7b7x8OPg
ここで「心の友」のメンツに関して説明せねばなるまい。
「心の友」とは、偉大な総領主源静香を筆頭として
側近に170
配下として33、45、ゴルゴドラ、グレート・ジャンボ・ゴリラ
京極さん、のびた等々がいる。

242 :作者の都合により名無しです:03/05/21 11:17 ID:Oa9rsB2T
もちろんアルティメットシイング八頭身どらを生んだのも「心の友」
なら215の鯖をあぼーんしたのも「心の友」。
スカラー波照射もすれば、SARSだってばらまく。
すべては風呂のために!!

243 :作者の都合により名無しです:03/05/21 11:36 ID:C8+Raeid
そんな静香もひとつの気がかりがあった。
それは>>215で紹介されている
ttp://members.tripod.co.jp/nichkirai/index.htmの管理人の事である。

このままだと、彼女は2ちゃんねらーの同級生を刺して
この2ちゃんねるで祭られるそれがある。

それだけが気がかりであった。

244 :作者の都合により名無しです:03/05/21 12:37 ID:CexCZZI4
スネオは2ちゃんねらーになっていた=ひきこもりである

245 :作者の都合により名無しです:03/05/21 13:03 ID:VV7HSDsd
そう、つまり静主義とは全て『風呂』を中心に回っているのだ。
「恐ろしい……一日に50回も風呂に入ったら、常人ならふやけてしまうぞ!」
スネ夫は戦慄した。

246 :作者の都合により名無しです:03/05/21 13:17 ID:/ODombUi
出来杉「しかし静香は若く瑞々しい肢体を保っている。
    これがなにを意味するのか・・・わかるね?」


247 :作者の都合により名無しです:03/05/21 13:21 ID:Ai6iGUBQ

「ふっ…。やはり貴様等は『ヌルイ』な…。
だから貴様等は熱々の風呂に入れんのだ。
50回だろうが100回だろうが風呂ならいくらでも入ってやる!」

248 :作者の都合により名無しです:03/05/21 14:09 ID:CexCZZI4
「しかし入場料1000円とるけどな」
しずかは腹黒さを見せ付けた。

249 :作者の都合により名無しです:03/05/21 14:18 ID:CJPwO3K1
「幼い頃から一緒に風呂に入っていたじゃないか・・・
 入場料ぐらいまけてくれよ。俺とお前の仲だろ?」
スネオは静香の股座に触れながら問いかけた。

250 :作者の都合により名無しです:03/05/21 14:21 ID:SkSjiPTA
スネ夫は何か固いものがあるのに気付いた
「ウフフフフ…」

実は変装したジャイ子だった。

251 :作者の都合により名無しです:03/05/21 14:22 ID:aR2N2Hxy
数日が過ぎ、静との抗争はまだ激しく続いている。
スネ夫はおもった「こんなときのびたがいてくれば・・・」
そのとき!
静が部下の警備網を潜り抜けて、銃口をスネ夫に向けた
静「貧弱貧弱ぅ」

252 :作者の都合により名無しです:03/05/21 14:23 ID:RpOYGTg+
しずか「気安い女だと思わないことね!!!」
しずかはスネオの腕を捻り上げた!

253 :作者の都合により名無しです:03/05/21 14:28 ID:f/NnOJ2P
スネオ「ミギャアアァァァァァァァ」
スネオはまるで全身をナイフで刺されたかのような絶叫をあげた。

254 :作者の都合により名無しです:03/05/21 14:30 ID:VV7HSDsd
「ゲーム・オーバー」
静香は叫ぶスネオの滑稽さに笑い、銃口を突きつけそう言い放った。

ゴキョリ!

しかし、スネ夫は自ら捻り上げられた腕の関節を外し
そのまま静香に体当たりしたのだ。
静香「何ッ!」
スネオ「ふう……まだまだ死ぬ訳にはいかないんでな……」


255 :作者の都合により名無しです:03/05/21 16:25 ID:ukyB4NCS
「俺はあいつとの約束を破るわけにはいかないんだ!!」
スネオの燃え上がる闘志とともにあの時の記憶が脳裏に浮かんだ。

256 :作者の都合により名無しです:03/05/21 16:33 ID:R1QKehjJ
そう、あれは××××年、田代まさしとの約束だった。

257 :作者の都合により名無しです:03/05/21 16:49 ID:vCK1Xrf7
        γ___
     /      \
    /        ヽ      
    ( ((|__|____|__||_| ))  
    ( ((  □━□  )      漏れバスジャックするから
     (6    J   |)       お前都庁爆破してね。
      ヽ  ― ノ  ∧Λ∧
        -    ( ´д`)
    〜 ┘  └   │)\ +
   /   \\ /|  │) │
   /  ノ   ‖│ │) ノ


258 :武乱道 ◆UURYYYZmuk :03/05/21 17:06 ID:9YePMQCF
スネ夫の脳裏に田代の表情、息遣い、臭い、感触が蘇る。
そして、スネ夫の目端から涙が一つ、零れ落ちた。
それがスネ夫の流した最後の涙だった。
スネ夫はもう迷わない。いや、迷うわけにはいかない。
はるか昔から続いてきた因縁を、断ち切らなければならないから。
スネ夫はもう、後ろを振り返らなかった。

259 :_:03/05/21 17:08 ID:vnIc9bwq
  ∋8ノノハ.∩   http://togoshi.ginza.st/konno/
   川o・-・)ノ <先生!こんなのがありました!
http://www.togoshi.ginza.st/konno/konno01.html
http://togoshi.ginza.st/konno/konno04.html
http://www.togoshi.ginza.st/konno/konno10.html
http://togoshi.ginza.st/konno/konno07.html
http://www.togoshi.ginza.st/konno/konno08.html
http://togoshi.ginza.st/konno/konno05.html
http://www.togoshi.ginza.st/konno/konno03.html
http://togoshi.ginza.st/konno/konno06.html
http://www.togoshi.ginza.st/konno/konno02.html
http://togoshi.ginza.st/konno/konno09.html

260 :作者の都合により名無しです:03/05/21 17:34 ID:R1QKehjJ
そう、スネオは盗撮計画にのりでた!

261 :作者の都合により名無しです:03/05/21 18:13 ID:0kliEu05
>259はスネオの盗撮の記録である。

262 :作者の都合により名無しです:03/05/21 18:18 ID:zXEkXfKl
みんな見てくれと>>261は言いたかったのだ

263 :作者の都合により名無しです:03/05/21 18:36 ID:aR2N2Hxy
静は警察を呼んだ

264 :作者の都合により名無しです:03/05/21 18:37 ID:DHeUCaUg
だが、朝青龍がそれに気づいてしまった。

265 :作者の都合により名無しです:03/05/21 18:40 ID:aR2N2Hxy
静「おまわりさんあそこですシャブ打ってるやつは。」
スネ夫「うってねぇぇぇよえへへへへ」


266 :作者の都合により名無しです:03/05/21 18:40 ID:VibSDhxe
しかし>>259の盗撮記録など誰も見てくれようとはしなかった。
金がかかるから。
しかも写ってるのは男の映像ばっかりだ。

267 :作者の都合により名無しです:03/05/21 18:44 ID:aR2N2Hxy
おっすおら田代

268 :作者の都合により名無しです:03/05/21 19:02 ID:VibSDhxe
田代はオラえもんと手をつないでスネオの前に現れた。
「田代・・・なぜこんな奴と手なんか・・!」

269 :作者の都合により名無しです:03/05/21 19:05 ID:ETgc+2i3
スネ夫「諸君らの愛した田代は死んだ!! 何故だ!?」

270 :作者の都合により名無しです:03/05/21 19:23 ID:seADiRkt
「所詮、この世は弱肉強食。弱えやつは死ぬしかねえのさ。」
スネオはそう吐き捨てた。

271 :作者の都合により名無しです:03/05/21 19:40 ID:5wIB9vgx
だが次の瞬間田代はスネ夫の視界から消えていた。

272 :作者の都合により名無しです:03/05/21 20:14 ID:NUMAJbpn
スネ夫「なにィッ・・・!どこだ、どこに消えやがった・・・」



「スタープラチナ・ザ・ワールド!!」

273 :作者の都合により名無しです:03/05/21 20:18 ID:p8QC43Vv
そして残されたオラえもんの方を睨んだ。

274 :作者の都合により名無しです:03/05/21 20:19 ID:N3CD3tA8
しかし、移動したのは田代ではない、スネ夫の方であった・・・。
スネ夫はオラえもんの魔力により、伝説の国、北○鮮に飛ばされてしまっていたのだ・・・。

275 :作者の都合により名無しです:03/05/21 20:35 ID:di1JvF3Z
「これで私の計画をさまたげる者はいなくなった・・・
さて、本日26回目の風呂に入るか・・・」
しずかはスネオがいなくなったことに安心し、油断していた。
そこにノビタが!!!

276 :作者の都合により名無しです:03/05/21 20:42 ID:JPYXjgBR
ノビタ「お前は・・・私を本気で怒らせた!!!」

277 :作者の都合により名無しです:03/05/21 20:55 ID:hqwYT9q1
田代の意思を受け継いだノビタはしずかを盗撮していた。

278 :作者の都合により名無しです:03/05/21 21:11 ID:AGlMvmw6
殺人鬼スネ夫のスレはここですか?
まったく厨房のスレ立てはこれだから困るわ

279 :作者の都合により名無しです:03/05/21 21:13 ID:VV7HSDsd
盗撮しているのび太は、錯乱状態でそんなことをブツブツと呟いていた。

何故なら、彼の愛するしずかは出来杉と激しいSEXの真っ最中だったからだ。

280 :作者の都合により名無しです:03/05/21 21:14 ID:hqwYT9q1
ここは、「殺人気」スネ夫のスレだよ・・・
まだ続けるかね?グランド278?

281 :作者の都合により名無しです:03/05/21 21:38 ID:8o7+8K9w

のび太
「もういいから>>280はちとしつこい

282 :作者の都合により名無しです:03/05/21 21:42 ID:Cx+veXoM
>>281こそ>>1の正体だったのだ

283 :作者の都合により名無しです:03/05/21 21:53 ID:QYNsB7lU
いったんCM入りま〜〜す

284 :作者の都合により名無しです:03/05/21 21:57 ID:wMxbipcc
>>1「もうこのスレッドに用はない!消えろ!!」
>>1がそう叫ぶと、地球は爆発し、滅んだ。

第二話『火星の仮性包茎による苛性ソーダ』
火星は今日も平和だった。しかし、あの男が現れてから、火星は地獄と化した。
あの男とは・・・

285 :黒鳥:03/05/21 22:03 ID:+msoJeu5
そのころ闇スネオは
>>218でスネオ自ら「ピカー」と言ったのに誰もつっこんでくれなかったので
(´・ω・`)していた

286 :作者の都合により名無しです:03/05/21 22:17 ID:WZtlgY78
するとそこに北の初代将軍が現れた。

287 :作者の都合により名無しです:03/05/21 22:33 ID:aR2N2Hxy
おいらももむぅ

288 :作者の都合により名無しです:03/05/21 22:42 ID:z1h8itH8
闇スネオは再び叫んだ。「『青色の鉄丸狸』と『黄色の蝶結び狸』と『丸眼鏡ダメ男』をあ・げ・る」

289 :作者の都合により名無しです:03/05/21 23:06 ID:YPY2UhcK
スネオ「こいつもとっておけ!」
スネオはからくり人形からひっこ抜いたちょんまげも投げて
よこした。

290 :作者の都合により名無しです:03/05/21 23:32 ID:VV7HSDsd
コロ助「いや、それがないとマジで困るから」
あまりの動揺のために素の喋り方になっていた。

291 :作者の都合により名無しです:03/05/22 00:00 ID:7CldhKTQ
「ageるゼ…?」コロ助は動揺し過ぎて「特攻の拓」みたいなしゃべりかたになっていた。

292 :作者の都合により名無しです:03/05/22 00:05 ID:puK0Sc89
「“返さな”いってんなら・・・“考え”があるぜ・・・?
 “マウントポジション”が“寝”なくても“出来”るってことを“教”えてやんよ・・・!?」

スネオに襲い掛かってきたコロ助は、今や半分ゴリ夫も混じっていた

293 :作者の都合により名無しです:03/05/22 00:38 ID:VKF4Ff3Q
「無駄無駄無駄無駄ぁ!」
スネ夫は襲ってきたコロ助に
ラッシュをかけた

294 :作者の都合により名無しです:03/05/22 00:39 ID:n72jf8cU
:::::::::::/           ヽ::::::::::::
:::::::::::|  ば  じ  き  i::::::::::::
:::::::::::.ゝ か   つ   み  ノ:::::::::::
:::::::::::/  だ  に  は イ:::::::::::::
:::::  |  な。       ゙i  ::::::
   \_         ,,-'
――--、..,ヽ__  _,,-''
:::::::,-‐、,‐、ヽ. )ノ      _,,...-
:::::_|/ 。|。ヽ|-i、      ∠_:::::::::
/. ` ' ● ' ニ 、     ,-、ヽ|:::::::::
ニ __l___ノ     |・ | |, -、::
/ ̄ _  | i     ゚r ー'  6 |::
|( ̄`'  )/ / ,..    i     '-
`ー---―' / '(__ )   ヽ 、
====( i)==::::/      ,/ニニニ
:/     ヽ:::i       /;;;;;;;;;;;;;;;;




295 :作者の都合により名無しです:03/05/22 00:42 ID:ZRZyqYGs
コロ助「あった・・・ありやがった・・・こんな所に・・・ちょんまげ
    を取り返す・・・必勝の道・・・希望が・・・!!」
うれしさのあまりコロ助の横顔はとんがってしまった。

296 :作者の都合により名無しです:03/05/22 00:47 ID:KDgcJJkI
そしてとんがりに変身した。


297 :作者の都合により名無しです:03/05/22 01:45 ID:y2TOULtC
「トンガリの苗字が「尖(とがり)」というのはモロ過ぎるよなぁ〜?」
トンガリのコスプレをしたコロ助は、身も蓋もない事でスゴんだ。

298 :作者の都合により名無しです:03/05/22 02:39 ID:WEmqrClI
「だがそれがいい」
そう言い放ったのは

299 :作者の都合により名無しです:03/05/22 03:22 ID:m2cTgNFb
俺だった。

300 :作者の都合により名無しです:03/05/22 03:59 ID:Li1QR8nG
ざわ……


          ざわ……


観衆が299とコロ助を見つめる。

301 :作者の都合により名無しです:03/05/22 08:34 ID:Nf1jP0ST
どれだけ時が流れたときだったろうか…ピクリとも動かなかったコロ助が突然

302 :作者の都合により名無しです:03/05/22 08:59 ID:FcBS5tWz
屁で跳んだ

303 :作者の都合により名無しです:03/05/22 09:12 ID:Xvj0aSdJ
「そ、尊師…?」


304 :作者の都合により名無しです:03/05/22 10:59 ID:EKWgb37g
299「UREYYYYY!!そんなねむっちまいそうなのろい動きで
   この299を倒せるかァーーーーーーーーーー」

305 :作者の都合により名無しです:03/05/22 11:53 ID:PiORiE8J
「好きなだけ書きなさい
円でもドルでもポンドでもかまわない
」といい
八頭身どらは小切手を差し出した

306 :作者の都合により名無しです:03/05/22 12:07 ID:qXUmtjue
299は破り捨てた。

307 :作者の都合により名無しです:03/05/22 12:37 ID:ENyfNyvV
いや、正確に言うと306が破り捨てた

308 :作者の都合により名無しです:03/05/22 13:13 ID:Nf1jP0ST
「いくら積まれても貴様を
許すつもりはない!」

309 :作者の都合により名無しです:03/05/22 13:27 ID:hGZGkFn5
「ヒ・…」
恐怖に駆られた八頭身どらは、持っていた万年筆を306の腹に突き刺した。

310 :作者の都合により名無しです:03/05/22 13:48 ID:qXUmtjue
306「その程度か…」

311 :作者の都合により名無しです:03/05/22 13:52 ID:Nuq6wta4
本物の槍じゃないと効かないよ
と306は言った

312 :武乱道 ◆UURYYYZmuk :03/05/22 13:54 ID:r8pcxQG8
そこまで鍛えているのか…!!
八頭身ドラに戦慄が走った。

313 :作者の都合により名無しです:03/05/22 13:58 ID:Nuq6wta4
「こんなもんか…
選手交代だな」
と言いその場を306は去っていった
「本物の環境利用闘うんたらかんたらを教えてやろう」
と 言い やつは 銃をとりだした
そう
やつとは …

314 :作者の都合により名無しです:03/05/22 14:04 ID:ENyfNyvV
俺だt(ry

315 :作者の都合により名無しです:03/05/22 14:11 ID:8307emgi
314は
意味のわからない略を
使用した
「あらかじめ用意したものをつかうのは環境利用闘方とはいはない」

316 :作者の都合により名無しです:03/05/22 16:43 ID:+gFj2K02
「君に暴力の・・・真の恐怖をプレゼントしよう・・・・・」
314の姿は消えた。 

317 :作者の都合により名無しです:03/05/22 16:45 ID:erx2gkfp
かわりにジャイ子が出現した。

318 :作者の都合により名無しです:03/05/22 16:52 ID:nc1w8SWf
八頭身ドラ「違う!・・・これは別の生き物だ!これまでの獲物と
      同じにおい・・・でも別の生き物だ。
      オレよりも強い・・・・!?」

319 :作者の都合により名無しです:03/05/22 16:56 ID:rrG/i8rl
その時スネオは
「ミニにタコ」
と唱えた。すると八頭身ドラは・・・

320 :作者の都合により名無しです:03/05/22 17:11 ID:U2e7jsuu
八頭身ドラ
「正体はわからんが奴には武器がない!おれの持つ空気砲や恥丘破壊
 爆弾もない!!」
と叫んでジャイ子に襲い掛かった。

321 :作者の都合により名無しです:03/05/22 17:44 ID:TnDtiutN
ジャイ子「ぅオタァッッッ!!」
一閃!
ジャイ子は八頭身ドラの秘孔(しっぽ)を引っこ抜いた。
ドラ「な、なにぃぃぃぃ!?このドラが!このドラがぁぁぁぁぁぁ!!」
八頭身ドラえもんは爆砕破裂した。
ジャイ子「ちょろいもんだぜ・・・」

322 :作者の都合により名無しです:03/05/22 18:22 ID:K2et8FzA
???「よくやったジャイ子」
ジャイ子「チョロイものよセンセ。」
ジャイ子のゆうところの先生とは・・・?

   

323 :作者の都合により名無しです:03/05/22 18:23 ID:FD5ECkiK
そう、源静香その人である。

324 :【末吉】:03/05/22 18:40 ID:2Lzal64m
でもモタリケ

325 :作者の都合により名無しです:03/05/22 19:23 ID:aAw8lLtp
タモリ「スネ夫に似ている人大募集
自分や友人や、兄弟がスネ夫ににていると思う人は
新宿アルタ前に集まってください」


326 :作者の都合により名無しです:03/05/22 20:03 ID:AJypWk++
スネ夫は唱えた
「イイ!(・∀・)トモ!!ただしまゆはカエレ!」
ttp://www.geocities.co.jp/NeverLand-Homeroom/8326/

327 :作者の都合により名無しです:03/05/22 20:11 ID:iMrl5J/Z
しかしなにも起こらない…

328 :作者の都合により名無しです:03/05/22 20:41 ID:9/xkJL8J
その頃、ある組織がスネ夫の住む街へ進出してきていた。
それが「浮浪者会社」と呼ばれるものであった。

329 :作者の都合により名無しです:03/05/22 20:42 ID:LYnSof6T
と思ったら起こった。

330 :作者の都合により名無しです:03/05/22 21:10 ID:bdVKacCM
浮浪者会社の社長はもちろんいままで出番がほとんどなかったあの男
である。

331 :作者の都合により名無しです:03/05/22 21:12 ID:T6K9bifJ
そう、源静香その人である。


332 :うみにん:03/05/22 21:21 ID:TEYy4yNO
静香は男だったのだ

333 :作者の都合により名無しです:03/05/22 21:25 ID:ogr5BYTe
浮浪者会社とは、世界征服を企む悪の組織である。
浮浪者を拉致して怪人に改造して暗躍させているらしい。

社長である静香は、そりゃもう男が前かがみになるような
セクシーなコスチュームだ。

334 :作者の都合により名無しです:03/05/22 22:03 ID:puK0Sc89
彼らは静香のセクシー写真集を秘密裏に配布し、幾多の男たちを配下に加えていた。
そして、その中にはあののび太の姿もあった。

335 :武乱道 ◆UURYYYZmuk :03/05/22 22:07 ID:r8pcxQG8
スネ夫「フウコーーーーーー!!!」

336 :作者の都合により名無しです:03/05/22 22:37 ID:FxfYOrmS
呼んだ?

337 :作者の都合により名無しです:03/05/22 22:56 ID:RLhzZ49Y
「呼んでねえよボケが!!風だかなんだかしらねえが人間様と対当の
 立場だと思ってんじゃねえぞこの化け物が!!」
静香はそう言うとフウコをミキサーにかけはじめた。

338 :作者の都合により名無しです:03/05/22 23:07 ID:iz327r5B
ミキサーはミキサー大帝だった。フウコのパワーに悶えていた。「神様、神父様、私に悦楽を!

339 :作者の都合により名無しです:03/05/22 23:27 ID:5AieNExI
静香は隠し味としてミキサーにネコをいれた。

340 :作者の都合により名無しです:03/05/22 23:39 ID:dEt3gJvd
215のホームページは釣りだった。
スネオ「マジレスしてたおれの立場はいったい・・・」
スネオは自暴自棄となりミキサーの中身を一気飲みした。


341 :武乱道 ◆UURYYYZmuk :03/05/22 23:44 ID:r8pcxQG8
吐いた。

342 :_:03/05/22 23:56 ID:0zbrC/tp
http://homepage.mac.com/hiroyuki43/

343 :作者の都合により名無しです:03/05/23 01:43 ID:ek9c158x
するとスネオの体に変化が!!全身の毛が逆立ち、気がつくと・・・

344 :作者の都合により名無しです:03/05/23 01:55 ID:F7qF9Noa
パーマンになっていた!

345 :作者の都合により名無しです:03/05/23 02:00 ID:LM1To8WV
★2日間無料で美人のオマンコが見れます★
http://bbs.1oku.com/bbs/bbs.phtml?id=yasuko

346 :作者の都合により名無しです:03/05/23 02:01 ID:FyuVGpNZ
コータロー、まだまかりとおってんのかよ

347 :作者の都合により名無しです:03/05/23 02:01 ID:HN9DJey1
ブラウザを使ってないから検索出来ない僕のために
ワンピーススレを上げてください

348 :作者の都合により名無しです:03/05/23 02:09 ID:Ymb97F6f
「何だこれは、力が・・・・・力が溢れるぞォォォッッッ!!!!!」
ハイになったスネオは辺りの物を手、当たり次第に破壊し始めた。

349 :作者の都合により名無しです:03/05/23 02:10 ID:akaPv1Gv
「2chブラウザ使えばいいだろ、この低脳が。氏ね」
苛立ったスネオは347を捻り殺した。

350 :作者の都合により名無しです:03/05/23 02:18 ID:HN9DJey1
>>349
ブラウザ使うと、つい書き込みたくなっちゃうだろ
2ちゃんはもうやりたくないわけ。だからこないだ全て消去した
でもちょっとワンピース読んでて気になったことがあったから今回だけ、というスンポー


351 :武乱道 ◆UURYYYZmuk :03/05/23 02:29 ID:0OWPgEt1
すっかりテンションの下がったスネ夫が廃墟で寝ていると、
目の前を一台のモトラド(注:二輪車。空を飛ばないものだけを指す)が
走っていた。

352 :作者の都合により名無しです:03/05/23 03:32 ID:kIj+4VtV
「地球へは行かせんと言っただろォォォォォ!!!!」
良く分からないことを口走りながら、スネヲはモトラドに特攻をかました。

353 :作者の都合により名無しです:03/05/23 06:30 ID:MZo80SEm
スネ夫は叫んだ。
「行かせんと言った!ドラミ、俺たちの子供を頼んだぞ。
 うおぉぉぉぉぉぉぉ!」

チュドォォォ〜ン!

スネ夫の決死の特攻はモトラドに直撃した。
しかし、タイヤにかすり傷を負わせただけで
モトラドの運転に全く支障はなかった。

つまり、スネ夫の死は犬死にだったという訳だ。


354 :作者の都合により名無しです:03/05/23 07:14 ID:/A1CzET9
「やれやれ。じゃ、もう一回。」
スネオは何事もなかったかのように起き上がった。

355 :作者の都合により名無しです:03/05/23 08:22 ID:Scs9ctRs
スネ夫「お前がニコルを頃したァァ!」

356 :作者の都合により名無しです:03/05/23 09:24 ID:7whlAoZr
あのときのニコルは熟していたよ◆
と言いちんこをおっ勃てた

357 :作者の都合により名無しです:03/05/23 09:47 ID:XWqhZSPm
ドラミ「こ、このスピード・・・以前のスネ夫のものではないッ!!」

358 :作者の都合により名無しです:03/05/23 10:58 ID:7/nfE98s
ちっ!あの野郎シャブきめやがったな!やべぇな…
力、スタミナ、敏捷性、破壊力、技のキレすべてが上か…

359 :武乱道 ◆UURYYYZmuk :03/05/23 11:41 ID:0OWPgEt1
「だが、あいつは最大の武器を持っていない」
のび太は多量の出血を抱えながら、そう言い切った。
「それは…?」
静香が問うと、のび太は答えた。
「勇気さ」

360 :作者の都合により名無しです:03/05/23 12:01 ID:ukD9jIzl
ドラエモン
「身に刻め・・・・・・・ッ!!!これが運命!!!


361 :作者の都合により名無しです:03/05/23 12:59 ID:sgt+Ux85
スネオ「ドラえもん。この場所でお前は振り向いた。もっとも、
    もしこの場所がどこかわかっていて振り向くまいとしても、
    お前はその自分の能力ゆえにこのスネオの方を絶対に
    振り向かざるを得ないけどな。」
ドラえもん「なっ!!何いィィィィィィィィ!!!!!!!」

362 :武乱道 ◆UURYYYZmuk :03/05/23 13:26 ID:0OWPgEt1
何もなかった。

363 :作者の都合により名無しです:03/05/23 13:57 ID:iMBGgLrF
武乱はひまなんだなぁとコロ助は思った

364 :作者の都合により名無しです:03/05/23 13:57 ID:aMLm++pY
武乱堂はひまなんだなぁとコロ助は思った

365 :作者の都合により名無しです:03/05/23 14:14 ID:8ECWdGqn
スネオは363と364の結婚式に招待された。

366 :武乱道 ◆UURYYYZmuk :03/05/23 14:27 ID:0OWPgEt1
武乱でも武乱堂でもないぞ!
今はテスト週間だから暇なんだ!!
スネ夫はそんな夢をみて、飛び起きた。

367 :作者の都合により名無しです:03/05/23 16:13 ID:jSl+i/kU
コロ助「武乱同はひまなんだなぁ」

368 :作者の都合により名無しです:03/05/23 16:18 ID:uluHm0MJ
「武乱動はひまなんだなあ」
のびたも思った。

369 :作者の都合により名無しです:03/05/23 16:23 ID:7i+L6/B/
ジャイアソ「武乱胴は暇なんだなあ。」

370 :_:03/05/23 16:27 ID:RIsHmVHd
http://homepage.mac.com/hiroyuki43/hankaku_b01.html

371 :作者の都合により名無しです:03/05/23 16:29 ID:2Hse0x1+
源静香「武乱銅も暇な人ね。」

372 :作者の都合により名無しです:03/05/23 16:45 ID:XE06guhd
グレートジャンボゴリラ「ブヒヒ、武乱童もひまなんだなあ。」

373 :作者の都合により名無しです:03/05/23 17:07 ID:bqh5+WqM
謎の外国人「ブランドーモヒマナヒトデスネ。」

374 :作者の都合により名無しです:03/05/23 17:14 ID:mJ5h2Hx/
謎のフランス人「ブランドーモヒマアルネ」

375 :作者の都合により名無しです:03/05/23 17:35 ID:XFIiGKJ5
謎の中国人「武乱胴藻暇或音」

376 :作者の都合により名無しです:03/05/23 17:47 ID:p3EjOvpX
「やれやれ・・・」
スネ夫はふと憑かれたかのようにポルシェに乗り込んだ

377 :作者の都合により名無しです:03/05/23 17:50 ID:ambVNmIZ
スネ夫はモーニング娘。第10回オーディション予選会場で目覚めた。

スネ夫「こ・ここは・・・」

378 :作者の都合により名無しです:03/05/23 18:19 ID:XEkwg8TO
「き きさまは?
つ つんこ?そして武乱堂!?
世界を滅ぼすのはやめろ!」

379 :中山悟:03/05/23 18:44 ID:Q/VsQaJT
            ____
         、-''~:::::::::::::::::::::::"ー-,
         ;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
        |:::/ ̄ ̄ ̄`' ̄ ̄¨ヾ::::|
          |:::|   ━、_  _.━  |.:.::|
        |/  .,-ェュ   ,-ェュ  |.:.:|_
       (゙|   ´ ̄ ,/ 、  ̄`  |/,. |
          |  ( 、 ゙、__,-'' 、)ヽ__/
         \   `こニニ'´ _..┘
          \___ _ ,∠ ┬-、
            

380 :作者の都合により名無しです:03/05/23 18:47 ID:fzb6cdZ4
つんこ「スネオ・・・だっけ?あんたにつんこレーダーびんびん
    キちゃってんのよねェ。」
武乱堂「そ、そんなぁ。つ、つんこさ〜ん。見捨てないで
    くださいよ〜。オレつんこさんが望むならうんこだって
    触りますYO!そりゃあうんこ喰えって言われたらちょっと
    ・・・いや、でも、うん!食べますYO!」


381 :作者の都合により名無しです:03/05/23 18:52 ID:/heQCeVA
吐いた

382 :作者の都合により名無しです:03/05/23 19:17 ID:VpCB5xDY
ちなみにそのう○こにはO−157とSARS菌が混じっていた。

383 :_:03/05/23 19:23 ID:RIsHmVHd
http://homepage.mac.com/hiroyuki43/jaz_b01.html

384 :作者の都合により名無しです:03/05/23 19:43 ID:8cIN8DWV
そして>>383はこう言った

385 :作者の都合により名無しです:03/05/23 20:27 ID:eeRMKdb9
強くなりたくば喰らえ!朝も昼も夜もなく喰らえッッッッ!食前食後にその肉を喰らえッッ!飽くまで喰らえッッ!飽き果てるまで喰らえッッ!喰らって喰らって喰らい尽くせッッ!

バカな…

386 :作者の都合により名無しです:03/05/23 20:35 ID:6utEMaBX
「381は武乱堂の匂いがする。」
スネオはうOこをほうばりながら指摘した。


387 :作者の都合により名無しです:03/05/23 20:36 ID:Tzy8TuDg
スネオは徐に赤い服を取り出した。「昔、俺が赤い彗星と呼ばれてた時、ママは緑のたぬきだったよ。パパはパフィーだったよ。わかるかな〜

388 :作者の都合により名無しです:03/05/23 21:18 ID:IuzhbHqO
スネオは381といつか戦うことになる。
そしてついに・・・!!

389 :作者の都合により名無しです:03/05/23 21:20 ID:hrmxyW/B
スネ夫はその赤い服を着た。
しかし、それが間違いだった。

390 :作者の都合により名無しです:03/05/23 21:24 ID:Gv2ghMow
まあ実際たいした間違いではないのだが

391 :作者の都合により名無しです:03/05/23 21:37 ID:I09vX6zw
間違いっちゃあ間違いである。

392 :作者の都合により名無しです:03/05/23 21:48 ID:IFH9ip3h
それも良い思い出となるはずだ。

393 :作者の都合により名無しです:03/05/23 21:53 ID:IuzhbHqO
スネオは記念写真を撮った。

394 :作者の都合により名無しです:03/05/23 22:01 ID:eeRMKdb9
『なんで12月じゃないのにサンタさんが居るの〜?』子供達が集まって来た。

395 :作者の都合により名無しです:03/05/23 22:29 ID:I8IdWyG2
スネ夫「それはねぇぇぇ」

396 :作者の都合により名無しです:03/05/23 22:36 ID:eeRMKdb9
ヤバいっ!子供達と思っていたのは警察達だった!『あんた、何かやっとるんちゃうか〜?』
覚醒剤を所持・使用しているスネ夫、ピンチ!

397 :作者の都合により名無しです:03/05/23 23:02 ID:ZVAHwFgx
あせったスネオは所持していた覚せい剤をすべて飲み込んで走り出した。

398 :作者の都合により名無しです:03/05/23 23:06 ID:b27lud5I
その瞬間、誰もが忘れていたリバースカードが発動した。

399 :作者の都合により名無しです:03/05/23 23:15 ID:HOPlNgwV
と思ったらスネオは砂糖を飲み込んだだけだった。

400 :作者の都合により名無しです:03/05/23 23:20 ID:6FORNDpt
スネオ「ノーノー、ワタシ何もモッテナイよ」
出稼ぎ外国人風に警官に弁明した。


401 :作者の都合により名無しです:03/05/23 23:25 ID:HOPlNgwV
実は警察官も覚せい剤を持っていた。
「買わない?覚せい剤。」
警察官は覚せい剤をスネオに勧めた。

402 :作者の都合により名無しです:03/05/23 23:30 ID:eeRMKdb9
『いくら?』警察は電卓を叩いた。「1kgこれくらいで…」と言ってスネ夫に電卓を見せた。

403 :作者の都合により名無しです:03/05/23 23:52 ID:LWIuFSwW
「何が1`だ、このヴォケ!!」
スネ夫はつい警官に突っ込みのモンゴリアンチョップを入れてしまった。

404 :作者の都合により名無しです:03/05/23 23:54 ID:3XQKCByn
銀色の手錠をかけられ頭に上着をかけられ連行されるスネ夫。

405 :作者の都合により名無しです:03/05/23 23:59 ID:eeRMKdb9
しかし、スネ夫の前に手錠など無意味。

406 :作者の都合により名無しです:03/05/24 01:47 ID:m0y+OT0b
スネオの皮膚から染み出した液体が、あっという間に手錠を溶かした!
これがスネオ・メルテッディン・パルム・フェノメノンだ!!

407 :作者の都合により名無しです:03/05/24 01:47 ID:IQ9gWcUu
「こんな手錠など引き千切ってくれるわ!!!!」
ブチィイイィッッ!!!!


408 :作者の都合により名無しです:03/05/24 03:22 ID:bMghpYxz
さわ・・・

409 :_:03/05/24 03:54 ID:ds6sR2+B
http://homepage.mac.com/hiroyuki43/hankaku_b01.html

410 :作者の都合により名無しです:03/05/24 04:37 ID:J0OGm0af
手錠をはずしたスネ夫は、とりあえず逃げた。
逃げて、逃げて、ふと振り返るとそこはもうスネ夫の知らない町だった。

411 :作者の都合により名無しです:03/05/24 04:38 ID:2L2UVZ51
スネオのパンツの紐はぶちきれた。

412 :【末吉】 ◆M3RMB0.lGo :03/05/24 06:39 ID:yHaPcV00
SARSから人類を守らねば!
それが俺の神から与えられた使命なのだ
俺は人類史上最高のウイルス学者になるためにはどうすればよいのか考えた
元々天才なのだからどんなこともできる
服は邪魔だったので腰を振りながら脱ぎ捨てた
手始めに全裸で姉の部屋にアンゲロ、アンゲロとつぶやきながら飛び込む
タンスをこじ開けブラジャーを腰に巻きパンティーを頭にかぶる
姉が呆然としながら見てくるが天才なので気にしない
姉のベッドに潜りこみ「幸せだから!幸せだから!」と絶叫
姉は無言で部屋から立ち去る
だがまだ最強には不十分
次は妹の部屋にムッシュムッシュと叫びながら飛び込む
妹は着がえをしている最中だったが人類最強なので無視
半裸で逆立ちをしながら
「俺に充電しろ!!俺に充電しろ!!」と絶叫
妹は大泣きで退散
確実に人類最狂に近づく
開脚後転でトイレに飛び込み便座を外し首に掛ける
ゾンビの真似をしながら母の部屋に突撃
タンスを開けると一枚の写真発見
死んだ親父が俺を抱いている写真発見
俺は泣いた


413 :作者の都合により名無しです:03/05/24 07:54 ID:XjHfI90z
スネ夫「なんだろうな、このビラ…。って丸出しだったよ、俺!」

414 :作者の都合により名無しです:03/05/24 08:22 ID:LBXh5po5
スネオはもじもじしながら頬を紅く染めた。

415 :作者の都合により名無しです:03/05/24 08:44 ID:OM0xAHw8
それは先ほど殺った警官隊の返り血で赤くなっていたのだ。


416 :作者の都合により名無しです:03/05/24 09:49 ID:TjV6RtVs
そして血をぬぐってみたところ、むしろ頬は青くなっていた

417 :武乱道 ◆UURYYYZmuk :03/05/24 10:37 ID:gPZw8Tt9
青春の青だな。
スネ夫はそんなことを思ったとか思わなかったとか。

ところ変わって東京ドーム。
ここの地下にある闘技場で、いままさに最強を決める戦いが行われようとしていた!!!

418 :作者の都合により名無しです:03/05/24 10:43 ID:mNFlU/sA
対するは、アンチェイン・スネ夫VS徳川 !

419 :武乱道 ◆UURYYYZmuk :03/05/24 10:54 ID:gPZw8Tt9
「ちょっと待ったァ!」
世紀の対決を目前に、突然会場に飛び入り参加した人物の正体は!?

420 :作者の都合により名無しです:03/05/24 11:02 ID:mNFlU/sA
と思いきや、スネ夫の相手はジョリーンだった。

421 :作者の都合により名無しです:03/05/24 11:04 ID:qGpr6qgw
「こうなると思った」
スネオは予想通りの展開のあまりにあきれた。


422 :作者の都合により名無しです:03/05/24 11:30 ID:mNFlU/sA
と、その時!突然キダム一行がやって来た!

423 :作者の都合により名無しです:03/05/24 11:51 ID:FJFuh/Cn
・・・と思ったら中華人民共和国と書かれたヘリに
拉致されてしまった。

424 :作者の都合により名無しです:03/05/24 11:58 ID:dLovwd7s
キダム一行「「「救命阿!!」」」
必死の叫びもスネオには届かなかった。

425 :武乱道 ◆UURYYYZmuk :03/05/24 11:59 ID:gPZw8Tt9
ヘリが爆発した。二回ぐらい。

426 :作者の都合により名無しです:03/05/24 12:05 ID:qGpr6qgw
スネオはジャングルに落ちてしまった

427 :作者の都合により名無しです:03/05/24 12:07 ID:MGrP7cXm
スネオは爆死したキダム一行を弔いつつ目の前のジョリーンに
げんこつをかました。

428 :作者の都合により名無しです:03/05/24 12:17 ID:mNFlU/sA
ジョリーンはスタンドを使ってスネ夫にゲンコツを返した。

429 :作者の都合により名無しです:03/05/24 12:23 ID:qVR1klRH
スネオ「幽波紋勝負がお望みかい・・・?」
スネオはスタンド「男子、出席番号●●番、剛田武死亡ですっ・・・」
を繰り出した!

430 :作者の都合により名無しです:03/05/24 12:35 ID:mNFlU/sA
その時、ブッシュから逃げていたフセインが飛び出してジョリーンの攻撃を喰らってしまった。
スネ夫『こんな所にいたのか…』

431 :作者の都合により名無しです:03/05/24 12:50 ID:QW1FNZWK
その時、スネオに雷が直撃、スネオは雷帝化する。「悪夢(いい夢)を見るか?」とジョリーンに近づく。

432 :作者の都合により名無しです:03/05/24 12:55 ID:J0OGm0af
フセイン「スネオ・・・、アトハタノム」
それは、世界を震撼させた男のあまりにもあっけない最期だった。
スネ夫「フセイーーーーーーン。くっ、くそ。おまえのせいで。
武乱道!!暇だからってやっていいことと悪いことがあるだろーがーーーーー!!」
いつの間に相手が変わっていた。

433 :武乱道 ◆UURYYYZmuk :03/05/24 13:31 ID:gPZw8Tt9
突然矛先が俺に向いたので、俺は焦った。
俺はただヤフーオークションで落とした
「20世紀少年」を読んでいただけなのに…っ!
俺は逃げた。逃げ続けた。
頼みの綱を丞太郎に託して。
ケンヂ最高!

434 :作者の都合により名無しです:03/05/24 13:36 ID:idtCbfJb
「逃がしゃしねぇよ・・・・・・ドラドラドラドラドラドラドラドラドラドラドラァァァァッッ!!!!!!」
スネオは激しい怒りにより、新たに目覚めたスタンド『怒羅衛悶』の力で、
武乱道をバラバラに吹き飛ばした。

435 :作者の都合により名無しです:03/05/24 13:41 ID:mNFlU/sA
いつの間にやらジョリーン帰宅。

436 :作者の都合により名無しです:03/05/24 13:42 ID:0dpkmZJi
しかし!バラバラにしたと思ったのは武乱道がヤフオクで落とした
「20世紀少年」の5〜6巻だった。
武乱道「いきなり15年後になってて話がわかんね〜じゃねーか!!!」
武乱道はキれた。

437 :武乱道 ◆UURYYYZmuk :03/05/24 13:53 ID:gPZw8Tt9
いじめか? これはいじめなのか!?
なぜ俺がこんな目に…。
俺はなんとかバラバラになった5、6巻をかき集め、解読した。
涙が溢れてとまらない。
いや、ちょっとまて…。
涙が溢れてとまらない…?
そうか、涙が溢れてとまらないんだ!
そういう結論に達した俺は、涙が溢れてとまらなかった。





なにこれ。

438 :作者の都合により名無しです:03/05/24 13:59 ID:mNFlU/sA
どこからともなく鼓膜を激しく刺激する、聞き覚えのある歌声が…
『お〜れ〜はジャイア〜ン♪ガ〜キ大将〜♪』

439 :作者の都合により名無しです:03/05/24 14:09 ID:DPeMVr6m
ジャイアン様の登場だ。
みんなはいっせいに逃げる。

440 :作者の都合により名無しです:03/05/24 14:16 ID:/dEPO5aV
ジャイアン様も逃げる。

441 :作者の都合により名無しです:03/05/24 14:18 ID:0dpkmZJi
しかし、そんなジャイアン様の前に一人の女が立ちふさがる。
いままで幾度となく使われてきたあの女・・・

442 :作者の都合により名無しです:03/05/24 14:21 ID:duUhqb+H
そう、武乱道その人である。


443 :作者の都合により名無しです:03/05/24 14:42 ID:m3gCZZF7
にしてもここはジョジョオタの固まりだとスネオは思った。

444 :武乱道 ◆UURYYYZmuk :03/05/24 14:43 ID:gPZw8Tt9
もういいかげんにしてくれ!
女じゃないし!
俺はそんなことを思いながら、歌舞伎町を走り回っていた。

武乱道編、完

445 :作者の都合により名無しです:03/05/24 14:54 ID:m3gCZZF7
2年後武乱道は同人誌を描いていた

446 :作者の都合により名無しです:03/05/24 15:04 ID:mNFlU/sA
完!?おもしろくねーなー!

447 :作者の都合により名無しです:03/05/24 15:06 ID:t8Ifm2RO
その女とは豚ゴリラの隠し子である

448 :作者の都合により名無しです:03/05/24 15:37 ID:IXSSyvRF
殺意に目覚めたスネ夫
スネ夫、SUNEOに改名「だってこっちのほうがかっこいいでしょ?」とスネ夫

449 :作者の都合により名無しです:03/05/24 16:08 ID:mNFlU/sA
SUNEOはおもむろにヌンチャクとごはんですよ をとりだした。

450 :武乱道 ◆UURYYYZmuk :03/05/24 16:41 ID:gPZw8Tt9
SUNEOはまずごはんですよを一気飲みし、
ヌンチャクを構えた。
「ごはんですよはなんの意味があったんだああああ!?」
というベタベタなツッコミを期待したが、
あいにく、この惑星にはSUNEOしかいなかった。

451 :作者の都合により名無しです:03/05/24 16:44 ID:EaZwdlLB
そんな孤独が立ち込める中、SUNEOにはある一つの真理が生まれていた。
[SUNEO=スネ夫]と[RUMIKO=ルミ子]は似ている。

452 :作者の都合により名無しです:03/05/24 16:57 ID:mNFlU/sA
いや、マトリックスの『NEO』っぽいかも…

453 :作者の都合により名無しです:03/05/24 17:21 ID:Hyd1YYr1
その時スネオは骨川家との絶縁を決意した。

454 :作者の都合により名無しです:03/05/24 17:32 ID:mNFlU/sA
ママに大泣きされるだろうなあ…やっぱやめとこ。

455 :作者の都合により名無しです:03/05/24 17:32 ID:auc/9M/M
同時刻、武乱道も2chとの決別を決意していた。

456 :作者の都合により名無しです:03/05/24 17:33 ID:tOwoiprI
しかしスネオはすでに剛田家の養子にされていた。

457 :作者の都合により名無しです:03/05/24 17:49 ID:NJ1fkewG
剛田家には、もう一人養子がいた。
それは巨大ガキ大将グレートジャンボゴリラである。

「ジャイアンくん、君の時計を借りてるよ……ブヒ」
「それは母ちゃんが珍しく買ってくれた目覚し時計!」
ジャイアンは、その時計がずっと帰ってこないような気がした。
そう、先日焼却炉で謎の焼死を遂げたムクのように……。

458 :作者の都合により名無しです:03/05/24 19:07 ID:J0OGm0af
ジャイアン「ちゃんと返せよ、俺の日時計」
むしろただの棒だった。

459 :作者の都合により名無しです:03/05/24 19:16 ID:0AjQ1C9e
武乱道 ◆UURYYYZmuk 「もうネタぎれだよ」

460 :作者の都合により名無しです:03/05/24 20:06 ID:5dt3R5a9
スネ夫「さて、今日も元気に学校に行くとするか」

461 :作者の都合により名無しです:03/05/24 20:15 ID:qYY/B+dM
しかしそう簡単にはいかない。

462 :作者の都合により名無しです:03/05/24 20:40 ID:4NEJfL7F
スネ夫に摩擦0の恐怖が襲いかかった!

463 :作者の都合により名無しです:03/05/24 21:36 ID:/hSZ4Ska
スネオは学校に行くのを辞めた。
行くのがめんどくさくなったのだ。
「さて風俗にでも行くか」
摩擦0の恐怖からは運よくまぬがれた。

464 :武乱道 ◆UURYYYZmuk :03/05/24 21:45 ID:gPZw8Tt9
次は摩擦1だった。

465 :作者の都合により名無しです:03/05/24 22:19 ID:/hSZ4Ska
摩擦1は交通事故にあってしまった

466 :武乱道 ◆UURYYYZmuk :03/05/24 23:10 ID:gPZw8Tt9
ニュースネ夫!

467 :芳樹:03/05/24 23:10 ID:nXRhKijR
○○○子「お前はもうすでに死んでいる。・・・って俺ジャン!死んだのは!」
それが遺言だった。
○○○子には3人の家族がいた。
○○○子「・・・・・」
何か言えよ!!

468 :作者の都合により名無しです:03/05/24 23:17 ID:EVL1gkhA
しかし摩擦1は逆に突っ込んできたバイクの後輪を大破させ難を乗り切った。
摩擦1「すまぬッッ。私の名はスネオ。骨川家に連絡をくれ。」

469 :武乱道 ◆UURYYYZmuk :03/05/24 23:19 ID:gPZw8Tt9
>>467
「○○○子かぁ…変わった名前ですね!」
ニュースネ夫はそう呟いて、夜の街に消えていった。
ここは黒夜の街、ナイトタウン。
人の欲望で動く街。
                 ナイトタウン編、完結

470 :作者の都合により名無しです:03/05/24 23:25 ID:/Eo2im/0
次回、デイタイムタウン編スタート

471 :作者の都合により名無しです:03/05/24 23:39 ID:vdwW9Y2U
ここは昼下がりの団地・・・宅配便のバイトを始めたスネオは
今日も獲物を求め団地を彷徨っていた。

472 :作者の都合により名無しです:03/05/24 23:43 ID:xX+JKgCL
スネオ「ちわー!三河屋ですー。」

473 :武乱道 ◆UURYYYZmuk :03/05/25 00:10 ID:35VA46ei
しかしそこには誰もいなかった。
その代わり、狭い部屋の中央に、無造作に箱があった。
黒い、立方体の箱。だが手にとってみると、それが箱ではないものだということが分かった。
「石…? なんだこんなもん!!」
スネ夫は突然キレると手に取った石を投げた。
すると、異変が起こった。
石は部屋の中にあった金属という金属を吸収し、一つの形になった。
その石は実は「ガド」と呼ばれるものだった。
ガドは遂には人型を形成し、スネ夫の前に佇んでいた。
背丈五メートルほどで、とても弱そうだった。
スネ夫は直感的に目の前の人型物体に名前をつけた。

474 :鬼畜兵器 ◆gMO2bi3xy. :03/05/25 00:12 ID:czPQs4kd
ガド「ちぃ?」

475 :作者の都合により名無しです:03/05/25 00:26 ID:ctAcBI2z
スネ夫「よし、おまえの名前は陸奥九十九だ!」

476 :武乱道 ◆UURYYYZmuk :03/05/25 00:26 ID:35VA46ei
ちぃに決定した。

477 :作者の都合により名無しです:03/05/25 00:35 ID:JIEcwgd3
スネ夫「じゃあ、銀行行くぞ」

478 :作者の都合により名無しです:03/05/25 00:36 ID:myi3/vW/
☆オススメ! カワイイ女の子満載のHサイト☆ 〜二日間だけ無料です〜
http://yahooo.s2.x-beat.com/linkvp/linkvp.html

479 :作者の都合により名無しです:03/05/25 00:37 ID:U7bEX37S
しかし、こんな時間では開いていなかった・・・。

480 :作者の都合により名無しです:03/05/25 00:40 ID:h24Dd0WH
http://www27.tok2.com/home/kouhei/
なかなかいいね!

481 :作者の都合により名無しです:03/05/25 00:40 ID:xgrZ27//
スネオは銀行が開くまで野営をすることにした。

482 :作者の都合により名無しです:03/05/25 00:46 ID:U7bEX37S
野営をしているスネ夫・・・そこに突然
「はぐれメタル」が現れた!!!どうする!?

483 :作者の都合により名無しです:03/05/25 00:47 ID:2O6wlnxM
「ハァハァ…俺の毒針を刺してあげるよ…」
スネ夫ははぐれメタルを見て欲情した

484 :作者の都合により名無しです:03/05/25 00:51 ID:z1FwwAUe
しかし、当然の如くスネオの毒針はギラの集中砲火の前に消し炭となってしまった
「許さん・・・許さんぞォォォォォォォ!!!!!!」
怒りのあまり、スネオははぐれメタルを直接飲み込み始めた

485 :作者の都合により名無しです:03/05/25 00:52 ID:xGEpG0fQ
「ちょっと味が薄いな・・・」
しかし醤油を切らしてしまっていたため我慢するしかない。

486 :作者の都合により名無しです:03/05/25 01:02 ID:0j0FxrLl
そして銀行が開いた

487 :作者の都合により名無しです:03/05/25 01:07 ID:N3RLQMFA
ちぃ「ちぃ?」
スネオ「お前はここで待っておいで。」
スネオは覆面をかぶりながらちぃの頭を撫でた。


488 :作者の都合により名無しです:03/05/25 01:07 ID:U7bEX37S
しかし、スネ夫の顔をみるとあわてて閉め始めた・・・。

489 :作者の都合により名無しです:03/05/25 01:15 ID:JIEcwgd3
ちぃ「ざけんじゃねーぞゴルァァー」

490 :作者の都合により名無しです:03/05/25 01:16 ID:2O6wlnxM
ちぃはそう叫び、銀行のシャッターに特攻した。

491 :作者の都合により名無しです:03/05/25 01:28 ID:z1FwwAUe

「 ま た 特 攻 か 」

そう思いつつも、スネオは走り出していた。
シャッターに向かって。

492 :作者の都合により名無しです:03/05/25 01:34 ID:uh3Ud4hp
「ぐふふ。ここは通さないぞう。」
目の前には数十匹のG・G・Gが!!!

493 :作者の都合により名無しです:03/05/25 01:38 ID:JIEcwgd3
ちぃ「このちぃには夢がある。









あとスタンドも」

494 :作者の都合により名無しです:03/05/25 01:40 ID:U7bEX37S
(・・・G・G・Gってなんだったっけ?)と、スネ夫は思った。
何とか思い出してみようとする。

495 :武乱道 ◆UURYYYZmuk :03/05/25 01:43 ID:35VA46ei
G・G・G。
もうガオガイガーでいいや。
ちぃはそう思うと、スネ夫のいる銀行に反物質砲を放った。
全てが吹き飛んだ。
ってゆーかちぃも巻き添えくった。

496 :作者の都合により名無しです:03/05/25 01:47 ID:uh3Ud4hp
ちなみにG・G・Gとはグレート・ジャンボ・ゴリラである。

497 :作者の都合により名無しです:03/05/25 01:50 ID:U7bEX37S
スネ夫はG・G・Gを思い出す事が出来た自分の記憶力に感謝すると、
周りに飛び散っている、ガオガイガー、グレート・ジャンボ・ゴリラ、さらに、なぜかある
武乱道の残骸に目をやった。「フッ、身の程知らず共が・・・」
と、その時!!!

498 :作者の都合により名無しです:03/05/25 02:06 ID:JIEcwgd3
武乱道の兄である而尾が現われた。

499 :作者の都合により名無しです:03/05/25 02:10 ID:z1FwwAUe
激昂し、殺意を顕にする而尾。
しかし、対するスネオは至って冷静に考えていた。

「で、而尾って何だ?喰えるのか?」


500 :作者の都合により名無しです:03/05/25 02:17 ID:PrKGvmij
500!!!!
500!!!!
500!!!!
500!!!!
500!!!!


501 :作者の都合により名無しです:03/05/25 02:22 ID:PrKGvmij
500Getに気を良くした俺様は而尾に塩をふりかけ、
出刃包丁でたたきにしてフライパンでざっといため、
ノビルとバニラエッセンスを加え裏ごしにしたものを皿に
盛り付けた。そして・・・。

502 :作者の都合により名無しです:03/05/25 02:31 ID:6PN8lSz5
スネオの横に首だけとなっているパーソナル・コンピューターの
名を借りたダッチワイフに振りかけ、踏みにじった。
500「俺、あの漫画見てると虫唾が走るんだよなぁ」

503 :作者の都合により名無しです:03/05/25 04:25 ID:RXLL6a2D
500のあまりの仕打ちにガオガイガーはキれた。
凱「ゴルディオォォォォォン!!ハンマァァァァァァァ!!!!」
500の脳天に振り下ろした。
凱「500よ!光になれェェェェェ!!!」

504 :作者の都合により名無しです:03/05/25 07:29 ID:YGTtTMx+
ウボァー

505 :作者の都合により名無しです:03/05/25 07:59 ID:1K6EP9Ya
500は光の粒子に変わった。スネオは光に包まれた。「あなたの中にある闇を消しましょう。」と懐かしい声がする。

506 :作者の都合により名無しです:03/05/25 08:06 ID:7atTJBrt
スネオはその声で抜いた。

507 :武乱道 ◆UURYYYZmuk :03/05/25 08:19 ID:35VA46ei
吐いた。

508 :作者の都合により名無しです:03/05/25 08:39 ID:6VWTufXq
骨皮スネ夫ってうぐいすじゃなかったっけ?

509 :武乱道 ◆UURYYYZmuk :03/05/25 09:05 ID:35VA46ei
骨「川」じゃなかったっけ。
そんな言葉が今は亡きちぃの遺言だった。

510 :作者の都合により名無しです:03/05/25 09:09 ID:ctAcBI2z
その頃ジャイアンは
(俺、本作ではかなりやなやつだけと、このスレの中ではおとなしい方だな)
と思っていると、目の前に光の世界から帰って来たスネ夫の姿が。

511 :作者の都合により名無しです:03/05/25 09:30 ID:JIEcwgd3
なのでスネ夫に勝負を挑んだ。

512 :作者の都合により名無しです:03/05/25 09:32 ID:1K6EP9Ya
その光輝くスネオの姿を見たジャイアンは感動。ジャイアンはあややの真似をしながら歌いだした。

513 :作者の都合により名無しです:03/05/25 09:34 ID:cAd+jHL8
「映画では俺、いいやつなんだよ〜」

514 :作者の都合により名無しです:03/05/25 09:40 ID:HSM6w79I
スネ夫「今の私はシャイニングスネ夫・スーパーモードです」

515 :武乱道 ◆UURYYYZmuk :03/05/25 11:39 ID:35VA46ei
隕石が落ちてきた。

516 :作者の都合により名無しです:03/05/25 11:45 ID:nleU3Vnh
だがスネ夫は隕石に見向きもせず、一心不乱に歌い続けるジャイアンに声をかける、
「あんた歌声が煤けてるぜ」

517 :作者の都合により名無しです:03/05/25 12:01 ID:JIEcwgd3
そしてスネ夫は歌いだした。

518 :作者の都合により名無しです:03/05/25 12:01 ID:sScOJueS
ジャイアン「オ・・・オレは・・・オレは・・・・原作のオレに
      戻りたかったんだ!!残忍で冷酷なガキ大将のオレに戻って
      なにも気にせず貴様と徹底的に闘いたっかたんだ!!!!」

519 :作者の都合により名無しです:03/05/25 12:07 ID:7KQAzQDM
ジャイアン「ジャイ子・・・立派な漫画家になれよ・・・
      茂手・・・ジャイ子を泣かせたら承知しねぇぜ!!」
ジャイアンは単身隕石へと突撃していった。

ジャイ子「お兄ちゃん!!」
茂手「お義兄さん!!」
スネ夫「バカが・・・」

520 :作者の都合により名無しです:03/05/25 12:29 ID:qWjyV/dC
ジャイアンはスネオの光魔法『お前の物は俺のもの』を食らった。するとジャイアンは邪悪になった。

521 :作者の都合により名無しです:03/05/25 12:33 ID:U6+2/PCl
邪悪になったジャイアンはとりあえずゴミ拾いをした。
スネオも手伝った。

522 :作者の都合により名無しです:03/05/25 12:34 ID:sScOJueS
ジャイアン「おかげで今はいい気分だぜ。」
ジャイアンは恍惚の表情を浮かべた。

523 :作者の都合により名無しです:03/05/25 12:34 ID:Vm6Z68U2
隕石のマイナスパワーも浴びたジャイアンはさらに邪悪になり、邪神・剛田になる。

524 :作者の都合により名無しです:03/05/25 12:39 ID:hLduYzYj
「気分はハイだ〜。スネオ食らえ。剛田流秘奥義・罹災樽」凄まじい歌声が辺りを包む。

525 :作者の都合により名無しです:03/05/25 12:48 ID:gvwr1Xo9
歌声を食らったスネオ。スネオは再び闇に包まれ闇スネオが覚醒してしまう。

526 :作者の都合により名無しです:03/05/25 12:50 ID:sScOJueS
一般兵「L・O・V・Eラブリージャイアン。」
世界は熱狂の渦に包まれた。

527 :作者の都合により名無しです:03/05/25 12:51 ID:idSh6VUY
『闇の護封』を唱えた。ジャイアンは4レス動きを封じ込めた。

528 :作者の都合により名無しです:03/05/25 14:21 ID:MtzDHuz7
闇スネオVS邪神・剛田の悪魔の戦いが今まさに始まろうとしていた。

529 :作者の都合により名無しです:03/05/25 14:24 ID:ka/S6M9x
「おーっと、オレを忘れてもらっちゃあ困るゼ。」
八頭身ドラが電撃参戦。

530 :作者の都合により名無しです:03/05/25 14:29 ID:Olk0PUZL
源静香「私も混ぜていただこうかしら・・・?」

531 :作者の都合により名無しです:03/05/25 14:40 ID:Olk0PUZL
GGG「おでもでるぞ〜テキレツ〜」

532 :作者の都合により名無しです:03/05/25 14:50 ID:LL8G1gDN
先生「では戦場となる場所を発表する・・・・・戦場となるのは・・・」

533 :作者の都合により名無しです:03/05/25 15:31 ID:Xiz+JGj+
そんなことを言う前にスネオは先生を瞬殺。
競馬で小遣いをスッてしまい機嫌が悪かったスネオの顔に
笑顔が戻った。

534 :作者の都合により名無しです:03/05/25 15:39 ID:YqBGcndK
笑顔で先生の財布を抜き取るスネオ。

535 :作者の都合により名無しです:03/05/25 16:41 ID:+iiSKfyx
スネオ「ひぃ、ふう、みい・・・ちっ!しけてやがんなあ。」
スネオはまたもや不機嫌になった。
「しょうがねえ、静香にでも金せびりに行くか。」

536 :作者の都合により名無しです:03/05/25 17:00 ID:ze9YgFiH
邪神・剛田は禁断の闇歌『蝋人形の館』を歌い出す。

537 :作者の都合により名無しです:03/05/25 17:29 ID:XHS4Jb2s
♪ はなわ はなわ 今、咲き誇る
  刹那に 散り行く 運命と知って

538 :作者の都合により名無しです:03/05/25 17:47 ID:WDOdzR/8
進むも出来ず 引くも出来ず 夜道を照らすは
赤い月 ただただ待つは 身の破滅

539 :作者の都合により名無しです:03/05/25 18:14 ID:X2h9YJdQ

スネオ「大阪経済法科大学に   落ちました!!!!!!」




540 :作者の都合により名無しです:03/05/25 18:48 ID:A+g+h4Xq
八頭身ドラ「四次元ポケットがスマイルマークになったよ〜」おそるべし邪神・剛田の歌声は地球全体を覆いつくし、人類全体に悪影響をもたらした。

541 :作者の都合により名無しです:03/05/25 18:51 ID:+PNS1EHG
「原作以上に悪くなるぜ!」と邪神・剛田は呟き、泡盛を天に掲げた。

542 :作者の都合により名無しです:03/05/25 19:03 ID:LL8G1gDN
ジャイアン「そしてジャイアニズムが支配する世界を造るのだ。」

543 :作者の都合により名無しです:03/05/25 19:41 ID:y+Q2iAwF
パン!!!!
突如、銃声が鳴り響き、ジャイアンの眉間に一つの穴が穿たれた。

544 :作者の都合により名無しです:03/05/25 19:58 ID:ctAcBI2z
「こんな傷でも、ガマの油があれば・・・、
はい、この通り。傷跡すら残りません」
ジャイアンはピンピンしている。

545 :作者の都合により名無しです:03/05/25 20:08 ID:YqBGcndK
銃弾を放ったのは.....。あいつだ!!

546 :作者の都合により名無しです:03/05/25 20:19 ID:qUMidzlo
そう、源静香その人である。


547 :作者の都合により名無しです:03/05/25 20:22 ID:RsbGb2HM
と、思ったら実は静香ちゃんのコスプレをした武乱道であった。

548 :作者の都合により名無しです:03/05/25 20:30 ID:ZrDF7ptF
のび太「ブラン同人気だね」

549 :作者の都合により名無しです:03/05/25 20:40 ID:RDEDpLSR
そのころ武乱道はT−ウイルスに感染し、腐乱道に変わり果てていた...。

550 :作者の都合により名無しです:03/05/25 20:46 ID:cAd+jHL8
そして死体からゾンビ腐乱道大量発生。
今、街はまさに地獄絵図。

551 :作者の都合により名無しです:03/05/25 20:46 ID:T/LPbeaG
腐乱道「ア”あ”あ”あ”あ”あ”〜〜〜〜。肉肉肉肉肉」

552 :作者の都合により名無しです:03/05/25 20:49 ID:tlkemo6+
果てしなく歌う邪神・剛田。新曲『オーバー・ザ・ワールド〜全ては私のために〜』を歌い出した。

553 :作者の都合により名無しです:03/05/25 20:50 ID:xGEpG0fQ
スネ夫「聴けるぞ・・・私にもジャイアンの歌が聴ける!!」

554 :作者の都合により名無しです:03/05/25 20:52 ID:1CYWvwVF
スネ夫「震えるぞハート!燃え尽きるほどヒート!刻むぜヒキヲタのビート!」

555 :作者の都合により名無しです:03/05/25 20:53 ID:ZQRvnsEe
スネ夫「広がる宇宙の中Can you feel ?」

556 :作者の都合により名無しです:03/05/25 21:09 ID:ctAcBI2z
ジャイアンが気持よく歌っていると、向こうからカミナリさんがやってきた。
「騒いでいるのは君達か!うるさくてかなわん!
まったく近頃の子供はけしからん!ガミガミガミ・・・・・」

557 :作者の都合により名無しです:03/05/25 21:11 ID:T/LPbeaG
ジャイアン「ウェルカム トウ ディス クレイジータイム!!
      このふざけた時代へようこそ 君は タフ ボーイ
      タフ ボーイ タフ ボーイ タフ ボーイ!!
      どこもかしこも傷だらけ うずくまって泣いてても
      始まらないから タフ ボーイ タフ ボーイ
      タフ ボーイ タフ ボーイ!!
      時はまさに世紀末 淀んだ街角で僕らは出会った
      キープ ユー バーニング 駆け抜けて この
      腐敗と自由と暴力の真っ只中 ノー ボーイ
      ノー クライ 進まなきゃ 勢いを増した 向かい風の中を
      ウィー アー リビング リビング トウ ナインティーン
      ウィー スティル ファイト ファイティング ザ ナインティーン

558 :■ジュニアの亀亀ピー■:03/05/25 21:12 ID:fzcaZC78
-------------------------------------------------------
元ジャニーズジュニアとか俳優やってる友達とかいるんだけど、
ココは辞めたジュニアのHPだよ↓知ってる?見てみて!
http://http.nu/%83W%83%83%83j%81%5B%83Y%82%CC%94%E9%96%A7%8B%B3%82%A6%82%C4%82%A0%82%B0%82%E9%82%E6%81B
一般人が絶対に見る事が出来ないビデオとかレンタルとかで回覧とかで見たり、
普通に会員になってもOK!だし、ビデオが見たいだけでもOKです。楽しめる。
辞めジュだけじゃなく、現役ジュニアやジャニタレの、又若手俳優とかの
プライベートが見れちゃいます。
合宿所とかも・・・メールの送り方が悪いと削除されるから気をつけて〜!
【●●の紹介者です】・・・・このメッセージを入れると割引有り!
VIP扱いにもなるので入れてください。【 】もね!ジャニーズファンのコだけじゃなく、
ジュニアに興味無い人も、男のコも楽しめるよ。現役のタレントとかも出てくるから!彼女とか知り合いの女性に尊敬されちゃうみたいです。
メールは正確に丁寧に送る事だけ守って!プライベートなビデオだけだから
あんまりミーハーな感じの人は無視されちゃうから注意してね!
----------------------------------------------------------------------

559 :作者の都合により名無しです:03/05/25 21:24 ID:RDEDpLSR
ジャイアンはせっかくの歌を558に邪魔され怒り狂った!

560 :作者の都合により名無しです:03/05/25 22:01 ID:iR6jmR0T
しかもエロサイトだということになおさらジャイアンの怒りはヒートアップ!!


561 :作者の都合により名無しです:03/05/25 22:08 ID:ZrDF7ptF
と思ったが逆にエロサイトだということでジャイアンは興奮してしまった!!

562 :作者の都合により名無しです:03/05/25 22:09 ID:LL8G1gDN
ジャイアン「ウホッ・・・いいサイト」

563 :作者の都合により名無しです:03/05/25 22:26 ID:3gJgAEif
______________
      | _____________  |
      | |::::=:::::::::::::::::::::::::=::::=::::::::::::| |
      | |:::::::=::::::::::::::::=:::::::::::::::=:::::::| |  ザー ……
      | |::::::::::::::::==:::::::::::::=:::::=::::::| |
      | |:::=::::::::=:::::::::;;;;;;=;::::::=:::::::| |
      | |:::::::::::/ ̄ ̄ ̄`´    `ヽ:::::::| |  
      | |::::::::::|  :ill||||||||||ll: ,-‐‐、l::::::| |        …見たね…
      |  ̄ ̄|  ||||||||||||||||「しi .l ll ̄  .|  …一週間後が貴方の命日です…
      | ̄「 ̄|  ||||||貞|||||||i ̄川リ ̄| ̄|
      |_|:.:.ノ   ||||||||||||||||||:.:.:.:.:.:.:.:.:.|_|:.        
        /    |||||||||||||||||| :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.
        /    /|||||||||||||||||| :.:.:.:.
       / ̄/ ̄:..:|||||||||||||||||:.:.:.:.:.:
       /  /:.:.:.:.:.:.|l|l|l|l|l|l|l|l :.:.:.:.:.:.
     / /:.:.:.:.:.:.:.|l|l|l|l|l|l|ll :.:.:.:.:.:.
    / ヘJ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l|l|l|l|l|l|l :.:.:.:.:.
    ノ川:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:||l||l||ll :.:.:.:.:


564 :武乱道 ◆UURYYYZmuk :03/05/25 22:38 ID:35VA46ei
一週間後。

565 :作者の都合により名無しです:03/05/25 23:11 ID:MacpweoF
ジャイアンのティムポが、

566 :作者の都合により名無しです:03/05/25 23:12 ID:y+Q2iAwF
ジャイアンと貞子は、誰が見てもおぞましい、ラヴラヴカップルと化していた・・・・・。

567 :作者の都合により名無しです:03/05/25 23:13 ID:cAd+jHL8
ィムポに、

568 :作者の都合により名無しです:03/05/25 23:15 ID:b+MesEv5
スネ夫は世界に2台しかない幻のランボルギーニを手に入れた。

569 :武乱道 ◆UURYYYZmuk :03/05/25 23:16 ID:35VA46ei
貞子タンハァハァというネタがあったな。
そんな回想をジャイ子がしていると、そこには「アレ」があった。

570 :作者の都合により名無しです:03/05/25 23:20 ID:b+MesEv5
見たら一週間後に死ぬビデオ(アメリカ版)

571 :作者の都合により名無しです:03/05/26 00:02 ID:MIG9UPYt
詳しく言うと、見たら一週間以内に死ぬビデオデッキだった。

572 :作者の都合により名無しです:03/05/26 00:16 ID:K/vJgM5r
とりあえず、チョップ!!

573 :作者の都合により名無しです:03/05/26 00:20 ID:7uaY+T0S
こうしてスネオのスネ毛は跡形もなく無くなってしまった。
高校生になりながらも半ズボンを愛する彼の体温は徐々に失われて行く。
季節は・・・・冬だった・・・・

「はぁはぁ、もう、僕、死ぬのかな。。。」

574 :作者の都合により名無しです:03/05/26 00:34 ID:X8bCBJGS
スネオ「はぁはぁ、し、静香ちゃん。風邪ってのはさぁ、人肌で暖めるのが
    一番だって・・・知ってる?」
スネオは下心丸出しで静香ちゃんににじり寄っていった。

575 :作者の都合により名無しです:03/05/26 00:40 ID:2v7I6eRX
静香ちゃんだと思っていたら実は静香ちゃんのママンだった。

576 :作者の都合により名無しです:03/05/26 00:48 ID:dZHO0uIS
スネオ「この際どっちでもいいか・・・。」
スネオは静香ママンをこますことを前向きに検討しはじめた。

577 :作者の都合により名無しです:03/05/26 00:49 ID:MIG9UPYt
シズカちゃんのママンだと思ったらシズカちゃんのママンのママンだった。

578 :_:03/05/26 00:50 ID:61YmSFkg
http://homepage.mac.com/hiroyuki43/2ch.html

579 :作者の都合により名無しです:03/05/26 00:51 ID:BIIJpUd5
静香ママ『スネ夫くん…』


その時、静香ママの携帯がなった。

580 :作者の都合により名無しです:03/05/26 01:18 ID:K/GIbrlx
静香グランドママン「あ、あらおじいさん。え?え、ええ。こっちは
  かわりありませんよ?はい、はい。わかってますから。はい。
  ではおきをつけて。」・・・ピッ。「うふふ。さあ・・・
  スネちゃん。いらっしゃい・・・。」
       

581 :作者の都合により名無しです:03/05/26 01:18 ID:t4Wh6wMu
携帯は消費者金融からの取り立ての電話だった。

582 :作者の都合により名無しです:03/05/26 01:22 ID:auiDPbIc
スネオ「す、すげえ殺気だ・・・この婆・・・犯る気満々だぜ・・・」
スネオは食い物は腐りかけが一番うまいとゆうことを思い出した。    

583 :作者の都合により名無しです:03/05/26 01:22 ID:XwOfnbRM
そうある人物の策略で父親の会社が倒産して以来
骨川家は借金まみれだったのだ。

584 :作者の都合により名無しです:03/05/26 01:23 ID:emHDKhpN
ゴーイング<悪徳金融業者
「おらー!!!さっさとこのスレを終了せんと刻み殺すぞ!!!虫ケラァ!!!
のび太
「6000%の超違法利子をやってのけた君達に死の宣告をあげるよ。ドラエモン
BGM【男の勲章】
ドラエモン
「どっすこい!

585 :作者の都合により名無しです:03/05/26 01:26 ID:BIIJpUd5
レンタルでじゅうぶ…





どうする?アイフル〜♪

586 :作者の都合により名無しです:03/05/26 01:32 ID:KkX+tjlt
スネオ「チワワか・・・この際犬でもいいか。」

587 :作者の都合により名無しです:03/05/26 01:35 ID:BIIJpUd5
そこへ突然、今大人気のテツandトモ乱入!

588 :作者の都合により名無しです:03/05/26 01:38 ID:eRc/5uqs
するかと思ったけど、しなかった。
彼らは何もせずに帰っていった。

589 :作者の都合により名無しです:03/05/26 01:41 ID:BIIJpUd5
スネオ『なんでだろう〜なんでだろう〜♪なんでだなんでだろう〜♪』

590 :作者の都合により名無しです:03/05/26 01:53 ID:jrA8HXtl
ジャイアン『スネオの髪の毛が〜♪どの角度から見ても同じなのはなんでだろ〜♪』

591 :作者の都合により名無しです:03/05/26 04:03 ID:BpT+zRf/
ボウヤだからさ・・・

592 :作者の都合により名無しです:03/05/26 07:07 ID:zuRB8HkJ
スネ夫「てめーには教えてやんねー!うひゃひゃひゃ」

593 :作者の都合により名無しです:03/05/26 08:23 ID:jK2cuaYq
ジャイアン「そ、そんな・・・ひ、酷い・・・。」
ジャイアンは酷く傷ついた。  
     

594 :_:03/05/26 08:28 ID:hx/0tIXL
http://homepage.mac.com/hiroyuki43/jaz_b01.html

595 :作者の都合により名無しです:03/05/26 09:02 ID:+l1O+mk1
ここで状況を整理してみようか、

596 :作者の都合により名無しです:03/05/26 10:30 ID:lZ+EYDYI
       ∩   っ
                     ,-―――-、
                    ∨∨∨∨.| |
               ⌒     | +_(。) U | |
             (   =  ( `T`    6)
                こ  ,- l ) ̄二ヽ_ノ-、
                 /    ̄|_|_ノ    \
                 |  |    o     |  |
                 |__ |    o      |__|
                (__ |__o___ (-  )
                   |    ∩    |  ̄
                    |__| |__|
          ⌒       (__|  |__)
  ,−、   (     )   __
     \_ ___ /⌒―、ヾ
  / \/# / #  Σ| 〉 ○| ミ         へ、
    ̄ |  |#  / #.人_〉_'±ミ/       ┌―OO
  ――└ ξ_ヾ /

「いかりや にくしみで わたしを倒すことは できん!」


597 :作者の都合により名無しです:03/05/26 11:13 ID:BIIJpUd5
スネ夫『テメーはでしゃばらなくていんだよっ!』
スネ夫はカンフーでジャイアンをぶちのめした。

598 :作者の都合により名無しです:03/05/26 15:02 ID:Nu0KPusw
こうして邪神・剛田は滅んだのであった。

599 :作者の都合により名無しです:03/05/26 15:11 ID:6pVJxIcb
しかし剛田教の大神官ブタゴリラによって
ジャイアンは再びこの世に復活したのであった。

600 :作者の都合により名無しです:03/05/26 15:26 ID:KYkHKSHe
「じゃあもう一回あの世へ逝け、ブヒッ!」
グレートジャンボゴリラは復活したジャイアンを殴り飛ばした。

601 :武乱道 ◆UURYYYZmuk :03/05/26 15:30 ID:PUix9aaZ
どうでもいいが、グレートジャンボゴリラは「G・J・G」じゃないのか。

602 :作者の都合により名無しです:03/05/26 15:50 ID:nCry6BE5
「くっくっくその程度か、復活した俺をなめるなよ」
ジャイアンは笑いながら起き上がった
死の淵から蘇ったジャイアンは圧倒的なパワーを手に入れていた。

603 :作者の都合により名無しです:03/05/26 15:58 ID:SatPB/Fm
気がしていたが実はその力もドラえもんの道具だったのだ。


604 :作者の都合により名無しです:03/05/26 16:26 ID:BIIJpUd5
タケコプタァ〜

どこかへ飛んでった。


605 :作者の都合により名無しです:03/05/26 16:30 ID:ZYRmJ7Qd
原作でトンガリもどきがそう呼んでなかったっけ?

606 :作者の都合により名無しです:03/05/26 18:21 ID:6pvIpPmB
ブタゴリラ「ククク、にがさねえぞ・・・おい!!キテレツ!!!
      あれもってこいあれ!!」


607 :作者の都合により名無しです:03/05/26 18:42 ID:hYgobGGv
しかし!奇天烈斎の発明に単体で飛行可能なものはなかった。

608 :作者の都合により名無しです:03/05/26 18:44 ID:v/SGNA0O
しかしさっき起きた地震でジャイアンは地割れに落ちた!!!!!

609 :作者の都合により名無しです:03/05/26 18:57 ID:/tzNQOdT
「タイムリーなネタナリね〜」

610 :作者の都合により名無しです:03/05/26 19:24 ID:Yhy1RZ82
ジャイアンは・・二度と地球に戻ることは無かった

宇宙空間では死のうと思っても死ねないので

ジャイアンは考えるのをやめた

611 :作者の都合により名無しです:03/05/26 19:32 ID:jdu+L8pX
スネオはジャイアンは簡単に死なない・・・そんな感じがした。

612 :作者の都合により名無しです:03/05/26 19:52 ID:+l1O+mk1
事実、ジャイアンは恒星の核となって生き続けたのであった。

613 :作者の都合により名無しです:03/05/26 20:01 ID:6pVJxIcb
その頃。骨川財団宇宙開発部の探査船が消息不明となっていた。
その元凶は、そう宇宙を彷徨っていたジャイアンだったのだ!!
時は世紀末、1999年7の月だった・・・

614 :作者の都合により名無しです:03/05/26 20:03 ID:Yr15hqmx
ジャイアン「キキキキキキキキキキキキキキキキキキキキ」
もはや人間の理性を失っているようだ。      

615 :作者の都合により名無しです:03/05/26 20:14 ID:jdu+L8pX
ジャイアンはスネオにあるメモを渡し去っていった。

616 :作者の都合により名無しです:03/05/26 20:34 ID:ffMAUkgk
子供のころからずっとあなただけを見てきました。あなたは財閥の息子
私はしがない雑貨屋の息子、釣り合わないのはわかっています。でも・・・
もう耐えられない。身分なんて関係ない、性別なんて関係ない。愛があれば
なんだって乗り越えられる、あなたと一緒なら・・・。あなたが好きです。
                            剛田 たけし

617 :作者の都合により名無しです:03/05/26 20:35 ID:6sTGBpxk
スネ夫は覚醒を始めた。誘致は瞑想を開始し、死は遥かなる生を象徴した。
ジャイアンは物理を卓越した存在に昇華され、のびたは瞑想に帰依した

618 :作者の都合により名無しです:03/05/26 20:41 ID:BtzfDptt
バイト見つけた。1000円くれるってさ。
http://nigiwai.net/windstorm/


619 :作者の都合により名無しです:03/05/26 20:48 ID:uq75Qa3e
体もってくれよ!!!界王拳5倍

620 :acid rain:03/05/26 21:00 ID:6sTGBpxk
スネ夫は少し皮肉的な笑みを浮かべた。
ジャイアンの歪んだ愛を必死に自分の中で呪おうとした。
彼はメモを引きちぎった。執拗なまでに引きちぎった。
それをあたり構わず撒き散らした。
そして彼は静かに空を仰ぐ。
なにも語ることの無い青空がそこには広がっていた
「運命。僕を破滅と絶望の海に沈めた運命よ。わが美しき塵際を見よ!」
スネ夫はポケットからナイフを取り出すとそれを自らの首筋に沈めた
「ガガ・・・ガガガ」
それはもはや人間の音ではなかった

621 :作者の都合により名無しです:03/05/26 21:11 ID:pxjcp3KP
スネ夫「・・・という手品を練習してるんだけど、どうだった?」
ジャイアソ「まだ甘いな、そんなんじゃタネがばれちまうぜ」

622 :作者の都合により名無しです:03/05/26 21:17 ID:Lqw4WWQi
ジャイアンは「しかたないアイツを呼ぼう」
携帯でだれかを呼び出した。

623 :作者の都合により名無しです:03/05/26 21:20 ID:l/+/SbKu
二分後、二人の前に現れたのは星 逃田だった。

624 :作者の都合により名無しです:03/05/26 21:26 ID:XwOfnbRM
スネ夫「こち亀かよ!ていうかコロコロは小学館だろ!」

625 :作者の都合により名無しです:03/05/26 21:28 ID:DeMyO0wR
星 逃田は仮名で本名は松尾 幻灯犀。彼の口癖は『気は病から、ナウいぜ!』

626 :作者の都合により名無しです:03/05/26 21:33 ID:qFmK25gr
松尾 幻灯犀は仮名で本名は武乱道 ◆UURYYYZmuk 。彼の口癖は『いじめか? これはいじめなのか!?』

627 :作者の都合により名無しです:03/05/26 21:34 ID:l/+/SbKu
2人はいやがる逃田をむりやり・・・

628 :作者の都合により名無しです:03/05/26 21:40 ID:Lqw4WWQi
北朝鮮に連れて行った

629 :_:03/05/26 21:46 ID:ZtVI++lm
http://homepage.mac.com/hiroyuki43/hankaku09.html

630 :作者の都合により名無しです:03/05/26 21:46 ID:KYkHKSHe
そして、武乱道は強制労働施設でその一生を終えることになる。
「いじめか? これはいじめなのか!?」
武乱道はそう叫んだが、叫ぶたび殴られるだけだった。

631 :作者の都合により名無しです:03/05/26 21:59 ID:PXRepgGb
武乱道「くそう!このままでは本当に死んでしまう!脱藩するしかない!!」

632 :作者の都合により名無しです:03/05/26 22:01 ID:jo62qhdo
武乱道は脱北と脱藩の区別がつかないほど衰弱していた。

633 :作者の都合により名無しです:03/05/26 22:01 ID:MIG9UPYt
3秒で捕まった。
「いじめか?これは、いじめなのか?」

634 :作者の都合により名無しです:03/05/26 22:11 ID:+l1O+mk1
「そう、いじめだ。これはいじめなんだ」
誰かが生暖かく耳元で囁いた。

635 :作者の都合により名無しです:03/05/26 22:11 ID:Lqw4WWQi
捕まったかと思ったらそいつはジャイアンことブタゴリラだった。
「一緒に脱出しょうZe」

636 :作者の都合により名無しです:03/05/26 22:30 ID:h8SljgZj
スネ夫「いやだYo」」

637 :作者の都合により名無しです:03/05/26 22:33 ID:qFmK25gr
武乱道「いいYo」

638 :武乱道 ◆UURYYYZmuk :03/05/26 22:48 ID:PUix9aaZ
いや、よくないよ!
俺は一人ボケツッコミをこなすと、一人でさっさと脱出してしまった。
いま、俺カナダでコーヒー豆を作っている。
決して金はないが、幸せな毎日だ。
ジャイアンは、今、どうしているのだろうか?

そして一方ジャイアンは!?

639 :作者の都合により名無しです:03/05/26 22:54 ID:op0SPEvR
武乱道の後ろにいた。

640 :作者の都合により名無しです:03/05/26 23:00 ID:i3ny9Wd9
命からがらカナダへと逃れた武乱道、彼は星 逃田と二人で
カナダのコーヒー豆農場で重労働者として働いていた。
一日の終わりに一杯だけ飲めるコーヒーは疲れきった武乱道の心身を癒してくれる。
そんな暮らしでも、星 逃田とのささやかながらも愛のある生活は嫌では無かった。
彼らには金は無かったが愛があった。

641 :作者の都合により名無しです:03/05/26 23:08 ID:h8SljgZj
だがその生活に納得できない男がいた。

642 :作者の都合により名無しです:03/05/26 23:10 ID:iPLyb9Ua
武乱道の闇はかなり深い。チョーやばい。闇スネオと対等なぐらい。

643 :作者の都合により名無しです:03/05/26 23:10 ID:kJph3POn
26才人妻です。ダンナがかまってくれないので、いつも一人でオナってます。
でも、けっこうオカズに困るんですよね。そんな時見つけたのがYUIS!!
安いし、安心して買えるしなかなかいいですよ!いつもバイブ物買ってます!

http://www.dvd-yuis.com/


644 :作者の都合により名無しです:03/05/26 23:11 ID:EahQxJeo
武乱道は北に拉致される前に星 逃田と名を偽り、本物の彼をカナダに逃がしていた。
ジャイアンはそれを察知した組織が放った追っ手だったのである・・・

645 :作者の都合により名無しです:03/05/26 23:13 ID:uV7T8sZj
怯えた武乱道は>>643と基地外を予想がジャイアンは騙せなかった。

646 :作者の都合により名無しです:03/05/26 23:19 ID:VF8z/rpQ
ジャイアン「お前のアナルは俺のもの、俺のアナルは俺のもの」
そう、ジャイアンは武乱道に恋してしまっていたのだ!!
その夜二人は深く愛し合う事になる、ジャイアンの愛を受け入れた彼は
星 逃田にこの事を打ち明け、三人で労働者としての幸せを受け入れたのだ。

647 :武乱道 ◆UURYYYZmuk :03/05/26 23:29 ID:PUix9aaZ
「っは!」
俺は激しい動悸とともに飛び起きた。
周りを見渡す。
よし、いつもどおりの俺の部屋だ。
「夢か…よかった」
なぜみんなが俺に悪夢を見せるのか不思議でならない。
コテだからか。だが他にもコテがいるじゃあないか。
俺が書き込みすぎなのか。
だが、まあいい。
もう全て終わったんだ。
そして俺はもう一眠りした。

新・武乱道編、終

次回から、出来杉出来過ぎ編をお送りします。


648 :作者の都合により名無しです:03/05/26 23:31 ID:emHDKhpN
出来杉
>>647が単純に致命的な事は一つ

649 :作者の都合により名無しです:03/05/26 23:34 ID:w1XDjWwz
武乱道編には最終クールがあったのだった。

650 :武乱道 ◆UURYYYZmuk :03/05/26 23:42 ID:PUix9aaZ
>>649
そ、そんなぁ〜!(よくあるマンガ風に)

651 :作者の都合により名無しです:03/05/26 23:43 ID:yMk8ew1E
>>「っは!」
>>俺は激しい動悸とともに飛び起きた。
>>周りを見渡す。
>>よし、いつもどおりの俺の部屋だ。
>>「夢か…よかった」
>>なぜみんなが俺に悪夢を見せるのか不思議でならない。
>>コテだからか。だが他にもコテがいるじゃあないか。
>>俺が書き込みすぎなのか。
>>だが、まあいい。
>>もう全て終わったんだ。
>>そして俺はもう一眠りした。

>>新・武乱道編、終

>>次回から、出来杉出来過ぎ編をお送りします。

武乱道の下着にアイロンをかけていたジャイアンは>>647パンツの中から
この文章が書かれた紙切れを見つけた、日付は・・・03/05/26 (月) 23:29

ジャイアンは怒った、自分との愛は偽りだったのか?!あれほど愛し合う二人が・・・!?!
本来の使命を思い出したジャイアンは武乱道を収容所に送り返す事にした。

652 :作者の都合により名無しです:03/05/26 23:46 ID:O9wJcJMi
ジャイアンは心の葛藤と戦っていた。
しかし彼は決断したのだ。
「武乱道が他人の者になるなんてっ!!」
最早ジャイアンの頭にはこれ以外の選択肢は無かった。
収容所で自分の元に監禁するのだ。
狂った愛、だが武乱道はまた収容所生活を始める事になった。

653 :作者の都合により名無しです:03/05/26 23:48 ID:bCK7Zy8B
そして、武乱道は強制労働施設でその一生を終えることになる。
「いじめか? これはいじめなのか!?」
武乱道はそう叫んだが、叫ぶたび殴られるだけだった。

654 :武乱道 ◆UURYYYZmuk :03/05/26 23:48 ID:PUix9aaZ
だがそれは偽の武乱道だった。
あっちゃーとほほいっけねー!
間違えちったぁ!
そしてスネ夫は…!

655 :作者の都合により名無しです:03/05/26 23:52 ID:VF8z/rpQ
施設での立場的な差から以前のような関係では無い。
ジャイアンが求めるままに愛し合う、獣の関係だ。
だが愛に狂ったジャイアンにとっては一つの幸せの形なのかも知れない。

そう思うと武乱道もジャイアンに本当の意味で心を開いて逝くようになった。
やがて二人には愛の結晶が授かる事になるが、それはまた別の物語・・・

656 :作者の都合により名無しです:03/05/26 23:57 ID:EBBQFMgo
自分のおかれた悲惨な境遇を恨む彼は次第に今の自分が偽者では無いかと思うようになった。
現実と虚構の区別がつかなくなり、やがて自分の愛しているのはジャイアンだと思うようになった。

そしてスネ夫は日本で豪華な暮らしを送る。

そう、何も変わらない日常が流れている、
富者は富みに、貧者は貧に、愚者は愚に、
何も変わらない、何も変わらない・・・ ・・・


657 :作者の都合により名無しです:03/05/26 23:58 ID:hCZWGV8O
★★★★★五つ星です。
http://endou.kir.jp/betu/linkvp2/linkvp.html

658 :作者の都合により名無しです:03/05/27 00:01 ID:6vYF9GzO
>「だがそれは偽の武乱道だった。
> あっちゃーとほほいっけねー!
> 間違えちったぁ!
> そしてスネ夫は…! 」
武乱道はそう叫んだが、叫ぶたび殴られるだけだった。
そんな日にはお仕置きとして、極太の物が何本も押し込まれる。
いつしか、それすらも快感になり、自分から狂人を装うようにさえなった。


659 :作者の都合により名無しです:03/05/27 00:08 ID:yDdXqzu1
だが、そんなやおい漫画のような日々も終ろうとしていた。。

660 :作者の都合により名無しです:03/05/27 00:14 ID:DlQbOZkf
二人の間に愛の結晶を授かったからである。
新・武乱道の誕生の瞬間だった。

661 :作者の都合により名無しです:03/05/27 00:16 ID:70vLHiH3
… いっぽうそのころ …

662 :武乱道 ◆UURYYYZmuk :03/05/27 00:22 ID:8zcfOXkx
ジャイアンは武乱道に興味を失った。
っていうか全部夢だった。
なにもなかった。
もう全部嘘。
まじで。
まじで!

全てスネ夫の見た夢だった。
いっぽうそのころ、ジャイ子とドラミの戦いも大詰めに入っていた。
入っていたんだよ!

663 :作者の都合により名無しです:03/05/27 00:30 ID:MXYat4K0
そう、ジャイ子とドラミは激しく戦っていた。
原因は武乱道だった。
ドラミ「武乱道は私の物なの」
ジャイ子「キーーー!」



モテモテだな武乱道(w。

664 :作者の都合により名無しです:03/05/27 00:30 ID:Au9Qy8Eo
ジャイ子『このデブロボ!おめえは今日からデブミだ!』
ドラミ『おいおい、女子プロレスラーもどきのゴリラが何ほざいてんだ!?』

665 :鬼畜兵器 ◆gMO2bi3xy. :03/05/27 00:31 ID:Q7MTrJnr
・・・と新・武乱道は生まれざまに意味不明な言葉を吐いた。

666 :武乱道 ◆UURYYYZmuk :03/05/27 00:35 ID:8zcfOXkx
>>664
ハゲワロタ!
だから誰かその戦いの続き書いて!
俺なんか出さなくていい!

667 :作者の都合により名無しです:03/05/27 00:35 ID:iDmhnISk
軍の中で出世を重ね中将にまで上り詰めたジャイアンの愛の力により、
進められていたクローン技術の最初の実験台に武乱道が選ばれた。
本物は精神に異常を来たし記憶を消去されたのちに排気処分になったのだ。

しかし彼の腕の中には新・武乱道が優しく抱かれていた。


668 :作者の都合により名無しです:03/05/27 00:39 ID:Au9Qy8Eo
一方、ドラミとジャイ子、凄まじい闘気のあまり二人の間の空気が歪んでいた。

669 :作者の都合により名無しです:03/05/27 00:43 ID:jXBwYkjJ
それではここでいままでのあらすじを振り返ってみよう。
〜リレー小説殺人鬼スネオ 第四部目覚めた殺人気スネオ〜
〜第一章 愛と憎しみ〜 1〜169
殺人気として目覚めたスネオは今日も夢と現実の狭間を彷徨い続ける。
ふとしたことからドラえもんをコロ助として再構築してしまったスネオは
しだいにコロ助と心を通わせていく。しかし・・・
〜第二章 風呂〜
京都は祇園に来ていたはずのスネオだったが、目覚めるとそこは
駅の女子便だった。そこへ現れたのは時に愛し合い、時に戦った強敵
源静香その人であった・・・。

670 :作者の都合により名無しです:03/05/27 00:53 ID:Au9Qy8Eo
>669
どうしろと?

671 :作者の都合により名無しです:03/05/27 01:02 ID:l31dyUCW
あらすじ2
〜第三章 武乱道の台頭〜 362〜509
短文レスで話の腰を折る漢。真昼間だろうが書き込む漢。
前後の話をつなげようとしない漢。その名は武乱道。
暇人である彼にためらいは無い!!脇役が主役より目立つという
異常事態にスネオの怒りが爆発する!!!
〜第四章 邪神降臨〜 510〜622
いままでおとなしかったあの男がついに牙を剥く!!
武乱道が召喚した隕石の負の力を吸収したジャイアンは
原作以上の悪魔となってスネオに襲い掛かる!!!!
〜第五章 武乱道再び〜 623〜
星逃田、松尾幻灯犀とゆう偽名を使って雌伏していた武乱道だったが
スネオ、ジャイアンのコンビに発見され、北朝鮮に強制送還
されてしまう。「夢だ・・・これは夢だ。」現実逃避する武乱道に
無慈悲な現実が振り下ろされる。そして・・・

672 :作者の都合により名無しです:03/05/27 01:05 ID:iTuI4K6g
このあらすじみてるとスネオ=ルフィ 武乱道=ゾロだな。

673 :作者の都合により名無しです:03/05/27 01:17 ID:Au9Qy8Eo
ドラミはポケットから“通信販売の分銅”をとりだして振り回し始めた。

ジャイ子『通信販売だろ?それ…』
図星を突かれカッとなったドラミはジャイ子に向けて分銅を放った!

674 :鬼畜兵器 ◆gMO2bi3xy. :03/05/27 01:28 ID:Q7MTrJnr
ドラミの放った分銅は寸分の狂いもなくジャイ子の脳天に直撃した。
ジャイ子の頭から鮮血が吹き上がる!!

675 :作者の都合により名無しです:03/05/27 01:34 ID:MBPu+aaL
最初の一撃で昏倒したジャイ子だったが、分銅の雨が止むことは無かった。
次々と繰り出される鉄塊は、いとも簡単に1人の人間を肉と骨と皮の寄せ集めへ変えてしまった。

―鬼神。そのときのドラミは、まさに鬼そのものであった。
このときを境に彼女の日常は崩壊し、戦士としての日々が始まったのだった。

676 :作者の都合により名無しです:03/05/27 01:46 ID:Au9Qy8Eo
早速、兄ドラえもんへ電話。
『お兄ちゃん!ついにやったわ!たった今ジャイ子を殺ったわ!』

677 :作者の都合により名無しです:03/05/27 02:05 ID:Avi1hHkf
ドラミは兄への報告を簡単に済ませると、
つい先程までジャイ子であった挽肉をむしゃむしゃと食べ始めた。

678 :作者の都合により名無しです:03/05/27 02:45 ID:MXYat4K0
マジでゲロ吐く5秒前

679 :bloom:03/05/27 03:27 ID:aRhTDy8f
http://homepage.mac.com/ayaya16/

680 :作者の都合により名無しです:03/05/27 06:54 ID:I3EBSpXu
ナイアガラ・リヴァース!!

681 :作者の都合により名無しです:03/05/27 07:51 ID:8tZu/eTH
ドラミ「ごばああぁぁぁぁぁぁぁ」

682 :作者の都合により名無しです:03/05/27 08:05 ID:E3oujgjb
ドラミの口からリヴァースされてきたのはひとつのたまごだった。

683 :_:03/05/27 08:15 ID:HC/GNAAB
http://homepage.mac.com/hiroyuki43/moe/jaz02.html

684 :作者の都合により名無しです:03/05/27 08:42 ID:AZ0dQRr4
ここで>>353を見て欲しい。

>スネ夫は叫んだ。
>「行かせんと言った!ドラミ、俺たちの子供を頼んだぞ。
>うおぉぉぉぉぉぉぉ!」

つまり、このたまごはスネ夫との許されぬ愛の結晶だったのだ。
「コー、ホー、コー、ホー……ふしゅらしゅら」
たまごから謎の呼吸音と不敵な笑い声が聞こえる。


685 :作者の都合により名無しです:03/05/27 09:47 ID:Au9Qy8Eo
ドラミは出てきた卵を目玉焼きにした。

686 :作者の都合により名無しです:03/05/27 10:48 ID:sJn2okts
ドラミ「アルデンテ!」

687 :作者の都合により名無しです:03/05/27 10:55 ID:v8wg0Ryq
その時ジャイアンはたまごの殻が割れるのを目の端で捕らえた。
ジャイアン「もういい・・・知りたいことは・・・これで十分!!」


688 :作者の都合により名無しです:03/05/27 11:25 ID:Au9Qy8Eo
ドラミ『キャプチュー!』

689 :作者の都合により名無しです:03/05/27 11:25 ID:BZwWlrVS
妹をミンチにされ、ジャイアンは怒りのあまり封印された
あの力を解放してしまった。

690 :bloom:03/05/27 11:27 ID:aRhTDy8f
http://homepage.mac.com/ayaya16/

691 :作者の都合により名無しです:03/05/27 11:31 ID:3yNbpuHc
強大なその力は大地をも揺るがす!

692 :作者の都合により名無しです:03/05/27 11:35 ID:coJKF2cx
マグニチュード7!!

693 :作者の都合により名無しです:03/05/27 11:41 ID:Au9Qy8Eo
ドラミは一瞬ひるんだが、地面に向けておもいっきり拳を打ち込んだ!


…地震が…止まった…

694 :作者の都合により名無しです:03/05/27 11:55 ID:ieK/rrta
奇跡的に死者は一人もいなかった。

695 :_:03/05/27 11:59 ID:HC/GNAAB
http://homepage.mac.com/hiroyuki43/jaz07.html

696 :作者の都合により名無しです:03/05/27 12:06 ID:ob+TOglj
しかし、ジャイアンの波動はあるものを蘇らせてしまったのだ。

697 :作者の都合により名無しです:03/05/27 12:39 ID:Au9Qy8Eo
武乱堂か?
ジャイ子か?

698 :作者の都合により名無しです:03/05/27 13:57 ID:y/X+rXi0
や、奴だ...。奴が帰ってきた...。その名は...。

699 :武乱道 ◆UURYYYZmuk :03/05/27 15:48 ID:8zcfOXkx
ソニン。

700 :作者の都合により名無しです:03/05/27 16:16 ID:kEtmWcQ/
ではなくやっぱり武乱道。

701 :作者の都合により名無しです:03/05/27 16:24 ID:y/X+rXi0
「いじめか?これはいじめなのか!?」名ゼリフ復活。

702 :鬼畜兵器 ◆gMO2bi3xy. :03/05/27 16:44 ID:Q7MTrJnr
いきなり武乱道は服を脱ぎ始めた!!

703 :作者の都合により名無しです:03/05/27 16:47 ID:MXYat4K0
むしろ蘇ったのは八頭身ドラだった。
そして八ドラは言った。
「皆さん、僕は武乱道が好きなんです。好きなんですよーーーーー!
僕は2年前、未来から来ました。だけど未来の人と戦います。
けれども、現代の人とも戦います。
僕と武乱道の恋路を邪魔する人とは誰とでも戦います!!」

704 :作者の都合により名無しです:03/05/27 17:02 ID:yDdXqzu1
「なら我と闘え」

現われたのは

705 :_:03/05/27 17:03 ID:HC/GNAAB
http://homepage.mac.com/hiroyuki43/hankaku/hankaku08.html

706 :作者の都合により名無しです:03/05/27 17:20 ID:Nxhtu80f
武乱道は>>705のサイトを見て興奮してしまった

707 :作者の都合により名無しです:03/05/27 17:30 ID:oe7YxsF6
「ハァハァ…さあ、俺とファイナルフュージョンしようぜぇ?」

708 :作者の都合により名無しです:03/05/27 17:33 ID:lCCK3wgn
ハァハァ状態の武乱道の前に現れたのは、日本刀を持ったスネ夫だった。
スネ夫は武乱道に脇差を投げた。

スネ夫 「剣で戦った事は?」
武乱道 「一度だけあります」
スネ夫 「ふっ、それは結構。勝負ッ!」

709 :作者の都合により名無しです:03/05/27 17:34 ID:LK43d71j
--------●○●別れさせ屋●復讐代行業務●○●----------

●騙された・裏切られた・弄ばれた・逃げられた・捨てられた・
相手に誠意が無い・異性問題・家庭内暴力・不倫疑惑解明・人間関係・金銭トラブル★
●  http://www.blacklist.jp/i 【ファイルにコピーして開いて下さい】
別離工作・情報収集・トラブル対策・ボディガ―ド・等々!
●真剣にお悩みの方、安心してご相談下さい。解決へ導きます★
□■各種データ・電話番号調査・住民票・戸籍謄本など調査■□
ジャンプしない場合にはファイルにURLをコピーして開いて下さい★☆★
●  http://www.blacklist.jp/i  ●別れさせ屋・特殊工作・調査全般
●  http://www.blacklist.jp/   ●復讐代行・人生相談・駆け込み寺
--------------------------
リンク⇒ http://okudaira.co.jp 殺人事件簿!!!●●●
●リンク広告主大募集・詳しくは復讐屋まで!!!


710 :鬼畜兵器 ◆gMO2bi3xy. :03/05/27 17:50 ID:Q7MTrJnr
勝負は一瞬でついた・・・

711 :作者の都合により名無しです:03/05/27 18:40 ID:Z789gPF+
同点だった。

712 :作者の都合により名無しです:03/05/27 18:42 ID:y/X+rXi0
「点てなんだよ、おい!」武乱道は怒りだした。

713 :作者の都合により名無しです:03/05/27 18:53 ID:qbHyT4t6
武乱道「いじめか?これはいじめなのか!?」

714 :鬼畜兵器 ◆gMO2bi3xy. :03/05/27 19:00 ID:Q7MTrJnr
そう言いながらおもむろに武乱道はジーパンのチャックを下げ始めた。

715 :作者の都合により名無しです:03/05/27 19:28 ID:/6DlOmXy
それを見たスネ夫は薄ら笑いを浮かべた!!!!

716 :作者の都合により名無しです:03/05/27 19:33 ID:+JFJ4pLY
小さくて可愛いな・・・

717 :作者の都合により名無しです:03/05/27 19:42 ID:lCCK3wgn
そう、股間から小さくて可愛い鳩が顔を覗かせていたのだ。

718 :作者の都合により名無しです:03/05/27 20:02 ID:gUe8RgIa
スネオは武乱道を押し倒した!

719 :作者の都合により名無しです:03/05/27 20:09 ID:vuoSRhYH
スネオ「我所望連結」
ズブブブブブブブブブ
武乱道「は、はギィィィィィ」

720 :作者の都合により名無しです:03/05/27 20:11 ID:MXYat4K0
その瞬間、スネ夫の勝ちが決定した。
そう、先ほどの勝負の方法とは「相撲」だった。

721 :_:03/05/27 20:14 ID:SlF0FlcW
http://homepage.mac.com/hiroyuki43/hankaku/hankaku08.html

722 :武乱道 ◆UURYYYZmuk :03/05/27 20:21 ID:8zcfOXkx
相撲と言えばドラゴンアッシュ。

723 :作者の都合により名無しです:03/05/27 20:22 ID:D3juuNcL
スネ夫は勝利の歌として
武乱道にドラゴンアッシュの歌を捧げた

724 :作者の都合により名無しです:03/05/27 20:33 ID:zH2xovqI
モーニング・ブルー・ドラゴン

725 :作者の都合により名無しです:03/05/27 21:24 ID:ZXZtIePw
我輩も仲間に入れるなり
      |=|
      \/ ̄ ̄ ̄\
       /        |
      |    (・)(・) |
   ◇ 、|      ●   | /ヽ 
     >/|  ______, / ゝ_ノ 
     `^ヽヽ_\___ノ/ //  
 (⌒)二二)) ̄ ̄ ̄ ))/
   ̄   |   O O |
       |______,|\
      /    Y   \◇
      └----‐'ー---┘



726 :作者の都合により名無しです:03/05/27 21:29 ID:lCCK3wgn
武乱道はコロ助のチョンマゲを引っこ抜いて投げ捨てた。
「いじめナリか!これはいじめナリか!?」

727 :作者の都合により名無しです:03/05/27 22:11 ID:MXYat4K0
武乱道は殺す毛の方を向いて言った。
「ロボットか?これはロボットなのか!?」

728 :作者の都合により名無しです:03/05/27 22:21 ID:+JFJ4pLY
「ロボット?本当にそう見えるナリか?」
殺す毛は意味深な台詞を吐き出すと突然、

729 :作者の都合により名無しです:03/05/27 22:22 ID:BiFkNEhW
「それともロボットじゃないのか?これはロボットじゃないのか!?」

730 :作者の都合により名無しです:03/05/27 22:45 ID:12wmXWEO
実は爬虫類だった。

731 :作者の都合により名無しです:03/05/27 23:05 ID:pWNvncAj
コロ助「プレートテクトニクス理論の確立において古地磁気学は
     その学質上からどのような点で理論の確立に貢献したか
     君に論じることは可能かね?・・・いやぁ無理だろうねぇ
     君のその低脳な頭では、とてもとても・・・。すまない。
     君にこんなことを聞いた僕が愚かだったよ。」

732 :作者の都合により名無しです:03/05/27 23:25 ID:MBPu+aaL
「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ――メンドくせぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!」
言うが早いか、武乱道の淫槍ゲイ掘る愚が頃介の体を貫いた。

733 :作者の都合により名無しです:03/05/27 23:34 ID:/JHj6XMQ
コロ助「オマンコなめたい」

734 :作者の都合により名無しです:03/05/27 23:34 ID:ok4kux2Z
http://homepage3.nifty.com/coco-nut/
( o^∇^)ヘ_□~~~~~~‡~~~~~~□_ヾ(^ー^*) インターネット♪
http://jbbs.shitaraba.com/computer/2364/

735 :作者の都合により名無しです:03/05/27 23:52 ID:+JFJ4pLY
安易に下ネタに走る武乱道とコロ助と広告にスネ夫の怒りは頂点へ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

736 :作者の都合により名無しです:03/05/28 00:06 ID:MbCfb0d4
「落ち着け、1、2、3、5、7、…」
1を素数に入れてしまう程、
スネ夫は頭に血が上っていた。

737 :作者の都合により名無しです:03/05/28 00:23 ID:xeTjbyDE
スネオ「しゃらくせぇ!!!二人まとめて挽肉にしてやるぜぇぇぇぇ!!」
ドラミから受け継いだ「通販分銅」が二人に襲い掛かる!!

738 :作者の都合により名無しです:03/05/28 00:40 ID:qfl85hba
ヒュン!ヒュン!ヒュン!かなりのスピードで振り回しているので当たれば頭など吹き飛んでしまうだろう…!

739 :作者の都合により名無しです:03/05/28 01:01 ID:1M1rgA3z
タケコプターの要領でそのまま空高く飛んで行っていしまった・・・
ドラミ「あらあら」
武乱道「だせっ」
コロ透け「ばかなりね」

740 :作者の都合により名無しです:03/05/28 02:04 ID:Le6tbxEw
頭に血が上っているスネ夫は、自分が空を飛んでいることに気がつかなかった。
分銅を振り回しつづけたスネ夫は、はるか南の名も知らぬ無人島へと辿り着いた。
「ここは……どこだ?」

741 :作者の都合により名無しです:03/05/28 06:53 ID:l6s252hS
「腹減った…。クソッ、なんで俺様が…」

742 :作者の都合により名無しです:03/05/28 07:55 ID:WqwSQqJS
スネオはポケットの中にシャブを入れていた事を思い出した。
「これで空腹を満たすか…」
スネオはシャブ(500c)を一気に飲み込んだ

743 :作者の都合により名無しです:03/05/28 07:56 ID:8eFloKNj
スネオ「いじめか?これはいじめなのか!?なんだって俺が
     こんな目に・・・」
スネオは世の中を呪った。

744 :作者の都合により名無しです:03/05/28 08:21 ID:C6ytxmoc
シャブをたらふく食ったスネオは見えてはいけない物が見えるように!

745 :作者の都合により名無しです:03/05/28 08:28 ID:qfl85hba
『誰かが俺を監視している…ぶつぶつぶつ…』

746 :作者の都合により名無しです:03/05/28 08:59 ID:FWcVWMjO
「街中で見た漢字を全て暗記しなければないらない・・・ぶつぶつぶつ・・・。」

747 :山崎渉:03/05/28 09:55 ID:l0w1Q/aB
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

748 :作者の都合により名無しです:03/05/28 10:26 ID:CTsknAKp
「みんなが俺を嘲笑っている…ぶつぶつぶつ…」

749 :作者の都合により名無しです:03/05/28 10:55 ID:WLBDNAUm
「俺以外の人間はみんな豚だ豚だ豚豚豚豚・・・ぶつぶつぶつ・・・。」

750 :作者の都合により名無しです:03/05/28 10:56 ID:9VxSSkKV
スネオはついに限界を突破した。

751 :作者の都合により名無しです:03/05/28 11:09 ID:TnXANAlh
スネ夫
「う…うぅごおぉ…。
ち、力が…勝手に……うわぁぁぁぁぁぁ!!」
のび太
「スネ夫ぉーーー!!」

752 :作者の都合により名無しです:03/05/28 11:55 ID:WqwSQqJS
「のび太ァァァ、お前もここに居たのかァァァ!」
スネオは、そこにいるはずのないのび太の幻覚を見ていた。

753 :作者の都合により名無しです:03/05/28 12:38 ID:JVQdF5Ju
見るからに危ないスネ夫は通行人に通報されてしまった。
あと数分もすれば警察官が来てしまう。

754 :作者の都合により名無しです:03/05/28 13:20 ID:9VxSSkKV
限界突破したスネオは様々な幻覚をみつつ
ついにマックシングを迎えた。
「無知な科学者にはたどり着けぬ境地がある・・・」

755 :作者の都合により名無しです:03/05/28 13:23 ID:C6ytxmoc
スネオ「これが孤高の極みというものだ」

もはや誰も彼を止めることはできない...。

756 :作者の都合により名無しです:03/05/28 13:27 ID:eNX+HzvJ
「手始めにアイツらに復讐と行こうかぁ!!」
そう叫ぶと、スネヲは武乱道の下へと瞬間移動した。

757 :作者の都合により名無しです:03/05/28 13:43 ID:9VxSSkKV
武乱道「はっ!?ス、スネオ・・・ああ!!い、いく!!」
武乱道はコロ助のちょんまげを引っこ抜き、代わりに自分の
イチモツを出し入れしていた。

758 :作者の都合により名無しです:03/05/28 13:50 ID:INW3GPRH
☆☆☆ネット広告掲載で副収入!☆☆☆
http://look2.info/kurikuri/
PCでも携帯サイトでもOKです!いますぐ無料で作成できます。
よくあるあの「うざい広告」を貼り付けておくだけで
知らず知らずに収入になります。
PCの方は画面表示にそってお進みください。広告の説明をいたします。
⇒かわいいこマのあそこ
⇒一番上の広告をクリックして出会い広告へ進んでください!
出会い広告をそのままクリックすれば広告説明の画面に移動します。
↑こちらのサイトは一般者からのH画像投稿掲示板です。
あわせてお楽しみください。

759 :作者の都合により名無しです:03/05/28 14:14 ID:C6ytxmoc
タイミング良く入ったエロサイトの広告でスネオの怒りは頂点に!

760 :作者の都合により名無しです:03/05/28 14:21 ID:qy+8olBS
スネオはわかっていた貼り付けるだけで簡単に
お金が入るわけないと・・・。
それに本当はここはエロサイトではなかったと
いうことにある意味怒りは頂点に!!!


761 :作者の都合により名無しです:03/05/28 14:29 ID:9VxSSkKV
二度までも頂点に達したスネオは封印していた「もう一人の自分」
を発現させてしまう。
スネオ「かあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」

762 :作者の都合により名無しです:03/05/28 14:49 ID:wICywdYt
トンガリ「呼んだ?」

763 :作者の都合により名無しです:03/05/28 16:28 ID:YlfrsrJD
しかしここで誤算が・・・

764 :作者の都合により名無しです:03/05/28 16:42 ID:qfl85hba
そう、切れ目!社部の効果がなくなってきたのだ!

765 :作者の都合により名無しです:03/05/28 16:50 ID:C6ytxmoc
禁断症状に襲われるスネオ!彼の強大過ぎる力が暴走する!!

766 :作者の都合により名無しです:03/05/28 18:00 ID:WnHXa0Sw
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ!!

767 :作者の都合により名無しです:03/05/28 18:02 ID:F8zCK3tZ
ドラミ
「スネ夫がハイパーになる〜!!」
スネ夫
「うおぉぉぉぉぉ!」
スネ夫の精神がハイパー化し、太平洋上空にスネ夫の精神が具現化した。

のび太
「奴のオーラ力はこれ程までとは……。
ここは一時撤退だな……。」

768 :作者の都合により名無しです:03/05/28 18:15 ID:94XeuzLT
「の が さ ん」


769 :作者の都合により名無しです:03/05/28 19:07 ID:NiwV9Mva
スネ夫の移動速度は今や音速にまで達していたのだった。
一転して窮地に陥ったのび太。

770 :鬼畜兵器 ◆gMO2bi3xy. :03/05/28 19:40 ID:iJUippVs
武乱道「待てぃ!!」

771 :作者の都合により名無しです:03/05/28 19:43 ID:q8/z2yQp
???「のびたー!!大丈夫かー!!!」
のびた「き、来てくれたのか・・・みんな!!」


772 :作者の都合により名無しです:03/05/28 19:45 ID:D3rsSuGS
そう、そこに現れたのは武乱道率いるアンチボディ部隊、
その名も「ブランパワード」である。

773 :作者の都合により名無しです:03/05/28 19:49 ID:EhbPdbc5
武乱道「いじめだ!これはいじめなんだ!!」

774 :作者の都合により名無しです:03/05/28 19:54 ID:jL2vAAMI
「やれやれだぜ」

775 :uu:03/05/28 19:56 ID:iPaw4MmL

///////////////////////////////////////////////////////////
無修正DVDなら 新宿歌舞伎町直送
         店頭販売の売れ筋のみ厳選 
http://www.dvd01.hamstar.jp/
             白石ひとみ 小森詩 山田まり
及川奈央 レジェンド 堤さやか 東京バーチャル 大好評
     http://www.dvd01.hamstar.jp/
  サンプル画像充実  見る価値大あり  最高画質
/////////////////////////////////////////////////////////////



776 :sage:03/05/28 19:58 ID:8a9Q3Jkm
できることなら長い黒髪の少女を解体したいですね。
全裸で天井から吊り下げ生きたまま解体したい。

まず全ての指から爪を剥ぎ取ります。
ペンチを使うと爪が傷つくのでナイフで綺麗に剥ぎ取ります。
爪は綿を敷いた綺麗な箱に保存します。

次に両眼を抉り出しましょう。
大きめのスプーンを眼窩に滑り込ませ、丁寧に取り出します。
右の目を抉り出したら、グラスに水を満たし左眼を抉り出すのを
水の中で眺めてもらいましょう。

翌日は全身の皮膚を剥ぎ取りましょう。

よく切れるナイフで丁寧に剥ぎ取ります。脇の下や陰部はカミソリで丁寧に剥ぎ取ります
太い血管を切らなければ2日くらいは生きています。
丸1日は眺めていたいですね。きっと眼の無い目から涙を流して苦しんでいるでしょう

そろそろ内臓を取り出しましょう。すぐには死なないように心臓や肺は最後にして
胃や腸から取り出します。
取り出した内臓は水で洗い、綺麗なクリスタルの瓶に保存します。
内臓は貴重な宝石と同じ大切なものです。だから丁寧に扱います。
長い黒髪も丁寧に抜いて、一つにまとめリボンで結びます。

部屋の中に今まで少女だった内臓や眼球を満たし、少女の匂いの残る髪の毛に
頬擦りするとやさしい気持ちになれそうです。


777 :作者の都合により名無しです:03/05/28 20:06 ID:WsgYvYZN
度重なるイジメに耐えられなくなった武乱道はついに
そんなことを口走りはじめた。

778 :鬼畜兵器 ◆gMO2bi3xy. :03/05/28 20:24 ID:iJUippVs
武乱道「合わせろよのび太!!」
武乱道「1、2、3、チャクラエクステンショーーーーーーーーーーン!!」

779 :作者の都合により名無しです:03/05/28 20:28 ID:5cVxQeZe
スネ夫「ひらめき」

780 :作者の都合により名無しです:03/05/28 21:09 ID:/G63tAm9
ジャイ子「ときめき」

781 :作者の都合により名無しです:03/05/28 21:27 ID:ESOcTrw9
「助けにきたよ!スネオ君!!!」
その時、海底の遺跡からスネオのアンチボディ部隊の
増援がやってきた。その名も「ブランチャー」である。

782 :作者の都合により名無しです:03/05/28 21:33 ID:rlYEO8fM
遺跡とはもちろん海底奇岩城のことである。

783 :作者の都合により名無しです:03/05/28 23:23 ID:eNX+HzvJ
部隊を半ば勝手に持ってかれたポセイドンはカンカンだ。

784 :作者の都合により名無しです:03/05/28 23:26 ID:b2cQ55xd
のびた「何を握っているの?」
しずか「バギーちゃん。わたし、忘れないわ!」
のびた「それ、ポセイドンだよ」

785 :作者の都合により名無しです:03/05/28 23:30 ID:ErKc7pDS
ポセイドン「お前達は私を本気で怒らせた!!!」

その言葉と同時にポセイドンの角から放たれた光線が、
武乱道、のびた、しずかに襲い掛かる!!!

786 :作者の都合により名無しです:03/05/28 23:47 ID:CU6iGZv/
武乱道は即死したがのび太、しずかは辛くも光線をかわした。
しかし次の瞬間!!

787 :作者の都合により名無しです:03/05/28 23:53 ID:H1073vLm
のび太がノビた

788 :作者の都合により名無しです:03/05/28 23:55 ID:ePoe36F9
「やれやれ、またそのネタかよ」
颯爽と現れたのはなんと行方不明になっていたスネ夫だった。

789 :作者の都合により名無しです:03/05/28 23:56 ID:ErKc7pDS
なんと、のびたの体には、大きな穴が開いていた・・・。
スネ夫「いけないなあ、のびた。勝負の最中に余所見をしては・・・」
のびたは、ゆっくりと海に落ちていった・・・。

790 :作者の都合により名無しです:03/05/28 23:59 ID:ErKc7pDS
一方、即死した武乱道は、遺体をポセイドンに回収、再生され、彼の肉奴隷として一生を
過ごす事になるのだが・・・それはまた別のお話・・・。

791 :武乱道 ◆UURYYYZmuk :03/05/28 23:59 ID:cSwa2SiF




792 :_:03/05/29 00:01 ID:HSOrxIRD
http://homepage.mac.com/hiroyuki43/hankaku10.html

793 :作者の都合により名無しです:03/05/29 00:01 ID:Udp0O4bk
のびた「クックックうまくいったようだ まさかおれがいきてるとは思うまい」

794 :作者の都合により名無しです:03/05/29 00:08 ID:ttIaGWWh
と、安心しているのびた。
しかし、この時の彼は、彼に忍び寄る不気味な黒い影がある事に気付いていなかった・・・。
その影の驚愕の正体が、↓で明らかになる!!!

795 :作者の都合により名無しです:03/05/29 00:15 ID:vZ7iugJz
そこにいたのは鬼の形相で仁王立ちした
のびたの母、たま○だった・・・
「こんなとこで寝て!今日はご飯抜きだからねっ!」

796 :作者の都合により名無しです:03/05/29 00:20 ID:RHrZB0kb
そう、今までのび太は夢を見ていたのだ!

797 :作者の都合により名無しです:03/05/29 00:42 ID:HD1i0nkI
スネ夫「ストーンフリィィィ・・・・やっとおきたようね」

798 :作者の都合により名無しです:03/05/29 00:47 ID:4Kf6b/kI
のび太「うるせえ、死ね。とっととストーンオーシャンに(・∀・)カエレ!!や。オレは翡翠が起こしに来るまで寝る!!」

799 :作者の都合により名無しです:03/05/29 01:02 ID:AJ09NJNQ
>>798様、朝です。部屋をおつれします。

800 :作者の都合により名無しです:03/05/29 01:23 ID:yK1VR8Bh
翡翠に起こされたのび太は、お部屋をおつれされてしまった。
そして部屋の中にはジャッカルとカスールを構えたアーカードが。
のび太は眼鏡をはずしてナイフを構えて、直死の魔眼で死線を見た。

801 :作者の都合により名無しです:03/05/29 01:25 ID:ttIaGWWh
部屋を連れて行かれたのびたは、仕様がないので、愛人である武乱道のうちに泊まりにいく事にした。
もっとも、部屋が連れて行かれなくても行くつもりではあったが・・・何しろ、ここ数日、ジャイアンが
武乱道のうちから離れなかったせいで(そのジャイアンは、3日前に拉致され行方不明)
溜まりに溜まっていたのだ・・・。


802 :作者の都合により名無しです:03/05/29 01:26 ID:ttIaGWWh
↑これは、800の件が片付いてからの話である。

803 :動画直リン:03/05/29 01:27 ID:lhiE5RJm
http://homepage.mac.com/hitomi18/

804 :作者の都合により名無しです:03/05/29 03:17 ID:xuqV22jT
武乱道の家に向かう途中、のびたはあやしい人影を目にする。
2mはあろうかとゆう長身。季節にそぐわない真っ黒なロングコート。
肩に青黒いカラスがとまっている。そしてコートの中は・・・

805 :作者の都合により名無しです:03/05/29 03:19 ID:U7iRQpy5
生まれたままの姿だった。

806 :作者の都合により名無しです:03/05/29 04:07 ID:4Kf6b/kI
のびたは手にしたナイフを逆手に持った
「――殺す」
「こんなのはじめてぇぇぇぇぇぇぇぇぇ」
いやな絶叫を残して17個に分解されたコート男が地面に転がった。
「ぶち殺すぞ ヒューマン」
朝っぱらから赤いコートを纏って二丁拳銃なキチガイがまた出てきた。
「季節の変わり目って嫌だなぁ」
どことなしに呟くとのびたは眼鏡をまた外してアーカードと対峙した。

807 :作者の都合により名無しです:03/05/29 04:23 ID:ttIaGWWh
その頃スネ夫は、「アーカードって、悪魔城シリーズに出てくるアルカードの事なんだよな?」
という夢を見ていた・・・。

808 :作者の都合により名無しです:03/05/29 06:30 ID:SQ2FUD0h
武乱道「ロードローラーだッ!」

809 :作者の都合により名無しです:03/05/29 08:08 ID:pVoNxrGT
そんな武乱道をみてスネオは思った。
いくら部乱道が暇人であるとはいえ2chに
いる以上俺らも暇人であるのだ・・と。
そう思うと無性に悲しくなってきた。

810 :作者の都合により名無しです:03/05/29 08:15 ID:RHrZB0kb
悲しくなったスネオは、インターネットのLAN回線を切り、
その回線で首を吊ろうとしていた。

811 :作者の都合により名無しです:03/05/29 12:06 ID:Yy0MpmKR
、>              .|
  >________   .|
   ̄   .|./_   _\ |   |
      | /  ヽ/  ヽ |  |
.      | |   ・ | ・  |  V⌒i
   _  |.\  人__ノ   6 |
   \ ̄  ○        /
.     \          厂
     /  _____/
      ̄ ̄, -/へ/\/`- 、
       /./  ./o    i. \
      ∧
/ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| 俺があぼーんしたら話が終わっちまうだろ、ゴルァ

812 :作者の都合により名無しです:03/05/29 12:20 ID:8s1lcpxH
月姫の話題にもあきたスネオは自分の身代わりに武乱道を抹殺した。
「さて、八丈島の別荘にでも行くか。」

813 :作者の都合により名無しです:03/05/29 12:25 ID:g6N0Xbtk
みてね♪
http://angelers.free-city.net/page003.html

814 :作者の都合により名無しです:03/05/29 13:00 ID:mrG18jnU
しかし、そこは既に戦場だった。

815 :作者の都合により名無しです:03/05/29 13:16 ID:TlPqEXyG
アメリカ軍が居た。

816 :作者の都合により名無しです:03/05/29 13:20 ID:zOg21Ua+
次々と米兵をなぎ倒していくスネオ。そんな彼の前にある男がッ!

817 :作者の都合により名無しです:03/05/29 14:09 ID:R5SeBbBK
やはり









武乱堂であった

818 :作者の都合により名無しです:03/05/29 14:13 ID:WpI3K/gb
813だった。
実はこのオカマは自分のエロサイトを経営している
スケベだった。

819 :作者の都合により名無しです:03/05/29 14:40 ID:vdIXCXZQ
俺様もかなりのスケベなんだが・・・
と思いながら眼鏡を中指で押し上げた。

820 :作者の都合により名無しです:03/05/29 14:48 ID:mrG18jnU
ジャイ子の臭いがした。

821 :作者の都合により名無しです:03/05/29 15:28 ID:5LwyTJ52
「ぐっ・・・この臭い・・・毒ガス!?」
ジャイ子が放つ悪臭に次々と倒れてゆくアメリカ兵。

822 :作者の都合により名無しです:03/05/29 15:44 ID:Z6JE0lWW
アメリカ兵をむさぼり喰う武乱道。

823 :作者の都合により名無しです:03/05/29 15:59 ID:dcfgy+ej
武乱道「いじめじゃない!いじめじゃない!食料なーのさー!」

824 :_:03/05/29 16:01 ID:HSOrxIRD
http://homepage.mac.com/hiroyuki43/hankaku10.html

825 :作者の都合により名無しです:03/05/29 16:02 ID:WpI3K/gb
822も武乱道以上にむさぼり食ってた。しかもうんこまで食ってる822に
武乱道は唖然とした。
スネオはふと考えた。
武乱道の名を使ってるのはけっこうだがここのスレにへばりついてる
俺等がいちばんガキくさいと感じた。

「何処のガキのイジメだよ、つーか武乱道はこのスレにいるのか!?」
そう思うとスネオはせつなくなった。

826 :武乱道 ◆UURYYYZmuk :03/05/29 16:22 ID:4vpZxL+O
そして時は動き出す。

827 :作者の都合により名無しです:03/05/29 16:58 ID:FZJbykUi
825に向かって、スネ夫はある呪文を唱えた。
「武乱道必死だなw」
すると!

828 :作者の都合により名無しです:03/05/29 17:53 ID:5LwyTJ52
武乱道「必死じゃねえよ!ヴァカじゃねえの?んなカキコしてる
     おまえのほうが必死だよ。まあ君のような知欠には言っても
     わかんないかな?激藁 君みたいなデブオタ童貞
     キモイマンは一生一人でマスかいてろっての。激・大藁」
武乱道は切羽詰っていた。

829 :作者の都合により名無しです:03/05/29 18:05 ID:79HOSfK9
馬鹿、お前バカじゃないの?
ちげーよ!何いってんだよ!
はぁ?何でそうなるんだよ!
つうか俺じゃねえって!
バッカお前、あれは俺じゃねえよ!
なんでだよ。だから馬鹿、ちげえよ!
つうか聞けよ、俺の話。き・け・よ!
何でだよ。

>828も切羽詰まっていた

830 :作者の都合により名無しです:03/05/29 18:10 ID:tyqxaLTj
スネ夫は冷徹に言い放った。
>>828-830必死だなw」




スネ夫も必死だった・・・

831 :作者の都合により名無しです:03/05/29 18:25 ID:AJ09NJNQ
そしてみんなの必死さがひとつの奇跡を産む!

832 :作者の都合により名無しです:03/05/29 19:50 ID:3bM5HL3A
・・・今日はマトリックスリローデットの関係者のみによる先行上映会の日である。
スネ夫はこの上映会に奇跡的に参加できる条件を備えていた。
スネ夫の親父がチケットを手に入れていたのである。
 
「明日いつも通りアホどもに自慢できるぜ!父さん、ありがとう!」

数時間後、
親父のスネかじりまくりのスネ夫らしく、
親父のコネで手に入れたチケットを手に、
親父の親戚が経営する映画館へ、
親父に買ってもらったハーレーで向かっている最中に・・・

・・・ジャイアンにチケットを取られて、映画を見に行く事が出来なるなどとは知る由もなかった。



833 :作者の都合により名無しです:03/05/29 20:05 ID:FZJbykUi
↑などという事に昔のスネ夫ならなってしまっていたであろう。しかし今は、あのドラド21
するも恐れる殺人気スネ夫、そんな事にはなりはしないのだ・・・。

昔の事を思い出し、少し笑うスネ夫。
その笑顔を見て、「どうしたのスネ夫さん?」と声をかけてくる隣のしずかに、
「いや。ちょっと昔の事を思い出してね・・・」と返すスネ夫。

数分後、スネ夫の乗ったオープンカーは映画館へと辿り着いた。
スネ夫はゆっくりと車を下り、しずかと手をつなぎ映画館の入り口へと向かっていった・・・。
だがその時!

834 :作者の都合により名無しです:03/05/29 20:11 ID:HZDjEoIz
映画館は不況のあおりをうけてつぶれていた。

835 :作者の都合により名無しです:03/05/29 20:14 ID:jTG3AbHN
カレーパンマン「ドラド21するってなんだ?」

836 :作者の都合により名無しです:03/05/29 20:17 ID:FZJbykUi
どこからか、「カレーパンマン、それは、ドラド21すらも・・・の間違いなのさ、833も反省してる
ようだから、愛と勇気で許してあげなさい・・・」と優しい声が響いてきた・・・。

837 :作者の都合により名無しです:03/05/29 20:21 ID:M6qSCIPo
スネ夫はつぶれた映画館前でぼーっとしながら言った
「あーーっ、カレーパン食いてーーーーー・・・・・・・」

838 :作者の都合により名無しです:03/05/29 20:33 ID:vgMKxS5D
カレーパソマソ「オレの頭を食べてみろや」
彼はどこか高圧的だった。

839 :作者の都合により名無しです:03/05/29 20:41 ID:Z6JE0lWW
それもそのはずである。「カレーパンマンは全然美味しくない」ともっぱらの評判である。
そんな理由で、いつものことではあるが、カレマンは少々気が立っていたのだ。

840 :作者の都合により名無しです:03/05/29 20:45 ID:M6qSCIPo
          ・ ・
しかしっ! カレーパソマソは実は美味なのだ!!!

841 :作者の都合により名無しです:03/05/29 20:47 ID:M6qSCIPo
             ・ ・
しかしっ! カレーパソマソは実は美味なのだ!!!




ズレタッ!



842 :作者の都合により名無しです:03/05/29 21:16 ID:AJ09NJNQ
知得留「どうやら私の出番のようですね」
スネ夫「月厨Uzeeeeeeee!」

843 :作者の都合により名無しです:03/05/29 21:30 ID:eVRmqevv
スネオは「アンタ誰?」
知得留という男か女かわからん存在を無視することにした。


844 :作者の都合により名無しです:03/05/29 21:42 ID:Z6JE0lWW
そんな奴を無視したことも無視してスネオはカレーパソマソにしゃぶりついた!

845 :作者の都合により名無しです:03/05/29 21:45 ID:MKXEnLXb
スネオ「うぼるおぉぉぉぉぉ」
とんでもないまずさだ!!

846 :作者の都合により名無しです:03/05/29 21:49 ID:op556i1m
しかもクサヤのにおいがする!!

847 :作者の都合により名無しです:03/05/29 21:50 ID:Ry457p2P
「カレーよ。貴様はあすから二軍じゃ。これからもずっと。
  未来永劫な・・・」
ジャムから戦力外通告をうけた。

848 :作者の都合により名無しです:03/05/29 22:04 ID:j8tO7Xe0
自分の頭を食べさせたり体液を食べさせたり・・・
そんなカニバリズムヒーロー・アンパンマンたちにも
ついに最後の時がやってきた!!

849 :作者の都合により名無しです:03/05/29 22:11 ID:zJMkl1ZG
飢える亡者・腐乱道によって頭だけでなく体も喰われてしまったのである。

850 :作者の都合により名無しです:03/05/29 22:14 ID:hGn2kGzM
ここがクラスメートどうしの殺し合いの場と言う事を忘れてはいけない。

851 :作者の都合により名無しです:03/05/29 22:45 ID:pCPSaawJ
カレーパンマンを何とか体内から排出したスネ夫。不快感を紛らわす為、2chをやる事にした、エロ漫画小説版に書き込もうとしたのだが・・・ところが!「都合により書き込めません」と出るではないか!
スネ夫は怒った!先程の不快感も忘れる如くに!「な、なんだと!書き込めないだと!ば、馬鹿な!このスネ夫、スネ夫さまがぁぁぁぁぁぁ!!!」スネ夫の自我は崩壊寸前だ!

852 :作者の都合により名無しです:03/05/29 22:49 ID:I75wi3nG
自我の崩壊が始まり、薄れゆく意識の中で、スネ夫は思った。
「クラスメート同士で殺し合う・・・・現実はなんて残酷だ」

「戦わなきゃ現実と!」

混乱するクラスメートの誰かが叫んだ一言は、
若ハゲのせいで不自然なヅラを被っているスネ夫にとって、
違う意味で心に染みる一言であり、そんな残酷な現実は、
スネ夫の殺戮をエスカレートさせるのだ。

853 :作者の都合により名無しです:03/05/29 23:06 ID:a4XqCvYi
ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・・・あたりの気温がグッと下がった。


854 :作者の都合により名無しです:03/05/29 23:10 ID:nSx8cEMG
いや、正確には上がっていたのかもしれない。

855 :武乱道 ◆UURYYYZmuk :03/05/29 23:15 ID:4vpZxL+O
あがってんの
さがってんの
みんなハッキリ言っとけ!

それがあさみという女だった。

856 :作者の都合により名無しです:03/05/29 23:17 ID:YQCj6b5J
スネオ「あさみ・・・いい女だ・・・」
そのとなりにはすごい形相でスネオをにらむ静香の姿が・・・

857 :作者の都合により名無しです:03/05/29 23:21 ID:AJ09NJNQ
あさみはおもち上級者だ!

858 :作者の都合により名無しです:03/05/29 23:25 ID:KwEsRhT0
スネオ「むうっ80パアアアアアアアーセント」  
ゴゴゴゴゴゴゴゴ あたりが震えているようだ

859 :直リン:03/05/29 23:27 ID:lhiE5RJm
http://homepage.mac.com/yuuka20/

860 :作者の都合により名無しです:03/05/30 00:36 ID:1FmBNkl4
スネ夫の体は超筋肉質になり、肩はボコボコに盛り上がり、いくつか穴があいている!

861 :作者の都合により名無しです:03/05/30 00:47 ID:lleZ9Dqk
スネ夫「これがステロイドの力だ!」

862 :作者の都合により名無しです:03/05/30 00:55 ID:Wa9VCn1w
そんなすねをを2km離れたところから、ゲパードM1対物ライフルで狙いをつけていたしずかちゃんは躊躇いも無く引き金を引くました
12.7mmの大口径弾がすねをの顔面を潰れたトマトにして、少し遅れて銃声が届きます
「筋肉なんて無意味なのよ・・・・」
しずかちゃんはデキスギ君にキスをしながら言いました

863 :武乱道 ◆UURYYYZmuk :03/05/30 01:48 ID:bz9f1T5a
「確かに強力な重火器の前に筋肉など無意味だ…」
唇を合わせていた出来杉が、突然そんな言葉を口にした。
そして静香を思い切り抱きしめた。
「え? ちょ、苦し…!」
「しかし…」
出来杉はさらに力を込める。
「ぐ…げぇ…」
静香の顔は赤から青へ、青から赤へと変化を繰り返す。
「貴様一人を片付けるくらいなら、たやすいのだよ…!」
出来杉がさらに力を込めると、静香のか細い背骨はまるでHBの鉛筆のように折れた。
「お前が殺したのは影武者だ」
出来杉はそう言いながら、絶命している静香を見下ろす。
そして自分の顔の皮をはがした。
その下にはスネ夫の顔があった。
「しかし俺が本物かと問われると、俺はNOと答えるだろう」
そう答えたスネ夫の目は、どこか悲しげだった。

864 :作者の都合により名無しです:03/05/30 07:34 ID:bOY/Dsio
そして悲し毛から一本の毛が生えた。

865 :作者の都合により名無しです:03/05/30 07:53 ID:APUTE0NI
ふと気付くと目の前にあったはずの静香の死体がない。

866 :作者の都合により名無しです:03/05/30 07:55 ID:Ds+2VXs7
スネ夫カット・レーダーが作動した

867 :作者の都合により名無しです:03/05/30 09:25 ID:1FmBNkl4
スネ夫『焼酎ロック!あ、梅干し入れてね!』

868 :作者の都合により名無しです:03/05/30 10:46 ID:Eo5fik18
しかし、スネ夫は未成年だった。
スネ夫は飲酒ならびに殺人の容疑で補導された。

869 :作者の都合により名無しです:03/05/30 13:20 ID:x06X+oSo
のびた「いや、やっぱりお湯割でしょ?梅干入りは」

870 :作者の都合により名無しです:03/05/30 13:58 ID:nA7khZ2V
「なんだと・・・?」
スネオはいっきに不機嫌になった。

871 :作者の都合により名無しです:03/05/30 15:49 ID:0gN65HOl
. -‐- .,. '  ̄  ` .  _,.-―- 、__,,....ィ
             , ´            ヽ   i    ヽ   '-、
              /                    \ l   ,  ト 、 ~ヽ.___,,,...,.
          /                    ` 、‐ ' 'z__ l ,>-‐''     ,/
          i              人 l、     ヾ    `´      //
          /         ,ィ /  ヽi ヽ. l、   ,|         /   /
          "i     /^ヽ! / !,/ -―-  |,/ |   ハj         そ 人
         i    l ハ i/      ━    ヽ. l/ /           ゙ヾ. ヽ、
         ゙l.   ヽ_             { 、_ソノ   ,.. -  ..、      '; !~
         /ヽ! ,ィ/            `-  ;'    ;'      ` :,    ヽ!
       /  _Y     ヽ      t 、  /_     ':,  ━     ;      ヽ,
      〃´ ̄ 亠─----;:>- 、.  `´ /,,. ';  ,, _  ` 、 _ ,,, .. '         ;"
     i'´          ̄  __ ,,.. -`<´ ;: '",:' ,:'     `  -  、  ,,.. --‐ /
     /l         ,. - ´ /     ヽ`´,. '           ` ~    /l
    i  !         /    /       `'`i   ,.-‐ 、   , ,    ,. -‐'  |
.     l  i     /     l          !  ` -: '    '   ィ       i
    l    !   /       l          \   ,...、__,,.-'' /;'        l
    |   ヽ/         !           `-:イヽ-'  / /       ;リ
;:;:;:.:.:.:. : .         パトラッシュ、疲れたろう。僕も疲れたんだ。         . : :.:.:::;:;:;
:;::;:;::.:.:.:. :. .          何だかとても眠いんだ。パトラッシュ・・・ 




872 :作者の都合により名無しです:03/05/30 15:50 ID:8Gs9VXB1
スネオ「カアァァァァァァァァァァ!!!!!!」
のびた「ひ、ひいぃぃぃぃぃぃぃ・・・・」

873 :作者の都合により名無しです:03/05/30 15:56 ID:x6PHMYyC
ポロリ

874 :作者の都合により名無しです:03/05/30 17:02 ID:yxRMuZgK
そ、その声はフリーザ様!?

いや、違う・・・ポロリだ!!

なんてこった!!!

875 :作者の都合により名無しです:03/05/30 17:09 ID:RIwpy24V
スネ夫はとりあえず学校に行くことにした。
だってここ数週間くらいサボっていたから・・・

876 :武乱道 ◆UURYYYZmuk :03/05/30 17:15 ID:bz9f1T5a
スネ夫が通学路を歩いていると、
曲がり角からパンを銜えた女の子が飛び出してきた。
「その手には乗らない!」
スネ夫は一瞬で女の子の背後に回ると、手刀で気絶させた。

877 :作者の都合により名無しです:03/05/30 17:18 ID:ch55qRG1
しかし、すでに学校は跡形も無かった・・・。
そこには、すでに冷たく、もう永久に動くことは無い871の少年と犬の姿もあった・・・。

スネ夫「こ、これはどういうことだ!一体誰がこんな事を!」
その時!突如上空から凄まじいスピードでスネ夫に襲い掛かる謎の影が!
間一髪身をかわしたスネ夫!
スネ夫「貴様何者だ!」
何と、その影の正体は!!!

878 :作者の都合により名無しです:03/05/30 17:21 ID:ch55qRG1
ここで解説をせねばなるまい。877は,876の件が片付いた後の出来事である。
ちなみに、スネ夫は876で気絶させた女の子を左肩に抱えている。
何の為なのかは定かではないが・・・。

879 :作者の都合により名無しです:03/05/30 17:21 ID:RHGaOnjQ
ポロリだった!!

880 :動画直リン:03/05/30 17:27 ID:EQM5OMmB
http://homepage.mac.com/hitomi18/

881 :武乱道 ◆UURYYYZmuk :03/05/30 17:30 ID:bz9f1T5a
「ドキッ! ジャイ子だらけの水泳大会! ポロリもあるよ!」

スネ夫がそんな妄想をしていると、肩に担いでいた女の子が目覚めた。
「う…んん…」
それに気づいたスネ夫は、女の子をやさしく地面に叩きつけた。
コンクリートが弾け飛ぶ。
女の子は痙攣していた。

882 :作者の都合により名無しです:03/05/30 18:08 ID:aDWQOFxB
スネ夫「あ、もうこんな時間だ!遅刻してしまう!!」
スネ夫は全速力(時速70k)で学校まで走った。

883 :作者の都合により名無しです:03/05/30 18:10 ID:gZseuHS2
「だからもう無いんだってば!」
中川家(弟)に突っ込まれた。

884 :作者の都合により名無しです:03/05/30 18:17 ID:CETi4Xhu
そう、スネオの高校の単位はもう限界を超えていた。
つーわけで10回目の留年も決定となった。

885 :作者の都合により名無しです:03/05/30 19:03 ID:i6qYCDyb
スネ夫「つーか、俺”何歳”だよ!」

          !?


886 :作者の都合により名無しです:03/05/30 20:07 ID:NvgUv7eh
「無様だなスネ夫」
スネ夫の前に現れた男はなんと

887 :作者の都合により名無しです:03/05/30 20:09 ID:sH44NgQo
飛び級で5歳の時に高校に入ってはや10年・・・
もはや彼の周りには同い年の人しかいない。

888 :作者の都合により名無しです:03/05/30 20:10 ID:iib5Hmnj
そう、武乱道その人である。

889 :作者の都合により名無しです:03/05/30 20:13 ID:g2/+yDo+
「留年・・・か・・・。いやな響きだぜ・・・。」
今年留年が確定した俺様はやるせないきもちだ。


890 :作者の都合により名無しです:03/05/30 20:42 ID:q9vIua+P
しかしチャンスがある。
この学校には留年をまぬがれることが出来る試験があるのだ。
その試験内容とはー・・・!!

891 :武乱道 ◆UURYYYZmuk :03/05/30 20:49 ID:bz9f1T5a
「ちょっと待ったぁ!」
スネ夫は声の方向に振り向いた。
さきほど地面に寝かせてあげた女の子だった。
「試験官はアタシよ!」
まだなんの試験かも聞いていないのだが、
女の子は肩をいからせてこちらに近づいてきた。
面倒くさいので、スネ夫は女の子を殺してしまうことにした。

892 :作者の都合により名無しです:03/05/30 20:54 ID:Af52B34C
そう、ついにスネオは776を実行に移そうとしたのである・・・!!

893 :作者の都合により名無しです:03/05/30 21:01 ID:M5siYYw4
だが、そこに立ちふさがる奴がいた。

894 :作者の都合により名無しです:03/05/30 21:02 ID:fCzCqstk
しかしその女の子は武乱道であった!!

895 :作者の都合により名無しです:03/05/30 21:14 ID:NvgUv7eh
「武乱道ネタは面白くないってことにいい加減気づけよ」
俺は言った。

896 :作者の都合により名無しです:03/05/30 21:26 ID:1Pje8GVB
じゃい子も逝った。

897 :作者の都合により名無しです:03/05/30 21:44 ID:PfFyQJco
武乱道よ・・・さらば。そしてすまない。
368,369,371,372,374のカキコは俺様だ。
まさかこんなにネタにされるなんて思わなかったよ。

898 :武乱道 ◆UURYYYZmuk :03/05/30 22:48 ID:bz9f1T5a
>>893
この間殺した筈の静香だった。

899 :作者の都合により名無しです:03/05/30 22:59 ID:Wa9VCn1w
しずかは両手に30mm局点防衛用対空中砲撃戦装備ハルコンネン2を構えていた。
「小便は済ませたか?神様にお祈りは?部屋の隅でガタガタ震えて命乞いする準備はOK?」


900 :作者の都合により名無しです:03/05/30 23:01 ID:RPExwjH1
スネオは静香の乳首に亀頭をこすりつけた!!
くにゅくにゅとゆう感触がコリコリという感触に変わって行く。


901 :作者の都合により名無しです:03/05/30 23:01 ID:OmapD8+h
実は静香はサイボーグだった

902 :作者の都合により名無しです:03/05/30 23:06 ID:XWSoBe5W
そう、静香の肌が在ったらしい部分がスネオのイチモツによってめくれ上がっていた。

903 :作者の都合により名無しです:03/05/31 00:18 ID:pgaWqj5i
そのころ、武乱道の前に黒い覆面を被った男が現れていた。
その男は、言った。
「ふぅ、これで武乱道ネタは暫く治まりそうだな。
最近、いいかげん武乱道ネタには飽々してたんだ。
だが、覚えていろよ!
武乱道ネタは忘れたころやってくることを!
次スレの中盤くらいに必ず復活させるからな!
覚悟しておけ。このスレにおまえの休息地はないと思え!
げっへっへっ」

武乱道はなにか得体の知れない不安に襲われた。
しかし、彼は知らなかった。
その男は、彼以上に暇人であることを・・・・・。

904 :作者の都合により名無しです:03/05/31 00:26 ID:HpCKPFQ1
トス

905 :作者の都合により名無しです:03/05/31 00:56 ID:Nx9Ayfk1
ナス

906 :作者の都合により名無しです:03/05/31 01:10 ID:6UoGHXAw
パス

907 :作者の都合により名無しです:03/05/31 01:19 ID:/TxcB17s
クリトリス

908 :作者の都合により名無しです:03/05/31 01:20 ID:vA+JkMv1
スネ夫はそんな言葉を思い浮かべながら・・・

909 :作者の都合により名無しです:03/05/31 01:54 ID:9U6roPbm
目の前の機械に向かって股間銃を乱射していた。
「あ、あ、あああぁ〜〜〜〜〜。あひっ!!!」

910 :作者の都合により名無しです:03/05/31 02:24 ID:P5Oq0Acf
だがスネ夫は重要な事を忘れていた。

911 :_:03/05/31 02:31 ID:bXm1H+rs
http://homepage.mac.com/hiroyuki43/hankaku01.html

912 :作者の都合により名無しです:03/05/31 02:46 ID:pSBhQhgJ
スネ夫「次スレはこの板でいいのか…?」

913 :作者の都合により名無しです:03/05/31 09:31 ID:LXHCcp18
出来杉「僕らも漫画サロン板に転校する時期がきたのかもしれない」

914 :作者の都合により名無しです:03/05/31 09:53 ID:9jzdn4n3
のび太「その前に、どでかい打ち上げ花火といこうぜぇ…!」

915 :作者の都合により名無しです:03/05/31 10:53 ID:AtNJUQ5c
スネ夫「くそっ、打ち上げたいのはやまやまだが、花火が
    全部湿ってやがる・・・ドラの仕業だっ!!!」

916 :作者の都合により名無しです:03/05/31 11:25 ID:cR6dgDzX
ドラ「マロンにくると言うのなら・・・なんとかしてやらんこと
    もないぜぇ・・・?」

917 :直リン:03/05/31 11:27 ID:zqYhO7bK
http://homepage.mac.com/yuuka20/

918 :作者の都合により名無しです:03/05/31 11:36 ID:Qsk+7VXR
スネオはタイムふろしきを花火にかぶせ湿った花火を蘇らせた。


919 :作者の都合により名無しです:03/05/31 12:15 ID:FZrA2aJi
スネオ「我々の今後をうらなう上でもこれは重要な儀式・・・」

920 :作者の都合により名無しです:03/05/31 16:47 ID:aXZj+1LD
「さて、まずは次スレのタイトルを決めたいと思う」
すかさず出来杉が仕切る。

921 :作者の都合により名無しです:03/05/31 17:09 ID:pgaWqj5i
「恋する殺人鬼スネ夫○6才」
すかさずもう一人の出来杉が言った。

922 :作者の都合により名無しです:03/05/31 17:38 ID:6UoGHXAw
「まぁ、主人公は出来杉でもスネオでもなくこの俺、出木杉なわけだが。」
すかさず偽出来杉どもの間違いを指摘しつつ真の出木杉が口を挟む。

923 :作者の都合により名無しです:03/05/31 18:13 ID:Nys6pPd8
ドラえもんは
「確かに。出来杉は映画にも出てこない存在だからな。」


肯定してるつもりだが一言多かった。

924 :作者の都合により名無しです:03/05/31 18:30 ID:PKhxMEXI
バイト見つけた。1000円くれるってさ。
http://nigiwai.net/windstorm/


925 :作者の都合により名無しです:03/05/31 18:45 ID:cN9HnS8l
出来杉「ばかめ!貴様はのびたの宇宙小戦争を知らないようだな!!
    てんとう虫コミックス大長編ドラえもん第6巻大好評発売中!」


926 :作者の都合により名無しです:03/05/31 18:48 ID:d4+CJK3n
人大杉「ふん!2ちゃんでもっとも知名度の高いのはおれさまだぜ。
    というわけでおれが次スレの主役だ!!!!!」

927 :作者の都合により名無しです:03/05/31 19:54 ID:FDCxA7GB
「でも出来杉って毎回は出てないよな」
フッと鼻でのびたは笑った。

928 :作者の都合により名無しです:03/05/31 19:59 ID:bi84eato
出来杉「おおっと。のびたのアニマルプラネットの宣伝を
    忘れていたぜ!!てんとう虫コミックス大長編ドラえもん
    第10巻ロングセラー発売中!!!!!!!!!!!!」

929 :作者の都合により名無しです:03/05/31 20:05 ID:FDCxA7GB
「出来杉さんがかわいそうよ。主役にしてあげましょうよ」
静香が言った。
出来杉は同情されてる自分がなんだか惨めになってきた。

930 :作者の都合により名無しです:03/05/31 20:25 ID:ZnWgDWvC
出来杉は自分の舌を噛みちぎって自殺した。
流石は天才出来杉、プライドの高い男である。

931 :作者の都合により名無しです:03/05/31 20:26 ID:IGK7aaHH
スネオ「俺の立場はどうなるんだよぉ」

932 :作者の都合により名無しです:03/05/31 20:44 ID:RNDGeeOi
武乱道「お、オレが主役じゃだめかな・・・?」

933 :作者の都合により名無しです:03/05/31 20:46 ID:ZnWgDWvC
のび太「それだ!君に決めた!」

934 :作者の都合により名無しです:03/05/31 20:47 ID:ZnWgDWvC
タイトルは「人間を捨てた男・武乱道、ついでにスネ夫」だ!

935 :作者の都合により名無しです:03/05/31 20:53 ID:VlokjM+b
\\\   _    | | |   /      一 ス や
 \\\ ヽ)         |        番  ネ っ
   _         _,,.. -――- 、,._i   さ 夫 ぱ
  ヽゝ     /_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::ヽ/_,. ! .が
  、      iノ,‐ 、 ,. -.,ヾー-::::::::ヽ`
        if'   i"    iハ |:::::::::|
―       (i  / j ヽ   |ー-| ;:-、jゝ、____
―ニ      /ゝ-(~"ヽ、_,ノ   " 6 i     =ニ
―         i (`     ノ⌒ヽ  イ       ―
        ヽ ~、` ー―<_ノ_ノ 丿
          ヽ ヽ 、__ノ _,,..'"!、
            `r-、―''"  /┐     \\\
///       rf/ \  /   ~\         ____
////    _イ     `   \    \  _,-、   / ,-―――
   (~ヽ、_,..-‐'"           \   /  <  fニi ( (=) )
  ,/` 、 ヽ  _,,..゙|          | \/ ノ  、\ /  ` ー"
 (/,\  ノ''"  .|         |    ヽ /ヽヽ) [ ̄ ̄ ̄ ̄
 ゝくノノ''"      `iー――――ー{    `ヾ_ヽ'-' | ̄ ̄ ̄ ̄


936 :_:03/05/31 20:54 ID:FiW2zq/q
http://homepage.mac.com/hiroyuki43/hankaku06.html

937 :作者の都合により名無しです:03/05/31 20:59 ID:f+WSEzmt
「とりあえず主役は武乱道だ!!」
しかしスレを誰がたてるか・・・。


938 :作者の都合により名無しです:03/05/31 21:19 ID:pgaWqj5i
謎の男「だから武乱道ネタは飽きたんだよ!」

939 :作者の都合により名無しです:03/05/31 21:31 ID:f+WSEzmt
しかし面白くないのは938だけであった。
よって武乱道に決定した。

940 :作者の都合により名無しです:03/05/31 21:45 ID:1PMqK5y1
というかおもしろいおもしろくないの問題以前に
コテハンがスレタイに入ってたら削除対象になるんじゃ

941 :作者の都合により名無しです:03/05/31 21:57 ID:CrboiQbS
出来杉はそう言い、そして付け足した。
「あくまで主人公はスネ夫なんだ。残念ながらね・・・」

942 :作者の都合により名無しです:03/05/31 22:01 ID:ZnWgDWvC
「ここは950に全てを任せてみてはどうかしら?」
と、急に現われた辺見えみりは言った。

943 :武乱道 ◆UURYYYZmuk :03/05/31 23:13 ID:tloJGV3/
宇宙のスネオビア

944 :作者の都合により名無しです:03/05/31 23:15 ID:RmDJ6vsV


945 :武乱道 ◆UURYYYZmuk :03/05/31 23:18 ID:tloJGV3/
SUNE
GARD

946 :作者の都合により名無しです:03/05/31 23:28 ID:o4ym/ZBF
タイトル「新たなる殺人気DIO・武乱道〜スネオの逆襲〜」
       

947 :作者の都合により名無しです:03/05/31 23:30 ID:JfZ9vXXj
\\\   _    | | |   /      一 武 や
 \\\ ヽ)         |        番  乱 っ
   _         _,,.. -――- 、,._i   さ 道 ぱ
  ヽゝ     /_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::ヽ/_,. ! .が
  、      iノ,‐ 、 ,. -.,ヾー-::::::::ヽ`
        if'   i"    iハ |:::::::::|
―       (i  / j ヽ   |ー-| ;:-、jゝ、____
―ニ      /ゝ-(~"ヽ、_,ノ   " 6 i     =ニ
―         i (`     ノ⌒ヽ  イ       ―
        ヽ ~、` ー―<_ノ_ノ 丿
          ヽ ヽ 、__ノ _,,..'"!、
            `r-、―''"  /┐     \\\
///       rf/ \  /   ~\         ____
////    _イ     `   \    \  _,-、   / ,-―――
   (~ヽ、_,..-‐'"           \   /  <  fニi ( (=) )
  ,/` 、 ヽ  _,,..゙|          | \/ ノ  、\ /  ` ー"
 (/,\  ノ''"  .|         |    ヽ /ヽヽ) [ ̄ ̄ ̄ ̄
 ゝくノノ''"      `iー――――ー{    `ヾ_ヽ'-' | ̄ ̄ ̄ ̄


948 :作者の都合により名無しです:03/05/31 23:35 ID:rozxQ0oW
【リレー小説】〜愛と哀しみの殺人鬼スネ夫〜

彼の名前は骨皮スネ夫。15歳、高校一年生。シャブ中。
地獄の底から舞い戻ってきた、愛に飢えた殺人者である・・・

○登場人物は基本的にはドラえもんキャラだが、他作品のキャラ使用は自由
●下ネタは駄目とは言わないが控えめに
○武乱道ネタは控えめに。ていうか禁止


【リレー小説】スネ夫と愉快な殺人奴隷
http://comic2.2ch.net/ymag/kako/1042/10429/1042964666.html
【リレー小説】〜誇り高き殺人鬼スネ夫〜【suneo】
http://comic2.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1043748452/
【リレー小説】〜帰ってきた殺人鬼スネ夫〜
http://comic3.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1051106280/
【リレー小説】〜目覚めた殺人気スネ夫〜
http://comic3.2ch.net/test/read.cgi/ymag/1053076870/

949 :作者の都合により名無しです:03/05/31 23:36 ID:rozxQ0oW
で、マロンに立ててきていいのか?

950 :作者の都合により名無しです:03/05/31 23:37 ID:rozxQ0oW
立てる場所が問題

951 :武乱道 ◆UURYYYZmuk :03/05/31 23:37 ID:tloJGV3/
>>948
>○武乱道ネタは控えめに。ていうか禁止

やった…!
っていうか書き込まなきゃいいのか。

952 :作者の都合により名無しです:03/05/31 23:44 ID:hjvzYN6m
マロンでいいんじゃないっすかねえ。

953 :作者の都合により名無しです:03/05/31 23:46 ID:xvk87xIe
武乱!!書かなかったら自害するぞ!

954 :作者の都合により名無しです:03/06/01 00:03 ID:HQuVrd4L
立てたよ

【リレー小説】〜愛と哀しみの殺人鬼スネ夫〜
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1054393354/

955 :作者の都合により名無しです:03/06/01 06:37 ID:z/brTgVI
 __________
     |              <
     |   _______ <
     |  | /     \ |  ̄
     |  |  /  ̄ヽ/ ̄ヽ|
     | v   |  / | \ ||
     (d   \_人_ノ |_       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      |       つ__/     / さ、後はマターリと埋めようか・・・
      \        \      <   
        \_____>      \  武乱道クン。
         / ∨L∨\          \_________
    


956 :作者の都合により名無しです:03/06/01 06:58 ID:76x57GBz
     __________
     |              <
     |   _______ <
     |  | /     \ |  ̄
     |  |  /  ̄ヽ/ ̄ヽ|
     | v   |  / | \ ||
     (d   \_人_ノ |_       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      |       つ__/     / 結局、今回のオチは
      \        \      <   
        \_____>      \  武乱道なのかと問いたい
         / ∨L∨\          \_________
    

957 :作者の都合により名無しです:03/06/01 12:02 ID:JsWTSLur
    |              <
     |   _______ <
     |  | /     \ |  ̄
     |  |  /  ̄ヽ/ ̄ヽ|
     | v   |  / | \ ||
     (d   \_人_ノ |_       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      |       つ__/     / 
      \        \      < 小一時間問い詰めたい。  
        \_____>      \  
         / ∨L∨\          \_________


958 :作者の都合により名無しです:03/06/01 12:04 ID:7l+ZBW/A
     __________
     |              <
     |   _______ <
     |  | /     \ |  ̄
     |  |  /  ̄ヽ/ ̄ヽ|
     | v   |  / | \ ||
     (d   \_人_ノ |_       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      |       つ__/     / そして
      \        \      <   
        \_____>      \      突っ込みたい。
         / ∨L∨\          \_________

959 :作者の都合により名無しです:03/06/01 12:16 ID:3f+MYeTL
     __________
     |              <
     |   _______ <
     |  | /     \ |  ̄
     |  |  /  ̄ヽ/ ̄ヽ|
     | v   |  / | \ ||
     (d   \_人_ノ |_       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      |       つ__/     / 俺が、
      \        \      <   
        \_____>      \     武乱道だ、と。
         / ∨L∨\          \_________



960 :作者の都合により名無しです:03/06/01 12:23 ID:yGMGkGys
武乱道は幻の人となった。

961 :作者の都合により名無しです:03/06/01 13:08 ID:xMQVAOVW
  __________
     |              <
     |   _______ <
     |  | /     \ |  ̄
     |  |  /  ̄ヽ/ ̄ヽ|
     | v   |  / | \ ||
     (d   \_人_ノ |_       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      |       つ__/     / 俺も、
      \        \      <   
        \_____>      \     武乱道だ、と。
         / ∨L∨\          \_________


962 :作者の都合により名無しです:03/06/01 15:20 ID:J5newdG0
     __________
     |              <
     |   _______ <
     |  | /     \ |  ̄
     |  |  /  ̄ヽ/ ̄ヽ|
     | v   |  / | \ ||
     (d   \_人_ノ |_       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      |       つ__/     / ちんちんブラブラ
      \        \      <   武乱道〜♪
        \_____>      \  ・・・もう思い残す事は無い
         / ∨L∨\          \_________

963 :作者の都合により名無しです:03/06/01 17:24 ID:EpATaMEn
     __________
     |              <
     |   _______ <
     |  | /     \ |  ̄
     |  |  /  ̄ヽ/ ̄ヽ|
     | v   |  / | \ ||
     (d   \_人_ノ |_       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      |       つ__/     / >>961
      \        \      <   キサマ!
        \_____>      \  ヅラがずれているぞ!?
         / ∨L∨\          \_________

964 :作者の都合により名無しです:03/06/01 17:55 ID:3f+MYeTL
     __________
     |              <
     |   _______ <
     |  |    \ /  |  ̄
     |  |  /  ̄ヽ/ ̄ヽ|
     | v   |  \ | / ||
     (d   \_人_ノ |_       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      |       つ__/     / >>961
      \        \      <   中途半端に
        \_____>      \  コピペをしたんだな!?
         / ∨L∨\          \_________

965 :作者の都合により名無しです:03/06/01 18:06 ID:WE+/xDqE
. 、___________
  、>              .|
  >________   .|
   ̄   .|./_   _\ |   |
      | /  ヽ/  ヽ |  .|      __________
.      | |   ・ | ・  |  V⌒i    /
   _  |.\  人__ノ   6 |  <  愛してるぜ、ジャイ子・・・
   \ ̄  ○        /     \
.     \          厂        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     /  _____/
      ̄ ̄, -/へ/\/`- 、
       /./  ./o    i. \

966 :作者の都合により名無しです:03/06/01 19:12 ID:3qPMP/+F
__________
     |              <
     |   _______ <
     |  |    \ /  |  ̄
     |  |  /  ̄ヽ/ ̄ヽ|
     | v   |  \ | / ||
     (d   \_人_ノ |_       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      |       つ__/     / 愛してるぜ武乱道
      \        \      <       ・・・・。
        \_____>      \  
         / ∨L∨\          \_________


967 :作者の都合により名無しです:03/06/01 20:55 ID:2r8C1kM2
. 、___________
  、>              .|
  >________   .|
   ̄   .|./_   _\ |   |
      | /  ヽ/  ヽ |  .|      __________
.      | |   ・ | ・  |  V⌒i    /
   _  |.\  人__ノ   6 |  <  略奪愛だって構わないさ・・・
   \ ̄  ○        /     \
.     \          厂        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     /  _____/
      ̄ ̄, -/へ/\/`- 、
       /./  ./o    i. \

968 :作者の都合により名無しです:03/06/01 21:05 ID:YNsq3p7w
     __________
     |              <
     |   _______ <
     |  | /     \ |  ̄
     |  |  /  ̄ヽ/ ̄ヽ|
     | v   |  / | \ ||
     (d   \_人_ノ |_       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      |       つ__/     / お前のアナルがほしい・・・
      \        \      <  
        \_____>      \    ただそれだけだよ・・・
         / ∨L∨\          \_________




969 :武乱道 ◆UURYYYZmuk :03/06/01 22:57 ID:xhvCEejB
ちっはっる!
おうるぁ!
ちっはっる!
おうるぁ!

970 :作者の都合により名無しです:03/06/01 22:57 ID:HIb1FHdo
     __________
     |              <
     |   _______ <
     |  | /     \ |  ̄
     |  |  /  ̄ヽ/ ̄ヽ|
     | v   |  / | \ ||
     (d   \_人_ノ |_       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      |       つ__/     / ずれとるがな
      \        \      <  
        \_____>      \   
         / ∨L∨\          \_________



971 :作者の都合により名無しです:03/06/01 23:45 ID:y7BaB9Pl
  __________
     |              <
     |   _______ <
     |  | /     \ |  ̄
     |  |  /  ̄ヽ/ ̄ヽ|
     | v   |  / | \ ||
     (d   \_人_ノ |_       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      |       つ__/     / 呆れたぜ。とっとと
      \        \      <  うせな!ベイビー
        \_____>      \   
         / ∨L∨\          \_________



972 :作者の都合により名無しです:03/06/02 01:54 ID:Y+0HDGxl
     __________
     |              <
     |   _______ <
     |  |    \ /  |  ̄
     |  |  /  ̄ヽ/ ̄ヽ|
     | v   |  \ | / ||
     (d   \_人_ノ |_       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      |       つ__/     / 1000取り合戦なんぞ
      \        \      <  このスレでは
        \_____>      \   なんの意味もない!!!
         / ∨L∨\          \_________


973 :作者の都合により名無しです:03/06/02 07:06 ID:Gws9CYej
. 、___________
  、>              .|
  >________   .|
   ̄   .|./_   _\ |   |
      | /  ヽ/  ヽ |  .|      __________
.      | |   ・ | ・  |  V⌒i    /
   _  |.\  人__ノ   6 |  <  ここからは999取り合戦だ!!!
   \ ̄  ○        /     \
.     \          厂        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     /  _____/
      ̄ ̄, -/へ/\/`- 、
       /./  ./o    i. \

974 :作者の都合により名無しです:03/06/02 07:16 ID:GJqb1KIP
、___________
  、>              .|
  >________   .|
   ̄   .|./_   _\ |   |
      | /  ヽ/  ヽ |  .|      __________
.      | |   ・ | ・  |  V⌒i    /
   _  |.\  人__ノ   6 |  <  >>973 なんだってーーーー!!!
   \ ̄  ○        /     \
.     \          厂        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     /  _____/
      ̄ ̄, -/へ/\/`- 、
       /./  ./o    i. \

975 :作者の都合により名無しです:03/06/02 08:30 ID:94q/iSxq
 __________
     |              <
     |   _______ <
     |  | /     \ |  ̄
     |  |  /  ̄ヽ/ ̄ヽ|
     | v   |  / | \ ||
     (d   \_人_ノ |_       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      |       つ__/     / こんな終盤でも
      \        \      <  速度がつかない・・・
        \_____>      \   
         / ∨L∨\          \_________


976 :作者の都合により名無しです:03/06/02 16:18 ID:yfPE9hvt
___________
  、>              .|
  >________   .|
   ̄   .|./_   _\ |   |
      | /  ヽ/  ヽ |  .|      __________
.      | |   ・ | ・  |  V⌒i    /
   _  |.\  人__ノ   6 |  <  >>975は暇人だ
   \ ̄  ○        /     \
.     \          厂        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     /  _____/
      ̄ ̄, -/へ/\/`- 、
       /./  ./o    i. \




977 :作者の都合により名無しです:03/06/02 17:06 ID:s3JGyfTN
     __________
     |              <
     |   _______ <
     |  | /     \ |  ̄
     |  |  /  ̄ヽ/ ̄ヽ|
     | v   |  / | \ ||
     (d   \_人_ノ |_       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      |       つ__/     / >>976
      \        \      <    お前もな。
        \_____>      \   
         / ∨L∨\          \_________

978 :作者の都合により名無しです:03/06/02 21:55 ID:l/hprPQK
  __________
     |              <
     |   _______ <
     |  |    \ /  |  ̄
     |  |  /  ̄ヽ/ ̄ヽ|
     | v   |  \ | / ||
     (d   \_人_ノ |_       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      |       つ__/     / こっちはテスト勉強よ
      \        \      <  
        \_____>      \   !
         / ∨L∨\          \_________





979 :作者の都合により名無しです:03/06/02 22:04 ID:/X4OFVCY
フーン

980 ::03/06/02 22:15 ID:JjjGfVWe
スネオの絵うまいだすね。


981 ::03/06/02 22:16 ID:JjjGfVWe
今スマスマやってるよ☆


982 :女性にお勧め:03/06/02 22:18 ID:0JWY8TSs
http://www.asamade.net/cgi-bin/pc_i_j_ez-index.cgi
コギャル、わりきり、ブルセラ、多数!
女子高生の方の訪れてくださいませ!
女性運営者がサイト運営しています。
何でも相談掲示板も充実です!
ヨロピクね!!!今が一番良い!
相互リンク集です、どしどし連絡ちょv

983 ::03/06/02 22:19 ID:JjjGfVWe
  __________
     |              <
     |   _______ <
     |  |    \ /  |  ̄
     |  |  /  ̄ヽ/ ̄ヽ|
     | v   |  \ | / ||
     (d   \_人_ノ |_       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      |       つ__/     / パクリよ
      \        \      <  
        \_____>      \   !
         / ∨L∨\          \_________

984 :作者の都合により名無しです:03/06/03 07:20 ID:puw3JZjQ
. 、___________
  、>              .|
  >________   .|
   ̄   .|./_   _\ |   |
      | /  ヽ/  ヽ |  .|      __________
.      | |   ・ | ・  |  V⌒i    /
   _  |.\  人__ノ   6 |  < なんてことを言ってると痒くなってきた
   \ ̄  ○        /     \
.     \          厂        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     /  _____/
      ̄ ̄, -/へ/\/`- 、
       /./  ./o    i. \

985 :直リン:03/06/03 07:27 ID:XV52asWY
http://homepage.mac.com/yuuka20/

986 :【末吉】 ◆M3RMB0.lGo :03/06/03 07:28 ID:+qDTV/Xn
Ni irakaslea naiz.

987 :作者の都合により名無しです:03/06/03 07:49 ID:D3c8ufGM
     __________
     |              <
     |   _______ <
     |  | /     \ |  ̄
     |  |  /  ̄ヽ/ ̄ヽ|
     | v   |  / | \ ||
     (d   \_人_ノ |_       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      |       つ__/     / あと14スレ・・・
      \        \      <  
        \_____>      \     くくく・・・
         / ∨L∨\          \_________


988 :作者の都合により名無しです:03/06/03 07:56 ID:OT9JbiL9
     __________
     |              <
     |   _______ <
     |  |    \ /  |  ̄
     |  |  /  ̄ヽ/ ̄ヽ|
     | v   |  \ | / ||
     (d   \_人_ノ |_       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      |       つ__/     / 1000はいただく・・・
      \        \      <  
        \_____>      \   
         / ∨L∨\          \_________

989 :作者の都合により名無しです:03/06/03 10:37 ID:RTtaEKLD
. 、___________
  、>              .|
  >________   .|
   ̄   .|./_   _\ |   |
      | /  ヽ/  ヽ |  .|      __________
.      | |   ・ | ・  |  V⌒i    /
   _  |.\  人__ノ   6 |  <  負けられないぞう!
   \ ̄  ○        /     \
.     \          厂        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     /  _____/
      ̄ ̄, -/へ/\/`- 、
       /./  ./o    i. \

990 :作者の都合により名無しです:03/06/03 10:38 ID:RTtaEKLD
. 、___________
  、>              .|
  >________   .|
   ̄   .|./_   _\ |   |
      | /  ヽ/  ヽ |  .|      __________
.      | |   ・ | ・  |  V⌒i    /
   _  |.\  人__ノ   6 |  <  颯爽と風のように990ゲト
   \ ̄  ○        /     \
.     \          厂        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     /  _____/
      ̄ ̄, -/へ/\/`- 、
       /./  ./o    i. \


991 :作者の都合により名無しです:03/06/03 10:38 ID:RTtaEKLD
. 、___________
  、>              .|
  >________   .|
   ̄   .|./_   _\ |   |
      | /  ヽ/  ヽ |  .|      __________
.      | |   ・ | ・  |  V⌒i    /
   _  |.\  人__ノ   6 |  <  連続カキコも楽じゃないよ
   \ ̄  ○        /     \
.     \          厂        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     /  _____/
      ̄ ̄, -/へ/\/`- 、
       /./  ./o    i. \

992 :作者の都合により名無しです:03/06/03 10:40 ID:RTtaEKLD
. 、___________
  、>              .|
  >________   .|
   ̄   .|./_   _\ |   |
      | /  ヽ/  ヽ |  .|      __________
.      | |   ・ | ・  |  V⌒i    /
   _  |.\  人__ノ   6 |  <  しずか、一発やらせろや
   \ ̄  ○        /     \
.     \          厂        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     /  _____/
      ̄ ̄, -/へ/\/`- 、
       /./  ./o    i. \

993 :作者の都合により名無しです:03/06/03 10:40 ID:RTtaEKLD
. 、___________
  、>              .|
  >________   .|
   ̄   .|./_   _\ |   |
      | /  ヽ/  ヽ |  .|      __________
.      | |   ・ | ・  |  V⌒i    /
   _  |.\  人__ノ   6 |  <  デヘヘヘヘへヘヘヘヘヘヘ・・・
   \ ̄  ○        /     \
.     \          厂        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     /  _____/
      ̄ ̄, -/へ/\/`- 、
       /./  ./o    i. \

994 :作者の都合により名無しです:03/06/03 10:41 ID:RTtaEKLD
. 、___________
  、>              .|
  >________   .|
   ̄   .|./_   _\ |   |
      | /  ヽ/  ヽ |  .|      __________
.      | |   ・ | ・  |  V⌒i    /
   _  |.\  人__ノ   6 |  < 実はボクのパパ、昨日リストラされちゃったんだ
   \ ̄  ○        /     \
.     \          厂        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     /  _____/
      ̄ ̄, -/へ/\/`- 、
       /./  ./o    i. \

995 :作者の都合により名無しです:03/06/03 10:42 ID:6d5QQVsK
. 、___________
  、>              .|
  >________   .|
   ̄   .|./_   _\ |   |
      | /  ヽ/  ヽ |  .|      __________
.      | |   ・ | ・  |  V⌒i    /
   _  |.\  人__ノ   6 |  <  せちからい世の中だよね
   \ ̄  ○        /     \
.     \          厂        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     /  _____/
      ̄ ̄, -/へ/\/`- 、
       /./  ./o    i. \

996 :作者の都合により名無しです:03/06/03 10:42 ID:6d5QQVsK
. 、___________
  、>              .|
  >________   .|
   ̄   .|./_   _\ |   |
      | /  ヽ/  ヽ |  .|      __________
.      | |   ・ | ・  |  V⌒i    /
   _  |.\  人__ノ   6 |  <  いっそ死んでしまいたいよ
   \ ̄  ○        /     \
.     \          厂        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     /  _____/
      ̄ ̄, -/へ/\/`- 、
       /./  ./o    i. \

997 :作者の都合により名無しです:03/06/03 10:43 ID:6d5QQVsK
. 、___________
  、>              .|
  >________   .|
   ̄   .|./_   _\ |   |
      | /  ヽ/  ヽ |  .|      __________
.      | |   ・ | ・  |  V⌒i    /
   _  |.\  人__ノ   6 |  <  ・・・と、パパが言ってた
   \ ̄  ○        /     \
.     \          厂        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     /  _____/
      ̄ ̄, -/へ/\/`- 、
       /./  ./o    i. \

998 :作者の都合により名無しです:03/06/03 10:43 ID:6d5QQVsK
. 、___________
  、>              .|
  >________   .|
   ̄   .|./_   _\ |   |
      | /  ヽ/  ヽ |  .|      __________
.      | |   ・ | ・  |  V⌒i    /
   _  |.\  人__ノ   6 |  <  だからボクが殺してやるのさ、ククク・・・
   \ ̄  ○        /     \
.     \          厂        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     /  _____/
      ̄ ̄, -/へ/\/`- 、
       /./  ./o    i. \

999 :作者の都合により名無しです:03/06/03 10:45 ID:6d5QQVsK
. 、___________
  、>              .|
  >________   .|
   ̄   .|./_   _\ |   |
      | /  ヽ/  ヽ |  .|      __________
.      | |   ・ | ・  |  V⌒i    /
   _  |.\  人__ノ   6 |  <  と思ったら既に自殺してたみたい
   \ ̄  ○        /     \
.     \          厂        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     /  _____/
      ̄ ̄, -/へ/\/`- 、
       /./  ./o    i. \

1000 :作者の都合により名無しです:03/06/03 10:46 ID:6d5QQVsK
. 、___________
  、>              .|
  >________   .|
   ̄   .|./_   _\ |   |
      | /  ヽ/  ヽ |  .|      __________
.      | |   ・ | ・  |  V⌒i    /
   _  |.\  人__ノ   6 |  < 1000の顔を持つ男、それがスネ夫
   \ ̄  ○        /     \
.     \          厂        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     /  _____/
      ̄ ̄, -/へ/\/`- 、
       /./  ./o    i. \

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

199 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)